« おかず麺処 じじ&ばば | トップページ | 大喜 西町本店 »

2011.06.18

黒部峡谷 秘湯の旅

黒部峡谷鉄道 新山彦橋

有効に活用させていた高速道路の休日上限1000円が6月19日(日)をもって終了となります。とても悲しいことになりました。高速道路上限1000円の最終週末になりました。通常の土日の行動パターンなんでそんな遠くには行けませんが、1000円を有効に使いたいと思います。18日は“古都ひろさき花火の集い”や“まき夏まつり花火大会”などの花火大会もあります。いろいろと行きたいところがたくさんあります。
そんな中から黒部峡谷鉄道をも利用した温泉旅に行こうと思います。ずっと前になりますが黒部峡谷鉄道に乗ろうと宇奈月駅まで行きましたが、混雑していてお昼頃には切符が買えませんでした。今日は、午前5時に起床し黒部峡谷鉄道沿線の情報を確認して、午前5時30分に自宅を出発しました。午前7時32分発や午前7時57分発には間に合いませんが、午前9時00分発までのトロッコ電車に乗りたいと思います。

黒部峡谷鉄道 宇奈月駅

北陸自動車道も順調に流れ、午前8時過ぎに黒部峡谷鉄道宇奈月駅に到着しました。駐車場(料金900円)もまだ近いところに停められました。準備をして駅に行きます。観光客や工事関係の乗車待ちらしい人がいます。しばらく後のトロッコ電車しか乗れないのかなと切符を購入します。1660円です。すぐの午前8時17分発のトロッコ電車の切符が間に合います。時間もないので客車タイプや号車も気にせず普通客車を購入します。乗車券と1号車の普通客車の整理券を受け取り、改札を通りホームへ向かいます。

黒部渓谷鉄道 宇奈月駅 ホーム

ホームに下りるとすぐに発車ですが1枚だけ撮影します。大勢のお客さんが乗って待っていたと思っていましたが、そんなに混んではいないようです。1号車は電気機関車のすぐ後ろにようです。1号車の後部に乗ると電車(トロッコ電車)出発しました。

黒部峡谷鉄道 宇奈月→欅平

黒部峡谷鉄道の車両は電力開発の運搬用なので乗る前から小さいと思いましたが、乗ってみると遊園地の電車のようです。大人3人並ぶ程度の幅です。黒部アルペンルートなど料金が高いと思いましたが、黒部峡谷鉄道も宇奈月→欅平の20.1㎞で1660円という高い料金です。しかし、乗車時間の1時間15分程度を遊園地のアトラクションに乗っている時間と考えればこの料金も全然高くないかと考えられます。

黒部峡谷鉄道 宇奈月→欅平

黒部峡谷鉄道 宇奈月→欅平

電気機関車2両が13両の客車を引いて進みます。半袖で来たのですが、走り出したら結構寒いです。合羽やホッカイロなどザックに入ってますが、耐えれそうです。

黒部峡谷鉄道 宇奈月→欅平

鐘釣の黒部万年雪です。寒い訳です。鐘釣の河原露天風呂も有名ですが、動物園状態で露天風呂も入りたくないのでパスさせていただきます。

黒部峡谷鉄道 欅平駅 到着

欅平駅に到着しました。ホームのずっと奥が降車用で、電気機関車を前に付け変えて手前の乗車用に移動します。電気機関車を加えての15両編成が2組入るホームは、車両が短いトロッコ電車でもかなり長いものになります。

黒部峡谷鉄道 欅平駅 周辺ガイドマップ

休みがたっぷりあれば仙人温泉まで足を延ばしたいっていうのが希望ですが、日程も体力も技術もまだまだなので近場を回ってみたいとと思います。改札を出た駅構内に周辺ガイドマップがあったので見ます。目的にしていた祖母谷温泉がバッテン印になっています。入れる温泉は、欅平温泉猿飛山荘と名剣温泉の2ヶ所だけです。祖母谷温泉への途中にある名剣温泉に入ろうと思います。700mの散歩になります。

黒部峡谷鉄道 欅平駅

駅を出た場所が広くなっていて結構のんびりしている人が多くいます。

黒部峡谷 人喰岩

名剣温泉への道は、奥鐘橋を渡り人喰岩を通って進みます。人喰岩は、その張り出した恐さもありますが、下の峡谷の流れる水音の反響が大きく恐さを感じます。

黒部峡谷 人喰岩 奥鐘橋 欅平駅

少し進んで振り返ると人喰岩、奥鐘橋、欅平駅が見えます。

黒部峡谷 ヘルメット置場

途中、欅平祖母谷間道路管理組合のヘルメット置場があります。

黒部峡谷 祖母谷川

名剣温泉、祖母谷温泉、白馬岳方面に向かう道は祖母谷川沿いになります。黒部川本流も深い谷ですが、祖母谷川沿いも深い谷です。温泉のためか水の色が淡いです。

黒部峡谷 名剣温泉

欅平駅から歩くこと15分ほどで名剣温泉に到着しました。

黒部峡谷 名剣温泉 玄関

落ち着きのある玄関。日本秘湯を守る会会員の宿なので源泉かけ流のようです。
少し前にグループが入って行きました。そんなに大きくない露天風呂のようで、空くまで宿に上がってお茶を飲みながら待ちます。入浴料金700円を支払います。

黒部峡谷 名剣温泉 露天風呂

玄関前を通り少し下り、先に露天風呂があります。雰囲気があります。

黒部峡谷 名剣温泉 露天風呂 浴室

脱衣所も狭いながらもしっかりしていて、お風呂もなかなかの出来です。泉質は、単純硫黄泉。リンスインシャンプーとボディソープがありますが、水の蛇口しかありません。最初は混んでいましたが、グループが帰るとゆっくり出来ました。詳細は省略しますがあまりに常識のない団塊世代ぐらいに親父が何人かいたので注意しました。
風呂上りのほてりを冷ますかのようにのんびりと峡谷の景色を楽しみながら欅平駅まで戻りました。欅平ではもう見るものもないので早めに戻って黒薙温泉に行こうかと思案していると、欅平駅の入口近くで黒部峡谷自然散策ガイドが観光客の問い合わせに対応しています。欅平周辺のことや行けない所のことなどいろいろ教えていただきました。

黒部峡谷 欅平→祖母谷温泉

欅平駅から再び出発します。2.5㎞先(通常40分)の祖母谷温泉を目指します。途中、欅平祖母谷間道路管理組合のヘルメットを借りて、名剣温泉先の道路を進みます。

黒部峡谷 欅平→祖母谷温泉

落石の危険性のあるところがたくさんあります。川の音が大きくて雪上の落石が気付き難そうな場所などを重点に最深の注意を払って慎重に進みます。

黒部峡谷 欅平→祖母谷温泉

長い登り傾斜のあるトンネルを抜けると祖母谷温泉が見えてきます。

黒部峡谷 欅平→祖母谷温泉

温泉手前の橋を渡っていると上流に湯煙が見えます。

黒部峡谷 欅平→祖母谷温泉

源泉がありました。欅平温泉猿飛山荘と名剣温泉もここから引き湯しています。

黒部峡谷 祖母谷温泉

祖母谷温泉です。やってました。500円です。

黒部峡谷 祖母谷温泉 露天風呂

黒部峡谷 祖母谷温泉 露天風呂

黒部峡谷 祖母谷温泉 露天風呂

やったー!
他にお客さんもなく貸しきり状態です。帰るまで1人でした。下界の雑踏から逃れられました。泉質は、単純硫黄泉(硫化水素型)です。備品は、リンスインシャンプー、ボディソープがあります。98℃の源泉はさすがに水を加えています。源泉かけ流しではありませんが、そんな細かいことをどうこうって言う温泉ではありません。

黒部峡谷 欅平駅 阿曽原方面看板

欅平駅まで戻ってきました。阿曽原温泉方面の水平歩道を見てみたいと思っていたのですが、こちらも整備中とのことで、250mの急登の往復は止めました。
露天風呂2ヶ所にのんびり入り過ぎていい時間になりました。午後2時58分欅平駅発→午後4時14分宇奈月駅着のトロッコ電車で帰ります。切符も変えました。雨も降ってきたのですが身体が温泉でポカポカなので普通客車にしました。
ネットを見てずっと行ってみたいと楽しみにしていました。想像通りの温泉でした。

|

« おかず麺処 じじ&ばば | トップページ | 大喜 西町本店 »

コメント

先週の佐渡、今回の黒部渓谷と活動的に動いておられますね。
両方とも1度だけ訪ねたことがあり、再度行ってみたい場所です。
名剣温泉の露天風呂よさそうですね。
昨年、知人が黒薙温泉に泊まってきて、話を聞いてから行ってみたくなっています。

投稿: しゅうちゃん | 2011.06.20 21:36

>しゅうちゃんさん

とても谷の深いところでした。
この辺りの温泉はのどかでいいです。

黒薙温泉も良さそうです。
祖母谷温泉が行けなかったら行こうと思っていました。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2011.06.26 11:19

初めまして。
私も名剣温泉に行ってきました。
今度は祖母谷川温泉まで足をのばしてみようと思います!

投稿: fukken | 2011.10.27 15:44

>fukkenさん

秘湯って感じがいい温泉ですね。
祖母谷川温泉は、道路を歩くだけなので楽に行けます。

黒部渓谷もゆったり行ってみたいです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2011.10.30 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/51989239

この記事へのトラックバック一覧です: 黒部峡谷 秘湯の旅:

« おかず麺処 じじ&ばば | トップページ | 大喜 西町本店 »