« 角田山提灯登山 | トップページ | 元祖支那そば 信吉屋 »

2011.08.21

ラーメン工房 まるしん

まるしん つけめん(2玉)

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン工房 まるしん」です。
弁天橋線のズーッと南側、鵜の子交差点から大野に向かう道を越えた先にあります。
三柱神社秋季大祭の町内会イベントがあり、買い出しに出かけました。相方がつけめんを食べたことがないって言っているので無難なまるしんで食べようと思い、混む昼食時間を外し少し遅めの午後1時過ぎにお邪魔しました。遅めに混みを避けたつもでしたが、前に15人ぐらい並んでいます。まあ、時間もあるのでゆっくり待ちましょう。
お店に入ると風除室があり、食券販売機が置かれています。さらに入ると左奥に厨房、その手前にテーブル席、右側に周りの窓や壁に向いてるカウンター席があります。最近のシンプルで明るい雰囲気ですが、シンプル過ぎて社員食堂っぽい感じもします。
メニューは、食券販売機を見なければ解らないのでちょっと不自由です。つけめんをメインにラーメンも豊富に用意されています。つけめん(2玉)にしました。相方はつけめん(1玉)、四男はマーボー麺にしました。さらに待ってお店の中へ、お店に入ると店員が食券を確認します。しばらく待ってテーブル席に座れました。周囲を観察するとマーボー麺が結構出ています。以前はほとんどつけめんでしたが、今日は半数近くマーボー麺です。人気が2分しているようです。もう少し待ってつけめんの出来上がりました。お店に着いてから注文したものが出来上がるまで45分ぐらいかかりました。
麺もつけ汁も白い器に盛られ、お盆にのってます。迫力を求めているようなつけめんが多く見受けられますが、こういう品のある落ち着いた和食風な感じの方が好きです。
麺は、普通の太さの縮れです。太麺、パスタっぽい麺など主張の強い麺が多いつけめんですが、まるしんの麺はごく普通の麺です。歯応えの楽しい気持ちのいい麺です。
つけ汁は醤油味で、あっさりした醤油ラーメンのスープを濃いめにした感じです。魚介系の風味豊かですが、魚粉のようなきつさのない節度あるものに仕上がっています。
トッピングは、チャーシュー細切り、たっぷりのもやし、わかめ、海苔などです。つけめんとしての一般的な派手さはありませんが、バランスの良い食べ易いものです。
最後に割りスープで割ったつけ汁は、魚系の風味が増して別物のように楽しめます。相方が、酸味が気になるようです。確かにラーメンのスープ同様のものを期待すると酸味が強く感じます。四男が麻婆を持て余していたので少しもらいました。マーボー麺のスープの方がはるかにスープらしく、つけ汁のスープ割りが寂しい味に感じます。
つけめん(2玉)780円と言う値段は、値上がりもありちょっと高いかな?と感じます。でも、つけめんだったら妥当な線でしょうか?まあまあ満足できる一杯でした。

|

« 角田山提灯登山 | トップページ | 元祖支那そば 信吉屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/52559621

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン工房 まるしん:

« 角田山提灯登山 | トップページ | 元祖支那そば 信吉屋 »