« 中華料理 萬来 | トップページ | 杉村屋 »

2011.07.09

光兎山 リベンジ!

先週、頂上まで辿り着けなかった光兎山に再チャレンジです。先週、3週間振りの登山で歩行時間や累計標高差など体力ギリギリかなと思って登ったのですが途中で断念となりました。反省点も多くちょっと実験ぽく再挑戦です。さて、どうなることでしょうか?日本海東北道胎内荒川インターから国道113号線で山形県小国方面を目指し、高田橋(荒川)から国道290号線に入り村上方面に向かいます。女川橋(女川)を渡ってすぐ(農協のガソリンスタンドが目印)を右に入ります。案内標識がに従い進みます。中束集落の先から林道に入り進むと中束登山口があらわれます。1台の車が停まっていて男性1人が準備中です。今回は、さらに進んだ先の千刈登山口から登ろうと思います。

光兎山 千刈コース ①

途中、車の両脇を草が擦るような所を何度も過ぎます。

光兎山 千刈コース ②

道路沿いの広くなった部分の駐車場で、10台ぐらい止められるでしょうか?先週よりも2時間ほど早いためか他に停まっている車はありません。

光兎山 千刈コース ③

予定では、歩行時間6時間10分、走行距離9.6㎞、累計標高差+1080m-1080mです。さて準備をしていよいよ登山開始です。
午前7時25分(0時間00分)

光兎山 千刈コース ④

コースに入ってすぐに2枚の看板があり、3枚目の看板になります。
午前7時31分(0時間06分)

光兎山 千刈コース ⑤

コースに入るとしばらく杉林の中の程好い傾斜を登って行きます。

光兎山 千刈コース ⑥

途中からは、斜度も少ないブナ林もあり、森林浴を味わいながら登ります。

光兎山 千刈コース ⑦

4枚目の看板です。
午前8時06分(0時間41分)

中束登山口からのコースと合流、ここからは先週と同様につき写真は省略。
午前8時09分(0時間44分)
午前8時40分(1時間15分) 虚空蔵峰(奥山)
午前8時56分(1時間31分) 観音峰
午前8時59分(1時間34分) 水場への分岐
午前9時41分(2時間16分) 雷峰到着

この前はここまででしたが、今日はまだ大丈夫です。のんびりと景色を楽しみながらひと休みします。学生4人組が来て先に出ました。こちらもボチボチと出発しましょう。
午前10時23分(2時間16分)

光兎山 千刈コース ⑧

大きく下り少し登り始めたところに姥石があります。女人禁制の禁を破って登った女性が石にされたと言われています。
午前10時33分(2時間26分)

光兎山 千刈コース ⑨

駒返しです。結構な登りが続きます。体力もかなり消耗してきました。中束登山口で今朝準備をしていた人が下山して来てすれ違いました。
午前11時20分(3時間13分)

光兎山 千刈コース ⑩

もうすぐ山頂です。山頂は学生4人組だけのようです。

光兎山 千刈コース ⑪

光兎山の山頂です。966.3m。いい景色です。しばらく楽しませてもらいます。
午前11時48分(3時間41分)

光兎山 千刈コース ⑫

鷲ヶ巣山の三峰です。

光兎山 千刈コース ⑬

彼方に飯豊連峰も見えます。
前回よりも2時間早くスタートしたためか気温は多少低めでしたが、湿度は高く、風もありません。山頂は、日差しを遮るものもなく動かなくても汗が滲んできます。今日は、後から単独1人、2人組み1組の計8人が山頂まで来たようです。天気予報では、風が4~5mぐらいで曇りになる予定ですが一向にいい天気のままです。それでも少しずつですが風も出てきて景色を楽しませてもらえました。
午後2時39分(0時間00分) 下山開始
午後2時56分(0時間17分) 駒返し
   途中日陰にて10分ほど休憩
午後3時40分(0時間51分) 姥石
午後3時58分(1時間09分) 雷峰到着
   風が少し出てきて飯豊連峰方向で雷鳴が轟いています。
午後4時25分(1時間09分) 雷峰出発
午後5時00分(1時間44分) 水場分岐到着
   山頂で話した2人組が水場の水を置いてくれてました。
午後5時18分(1時間44分) 水場分岐出発
午後5時23分(1時間49分) 観音峰
午後5時49分(2時間15分) 虚空蔵峰(奥山)
午後6時12分(2時間38分) 中束登山口コース分岐
午後6時42分(3時間05分) 虚空蔵峰(奥山)

寝不足&朝食抜きは前回同様、前回は雷峰でおにぎり2個食べて下山しました。今回は余っている体脂肪を使おうとアミノバイタル(顆粒&ゼリー)でのアミノ酸補給のみでの挑戦でした。足は動きますが、胃袋にものが入ってないと力が入らないです。ちなみにカロリーメイト1箱、チョコレート2枚、カップヌードルリフィル3食は、リュックで眠っています。シャリバテに近い状態でしょう。そろっと行動食の効き目でも体験してみます。

水消費量 持参3リットル、水場飲用補充後飲用計1.5リットル、下山後1リットル。

帰りは「えちごせきかわ桂の関温泉 ゆ~む」(500円)でのんびり汗を流して帰りました。結構日焼けしてしまいヒリヒリします。

|

« 中華料理 萬来 | トップページ | 杉村屋 »

コメント

リベンジとは、さすがですね。

光兎山は私もまだ、登ったことがありません。
ラーメン日記さんのブログを参考にして、いずれ
挑戦してみたいと思います。

投稿: ごん | 2011.07.10 21:13

>ごんさん

アミノ酸で軽快に体脂肪を燃やしながら登ろうと思いましたがそうそう簡単には行きませんでした。

下っての登り返しと山頂近くになってからの急登は堪えました。

なかなかスタミナのいる山です。

是非!

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2011.07.11 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/52170587

この記事へのトラックバック一覧です: 光兎山 リベンジ!:

« 中華料理 萬来 | トップページ | 杉村屋 »