« 麺や ようか | トップページ | ホタルまつり »

2011.07.02

光兎山

佐渡のトビシマカンゾウ、黒部の祖母谷温泉、新潟みなとトンネルと3週連続でまともな運動、山登りっぽいことをしていません。梅雨の晴れ間を縫って光兎山に出かけました。朴坂山に登ったときに見えていたので登ってみたいと思っていました。
ちょっと歩行時間や累計標高差が体力ギリギリかなってコースです。歩行時間5時間55分、走行距離10.5㎞、累計標高差+1110m-1110mです。
日本海東北道胎内荒川インターから国道113号線で山形県小国方面を目指し、高田橋(荒川)から国道290号線に入り村上方面に向かいます。女川橋(女川)を渡ってすぐ(農協のガソリンスタンドが目印)を右に入ります。案内標識がに従い進みます。中束集落の先から林道に入り進むと中束登山口があらわれます。さらに進んだ先の千刈登山口もありますが、今回は中束登山口からのコースを登ってみたいとお思います。

光兎山 中束コース 駐車場

道路沿いの広くなった部分の駐車場で、9台ぐらい止められるでしょうか?少し歩けば同じような駐車できそうなスペースが点在しています。7台駐車しています。

光兎山 中束コース 登山口

準備をして中束登山口から出発です。後で気が付けば虫除けスプレー忘れました。
午前9時22分(0時間00分)

光兎山 中束コース ①

こんなんでいいの?って言うくらい傾斜の穏やかな山歩きが続きます。

光兎山 中束コース ②

最初の看板です。穏やかな登りですが汗が結構出ます。
午前9時35分(0時間13分)

光兎山 中束コース ③

笹峰休み場です。まだ、休まなくて大丈夫です。
午前9時41分(0時間19分)

光兎山 中束コース ④

2番目の看板です。まだ穏やかな登りです。こんなんで良いの?
午前9時43分(0時間21分)

光兎山 中束コース ⑤

千刈登山口からのコースと合流します。
ここまで2.5㎞です。千刈登山口から1.8㎞です。
午前10時02分(0時間38分)

光兎山 中束コース ⑥

道も徐々に山登りらしい道になってきます。

光兎山 中束コース ⑦

綺麗なブナ林も姿を現しました。ブナの森は緑のダムと言われますが納得です。かなりの水を含んでいるのでしょう。触るとひんやりします。コース合流から0.8㎞です。

光兎山 中束コース ⑧

虚空蔵峰(奥山)標高629.4mに到着しました。いままでの初級の山の山頂に到着したような汗ですが、まだ、半分にも達していません。
午前10時32分(1時間10分)到着
午前10時48分(1時間10分)出発

光兎山 中束コース ⑨

綺麗なブナ林です。こういう所を歩くのが気持ちいいです。

光兎山 中束コース ⑩

観音峰到着です。虚空蔵峰から0.5㎞です。段々道が険しくなってきます。
午前11時03分(1時間25分)

光兎山 中束コース ⑪

観音様の裏から先を見るとこれから行く、雷峰、光兎山です。

光兎山 中束コース ⑫

観音峰から一気に下った鞍部に水場への分岐があります。
まだ水も1リットルあり先へ進みます。
午前11時07分(1時間29分)

光兎山 中束コース ⑬

傾斜も厳しくなってきました。

光兎山 中束コース ⑭

こんな場所や

光兎山 中束コース ⑮

こんな場所を通って、

光兎山 中束コース ⑯

雷峰到着しました。
午後12時04分(2時間26分)
途中から身体が動きません。屈んで休んで立ち上がると立ちくらみが…。
騙し騙しやってきましたが、寝不足&朝食抜きの登山のここいらが限界です。

光兎山 中束コース ⑰

さらに、山頂は雲がかかっています。のんびり休んで下りましょう。
おにぎり2個を食べます。

光兎山 中束コース ⑱

周囲の山々は、最高の景色を見せてくれます。いつまでも居たいような。
さて、帰りましょう。
午後1時53分(0時間00分) 下山開始
午後2時35分(0時間42分) 水場分岐

光兎山 中束コース ⑲

水場にて水を飲んで、補充もしました。水場まで結構急斜面です。
午後2時40分(0時間47分) 水場
午後2時49分(0時間56分) 水場分岐
午後2時55分(1時間02分) 観音峰
午後3時24分(1時間31分) 虚空蔵峰
午後3時56分(2時間03分) 千刈登山口分岐
午後4時10分(2時間17分) 2番目看板
午後4時12分(2時間19分) 笹峰休み場
午後4時15分(2時間22分) 1番目看板
午後4時25分(2時間32分) 登山口

水消費量 持参1.5リットル、水場飲用補充後飲用計1リットル、下山後1リットル

久しぶりに疲れました。それから例によって「えちごせきかわ桂の関温泉 ゆ~む」(500円)でのんびり汗を流して帰りました。次回は少し考えないとです。

|

« 麺や ようか | トップページ | ホタルまつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/52107305

この記事へのトラックバック一覧です: 光兎山:

« 麺や ようか | トップページ | ホタルまつり »