« 角田山 福井ほたるの里コース | トップページ | そばの更科 »

2011.04.10

極一

極一 琥珀中華そば

新潟市の「麺屋 極一」です。
紫鳥線沿いの女池と鳥屋野の間、上越新幹線の高架下近くにあります。
角田山から下りて、まささんからコメントで情報をもらっていた味むらで食べようと行ってみましたが本日終了でした。次の大安亭もcloseでした。午後3時前後と時間が悪いとは思っていましたが、どちらか日曜日でもあり午後休みなしの連続営業していないかと期待しましたがやってませんでした。もう一つ、かなり前になりますが極一のメニューが一新されたとの情報ももらっていたので行ってみます。極一に着くと営業中です。
お店は、右側奥に厨房、中央寄りにカウンター席、左側に小上がりがあります。左側手前にテーブル席がありそうですが、見通せなくて未確認です。中規模のちょっと古民家風で居酒屋でも良さそうな雰囲気です。午後3時30分前に着きました。昼食時間と夕食時間の間の半端な時間ですが、小上がりに1組お客さんがいます。
メニューは、あっさり(細麺)の琥珀中華そば、こってり(太麺)の背脂醤油ラーメンとそれらにトッピングを加えたもの、つけ麺があります。お昼も食べずに山を歩き回っていたらお腹が空きました。平日の午後3時から午後7時までなら麺の大盛や特盛がサービスになっていますが、日曜日ということで残念です。琥珀中華そばとサイドメニューから味噌チャーシュー丼にしました。
今まで食べたことのあるお店で琥珀という言葉をメニューに使用しているお店は、夷霧来とその姉妹店だろう優雅です。他に背脂醤油ラーメンがあり、バリエーションもいっしょです。夷霧来・優雅・極一は、お店の名前は違いますが、同じお店のようです。夷霧来と優雅はすでに食べています。同じ味なんでしょうか。
お客さんが少ないこともありすぐに作ってもらえた。早く出来てきました。
ひとめ見た瞬間に、同じだ!って、スープの色が綺麗です。
麺は、やや細の縮れでツルツル、プリプリ歯応えの楽しい麺です。
スープは、琥珀っていうより黄金色に近い透き通った綺麗な色をしています。塩味のような色合いですが、醤油味のような気もします。白醤油でしょうか。あっさりしていながらダシの旨味が強く、適度な甘さもあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草とシンプルです。
メニューも中華そば自体も夷霧来や優雅と同じものでした。麺もスープも好きなものですが、どうも旨い!って感じがありません。麺とスープの相性というか絡み具合が良くないのでしょう。この麺だったら濃いめの味のスープが合うと思います。このスープだったら極細縮れ麺がスープと良く絡むと思います。600円と値段もいい線なのですが…。

極一 味噌チャーシュー丼

味噌チャーシュー丼です。サイコロ大に切られたチャーシューの上に甘味噌と万能ネギがのってます。味噌で味付けされたチャーシューを期待しましたが違いました。でもなかなか良いです。ご飯とチャーシューと味噌の絡みにねぎの食感、280円もランチタイムのサービスなんか考えなければ普通です。牛丼屋さんに比べりゃ、まだ高いです。

|

« 角田山 福井ほたるの里コース | トップページ | そばの更科 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/51405727

この記事へのトラックバック一覧です: 極一:

« 角田山 福井ほたるの里コース | トップページ | そばの更科 »