« ごはん処 食堂ミサ あらい道の駅店 | トップページ | 中華 白寿 »

2011.05.21

松平山 ~ 五頭山

今週は、土曜日の午後から雨になりそうです。大降りにはならなそうなのですが早めに行動します。どこに行こうかと考えました。今までは歩行時間2~3時間、累計標高差500m~700mぐらいの初心者コースですが、そろそろステップアップしたいと思います。ちょっと行ってみたいと思っていた五頭山を調べると松平山や菱ヶ岳からの日帰り縦走路があり人気とのことです。ちょっと背伸びして松平山~五頭山~赤松山の周回コースに挑戦します。走行時間6時間10分、走行距離11.5㎞、累計標高差+1170m-1170mです。

松平山 駐車場

国道290号線から五頭連峰少年の家を目指し県道509号線に入り、五頭連峰少年の家の前を通過し車で行き止まりまで行きます。そこに10台ほど停められる駐車場があります。1台の乗用車とマイクロバスが停まっていて、乗用車はすでに出かけていて、マイクロバスから15人ぐらいのグループが降りて準備をしています。

松平山 登山口

準備をして登山口へ進みます。

松平山 登山口 看板

かなり手強そうな看板、健脚向き、一般登山者の体力では無理なのでしょうか。
こちらも準備をして出発します。
午前7時00分(0時間00分)

松平山 先客

さきほどマイクロバスから降りていたグループが先に登っています。

松平山 魚止め滝丸太橋

すぐに魚止め滝丸太橋です。こういう橋って今まであまり渡ってないです。
午前7時03分(0時間03分)

松平山 コース

松平山 コース

今まで登った山にはなかったような自然な感じの道です。

松平山 沢越え

沢を越えます。滑りそうで嫌です。
午前7時21分(0時間21分)

松平山 コース

新緑の鮮やかな色を見ながら登ります。

松平山 コース 花

松平山 コース 花

あまり花を見かけませんでしたが、ようやく花も見えてきました。

松平山 山葵山 山頂

途中、それる道があるので行ってみると小高い丘があります。山葵山山頂ですが、標識等がないため見落としそうになります。標高693mです。濡れる程ではありませんが霧雨が降ってきました。予定より早い雨ですが、強くなるような雲ではありません。
午前8時14分(1時間14分) ちょっと休みます。
午前8時24分(1時間14分) 出発

松平山 コース

木々がうっそうと茂る中を進みます。トンネルのようです。

松平山 コース 花

綺麗な小さな花も咲いています。

松平山 コース 残雪

先ほどのグループに追いついちゃいました。日陰には雪がでてきました。

松平山 雷清水 看板

雷清水への分岐です。でも、雪で埋まってそうでパスします。
午前9時12分(2時間02分)

松平山 山頂

松平山の山頂に到着しました。標高953.9mです。ひと休みします。先ほどのグループも休んでいます。話しを聞くと、この松平山山頂の看板は先ほどのグループ(山岳会?)が昔に立てたもので、今年建て直しが計画されているそうです。
午前9時20分(2時間10分) ひと休みします。
午前9時35分(2時間10分) 出発

五頭山 コース

松平山から五頭山に向かうと若いブナの林になります。いい色です。

五頭山 コース

雪があってバイパスのようで楽な部分もあります。

五頭山 コース

ブナの木の根っこがどうなっているのやら?

五頭山 コース

また、残雪です。大きな残雪は道が判らなくなりそうです。

五頭山 コース

またブナ林です。ブナ林の中は歩いていて気持ちがいいです。

五頭山 反射板跡?

少し広い広場のを通ります。マイクロの反射板跡でしょうか?
午前10時30分(3時間05分)

五頭山 大日清水 看板

大日清水の看板です。水の補給はせずに進みます。
午前10時33分(3時間08分)

五頭山 コース

笹が元気です。コースが判り難いところもあります。

五頭山 杉峰分岐

中ノ沢集落、三川温泉方面への杉峰分岐を通過します。前のグループはここで昼食を取って菱ヶ岳を目指すとのこと、そのためのマイクロバスだったんです。予定より早くてもまだ曇りが続く筈だったんですが日差しが出てきました。
午前11時03分(3時間38分)

五頭山 山頂

五頭山の山頂です。標高912.5mです。何もないです。小バエのような虫が多いのでここで休もうと思っていたのですが先に進みます。いつも山のお供に持ってきているおーいお茶500mlが予定外の天気と気温でなくなりました。
午前11時09分(3時間44分)

五頭山 三叉路

三叉路です。松平山~五頭山から菱ヶ岳方面の道と別れます。
午前11時17分(3時間52分)

五頭山 一ノ峰

さらに上り下りを繰り返します。一ノ峰です。ここで休んでいる人も結構います。
午前11時31分(4時間06分)

五頭山 三ノ峰

五頭山 三ノ峰

五頭山 三ノ峰 避難小屋

上り下りはありましたが二ノ峰に気が付かず三ノ峰に到着しました。避難小屋やその周辺で休んでいる人が多くいます。焚き木をしていて虫が寄ってきません。隅で休ませてもらいました。予備の水を沸かしてコーヒーを飲みました。
午前11時44分(4時間19分) ゆったり休みします。
午後12時43分(4時間19分) 出発

五頭山 四ノ峰

四ノ峰を通過します。ここで休んでいる人はいませんでした。
午後12時50分(4時間26分)

五頭山 五ノ峰

五ノ峰を通過します。
午後12時56分(4時間32分)

五頭山 赤安山分岐

赤安山分岐です。そろそろ足ににも疲れが出てきました。
午後13時21分(4時間57分)

五頭山 赤安山山頂

赤安山山頂通過です。結構時間がかかってしまいました。
午後13時54分(5時間30分)

五頭山 赤安山登山口

赤安山登山口まで下りて来ました。かなり足が疲れました。
午後15時00分(6時間36分)
午後15時14分(6時間50分) 駐車場到着

結構足にきました。疲れました。思った以上に距離がありました。
帰りは、村杉温泉の露天風呂でゆったりして帰りました。

|

« ごはん処 食堂ミサ あらい道の駅店 | トップページ | 中華 白寿 »

コメント

縦走というのは興味あるけどやったことがありません。
登山は2~3時間位がちょうど良いかな~(^_^;)

残雪があったり沢があったり、結構険しそうな感じですね。
お疲れ様でした!

投稿: bbshin | 2011.05.24 02:27

>bbshinさん

確かに2~3時間が楽で良いですね。
遠いところも行ってみたいのでもう少し体力目指します。
縦走は、尾根伝いの道が結構好きでもう少し楽しみたいと思いました。

変化がないと飽きてきますが、あまり極端な変化は嫌です。
雪も急斜面じゃないとそんなに危険はありません。
ゆったりした登山で雪でビールを冷してってやってみたいです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2011.05.30 01:20

先日、同じルートを女房と二人で初めて走破しました。女房はベテランですが、私は初めて2年目、五頭には2回ほど登りましたが、縦走を是非1回はやってみたいと思っていました。1の峰の手前と赤安山のあたりで、合わせて2回ほど後悔しましたが、下山後は走破の満足感です。今度は菱ヶ岳方面からや、裏五頭からの走破を楽しみに考えております。

投稿: やまちゃん | 2012.11.10 11:16

>やまちゃんさん

結構登り応えありますよね。
行ってはみたけど思っていたよりもきついことあります。
ゆっくりでも登り続けていれば叶いますが、バテないように行動食などのコントロールが大事だと思いました。
山頂が見えた瞬間がたまらなく嬉しくなります。これで登らなくてすむ。って。勘違いのように何度も味わう山もありますが…。充実感のような魔力に取りつかれているような気がします。
こちらも経験が多くないので、安全なメインコースから登っています。最近嬉しいのは、見える山で登った山が増えてきたことです。
いろんな人のブログで安全そうか確認しながらやっていきます。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.11.11 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/51738883

この記事へのトラックバック一覧です: 松平山 ~ 五頭山:

« ごはん処 食堂ミサ あらい道の駅店 | トップページ | 中華 白寿 »