« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011.03.31

じじ&ばば

じじ&ばば 担々麺

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
年度末で仕事をが終わったら日付が変わっていました。朝刊との競争になりそうです。ってこんな状況になると不思議に元気が出ます。お腹も空いたので遅い夕食を食べて帰ることにします。こんな時間でもしっかり食べれるじじ&ばばにお邪魔します。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加え人気のマーボーメンや胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。最近は、マーボーメンに加え担々麺も人気のようです。お通しをつまみにビールを飲んで夕食は人気の担々麺にしました。
すぐに作ってもらえ普通の待ち(じじ&ばばでは早め)で出来てきました。週末じゃないので早く帰りたいと思っていたのでありがたいです。
今日も美味しそうです。見た目のバラエティさが食事って感じがして好きです。
麺は、やや太の平打ちっぽい縮れで旨みのある麺です。力強さのある麺で、プリプリ感とモチモチ感のバランスの良い麺です。じじ&ばばには、2種の麺があります。細麺が新潟らしい細縮れで好きですが、太麺も存在感や麺自体に旨みがあり好きです。
スープは、最初に豊かな胡麻の風味がきて、その後、味噌と豆板醤も加わったしょっぱさ・甘み・まろやかさ・香り・辛みが良い感じに交わっています。
トッピングは、挽肉・筍・椎茸などの炒め物、レタス、辛ねぎ、メンマです。挽肉・筍・椎茸などの炒め物は、トロミを無理して加えていないところや挽肉の量が多く、普通のお店の担々麺よりも料理って感じがします。レタスは、青みのあるところ使って良い色を添えています。辛ねぎも無理に混ぜることなくねぎのシャキシャキ感を残しています。
見た目で楽しませてくれて、好きな味でを楽しんで、結構ボリュームがあります。夕食と夜食を兼ねた食事にもってこいです。健康的には?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八珍亭

八珍亭 特製みそラーメン(中麺)

新潟市(旧巻町)の「味の 八珍亭」です。
新潟寺泊線沿いにあります。お店の前と少し離れた2箇所に駐車場があります。正午過ぎ少し離れた駐車場に車を停めてお店の前まで行くと駐車場はまだ空いてました。
お店は、左側奥に厨房、厨房手前にカウンター席、中央が小上がりというか大広間というか広いスペース、その手前にテーブル席、右側に個室の座敷があります。とても広いお店は、定食屋さんのような雰囲気です。さすがにこの時間は混んでます。何人かの待ちがあります。テーブル席、小上がりともいっぱいです。席数の多いお店なので相席をさせないようです。今日は一人で来たのですが、前後して入った人と同じグループと思われているようです。今日はフロア係も少なくカウンター席が空いていますが、なかなか手が回らないようです。しばらくしてカウンター席に案内されました。
メニューは、麺類と定食などいろいろ、ドリンクバーまであります。麺類は、醤油と味噌を中心に中華系まであり、一番人気の特製みそラーメンを食べようと思いますが太くて硬めの麺が苦手です。細麺でも食べられるかなと店員に尋ねると、細麺も可能ですが普通の太さの中麺が美味しいとのことです。特製みそラーメン(中麺)にしました。
前回もカウンター席で食べました。その時は一人で来てビールや焼酎など飲んでいる年輩男性が多く見受けられましたが、今日は会社員風のお客さんで占められています。特製みそラーメンは、挽肉や野菜を中華鍋で炒め、スープや味噌を入れて味を調えます。ゆであがった麺を器に移し、野菜炒めを乗せ、きくらげを加えて出来上がりです。席に着くまで少し時間がかかりましたが、混んでいても早い出来上がりです。
野菜たっぷりの味噌ラーメンです。美味しそうな匂いがします。かなりニンニクが効いています。太麺の時はのんびり野菜炒めを食べて麺が軟らかくなり始めたあたりで麺を食べますが、味噌に馴染んだ野菜を少し食べ麺を掘り出して食べます。
麺は、普通の太さの縮れで見た目は普通ですが、ツルツル・プリプリした食感の良い麺です。少し短めの麺です。この前のこまどりといい巻地区は、短い麺が多いようです。
スープは、濃厚な味噌の味ですが、油が少なくさらさらしています。濃厚な味なので太い麺でもいい絡まり具合ですが、中太の麺だとさらにスープの濃厚な味噌味を楽しめます。野菜も味噌味が絡み、食べ易くなっています。とてもバランスが取れています。
トッピングは、たっぷりのキャベツともやし、玉ねぎの炒め物ときくらげです。炒め具合とスープとの絡みも良く、これ自体がひとつのお料理といって良さそうなものです。
太麺も良いのですが、中麺がさらに楽しめました。やっぱりこの特製みそラーメンがバランス良く、780円とコストパフォーマンスなかなかいいかなと思います。

追伸
鼻の良い同僚に一発でニンニク臭さを指摘されちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.30

しぜん堂

しぜん堂 やさいらあめん

新潟市の「簡易中華そば屋 しぜん堂」です。
旧国道116号線沿い、文理高校前から槙尾方向へ向かった先にあります。
今日も西に向かいますが、少しばかり近場で食べて行こうと思います。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前右側と中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。中大規模の少しばかり古めかしく装った食堂の雰囲気です。ちょうど正午過ぎに着きました。半分くらいお客さんの入りです。
メニューは、しょうゆ、みそ、しお、たんめん、つけめんとそれらにトッピングを加えたものがあります。一般的な名前の付け方じゃないので詳細は不明です。野菜入りのみそらあめん“びみそらあめん”、“なっとうみそらあめん”、濃い口醤油の“じゃんらあめん”はすでに食べています。今日は、やさいらあめんを食べてみることにしました。
高校野球の放送を見ながら待ちますが、今日もまた早く出来てきました。
野菜たっぷりのラーメンです。名前負けする野菜ラーメンも見かけますが、山です。
麺は、細い平打ち麺の縮れで、モチモチ感の強い麺です。カップ麺なんかの麺にありそうなものです。結構好きな麺です。スープとの馴染みのなかなかいい麺です。
スープは、淡い醤油色をしていますが、そんな醤油を感じるものではなく、上品な和の吸い物のようです。薄味ですが旨みがあり、細めの麺が上手にスープを絡めてくれます。後でスープを飲むと醤油味であることが解ります。
トッピングは、キャベツ、もやし、きくらげ、豚肉などの炒め物です。たっぷりと山になっています。白い雪のようにすりごまがかけられています。
細平打ち縮れ麺とあっさり優しい醤油味、山の野菜をいただきました。やさいらあめん800円と安くはありませんが、それ以上のボリュームをたいらげていまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.29

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+チャーシュー+メンマ+バター

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面からの道を真っ直ぐ、その先の一時停止の交差点を左に曲がった先、神社なんかがある向かいになります。路線バスの支障にならないよう路駐です。
ラーメン屋さんやラーメンもいろいろ好みというか好きさ度合いのランクがあり、週1、月1、季節毎、年1回など食べたくなる(食べてもいいかなって)間隔があります。その中でも古潭は、週1ぐらいで食べたくなる好きなラーメンのお店です。
お店は、車庫の奥にあるような感じです。車が停められそうなスペースの奥に入口があります。お店もさらに奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席、手前に小さなテーブル席1卓、奥の左側に小さな座敷があります。ちょっと古い感じで照明も押さえた落ち着いた雰囲気です。午後1時ちょい過ぎに着きました。今日も混んでいます。この時間で満席かなと思ったらカウンター席が1席だけ空いていました。
メニューは、醤油、味噌、塩があり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。トッピングが安く組み合わせて楽しめます。今回もトッピングを加えて野菜味噌ラーメン+チャーシュー+メンマ+バターにしました。
今日も後から入ってきたお客さんのほとんどが野菜味噌ラーメンです。野菜味噌ラーメンを食べるお客さんの比率がおそらく95%を越えているかと思います。
店主と奥さんと二人でやっています。注文を聞くのも早けりゃ出来上がりも早いです。
黒い渋い器です。白味噌仕立てのスープの色が美味しそうです。
麺は、細めの縮れでツルツル感やモチモチ感などバランス良く整った食べ易い麺です。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。色が白っぽく、白味噌らしくあっさりしているのに、味噌の旨味と適度な甘さとしょっぱさ、優しさがあります。バターも合い、ちょっとコクの増したように香りが良くなります。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやし、トッピング追加のチャーシュー、メンマ、バターです。キャベツは、好みのレタスのような食感です。根に近い太い(厚い)部分や外側や中心の小さい部分がなく、ちょうど食べ易い厚さが均一のところを使っています。茹で加減が良く、味噌のスープと相まって美味しくいただけます。ってなのがいつもなんですが、今日はいつもよりキャベツの太い部分が使われています。
とても好きな優しい味噌ラーメンです。野菜があっさりしていて好きです。古潭は、トッピングの追加や大盛りなどがほとんど50円増しとお手頃です。味噌野菜ラーメン600円+150円で750円です。美味しく満腹でこの価格でした。ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.28

こまどり

こまどり 味噌ラーメン

新潟市(旧巻町)の「こまどり」です。
新潟寺泊線沿い竹野町交差点近くにあります。
新潟味噌ラーメンの代名詞のように言われていたらしいのですが、何度か食べましたがその面影もありませんでした。古潭で食べようと思いましたが定休日。ならば八珍亭でと思いましたがこちらも定休日。昔の面影がないとはいっても、そこいらの食堂よりは美味しいこまどりでお昼にすることにしました。
お店は、入口付近にテーブルの個室風なコーナーがあり、中に進むと右側に広い厨房、中央にカウンター席、右側に大広間を長くしたような広い小上がり、奥に座敷があります。新潟でもトップクラスのだだっ広いちょっと古さもいい感じのお店です。午前11時50分頃に着きました。この広いお店がすでに8割くらいのお客さんが入っています。
メニューは、味噌ラーメンを中心に揃っています。麺もメニューで見る限り3種類用意されています。味噌用が太麺と平麺、その他が細麺、特製味噌ラーメンは和風平麺から太麺に変更されています。久々なんで基本の味噌ラーメンにしました。
席数の多いお店が混んできたのですから厨房も活気があります。もの凄い勢いで作っています。混み具合もありある程度の時間は覚悟していましたが早く出来てきました。
味噌ラーメンらしいホッとする見た目です。気のせいか野菜炒めが少なく見えます。
麺は、太麺の縮れでモチモチした味噌ラーメンらしい噛み応えのある麺です。長さが15cmぐらいでしょうか?短めで食べ易いのですが食べ応えがもう一つです。
スープは、赤味噌ベースで、味噌の味が強くちょっとしょっぱめです。割りスープも付いてきましたがそこまでのしょっぱさではありません。甘さも控え気味で、油が少なくコッテリ感のないスープです。以前食べたものと全然違います。
トッピングは、キャベツ、もやし、きくらげの炒め物です。見た目は少なそうですが、スープが多くて隠れていただけでしっかりの量がありました。
以前食べたこまどりの味噌ラーメンは、普通の食堂の味噌ラーメンなんかよりは美味しいものの新潟の味噌ラーメンを代表するようなものにはほど遠いものでした。しかし、今日の味噌ラーメンはなかなかのものでした。味が戻ってきたのでしょうか。もうひと頑張り。714円と値段も高いことないので、また、少し空けて食べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.27

来味

来味東掘店 中華そば(特大盛り)

新潟市の「中華そば 来味 東堀店」です。
新潟島の柾谷小路と東堀通の交差点にあります。天龍東堀店があった場所です。
出張者と一緒の昼食です。日曜日で営業しているお店が限られています。大安食堂で喜多方ラーメンでも食べようかと思いましたが、食券購入のためかも知れませんが入口が混んでいてバスになり、近くの来味で食べることになりました。
お店は、右側に厨房、厨房と奥の壁に向かってカウンター席、左側にテーブル席があります。小さめの普通のラーメン屋さんの雰囲気です。お店に入った時の煮干しの香りが食欲をそそります。午後12時20分頃の到着でしたが、3人ほど先客がいるだけです。後からお客さんが着てそこそこ混み合ってきました。
メニューは、中華そば、肉そば、つけ麺に加えて辛そばと期間限定で味噌と辛味噌があります。辛そばが1辛、2辛、3辛とあり、辛さを楽しんでみたい気もします。また、大盛り(1.5玉)と特大盛り(2玉)が無料、サイドメニューでは麺普通盛りに限り梅肉あえチャーシューご飯が無料です。中華そば(特大盛り)にしました。
来味本店のチャーハンが好きなので東堀店でも食べられるようにならないかとずっと思っていますが、厨房も広くないため無理そうです。その代わりなんでしょうか?本店にない辛いメニューがあります。通常の中華そばからなかなか辛味のあるものが想像できませんが、そのうちには食べてみたいと思います。
この前はあんちゃんとおぬえちゃんの二人で切り盛りしていましたが、今日はもう一人あんちゃんがいて、混む前に注文していたのもあり早く出来てきました。
淡い褐色の美味しそうな色と煮干しの香りのスープが食欲を刺激します。
麺は、やや細でストレートです。硬めにゆでられていて、コシの強さを感じる麺です。
スープは、煮干しだしの優しい旨さのもので、醤油を前面に出さない控え目な味付けです。ほんの少し浮いた油がまた旨みを増します。
トッピングは、箸でつかむと壊れるくらい軟らかいチャーシュー、メンマ、鳴門です。
スープは、昔ながらの中華そばって感じて良いのですが、他は好みと違うものでした。普通盛り600円の値段で特大盛りまで食べれて、ちょっと嬉しいお昼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.25

笑美寿亭

笑美寿亭 天津麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。竹山病院の隣の小原小路に面しています。
担々麺15種制覇を制覇したので他のメニューも食べてみようとお邪魔しました。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。中華の下町食堂って雰囲気の中規模のお店です。午後12時15分頃に着きました。いつもは女性客のグループが多く混んでいるのですが、今日はそれほど混んでいません。食べ終わって帰るお客さん入れ替わりでテーブル席に座れました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあります。さらにこのお店ならではの15種類の担々麺があります。本日のランチも3種あり、今日の麺類は鶏青ネギ塩ラーメンと半チャーハンのセットです。ランチも美味しそうですが通常メニューから食べたことのないものを食べようと思います。中華系でいきましょうか?天津麺にしました。
料理が早く出来てくるお店ですが、最近は混んでいて結構時間がかかっていました。今日は、普通の混み具合になり、いつも通り早く出来上がってきました。
大きな渋めの器に醤油色が濃そうなスープが気になります。
麺は、普通の細い縮れの強いものです。ツルツルして程好いモチモチ感もあります。
スープは、醤油色の濃いめでその通りの醤油味なのですが、ちょうど良いしょっぱさです。たまり醤油っぽい深みのある味と適度な甘さもいい感じに加わります。
トッピングは、蟹肉もしっかり入っているカニ玉と器に中に彩を添える万能ねぎです
細麺と醤油味スープとカニ玉とバランスのいい天津麺でした。750円と思ったよりもお手軽でしっかりしたものでした。玉子も結構ボリュームあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.24

福麺

福麺 味噌拉麺

新潟市(旧西川町)の「拉麺厨房 福麺」です。
国道116号線沿、「旨いラーメン 大元」だったところです。
弥彦村の弥彦神社大鳥居脇にある潮らーめんで名の知れた「こだわりらーめん たかみち」の姉妹店とのことで、いつも安心して食べているお店です。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左側にテーブル席があります。大きなファミレスのような雰囲気もするお店です。午後1時過ぎに着きました。時間が遅かったのかポツリポツリとお客さんがいる程度です。
メニューは味噌と醤油、いずれも背脂の有無があります。さらにトッピングを加えたバリエーションがあります。大きな写真入りの複数ページのメニューです。さらに1枚もののメニューもあり、男の福麺と黒冴があります。男の福麺はメガ盛りっぽいものです。普通盛り、大盛り、特盛りとも同じ値段です。ランチタイムは、ライス無料、ミニ丼が250円→100円のサービスがあります。味噌拉麺ミニ辛味豚丼にしました。
お客さんが少ないこともあり早く出来てきました。
赤い器に野菜炒めがたっぷりです。味噌らしい雰囲気です。
麺は、太い縮れでコシの強い麺です。好きな麺の範囲をちょっとはみ出した麺です。野菜を先に食べている間に多少食べ易くなったような気がします。
スープは、味噌の濃厚なものですが、油が少なく意外とあっさりしています。割りスープも付いてきましたが、そこまでしょっぱくありません。
トッピングは、キャベツともやしなどの野菜炒め、チャーシュー、コーンです。
油控えめのあっさり濃厚味噌味の味噌ラーメンでした。これなら背脂入りも食べてみたくなりました。味噌ラーメンは700円、このボリュームならちょっぴり割安感があります。

福麺 ミニ辛子豚丼5

サイドメニューのミニ辛子豚丼です。これが100円とは嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.23

オーモリ

オーモリ東本町店 味噌ラーメン

上越市の「オーモリ 東本町店」です。
国道18号線バイパスから高田公園方面に向かい関川を渡った最初の交差点にあります。お店の前と交差点の向かいに駐車場があります。
高田地区での昼食になりました。久々にオーモリを食べようかと思います。
お店は、奥行きがあり、左側に厨房、中央にカウンター席、右側に小上がりがあります。昔ながらって雰囲気の小さめのラーメン屋さんです。正午少し前に着きましたが、他にお客さんは2人、正午をまわると次々とお客さんが来てほぼ満席になりました。
メニューは、醤油、味噌、塩を中心に揃ってます。醤油味のラーメンがワンコインで食べられたのですが、全品50円値上がりしています。今回は、味噌ラーメンにしました。
混み合う前に注文出来たのですぐに作り始めました。中華鍋で野菜を炒めスープ、味噌ダレを入れて仕上げます。タンメンのような作り方、慣れた仕事で早く出来てきました。
ラーメンは、味噌らしいスープとあまり好みじゃないコーンが目立ちます。
麺は、普通太さ、縮れのやや強い麺です。噛み始めは普通ですが、噛み切れるときにモチモチするなかなか食べていて楽しいとてもいい感じで食べられる麺です。
スープは、味噌って感じを強調させたものではなく、かと言って味噌で味付けしましたっていう旨みのないものとも違います。味噌を程良く出して、あっさりしているのにまろやかな味噌の旨みがあるものです。濃い味に慣れたのかやや薄味に感じます。
トッピングは、もやし・玉ねぎ・挽肉の炒めもの、メンマ、コーンです。炒め物がたっぷりとあります。コーンが好きじゃないのでチャーシュー1枚だけでも良いから代えられれば乗せて欲しいです。そして、ねぎがたっぷりです。長めの斜め細切りです。
普通の太さの麺にあっさりしたスープのおとなしいラーメンでした。たっぷりの野菜炒めの乗った味噌ラーメンが750円です。お手頃感もいい線でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.22

都食堂

都食堂

新潟市の「定食 都食堂」です。
取壊中WITHビルの裏(東堀通と古町通の間)で、少し柾谷小路寄りにあります。
定食屋さんがあるのは知ってましたが、麺類があるので食べてみることにしました。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席だけの中規模の昔ながらの定食屋さんです。午後12時15分頃に着きました。テーブルはすべてお客さんがいて、相席になりました。
メニューは、おかずが20種類ほどあり、昔ながらっていうか好きなおかずを選んで定食にして食べるようになっています。おかずは210円のものと260円のものがあります。その他に一般的なメニューもあります。さらに麺類もラーメン、担々麺、ざるラーメンがあり、単品でも定食でも食べれるようになっています。ラーメン+おかず(260円)+半ライスのラーメン定食Bにしました。おかずは、茄子の味噌炒めにしました。
出来上がりを待っているお客さんも多く、ちょっと待っての出来上がりとなりました。

都食堂 ラーメン定食B

シンプルなラーメンと美味しそうな茄子の味噌炒めです。ラーメンのスープが少ないです。ラーメンの意義の半分は定食のスープ代わりですが…。ラーメンからいただきます。
麺は、細麺の縮れで歯応えのいいものです。定食屋さんの麺ということで期待していませんでしたが、反してなかなかいい感じの麺です。
スープは、醤油味の薄味で、ダシの旨みも普通でちょっと物足りない感じです。
トッピングは、小さめのチャーシュー、しっかりした歯応えのメンマ、わかめです。
定食食堂のいい感じラーメンで、単品430円とコストパフォーマンスが良いです。
半ライスには、お新香も付いています。茄子の味噌炒めは、少しですがピーマンも入っています。味噌の味、油、甘みのバランス、茄子の火の通りなど大変美味しくいただきました。これは露地物の茄子の季節にまた食べたいものです。
ラーメン定食Bは780円と割安感はありませんが、おかずの美味しさが際立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.21

わか家

わか家

燕市(旧吉田町)の「らぁめん わか家」です。
北吉田駅の西側(西口?)、駅前のひっそりした住宅地の中にあります。
じろ吉が、移転してその後にわか家がオープンしたのは知っていましたが、なかなかこのエリアに来ることがありませんでした。ようやくです。
お店は、左側に厨房、その中央寄りにカウンター席、右側にテーブル席、その手前に小上がり、奥に広々した座敷のある定食屋さんのような雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。座敷はガラガラですが、テーブル席やカウンター席には寂しくもなく、混んでもいない、程好い感じにお客さんが入っています。
メニューは、細麺と太麺に大きく分けて書かれていて、細麺は塩らぁ~めん、らぁ~めん、生姜醤油らぁ~めん、中華系麺、太麺は、らぁ~めん、味噌らぁ~めん、辛味噌らぁ~めん、デカ盛り角煮らぁ~めんなどを中心に、背脂などを組み合わせた豊富なバリエーションのらぁ~めんが揃っています。らぁ~めんと表示されているのはお店は初めてのような気がします。ゆず塩らぁ~めん半ライス角煮(2個)にしました。
ほとんどのお客さんがすでに食べていて、すぐに作ってもらえ早く出来てきました。

わか家 ゆず塩らぁ~めん

塩ラーメンらしい綺麗なスープの色と白い器がいつも食べているラーメンと違います。
麺は、細く弱い縮れで、歯応えの良い食べ易い麺です。
スープは、塩ですが癖や苦味のない優しい感じのものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉、海苔、白髪ねぎ、柚子の皮です。
柚子の香りの爽やかな癖のない塩ラーメンでした。710円も妥当な線でしょう。

わか家 角煮

2個注文した角煮です。美味しいんですがかなり脂が多く感じました。角煮150円×2個+半ライス120円=420円のちょっと豪華なサイドメニューになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.20

玄 とんこつスペシャル

新潟市の「美味創房 玄」です。
国道49号線沿いイオン新潟南ショッピングセンターフードコート内にあります。
子供の買い物を済ませ、ラーメンを食べようって積極的な感じでもなかったのですが小腹が空いたので食べることにしました。子供は、隣のリンガーハットです。
メニューは、とんこつラーメンと中華そばがメインで、他にもいろいろあります。富山ブラックもあります。以前、とんこつラーメンを食べ、430円でのコストパフォーマンスの良さを感じました。今回は、どうせ食べるならって感じでとんこつスペシャルにしました。
麺は、以前食べた博多ラーメンのようなストレート麺ではなく、細い縮れ麺です。
スープは、白濁したとんこつですがあっさりしていて、しょっぱさ控えめの薄味です。
トッピングは、チャーシュー、味玉、海苔、きくらげ、辛ねぎ、紅生姜と豊富です。
トッピングが充実していてボリュームもあります。これで770円ですからいいかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.19

吉野家

吉野家 牛丼と十割そばセット(もりそば)

今日は、子供の買い物のお付き合いです。まず、ガソリンスタンドに行き給油します。燃料の高騰と被災地優先と思いあまり車を使わずにと思っていましたが、秋田県内や山形県内で給油が困難らしく、なんかあっても実家までたどり着けるよう入れておきます。と言っても制限がないものの30リットルの給油でした。
途中ホームセンタームサシで予備の寂しくなった乾電池でも購入しておこうかと寄りました。乾電池は在庫が少なく被災者優先とのことで今回は購入しませんでした。生活必需品をいっぱい購入している人もいました。そこまでする事情もあるのでしょう。
帰りに、駅南山用品のお店でウインドウショッピングを楽しみました。小腹が空いたので隣の吉野家で軽くいただきます。と思ったのですが、牛丼とお蕎麦が好きなもんで牛丼と十割そばセット(もりそば)にしちゃいました。
癖のない食べ易いお蕎麦です。コシも細めですが好きな具合です。でも、なんかもうひとつ整い過ぎているようなちょっと感じが違います。そばつゆもいい感じですが、待ってもそば湯が出てきません。言ってもらってもいいのですが、そんなお蕎麦のお店なんだと諦めました。でもセットで680円だからその点は嬉しく思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.18

拾番

拾番 ラーメン

新潟市の「ラーメン 拾番」です。
広小路と古町通の交差する交差点角にあります。
昨日、出張者と古町通六番町で飲みました。クリームチーズの味噌漬けが美味しく、ワインといっしょに楽しみました。もう少し食べたかったのですが、それが最後で売り切れになってしまいました。お店の方も申し訳ないとのことでメニューにない鰤のなめろうをサービスしてくれました。明日は多めに仕込んでおきます。と言われ、明日も来ますと社交辞令的に答えて帰りました。普通は、それで終わりですが、もう一度食べたくて行っちゃいました。ワインとクリームチーズの味噌漬けをいただき、ラーメンを食べて帰ることにしました。出張者は、夕食後に知り合いのお店で拾番のラーメンが美味しいと教えてもらったそうで、一緒に食べることにしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの小さいお店です。そこそこ混んでいて、その後も出入りがありますが、同じような状態が続きます。今日も常連らしい酔ったじいちゃんがラーメン食べながら管を巻いています。雰囲気が悪いです。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたものと焼きそばです。トッピングだけの違いですがまだ食べていないワカメラーメンにしました。
他のお客さんは、焼きそばを注文する人も結構います。確かに出来上がりが美味しそうです。やがてこちらのワカメラーメンが出来てきました。
麺は、細縮れのシコシコした癖のない食べ易いものです。
スープは、醤油ではなく塩味の澄んだあっさりしたものです。薄味です。
トッピングは、チャーシュー、浅漬かりメンマ、追加トッピングのワカメとシンプルです。
久々に食べました。あっさり透き通ったスープと細麺は、アルコールの後のための食べ物のようです。650円も夜のお店なら仕方ないかなってところでしょうか。出張者も新潟のラーメンのバラエティさに少し驚いたようです。さて、次はどこにしようか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三吉屋

三吉屋 中華そば(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り三越の並びの白山寄りにあります。
出張者もラーメンが好きなので、食べておいてもらいたい三吉屋にしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前がテーブル席になっています。カウンター席は、出来た中華そばの渡し口になっているので端に2人掛けられる程度です。テーブル席は、4人掛けが4卓あります。中華そばの丼だけなら4人で食べられる小さなテーブルです。椅子は5脚あり混みあったときは5人まで座れるようになっています。前回から気付いていましたが、テーブルの天板が張り替えられて綺麗になっています。小さな昔ながらの中華そばやさんの雰囲気です。いつもはおばちゃん2人でフロア係をやっていましたが前回から1人です。午後12時20分過ぎに着きました。混んでいます。大きなザックを背負った人もいます。避難して来た人でしょうか?美味しく食べられたようで笑顔があります。満席に近く何人か帰ったところでバラバラに座われました。
メニューは、中華そば・ワンタン・叉焼麺とそれらの大盛りです。三吉屋はもともとそんなにボリュームがありません。中華そば(大盛)にしました。
その後に食べ終わったお客さんが帰り、同じテーブルで食べられるようになりました。
今日は混んではいますが早めに、三吉屋にしてはいつもより遅く出来ました。
麺は、極細の縮れでシコシコ歯応えと、極細だからでしょうあっさりしたスープを上手く絡めてきます。麺と絡められたスープのバランスが最高です。
スープは、これぞ中華そばと思います。澄んだ醤油の色が優しそうな綺麗な色です。醤油味ですが醤油を強調させない。薄味のようでダシが効いて、野菜から出ているだろうほのかな甘さ、バランスの頂点のような大好きなスープです。
トッピングは、脂身の殆どないチャーシュー、浅漬かり色のメンマ、鳴門とシンプルですが、豪華さはありませんが、麺とスープに合ったバランスのいいトッピングです。
三吉屋は、新潟を代表するあっさりした中華そばを食べさせてくれます。美味しいんだけどシンプルな大盛で700円はちょっとお高いような気がします。昔の麺で食べてみたくなります。出張者もかなり喜んでもらえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.17

青島

青島西掘通店 ラーメン(大)

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の西堀通り、イタリア軒の並び下手寄りにあります。
出張者は、好みの偏りもなくいろいろ興味をもって食べてくれています。それなら是非に食べてもらいたいと思い青島にお邪魔しました。
お店は奥行きがあり、入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房、左側と手前のカウンター席があるだけの開放感のある広い、飾り気のないラーメン専門店らしい雰囲気のお店です。午後12時20分頃に着きました。他のお客さんが4人とお昼時間内で今までにない寂しい状況です。その後は、結構お客さんが来ました。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それの大盛りとトッピング等の追加です。好きな1スープで勝負しているお店です。大盛りが50円アップと安いので助かります。今日は、お腹も空いているのでラーメン(大盛)にしました。値上がりしてからちょっと豪華にしたいと意識しないとトッピングを楽しみずらくなりました。
今日も親父さん2人でやっています。すぐに作り始め出来てきました。
濃いめのスープにほうれん草やねぎの緑色が彩りを添えます。いつもは黒胡椒ですが、今回は白胡椒を挽きながら多めにかけていただいてみます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目も特徴のあるものではありませんが、ツルツル&モチモチ感と旨味と噛み応えのあるバランスの取れた麺好きなです。
スープは、醤油のしっかりした美味しさを生姜がきりりと引き締めてくれます。麺といっしょに食べても飲んでもいい感じです。濃さや温度にバラツキがあります。泉谷しげる似の親父さんは安定しています。白胡椒は、もうひとつグッと来るものがないです。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシュー、やや細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、刻みねぎ、充実しています。
トッピングが充実していてそこそこのボリュームになります。ラーメン(大盛)700円。一気に100円の値上げで満足感が半減ですが、時々食べたくなる味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.16

じじ&ばば

じじ&ばば チャーシューメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
今日は出張者に加え、同僚、今回の被災地近くから燃料補給と買出しで新潟に来た仲間との夕食になり、軽く飲んで食べられるじじ&ばばにしました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的な居酒屋の雰囲気です。今日は早い時間なのでしょうか?他にお客さんがいません。カウンター席に座りました。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメン、担々麺、ジャージャーメン、胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。期間限定なのかは不明ですが、じじ&ばばラーメンもあります。ビールを軽く飲んでラーメンを食べます。最近食べ過ぎなのでボリュームのある中華系麺類は避けてチャーシューメンにしました。
混んではいませんが、バラバラの注文で多少時間がかかっての出来上がりです。
シンプルで派手さはありませんが、チャーシューやメンマなど結構なボリュームです。
麺は、細く縮れた歯応えの良い麺です。中華系同様あっさりしたラーメンにも合います。
スープは、醤油色の薄めに見えますが、あっさりした中にしっかりしたダシの旨さとしょっぱさ、適度な甘みがバランス良く同居しています。
トッピングは、歯応え味付けの良いチャーシュー、メンマ、たっぷりのねぎです。
あっさりしていながら旨味、しょっぱさ、甘さのバランスの良いチャーシューメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓬来軒

蓬来軒 たんめん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路の東寄りにあります。
出張者と一緒です。好みや食べたいものが違っても大丈夫そうなお店をと思い、メニューが豊富で麺類以外の飯類も食べられるよう蓬来軒にしました。
お店は、右側に厨房、その中央寄りと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。中規模の庶民的な中華料理屋さんの雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。6割ぐらいのお客さんの入りといつもに比べ少なめです。テーブル席はいっぱいですが、カウンター席が並んで空いていて座れました。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類とご飯ものもあります。麺類も中華系を中心に焼きそばにいたるまで豊富です。チャーハンや焼きそばも美味しそうですが、野菜を食べたいのでたんめんにしました。
いつもならお昼時間はお客さんも多く、中華鍋を使うメニューが人気なのである程度の待ちますが、お客さんも少なく普通のラーメン屋さんと同じ待ちで出来てきました。
野菜からの旨みの溶け出したスープとたっぷりの野菜が美味しそうです。
麺は、細く縮れが少し弱めのシコシコプリプリした歯応えの良い楽しいものです。
スープは、塩ラーメンのような淡い白のものです。塩味ですが野菜から旨みが全体を軟らかい味に仕上げています。塩のあっさりしたスープです。
トッピングは、白菜・もやし・玉ねぎ・人参・きくらげ・豚肉の炒め物がたっぷりです。
あっさりシンプルな塩ラーメンにたっぶりの野菜を楽しむいった印象です。720円とちょっぴり高めの値段ですが、ボリュームを考えるとなかなかよろしいんじゃないでしょうか。出張者は、ラーメン+半ライス、メンマラーメンを食べました 。新潟のあっさりしたラーメンを喜んでいただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.15

笑美寿亭

笑美寿亭 チキンカレー担々麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。竹山病院の隣の小原小路に面しています。
出張者と一緒の昼食です。笑美寿亭は、麺類、飯類が充実していて日替わりのランチも種類があり、いろんな好みに対応出来るのでこういうときに便利です。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。中ぐらいの大きさで、中華中心のメニューのお店らしい下町中華食堂って雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。今日も女性客のグループが多く混んでます。前に4人が並んでいます。少し待ってカウンター席が連続で空いて座れました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあり、笑美寿亭ならではの15種類の担々麺があります。本日のランチも3種あり、食べようと思った麺類のランチはチキンカレー担々麺と半チャーハンです。チキンカレー担々麺は、以前の担々麺15種に入ってましたが、新しい担々麺15種には入っていません。メニューから消えたようです。食べていない通常の麺類もありますが、Aランチのチキンカレー担々麺と半チャーハンにしました。
多くのお客さんが出来上がりを待っています。料理が早く出来てくるお店ですが、ここまで混み合うと多少時間がかかって出来上がってきました。
白っぽい器は、通常の担々麺より派手さはありませんがなかなかいい雰囲気です。
麺は普通の太さの縮れで、少し平打ちっぽいスープとの絡みの良い麺です。
スープは、胡麻風味とカレーがいいバランスで、どちらにも傾くことのないものです。
トッピングは、少し軟らかめのチキンシャーシュー、ししとう、ミニトマト、焦がしニンニクです。以前の単品のチキンカレー担々麺と比べると質素です。
ランチということで豪華さには控え気味ですが、カレーと胡麻をバランス良く楽しめるスープ、そのスープに絡む麺、肝心なところがきっちりしているのが嬉しくなります。
半チャーハンは、しっかりした味付けで、そこそこのボリュームがあります。あんまりパラパラし過ぎたチャーハンは苦手ですが、食べ易いバラバラです。ラーメン店のサイドメニューでよくチャーハンがありますが、中華料理店のチャーハンはしっかりしています。
このセットで800円です。すっごくお得感があります。満足×満足のお昼ご飯でした。出張者も同じものを食べました。普通であまり食べない味を楽しんでもらえ、コストパフォーマンスの良さにも驚いてもらえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.14

じじ&ばば

じじ&ばば 味噌ラーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
今日からしばらく出張者2人と一緒の仕事になり、夕食にと思いお邪魔しました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的な居酒屋の雰囲気です。今日は早い時間なのでしょうか?他にお客さんがいません。カウンター席に座りました。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメン、担々麺、ジャージャーメン、胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。期間限定なのかじじ&ばばラーメンもあります。最近食べてないので久々に食べてみようかと味噌ラーメンにしました。出張者は、塩ラーメンとマーボーメンとバラバラの注文です。
空いてはいますが、バラバラの注文だったので、出来上がり次第に出てきました。
味噌ラーメンでもチャーシューやメンマが乗っているのが出来てくると嬉しいです。
麺は、太縮れの平打ちっぽいもので、存在感がありながら食べ易く旨みもあります。
スープは、味噌ラーメンの中ではおとなしい味噌で、まろやかさがあり、味噌の美味しさを楽しめるものです。今日は、辛みを効かせてくれたようです。
トッピングは、もやし・玉ねぎ・人参・ピーマン・きくらげ、豚肉などを炒めたもの、大きなチャーシュー、メンマものってます。トッピングでかなりのボリュームになります。
夕食にちょうど良いボリュームです。出張者にもかなり喜んでもらえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大勝軒 いちばん

大勝軒 いちばん

新潟市の「東池袋 大勝軒 いちばん」です。
青山内野線沿いに3月8日にオープンしたお店です。3月9日(水)に来て観ましたが、水曜日は定休日でした。定休日を外しようやく食べられそうです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左側にテーブル席があります。結構広めで、どんぶり物のお店でもいいかなって感じの和の雰囲気のお店です。午後12時30分に着きました。前に6人並んでいます。広めのお店の6人の待ちは大したことがなくて、すぐにカウンター席に案内されました。
メニューは、中華そばとつけ麺、それらにトッピングを加えたものがあります。どちらも麺が小盛200g、普通300g、中盛400g、大盛500gから選択できます。500g以上も対応してもらえるようです。大勝軒と言えばつけ麺かなとつけ麺(中盛)にしました。
つけ麺の食べ方の解説があります。①調味料を使いこなすべし②スープ割りでスープまで完食すべし③これぞ本当の“つう”おじやでしめるべし④スープはあえて冷ましながら食すべし⑤トッピングをさらにおいしくってなタイトルで説明がされています。押付けがましい説明は嫌いですが、参考程度に好きなスタイルでいただきます。
大勝軒の中にも系列とかがあるんでしょうか。新潟県内には、新潟、頸城がすでにオープンしており3店目になります。作っているのが少し見えます。一度に多くの麺をゆでて取り分ける方法を取っています。この方法のお店は出来上がりが早いです。

大勝軒いちばん つけ麺(中盛)

普通のラーメン丼にたっぷりの麺と少し小さめの器に濃厚そうなつけ汁です。
麺は、やや太のストレートでモチモチ感の強いものです。やっぱりパスタの用に感じてしまう麺です。中華そばもこの麺を使いますが、新潟で食べたときはかなり苦手な中華そばでした。それでもつけ麺だとなかなかいい感じに食べられます。400gは、少し多めです。通常のラーメンが160gで、つけ麺はその1.5倍の240gが普通の量ですから、さらに大盛りになります。最初はいい感じにいただきましたが、麺のモチモチ感がだんだんまとわりついてきます。300gぐらいが美味しくいただく量でしょう。
つけ汁は、ダブルスープの濃いめのものかと思いましたが、醤油味がしっかりしています。少し甘さが強めですがなかなか好みのものです。ちょっと酸味もあるのでしょうか?割りスープで割るとダシが良く効いているのが判ります。
トッピングは、つけ汁に軟らかなチャーシュー、メンマ、ゆで玉子半個、麺に海苔です。
太いモチモチしたストレートの麺は好みと違いますが、つけ汁がつけ麺ならではというもので楽しくいただきました。このつけ汁は、ラーメンのスープとしてはどうでしょうか。400gと多めにいただいて730円とまあまあの線でしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.13

勝 おひつめん(6玉)+味玉

新潟市の「風の味 麺や 勝」です。
空港通り沿い、お店の賑やかなところにあります。
勝のらーめん、味噌らーめんを食べました。麺がつけめんに合いそうな麺なので、いつかつけめんも食べみたいと思っていました。ようやくお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前と左側にカウンター席、さらに手前にテーブル席があり、小さめですがダブルスープが流行りだした頃のラーメン店に相応しい雰囲気です。午後12時20分頃に着きましたが、前に4人並んでいます。そんなに大きなお店じゃないので時間がかかりそうです。並んでいる間に店員がメニューをもってきてくれました。
メニューは、らーめんともやしらーめんに味玉やちゃーしゅう、特製のトッピングを加えたものがあります。冬季の期間限定で味噌らーめんもあります。つけめんもあり、チャレンジメニューでおひつめんというものもあります。6玉と9玉があり、20分以内に食べると無料や5千円の賞金がでます。今日は、双子の携帯電話の購入で、手続きを済ませ手続き中にきました。3人いればなんとかなるでしょうってことで3人でおひつめん(6玉)にしました。味玉を1個追加しました。1人じゃないのでチャレンジにはなりません。
小さな子供を連れた家族連れが多く、またテーブル席でないと3人で食べられないので、思った通りかなりの待ち時間がかかりました。ちょうど他のお客さんの作りも一段落しテーブル席が空くのと前後して作り始めました。通常は振りざるで作りますが、直径が50㎝ぐらいの大きなザルでゆでます。出来上がりまでは早かったです。
白木の色が綺麗な厚みのあるおひつです。大きさはありませんが高さがあります。つけ汁は、普通のラーメンの器にたっぷりあります。一人用で出すシステムになっているとのことで小分け用の器を借りてつけ汁を分けてからいただきます。
麺は、やや太の縮れでコシの強いものです。プリプリして歯応えも良くパスタっぽい食感もしますが、縮れがパスタじゃないぞって主張しているようにも思えます。
つけ汁は、ラーメン同様の味噌汁のような見た感じです。乗せられた魚粉によって魚介系の香がかなりしてます。豚骨と鶏ガラのまろやかと言うかこってりに近い感じのトロミがあり、いい旨味を出しています。魚粉を混ぜてから分けましたが香りが強いです。
トッピングは、つけ汁にバラ肉の軟らかいチャーシュー、メンマ、味玉1個、鳴門が、麺のおひつに追加トッピングの味玉がのっています。3人では少し物足りないです。
もともとのつけめんが230gなので1380gもあります。食のあまり太くない子供たちは2人の食べる量はそう大したことありません。結局3玉以上を食べたんじゃないでしょうか。しっかり存在感のある麺は、最初楽しくいただけますが、最後の方ではその存在感が優しくない麺に感じます。おひつめん1780円+味玉70円で1850円でした。結構お安くたらふくになりました。家族で食べるのが楽しいおひつめんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.12

防災と登山

防災&登山

今回の東日本巨大地震、上越市をゆっくり移動中に車のラジオで知りました。風が強くて車が揺らされていると思っていました。家電量販店が近かったので各局の特別報道を見ると阪神淡路大震災のときのようなとんでもないことが起こっているとすぐに判りました。テレビ報道を見ているうちに、自分や家族のことは自分で守らなければって意識が一段と高くなりました。そしてみんな助け合って行かなければと思います。
子供が遊べるようになってからオートキャンプを始め、テント、シェラフ、バーナー、食器、ランタンなど被災した家から持ち出すことや掘り出すことが出来れば数日の生活が可能なようにと考え備えています。今回、山で食事を楽しもうと少しずつ揃えていこうと思っていたのですが、登山用のリュックを非常持出用を兼ねて整備しようと思います。
山で食事をしたいと思っていたので、クッカーと調味料入れを用意していました。バーナーは、少し重いものですがしばらくオートキャンで使用していたシングルバーナーを流用します。クッカーはチタンで軽量化を図りたかったが、お米の炊飯もしたいので熱伝導率優先でアルミにしました。調味料入れは、山優先で保存のきくもののみ入れておきます。食器は、これからチタンの軽いものを用意しようと思います。
そして、ファーストエイドキットです。以前の山登りはバンドエイド程度でしたが、包帯、粘着テープ、アルコール、綿棒、ウェット・ティッシュ、ガーゼ・パッド、かゆみ止めクリーム、ピンセットです。アルコールは、消毒、非常用燃料に考えています。裁縫セットも用意して針、はさみ、安全ピンをファーストエイドで使用出来ます。これから、虫除けスプレー、冷却シート、解熱鎮痛剤などを用意します。備えあれば…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.11

日の出食堂

日の出食堂

上越市の「日の出食堂」です。
上越市の高田地区、国道18号線四ヶ所インターから高田市街方向へ、関川に架かる稲田橋の手前の信号機のある交差点を左に曲がった先にあります。
新潟ラーメンマップのお店選びに参加させてもらった中で、何軒かまだ食べたことのないお店があります。その中の1店、日の出食堂で食べようとお邪魔しました。
お店の前に着きましたが、出前用らしき軽自動車が停まっていて駐車スペースがありません。近くに駐車場はないかとひと回りすると裏も道路に面していて日の出食堂の看板があります。2台分の幅の駐車スペースに2台の車がすでに停まっています。かなり縦長なので停まっている車の前に車を停めます。表に回り込まなきゃと見ると、裏にも営業中の札がかかっています。戸を開けて長い通路を進むとお店に入れます。
お店は(正面から入った場合で)、右側に厨房、中央と厨房の手前にカウンター席、左側に小上がりがあります。通路の途中にあったでしょうか?座敷もあるようです。昭和の懐かしさを感じさせるような雰囲気のお店です。結構このタイプ好きです。ちょうどお昼に着きました。お客さんは、近所か常連さんらしい老夫婦が1組がいます。
メニューは、麺類を中心にご飯類、一品料理まで、食堂っぽいものがあります。麺類は、しょうゆ系、みそ系、塩系があります。基本のしょうゆ系のラーメンにしました。
おじさんとおばさん、息子さんの3人でやっているお店のようで、息子さんが作っています。お客さん少ないこともあって早く出来てきました。

日の出食堂 ラーメン

見た目から懐かしさを感じさせる、醤油色が綺麗な好きなタイプのラーメンです。
麺は、普通のよりやや細い縮れの弱いもので、ツルツリしていて口に含んだときは軟らかく感じますが、噛むとしっかりモチモチ感のある麺です。
スープは、見た目ほど醤油っぽくなくて、あっさり、とっても爽やかな感じのスープです。しょっぱさも控えめですがダシの旨みが利いている癖のないスープです。
トッピングは、脂身のバランスの良いチャーシュー、メンマ、もやしとシンプルです。
上越には、このような懐かしい好きなタイプのラーメンがあります。食べているととっても嬉しくなってきます。580円と今では普通の値段でしょう。他メニューも楽しみです。

やっぱやっちゃいました。昨日の夕食は、カツカレーでした。こんなもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.10

萬来

柏崎市の「中華料理 萬来」です。
国道8号線のバイパス半田交差点の角にあります。
今日はお腹が空きました。そして場所は柏崎。頭の中を“萬来”の二文字が一瞬よぎりました。最近、カレーも食べていないので、びったりじゃないですか!
お店は、右側に厨房、中央寄りにカウンター席、左側にテーブル席、左側奥に小上がり的に使っている座敷があります。大きめの和定食屋さんといった雰囲気のお店です。座敷が広いので待つ心配をしなくても良いお店です。午後12時30分頃に着きしました。テーブルがほぼ満席、カウンター席がポツリポツリ、座敷未使用といった状態です。会社関係の知っている人もいます。県外からこんなところで…。
メニューは、麺類、ご飯ものともに中華料理のお店らしいものが揃っています。そしてこのお店はカツカレーの盛りの良さで有名なお店ですが、他のメニューもボリューム満点です。麺類にひと通り目を通します。特に食べたいものが見つからないので、今日は麺類をお休みします。カツカレーを食べましょうか。大盛りと普通盛りがあります。大盛りはとうてい無理、普通盛りも食べ切れませんでした。そうなるとメニューにはないご飯の量を半分にしたカツカレー小盛りにするしかないです。カツを揚げるんで多少時間がかかります。普通のラーメン屋さんの1.5倍ぐらいの時間がかかり出来てきました。

萬来 カツカレー小盛り

いつものラーメンのアングルだと解り難いので横からもパシャリ!

萬来 カツカレー小盛り 横

食べたことがあり判ってはいますが、これが小盛りかよ!!!ってボリュームです。小盛りなら普通のお店の大盛りか特盛り程度にして欲しいのですが、メガ盛りを越える山が現れます。山盛りにするから濃い目のカレーになるのでしょう。家庭的なとても美味しいカレーです。でも、食べるのが難しいです。
山を崩さないように食べます。カツを食べようとしたらスプーンに収まらない大きなカツの1個がカウンターに…。そんな清潔好きじゃないので…。お箸を使えば良かった。
カツも凄いです。普通のカツの4倍くらいの肉の量でしょうか。特大の豚ステーキがころもで覆われているようです。普通のカツカレーのように切られていますが、一切れが3~4口ぐらいの大きさです。美味しいカツです。軟らかく食べ易い筈なんですが、今回の3回目にして初めて筋っぽいところがありした。
カレーの下に、カツ、その下にキャベツの千切り、ご飯となっています。キャベツがスプーンで食べようとすると邪魔っぽいのですが、味的にはいい食感と濃い目のカレーを和らげてくれてくれるので非常に助けてもらう存在です。

萬来 カツカレー小盛り 完食

で、無事完食できました。大変美味しゅうございました。後半1/3は、惰性でした。でも、だんだん食べる度にボリューム感のある食事がきつくなってきます。
萬来のメニューは美味しいです。普通のお店の量は大盛りも普通にこなせますが、萬来は普通が普通じゃないです。価格が安くそんな量じゃないと思います。ご注意を!

カツカレー普通盛り 1050円
カツカレー大盛り   1350円
カツカレー小盛り   1000円 (メニューになし)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.09

とやの

とやの

新潟市の「らーめん とやの」です。
新潟駅の南側笹出線沿い、とやのショッピングセンターの一角、薬屋さんとパチンコ屋さんの間にあります。青島が以前あったスーパーの建物内ではありませんでした。
お店は、奥に厨房、手前中央に向かい合わせのカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。和食や丼物を出しても良さそうな雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。お客さんの入りも半分ぐらいでしょうか。この時間にしては寂しい状態です、
メニューは、味噌や中華系が揃ってます。一番売りの特選味噌拉麺にしました。
混んでいないこともありますが、思いの外早く出来てきました。

とやの 特選味噌拉麺

黒っぽい渋めの器に味噌の優しいスープが映えます。お猪口も付いてきました。
麺は、普通の太さの縮れで、味噌用なのかは不明ですがスープと良く絡みます。
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌のようで、味噌の旨さや甘さ、しょっぱさなど優しい線でバランスが取れています。途中から付いてきたガーリックバターを入れて食べます。入れる前から優しいスープが、さらに優しい味になりました。
トッピングは、軟らかいチャーシュー、挽肉の炒め物、もやしです。
味噌らしい優しさを楽しめました。730円と価格的にもいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.08

じじ&ばば

じじ&ばば 担々麺

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
3月に入りピンチピンチ状態が続いています。日付が変わってしまいました。少し食べて帰ろうと思いこの時間やっているじじ&ばばにしました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。遅い時間にしては珍しく他にお客さんがいない状態となっています。久々ではないでしょうか。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加え人気のマーボーメンや胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。お薦めメニューを書いたホワイトボーには、じじばばラーメンがまだあります。まだ週末ではないのでお通しでビールを軽く飲んで、〆の夜食にします。ボリュームのあるものの中から担々麺をお願いしました。
他にお客さんがいなければすぐに作ってもらえ出来上がりも早いです。
単品の麺類ですが、器の中には1食分の食事のような充実感があります。
麺は、平打ちっぽいやや太の縮れの強い旨みのある麺です。力強さのある麺で、プリプリ感とモチモチ感のバランスの良いとても楽しい麺です。
スープは、味噌と胡麻と豆板醤のしょっぱさ・甘み・まろやかさ・香り・辛みが良い感じに交わっています。胡麻のまろやかさが濃厚なスープです。
トッピングは、挽肉・筍・椎茸などの炒め物、レタス、辛ねぎ、メンマです。挽肉・筍・椎茸などの炒め物は、トロミを無理して加えていないところや挽肉の量が多く、普通のお店の担々麺よりも料理って感じがします。レタスは、青みのあるところ使って良い色を添えています。辛ねぎも無理に混ぜることなくねぎのシャキシャキ感を残しています。
見た目で楽しませてくれて、好きな味でを楽しんで、結構ボリュームがあります。食事としてもこれ1杯で満足させられるほど充実した1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤田

藤田 ワンタンメン

新潟市の「ラーメン 藤田」です。
本町通りの12番町、フレッシュ本町と書かれた本町通の上を横断する看板のある市場っぽい通りにあります。ってな説明をしていましたが看板が撤去されています。それでも幅広の雁木があり、そこまで商品が並び、ちょっとした市場の雰囲気を出しています。道路から少し奥まって建物があり、前に3台くらいの駐車スペースがあります。
古町周辺もだいぶ食べたので少し下のラーメンを食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。あんちゃんひとりでやっている小さめの和食屋さんぼい綺麗なお店です。午後12時30分前に着きました。混んでる日と空いてる日がありますが、今日は珍しく中間です。小上がりはいっぱいですが、カウンター席はお客さんがいません。
メニューは、しょうゆ、中華、塩、みそとそれらに野菜、メンマ、高菜、ねぎ、チャーシュー、ワンタンなどを加えたものとタンタンメンやカレーラーメンなどまで、とても一人でやっているお店と思えないほど豊富にあります。その中からワンタンメンにしました。各味ともワンタンを楽しめますが、普通のワンタンメンはしょうゆ味になります。先客はみなさん食べていてすぐに作ってもらえて、早く出来てきました。
醤油色濃いめのスープにトッピングが散りばめられ、目にも美味しい出来映えです。
麺は、細縮れでモチモチ感の強い新潟のこの地区のラーメンらしいものものです。
スープは、醤油色が濃いめなのに醤油味は優しく、意外とあっさりしています。焦がしネギとその油が効いて独特な風味のスープに仕上がっています。
トッピングは、程良い歯応えのチャーシュー、具がかなり小さうところは良いのですが皮が硬めでちょっと好みと違うワンタン、メンマ、海苔、鳴門です。
焦がしネギの風味を楽しめる少し癖のあるしょうゆラーメンにワンタンが加わりました。ワンタンが入っても味のバランスが変わらず楽しめるものでした。
しょうゆラーメンが550円で、ワンタンメンは700円です。皮を楽しむようなワンタンにしては少し値段が高いような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.07

信吉屋

信吉屋 チャーシュウワンタンメン

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
新潟市中心地域にあるイトーヨーカドー丸大の近くになります。本町の市場風のお店が並んだ建物の東堀通寄りにあります。建物には人情横町と書かれています。
同僚と一緒の昼食になりました。最近食べましたが、同僚の希望で信吉屋で食べることにしました。連荘で食べても全然いいあっさり身体に優しいラーメンです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広いお店です。市場の小さな支那そば屋さんといった懐かしさを感じさせる雰囲気です。寒い時期はお店の中に入って、カウンター席の後ろで待ちます。遠くからだと混んでいるか判りません。午後12時20分頃、近くまで行くと前を歩いていた2人連れが信吉屋に入り、その2人でちょうど満席になりましたが少し待って帰るお客さんと入れ替わりに座れました。
メニューは、支那そばとチャーシュウ、メンマ、ワンタンを組み合わせたものになります。盛りは、普通、中盛、大盛があります。中盛50円UP、大盛150円UPなので中盛が割安に感じて良くオーダしています。今日は、チャーシューワンタンメンにしました。
何杯か分の麺を一緒にゆでます。前のお客さんの麺をゆで始めたところだったようで、次にゆでた麺になります。手際が良く少し待っての出来上がりになりました。
いつもの黒っぽい渋い器に澄んだスープが上品です。普通盛りですが、支那そばの中盛りの器のようです。始めて来た同僚はレンゲの大きさに多少驚き気味です。
麺は、極細に近く縮れの弱い麺です。シコシコした歯応えがとても好きな麺です。
スープは、醤油というより塩がベースになっていそうな色です。あっさりしたお吸い物のような綺麗なものです。昆布ダシの旨みで味わう和のスープです。
トッピングは、脂身がなく弾力のある歯応えを楽しめるチャーシューがゴロゴロといっぱい入っています。さらにお弁当に入れる小さめの肉団子ぼどの大きさはあろうかという挽肉を包んだワンタンです。程良い軟らかさのワンタンです。他には、メンマ、ほうれん草、鳴門です。ねぎが和風なスープと絡まりいい風味を与えてくれます。
油のないお吸い物のようなスープ、脂のないチャーシューとヘルシーな昼食でした。チャーシューワンタンメンは800円で、ワンタンメン650円やチャーシュウメン750円などと支那そば550円との価格差を考えると50円お得になっています。いつもは中盛が50円UPと割安に感じて食べていますが、チャーシューとワンタンのボリュームを考えて普通盛りにしました。チャーシューワンタンメンは、普通盛りでも支那そばの中盛を越えるボリュームでした。いろいろな食感を楽しむことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.06

ニッチン食堂 川越達也のボロネーゼフェットチーネ

ニッチン食堂 川越達也のボロネーゼフェットチーネ

テレビ朝日の「お願い!ランキングGOLD」という番組を毎回は無理ですが見れるときは見ています。特に美食アカデミーが好きで、レストランやメーカーの商品を評価しているのを面白く見ています。コンビニでその食のプロが赤く目立つパッケージに写真付きでドーンと載っている商品を見かけました。人気イタリアン「タツヤ・カワゴエ」オーナーシェフ川越達也で、商品は日清食品の「ニッチン食堂 川越達也のボロネーゼフェットチーネ」です。川越達也の監修によるイタリアンはどんなものか?即購入。自宅に帰り、早速食べます。作り方は、水を入れて500Wの電子レンジで6分ととても簡単です。

ニッチン食堂 川越達也のボロネーゼフェットチーネ 調理後

イタリアンは良く判りませんが、いいじゃないでしょうか。ボリュームはありませんが、味的にはなかなかとお思います。それが225円ですから、ちょっと得したような気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.05

一風堂

一風堂新潟店 赤丸新味

新潟市に2008年10月25日にオープンした「博多 一風堂 新潟店」です。
新新バイパス弁天橋インターのすぐ南寄りにあります。
鳥屋野潟湖畔のアウトドアショップでウインドーショッピングをして小腹が空いたので久々に本格的な博多ラーメンを食べようかと思い一風堂にお邪魔しました。
広々した駐車場は、お店の席数と同じ駐車台数かと思うほど広々しています。
お店に入ると、駐車場同様お店の中も広々しています。奥に厨房、厨房手前にカウンター席、さらにその手前に配膳スペースを囲うようにコの字型のカウンター席、左側とさらに手前にテーブル席があります。大きめのラーメン店でちょっとレストランぽいような…、中央のカウンター席は牛丼屋さんのような雰囲気です。午後7時前に着きましたが、お店は半分ぐらいの席が埋まっている状況です。店員に待つよう言われ入口を入ってすぐ右側の待ち用のスペースで待ちます。席は全然空いていますが、前に入った4人組の座れるテーブル席が片付け最中のようでそれを待ってでしょうか?4人組、2人組の2組に続き席に案内されました。厨房前のカウンター席でした。
メニューは、白丸元味、赤丸新味、一風堂からか麺があります。オープン翌日に白丸新味を食べているので、今回は赤玉新味(バリカタ)にしました。
スタッフが大勢なので次々と出来てくるかと思ってましたがのんびりです。お店の大きさ(混んではいませんが)、替玉の対応などで手間がかかっているようです。広いのに麺をゆでる人が1人なので、長浜ラーメンのような市場の人が少ない時間で食べられるよう工夫されたラーメンとは違うもののようです。結構待って出来てきました。
赤い器に博多ラーメンらしく少なめのラーメンが品良く盛られています。ニンニク絞りで小さめのニンニクなんで2個絞り、胡麻を多めにかけ、高菜をかけていただきます。
麺は、極細ストレートで博多ラーメンらしい歯応えが良くとてもいい感じです。
スープは、白濁色のいかにもとんこつといった感じで、普通の油もそこそこあり、さらに香油のこくでとてもバランスの取れたまろやかな仕上がりになっています。大阪の梅田店で食べたときはスープの表面の半分ぐらいの量の香油でした。
トッピングは、軟らかいチャーシュー2枚ともやし、きくらげが乗ってます。
夕食まで時間もないので、軽くの予定が替玉(はりがね)もしちゃいました。
とても食べ易く博多ラーメンはやっぱ旨い!と思わせる一杯でした。しかし、赤丸新味850円+替玉120=970円とその代償は大きなものでした。福岡までラーメンを食べるために行ったと思えば安いものでしょう。また、2~3年後にお邪魔しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.04

じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(辛口)

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
忙しくなってきました。程々の残業をして金曜日恒例のレバ刺しの栄養補給です。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。日付変わる前に着きましたがかなりの混み具合です。少し経つと帰るお客さんも出始め空いてきました。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメン、担々麺、ジャージャーメン、胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。期間限定メニューだろうじじばばラーメンもあります。ビールとレバ刺しを楽しんで〆ます。少し前ですが初めてらしいお客さんがマーボーメンの辛口を注文しました。辛さに余程の自信があるのか?一般的な食堂の辛さだろうと思っているのか?店員の『辛いですよ』って言葉にもそのまま注文しました。出来てきたマーボーメンを食べますが、その辛さに大して食べれず残していました。好きなチョイ辛でも辛過ぎるというお客さんもいるのですから辛さを甘く見てはいけなでしょう。ってなことで挑戦の意味でマーボーメン(辛口)にしました。
注文した頃にはお客さんも少なくなり、じじ&ばばとしては早いけど他のラーメン屋さんだと普通と同じくらいの時間で出来上がってきました。
見慣れたマーボーメンですが、いつもより一層赤が鮮やかに見えますが気のせい?
麺は、細縮れの歯応えの良い麺です。麻婆と良く絡むとっても好きな麺です。
スープは、辛味に紛れて判り難いのですがあっさりした醤油味らしく思えます。
トッピングは、麻婆豆腐です。最初に印象の通り、やっぱり普通の辛さのものよりも赤みが強いものになっています。食感は通常の辛さの麻婆といっしょですが、その辛みはかなりのものです。普通ならしょっぱさ、甘さ、辛さのバランスのいい麻婆ですが、辛さが飛び抜けています。多めの刻みねぎが香ばしい。
やっぱり好みですが美味しく食べれるのは、チョイ辛までのようです。食べられるってことではまだまだ2段階ぐらい辛くても大丈夫でhそうか。外は雪が舞い降りる寒い状態なんですが、汗を拭きながら帰ることになりました。辛いものも美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和玄

和玄 ネギみそチャーシューメン

新発田市の「らーめん家 和玄」です。
国道7号線沿い、交通情報渋滞場所として良く名前の出ていた城北町交差点の新潟寄りです。高速無料化実証実験で混まなくなったのでしょうか?最近あまり聞かなくなりました。回転寿司と同じ敷地内にあり、駐車場も共同利用になっています。
以前は良く食べていましたが、他店の進出で足が遠退き、日本海東北道の無料化実証実験で新発田市から足が遠退いて久々の和玄です。
お店は、右側奥に厨房、その手前にカウンター席、左側に小上がりがあります。そんなに大きくはありませんが、木をたっぷりと使った落ち着いたいい雰囲気です。正午ちょうどに着きました。この時間でほぼ満席です。カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、ラーメンとみそラーメン、それらにネギやチャーシューのトッピングを組み合わせたものがあります。オープン当時と変わっていません。もっと驚いたことは値段も変わっていないことです。前回も久々なのに値上がりしていなかったので驚きましたが、それからまた久々でまだ値上がりしていません。ラーメンもみそラーメンも好きなお店です。嬉しくて奮発してネギみそチャーシューメンにしました。
ラーメンやみそラーメンでもチャーシューメンかのような多めのチャーシューがトッピングされます。何度も来ていてますが、トッピングを加えて食べたのはねぎみそラーメンを食べただけで、チャーシューメンの部類は食べていませんでした。ネギとチャーシュー両方は初になります。どんな感じになるのでしょうか。このお店は収容客数が多くないのもありますが、混み合っていても早く出来てきます。今日も早く出来てきました。
凄い見た目です。すり鉢風の器の周囲にチャーシューがお花のように咲いています。中央には、雪山のようにねぎが聳えて、所々万能ネギの緑が綺麗です。
麺は、・・・チャーシューとネギ、ネギの下のもやしとキャベツの炒め物に阻まれ麺に辿り着けません。いきなりチャーシューを食べて、それからを麺を掻き出して食べます。細くの縮れであまり変わり映えのない麺ですが、スープをたっぷり絡めてくるのでかなり美味しく感じられます。麺を取り出すために苦労した分美味しいんでしょうか?
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌で、味噌の美味しさが伝わってきます。最初あっさりしてそうな感じで食べていきますが、食べていくうちに油も程良くあるのが解ります。しょっぱさは普通で、白味噌っぽく甘さ一般的な味噌ラーメンよりも少し強いように感じます。好みでしょうがかなり好きな味噌ラーメンのスープです。
トッピングは、器の周囲にぎっしり重なり合ってチャーシューが乗ってます。普通のラーメンでも4枚も乗っています。中央にもやしとキャベツの炒め物です。茹でたものかと思いましたが、油のいい香りがします。その横にはメンマもあります。そして真ん中に山のように白髪ネギがのって、さらに万能ネギがのってます。かなりのボリュームです。
いろいろ味噌ラーメンを食べましたが、味噌の味、しょっぱさ、甘さ、油っこさなどかなり好きなバランスの一品です。みそラーメン650円にネギを乗せれば800円、チャーシューを乗せれば850円で、両方乗せると950円と割安です。といってもかなり高額な昼食になりました。値上げもしないで頑張っている感謝です。オープンした当時は高いかなと思いましたが、値上げをしないで頑張っているのには感心しました。帰りには小さめですがアイスキャンディをもらって帰ります。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.03

笑美寿亭

笑美寿亭 野菜塩タンメン

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。竹山病院の隣の小原小路に面しています。
笑美寿亭の担々麺も15種制覇して多少足が遠退いていましたが、日替わりのランチはどうかなと前を通ったら美味しそうなのがあったので食べることにしました。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。中ぐらいの大きさで、中華中心のメニューのお店らしい下町中華食堂って親しみやすい雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。今日も女性客が多く混んでます。お店の中に入るとおねえさん3人が席が空くのを待っています。同じグループのようでテーブル席が空くのを待っているようです。カウンター席が空いて先に座らせてもらいました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあり、笑美寿亭ならではの15種類の担々麺もあります。本日のランチも3種あり、その中の食べようと思った麺類のランチは野菜塩タンメン玉子丼です。食べていない通常の麺類もありますが、Aランチにしました。
多くのお客さんが出来上がりを待っています。料理が早く出来てくるお店ですが、ここまで混み合うとやはり時間がかかって出来上がってきました。
野菜塩タンメンは、真ん丸じゃない渋めの器に野菜たっぶりといった感じです。
麺は、細麺の縮れでモチモチを越えて延びるような弾力のある麺です。ビーフンを太くしたような麺です。これが米粉麺ならば、今まで一番好きな米粉麺です。
スープは、塩のあっさりした中にタンメンらしい野菜の旨さの溶けだしたスープです。良くありがちな塩の苦味がなくて好きな塩のスープです。胡椒も程良く効いています。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・豚肉の炒め物です。野菜のシャキシャキ感が残るいい炒め具合です。ごま油も使っているのか香ばしい香りです。
香ばしい野菜、頼もしい麺、あっさりしたスープのバランスがいいです。

笑美寿亭 玉子丼

玉子丼は、親子丼風の肉なしの具が乗ったものかとお思いましたが、野菜の玉子とじのようなものでした。味付けが良くご飯が進みます。小さめですが深い器でボリュームがあります。セットで800円ですからなかなかでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.02

六綵亭

六綵亭 ワンタンメン

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
新潟島東堀前6番町(アパホテルの向かい)の小さな路地を入ったところにあります。普通に通りを歩いていては見つからない場所にあるお店です。
好きなお店ですがしばらく食べていませんでした。久々に食べようかとお邪魔しました。
お店は、右に厨房、中央にカウンター席、左にテーブル席のある小さめで木の感じが良い小料理屋のような綺麗なお店です。午後12時20分頃に着きました。先のお客さんは4人と少し寂しいです。美味しいお店なので混んでも良さそうですが。
メニューは、ラーメンとみそラーメン、それらにトッピングを加えたものがあります。サイドメニューに焼肉丼があります。ワンタンメンラーメン焼肉丼にしました。
出来上がりを待っているお客さんが多く少し時間がかかって出来上がってきました。
醤油色のスープがあっさりしてそうな美味しそうなラーメンです。
麺は、やや細の縮れです。適度なツルツル感とモチモチ感、バランスの良い麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたものです。生姜が効いていて、スッキリした味わいです。煮干しがほのかに香り、自然な甘さが優しいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、それとそんなに量は多くありませんが、具と皮の量のバランスの良いワンタンです。
とてもあっさり優しいラーメンをいただきました。ラーメンが500円で、ワンタンメンが600円と新潟の中心地でお手軽に食べられるんですからありがたいです。

六綵亭 焼肉丼

焼肉丼は豚肉の生姜焼きがのったものですが、炙ってタレに浸けられたチャーシューがのっています。250円なんでまあまあでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.01

蓬来軒

蓬来軒 四川つけめん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路の東寄りにあります。
今年なぜか初の蓬来軒です。好きな細麺を食べようかと思いお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その中央寄りと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。中ぐらい規模の庶民的な中華料理屋さんの雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。6割ぐらいのお客さんの入りと蓬来軒にしては少なめです。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類とご飯ものもあります。麺類も中華系を中心に焼きそばにいたるまで豊富です。蓬来軒人気№1野菜たっぷりのタンメンを食べようと思ってきましたが、個別のメニューでつけ麺があります。塩つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんと3種もあります。蓬来軒の麺ならつけ麺も美味しそうたなと思い四川つけめん(ダブル)にしました。
お昼時間はお客さんも多く、中華鍋を使う中華系メニューが人気なのである程度の待ちがあります。今日は3人組がすぐ先に入りいろいろ注文していたので時間がかかりそうです。他にも待っているお客さんがいて、そこそこ時間がかかって出来てきました。
いつも食べていたラーメンの麺にたっぷりのつけ汁が美味しそうです。
麺は、細く縮れが少し弱めのシコシコプリプリした歯応えの良いものです。冷や盛りなので一層歯応えがあります。食べていて楽しくなる麺です。
つけ汁は、普通のラーメンの大きさの丼です。普通はもう少し小さいものかと思いますが、ダブルだから大きいのかは不明です。四川ということで赤くて辛いものを想定していましたが、意外とオーソドックスな感じです。四川たんめんのスープをベースにしているとのことですが、なかなかいい辛さがあります。つけめんでは良いしょっぱさですが、そのまま飲むと少ししょっぱめです。食べている間に段々つけ汁の温度が下がってきました。ラーメン好きには、つけ汁が温かいうちが美味しくいただけます。
トッピングというか、つけ汁の中にはもやしときくらげと挽肉の炒め物、チャーシュー、メンマが入っていて、白髪ねぎが表面に盛り付けられています。
麺が本当に楽しいです。つけ汁に醤油味があればと思います。でも、ラーメンにした方が美味しいだろうと思います。四川つけめん780円+ダブル150円で930円でした。ちょっとお高い昼食になりましたが、ボリュームたっぷりでお腹もいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »