« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011.08.31

食事 曄 酔房

曄 冷し中華(醤油)

新潟市の「食事 曄 酔房」です。
上大川前通沿いの6番町、竹山病院の斜め向かいにあります。
以前、同じ場所にあったお店に夕食時間ですが1度お邪魔しました。接客がどうも嫌いなお店でした。その後、お店が変わったのですが前の印象があり遠慮していましたが、まあまあ美味しく食べられるとの情報を入手したので行ってみることにしました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席の広い明るめの食堂っぽい中華料理屋さんです。午後12時10分頃にお邪魔しました。混み合いそうな時間ですが、お客さんがポツリポツリといるだけでちょっと寂しい感じがします。
メニューは、ランチが2種と麺類があります。麺類は、中華系のものが揃っています。冷し中華もあり、醤油味と胡麻味のつゆが選択できます。冷し中華(醤油味)にしました。麺類には、餃子と半チャーハンが加えられます。半チャーハンもお願いしました。
冷し中華が、お客さんも少なめですが普通の待ち時間で冷し中華が出来てきました。
ガラスの涼しそうなお皿、あまりごちゃごちゃしないシンプルな感じの冷し中華です。
麺は、癖のない普通太の縮れ麺です。ツルツルプリプリ触感、歯応えのいい麺です。
つゆは、醤油味の一般的なものですが、温かいスープを冷したような癖があります。
トッピングは、ハム、キュウリ、蒸し鶏、トマト、ゆで玉子半個、紅生姜とシンプルです。
麺は良いのですが、つゆがちょっと好みと違いました。780円とまあまあでしょうか。

曄 半チャーハン

半チャーハンは、そこそこボリュームがあります。薄味でちょっと物足りなさを感じます。サイコロ形に切った人参が硬かった。でも、200円とリーズナブルで助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.30

めん処 くら田

くら田 冷し中華(ダブル)

新潟市の「めん処 くら田」です。
本町通りと東堀通りの間、6番町の小原小路沿いにあります。
涼しくなってきましたが、そこそこ暑さも残っているかのような状態が続いています。今日も残り少ない夏を麺メニューで楽しみたいと思います。でも、お腹は空きましたが懐も寂しいので、こんな時に助けてもらっているくら田にお世話になろうと思います。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着いた下町の雰囲気の小さなお店です。午後12時10分頃に着きました。今日もいつも通り混んでますが、なんとか座れました。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメンがあり、夏季の冷し中華もあります。麺は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)と選べます。あれ!ビフォー(280g)っていうのも後から加えられています。160gから320gまで40gおきに食べられます。大盛りは100円増しですがサービス(無料)になります。壁に貼られたメニューには、残さないでねと付け加えられてあります。普通の細麺の他に平麺も選べます。スープも醤油味と塩味が選択できます。冷し中華がどこまで選択できるのかは不明です。挑戦もしません。冷し中華(ダブル)にしました。
いつも通り手際よく作っていますが、出来上がりを待っている人も多く時間がかかるだろうと思っていましたが、そんなに待たずに冷し中華が出来上がってきました。
冷し中華(大盛)まではお皿ですが、ダブルはラーメンと同じ器に盛られてきました。
麺は、細く弱い縮れの癖のない麺です。ツルツルして冷しらしくコシのある麺です。
つゆは、透き通った薄い醤油色で、醤油味が控えめであっさり仕上がっています。酸っぱさは一般的なものと同じように効いているので、酸味が強く感じられます。
トッピングは、チャーシューが3枚入っています。脂の量が冷しでもちょうど食べ易い量です。浅漬かり薄切りのメンマ、胡瓜と生姜の細切りも入っています。生姜は、紅生姜ではなく色付けされていないものです。自然の色だけで美味しそうに見えます。
冷し中華は750円です。麺が好きな冷し中華です。普通盛りだと少しお高いかなって感じですが、ダブルはとてもお手頃です。美味しくいただきました。御馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.29

手打ちらーめん 勝龍

勝龍 どっかんラーメン(中盛)

小千谷市の「手打ちらーめん 勝龍」です。
小千谷市役所辺りから信濃川方向下った先にあります。駐車場が広く便利です。
勝龍の冷しってあるだろうか?どんなものだろうか?食べてみようとお邪魔しました。
お店は、奥中央に厨房があり、周りを囲うように左右と手前がカウンター席です。何の仕切りもない、オープンキッチンそのものです。さらに手前の左右にはテーブル席があります。入口は風除室になっていて、食券販売機があります。ちょっと歴史もありそうな結構広々したお店です。午後12時15分頃に着きました。思った通り混んでいます。
メニューは、醤油、味噌、塩、担々麺、つけ麺など豊富です。味噌が人気です。冷し中華を食べようかと思って来ました。冷し中華もありますが、急に味噌が食べたくなりました。限定メニューもいろいろあります。その中に濃厚味噌のどっかんラーメンもあります。大盛りも同じ料金です。でも大盛りは多過ぎます。どっかんラーメン(中盛)にしました。大盛りと普通盛りの間の中盛りもできます。で食券を購入しようとしたらありせん。店員に聞くとみそラーメンと同じ値段なので、みそラーメンの食券を購入とのことでした。食券を購入しフロア係が半券を捥ぎ取り案内する席に座って待ちます。
その後も多くのお客さんがやってきますが、入れ替わり待たずに座れるような状態が続きます。手際良く作るのですが待ちのお客さんも多くやや待ちで出来てきました。
あまり綺麗な盛り付けではありませんが、たっぷりの肉そぼろが美味しそうです。
麺は、店名の通り手打ち麺です。平打ち太縮れ麺で、硬めにゆでらられそうな麺ですがちょうど良いゆで加減です。モチモチ感が強く、味噌に合う旨みのしっかりした麺です。
スープは、普通でも濃厚なスープがより濃厚になり、さらに背脂がチャッチャされコッテリ感も増しています。ほんのりな辛さやゴマ風味のまろやかさもあります。東横やこまどりのような割りスープを必要とする濃厚味噌のしょっぱさ手前ですんなり食べれます。
トッピングは、もやし・キャベツ・ニラなど炒め物、メンマ、水菜、肉のそぼろです。
気持ち良く食べられる麺は、いろんなスープにでも対応できています。好きな味噌味は濃厚でも楽しめました。どっかんラーメン830円は、大盛りの値段なのかなと思える1杯です。勝龍はボリュームがあり、さらに同料金で大盛りも食べられますが、やっぱり少しお高いラーメン屋さんです。それでもたまに食べたいみそラーメンのお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.28

第85回全国花火競技大会「大曲の花火」 結果

第85回全国花火競技大会「大曲の花火」の結果が発表されました。

【夜花火の部】
  最優秀賞(内閣総理大臣賞)
    長野県 紅屋青木煙火店

【創造花火の部】
  優勝
    愛知県 磯谷煙火店
      玉名 今夜、どこかのBARで~男と女の物語~
  準優勝
    長野県 紅屋青木煙火店
      大曲の花火 夜花火 紅屋青木煙火店 夜空に描く万華鏡模様

      大曲の花火 夜花火 紅屋青木煙火店 夜空に描く万華鏡模様

      大曲の花火 夜花火 紅屋青木煙火店 夜空に描く万華鏡模様
      玉名 夜空に描く万華鏡模様

  優秀賞
    茨城県 山崎煙火製造所
    群馬県 菊屋小幡花火店
    山梨県 山内煙火店
  入賞
    静岡県 イケブン
    秋田県 小松煙火工業
    山梨県 マルゴー
    長野県 信州煙火工業
    長野県 篠原煙火店
    山梨県 斉木煙火本店
    茨城県 野村花火工業

【10号割物の部】
  優勝
    山梨県 山内煙火店
      大曲の花火 夜花火 山内煙火店 昇曲導付三重芯変化菊
      玉名 昇曲導付三重芯変化菊

      大曲の花火 夜花火 山内煙火店 MagicArt
      玉名 MagicArt

  準優勝
    長野県 紅屋青木煙火店
      大曲の花火 夜花火 紅屋青木煙火店 昇曲付四重芯変化菊
      玉名 昇曲付四重芯変化菊

      大曲の花火 夜花火 紅屋青木煙火店 錦先五度変化
      玉名 錦先五度変化

  優秀賞
    群馬県 菊屋小幡花火店
    茨城県 山崎煙火製造所
    東京都 丸玉屋小勝煙火店
  入賞
    愛知県 磯谷煙火店
    山梨県 マルゴー
    新潟県 新潟煙火工業
    秋田県 小松煙火工業
    山梨県 斉木煙火本店

【昼花火の部】
  優勝
    静岡県 イケブン
     玉名 花夕暮れ
  準優勝
    愛知県 磯谷煙火店
     玉名 昇曲付煙柳
  優秀賞
    静両県 三遠煙火
    山梨県 斉木煙火本店
  入賞
    東京都 ホソヤエンタープライズ
    秋田県 北日本花火興業
    長野県 信州煙火工業

【特 別 賞】
  文部科学大臣奨励賞
    茨城県 山崎煙火製造所
  社団法人日本煙火協会会長賞
    静岡県 イケブン

見事な花火の技術でした。明るいものや時間差発光など写真で表現するのがより一層難しくなってきましたが、挑戦していきましょう。第86回が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三柱神社秋季大祭

三柱神社秋季大祭

午後の山車巡航、夕方のバーベキューと子供たちと一緒に楽しんだ一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかず麺処 じじ&ばば

じじ&ばば 味噌ラーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
新潟市の古町地区、鍋茶屋通り下手の東新道通り沿いにあります。広小路近くです。
大曲の花火も会場の雰囲気や余韻で夕食抜きで楽しみ、お腹を空せて帰って来ました。午前3時近くで美味しいラーメンが食べたくてお邪魔しました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。深夜方のお店です。こんな時間ですが、結構お客さんが入っています。カウンター席に座れました。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメン、担々麺、ジャージャーメン、胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。冷し中華もあります。普段、飲みの〆ではボリュームがあって食べれない味噌ラーメンにしました。
空いてはいますが、先客もラーメンを注文のようで、その後に作ってもらえました。
味噌ラーメンらしい器に、味噌ラーメンでもチャーシューやメンマがのっています。
麺は、太縮れの平打っっぽく、存在感がありながら食べ易く旨みのあるものです。
スープは、おとなしめですが、まろやかさ、味噌の美味しさを楽しめるものです。
トッピングは、もやし・玉ねぎ・人参・ピーマン・きくらげ・豚肉などを炒めたものが結構たっぷり、それに加え大きなチャーシュー、メンマと充実しています。
暑い夏でも深夜は味噌ラーメンが合います。空いたお腹も満足のボリュームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.27

第85回 全国花火競技大会「大曲の花火」

秋田県大仙市で開催の第85回全国花火競技大会(大曲の花火)に行ってきました。
例年の秋田県仙北市の実家から花火会場への移動ですが、今年は新潟市から夜行日帰りで観ます。天気が悪かったら諦めようかと思っていましたが、普段の行いの良さをお天道様はちゃんと観ているようです。天気は晴れ、午後西寄りの風、夕方から南東寄りの風、いずれも1mです。花火を観るにはもう少し風が強い方が良いのです。

自宅(新潟市)から大仙市へ

秋田道西仙北SA

新潟市の自宅を午後10時過ぎに出発、スーパーで飲み物を購入し、日本海東北道、山形道、秋田道、国道7号線などを経由して西仙北サービスエリアに到着しました。所々に霧も発生していましたが、流れが良く午前2時15分着と順調でした。途中、大曲インター出口渋滞の表示がありました。深夜の渋滞は避け、ここで仮眠します。
午前7時に起き出してそろそろ動きましょう。まだ、西仙北サービスエリアは霧はかかっていますが暑さが和らいでいいでしょう。大曲インターも一般は混み合っていますが、ETCはすんなり抜けられました。午前7時30分頃にいつもの場所に駐車です。
ラジオでは、主催者が用意しネットやパンフレットで紹介されている駐車場は、まだ半数程度の駐車状況をを伝えています。市内には3000円と手書きの看板が立てられた民間の臨時駐車場がたくさんあります。こちらはまだまだ空いています。いつもの場所は少し遠い場所になりますが、遠いため帰りは混雑に巻き込まれ難くなります。

駐車場所から花火会場へ

駐車場所からは歩いて花火会場の雄物川河川敷公園に向かいます。花火会場に向かう人も交差点毎に合流するかのように増えてきます。会場近くになると焼鳥、ビール、座布団、などいろんな露店があります。今回は時間が早いので準備しているお店も多く見られます。パンフレットもあります。この前本屋さんで購入したものと違うものなのでこちらのパンフレットも購入します。午前7時30分頃に雄物川上流の大曲橋(金谷橋)入場ゲートに着きました。堤防上を先に入場できる下流の姫神橋ゲートを目指します。

大曲の花火 携帯電話移動無線基地局

今年は、携帯電話会社3社の移動無線基地局が並んでいます。もともと人口4万人の大曲地区に70万人以上が訪れるんですから大変なことです。

大曲の花火 大会本部

大曲商工会議所のテントが並んでいます。全体が見渡せる位置で、大会本部でしょう。その後方の足場がテレビ中継の中心になるカメラの設置場所です。

大曲の花火 入場待ち

午前8時頃、下流姫神橋側ゲート入場待ちの位置に来ました。今年は早くに着いたので入場待ちの列に並ぶことになります。幅広く仕切られた並ぶエリアには、カラフルなテントやビーチパラソルなどで日除けをして待っている人大勢います。

大曲の花火 入場待ち②

午前8時頃じゃそんなところではありません。待ちエリアから500mぐらいの位置に並びました。ただただ待ちます。天気はもう快晴です。暑さとの戦いが始まりました。

大曲の花火 入場

テントやビーチパラソルなどの日除けが片付けられ始め、午前9時30分開場ですがなかなか動きません。混乱にならないよう制限しながらの入場です。午前10時前、ようやく入場できました。動き始める頃には後ろにも1kmぐらいの列が出来ています。

観覧場所の確保

大曲の花火 会場

姫神橋付近はまだ空いた観覧場所も多く見かけられますが、帰りことを考え、カメラのアングルを考え、風向きを考えて上流へ移動します。中央も越えて上流側のオレンジロード近くの露店の裏に観覧場所を確保できました。午前10時30分です。

大曲の花火 会場

大曲の花火は、他の花火大会と違ってゴミの持ち帰り禁止です。ゴミの拡散を防ぐために花火会場やバス用など大きな駐車場にはゴミ箱が設置されています。

昼食

大曲の花火 甲府鳥もつ煮とビール

ほかのお客さんは飲み物や食べ物をいろいろ持ってきていますが、こちらは露店の食事も楽しみます。まだ午前中なのでビールを1本いただくことにします。今年もビール500mlが400円、350mlが300円、ペットボトル200円、缶ジュース150円です。いい意味で良心的な田舎です。つまみは確保した観覧場所裏のB−1グランプリゴールドグランプリらしい甲府鳥もつ煮です。500円です。なかなか懐かしい好きな味です。

大曲の花火 横手焼きそば

露店を見てみると秋田で美味しいものは今年も横手焼きそばです。秋田ってそんなにB級グルメが盛り上がっていないようです。大曲もB級グルメ的なものが欲しいです。
ほかに、イオン、モスバーガー、サーティーワンアイスクリームの露店もあります。

パンフレット

大曲の花火 パンフレット

本屋さんで販売のパンフレット(300円)はお盆に購入しましたが、会場近くの露店で秋田民報のパンフレット(200円)、会場内の大曲商工会議所青年部売店で公式プログラム(200円)とガイドブック(500円)を販売していたので購入しました。それぞれプログラム以外の部分に特色があり、いい時間潰しになります。他に本もありました。

暑さとの戦い

大曲の花火 会場

天気予報では最高気温が30℃とのこと、時々心地いい風が吹きますが、なんといっても日差しが強烈です。カメラの三脚に雨具を掛けて小さな日陰を作れますが、頭が隠れる程度です。日焼け止めもないので後が怖いです。会場内には、熱中症に注意して小まめに水分を補給するよう放送されています。何度か救急車も往復しています。

大曲の花火 ババヘラアイス

効果的なのはババヘラアイスです。秋田の夏はこれがなきゃ。200円です。

あっち〜!

昼花火の部

午後4時過ぎ、昼花火の開始のためテントなどの撤収をお願いする放送が流れます。そして、審査員の紹介がありました。経済産業省原子力安全・保安院からも審査員がいます。大曲の花火で初めてのブーイングに似た会場のざわめきが起こりました。
そして、午後5時、いよいよ競技会の開始です。上手く撮れた写真を掲載します。

大曲の花火 昼花火 イケブン 花夕暮れ
イケブン 花夕暮れ

大曲の花火 昼花火 齊木煙火本店 未来への懸け橋“虹”
齊木煙火本店 未来への懸け橋“虹”

大曲の花火 昼花火 磯谷煙火店 昇曲付煙柳
磯谷煙火店 昇曲付煙柳

大曲の花火 昼花火 三遠煙火 黒煙に紅閃光
三遠煙火 黒煙に紅閃光

大曲の花火 昼花火 スターマイン

競技が終わってから昼花火のスターマインも打ち上げられます。

夜花火の部

大曲の花火 夜花火 開始直前

昼花火から夕食にちょうど良いような時間が空き、午後6時55分オープニング・ナイアガラ付スペシャルスターマインで夜花火の部が開始されます。

大曲の花火 夜花火 オープニング・ナイアガラ付スペシャルスターマイン

大曲の花火 夜花火 オープニング 逆風

綺麗な花火ですが、無風かやや逆風です。そろそろ風向きが変わる予定です。
競技が開始されました。10号割物、創造花火とも綺麗な花火が打ち上げられていますが、煙が残っているのと昨年よりも明るい花火が多いようで白飛びになるものが多くなかなかいい写真が撮れません。そんな中でも綺麗に写真が撮れたものです。

大曲の花火 夜花火 丸玉屋小勝煙火店 創造花火 明日へJUMP<br />
丸玉屋小勝煙火店 創造花火 明日へJUMP

大曲の花火 夜花火 野村花火工業 創造花火 夜空の祈り
野村花火工業 創造花火 夜空の祈り

大曲の花火 夜花火 スペシャルスターマイン

東北電力とJR東日本提供のスペシャルスターマインです。AKB48の「会いたかった」に合わせて打ち上げられ、華やかさと音楽とのシンクロが素晴らしい見事なものでした。1コーラスで終わりかと思ったらフルコーラス楽しませてもらいました。

大曲の花火 夜花火 磯谷煙火店 創造花火 今夜どこかのBARで~男と女の物語~
磯谷煙火店 創造花火 今夜どこかのBARで~男と女の物語~

初めてではないでしょうか?物語に合わせて打ち上げられる花火は。カクテル、指輪、そしてこのハートマーク。型物がこれほどまでに上手く打ち上げられるとは驚きです。なにより、最初のハートマークが正面を向くなんて信じられないことです。

大曲の花火 夜花火 スペシャルスターマイン

秋田魁新報社、東日本電信電話、NTTドコモ提供のスペシャルスターマインです。女性ボーカルのリズミカルな「あの鐘を鳴らすのはあなた」に合わせて打ち上げられました。

大曲の花火 夜花火 ホソヤエンタープライズ
ホソヤエンタープライズ 10号割物 昇曲付霊寵花壇~手向けの花~

大曲の花火 夜花火 特別プログラム
特別プログラム 「愛と勇気と安らぎを」  山崎煙火製造所

101年目大会で新たなる百年に向けての特別プログラムが始まりました。昨年度の内閣総理大臣賞受賞者によるエキシビジョン花火です。

大曲の花火 大会提供花火

大曲の花火 大会提供花火

今年の大会提供花火は、「奥州曙光 悠久なる黄金の祈り」です。
6分22秒に及ぶ壮大なプログラムです。

大曲の花火 夜花火 フィナーレ

フィナーレは、10号割物30連発・特大スターマインです。「いざないの街」という壮大な曲に合わせて10号玉が、中央からゆっくりとした感覚で打ち上げられます。それが曲の盛り上がりに合わせて両サイドからのスターマインが加わります。公式プログラムの裏には歌詞が書いてあってみなさんで歌いましょうってなことになっています。

打留が午後21時30分でした。暑さに耐え、長時間待った花火が終わりました。今年も楽しませてもらえました。美しいものを観た感動で涙が出そうです。最後に、感動をくれた花火師とイルミネーションの交換をします。美しい花火をありがとう。後片付けをして午後9時50分です。もうしばらくこの場所に居たい気分ですが帰りましょう。

花火会場から駐車場まで

通常だと会場を出るのに30分ぐらいかかっていましたが、今回はオレンジロードの近くだったのでそんなにかからず出られました。帰りも物凄い人ですが、主要なところは通行止めになっているので混乱もなく駐車場所に戻りました。午後10時30分です。

帰路

午後10時50分大曲インターを通過し、往路をそのまま戻ります。帰りも車が順調に流れています。大曲の花火からの帰りの車が多いのでしょうか。新潟市内に入り、夕食を取ってなかったので「じじ&ばば」へ。午前2時50分の到着でした。

※記事を順次上書きしますので、コメントと前後する場合もあります。

がんばろう東北!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.08.26

東堀 石門子

東掘石門子 冷し中華(超)

新潟市の「東堀 石門子」です。
新潟市中心部東堀通りの下手にあります。ワンタンメンと冷し中華が人気のお店です。
お盆を過ぎて猛暑は一段落しましたが、もう少し夏の麺料理を楽しみたいと思います。転勤してきた同僚と前回お店の近くまで来ましたが、外まで並んでいる状況で諦めました。その同僚がまだ石門子の冷し中華を食べていないとのことでリベンジです。
お店は、奥行きがあり左側に厨房、中央にカウンター席、左側奥に小上がりが1卓あります。右側は、中でも待てるように広いスペースがあります。町のラーメン屋さんといった雰囲気です。午後12時15分頃に着きました。外までは並んでいませんが、お店の中に8人並んでいます。今日は待ちましょう。回転が良く10分ほど待って座れました。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷し中華やそれらにチャーシューを加えたものがあります。盛りは、普通、大盛り、超盛りがあります。いつもならお店に入ってひと呼吸おいたぐらいで『なんにしますか』とせっかちな親父さんの言葉がくる筈なのですが、今日も混み合っていてそんなに早くから注文を聞けるような状態ではなく、座ってからの注文になりました。量も楽しみたく冷し中華(超)にしました。
その後もお客さんが訪れ常に5~6人ぐらいの待ちが続きます。一度に多くの量を作ります。ちょうど良く作り始めでそんなに待たずに冷し中華(超)が出来てきました。
冷し中華の普通盛りと大盛りは皿ですが、超盛りはどんぷりです。結構あります。
麺は、細縮れでプリプリした歯切れの楽しいものです。食べて楽しい好きな麺です。
つゆは、たっぷりと大盛りのラーメンの器に大盛りのラーメンほどの量です。魚介系ダシの旨味と風味が穏やかなあっさりした醤油味で、しょっぱさや酸味も控えめで、そのままラーメンのスープのように飲めるつゆです。今日も控え気味のように感じます。
トッピングは、チャーシューやキュウリの細切り、メンマ、わかめ、紅生姜です。
石門子の冷し中華は、歯応えの楽しい麺とあっさりしたそのまま飲めるつゆの美味しいものです。超盛りで900円と安くはありませんが、かなりお腹いっぱいになれる満足なものでした。ちょい食べ過ぎです。転勤してきた同僚にも喜んでもらえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.25

ラーメン東横 寺尾店

東横寺尾店 冷やし中華

新潟市の「ラーメン東横 寺尾店」です。
西大通り(旧国道116号線)沿いにあります。新潟を代表する味噌ラーメン店です。
東横は市内に4店舗あり、みそなどの共通メニューを楽しめますが、各店オリジナルのメニューもあります。夏らしいオリジナルのメニューはないかなとお邪魔しました。
お店の前に数台停められる駐車場があり、少し離れて第二駐車場があるようです。午後1時過ぎと時間もずれたためかお店の前に車を停めることができました。
お店は、入口が奥まっていて窓が少ない建物です。左側に厨房、中央にテーブル席、奥と手前に小上がりがあります。少し歴史があるように感じさせる最近の大きなラーメン屋さんです。お昼時間を過ぎていますが、そこそこお客さんが入っています。
メニューは、味噌・醤油・塩の各ラーメンとトッピングを加えたものが豊富に揃っています。夏らしいものもありました。冷やし中華とトムヤムつけ麺です。トムヤムつけ麺は、ベトナム屋台の鶏チゲ仕立てというこで辛さも辛から5辛まで調整できます。ブログ的には興味ありますが、好みはつけめんよりは冷やし中華です。冷やし中華にしました。本当は、味噌味の冷しがあればと思いましたが、ありませんでした。まあまあラーメン店としては大きめのお店を厨房1人フロア1人の2人の女性スタッフでやっています。馴れた感じで手際よくやっていますが、お客さんも少なくなく時間がかかって出来てきました。
ガラスの涼しそうな器に黄色と赤の目立つ彩りのトッピングが食欲をそそります。
麺は、普通かやや細ぐらいのストレートで、冷しとしては軟らかめかも知れませんが食べ易い麺です。量が多いように感じます。200gぐらいはあるでしょうか?
つゆは、和風追い鰹仕立てと書かれているとおり鰹ダシの風味豊かなものです。醤油のしょっぱさと酸味は程良いのですが、もっと多めだとが助かります。
トッピングは、チャーシュー、味玉、ミニトマト、ワカメ、カニ蒲、コーン、紅生姜です。
この冷やし中華は、あまり冷たくはありませんが、麺のボリュームがたっぷりあり、つゆも量は少なめですが工夫されていて、味玉などトッピングも充実していて680円と驚きのコストパフォーマンスの良さかなと思います。とても嬉しく食べ終わった1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.24

お食事処 みよしや

みよしや

妙高市の「お食事処 みよしや」です。
県道396号線沿い、赤倉温泉街から関温泉方面への坂道へ左折する角にあります。
ブラック、ホワイトに続き、レッドなる焼きそばが出現したとのことで食べたいと思っていました。妙高高原地区で食べられます。ネットでの事前調査では、7件のホテルや食堂などで食べられるようですが、土日のみとか宿泊者限定のようになっていているお店が多く、普通に食べられそうなのは3件です。その中でレッド焼きそばの開発に中心的に活動してきたみよしやのレッド焼きそばを食べようかとお思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席だけの落ち着いた雰囲気の洋食屋さんです。席数は多そうです。午後12時20分頃に着きました。数組のお客さんがいます。
メニューは、ラーメン類、丼物、カツなどありますが、目的のレッド焼きそばにしました。
親父さんと息子さんでしょうか。ゆったりとした感じで作り、少し待って出来てきました。

みよしや レッド焼きそば

やあ!本当に見事な赤です。担々麺のような朱色ではなく本当の赤色です。
麺は、太めの縮れで硬めのゆで加減です。存在感はありますが苦手な麺です。
ソースは、普通のソースとは違いますが、味的には違和感のないものです。辛いかなと心配しましたが、辛さはありません。ケチャップでもなく、紅生姜の汁のような…。
玉ねぎやスライスされたウインナーがいっしょに炒められ、紅生姜と温泉玉子がのっています。温泉玉子を崩して混ぜると、また違った味を楽しむことが出来ます。
なかなか楽しいレッド焼きそばですが、ボリュームがちょっと足りません。それで700円はちょっと焼きそばとしては、また食べようかなってものにはならないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.23

かぞく亭

村上市(旧神林村)の「かぞく亭」です。
国道7号線沿い、旧村上市寄りにあります。国道を走っていると判ると思います。
料理への探求心が旺盛で、納豆ハンバーグなど創作系料理が多く麺類にまで及びます。なにか夏らしい面白そうなラーメンがありそうな気がしてお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その前に小さめのカウンター席、中央にテーブル席、奥と左側に小上がりがあり、さらに左手前に個室の座敷があります。普通の食堂の雰囲気です。午後12時過ぎに着きました。ポツリポツリとお客さんがいる程度です。
メニューは、麺類、定食、一品料理からそば・うどんまであり、さらに夜は、飲めそうな居酒屋の料理まで揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩の各味と創作系ラーメンがあります。創作系は、わさびらーめん、オリジナルラーメンがあります。昨年の夏は、冷しカレーラーメンを食べました。今年も夏らしいものがないかな楽しみに探します。

かぞく亭 冷しスパークリングら~めん(梅味) メニュー

ありました。冷しスパークリングラーメン(梅味)です。『世界初!炭酸水で食べる さわやからーめん 挑戦者求む!!』って書かれています。挑戦者求むなんて書かれると変なものを食べさせられるような気がしますが、食べてみたいと思います。お客さんも増えてきましたが、混む前に注文できたので、普通の待ちで出来てきました。

かぞく亭 冷しスパークリングら~めん(梅味)

涼しそうな透明なガラスの器に透明なスープ!さてさてどんなものでしょうか。
麺は、やや細縮れで癖のないツルツルした触感が冷しでも食べ易いものです。

かぞく亭 冷しスパークリングら~めん(梅味) アップ

スープは、上の層が炭酸水、下の層が梅肉を溶かしたようなものです。かき混ぜて食べてくださいとのことですが、かき混ぜる前に上の層をレンゲで掬って飲んでみます。モロ炭酸水です。混ぜてみます。梅のさっぱりした酸っぱさと塩加減がちょうど良く、炭酸がとても爽やかにしてくれます。でも、好みが分かれるスープかも知れません。
トッピングは、チャーシュー、トマト、キュウリ、鳴門、梅干し、大葉、多めのわかめです。どれもあまり主張の強くないので梅味のスープを邪魔せず食べることが出来ます。
とっても面白くいただきました。爽やかでした。梅味が強いのか?炭酸が合っています。800円と高いラーメンかと思いますが、楽しんだことを考えるとまだまだ満足できるものでした。残った梅味の炭酸水を飲んでいると焼酎を入れたくなるのは私だけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.22

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 冷し中華(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
イトーヨーカドー丸大の近く、市場風お店が並んだ建物の東堀通寄りにあります。
夏の間に何杯でも食べておきたい好きな冷し中華のお店です。今年3杯目です。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口が広く、市場の支那そば屋さんといった懐かしさを感じさせる小さなお店です。午後12時15分頃に着きました。前に1人、しばらくして後ろに5人ほどの並びました。5分程待ったでしょうか?座れました。
メニューは、支那そばとそれにメンマ、チャーシュウ、ワンタンを組み合わせたものがあります。夏場には冷し中華もあり人気です。盛りは、普通、中盛、大盛があります。お腹にちょうど良いボリュームで割安感のあるの冷し中華(中盛)にしました。
おじさんとおばさんで切り盛りしているお店です。手際良く作っていますが、出来上がりを待っているお客さんが多く、いつものような早めではなく普通に出来てきました。
いつもの黒っぽい渋い器です。トッピングの彩りが冴えます。食欲をそそります。
麺は、極細に近い弱い縮れです。シコシコした歯応えがとても好きな麺です。長く感じたゆで時間は、冷し中華も支那そば同様に歯応えを楽しめるようにでしょう。
つゆは、魚介が香ばしく、酸っぱさやしょっぱさを押さえてあります。特に酸っぱさを押さえていますが、レモン(1/8個)を搾って入れることにより爽やかな酸っぱさが広がります。練り辛子で辛味も楽しめます。ダシが効いていて美味しいつゆです。
トッピングは、脂身がなく弾力のある歯応えを楽しめるチャーシュー、キュウリ・ハム・鳴門の細切り、金糸玉子です。つゆに加えるレモンものってます。
冷し中華(普通盛)800円、中盛り850円です。トッピングが多いので、結構ボリュームあります。ご馳走様でした。今年は信吉屋の冷し中華をいっぱい食たいのですが。
いつまで冷し中華が食べられるかなと思い聞くと9月7日までのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.21

ラーメン工房 まるしん

まるしん つけめん(2玉)

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン工房 まるしん」です。
弁天橋線のズーッと南側、鵜の子交差点から大野に向かう道を越えた先にあります。
三柱神社秋季大祭の町内会イベントがあり、買い出しに出かけました。相方がつけめんを食べたことがないって言っているので無難なまるしんで食べようと思い、混む昼食時間を外し少し遅めの午後1時過ぎにお邪魔しました。遅めに混みを避けたつもでしたが、前に15人ぐらい並んでいます。まあ、時間もあるのでゆっくり待ちましょう。
お店に入ると風除室があり、食券販売機が置かれています。さらに入ると左奥に厨房、その手前にテーブル席、右側に周りの窓や壁に向いてるカウンター席があります。最近のシンプルで明るい雰囲気ですが、シンプル過ぎて社員食堂っぽい感じもします。
メニューは、食券販売機を見なければ解らないのでちょっと不自由です。つけめんをメインにラーメンも豊富に用意されています。つけめん(2玉)にしました。相方はつけめん(1玉)、四男はマーボー麺にしました。さらに待ってお店の中へ、お店に入ると店員が食券を確認します。しばらく待ってテーブル席に座れました。周囲を観察するとマーボー麺が結構出ています。以前はほとんどつけめんでしたが、今日は半数近くマーボー麺です。人気が2分しているようです。もう少し待ってつけめんの出来上がりました。お店に着いてから注文したものが出来上がるまで45分ぐらいかかりました。
麺もつけ汁も白い器に盛られ、お盆にのってます。迫力を求めているようなつけめんが多く見受けられますが、こういう品のある落ち着いた和食風な感じの方が好きです。
麺は、普通の太さの縮れです。太麺、パスタっぽい麺など主張の強い麺が多いつけめんですが、まるしんの麺はごく普通の麺です。歯応えの楽しい気持ちのいい麺です。
つけ汁は醤油味で、あっさりした醤油ラーメンのスープを濃いめにした感じです。魚介系の風味豊かですが、魚粉のようなきつさのない節度あるものに仕上がっています。
トッピングは、チャーシュー細切り、たっぷりのもやし、わかめ、海苔などです。つけめんとしての一般的な派手さはありませんが、バランスの良い食べ易いものです。
最後に割りスープで割ったつけ汁は、魚系の風味が増して別物のように楽しめます。相方が、酸味が気になるようです。確かにラーメンのスープ同様のものを期待すると酸味が強く感じます。四男が麻婆を持て余していたので少しもらいました。マーボー麺のスープの方がはるかにスープらしく、つけ汁のスープ割りが寂しい味に感じます。
つけめん(2玉)780円と言う値段は、値上がりもありちょっと高いかな?と感じます。でも、つけめんだったら妥当な線でしょうか?まあまあ満足できる一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.20

角田山提灯登山

角田山提灯登山 受付

今年も新潟市(旧巻町)の角田山で開催された角田山提灯登山に行ってきました。
のんびりしてしまい受付開始の午後5時を30分も回ってからの稲島公民館着です。
帰りの下山での混みを考えると稲島コース以外からアプローチしようかとも考えましたが、夜の雨の下りを考えると消防に囲まれて下山する安全を優先させました。

角田山提灯登山 提灯

昨年までは山登りも慣れていないので休憩を取りながらの登りで、いい場所で観たいのもあり受付をせずに早くから登っていましたが、山歩きも慣れたので普通に登れるでしょう。受付して普通に登ろうと思います。受付を済ませ提灯(ロウソクとマッチ付き)とおにぎり引換券をもらいます。すっごく美味しい炊き込みご飯のおにぎりです。
打ち上げ場所変更の看板があります。地元係員に聞くとこの前の雨で登山道も被害を受け、なんとか提灯登山に間に合わせて復旧させたとのことです。しかし、中腹の打ち上げ場所に花火を持ち上げる車を入れるほどには復旧できず、農道に打ち上げ場所が変更されるとのことです。全39回の大会で3回目だそうです。多少遠くはなりますが、花火全体が観易くなるようです。どんなものか?まあ楽しみにしておきましょう。

角田山提灯登山 登山開始

午後6時からの出発式を行い、おにぎりをもらって午後6時15分登山開始です。
天候が良くありません。霧雨より粒の大きいほんの小雨ですが降り出しています。
ここまで、元気でした。日差しはないものの湿度が高く、風もなく、かなり嫌いな状況で、汗が噴出してきます。雨具を使用する人もいますが、多少の雨なので打たれた方が気持ち良くそのまま登ります。困ったのは足元です。天候が良くないので、暗くなるのも早く、石や泥など滑りやすい状況です。ゆっくりと登ります。混雑もあり、午後7時45分頃に観覧場所の観音堂前広場に着きました。雨で滑りやすいのに斜面しか空いていません。それでも座れる場所を確保して待ちます。カメラの防水カバーも持ってきましたが、雨の中のカメラや三脚をセットするのも面倒なので今回は写真をパスします。
午後8時頃でしょうか?赤塚らしき花火が見えました。が、すぐに終わりました。
そして午後8時15分、会場みんなの万歳三唱でいよいよ花火のスタートです。

角田山提灯花火 花火

コンパクトカメラで撮ってみましたがブレまくりです。5号玉と7号玉合わせて93発の小さな花火大会ですが、30分ほど楽しんで終了しました。午後9時下山開始です。のんびり後ろの方に並んで帰りました。午後9時45分頃と今年も花火終了1時間後に下山開始、午後11時に登山口到着でした。雨の影響で、下山中にあちこちでキャーって尻餅を付いている人がいたようです。救急車も近くまで来ていたようでしたが…?
雨の夜の登山は、足元の状況が見え難いので足裏に神経が集中し疲れました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟ラーメン事情

楓 閉店

新潟市東地区赤道沿いの「麺屋 楓」が閉店してました。8月18日に楓の夏メニューはあるのかなと行ってみましたが閉店していました。次は?

麺次郎

新潟市(旧白根市)国道8号線沿いの「和歌山風らーめん まる藤醤店」の跡に「ニラなんばんらーめん 麺次郎」がオープンしてました。(関連記事

三代 松玉堂

新潟市(旧白根市)国道8号線沿いの「チャーシュー撃城 源流」の跡に「三代 松玉堂」がオープン準備を進めています。8月29日オープン予定。行けるかな?

拉麺伝 武神

三条市国道8号線沿いの「ラーメンショップ 三条店」が「拉麺伝 武神」というお店に変わっていました。たかみちの新店とのことです。今度食べなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.19

ニラなんばんらーめん 麺次郎

麺次郎

新潟市(旧白根市)の「ニラなんばんらーめん 麺次郎」です。
国道8号線沿い、三条寄りにあります。「尾道らーめん 麺春」と同じ敷地にあります。
「和歌山風らーめん まる藤醤店」が閉店し、その跡がどうなるか気になっていました。
お店は、左側に厨房、奥に小上がり、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席のとても綺麗な小さめになるかなって規模のお店です。内装は、改装し直したようです。午後2時30分頃に着きました。こんな時間ですが、他にお客さんが2人もいます。
メニューは、ニラなんばんらーめん、濃厚醤油らーめん、旨塩らーめん、魚介つけめん、冷麺、みそとんこつらーめん、ワンタン麺などがあります。冷たいものが冷やし中華みそ味、冷麺みそ味に加え、サイドメニューの冷やしワンタンまであります。冷たいものをといいたいのですが、この店の最初なんで基本のニラなんばんらーめんにしました。注文してすぐに作り始めてくれたようで早めに出来てきました。

麺次郎 ニラなんばんらーめん

お盆に乗ってきました。ニラなんばんらーめんですが、とてもシンプルなラーメンです。

麺次郎 ニラなんばんらーめん 薬味

ニラキムチと白菜キムチが付いています。それぞれ別の壷に入っています。
麺は、やや細の縮れ麺で癖がなく食べ易い出来の良い普通の麺です。
スープは、とんこつの濃厚なコッテリしたタイプのもです。そのままだと飽きてきそうなのでニラキムチや白菜キムチを加えながら楽しみます。結構あっさりします。
トッピングは、チャーシュー、メンマと至ってシンプルですが、ニラキムチや白菜キムチが薬味としてもトッピングとしても楽しめます。ほとんど食べちゃいました。
いろんな味を楽しめました。750円もニラキムチや白菜キムチ込みの価格としてはいい線でしょう。ニラなんばんラーメンは、麺楽や紳麺などの下越地区にありますが、みそとんこつラーメンと組み合わせもいっしょです。なにか系列でもあるのでしょうか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

侍 ラーメン

侍 冷し中華

三条市の「侍 ラーメン」です。
国道8号線沿い、交通要所の須頃南交差点から新潟方向に戻った所にあります。
最近、侍で食べていないとふと思い、侍の夏メニューを食べたくてお邪魔しました。
お店は、右側奥が厨房、中央にカウンター席、右側手前に大きな相席用テーブル席の部屋、左側に小上がりがあります。レトロな感じで、飾り棚や柱の上に仮面ライダーやウルトラマンを始めとする懐かしいキャラクターグッズが、所狭しと飾られてます。午後1時40分頃に着きました。帰るお客さんが多くポツリポツリお客さんいる状態です。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、浜茶屋ラーメン(細麺、あっさり)です。夏メニューはないかと貼紙を探すとありました。以前はざる中華がまかないで食べていたものってことでありましたが、ざる中華はなくなり今年は冷し中華があります。その冷し中華にしました。お客さんも少なく早く出来てくるかなと思いましたが、仕込みが一段落したところから作り始め普通の待ちで出来てきました。
ステンレスのボール状の器に盛られてきました。夏らしい涼しい感じがいいです。
麺は、細麺で縮れです。適度な感触で、麺そのものがとても美味しく感じられます。
つゆは、醤油味のもので凄く爽やかに感じます。ややおとなしめのしょっぱさと酸味かなと思いましたが、残ったつゆは全然普通の濃さがあります。麺との相性でしょう。
トッピングは、チャーシュー、キュウリ、トマト、岩海苔、温泉玉子です。岩海苔っていうのは珍しいです。とてもきちんとトッピングされているのには驚きです。
とても夏らしい爽やかな冷し中華でした。800円と値段もいい線かなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.18

らーめん 万勝 はなみずき店

万勝 冷し中華

新潟市の「らーめん 万勝 はなみずき店」です。
新潟市の東地区です。移転オープンした木戸病院と新潟市東総合スポーツセンターの中間ぐらい、住宅地に少し入ったところにひっそりとあります。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席、奥に小上がりがあります。中規模の清潔感のある和定食屋さんのような雰囲気です。午後12時50分頃に着きました。そこそこお客さんがいましたが、午後1時を過ぎて数名が残る程度です。
メニューは、らーめん、万辛らーめん、みそらーめんとそれらにねぎやチャーシューのトッピングを加えたしたものがあります。ワンコイン(500円)で中華そばも食べることが出来ます。夏メニューは、ざる中華と冷し中華があります。本日の昼セットということで、ざる中華とカレー丼や焼肉丼との組み合わせもあります。冷し中華にしました。すぐに作ってもらえたようで手間のかかる冷しなのに早めに出来てきました。
野菜たっぷりのサラダ感覚に冷し中華です。これはかなり好きなタイプです。
麺は、細縮れでツルツルした感食で、冷しでも食べ易く好きな麺です。
つゆは醤油味で、醤油や酸味とも普通の濃さですが、さっぱりしています。
トッピングは、レタス・水菜・キュウリ・もやし・海草のサラダ風、ハム、ゆで玉子半個です。レタスが結構大きめに切ってあり野菜を楽しんでるって感じがします。
野菜サラダ中華って言っても良いような夏らしいすっきり食べられる好きなタイプの冷し中華でした。780円と久々にちょうど良いような値段かなと思えるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.17

らーめん・中華 一龍 鶴岡店

一龍 鶴岡店

山形県鶴岡市の「らーめん・中華 一龍 鶴岡店」です。
鶴岡市の市街地、中心を走る県道332号線(奥州浜街道)沿いに同じキタカタグループの大安食堂と並んであります。同じグループでもラーメン店を並べるとは?
予定では、実家近くで開催される戸沢氏まつりの花火大会を観ることにしていました。大曲・仙北地区は大曲の花火で鍛えられた花火師が多く、見事な花火が観られます。観客も花火を打ち上げる花火師を選んで観る花火大会を決めている土地柄です。しかし、秋田県内は、昨夜からの豪雨に加え、大雨警報が出ています。少々の雨でも打ち上げられるでしょうが、観る方が辛いので今回は諦めて新潟に移動しました。
秋田も凄い雨でしたが、山形県内に入っても凄い雨です。被害が出なければと思うような雨です。当初は、酒田市内で食べようかと思いましたが、車から出られるような雨ではありません。玄関横付けでも出たくない程の雨が続いています。鶴岡市に入ってようやく車から出られそうな雨になり、鶴岡市の地元ラーメン店で食べたいとお思い市内を流してみましたが、お盆もあるのか?時間も遅くやっていません。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がり、左側に座敷の大きな中華料理レストランの雰囲気です。午後9時20分と遅く、お客さんもポツリポツリと同じようにお盆の移動で立ち寄ったように見える家族連れだけです。
メニューは、正油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、豚骨ラーメン、中華系麺料理、冷やし系も4種あるます。お腹も空いたのでちょっとがっつり一龍チャーハンセット(正油)にしました。お客さんは少なめですが、フロア係りと厨房には2人の店員がいます。時間が遅いのですが、チェーン店らしく早めに出来てきました。

一龍鶴岡店 一龍チャーハンセット(正油)

一龍鶴岡店 正油ラーメン

チャーハンが結構しっかりしたボリュームのチャーハンセットで嬉しいです。
麺は、普通の太さの縮れ麺で癖や特徴はありませんが安心できる麺です。
スープは、醤油らしくない濁ったもので、見た目と違いあっさりしています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやしです。彩がないのが残念です。
これが単品で600円ですか?ちょっとおとなし過ぎるのかなと思います。
チャーハンは、子供が食べたそうだったので食べさせたら返りませんでした。
950円だとお得なセットが多い中、ちょっと割安感に乏しいかなと思います。
家族が食べたものです。

一龍鶴岡店 荒磯のりラーメン
荒磯のりラーメン 750円

一龍鶴岡店 天然塩ラーメン
天然塩ラーメン 650円

一龍鶴岡店 什錦炒麺(五目あんかけ焼きそば)
什錦炒麺(五目あんかけ焼きそば) 820円

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第85回 全国花火競技大会「大曲の花火」 パンフレット

大曲の花火 ポスター

大仙市や周辺で第85回全国花火競技大会「大曲の花火」のポスターを見かけます。いよいよ近付いてきました。昨年の第84回大会がちょうど100年目で、今年のテーマは、「元気な日本」(新しい100年の始まり)というこで大会は進化しています。

毎月花火大会のある大仙市ですが、花火ウィークということで8月21日(日)から前日まで毎日地元花火作家の花火が打ち上げられます。地元シェフによるディナーやご当地グルメなどの食イベントや音楽イベントなどが大曲の花火を盛り上げます。

また当日になりますが、2010年度の内閣総理大臣賞受賞者による特別プログラムもあります。㈱山崎煙火製造所(茨城県)による「愛と勇気と安らぎを」です。

今年もテレビ中継があります。「秋田・大曲全国花火競技大会2011」ハイビジョン生中継です。NHK BSプレミアムで2011年8月27日(土)19:00~21:45。

大曲の花火 パンフレット

本屋さんで、公式プログラムではありませんがパンフレットが売っていたので購入しました。今年は観に行けるか微妙ですが、テレビ中継を見るときでも役立つでしょう。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.16

乳頭温泉郷 大釜温泉

大釜温泉
画像は大釜温泉のホームページより

秋田県仙北市(旧田沢湖町)の「乳頭温泉郷 大釜温泉」です。
乳頭温泉郷とは、蟹場温泉、孫六温泉、黒湯温泉、鶴の湯温泉、妙乃湯温泉、大釜温泉の6軒の1軒宿の温泉を指すことが多いのですが、国民休暇村と一本松温泉跡地の野天風呂もあります。一昨日の一本松温泉跡地の野天風呂に入り、乳頭温泉郷の制覇まで残すは大釜温泉のみとなりました。家族や母も一緒にお邪魔しました。
木造校舎を模した懐かしさを感じさせるレトロな建物です。玄関脇の帳場に入浴料1人500円を払います。鍵のかかるものが玄関にあるコインロッカーのみとのことなので貴重品を入れて浴室に向かいます。分校のような少し狭い廊下の先に浴室があります。
棚とプラスチックの籠のシンプルな脱衣所の向こうに浴室があります。狭い浴室で、大きな浴槽が1つ、洗い場が少なく混んでいます。リンスインシャンプーとボディソープが備えられています。狭めの浴槽の脇を通り向かい側から外の露天風呂に出ます。露天風呂は、桧の使い込んだ浴槽で広々しています。さらに先には、かなり温度を低めに抑えた浴槽があります。お風呂はいいかなと思いますが、上がって休めるスペースがもっと広ければと思います。全体エリアの半分ぐらいのスペースに屋根がかかっています。
お湯は、白濁と鉄分のある赤いものの中間のような色で、若干の硫黄臭と硫黄泉のような味がします。泉質は、酸性含砒素ナトリウム塩化物硫酸塩泉です。
風に擦れる葉音、川の流れの音、そして雨の音を楽しみながら入ります。温度を低めにした浴槽は何時間でも入っていられそうです。しかし、他に3人組のお客が入っています。外国人2人と日本人1人、日本人が気を使っていろいろ話しかけています。延々と話しかけています。文化交流も結構ですが、あなたが雰囲気を壊しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.08.15

拉麺 新選具味

新選具味

秋田県大仙市(旧大曲市)の「拉麺 新選具味」です。
旧国道13号線沿い、大曲駅方向から秋田方面へ、国道105号線と交差する手前にあります。美郷町(旧千畑村)「拉麺 食道」の支店のようです。
家族で大曲へショッピングに出かけました。お昼を食べようとショッピングセンター内のフードコートやレストランを回りますが、どのお店も長い行列が出来ています。買い物も済んだので、街中を流しながらお店を探してたどり着きました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。幕末を意識したような黒光りする木質が基調の中規模のお店です。鴨居の辺りには、刀剣のフィギアがいろいろと飾られています。楽しいお店です。入口を入った正面に食券販売機があります。午後1時過ぎに着きましたがまだ混んでいます。
メニューは、こくまろ醤油ラーメン、中華そば、塩ラーメン、味噌ラーメン、つけめんとそれらにトッピングを加えたもの、夏メニューは、冷し中華と冷し味噌南蛮があります。食券の購入ですが、何を食べようか食券販売機を見ていると店員が『満席なので少しお待ちいただきます。』と丁寧に言ってきました。『ゆっくり選んでます。』と伝えます。最初なので基本らしいこくまろ醤油ラーメンにすべきところでしょうが、あまりお腹も空いていないので、シンプルにいこうと思います。中華そばにしました。
すぐに席が空き案内されました。普通の待ちで家族のものも次々と出来てきました。

新選具味 中華そば

シンプルな想像した通りの中華そばです。あまり見かけませんが麩が入っています。
麺は、平打ちの細麺です。縮れが強くカップ麺の麺のコシを強くしたようなものです。
スープは、あっさりしたもので、旨みが強いところはいいのですが、甘みも強めです。
トッピングは、小さめチャーシュー、メンマ、麩、ゆで玉子半個、鳴門、海苔などです。
食べ易いあっさり旨みのある中華そばでした。550円と値段もいい線かと思います。
家族が食べたものです。

新選具味 冷し中華
冷し中華 660円

新選具味 味噌ラーメン
味噌ラーメン 700円

新選具味 ネギ味噌ラーメン
ネギ味噌ラーメン 780円

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.14

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走

秋田に帰省しました。秋田の山も楽しみたいと思って帰りました。いつも通りの土曜日か日曜日で登ろうとすると土曜日に移動なので、14日(日曜日)になります。
山は、中学校行事で登ったことのある秋田駒ヶ岳です。八合目まで車で入る道はありますが、近年、日中はマイカー規制をしているので、バスでの移動になります。
昨日発表の天気予報では、お昼頃に1㎜程度の雨が降りそうでした。始発バスは、規制場所近くで駐車場のある「アルパこまくさ」午前6時01分発で八合目まで所要時間25分間です。これなら雨が降り出す前に山頂を楽しんで帰れそうです。
早朝の天気予報では、曇り一時晴れになり雨の心配はなくなりました。一日を有効に行動出来そうです。小学校行事で、乳頭山登山後に蟹場温泉に泊まるったことがあります。懐かしく両方の山、秋田駒ヶ岳から乳頭山に縦走することにしましょう。考えなければいけないことは、車の置き場所です。スタート地点のアルバこまくさに置くか?ゴール地点の乳頭温泉に置くか?後で楽が出来るよう乳頭温泉に置きましょう。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 田沢湖

自宅を午前5時30分に出発。いつものように田沢湖畔を経由して向かいますが、濃霧注意報の秋田県内、潟尻の辰子姫像の後ろに見える筈の秋田駒ヶ岳が全然見えません。また、湖面に波がありません。これほどのベタ凪を見るのは久々です。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 黒湯温泉駐車場

秋田駒ケ岳~乳頭山縦走のゴール地点、乳頭温泉郷黒湯温泉駐車場に到着しました。忘れ物のないよう準備を整えて休暇村前バス停まで歩いて向かいます。
午前6時33分(0時間00分)0.0㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 黒湯温泉ブナ林

休暇村~黒湯温泉間のブナ林です。本当に美しいブナ林です。
休暇村バス停に到着しました。バス時刻はネットで調べた通り午前6時52分です。
午前6時49分(0時間16分)1.4㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭温泉線バス

駒ケ岳八合目行きのバスとの乗り換えのアルパこまくさに行ける始発バスを待ちます。午前6時52分定刻に来ました。他にお客さんはいませんが、アブか蜂の大きなのも乗っています。乳頭温泉に泊まって登山というお客さんはいないようです。田沢湖高原のいくつかのバス停からも乗車するお客さんがなく、貸切状態でアルパこまくさに定刻の午前7時03分に到着です。料金は290円です。すでに午前7時07分発の駒ヶ岳八合目行きのバスが止まっています。乗り込もうとするとアルパこまくさ内で切符を購入してから乗ってくださいとのこと、600円の切符を買って乗り込みます。料金は後払いです。てなことで乗り継ぎのアルパこまくさで写真を撮る時間がありませんでした。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 駒ケ岳八合目線バス

バスは定刻に出発です。田沢湖高原のバス停数ヶ所を経由し規制区間に入ります。お客さんは12人です。駒ケ岳八合目行きのバスはもっと早い時間からありますが、ほどほどのお客さんが乗っています。一般車が乗り入れができたときには、バスと一般車がすれ違うのが大変でしたが、軽快に急カープ連続の山道を登っていきます。登るにつれ車窓の景色が、ブナ林からダケカンバやナナカマドの林に変わります。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 八合目休憩所

午前7時32分定刻に駒ヶ岳八合目に到着しました。付近は霧に包まれています。というか雲の中で、風速5~10m程度の適度な風もあります。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 八合目登山口

八合目休憩所でトイレを済ませ、山の情報を入手。一般的な新道を登ります。
午前7時50分(0時間16分)1.4㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 新道 入山者カウンター

登り始めは穏やかな道です。登り初めてすぐに入山者カウンターがあります。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 新道①

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 新道②

背の低い木々の中の歩き易い道が続き、やがて石を並べた道もあります。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 新道③

登山道の傾斜も増してきますが、まだまだ歩き易い道が続きます。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 片倉岳展望台

片倉岳展望台(赤土の広場)を通過します。雲の中で展望は望めません。
午前8時15分(0時間41分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 新道④

コースも終盤です。火山礫の歩き難いところもあります。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 新道⑤

傾斜が緩やかになり、道も木道になります。阿弥陀池が近いです。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 新道⑥

阿弥陀池が見えてきました。多少霧が薄くなってきたでしょうか?

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 阿弥陀池分岐

阿弥陀池の分岐に到着しました。急登のない登りやすい道でした。男岳との分岐になりますが、まっすぐ阿弥陀池の向こう側の阿弥陀池避難小屋方向に行きます。
午前8時42分(1時間08分)3.8㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男女岳①

阿弥陀池避難小屋前から男女岳を目指します。初の男女岳登頂になります。
午前8時46分(1時間12分)4.1㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男女岳②

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男女岳③

やや大きめの石を並べた道の後、整備された階段状の道が続きます。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男女岳山頂

秋田駒ヶ岳山群の最高峰男女岳(1637.4m)です。以前は、秋田駒ケ岳と言えばこの男女岳をさし、特に名前はありませんでした。いつの間にか男女岳になったようです。山頂は一段と風が強く、風速10m~15mぐらいありそうです。のんびり涼みます。
午前8時59分(1時間25分)4.4㎞

山頂でしばらく雲の切れ間を待ち、なんとか撮れた写真です。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男女岳より 男岳
男岳です。これから登ります。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男女岳より 阿弥陀池
阿弥陀池です。雲の間で取れましたが、池の色がどうも良くないです。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男女岳山頂再び
雲の切れ間をぬっての山頂をもう一度撮りました。

さて、次は男岳に向かいます。
午前10時02分(1時間25分)4.4㎞ 男女岳下山開始

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 阿弥陀池避難小屋

阿弥陀池避難小屋まで下りてきました。太陽光パネルがある近代的な小屋です。
午前10時15分(1時間38分)4.7㎞ 阿阿弥陀避難小屋通過
午前10時21分(1時間44分)5.0㎞ 阿阿弥陀池通過

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男岳①

阿弥陀池分岐からの木道が終わり、多少岩場っぽいところを登ります。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男岳②

横岳との分岐を通過します。
午前10時24分(1時間47分)5.1㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男岳③

男岳の名に相応しいゴツゴツした岩場と切れ落ちた稜線の男らしい道を登ります。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男岳④

岩場を過ぎ傾斜の緩い道になります。前方にあるだろう男岳山頂は雲の中です。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男岳山頂

男岳山頂(1623m)に到着しました。男岳山頂は、賑わっています。
午前10時37分(2時間00分)5.4㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男岳山頂より 男女岳
男女岳(中央右側)と山頂の賑わいです。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男岳山頂より 小岳・ムーミン谷
小岳、ムーミン谷方面です。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男岳山頂より 雲
山頂(1623m)は、雲と似たような高度のようです。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 男岳山頂より 横岳

阿弥陀池手前の馬の背という尾根を通って横岳を目指します。
午前10時49分(2時間00分)5.4㎞ 男岳下山開始
午前11時06分(2時間17分)5.7㎞ 阿弥陀池分岐通過

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 横岳①

最初からきつめな岩場です。両側が切れ落ちているのでかなりの迫力があります。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 横岳②

南向きの馬の背の斜面には、いろんな花が咲いています。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 横岳③

厳しい岩場、鎖もロープもなしです。下りてくる人をやり過ごして行きましょう。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 横岳④

馬の背の険しい部分を過ぎ阿弥陀池避難小屋への横岳分岐点を通過します。
午前11時31分(2時間42分)6.2㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 横岳山頂

歩き易い道になり少し先が横岳山頂(1583m)です。国見温泉分岐点です。
午前11時35分(2時間46分)6.4㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 焼森①

さらに登り下りの少なく歩き易い火山礫のみで草木のない道と山です。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 焼森山頂

焼森山頂(1551m)に着きました。ここでは休まず湯森山を目指します。
午前11時44分(2時間55分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 焼森分岐

焼森の裏は、次第に傾斜がきつくなり、火山礫だけだと滑り易そうで恐いです。
ほんの少し下ると焼森分岐になります。ここから1.2㎞で駒ケ岳八合目に戻ることが出来ます。先に2人組の登山客がいましたが、八合目に向かいました。
午前11時45分(2時間56分)7.0㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 湯森山①

道は、細い道になっていますが、水も同じ所を通るようで深く掘れて水溜まりになっているところが多く見られます。そこを草の葉や笹の葉が見えないように目隠しをしますから大変です。この辺りから天気が良くなり日差しもきつくなってきました。周りの木々の背丈が高くトンネルみたいな場所もあります。日差しは遮られますが、花が咲いている場所ではミツバチのブンブンとした群の中を突っ切り進みます。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 湯森山②

最低部には、ちょろちょろとした水の流れがあり、登り返します。
午後12時00分(3時間11分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 湯森山③

山はゆるやかに見えますが、道は山の緩やかさよりも歩き難い道になっています。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 湯森山分岐

湯森山の分岐に到着します。笹森山を経由して旧乳頭スキー場上部や八合目に戻れます。広くベンチがあります。おふくろが作ってくれたおこわのおにぎりで昼食にします。焼森から人に会ってませんでしたが、後ろから単独登山客がきて笹森山方向に向かいました。
午後12時24分(3時間35分)9.5㎞ 着
午後12時54分(3時間35分)9.5㎞ 発

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 湯森山山頂

ほんの少し歩くと湯森山山頂(1471.7m)三角点が目立たずひっそりあります。
午後12時55分(3時間36分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 笊森山①

少し下るとここいら辺では珍しく岩があります。
午後12時59分(3時間40分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 笊森山②

これから向かう笊森山です。山は緩やかに見えます。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 笊森山③

これで下りも終わりでしょう。木の板のが渡された小さな小川が最低部のようです。
午後1時11分(3時間52分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 笊森山④

最低部からすこし先で木道になります。湿原です。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 笊森山⑤熊見平

木道になってすぐに道標がありました。熊見平です。勘弁して欲しい名前です。
午後1時13分(3時間54分)10.6㎞

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 笊森山⑥宿岩

宿岩です。このような岩が3ヶ所ほどあります。なぜそのような名前になったかは不明です。女人禁制の山に登った娘が岩にされたっていうのはよくありますが…。
午後1時24分(4時間05分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 笊森山山頂

笊森山山頂(1541m)です。小休息して先に進みます。
午後2時00分(4時間41分)12.6㎞ 着
午後2時18分(4時間41分)12.6㎞ 発

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 笊森山山頂より 乳頭山

乳頭山の全容が見えます。近くないです。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 千沼ヶ原分岐①

笊森山から下りきった所に千沼ヶ原への分岐があります。千沼ヶ原は、乳頭山の東側に位置し、900以上の池塘があることから千沼ヶ原と呼ばれており、46haと八幡平エリア最大の湿原です。ゆっくり見たいのですが、時間も遅くなりました。距離も0.5㎞と近いので、道の様子を見ながら入口だけでも見られたらと思い向かってみます。
午後2時24分(4時間47分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 千沼ヶ原①

千沼ヶ原への道は木道になっています。0.5㎞全部が木道ならばと思いますが。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 千沼ヶ原②

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 千沼ヶ原③

100mぐらい進むと木道が終わり登山道になります。往復には時間を要しそうなので引き返します。と前方遠くを見ると沼の点在している様子が見えます。棚田のように段々になっているようです。本当にこれは美しい光景です。今度、時間をたっぷりかけて見られるようにお邪魔したいものです。先程の分岐までもどり乳頭山を目指します。
午後2時32分(4時間55分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 千沼ヶ原分岐②

乳頭山から千沼ヶ原へ入る分岐です。ここからも千沼ヶ原へ0.5㎞です。道の良し悪しはありますが、千沼ヶ原を回っても同じ程度の時間だったかも!?
午後2時47分(5時間10分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山①

乳頭山が近くなってきました。この先での出来事です。藪からザワザワと音がします。風が強いといっても風に吹かれた木々の音ではありません。少し離れていくようです。この前のように鹿かカモシカかなと思いますが、ザックを大きく振って熊除けの鈴を高らかに鳴らして通ろうとしました。その時音のしていた藪から一瞬立ち上がるようにジャンプして逃げる熊が…。後ろ姿なので、最初は黒っぽい秋田犬かと思いましたが、熊です。ザックの留め具のホイッスルと犬笛を交互に吹きながら進みました。花が多くミツバチも多いとお思いましたが、それを好物にしている熊もいました。もう一度姿を見せてくれたら写真を撮れたかも。風が強くで葉音の中、熊除けの鈴の効果に感謝です。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山②

乳頭山山頂か近くなってきました。岩手県側から見る烏帽子岳(乳頭山)急斜面です。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山③

岩手県からの主要登山コースとなっている滝ノ上温泉への分岐を通過します。
午後3時17分(5時間40分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山④

最後の登りです。ここを登れば頂上です。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山山頂①

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山山頂②

乳頭山(烏帽子山)山頂(1477.5m)に到着しました。南側から東側に縦走してきた山々が雲に隠れながら見えます。しっかしよく歩いたもんです。
午後3時22分(5時間45分)15.2㎞ 着
午後3時31分(5時間45分)15.2㎞ 発

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山⑤

山頂から下り始めて少しの田代平山荘との分岐を通過します。
午後3時38分(5時間52分)

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 一本松温泉跡地①

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 一本松温泉跡地②

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 一本松温泉跡地③

林の中の登山道らしい道や整備された道を進むと硫黄の香りがします。一本松温泉跡地に到着です。男性の先客が1人、入浴を終えたところでした。湯森山分岐以来の人間です。登山道近くに小さな沸き出した温泉が何個かと川沿いに多少大きめの温泉があります。先客は登山道近くの一番大きな温泉に入ったが湯の花が多く、上がってから沢で洗い流したとのこと。沢沿いの温泉に入ります。表面が熱くなっていますがホースで水が入れられているためかき混ぜると適温です。回りから温泉が沸き出しているのでそのままだと熱くなるので時々かき混ぜます。多少浅めですがのんびり入れました。
午後4時34分(6時間48分) 着
午後4時57分(6時間48分) 発

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山⑥

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山⑦

下山して行くと沢を渡る場所があります。どこを渡るのかと見ると岩に矢印が書かれていて判りました。沢を渡り下ると砂防ダムがあります。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山⑧

人里が近くなりました。さらに橋をわたり、入山者カウンターを通り抜けます。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 乳頭山⑨

黒湯温泉の川沿いに出ます。黒湯温泉を回るように道を登り駐車場に到着です。
午後5時32分(7時間23分)18.8㎞

まあまあ歩き易いコースでした。急登も少なく、男岳・横岳の切り立った稜線や岩を登るのがちょっと怖かった。植物や動物など自然のままをたくさん見られました。尾瀬も素晴らしいところでしたが、千沼ヶ原の方が手付かずの自然がたっぷりありそうです。人も少なそうです。今度はぜひ機会を見つけて千沼ヶ原をゆっくり散策したいと思います。

最後に今回の縦走を道端から応援してくれた花たちです。

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花①

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花②

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花③

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花④

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花⑤

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花⑥

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花⑦

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花⑧

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花⑨

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花⑩

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花⑪

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花⑫

秋田駒ヶ岳~乳頭山 縦走 草花⑬

がんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.08.13

道の駅ねむの丘 いちじくソフト

道の駅ねむの丘 いちじくソフト 案内

秋田に入り、秋田県にかほ市(旧象潟町)にある「道の駅 ねむの丘」で休憩です。軽食など面白いそうなものはないかと見て回るといちじくソフト(300円)があります。いちじくそのものはあまり好きではありませんが、これならいけそうです。

道の駅ねむの丘 いちじくソフト

確かにいちじくの味がします。でも、もっと爽やかで美味しいです。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガスト 酒田北店

山形県酒田市の「ガスト 酒田北店」です。
実家に帰省の途中です。酒田市の「ケンちゃんラーメン」でラーメンを食べようとお店まで行きましたが、午後2時を回っていてお昼の営業が終わったところでした。近くを車で流すとガストがあります。家族の希望でやぬなくガストで食べることになりました。
こんな時間でも混んでいます。さらに稼ぎ時のようで、割安なランチメニューなどは、お盆期間中やっていません。まあ良くあることです。暑い夏の韓国料理ということで夏のメニューが用意されていて、麺類は2種類あります。コク旨スープの白冷麺と辛旨スープの赤冷麺です。赤冷麺にしました。ちょっと物足りないような気がします。サイドメニューも用意されていますが、食べたい物も見つかりません。サイドメニューになりそうな物を探すとピリッと本格!カレーフェアなるものがあります。欧風ビーフカレー、インド風野菜たっぷりチキンカレー、タイ風シーフードカレー、イタリア風トマトとチーズの焼きカレーの4種類があります。辛さの表示もされています。欧風ビーフカレーが美味しそうで食べたいのですが辛さが中辛です。大辛は、タイ風シーフードカレーです。こちらも美味しそうです。辛さを優先してサイドメニューはタイ風シーフードカレーにしました。家族は、麺類には興味がないようでハンバーグや竜田揚げなどのセット(ごはんやパン)です。
メニューの説明によると、赤冷麺は、コリアン唐辛子を効かせた、ピリリとちょっと刺激的な赤スープです。辛みとコクのバランスが美味しさを引き立てます。とのことです。タイ風シーフードカレーは、レッドチリが味のベースのカレーペーストにココナッツミルクとナンブラーを加えた、大辛口タイプの本格アジアンカレーです。たっぷり入った海老・イカ・貝柱の旨みと辛さを味わえます。なんて書いているのを見終わりましたがなかなか料理が出来てきません。料理作ってないんなら帰ろうかと思うほど待ってようやく出来てきました。いろいろ来るかと思ったらきません。最初は、赤冷麺だけが出来てきました。

ガスト酒田北店 赤冷麺

メニュー写真通りの赤いスープです。わくわくします。さて、どんなもんでしょうか?
麺は、やや細のストレートでツルツルしていて冷麺らしい口の中が楽しい麺です。
スープは、適度なしょっぱさ、酸味、辛さがあり、キムチの汁のような感じです。
トッピングは、たぶん鶏肉ささみのチャーシュー、ゆで玉子半個、キムチ、わかめ、海苔、ほうれん草じゃない茎を食べる緑の野菜などです。なかなか充実しています。
これで628円ですからなかなかでしょう。とここまでは良かったが、食べている途中で家族の注文したものがきたが全部ではなかった。やがて家族の注文したものが揃って、食べ終わったりし始めた頃にタイ風シーフードカレーが出来上がってきました。

ガスト酒田北店 タイ風シーフードカレー

味わって食べるとか、味をどうこう言えるようなお店じゃないでしょう。
待たされて、割安感もなく、こんな時期に入るお店じゃなかったようです。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.12

青島 西堀通店

青島西掘通店 チャーシューメン(大)+麺50円増

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の西堀通りの面しています。イタリア軒の並びでちょっと下手にあります。
東堀石門子の冷し中華を食べようかとお店の近くまで行くと、外にまで客さんが並んでいます。お店の中にも並べるようになっているのでかなりの待ちになっています。暑い日が続き温かいものを食べたい気分ではありませんが、暑くても食べられる温かいラーメン、しばらく新潟を離れるってこともあり新潟らしい意ラーメン、お茶ばかり飲んでいるので塩分の補給もしたいってことで全部の目的を叶えられる青島にしました。
お店は奥行きがあり、入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房、左側と手前のカウンター席があるだけの開放感のある広い、飾り気のないラーメン専門店らしい雰囲気のお店です。午後12時20分頃に着きました。暑いときに温かいラーメンしかないラーメン店なので空いているかと思いましたがお客さんが入っています。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それの大盛りとトッピング等の追加です。好きな1スープで勝負しているお店です。大盛りが50円アップと安いので助かります。お腹も空いているのでチャーシューメン(大盛)に加え自家製麺50円増しにしました。
今日も親父さん2人でやっています。味のぶれない泉谷しげる似の親父さんです。待っているお客さんが少なくすぐに作り始め、いつもの手際の良さで出来てきました。
濃いめのスープが溢れそうなほどの山になってきました。ラーメン二郎っぽいです。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目も特徴のあるものではありませんが、ツルツル&プリプリ&モチモチと食感や噛み応えが良く、旨味のあるバランスの取れた好きな麺です。当たり前そうでこういう旨い麺になかなか出会えていません。
スープは、ダシと醤油のしっかりした旨みを生姜がきりりと引き締めてくれます。麺といっしょに食べても飲んでもいい感じです。今日は暑さに合わせてか濃いめです。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるたっぷりのチャーシュー、やや細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、刻みねぎです。結構なボリュームになっています。
チャーシューメンで量が多めになっていることに加え、大盛りに麺の増量でかなりのボリュームになります。本当にお腹が空いていないと食べれません。チャーシューメン(大盛)850円+50円で味とボリュームを楽しめました。もっと麺の量を増やす別の器になるのでしょうか?ちょっとやってみたいような…興味があります。一気に100円の値上げで満足感が半減ですが、回数は減ってもどうしても時々食べたくなる味です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.08.11

ラーメンの こじま

こじま 冷やしラーメン

上越市の「ラーメンのこじま」です。
国道18号線四ヶ所インターから高田駅方面に向かい関川を超えた先にあります。
上越市のラーメン店の中でも、昔ながらのしっかりした伝統的な味を守り続けているこじまです。そういうお店の夏メニューを楽しんでみようかと思いお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、奥に小上がり、左側にテーブル席、中央に大きなカウンター席として使える衝立のあるテーブルがあります。明るい中規模のラーメン屋さんです。午後12時10分過ぎに着きましたが、ほぼ満席です。なんとか小上がりに座れました。
メニューは、秘伝のタレ(醤油)、しお味、みそ味に分類され、それらとそれらにトッピングを加えたものなど豊富に用意されています。定食もあります。こじまの夏メニューということでざる中華、冷やし中華、冷やしラーメンがあります。サイドメニューも豊富で、平日お昼限定のランチセットは、ギョウザ3個、サラダ、半ライスから2品選択で150円。丼セットは、チャーシュー丼、カレー丼、牛丼、焼き鳥丼、照り焼き丼の5種がありいずれも200円です。お腹も空いているので冷やしラーメン牛丼にしました。
ちょうどお昼時間ということもあり、また冷たいものなので少し待って出来てきました。
やったー!!!って感じです。見た目では冷たいラーメンであることが判りません。
麺は、やや細の縮れでツルツルしたものです。冷しのためか硬めでコシが強いです。
スープは、あっさりした中華そばのスープを冷たくしたようなもので、ダシを冷やしたときの癖もありません。また、まったく油分はなくスイスイスイと食べれます。
トッピングは、チャーシューとメンマ、揚げ玉です。お店自慢のチャーシューは、冷たくても自然な感じで食べ易く、脂も嫌味がない仕上がりになっています。
冷したぬきラーメンといったところでしょうか。癖のないあっさりした冷たいラーメンでした。値段も650円と手間の割には安く感じるなかなか上出来の1杯でした。

こじま 牛丼

牛丼は、しっかりした味の牛丼で小さめですが200円とお手頃で助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.10

大久保の茶屋

大久保の茶屋

長野県長野市の「大久保の茶屋」です。
長野市街から戸隠方面へ、バードライン沿いにあります。戸隠高原の入り口です。
今日は長野です。長野県人の案内で「大久保の茶屋」で昼食をとる事にしました。
お店は、古民家風の建物で大きな座敷がいくつかあり、畳の上の座卓で食べるようになっています。お昼過ぎ午後12時50分頃に到着しましたが、まだまだ混んでいます。お盆が近くお休みで遊びに来ている人が多いようです。入口近くの用紙に名前と人数を記入して、入口に置かれた土産物を見ながら待ちます。しばらく待って案内されました。
メニューは、つめたいそば、あたたかいそば、定食、お料理、お飲み物があります。つめたいおそばは、ざるそば、天ざるそば、とろろざるそば、山菜たぬきそば、そばがきがあります。ざるの盛りを良くしたものに、大ざるそばと徳大そばもあります。徳大そば山菜天ぷらにしました。

大久保の茶屋 山菜天ぷら

山菜天ぷらが先にきました。軽く食べながら待とうと思います。写真は2人前です。

大久保の茶屋 徳大そば

大久保の茶屋 徳大そば アップ

そばが出来てきました。徳大でも蕎麦好きにとってはちょうど良い量でしょう。
食べ易さが最後まで続きます。飽きることなくいただきました。いいおそばです。
徳大そば1100円、山菜天ぷら750円です。ちょっとお高いでけど楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.09

ラーメン 松本商店

松本商店 つけ冷し中華

三条市の「ラーメン 松本商店」です。
三条市の中心地に近い国道289号線沿い、東三条跨線橋の北詰にあります。
お店は、奥に厨房、中央に向かい合わせで衝立のあるカウンター席、その左右にはテーブル席があります。ちょっと歴史が始まった街の食堂って雰囲気の中規模店です。午後1時40分頃と遅い時間に着きましたが、そこそこお客さんが入っています。
入口に食券販売機があります。ラーメン、チャーシューメン、もやし中華、カレー中華、味噌ラーメン、坦々メン、中華そば、大油つばめ中華など豊富なバリエーションがあります。ラーメン類は、油なし・少なめ・中油・大油の油の量や味の濃さを調節できます。夏メニューはと探すとざる中華、つけ冷し中華、冷し坦々メンがあります。つけ冷し中華の説明があります。つけ麺でも冷し中華でもお好きなスタイルで!ってことになっています。どんなものかちょっと楽しみにつけ冷し中華にしました。
同じ頃に注文したラーメンなどの温かいものは出来てきましたが、つけ冷し中華はそれからしばらくして出来てきました。やはり麺のゆで時間が長いためなんでしょうか。
つけ冷し中華は、冷し中華の作っている途中で持って来られたような感じです。ここまでやって出すんならつけ麺と冷し中華を別メニューにしてくれと思います。
麺は、普通かやや太の縮れの弱い麺です。味噌ラーメンに合いそうな感じです。
つゆは、醤油と酸味がはっきりとしたものです。始めはつけ麺のようにつゆに入れて食べ、あとから冷し中華のように麺にかけて食べます。なかなか楽しめます。
トッピングは、別盛りでチャーシュー・キュウリ・ハム・金糸玉子、さらの小皿には紅生姜・練り辛子、麺の上にはきざみ海苔がのっています。自分で好きなように食べてくださいって感じですが、盛り付けを省いた料理のようで好きにはなれません。
まあまあ楽しめましたが、料理は盛り付けまでと考えると作っている途中のものを食べたような印象が残ります。つけ冷し中華800円は、盛り付け省いているから安くしてくれよって言いたくなるような感じの少しお高い値段になっちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.08

らーめん 麺しょう

麺しょう 冷し中華

新潟市の「らーめん 麺しょう」です。
新潟市の東地区中木戸、赤道から少し入った工場が多い場所にあります。
お店は、左側に厨房、その中央寄りにカウンター席、中央にテーブル席、左側奥に小上がりがあります。広々しているのと周囲に多い窓からの明かりで明るい店内です。午後12時40分頃に着きましたが、他にお客がポツリポツリといるだけです。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、さらに野菜や辛味を加えたもの、野菜みそラーメンなどがあります。外に冷し中華の幟がありましたが、中の壁に冷し中華と書かれて紙が貼られています。その冷し中華にしました。
後からもお客さんが来ます。すぐ後に来たおやじさんは冷し中華(大盛)を注文。いっしょに作り始めました。麺のゆで時間が長くしばらくゆでています。店主が硬さを確認して女性スタッフの持っているザルに移し、そこからは女性スタッフの仕事のようで、麺を冷水で流し、トッピングを加え、つゆをかけて出来上がりです。普通の待ち時間です。
お皿というよりは、浅めの使いやすそうな器です。和食っぽく品があって好きです。
麺は、細い縮れのプリプリシコシコした歯応えで、とても楽しく食べられる麺です。
つゆは醤油味で、醤油控えめで酸味が強めです。これはこれで爽やかに食べれます。酸味控えめの方がいいかなと思っていましたが、なかなかこれもいい感じです。
トッピングは、硬めチャーシュー、くらげ、もやし、金糸玉子、キュウリ、紅生姜です。
酸っぱいものも元々好きだったこともありますが、とても爽やかに食べれました。麺の食感が楽しく、トッピングも充実しています。750円と値段もいいところでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.08.07

月山

月山 8合目

酒田花火ショーが終わりそのまま帰ってもいいのですが、翌日に山を目指して早起きも辛いので月山に登ることにしました。月山は、何度か夏スキーで行きましたが登山は初めてになります。羽黒口、湯殿山口、姥沢口があります。昨年、酒田花火ショー、赤川の花火と連荘で涼しいいところで寝ようとスキーで行き慣れた姥沢口の駐車場で仮眠しましたが、今回はさらに標高が1400mと高い羽黒口(弥陀ヶ原コース)から登ろうと思います。花火終了後、ちょうど日付が変わる頃に月山に到着しました。290台収容の駐車場も50台程度の車が止まっています。半袖で外はヒンヤリします。コース長5.3km、標高差584mです。標高差はありませんが距離があります。

月山 弥陀ヶ原湿原入口

ひと眠りして午前5時過ぎに起床、準備をして弥陀ヶ原湿原入口をスタートします。登り始めは綺麗に整備された石段です。これは整備され過ぎでしょう。
午前5時43分(0時間00分)

月山 木道

少し進むと木道に変わります。こんなに楽でいいんでしょうか。

月山 御田原参篭所(中之宮)

月山神社御田原参篭所(中之宮)脇を通過します。
午前5時54分(0時間09分)

月山 弥陀ヶ原登山口

登山口に到着です。ここから2時間30分ですか。
午前6時03分(0時間20分)

月山 弥陀ヶ原コース

石や岩のゴツゴツした道が続きます。

月山 弥陀ヶ原コース

仏生池小屋です。ひと休みします。
午前7時05分(1時間22分) 着
午前7時40分(1時間22分) 発

月山 弥陀ヶ原コース

周辺にはまだ残雪があります。

月山 山頂

山頂のある月山神社本宮へ入るには御祓い(500円)の必要になっています。
午前8時33分(2時間15分)

月山 山頂

月山 山頂

山頂からは展望が良く、鳥海山や蔵王などいろんな山、飛島や粟島が見えます。
ゆっくり休めました。そろそろ下山しましょう。
午前10時12分(0時間00分)

月山 山頂

月山の三角点は、月山神社本宮があったため山頂より少し北側にあります。
午前10時19分(0時間07分)
午前11時00分(0時間48分) 仏生池小屋通過
午前11時48分(1時間36分) 登山口通過
午前11時53分(1時間41分) 御田原参篭所通過
午前11時59分(1時間47分) 8合目着
岩や石の上を歩き続けた山歩きでした。人気のある山で今までにない賑やかさです。

登山を楽しませてくれた花畑とお花です。

月山 花

月山 花

月山 花

月山 花

月山 花

月山 花

月山 花

月山 花

月山 花

月山 花

がんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.08.06

酒田花火ショー

山形県酒田市で開催された「酒田花火ショー」です。
一般的なスポンサー毎に打ち上げられる花火が並ぶ花火大会と違い4部構成からなる花火のショーです。エンターテインメントです。大曲の花火の次に好きな花火です。
新潟市の自宅を午後2時30分に出て、午後5時50分に酒田港埠頭の臨時駐車場に着きました。1500台用意された駐車場は余裕です。今年からシャトルバス(100円)も運行されていますが、歩いて会場の最上川河川公園に向かいます。途中の堤防には場所を確保して花火の打ち上げを待つ人が大勢います。カメラ撮影の準備をしている人もたくさんいます。打ち上げ場所がワイドなので斜めから撮影するのが無難ですが、大会本部や有料観覧席の近くまで行きます。係りが大会のパンフレットを配っています。A4カラー16ページのパンフレットが無料です。今時ありがたいことです。

酒田花火ショー 会場

打ち上げ1時間前なのに良い場所がたっぷりあります。最上川はゆったりしています。やはり広い河川敷、傾斜の緩やかな堤防のある川は花火に最適です。新潟県内の花火会場にはない広い河川敷です。昨年と同じ本部前の場所を確保できました。

酒田花火ショー スピーカー

これが、酒田花火ショーのスピーカーです。有料観覧席前に4箇所設置されています。その有料観覧席の後ろに場所で観ます。すぐ後ろは大会本部です。写真だけなら斜めから撮った方が全体を撮れるのですが、音を楽しみたいのでスピーカー正面です。
パンフレットを見ます。今年もイケブン(静岡県)が企画・構成です。花火店は、安藤煙火店(山形県)、小松煙火工業(秋田県)、北日本煙火興業(秋田県)です。山形県の花火店安藤煙火店と日本トップクラスの花火師が共同で作り上げる花火大会です。

酒田花火ショー 夕焼け

日が沈み暗くなり、ツアー客で有料観覧席も埋まってきました。午後7時30分の花火開始前に、主催者や酒田市長の挨拶が終わり定刻のスタートです。
第1部 「グランドオープ 輝点」
スペシャルステージ① 花火教室
第2部 「四季」
スペシャルステージ② 【絆】 希望の光
スペシャルステージ③ 【粋】 酒田華
第3部 「豊饒」
第4部 「グランドフィナーレ 山河」
上手く撮れた写真を掲載します。演出が凄くて難しいです。

酒田花火ショー ①

酒田花火ショー ②

酒田花火ショー ③
2尺玉でしょうか。16mmレンズでも入りません。真上まで上がった感じです。

酒田花火ショー ④

酒田花火ショー ⑤

酒田花火ショー ⑥

山形県には花火業者が安藤煙火店しかなく、これほどの花火大会になると有名花火師の力を借りて行うしかないようです。でも、それが幸いして質の高い花火を観ることが出来ます。長岡花火の天地人で昨年茨城県の野村花火工業が花火を上げたようですが、もっと交流を深めて新潟県内の花火大会の質が高くなればと願っています。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.05

新潟まつり 大民謡流し

新潟まつり 大民謡流し

新潟まつりの大民謡流しです。残念ながら今年は着付けの時間に間に合わず見学となりました。踊った後のビールが楽しみでしたが、残念です。来年は踊るぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
JR羽越線岩船町駅の近くJAの倉庫なんかがあるところにあります。午前11時50分頃に着きました。まだ、空いているだろうと思っていましたが、ほぼ満車に近い車が停まっています。お店から2組のお客さんが出てきたので座れそうです。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木を基調にした落ち着いた雰囲気です。お店の中もほぼ満席ですが、さっき出たお客さんかカウンター席が空いていて座れました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、味噌ラーメン、野菜タンメン五目ラーメン、担々麺などで、セットメニュー、チャーハンや丼物などもあります。昨年、夏メニューが提供されませんでしたが、今年はもしかしてあるんじゃないかと期待しましたがありません。お腹が空いているのでというか最近のお気に入りのラーメン定食にしました。
前から待っているお客さんのラーメンから順々ですが、ほぼ一気に出来てきました。
ラーメンの他、ご飯や小鉢の器などが多いとなんだかリッチな昼食の感じがします。
麺は、平打ちっぽい細く弱い縮れのツルツルしたもので、噛み応えの良い麺です。スープとの馴染みが良く麺自体に味付けされているかのように感じられる麺です。
スープは、中華そばって感じの褐色の透き通ったもので、煮干しの優しいいい香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さもいい具合です。
トッピングは、普通のチャーシューと角煮の中間のような軟らかくややしっかりした味付けのチャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草と充実していて嬉しくなります。
定食は、そんなにボリュームはありません。ご飯と小鉢とお新香です。今日の小鉢は、鮹刺し、海老フライ、マカロニサラダです。お新香は、3種類もあり嬉しくなります。
ラーメンが560円でしっかりしていて好きなラーメンです。お手頃なラーメンかなと思います。ラーメンセットは780円で、ラーメンのお手頃感がさらに充実するセットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.04

いこい食堂

いこい食堂 中油ラーメン

三条市の「いこい食堂」です。
旧三条市街、国道289号線沿いで消防署の近くになります。石上大橋方面から三条消防署を過ぎ、国道からほんの少し左に入ったところになります。
お店は、右側に入口があります。中央奥に厨房、その前にカウンター席、その手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。中規模の街の食堂って雰囲気のお店です。午後1時30分過ぎに着きました。家族連れが帰り他にお客さんはいません。
メニューは、大油ラーメン、中油ラーメン、トッピングを加えたもの、タンメン(塩味)、みそラーメン、焼きそばなどがあります。三条地区の夏メニューになにか特徴があるか楽しみにしてきました。夏メニューがないかとメニューや店内を見回しましたがないようです。温かいものにします。一番スタンダードであろう中油ラーメンにしました。
すぐに作り始めてくれましたが、太麺なので時間もかなりかかっています。他にお客さんの来る時間じゃないと思っていましたが、5組7人のお客さんが後から来ました。普通のお昼のような雰囲気もなりました。一人で来た男性客のうち2人が、大油の大盛りを注文しています。やるなあ!なんて見ていたら中油ラーメンができてきました。
チャッチャされた背脂が浮いています。トッピングの上にもかかっていますが、大油ラーメンに比べりゃまだまだ可愛いものです。中心部に玉ねぎのみじん切りがのってます。
麺は、極太平打縮れ麺です。縮れはそんなに強くなくて、歯応えはどちらかというとうどんに近いような感じです。背脂ラーメンらしい麺を久々に食べたような気がします。
スープは、表面の背脂でちょっとどうなのかなと思いましたが、背脂自体はコッテリ感が多少あるものの味的にはまろやかな旨味が増すだけで、とても見た目と違って美味しいものです。お約束事のようにその背脂の下には醤油味のしっかりしたスープがあります。魚系のほのかなダシの香りがします。醤油の旨みが活きた美味しいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、玉ねぎです。チャーシューは、醤油の風味が強いものですが、しょっぱさ過ぎることははありません。歯応えもしっかりしたものです。メンマは、醤油色が結構付いていて醤油の香りもしますが、味は濃過ぎず、歯応えもしっかりしています。玉ねぎが、油と醤油って感じのラーメンを爽やかに仕上げてくれます。
麺が太~く醤油しっかりの背脂チャッチャラーメのバランスいいラーメンです。最近、背脂がきつくなったと感じていましたが、いこい食堂の中油ラーメンは全然大丈夫です。650円と何年か前に食べたときより50円値上がりしています。これだけ楽しめて、昔から食べている訳ではありませんが懐かしさを感じ、庶民の味を感じるラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.03

長岡まつり 大花火大会

長岡市で開催される「長岡まつり 大花火大会」に行ってきました。
夕方から出かけ、長岡ジャンクション近くでの事故の影響も受けましたが、開始30分前には観覧を予定していた信濃川左岸大手大橋西詰にカメラを準備して待ちます。

長岡まつり 大花火大会

長岡まつり 大花火大会

長岡の花火の中では、この天地人花火が一番好きです。

長岡まつり 大花火大会

長岡まつり 大花火大会

フェニックスもまあまあ好きな方です。

長岡まつり 大花火大会

3尺玉です。大きな花火って真ん丸に開くのが難しいようです。
長岡インターチェンジ経由でその日のうちギリギリ帰宅できました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.08.02

RESORT GARDEN 2011

RESORT GARDEN 2011

新潟市の「新潟グランドホテル RESORT GARDEN 2011」に行ってきました。
新潟グランドホテルは、信濃川左岸、万代橋の下流側の川沿いにあります。
新潟グランドホテルのRESORT GARDENは、食べ物・飲み物が豊富で美味しいのですが、子供料金とかノンアルコールの価格設定がなかった筈で、一人5000円と安くもないんで家族連れでは来たことがありません。もっぱら仕事関係です。
午後6時30分スタートです。夕方の河畔の風の中で飲むビールは最高です。
ビールなどの飲み物と食べ物を楽しみました。今年もラーメンがあります。そしてご飯コーナーも牛丼、カレー丼、麻婆丼と変わっていません。ラーメンの他に麻婆ラーメンやカレーラーメンなど作れますが、今年は素直にラーメンのままいただきます。
今年の麺は、やや細の縮れです。前と違いプリプリしていい感じの麺です。
スープは、ホテル品質?あっさりしていながらしっかりした旨みがあります
トッピングは、小さめのチャーシューとメンマ、ねぎといたってシンプルです。
お酒を飲んだ後でも美味しく食べられるあっさり旨みのあるラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーモリラーメン 新井店

オーモリ新井店 冷し中華

妙高市(旧新井市)の「オーモリラーメン 新井店」です。
国道18号線から旧新井市街に入って少し走った先の右側、黄色が目立つ建物です。
老舗の夏メニューを楽しませてもらいたくて前々からお邪魔したいと思っていました。
お店は、間口というか幅が広くなっていて、奥に厨房、その手前にテーブル席、さらに手前に小上がりがあります。広いドライブインのような雰囲気のお店です。テーブルも小上がりも6人掛けなのでかなりの人数を収容出来そうです。午後1時少し前に到着しましたが、すべての席が埋まっています。テーブル席に相席させてもらいました。
メニューは、醤油ラーメンを中心に味噌ラーメンや塩ラーメンもあります。セットものや定食、丼物もあります。楽しみにしていた夏メニューは、冷し中華と冷し担々麺です。冷しラーメンがあればと思っていましたが、そこまではありません。冷し中華にしました。
多くのお客さんがいるので待つのかなと思いましたが、わりとすぐに出来てきました。
青っぽい涼しそうな器がいいです。多めのつゆと充実したトッピングも良さそうです。
麺は、細縮れで冷しらしいモチモチ感の強い麺です。細さがつゆによく絡む麺です。
つゆは、醤油味のスタンダードなもの、醤油のしょっぱさを控え、酸味が効いてます。
トッピングは、チャーシュー3枚、トマト、キュウリ、金糸玉子、海苔、紅生姜などです。
細麺と酸味の利いたつゆの夏が楽しくなる一杯でした。850円と値段は高めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.01

ラーメン万人家 中山店

万人家中山店 特製らーめん

新潟市の「ラーメン万人家 中山店」です。
笹出線を東へ、栗の木バイパスを超え馬越の跨線橋を越えた先にあります。
お店は、奥に厨房、右側にカウンター席、左側にテーブル席、厨房近くからカウンター席を回り込むようにさらに右側に小上がり席のエリアがあります。木を基調とした落ち着いた雰囲気の中規模のラーメン屋さんらしいお店です、午前11時30分頃に着きました。単独(1人)のお客さんがポツリポツリといる程度で、少し寂しいような気がします。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、つけめんがあります。さらにがっつり系のG麺なるメニューも増えています。ニンニクを利かせているようなのでお休みの日にでも食べてみたいと思います。夏季限定メニューの冷しラーメンが復活していないかと思ってきましたが、今年もやらないようです。冷し中華か冷しサラダ麺でもあればと思いましたがそれもありません。温かいものならと思い特製らーめんにしました。サイドメニューで花もりどん(ミニチャーシューどん)が平日のお昼は、220円→100円とサービス価格になっています。そりゃ食べなきゃってことでお願いしました。
お客さんが少なくてもそれなりに手順はあります。普通に待って出来てきました。
充実したトッピングがいい感じですが、最近は背脂の多さもちょっと気になります。
麺は、普通の太さの縮れでとてもツルツルしています。舌触りが凄く良い麺です。
スープは、表面に小さな脂が浮いています。背脂をホイップしたもののように見えます。その下には、しっかりした醤油味で旨味のあるスープです。食べているうちに脂を持て余し気味になってきます。最近、悲しいことですが背脂が段々きつくなってきました。
トッピングは、軟らかめのチャーシュー3枚、中央にシャキシャキ感の残るもやしです。通常のらーめんだとここまでのトッピングです。しかし、特製らーめんの場合はさらにメンマ、味玉半個、岩海苔、糸唐辛子とバリエーションが加わります。
好きなラーメンですが背脂がきつくなってきました。脂量が多かったと思いたいです。ラーメンが550円と比較的安く、特製ラーメンが680円です。好みのラーメンでこれだけトッピングが充実していれば、値段的にもいいんじゃないでしょうか。

万人家中山店 花もりどん

チャーシューだけではなく、マヨネーズや小さく刻まれた御新香がのっていてとても爽やかにいただけました。これで100円はとても嬉しくなります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »