« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011.10.31

めん処 くら田

くら田 ワンタンメン

新潟市の「めん処 くら田」です。
本町通りと東堀通りの間、6番町の小原小路に面しています。
今日は食べたいってものもなく、普通に美味しく食べられる物をと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着いた小さな下町のラーメン店です。午後12時15分頃に着きました。外で待ている人はいません。今日は空いています。いつものこの時間なら満席になっているのですが、6~7割程度のお客さんの入りでしょうか。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメンがあります。麺は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)と選べます。普通の細麺の他に平麺も選べます。スープも醤油味の他に塩味も選択できます。麺の量、麺の種類、スープの味を変えても追加料金なしです。この前までダブルを食べていましたが、食べ過ぎないようにちょっとだけ注意をしているので、今日はワンタンメンにしました。
親父さんが作って、おばさんが配膳と会計をやっています。いつも通り手際よく作っていますが、一度に多くを作らないので時間がかかります。出来上がりを待っているお客さんも多く、待ちかな覚悟していましたがいつもより一段と早めに出来てきました。
普通盛りなんですがひと回り大きな器に、淡い色のあっさりスープが美味しそうです。
麺は、細い縮れです。口に入った時の感触が良く、噛んだ時に少し弾力があり、その後綺麗に噛み切れます。硬さがいい感じで、癖のない食べていて楽しい麺です。
スープは、透き通った淡い色です。醤油味の薄味ですが旨味があります。煮干しの香りがほんのり漂うこれぞ新潟って言いたくなるよう、新潟らしいあっさりしたものです。
トッピングは、食べようと口の近くにもってくると醤油の香りが強くしょっぱそうですが、ちょうど良い具合です。弾力、歯応え、脂身の混じり具合も適度にあり好きなチャーシューです。浅漬かり薄切りのメンマ、ほうれん草も入っています。ワンタンは、軟らかな皮にほんの少しだけ具が入っているものです。好きな皮を楽しむワンタンです。
ダブルまで同じ値段で食べれるので、普通盛りはちょっともったいない感じもします。身体のためにはこれぐらいがいいでしょう。好きな魚介系あっさりスープと歯応えの楽しい細麺は、本当に心地よいラーメンです。ラーメンが500円で、ワンタンメンが750円と250円の値段の差はちょっと大きく感じますが、それ以上に楽しんだ一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.30

地魚食道 瓢

瓢

新潟市の「地魚食道 瓢」です。
万代地区の魚市場があった場所にできたピア万代の一角、新潟県水産会館内です。
夕食は、永井食堂のもつ煮と魚でも食べようかと思いピア万代に買い物に来ました。お腹が空いたので評判の良い瓢で食べようと思いました。建物は、漁協関連の事務所と魚セリ場があり、瓢は別名が漁協食堂です。建物の2階に上がると事務所の廊下って感じの中を大漁旗に誘われ食堂まで進みます。食堂は、漁協の職員食堂って感じで新しい建物なのでとても綺麗です。入ったところの正面に食券販売機があります。
メニューは、魚中心の寿司、定食や丼物に加えてラーメンがあります。ラーメンは、本当にラーメンだけで大盛りとライスを加えることができます。ラーメンにしました。
午後3時頃と遅い時間だったため、他にお客さんは2人組み、後も入れ替わるように2人組だけでした。空いていましたが、そこそこ普通に時間がかかって出来てきました。

瓢 ラーメン

普通の器に醤油色がしっかりしたスープ、大きめのチャシュー2枚が目立ちます。
麺は、細麺の縮れで食感の良い麺です。ラーメンだけのお店なのにいい麺です。
スープは、魚介系のしっかりしたダシと風味あるものです。さすが漁協食堂です。
トッピングは、脂身の多いチャーシューが2枚、メンマ、ほうれん草、鳴門です。
しっかりしたラーメンを食べることが出来ました。ラーメン550円です。県庁の一般食堂なんかと比べると値段は高めですが、さすが漁協食堂だけのことはあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.29

日光いろは坂

日光いろは坂

いつものパターンで草津に行こうかどうしようか、永井食堂を出て国道17号線を南下します。ラジオから日光の紅葉がシーズンを迎えたとの紹介がありました。行って見ましょう。沼田から金精道路を通って奥日光から入るっていうルートもありますが、いろは坂を往復したいし、午後なんでもう空いているだろうと日光市側から入ろうとお思います。前橋~大胡~大間々~国道122号線経由で順調にいろは坂に入れました。登りの第2いろは坂を軽快?にシフトチェンジを繰り返し楽しみながら登ります。
黒髪平展望台でひと休みします。写真は、黒髪平展望台からの風景です。

日光いろは坂 渋滞

さて、そろそろ出ようかと思ったら渋滞しています。一方通行なので逃げ道はありません。行くしかないのです。まだ、中禅寺湖まで結構あります。1分に1台分も進めばいいかなって調子の渋滞が続きます。途中に猿の群れがいました。テレビで観た死んだ我が子の死骸を持ち歩く母猿もいました。明智平手前で真っ暗になりました。なんら写真を撮ることも出来ず、中禅寺湖から第1いろは坂で下ります。下りは、混みもなく須藤京一になったような気分です。紅葉の葉が落ちた道は、対決のシーンと一緒です。
さて、夕食は会津で食べようと国道120号線~国道121号線~国道118号線で会津若松市まで移動しましたが、お蕎麦やラーメンなど食べられる(食べてもいいかなって)お店がなくて、お腹を空かしたままです。午後10時を回りました。会津坂下で居酒屋で馬刺しとご飯でも食べられればと街中を通ってもやってません。国道49号線沿いもやっているお店もなく日付が変わる頃に自宅到着です。久々に走りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永井食堂

永井食堂

群馬県渋川市(旧子持村)の「永井食堂」です。
北陸自動車道大積PAで永井食堂のもつ煮が食べられなくなりました。食べられないと食べたくなります。早速、永井食堂へ行きましょう。食堂で食べられる営業時間は、平日9:30~19:30、土曜9:30~14:00です。販売は、食堂営業時間の他に土曜14:00~18:00、日祝10:00~18:00となっています。北陸自動車道~関越自動車道経由で午後12時13分に到着しました。3時間近くかかっての到着です。
お店は、幅の広いカウンター席だけのお店です。カウンター席の後は、人が通れる広さもありませんが、どこからでも出入り出来るようになっています。かなり並んでいます。40人~50人ぐらいでしょうか。午後12時46分ようやく座れました。相変わらずおみやげのもつっ子なる3人前入り(1.2kg、1070円)もつ煮を購入する人が途切れない状況です。2~4袋購入する人が多く、以前より購入量が少なくなってます。
定番メニューと日替わりメニューもあります。もつ煮定食(590円)かもつ煮定食(もつ大:770円)を注文する人がほとんどです。早い牛丼屋よりまだ早く出来てきます。いつももつ煮定食を食べていましたが、今回は、もつ煮ラーメンにしました。
もつ煮定食以外を注文している人をほとんど見たことがなく、変わった人だと見られているのでしょうが、気になっていたラーメンを食べたの今日は気にせずいきましょう。

永井食堂 もつ煮

永井食堂 もつ煮 アップ

午後12時38分にもつ煮が運ばれてきました。小皿に輪切りねぎが付いています。ラーメンの出来上がりを待って食べようと思いましたが、ラーメンが出来てこないのでもつ煮を食べながらラーメンを待とうと思います。七味唐辛子とねぎをかけていただきます。
軟らかくて味付けがいいもつ煮です。いろいろもつ煮を食べましたがやっぱこれ!
少し待てばラーメンができて来るだろうかと思いましたがなかなか出来てきません。もつ煮定食の出来上がりが早いだけに忘れられているのかなと思うほどです。ようやく出来てきました。でも、後で写真を見ると午後12時43分のなので普通でしょう。

永井食堂 ラーメン

中華そばのようなごく普通のラーメンかと思っていましたが、特徴的なものです。
麺は、平打ちの縮れ麺です。変な硬さなく食べ易いものです。でも、なんかラーメンらしくない麺です。かんすいが少ない、うどんのような食感です。水沢うどんが近いから?
スープは、醤油のしっかり濃い目の感じのもので、黒胡椒がかなり聞いています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門とシンプルです。メンマと麺が似てます。
ラーメンが320円といろいろ言っちゃいけない安い値段です。もつ煮が340円であわせても660円です。手頃にもつ煮とラーメンを楽しむことが出来ました。やっぱ定食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.28

おかず麺処 じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(中辛)

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
古町地区中心の鍋茶屋通りの下手、広小路に近い東新道通り沿いにあります。
今日は、いろいろあってお昼を食べられませんでした。仕事も遅くなりました。バスがなくなり例によって夕夜食を食べて帰ります。じじ&ばばで食べて帰りたいと思います。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。午後9時頃に着きました。カウンター席に2人のお客さんが入っているだけで空いています。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメンや担々麺などがも人気のようです。朝食を食べないので、昼食を抜き日付が変わろうとしている時間の初めての食事になります。ボリュームのあるものを食べたいと思います。マーボーメンをお願いしました。辛さは、わざわざ手間かけさせても悪いので、最初に注文の入ったマーボーメンと同じ辛さでってあいまいな注文です。その後、お客さんがバタバタと何組か入ってきて、辛い物大好きって人が注文したマーボーメン(中辛)になりました。
最初にメーボーメンの注文だったのですぐに作ってもらえ、早く出来てきました。
麻婆豆腐が美味しそうです。いつも食べているものより赤い色が濃いようです。
麺は、細く縮れた歯応えの良い麺です。麻婆との絡みの良い好みの麺です。
スープは、混じらないものを…。麻婆豆腐の邪魔をしないあっさりしたものです。
麻婆豆腐は、しょっぱさ・中辛らしい増した辛さ・甘さ・トロミなどのバランス、絹ごしだろう豆腐の感触など大好きな仕上がりです。中辛になると辛さが増した感じがします。
じじ&ばばのマーボーメンは、庶民的な食べ易い好みの麺料理です。うまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.27

食事処 おおつつじ

おおつつじ 新潟ラーメン

長岡市の「食事処 おおつつじ」です。
北陸自動車道大積パーキングエリア(上り線)にある軽食コーナーの店の名前です。
今日もお昼を諦めなきゃいけなさそうな状態でしたが、移動中になんとか食べられそうです。何処で何を食べましょう。高速道路の休日上限千円が廃止されてからあまり遠出が出来ない状態でいます。永井食堂でもつ煮を食べて草津温泉に入るっていうのも最近全然です。今日は、ラーメンをお休みして大積パーキングエリアの永井食堂もつ煮を食べることにしましょう。軽食コーナーの前の食券販売機で食券を購入します。
メニューは、高速道路のパーキングエリアということで、そば、うどん、ラーメン、ご飯物、スナックなどがあります。ご飯物の中から永井食堂のもつ煮………ありません。代わりに越後もち豚のもつ煮があります。店員に確認すると永井食堂のもつ煮は止めたとのこと。あらら!ない物はしょうがありません。他に何かないか見ると、新潟ラーメンとこってりラーメンがあります。こってりラーメンは燕の背脂系です。あっさりは超極細麺使用と書いています。超極細麺が食べてみたくなりました。450円と値段もお手頃ですが、写真を見るとかなりボリューム感がありません。セットもあるようなので、新潟ラーメンチャーハンセットにしました。受け渡し場所に食券を出し待ちます。超極細麺ということでゆで時間が短いようで、軽食コーナーのラーメンにしては早めに出来てきました。
飾り気のないシンプルラーメンです。シンプルさにホッとする今日この頃になってます。
麺は、極細の縮れて好きなタイプの麺です。超極細っていうほどでもないようですが。
スープは、醤油味のどこにでもありそうな癖のない安心できる中華そばのスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔とシンプルです。鳴門もあればと思いますが。
心地良い極細麺と癖のないスープ、ボリュームはないもの450円という値段、ちょっと食べたいなって時でも食べられそうでなかなかいいんじゃないでしょうか。

おおつつじ チャーハン(ラーメンセット)

チャーハンは食べ易く、適度なパラパラ感とラーメンで足りないボリュームをカバーしてくれます。セットで720円ですから270円分ということでお手軽に楽しめた昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.26

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
JR羽越線岩船町駅前の近く、JAの倉庫なんかがあるところにぽつりとあります。
午後1時10分過ぎに着きました。もう空いているだろうと思っていましたが、ほぼ満車に近いほどの車が停まっています。お店の前が風除室風にになっていて5人ほど待っています。10分ほど待ってカウンター席が空いたようで店員が案内にきました。お客様の構成を確認すると、最初に待っていたのが女性3人組で、その後が単独男性3人です。店員が女性3人組に『小上がりがもうすぐ空きそうなのですが、カウンター席なら今すぐ案内できます。』と言うと『カウンター席でいいです。』いい切りました。また、少し待たなきゃだめかと思ったらすぐに店員が案内にきました。案内されるまま中に入ります。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木を基調にした落ち着いた雰囲気です。カウンター席に案内されました。女性3人組は、小上がりに移動していました。カウンター席でもいいですよ!っていうのは、その後にお客さんが同じか、さらに人数が多いときに有効で、今回のような場合は、待つべきでしょう。お店側への思いやりも持って欲しいと思うのでした。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、味噌ラーメン、野菜タンメン、五目ラーメン、担々麺などの麺類が中心で、セットメニュー、チャーハンや丼物などもあり、ご飯を食べたい人がいるグループでも対応できます。最近のお気に入りのラーメン定食にしました。
待っているお客さんも多いのですが、そんなに待つこともなく一気に出来てきました。
ラーメンの他にご飯、小鉢など多くの器がお盆に並び、リッチな昼食の感じがします。
麺は、平打ちっぽい細く弱い縮れのツルツルしたもので、噛み応えがとても自然な感じのものです。ごく普通の麺ですが、スープとの馴染み良く美味しく感じられる麺です。
スープは、中華そばって感じの褐色の透き通ったもので、煮干しの優しいいい香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい具合です。
トッピングは、普通のチャーシューと角煮の中間のような軟らかく塩っぽい味付けのチャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草です。シンプルですが充実しています。
定食は、ご飯と小鉢とお新香です。小鉢は、いかリングフライ、小籠包、ポテトサラダです。いかリングフライにはキャベツとキュウリと人参と紫玉ねぎの千切り、小籠包にはキャベツと水菜の千切り、ポテトサラダにはブロッコリーとレタスが添えられています。お新香は、かぶ漬け、赤かぶ漬け、沢庵、キュウリの柴漬け、キュウリとキャベツとうるいの一夜漬けなどあり嬉しくなります。小籠包は、小さいものだったのでパクリといっちゃいましたが、モチモチしています。皮がモチモチしているのじゃなく、餅入りのようです。
ラーメンが560円で美味しくいただけて、今ではお手頃かなと思います。ラーメンセットは780円です。ラーメンのお手頃がさらに充実できるきちんとした料理のセットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.25

麺屋 吉祥

吉祥 札幌焦がし醤油らーめん

妙高市(旧新井市)の「麺屋 吉祥」です。
国道18号線道の駅あらいと上信越自動車道のハイウェイオアシスの両方から利用できます。食堂ミサ、よしきゅうなど3軒のラーメン屋さんがあります。
上信越自動車道移動中の昼食で立ち寄りました。この施設は、便利で助かります。
お店は、左側に厨房、厨房に向かってカウンター席、中央からやや右側にテーブル席、更に右側には、壁で個室風に仕切ったテーブル席があります。大きめの和風レストランようなお店です。午後1時過ぎに着きました。お客さんがポツリポツリといる程度です。
メニューは、黒たまりと白煮干しから選べる醤油らー麺が一押しのようですが、他にも塩らー麺、焼味噌らー麺、激辛味噌らー麺から油そば、つけ麺まであります。さらに期間限定メニューが2品あります。超激辛牛辛辛麺(950円)と札幌焦がし醤油らーめん(800円)です。超激辛も興味ありますが…。札幌焦がし醤油らーめんにしました。また、平日のライチタイムは、麺類に+200円で、カレー、チャーシュー丼、マーボー丼、餃子などのランチ盛りのサイドメニューもあります。カレーにしました。
空いているんですぐに出来てくるかなと思いましたが、普通の待ちで出来てきました。
普通の白い器に味噌ラーメンかカレーラーメンがのような色のスープが特徴的です。
麺は、細く弱い縮れのものです。派手さのない落ち着いた食感の食べ易いものです。
スープは、焦がし醤油ということで醤油味のまま焦がした香りが加わったものを想像していましたが、焦がした香りはそんなに極端なものではありません。醤油味がちょっと癖のあるまろやかなものになっています。カレー粉を加えたような風味になっています。
トッピングは、2cm角くらいに小さく切ったチャーシュー、メンマ、もやしの炒め物です。
独特な風味があってなかなか楽しいものでした。札幌焦がし醤油らーめんは800円と易くはありません。一度は食べておいても良いかと思いますが、二度目はないでしょう。

吉祥 カレー(ランチ盛)

カレーは、辛口のしっかりしたカレーでボリュームも200円とは思えないほどしっかりしています。福神漬やらっきょもちゃんと付いて200円は少し得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.24

おかず麺処 じじ&ばば

じじ&ばば ラーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
古町地区中心の鍋茶屋通りの下手、広小路に近い東新道通り沿いにあります。
今日は、いろいろあってお昼を食べられませんでした。そして夕方から出張者や先輩方との飲みになりました。いろいろ食べましたがもう少しお腹が空いているような感じので〆のラーメンを食べて帰ります。じじ&ばばで食べて帰りたいと思います。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。午後9時頃に着きました。カウンター席に3人のお客さんが入っているだけで空いています。しばらくしてじじ&ばばには多い団体客が入ってきました。そろそろ食べて帰るとバスに乗れる時間です。団体客の後の注文だとしばらく作ってもらえそうもないのですぐに注文します。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメンや担々麺などがも人気のようです。あまりボリュームのあるものは避けてラーメンにしました。
あまり手間のかかるメニューではありませんが、特別に早い出来上がりです。
シンプルで派手さはありませんが、美味しそうなスープの色がたまりません。
麺は、細く縮れた歯応えの良い麺です。あっさりしたラーメンにもとても合います。
スープは、醤油色の薄めに見えますが、あっさりした中にしっかりしたダシの旨さと適度な甘みがバランス良く同居しています。しっかりしていながら優しいスープです。
トッピングは、歯応え味付けの良いチャーシュー、メンマ、たっぷりのネギです。
あっさりしていながら旨味、しょっぱさ、甘さのバランスの良いラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.23

角田山 桜尾根コース

角田山 桜尾根コース 登り口

最近の週末は雨でほんの晴れ間を利用して山に登ってましたが、今日は小雨覚悟で角田山に登ります。あまり公になっていない桜尾根コースを登ろうと思います。灯台コースと同じ角田浜の駐車場に車を停めて国道沿いの登り口まで行きます。桜尾根コースは、私有地で有志によってコースが整備されています。桜尾根コースの登り口には越後七浦オッタの里山を守る会が立てた注意書きがあります。“ここは登山道ではありません私有地です。道を傷めるな!植生を傷つけるな!ストック先端にゴムキャツプ等の保護部品がないものやスパイク部分が脱着できないスパイク靴などの着用者は入山しないでください”と書かれています。準備OKです。登りましょう。
午前11時54分(0時間00分)

角田山 桜尾根コース ①

登り口の階段を登った後は、少し平地があります。そのままかと思うとその後は登山らしい良い傾斜の道が結構続きます。約20分で170mぐらいの標高差を登ります。

角田山 桜尾根コース ②

広く休み易そうな場所があります。道標や目印がないコースです。
午後12時19分(0時間25分)

角田山 桜尾根コース ③

角田山 桜尾根コース ④

笹の藪っぽいところや歩き易い道があります。

角田山 桜尾根コース ⑤

しばらく標高を稼げる登りがありませんでしたが、いよいよ登ります。

角田山 桜尾根コース ⑥

登りの途中にも大きな木があります。
午後12時41分(0時間47分)

角田山 桜尾根コース ⑦

すぐにまた大きな木があります。
午後12時42分(0時間48分)

角田山 桜尾根コース ⑧

少し平らなところを歩くとまた登りっていうのを繰り返します。

角田山 桜尾根コース ⑨

標高も稼いできましたが、そろそろ雲の中に入ります。
雨も酷くなってきました。木の下で雨宿りをしながら登ります。

角田山 桜尾根コース ⑩

また、大きな木があります。
午後12時54分(1時間00分)

角田山 桜尾根コース ⑪

灯台・浦浜・五ヶ峠から道と合流します。
午後1時15分(1時間21分)

角田山 桜尾根コース 山頂

山頂到着です。雲の中です。観音堂前へは展望が望めないので行きません。
午後1時17分(1時間23分)山頂到着 標高481.7m

雨が引き続き降っているので山頂の非難小屋「健養亭」でしばらく休憩します。
先客が男性3人組、同じ桜尾根コースからの夫婦2人、単独女性1人の利用です。
雨が小降りになってきました。皆さんが下山するようなのでこちらも下山します。
午後1時56分(0時間00分) 山頂下山開始
午後2時00分(0時間04分) 灯台・浦浜・五ヶ峠コースから分岐
午後2時56分(1時間00分) 登り口到着

尾根伝いの変に整備されていない歩き易いコースでした。

この季節でもまだ綺麗な花などが登山道を飾っていてくれました。

角田山 桜尾根コース ⑫

角田山 桜尾根コース ⑬

角田山 桜尾根コース ⑭

角田山 桜尾根コース ⑮

角田山 桜尾根コース ⑯

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.22

春木屋 郡山分店

春木屋 郡山分店

福島県郡山市の「春木屋 郡山分店」です。
郡山市でもトップクラスの人気店で、是非一度お邪魔したいと思っていました。福島市から山形県米沢市~小国町経由って帰り方もあり、米沢市での夕食も引かれます。でも今回は、郡山市で食べたいと思っていた「春木屋 郡山分店」で夕食にします。
お店は、奥に厨房、その手前と左側にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。新しく綺麗な最近のラーメン店です。午後7時過ぎに着きました。この時間なのに満席です。少し待ってカウンター席に案内されました。その後も待ちが出来てます。
メニューは、中華そばとそれにトッピングを加えたもの、しお中華そば、つけめん数種です。豊富なメニューがあるかとお思ったら結構シンプルです。ワンタン麺にしました。
お客さんが多くしばらく待ちかなと思いましたが、スタッフも多く早く出来てきました。

春木屋郡山分店 ワンタン麺

想像していた通り、醤油色のスープがとても美味しそうに見えるワンタン麺です。
麺は、中太縮れ麺とのことですが、やや太めの麺に感じます。元気のある麺です。
スープは、旨み、醤油の味、魚介系風味、表面の油などバランスよいものです。
トッピングは、肉団子が振袖を着ているかのような皮の大きなワンタンがたっぷり、歯応えのしっかりしたチャーシュー、メンマ、海苔、ネギととてもシンプルです。
麺はちょっと好みと違いましたが、スープが美味しいワンタン麺でした。ワンタン麺950円です。中華そばが650円なのでワンタンで300円はちょっとお高ように感じます。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本格中華そば 伊達屋

伊達屋

福島市の「本格中華そば 伊達屋」です。
無料開放でも磐梯の有料道路3本をもどる気にもなれず福島市の下りました。福島の情報がまったくないので、福島県立図書館で書籍に加えインターネットも合わせて調べました。その中から1番好みに合いそうなラーメンの写真で「本格中華そば 伊達屋」で食べることにしました。夕方午後5時からの営業に合わせてお邪魔しました。少し早く着きましたが、すでに開店待ち2組が車で待機しています。午後5時に入店、その後もお客さんが訪れてすぐにほぼ満席になりました。こんなお店もあるんです。驚きです。
お店は、奥に厨房、その前と左側窓向きのカウンター席、手前がテーブル席になっています。あまり飾らず手作り風の居心地の良い庶民的な雰囲気のラーメン屋さんです。
メニューは、中華そば、塩ラーメン、赤みそラーメン、白みそラーメンを中心にトッピングを加えたものまで結構豊富に揃っています。中華そば、白みそラーメンが良く出ていました。白みそラーメンも興味ありますが、今回は、中華そばでいきたいと思います。
店主と奥さんでしょうか2人でやっていて、少し時間がかかるかなと思っていましたが、旦那さん手際や仕込が良いのか、もう1人ぐらい居そうな早さで出来てきました。

伊達屋 中華そば

醤油の薄い色の透き通ったスープが、ワクワクするほど美味しそうに見えます。
麺は、細ストレートです。見た目で長浜ラーメンのような麺かと思っていましたが、食感や噛み応えがプリプリした美味しいラーメンの麺です。見た目に騙され易い麺です。
スープは、あっさりですが醤油の旨さ、地鶏の伊達鳥の旨さがしっかりしてます。
トッピングは、やや軟らかめの大きなチャーシュー、メンマ、海苔とシンプルです。
麺が見た目と違った旨さに驚きました。スープも旨い、中華そば680円と中華そばって名前にしてはかなりお高い物になっています。それでも、また食べたくなる味です。接客が評判のお店ということです。テーブルへの案内、注文、配膳、会計、見送り、店主も必ず注文を復唱し、きちんと挨拶します。ラーメン店に多い煩さもありません。高級レストランのような感じです。ここまでしっかりした接客のラーメン店は始めです。ラーメン店なのだからもうちょっと楽な感じでもとも思いますが…。意見が分かれるところかな?

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21回 磐梯新そばまつり

雨飾山~小谷温泉露天風呂~おたり新そば祭りって行動予定でしたが、どうも天気が西から崩れてくる天気予報で断念しました。下越(磐越道)方面が晴れていたら登ろうかと出発。自宅前から雨です。磐越道を東に向かっても大した雨ではありませんが降り続いていて下越(磐越道)方面の山も断念しました。せっかく会津方面に向かったので福島県磐梯町で開催される「第21回 磐梯新そばまつり」に行ってみましょう。
会場は、アルツ磐梯リゾートセンターです。アルツ磐梯スキー場のセンターハウス的な建物です。磐越道磐梯河東インターから会場まで所々に黄色い目立つ幟と案内看板が立っていて迷うことなく会場に到着しました。多くのスキー場に行きましたが、アルツ磐梯スキー場はコブや壁を攻めていた時期なんで魅力なく滑っていないです。

第21回 磐梯新そばまつり 会場

さすがに名の知れたスキー場です。駐車場も会場のリゾートセンターも広々です。リゾートセンター1階入口付近には地元産の野菜直売所があり、中にはそば道具が販売しています。見ると買っちゃいそうなので見ないように受付に向かいます。

第21回 磐梯新そばまつり 当日券

当日券を購入します。当日券は1200円で前売り券は1000円です。たぶん同じ券でしょう。そば引換券が2枚付いています。2杯の新そばが食べられるなら高くないです。

第21回 磐梯新そばまつり そば打ち実演

リゾートセンター1階の奥では、親父さんが7人ぐらいだったでしょうか?そばを打っています。そば粉の販売はありますがそばの販売がないので、この会場で食べるそばを打っているのでしょう。新そばの打ちたてですか?期待が高まってきます。

第21回 磐梯新そばまつり そば口上

そば口上です。初めて見ました。磐梯のそばの文化を感じさせてくれます。

第21回 磐梯新そばまつり そば湯

カフェテリア風にセルフでおそばと引き換えます。そばゆがないかと諦めていたらありました。紙コップでそば湯をもらうようになっています。いい方法です。他も真似て欲しい。

第21回 磐梯新そばまつり 冷たいそば

第21回 磐梯新そばまつり 冷たいそば アップ

冷たいそばです。ねぎは温かいそばの薬味コーナーから増量させてもらいました。

第21回 磐梯新そばまつり 薬味

次は、温かいそばをいただきます。たっぷりのネギと適度の七味で楽しみます。

第21回 磐梯新そばまつり かき揚げ

近くでえび天とかき揚げなどを販売しています。かき揚げ(150円)を購入します。

第21回 磐梯新そばまつり 温かいそば

温かいそばです。たっぷりネギをかけられるのが嬉しくて嬉しくてたまりません。

第21回 磐梯新そばまつり 温かいそば+かき揚げ

かき揚げをのせていただきます。温かい新そばもめっちゃいいです。たまらん。

第21回 磐梯新そばまつり 磐梯明神太鼓

午前11時頃に到着し待ちを知らずに食べれました。午前11時30分頃の帰る時には1階まで待ちが伸びています。玄関前では磐梯明神太鼓の演奏が行われています。

浄土平

次は大内宿の三澤屋でプリップリッしたネギを食べようと思いましたが、リゾートセンターの観光パンフレットコーナーに置いてあった有料道路の無料開放が気になります。磐梯山ゴールドラインや磐梯吾妻レークラインは走ったことがありますが、磐梯吾妻スカイラインは走ったことがありません。三澤屋のネギは諦め有料道路走行に行きましょう。磐梯山ゴールドライン~磐梯吾妻レークライン~磐梯吾妻スカイラインと走り浄土平でひと休みです。浄土平駐車場も無料開放です。登山用品を積んできたので雲の上に出られたら吾妻小富士なんか散策したいと思っていましたが、雨、風、霧です。標高1000mあたりでしょうか?綺麗な紅葉を見られたので良しとしましょう。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.21

旭川ラーメン 梅光軒

梅光軒 塩ラーメン

新潟市の新潟三越で開催されている「北海道大収穫祭」で昼食にしました。現地で食べるというのが本意ですが、新潟まで来てくれたので食べてみます。出店者は「旭川ラーメン 梅光軒」です。朱鷺メッセで開催された「こだわり 食の彩典」以来になります。
会場の奥が「旭川ラーメン 梅光軒」です。その手前の海鮮丼もかなり美味しそうです。ラーメンと海鮮丼の組み合わせがベストですが、ウニとイクラと蟹がてんこ盛りっていうのは理解できますが1300円台~1600円台は厳しいです。ラーメンだけにしましょう。
メニューは、醤油、塩、味噌の各味のラーメンとバターやチャーシューを加えたものが用意されています。「こだわり 食の彩典」で醤油ラーメンを食べたので、今回は塩ラーメンを食べようと思います。受付で食券を購入すると待ちもなくテーブルまで案内してくれました。普通のラーメン屋さんよりも早いかなって感じで出来てきました。
ちょっと緑がかった抹茶入りかななんて思わせるようなスープの色したラーメンです。
麺は、普通の太さ、普通の縮れのごく普通の麺ですが、ちょっと硬過ぎて嘘だろうっていうほど食感の嫌な感じの麺です。食べ始めてちょっとずつ食べているとだんだん馴染んできたのか?今度はとても良い食感です。ゆでが足りなかったのでしょうか。
スープは、塩味のとてもまろやか、クリーミーっぽくしつこさのないものです。旨みも適度にあります。バターが入っているのでは?と思わせるほどの風味もあります。ただ、しょっぱ過ぎです。食べ易い塩でなかなかいい感じなだけにもったいないです。
トッピングは、歯応えと脂身混じりが抜群なチャーシュー、太いメンマ、ネギとシンプルですが、他がしっかりしているのでゴチャゴチャしないすっきりさが逆に新鮮です。
塩ラーメン800円(801円表示)は、味的には良かったのですが高いです。新潟三越の場所代が高いのでしょうか?でも、まあ年に何回もないことなので良しとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.20

手押し焼き鯖寿し・焼き味噌鯖寿し

秋田比内地鶏こだわり鶏めしも美味しくいただき、上越新幹線も順調に新潟駅に向かっています。いました。新幹線が大宮駅に入ると上毛高原駅の線路内に人影があるとのことで、この大宮駅でしばらく運転を見合わせるとの車内放送が入ってきました。
いつ再開できるか判らないとのことなので、まずは食料の調達です。新幹線ホームの駅弁屋を見ると焼き鯖寿しがあります。実は、東京駅で一番探していた駅弁でした。何件もの駅弁屋を見ても見つけることが出来ませんでした。こんなところにあるなんて。しかし、困りました。1種類ならともかく2種類あります。福井市の越前田村屋の手押し焼き鯖寿し(第4回福井県優良観光土産品最優秀 福井県知事賞受賞)と焼き味噌鯖寿しです。運転再開の見込みもなく、日持ちするんで両方を購入しました。

手押し焼き鯖寿し・焼き味噌鯖寿し パッケージ

新幹線に戻って、ただ待ちます。人身事故の情報に変わりました。警察が現場に向かっていることや現場検証後の出発になることの情報もありました。上越新幹線が全面ストップのため、長野新幹線を熊谷駅や本庄早稲田駅に臨時停車させるそうです。金沢方面は、はくたかの連絡を要請中、金沢へは東海道新幹線を利用した場合に乗車券が有効で、もうすぐ東京駅に引き返さないと最終に間に合わないとのこと。直江津方面へは、長野新幹線経由でも行くことができるようになっていること。などしばらく連絡が続きます。その後、金沢方面へのはくたかが連絡すること。酒田方面へのいなほも連絡するとのことなどなど乗客が心配しないように一生懸命説明しているのが伝わってきます。
やがて2時間弱の遅れで再開との情報が入りました。そんなに長い時間になることはないだろうと思ってましたが、なんとかなりなので焼き鯖寿しをいただきましょう。

手押し焼き鯖寿し・焼き味噌鯖寿し

手押し焼き鯖寿し・焼き味噌鯖寿しとも福井県産のお米とノルウェー産の鯖が使われています。手押し焼き鯖寿しの銅に似た光沢のある色が綺麗です。鯖に味噌も合います。どちらを食べ1個はお土産かなとも思いましたが両方ともお腹の中に入りました。
やがて、2時間弱が2時間強の遅れになって運転再開です。人身事故は、新潟発の東京行きMaxとき340号が上毛高原駅の線路上で人影を見つけ非常ブレーキをかけたが間に合わず。遺体の身元確認を沼田署が行っているところまでネットで確認できた。
そこそこ早めに帰れる予定でしたが、バスのない時間になってしまうことになりました。好きな焼き鯖寿しを食べることが出来たので良しとしましょう。動き出した新幹線の中には、特急料金払い戻しの方法が結構きめ細やかに説明する放送が流れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田比内地鶏こだわり鶏めし

秋田比内地鶏こだわり鶏めし パッケージ

今日もすんなり帰れそうです。新幹線まで時間があり東京駅の中のお店を結構あちこちと覗いてみました。いろんなお弁当があります。そんな中でも食べたかった「銀座 佐藤養助」の稲庭うどんの代わりになるかどうか?秋田繋がりでとても美味しそうに見えた。秋田市の関根屋の秋田比内地鶏こだわり鶏めしを食べてみることにしました。

秋田比内地鶏こだわり鶏めし

内容は、比内地鶏のダシで炊き上げた鶏めし、比内地鶏照焼、比内地鶏のごまそぼろ、比内地鶏のつくね、じゅんさいの酢の物、ぜんまいの煮物、ごぼうの煮物、椎茸の煮物、錦糸卵、いぶりがっこ(人参・大根)です。ちょっと彩りが寂しいです。
30年ほど前に秋田駅で販売された鶏めしの復刻版として誕生したそうだが、この鶏めしは絶品です。比内地鶏100%で950円はいい線でしょう。こまちで秋田帰りたい。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座 朧月

朧月

東京の「銀座 朧月」です。
銀座6丁目にあります。最寄り駅は、銀座駅、有楽町駅、日比谷駅などになります。
swinglさんからコメントで紹介していただいておりました。時間が取れたので早速お邪魔しました。ネットで見たらかなりネット情報の多いお店で、つけめんが人気のようでたくさんの情報があります。カウンター席のみ7席だけらしいので待ちが気になります。
お店の前に着きました。時間は午後1時30分を回っています。お店の前に1人、中には3人ほどの待ちになっています。少し待ってお店の中に進みます。お店は、奥寄りの右側に厨房、中央にカウンター席7席、左側に通路の小さな小さなお店です。カウンターが檜か?杉か?正目の綺麗な一枚板なので、ラーメン店でもいいけど和食系が似合う落ち着いた雰囲気のお店です。お店に入ってすぐ右側に食券販売機があります。

朧月 メニュー

メニューは、中華そば、チャーシュー麺、濃厚つけ麺、辛つけ麺、特製つけ麺があり、中華そばとチャーシュー麺は並(1玉)と大(2玉)、濃厚つけ麺と辛つけ麺と特製つけ麺は並(240g)と中(360g)と大(480g)の盛りを選べます。中華そば並にしました。
ステンレスの綺麗な厨房は、中ぐらいから小さめの寸胴が何個かと小さな鍋が何個か置かれています。スープ類は寸胴から小さな鍋に移して温めています。男性スタッフ2人でこなしていますが、凄く丁寧な仕事です。麺やトッピングの盛り付け、特に麺の盛り付けなんかは端が跳ねた麺は抜いて上に盛り付け直すほど丁寧です。ほぼ全てのお客さんがつけ麺を食べています。中華そばは、他に後客が1人だけでした。中華そばの器が用意され作っています。そこそこ時間がかかって出来てきました。

朧月 中華そば

派手さのないシンプルな器、飴色のスープがなんともこってりそうに見えます。
麺は、太い平打ちの細かく強い縮れのものです。弾力のある頼もしい麺です。
スープは、しょっぱさがキリリとしたあっさりしたものです。東京では珍しいです。見た目のこってりしてそうな感じとは違っていました。醤油の旨みも程良くあります。
トッピングは、チャーシュー薄いものが5枚、メンマ、ほうれん草、鳴門、刻みネギ、刻み玉ねぎなどです。彩りの良いものはありません。刻み玉ねぎが楽しめます。
麺、スープ、トッピングともなかなか良かったと思います。なんか今までの既成概念に捕らわれてしまいバランスが好みではないです。特に新潟の細麺の中華そばに慣れたためか、今回の麺は中華そばという名前では違和感を感じます。味噌ラーメンで食べたらきっと美味しい麺です。中華そば750円は銀座って聞いたら仕方ないかな。

銀座 佐藤養助

お店を出たら向かいに「銀座 佐藤養助」がありました。稲庭うどん食べたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

えび千両ちらし

新幹線での移動です。今日も新潟駅から乗ろうと改札まで向かう途中の駅弁屋を覗きます。いつもより遅くお昼に近いためか種類が豊富です。見ていると店員がいろいろ紹介してくれますが食べたものばかりです。『これは最近出たお弁当です。』と紹介されたのがえび千両ちらしというお弁当です。紹介のパネルには中身の違う2枚の写真があります。なんでか理解できまま、まあいっか!ってことで新発田三新軒のえび千両ちらしにしました。今回は“Maxとき”に乗り込み、早速超遅めの朝ご飯としていただきます。

えび千両ちらし パッケージ

えび千両ちらし

玉子が一面に敷き詰められたお弁当です。紹介のパネルの1枚の写真の通りです。手前の玉子を食べると下からこはだと鰻が覗いています。もう一枚の写真と同じです。玉子をお弁当の蓋を皿代わりに移し写真を撮りました。こう言うのって今までのように1枚の写真で表現するのはやっぱり無理で、なんかとても嬉しい面白く感じます。
名称はちらし寿司、内容はすし飯(新潟米コシヒカリの精進合わせ)、うなぎ(蒲焼きのたれ仕込み)、こはだ(薄切り〆、わさび醤油からめ)、蒸し海老(酢通し醤油からめ)、いか(塩いかの一夜干し)、手焼きたまご(甘さ控えめ味)、海老(むき海老のおぼろ)。ガリ(甘酢漬け)です。お弁当としては素材量が少なくシンプルなものになります。
すし飯は新潟米コシヒカリです。新潟県産とかの表示はよくありますが、コシヒカリを使用しているのは珍しいです。抑え気味ですが酢も利いています。すし飯の上にとろろ昆布が敷き詰めてあります。うなぎ、こはだ、、いか、手焼きたまご、むき海老のおぼろと良い盛り付けで綺麗ですが、うなぎやいかは温かい方が美味しいので、お弁当のおかずとしてはもうひとつといった感じです。1200円とちょっとお高いお弁当になりますが、お弁当2個分の盛り付けを楽しませてもらったと考えると安いのかなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.19

こまどり

こまどり 野菜とんこつ味噌ラーメン

新潟市(旧巻町)の「こまどり」です。
角田山山麓の新潟寺泊線竹野町交差点近くにあります。交差点から見えます。
新潟味噌ラーメンの代名詞のように言われているお店です。一時期は過去の栄光も面影もないような味でしたが、最近美味しさが戻ってきて楽しませてもらってます。
お店は、入口付近にテーブルの個室風なコーナーがあり、中に進むと右側に広い厨房、中央にカウンター席、右側に大広間を長くしたような広い小上がり、奥に座敷があります。新潟でもかなり広いちょっと古さもいい感じのお店です。午後1時20分頃に着きました。この時間ですが3人並んでいます。お店が広いんですぐに座れました。
メニューは、味噌ラーメンを中心に揃っています。麺もメニューで見る限り3種類用意されています。味噌用が太麺と平麺、その他が細麺なっています。テーブルに置かれたメニューの他にパウチされたメニューもあります。いつも注文してからそのメニューに気付いていました。今日はそのメニューから野菜とんこつ味噌ラーメンにしました。
席数の多いお店ですが時間も遅くなり空いてきました。厨房もパワーを使い切ったのか多少疲れ気味です。ある程度の時間は覚悟していました。結構待って出来てきました。
味噌ラーメンらしい見た目にホッとします。健康のため野菜をたっぷり取りましょう。
麺は、平麺のようです。太く平打ちの縮れで硬過ぎることもなく、モチモチして味噌ラーメンらしい噛み応えのある麺です。存在感があり食べていてなかなか楽しい麺です。
スープは、赤味噌ベースの味噌味、とんこつ味がごく自然な感じでスープに旨みを加えています。今日は薄味です。いつもの味噌味の濃さやしょっぱさ、とんこつの濃厚さが欲しいです。甘さも控え気味で、油が少なくコッテリ感のないスープです。半分ぐらい食べてから別小皿に盛られた気持ち程度の量の辛子高菜漬けを入れて食べます。でも、この辛さが半端じゃないです。あの量でこれだけの辛さですか?驚きです。
トッピングは、もやしたっぷり、キャベツ、きくらげ、挽肉の炒め物です。見た感じそれほどのボリュームに見えませんが、スープに隠れていただけでたっぷりの量があります。
味噌ラーメンは、結構濃くて新潟の味噌って感じでしたが、今日の野菜とんこつ味噌ラーメンは濃さがなかった。知り合いから聞いていた野菜とんこつ味噌ラーメンはしっかりした濃さがあるけどバラツキがあるとのことでした。今日は薄味だったようです。野菜とんこつ味噌ラーメン714円と値段も高いことないので、また食べたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.18

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
イトーヨーカドー丸大の近く、本町の市場風建物の並びの東堀通寄りにあります。
冷し中華が好きなお店で、夏場には4杯も冷し中華を食べさせてもらいました。温かいものも好きで食べようと思ってましたが、温かいものでは久々のお邪魔になりました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広いお店です。市場の小さな支那そば屋さんといった懐かしさを感じさせる雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。2人並んでいます。帰るお客さんと入れ替わりであまり待たずに座れました。
メニューは、支那そばと、メンマ、チャーシュウ、ワンタンを組み合わせたものになります。盛りは、普通、中盛、大盛があります。中盛が50円UP、大盛が150円UPなので中盛が割安です。今日は、ワンタンメンにしました。盛りは普通に抑えておきます。
ほとんどのお客さんが出来上がりを待っている状態です。しばらくかかるかと思いましたが、座った頃ゆでていた前のお客さんの麺をゆで、次にゆでた麺になりそんなに待たずに出来上がりになりました。それにしても今日は、ワンタンメンが良く出ています。
黒っぽい渋い器に澄んだスープが上品です。支那そばの中盛りの器のようです。
麺は、極細に近く縮れの弱い麺です。シコシコした歯応えがとても好きな麺です。
スープは、すまし汁のような綺麗なもの。昆布ダシの旨みで味わう和のスープです。
トッピングは、脂身がなく弾力のある歯応えを楽しめるチャーシュー、お弁当に入れる小さめの肉団子ぼどの大きさはあろうかという挽肉を包んだワンタン、メンマ、ほうれん草、鳴門です。ねぎが和風なスープと絡まりいい風味を与えてくれます。
油のないお吸い物のようなスープ、脂のないチャーシューとヘルシーな昼食でした。ワンタンメンは650円で、味が好みでボリュームがあります。御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.17

麺場 風雷房

風雷房

柏崎市の「麺場 風雷房」です。
国道8号線沿い、ドンキの近く、千成ラーメンがあった建物をそのまま使っています。
柏崎には、他県に本部があり県内に柏崎だけというラーメン店が知っている限り2店ありました。「ラーメン大学」と「千成らーめん」です。どちらも閉店してしまいました。その千成ラーメンのあった場所に建物を流用してオープンした風雷房にお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、その手前にカウンター席、右側奥に小上がり、その手前にテーブル席があります。千成ラーメンからあまり手を加えずそのままのようです。中規模のラーメン店です。ちょっと気になることが、お客さんが座るところではありませんがカウンター上に小麦粉の大きな袋が、カウンター席後ろに醤油の一斗缶が山積みになっています。午後12時20分過ぎに着きました。7割ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、鶏とアゴだしの淡麗あっさりらーめんとクリーミー鶏骨濃厚のこってり濃厚らーめんに大別され、それぞれ地元新潟の醤油を使った特製ダレのしょうゆらーめん、ホタテやエビなどをふんだんに使用したダシに安塚の塩・伯方の塩・沖縄のシマソースをブレンドしたしおらーめん、赤・豆・米・麦の4種類のみそを合わせた特製味噌のみそらーめんがあります。麺は、並盛が自家製麺190gと多めになっていて、さらに大盛り無料(お子様以外のお取り分けは100円増しになります)になっています。なかなか悩むメニューですがまずは淡麗しょうゆらーめんにしました。普通盛りです。
店員の服装が作業着のようなつなぎです。食べ物屋さんに似合うか?今まで見たことがない服装です。そんなに混んではいないこともあり普通の待ちで出来てきました。

風雷房 淡麗しょうゆらーめん

以前どこかのお店で見たことあるような???久々に小さくかなり深い器です。表面が小さいので醤油色の澄んだスープにトッピングがなかなか品良く冴えて見えます。
麺は、自家製麺が190gです。普通の太さの縮れが弱いストレートと言って良さそうな麺です。コシと歯応えが良いパスタっぽい麺です。「あごすけ」の麺に似ています。
スープは、醤油色の澄んだもので、醤油味のしっかりしたものです。旨みもありいい感じです。あっさり淡麗ということで新潟あっさりのようなものかと思っていましたが、しょうゆらーめんらしいものです。少ない量ですがおろし生姜がトッピングされています。生姜の引き締まった味も楽しむことができます。ちょっと遊べるように面白いスープです。
トッピングは、おろし生姜、チャーシュー、メンマ、水菜、白髪ネギ、糸唐辛子です。派手なものではありませんが、小さな表面に盛り付けられるので見栄えがします。
終盤になると食べているときにあまり気にしていなかった器の深さが判ります。普通のラーメンのつもりで食べていて、そろそろ麺を食べ終える頃かなと思ってもさらに下に麺があります。淡麗しょうゆらーめん650円は安くはありませんが、しっかりした味と麺のボリュームでいい線いっているのではないでしょうか。他のメニューも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.16

角田山 灯台コース

今週は天候が思わしくなく山は諦めていましたが、のんびり起きるといい天気です。時間も遅くあまり高い山も無理なのでトレーニングに角田山に登ろうと思います。朝の雨もあるので五ヶ峠コースが安全かと思いましたが、風もあるのである程度コースの乾きも期待して、前回きつく感じた灯台コースを登ろうと思います。詳細は、前回記事を!
正午スタートを目指しましたが、思わぬのろのろ車に道を塞がれようやく角田浜の駐車場に到着です。駐車場には、乗用車の他にバスが2台も停まっています。どのコースから登ったか知りませんがかなり大きな団体とすれ違わなくてはいけないようです。
山と渓谷社の新潟県の山によると灯台コースは、観音堂往復で歩行時間3時間25分、歩行距離7.0km、累計標高差+645m-645mです。風が強い中を出発です。
午後12時18分(0時間00分)出発
午後12時21分(0時間03分)灯台通過

岩場や階段の急登を登り一気に標高を上げます。途中で団体とすれ違いました。
午後1時03分(0時間45分)梨ノ木平通過

ブナ林の尾根を通ります。かなり好きな場所です。最後に階段を登ります。
午後1時29分(1時間11分)浦浜・五ヶ峠コース合流点通過

上は、風の音はしますが、林もあり直接風の影響はありません。暑い。
午後1時30分(1時間12分)三望小屋通過

午後1時33分(1時間15分)三望平園地通過

木道がかなり滑ります。
午後1時44分(1時間26分)山頂到着 標高481.7m

角田山 灯台コース①

観音堂前です。空気が霞んでいましたが思ったより良く見えました。
観音堂前でひと休み、山頂に戻ってふた休みしていたら隣の家族連れからりんごのお裾分けをいただきました。ありがとうございます。写真を撮りながら下山しましょう。
午後3時00分(0時間00分)

角田山 灯台コース②

色付き始めた木もあります。歩いていてとても気持ちいいところです。

午後3時12分(0時間12分)三望平園地通過
午後3時14分(0時間14分)三望小屋通過
午後3時14分(0時間15分)浦浜・五ヶ峠コース分岐点通過
午後3時34分(0時間34分)梨ノ木平通過

角田山 灯台コース③

灯台が見えてきました。この辺りから風が強くなってます。白波が立ってます。

午後3時11分(1時間11分)灯台通過
午後3時14分(1時間14分)登り口到着

灯台コースの岩場は、小さな岩と稜線で両側が切り立っていてどうも恐怖感があって嫌です。昨年はきつく感じました。下山して到着する頃は足も限界を超えてそうに思いましたが、今年はもう一往復できそうなほど余裕です。これなら筋肉痛もないでしょう。

この季節でもまだ綺麗な花が登山道を飾っていてくれました。

角田山 灯台コース④

角田山 灯台コース⑤

角田山 灯台コース⑥

角田山 灯台コース⑦

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.15

第28回 山都新そばまつり

第28回山都新そばまつり 会場①

福島県喜多方市(旧山都町)で開催された「第28回山都新そばまつり」に行って来ました。楽しみにしていた新そばの季節の第一弾です。イベントは、山都みちくさ通り(山都中央商店街通り)を通行止めにして行われています。少し遠くなりますが、飯豊とそばの里センター駐車場に車を停めて向かいました。全体イベントは、山都特産品交流事業~海の幸(さち)・山の愛(めぐみ)~で、山都新そばまつりはそのイベントのひとつです。混雑しているかと思いましたが、まだのようで売り切れは免れられそうです。特産品などの販売している先に山都新そばまつりのイベント会場があります。

第28回山都新そばまつり 会場②

蕎麦チケットの販売所があり出展者の紹介もあります。出店は以下の通りです。
 1 会津山都蕎麦「蕎邑」(きょうむら)
 2 飯豊龍胆そば(いいでりんどう)
 3 沼ノ平むらおこし実行委員会
 4 宮古そばの里組合
 5 飯豊とそばの里センター
 6 会津山都蕎麦の会「匠」(たくみ)
 7 会津山都そば道場「蕎道館」(きょうどうかん)
 8 山都そば処「萬長」(まんちょう)

第28回山都新そばまつり そば券

蕎麦チケットを購入し、いよいよ新そばをいただきましょう。

第28回山都新そばまつり 蕎邑

第28回山都新そばまつり 蕎邑 もりそば

第28回山都新そばまつり 蕎邑 もりそば アップ

会津山都蕎麦「蕎邑」です。かけそばともりそばの他、高遠そば(600円)とにしんの天ぷら(300円)があります。差額や現金で購入できるようですがもりそばにしました。
お店の隣にテント1張りが食べる所で、テーブル3卓程度と椅子が置かれています。割り箸や唐辛子は、引換時にもらったり使用したりするお店とテーブルに置いてあるお店があります。食器返却場所は、会場中央に1ヶ所あります。お蕎麦の器は共通の器のようです。蕎麦チケットの販売所は、通り反対側と中央の3ヶ所もありました。

第28回山都新そばまつり 飯豊龍胆

第28回山都新そばまつり 飯豊龍胆 ざるそば

第28回山都新そばまつり 飯豊龍胆 ざるそば アップ

飯豊龍胆そばです。かけそばとざるそばの他、山菜そば(600円)と野菜天ぷら3品目(100円)があります。ざるそばにしました。

第28回山都新そばまつり 飯豊権現太鼓

山都特産品交流事業~海の幸(さち)・山の愛(めぐみ)~のイベントで飯豊権現太鼓が始まりました。食器返却場所の真ん前です。裏に回ると快く受け取ってもらえました。

第28回山都新そばまつり 沼ノ平むらおこし実行委員会

第28回山都新そばまつり 沼ノ平むらおこし実行委員会 もりそば

第28回山都新そばまつり 沼ノ平むらおこし実行委員会 もりそば アップ

沼ノ平むらおこし実行委員会です。かけそばともりそばがあります。。もりそばにしました。

第28回山都新そばまつり 宮古そばの里組合

第28回山都新そばまつり 宮古そばの里組合 もりそば

第28回山都新そばまつり 宮古そばの里組合 もりそば アップ

宮古そばの里組合です。かけそばともりそばがあります。。もりそばにしました。

第28回山都新そばまつり 飯豊とそばの里センター

第28回山都新そばまつり 飯豊とそばの里センター ざるそば

第28回山都新そばまつり 飯豊とそばの里センター ざるそば アップ

飯豊とそばの里センターです。かけそばとざるそばの他、天ぷら(100円)があります。ざるそばにしました。

第28回山都新そばまつり 煙

会場の端っこから凄い黒煙が上がっています。

第28回山都新そばまつり SLばんえつ物語号

その正体は、SLばんえつ物語号。会場のすぐ近くを通ります。写真失敗!

第28回山都新そばまつり 匠

第28回山都新そばまつり 匠 もりそば

第28回山都新そばまつり 匠 もりそば アップ

会津山都蕎麦の会「匠」です。かけそばともりそばの他、肉そば(600円)があります。もりそばにしました。

第28回山都新そばまつり 蕎道館

第28回山都新そばまつり 蕎道館 もりそば

第28回山都新そばまつり 蕎道館 もりそば アップ

会津山都そば道場「蕎道館」です。かけそばともりそばの他、高遠そば(600円)があります。もりそばにしました。

第28回山都新そばまつり 萬長

第28回山都新そばまつり 萬長 もりそば

第28回山都新そばまつり 萬長 もりそば アップ

山都そば処「萬長」(まんちょう)です。かけそばともりそばの他、鴨南蛮(700円)やおろしそば(700円)、天ぷら(300円)があります。もりそばにしました。新そば粉500g(750円)、お土産そば3人前(1500円)・5人前(2500円)などもあります。

コンデジで写真を撮りましたが、ホワイトバランスをオートにしていました。テント内の座る位置等で色が違ったものが結構あります。
新そばの香りと味をお腹いっぱいになるまで楽しみました。
夜には花火大会もあるようですが、一眼カメラも持って来なかったし帰ります。

お店の前には、使用しているそば粉の放射線検査結果を貼り出している出店者もありました。なんとも言えないです。言葉がないです。

がんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.14

おかず麺処 じじ&ばば

じじ&ばば 担々麺

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
古町地区中心の鍋茶屋通りの下手、広小路に近い東新道通りにあります。
今週も仕事で遅くなりました。バスがなくなり例によって夕夜食を食べて帰ります。「もんじゃ 桐生」でお好み焼きともんじゃを食べ、〆はじじ&ばばのラーメンにします。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。日付が変わってしまい空いているかと思いましたが、この時間でもお客さんで賑わっています。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメンや担々麺など中華系も充実しています。マーボーメンや担々麺が人気です。その担々麺にしました。
麺類待ちのお客さんも多いようで次々と出来てきますが少し待っての出来です。
今日も美味しそうです。バラエティに富んだトッピングが食事って感じがします。
麺は、やや太の平打ちっぽい縮れで旨みのある麺です。力強さのある麺で、プリプリ感とモチモチ感のバランスの良い麺です。じじ&ばばには、2種の麺があります。細麺が新潟らしい細縮れで好きですが、太麺も存在感や麺自体に旨みがあり好きです。
スープは、最初に豊かな胡麻の風味がきて、その後味噌と豆板醤のしょっぱさ・甘み・まろやかさ・香り・辛みがまろやかでいい感じに交わっているの感じが広がります。
トッピングは、挽肉・筍・椎茸などの炒め物、レタス、辛ねぎ、メンマです。挽肉・筍・椎茸などの炒め物は、トロミを無理して加えていないところや挽肉の量が多く、普通のお店の担々麺よりも料理って感じがします。レタスは、青みのあるところ使って良い色を添えています。辛ねぎも無理に混ぜることなくねぎのシャキシャキ感を残しています。
見た目で楽しませてくれて、好きな味でを楽しんで、結構ボリュームがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元祖支那そば おもだかや 女池店

おもだかや女池店 わんたんめん

新潟市の「元祖支那そば おもだかや 女池店」です。
国道8号線(新潟バイパス)女池インター脇のパチンコ店の駐車場内にあります。
昨日、蓬来軒で“最近、おもだかやで食べてない!”と思い早速お邪魔しました。
お店は、間口が広く中央から右側に厨房、その手前から左奥に回り込むようなカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。程良く古さのある昭和のラーメン屋さんの雰囲気です。窓が広く明るい店内です。午後12時40分過ぎに着きました。この時間でも8割くらいの席が埋まっています。カウンター席の空いているところに座りました。
メニューは、支那そばを中心にちゃーしゅうめん、わんたんめん、野菜をのせたおもだかそばと、さらにトッピングを加えた組み合わせが豊富に用意されています。値上がりせずに頑張っていましたが50円値上がりしていました。支那そばが550円です。ワンコインで食べられるお店がまたひとつ減っちゃいました。とても残念です。支那そばが500円で食べられないのならと思い直しまだ食べていないわんたんめんにしました。
食べている人がほとんどで、作っている支那そばが出来て、次に作ってもらえそうです。大きめの鍋に4人分の麺を入れ泳がせます。ゆで上がったところに、別でゆでていたワンタンをさらに大きな鍋でひと泳ぎさせ麺の器に移し、トッピングをのせて出来上がりです。このお店はいつも出来上がりが早やめです。今日も早く出来てきました。
わんたんめんは、普段のすり鉢のような茶色の器です。魚介のいい香りがします。
麺は、細く弱い縮れのシコシコした歯切れの良い、あっさりなスープに合う麺です。
スープは、すまし汁のような澄んだものです。豚骨の旨味と魚介系の風味のあっさりしたものです。醤油メインですが塩も使われているようでしまりのある味です。新潟のラーメンの中でも信吉屋と並んでもっとも和風らしい味わいを楽しめるものです。
トッピングは、脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、浅漬かりでシャキシャキ歯応えの良いメンマ、くきわかめ、鳴門、具の量も適度で皮が軟らかくなったワンタンです。
和風麺料理が、ワンタンでさらに楽しくいただけました。支那そばが550円、わんたんめんが700円です。値上がりしても妥当な値段かなと思います。楽しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.13

蓬来軒

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路の東寄り、新潟市役所上大川前庁舎(開発公社)の向かいにあります。
今日は、一緒のあっさりなラーメンが好きな同僚のリクエストで蓬来軒にしました。
お店は、右側に厨房、その中央寄りと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民的な中華料理屋さんの雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。7割ぐらいのお客さんの入りで、蓬来軒にしては空いています。テーブル席がに座りました。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類とご飯ものもあります。麺類も中華系を中心に焼きそばにいたるまで豊富です。チャーハンや焼きそばも人気で食べてみたいと思っていました。この前チャーハンを食べたので、今回はもうひとつの食べたいと思っていた焼きそばを食べてみることにしたいと思います。
お昼時間はお客さんも多く、中華鍋を使う中華系メニューが人気なのである程度の待ちがあります。っていうのが普段なんですが、お客さんも少なく早く出来てきました。

蓬来軒 焼きそば(スープ)

はじめにスープがきました。

蓬来軒 焼きそば

間もなく焼きそばが出来てきました。中華らしい白いお皿の中央に焼きそばが盛られています。見た感じお昼には足りないんじゃないかと思う少ない量に見えてしまいます。
麺は、ラーメンで使われている細く縮れが少し弱めのシコシコプリプリした歯応えの良い麺です。ラーメンでは好みの麺ですが、一般的な焼きそばとは確かに違い、細麺の特徴ある焼きそばです。でも、その食感の良さはビーフンにも似た食べ応えがあります。
味付けは、中華らしい醤油とソースの中間ぐらいで、あっさりした食べ易いものです。
具は、豚肉、キャベツ、もやし、人参、玉ねぎです。焼きそばとしてはシンプルです。
細麺の焼きそばは、ビーフンにも似た歯応えの楽しく好きなものでした。焼きそば720円は、他であまり食べたことがないので判りませんが、安くはないような印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.12

秋露のささやき

秋露のささやき パッケージ

今日は、出張先での飲みもなくすんなり帰れます。東京駅の駅弁屋を覗くとほとんど食べたことのある駅弁ですが、秋のお弁当が出ているので食べてみることにしました。NRE大増の秋露のささやきという季節限定の吹き寄せ弁当です。

秋露のささやき

Maxときに乗り込んでいただきます。4つに仕切られたお弁当の中には、これでもか!ってくらいの秋の味覚が詰まっています。その内容はお品書きに記されています。口変わりが、きのこの柚子和え、秋刀魚甘露煮、目抜け若狭焼、有頭海老煮、翡翠銀杏串、零余子真丈、玉子焼、笑い栗です。揚げ物が、舞茸天ぷら、栗とさつま芋の蓑揚げ、山芋唐揚げ、ピーマンです。季節の煮物が、海老芋、キャベツ茶巾、紅葉豆腐寄せ、人参、蓮根です。他に、松茸、飾り人参、生キャラメル餅です。五目ご飯は、有機認証米秋田県産あきたこまちを使用とのことでお米の説明が1枚入っています。有機米認証のこと、須田さんというお米を作った農家の合鴨農法のことなどです。
どれも美味しいです。赤とんぼの形に切られた飾り人参に秋を感じます。1300円と通常の駅弁ではもっとも高い駅弁になりますが、十分に納得できる質のよさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺処 ほん田

ほん田

東京の「麺処 ほん田」です。
東京都千代田区、東京駅八重洲南口地下1階ラーメンストリートにあるラーメンです。
ラーメンストリートは「六厘舎TOKYO」、「塩専門 ひるがお」、「二代目けいすけ 海老そば外伝」、「らーめん むつみ」の4店舗からスターとし、「東京駅 斑鳩」、「麺処 ほん田」、「ジャンクカレッジ」、「麺や 七彩」の4店舗が加わり8店舗になりました。加わった4店舗のうち東京駅斑鳩はこの前に食べました。そのときに見た麺処ほん田のメニュー写真が綺麗で気になっていました。東十条に本店がある同名のラーメン店が出したお店のようですが、便利な東京駅のお店から食べてみたいと思っていました。
午前11時ほんの少し前で、どのお店も並んでいる人がいません。よく見るとオープンちょっと前の時間ですが、お客さんを入れているようです。ほん田もお客さんが入っています。さっそくお店前の食券販売機で食券を購入して食べようと思います。
メニューは、東十条とは違っています。鶏と魚介の豊潤醤油ラーメン、鶏と魚介の豊潤塩ラーメン、濃厚豚骨魚介つけ麺(醤油)、濃厚豚骨魚介つけ麺(味噌)とそれらに味玉を加えたものと特製のバリエーションがあります。ラーメンの麺は140gと少な目です。サイドメニューが豊富にあり、組み合わせるのも手かと思いますがサイドメニューも安くないのでシンプルに鶏と魚介の豊潤醤油ラーメンの食券を購入しお店に入ります。
お店は、奥に厨房、中央に向かい合わせにカウンター席、左右にテーブル席があります。やや小さめのお洒落な雰囲気のお店です。カウンター席に案内されました。

ほん田 胡椒など

食券を渡して待ちます。落ち着きません。お洒落な感じについていけないんだろうと思っていましたが違います。カウンターの素材がステンレスです。清潔感があって綺麗ですが、流し台の店板のようです。何考えてデザインしたの感じです。最近は、大理石調の流し台が主流で忘れられたのでしょうか。その後もお客さんが訪れ待ちの列が出来ています。普通より時間がかかって鶏と魚介の豊潤醤油ラーメンが出来てきました。

ほん田 鶏と魚介の豊潤醤油ラーメン

白い器に醤油色の透き通ったスープが、東京では珍しく見た目から楽しめそうです。
麺は、細麺の縮れで食感の良い麺です。東京でなかなか出会えない好みの麺です。
スープは、醤油の色と味のしっかりしたあっさりしたものです。いじり過ぎたような癖はありますが、好みのスープです。油が多くあっさり感が薄らいでしまっていて残念です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、白髪ねぎです。シンプルです。
東京では珍しい細縮れ麺に、醤油のしっかりしたスープ、シンプルなトッピングと好みのラーメンでしたが、スープのいじり過ぎた癖が残念でした。東京でホッとできるラーメンがあることに嬉しさを感じます。ただ、鶏と魚介の豊潤醤油ラーメン750円は、新潟ではお客さんが入らない値段でしょう。東京駅だからの値段でしょうか。東京は、普通のラーメンを食べれるお店が少ないから、きっとこの値段でも繁盛できそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まさかいくらなんでも寿司

まさかいくらなんでも寿司

新幹線での移動です。今日も新潟駅から乗ろうと改札まで向かう途中の駅弁屋を覗くと食べたことのない駅弁があります。新しいものが出ているのでしょうか?季節なんできのこを使ったものなどを期待しましたがありません。きのこも季節感のない食材になっちゃったようです。新発田三新軒のまさかいくらなんでも寿司にしました。名前が面白くて食べてみようと思いました。パッケージには、“海の贅沢をギュ~と詰め込みました。”と書かれています。さてどんなものでしょう。新潟三新軒や新発田三新軒も新津の三新軒の分社化のようですが、新発田三新軒の住所が新津で三新軒と同じです?
難しいことはさておき、今回も“とき”に乗り込み、早速朝ご飯としていただきます。
そぼろ4色弁当みたいです。名称はちらし寿司、内容は酢飯(新潟県産)、イクラ、鮭、カニ、鱒、錦糸卵、お新香です。お弁当としては素材量が少ないシンプルなものです。
ご飯は新潟県産の酢飯のようですが、書かれたものを何も見ないと普通のご飯かなと思えるほど酢を抑えています。コシヒカリじゃないようです。イクラ、鮭のフレーク、カニの身とフレーク、鱒の押し寿司となっています。そぼろ風のものがのったご飯は、そぼろをこぼさないよう綺麗に食べるのが難しいくて嫌です。味的には美味しくいただけました。1050円と素材を考えると値段的にもなかなかいい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.11

中華そば 宝来軒

宝来軒 チャーシューメン

上越市の「中華そば 宝来軒」の本店です。
高田駅前からの通りの知命堂病院脇の小さな道を入ったところです。(一方通行逆)
今日は、同僚と新潟にも居たことのある出張者と3人での昼食です。上越地区での昼食です。出張者に買ってまだ見ていなかった口コミラーメン特集のKomachiを渡してお店を選んでもらいました。しばらく見て宝来軒の本店で食べたい言葉が返ってきました。駐車場が4台あるとのことでお店まで行き、近くの駐車場を見ると宝来軒と書かれたスペースがあります。が、これは駐車場と言えません。駐車場のスペースに車を入れる事はできましたが、ドアが開けられません。軽でも厳しそうです。互い違いになるように反対向きで助手席側のドア同士が擦りそうになるように停めてなんとか出られました。
お店は、右側に厨房、左側に6卓のテーブル席があります。歴史を感じさせる庶民的な雰囲気の中華屋さんです。ちょうどお昼頃の到となりましたが、すでに席が埋まっている盛況ぶりです。店員が2階に案内してくれました。こちらは中央通路の左右に3卓ずつの小上がりとなっています。こちらもすでに2組のお客さんが入っています。
メニューは、濃厚豚骨、醤油、塩、味噌の各味のバリエーション豊富なラーメンと中華系麺類、つけめんも味噌味やたんたん味などバリエーション豊富にあります。GOGO宝来軒だけかと思っていた“とく”の付くメニューがあります。炙り炒めた角切りチャーシューののったものです。とくラーメンも美味しそうですがチャーシューメンにしました。
水や麦茶などが用意されていますがセルフサービスのようです。自分で用意し飲みながら待ちます。注文を取るのは遅かったのですが、出来上がりはそこそこの早さです。
中華らしい白を基調とした器に、チャーシューがどんどん!なかなかの迫力です。
麺は、普通太で縮れが弱くストレートといって良さそうなとてもおとなしい麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたものです。醤油の味がしっかりしていますが、前面に出過ぎずに吸い物かのような和食的な品があります。程良い甘さも好みのスープです。
トッピングは、チャーシュー3枚、メンマ、鳴門、海苔、ねぎ、万能ねぎです。チャーシューメンでチャーシュー3枚かよと思いましたが、小さなお鍋の鍋敷きにでも出来そうな大きさで、結構な厚みもあります。チャーシューだけでいいボリュームになります。結構お腹に応えます。味付けが塩でしょうか?ちょっと醤油味好きには好みと違っています。
とにかくスープの美味しいラーメンです。6年前にお邪魔したときにはラーメン500円でしたが、今は550円です。チャーシューメンは800円と安いものではありませんが、ボリュームのあるチャーシューを3枚も食べると不思議に納得させられる値段です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.10

筋肉痛

今日は、体育の日ということでイベントに参加しようと思っていましたが、身体の所々が筋肉痛です。久々の筋肉痛です。やはり酷いのは足です。家の階段の上り下りが辛いです。他にも肩もかなりこりを超えてかなり痛めです。以前、山登りで筋肉痛になりましたが最近はほとんどなっていませんでした。筋肉を使う強度や時間など火打山は非常に厳しいものだったのでしょう。今日は一日休養日、におとなしくしてましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.09

火打山

今週は、上高地に行こうかと思っていました。涸沢の紅葉が見頃になっています。是非一度見ておきたいと思っていたからです。付近は登山道が動けない状態になり時間がかかるとのことで、日帰りできなようなので混雑する涸沢を避けて横尾か徳沢で泊まろうかと思っていました。しかし、車検に出した車の整備に時間がかかり金曜日の予定が土曜日までかかりました。出発出来ません。土曜+日曜と楽しみたかったのですが…。燕岳、常念岳、蝶ヶ岳にも行きたいのですが、高速利用で日帰りするにはもったいないし、今週は気持ち的に盛り上がらないので上高地や北アルプスは諦めました。
もうひとつ紅葉が見頃な山ということで、もっと手軽に行けそうな妙高市(旧妙高高原町)の火打山に登ろうと思います。山の上部が紅葉し始めましたが、10月3日の初雪で色がもうひとつのまま落葉したという情報です。雪も消えたようなので、もう少し低い所が紅葉しているのではと期待しています。火打山は、標高2461.8mと新潟県で一番高い山で、山と渓谷社の新潟県の山によると歩行時間8時間20分、走行距離16.5㎞、累計標高差+1290m-1290mです。今まで登った山で二王子岳が歩行時間6時間、走行距離11㎞、累計標高差+1205m-1205mで、光兎山が歩行時間5時間55分、走行距離10.5㎞、累計標高差+1110m-1110mです。
かなり厳しそうなので事前にネットで調べてみると、健脚者は日帰り出来ていますが高齢者は1泊2日の工程のようです。日も短くなってきたので早朝から登れるよう前日から近くに移動することにしました。早めに自宅を出たかったのですが、今までのブログ更新をしてネットを見ていたら日付が変わってしまいました。午前1時過ぎに自宅を出発、北陸道~上信越道で午前3時30分に妙高サービスエリア到着しました。2時間程度の仮眠して午前5時30分過ぎに出発、妙高高原インターチェンジで降りセブンイレブン妙高高原店で食料を調達しました。足が攣るだろうから予防にバナナを買いたかったのですが、まるごとバナナやバナナチップさえもなく断念、厳しきなりそうです。

妙高山(朝)

笹ヶ峰に向かっていると、杉ノ沢地区の手前で妙高山に朝日が当たっていました。

火打山 笹ヶ峰キャンプ場駐車場

笹ヶ峰に到着しました。登山口前の駐車場、笹ヶ峰キャンプ場駐車場もすでにいっぱいで路上駐車もかなり目立っています。200台~300台でしょうか?キャンプ場の駐車場をひと回りするとトイレ脇に1台分の空きがあります。きちんと白線があります。車に多少の臭いが付いてもと構わないかと停めます。さて、準備をして行きましょう。

火打山 火打山・妙高山登山口

火打山と妙高山の両山の登山口になります。これから登る人が大勢います。遅い出発になる人たちで健脚者か山小屋泊まりでしょう。特に注意記載の貼り紙もありません。
午前7時00分(0時間00分)

火打山 コース①

最初は、ブナ林の中の木道を進みます。木々が色付き始めています。

火打山 コース②

木道を気持ち良く歩き、笹ヶ峰遊歩道との分岐を通過します。
午前7時14分(0時間14分)

火打山 道標1/9

さらに木道を進むと1/9kmの道標があります。まだまだ気持ちよいブナ林です。
午前7時18分(0時間18分) 0/9km~1/9kmの1kmは18分

火打山 コース③

沢越えがあります。小さな沢ですが、滑りそうな石が嫌いです。

火打山 道標2/9

2/9km道標通過です。多少の登りもありますがまだまだ気持ちよいブナ林です。
午前7時40分(0時間40分) 1/9km~2/9kmの1km22分

火打山 コース④

徐々に傾斜が増してきます。木々の色付きも増してきます。

火打山 黒沢橋

やや下りになったと思ったら、その先に黒沢橋がありました。休憩をしている人が多い場所です。マイナスイオンの補充でしょうか。いい光景で休みたいのですが…。
午前7時42分(0時間42分)

火打山 黒沢渓流

黒沢橋の上から上流部、黒沢渓流です。沢登りをする人の多い沢のようです。

火打山 コース⑤

黒沢橋を渡った先は、一気に傾斜が増します。

火打山 コース火打山 ブナ林上部案内板

ブナ林上部の説明された案内板が現れます。ここから十二曲がりになります。
午前8時01分(1時間01分)

火打山 十二曲り1/12

十二曲がりは、大きな岩や階段の多い九十九折の登りの急登で、12回曲がることからその名前が付けられた難所になっています。曲り毎に案内板があリます。

火打山 十二曲り①

十二曲がりは、よく整備されていてそんなに長くも感じるとこなく登れます。

火打山 十二曲り②

十二曲りの上部です。この辺りの紅葉がいい感じになっています。

火打山 十二曲り 道標

十二曲り上部には、道標があります。下りで注意するようにということでしょう。
あばちゃん、道標荷物で隠さないでよ!
午前8時17分(1時間17分)

火打山 道標3/9

3/9km道標通過です。登山になってきました。道が整備されていて助かります。
午前8時19分(1時間19分) 2/9km~3/9kmの1km39分

火打山 コース⑥

十二曲りが難所だと思ってましたが、さらにその上部の方が厳しい登りになります。
25分ほど急登が続きます。1段落して広くなった場所で最初の休憩です。
午前8時43分(1時間43分) 着
午前8時55分(1時間43分) 発

火打山 道標4/9

4/9km道標通過です。休憩場所からは程良い傾斜を進みます。ちょっとつま先に力が入るような状態で足が攣りそうになります。ちょっと早いんじゃないでしょうか?
午前9時12分(2時間00分) 3/9km~4/9kmの1km41分

火打山 富士見平

富士見平(妙高山登山道分岐)通過です。大勢の人が休憩しています。
午前9時21分(2時間09分)

火打山 コース⑦

目的の火打山が見えてきました。遠い!

火打山 コース⑧

黒沢岳の山麓をトラバースするように小さなアップダウンしながら進みます。

<img alt=

5/9km道標通過です。黒沢岳山麓トラバースの中間付近あります。
午前9時43分(2時間31分) 4/9km~5/9kmの1km31分

火打山 コース⑨

黒沢岳山麓トラバースって言ってもこんな場所もあります。

火打山 コース⑩

いい天気です。コースも混んできました。早朝出発の人の後ろに追い付いたかな。

火打山 高谷池ヒュッテ

高谷池ヒュッテ到着です。賑わっています。右ひざも若干の違和感があります。
午前10時06分(2時間54分) 着
午前10時14分(2時間54分) 発

火打山 高谷池ヒュッテ キャンプ場

キャンプ場越しに火打山が見えます。まだ遠い。

火打山 高谷池ヒュッテ 水場

水場で水を補充します。消毒不完全で生水飲用しないで下さいとのことです。

火打山 コース⑪

高谷池ヒュッテを出てすぐに黒沢池・妙高山への分岐を通過します。
午前10時16分(2時間56分)

火打山 道標6/9

6/9km道標通過です。高谷池ヒュッテ、黒沢池・妙高山分岐からすぐです。
午前10時17分(2時間57分) 5/9km~6/9kmの1km26分

火打山 コース⑫

やや登りになり振り返ると高谷池、ヒュッテやキャンプ場が見えます。

火打山 コース⑬

いい天気の下、火打山に向かいます。木道の整備された道です。

火打山 天狗の庭①

火打山 天狗の庭②

やがて天狗の庭です。火打山の下に岩を配した丘、湿原、池塘といい景色です。
午前10時32分(3時間12分)

火打山 道標7/9

7/9km道標通過です。天狗の庭からやや登りに入り進んだ辺りです。
午前10時41分(3時間21分) 6/9km~7/9kmの1km24分

火打山 コース⑭

火打山のコースでは珍しい、掘れた沢のようなコースもありました。

火打山 コース⑮

細い掘れた道を進むと尾根に出ます。秋の風が気持ちいい!

火打山 コース⑯

立ち木の脇の石ころだらけの道を進みます。

火打山 コース⑰

岩の斜めの道も進みます。

火打山 コース⑱

階段も登ります。バリエーションに飛んだ区間です。

火打山 雷鳥平

雷鳥平です。雷鳥は見えませんでしたが、10月3日の雪の消え残りがあります。
午前11時12分(3時間52分) 着
午前11時28分(3時間52分) 発

火打山 道標8/9

8/9km道標通過です。天狗の庭からやや登り進んだ辺りです。
午前11時37分(4時間01分) 7/9km~8/9kmの1km40分

火打山 コース⑲

ドロドロ道がありましたが、雷鳥平からの道は残雪と溶け出した水での激しい泥んこです。一部凍っている場所もあります。それを抜けると階段も道が延々と続きます。

火打山 山頂

あれっ!いきなりの山頂到着です。あ~遠かった!標高2461.8m
午後12時26分(4時間50分) 8/9km~9/9kmの1km49分

ひと休みです。座ろうとすると足のあちこちが攣って座れません。痛ってえ!立ってもなかなか戻りません。ストレッチを繰り返して攣りは解消しました。水分補給は十分行ってきた筈ですが…。ゆっくり何度かやり直してはようやく座ることが出来ました。山頂から眺望を楽しみながら食事です。おにぎり2個を食べ、足をゆっくり休ませます。
せっかく一眼レフデジカメ、望遠レンズ、三脚を持ってきましたが遠い山は見えません。空気が澄んでいれば、富士山、八ヶ岳、北アルプス等が見える筈なんですが…。

火打山 山頂からの眺望①

焼山や雨飾山が見えます。

火打山 山頂からの眺望②

北アルプスが見える方向です。槍ヶ岳が見たかった。

火打山 山頂からの眺望③

火打山 山頂からの眺望④

妙高山山頂の人姿が見えました。レンズ300mm(APC450mm相当)トリミング

山と渓谷社の新潟県の山では、登りが4時間55分、下りが3時間25分です。足が攣りそうになるのでペースは上げられません。さらにペースを落さざるを得ません。休憩を入れ足を休ませながらじゃないと降りれないでしょうから…。
計算では、足が上手く動いてくれれば午後1時15分発+走行3時間25分+休憩30分=午後5時10分到着です。この辺りだと日没が午後5時20分頃でしょうからギリギリです。暗くなってもいいようにヘッドランプも用意して下山開始します。

午後1時15分(0時間00分) 下山開始
午後1時34分(0時間20分) 8/9km通過 1km20分
午後1時46分(0時間31分) 雷鳥平通過
午後2時05分(0時間50分) 7/9km通過 1km30分
午後2時14分(0時間59分) 天狗の庭通過
午後2時32分(1時間17分) 6/9km通過 1km27分
午後2時34分(1時間18分) 高谷池ヒュッテ着
午後2時59分(1時間18分) 高谷池ヒュッテ発
午後3時19分(1時間38分) 5/9km通過 1km21分
午後3時37分(1時間56分) 富士見平(妙高山登山道分岐)通過
午後3時45分(2時間04分) 4/9km通過 1km26分
午後4時17分(2時間36分) 3/9km通過 1km32分
午後4時19分(2時間38分) 十二曲り入
午後4時32分(2時間51分) 十二曲り出
午後4時43分(3時間02分) 黒沢橋通過
午後4時47分(3時間05分) 2/9km通過 1km29分
午後5時06分(3時間24分) 1/9km通過 1km19分
午後5時10分(3時間28分) 笹ヶ峰遊歩道分岐通過

火打山 火打山・妙高山登山口到着

足もつま先に力の入るような無理をしなければ攣るようなこともなく、右ひざも登り返しで少し痛むことがあるものの下りや平地では全然平気でした。無理をしないでいい感じで下山することが出来ました。ヘッドランプも使用しないで済みました。
午後5時21分(3時間39分) 火打山 火打山・妙高山登山口到着

使用した水1リットル、予備2リットル、行動食:バームクーヘン・フルーツのど飴、昼食:おにぎり2個(鮭・昆布)でした。駐車場到着後に自販機でアクエリアス0.5リットルペットボトルを購入して飲みました。笹ヶ峰の値段は160円です。気持ち高いです。
距離が長いと荷物の重みが効いてきます。整理しないといけないです。カメラの三脚が重いです。カーボンで安定感のあるのが欲しいけどバカ高くて買う気にもならん。
さらに運転に影響がないよう30分ほど休んで帰りの途に付きました。妙高高原インターチェンジから上信越道の乗ると上越ジャンクション方向で12kmの渋滞です。渋滞の始まりがちょうど中郷インターチェンジだったのでそこで降り、新井から柿崎線を通り、柿崎インターチェンジから北陸道にのり、無事午後9時過ぎに自宅に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.08

博多長浜屋台ラーメン ああ博多人情 新潟古町店

ああ博多人情新潟店 ばかねぎラーメン

新潟市の「博多長浜屋台ラーメン ああ博多人情 新潟古町店」です。
新潟島の坂内小路沿い、古町通りの交差する近くにあります。
仕事を片付けていたら日が変わってしまいました。軽く飲んでラーメンでも食べて帰ろうとお邪魔しました。古町通りは、古町どんどんの準備ができていて通行止めです。
お店は、右に厨房、その手前から中央に厨房向き、奥から左側が壁向きとすべてがカウンター席になって繋がっています。長浜の屋台をイメージした安っぽい内装に仕上げています。午前4時を回っていますが、2組5~6人のお客さんがいます。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたものがあります。普通のラーメン、おおばかねぎラーメンを食べました。今回は、ばかねぎラーメンにしました。麺の硬さは、普通/かため/バリかたとあり、バリかたがお勧めのようなのでバリかたにしました。
九州のラーメンは、麺が細いのですぐにゆで上がるのが特徴で、早くできてきます。
麺は、九州ラーメンらしい細ストレート麺です。硬さもバリカタらしい硬めです。もう少し硬めでも大丈夫です。メニューの説明書きにはありませんでしたが知ったか振りをして『替玉、はりがね!』をお願いしました。前回も対応してもらえましたが、問題なく出てきます。硬い麺はそんなに好みじゃないけど、細麺でここまで硬いと楽しくなります。
スープは、あっさり油の少ない薄味とんこつで、臭みのないものです。タレが置いてあり、少し加えた方が美味しく感じられます。それでもちょっと物足りない感じです。
トッピングは、少しパサついた感じのチャーシューです。たっぷりのねぎも半分乾燥したかのようで水々しさがありません。こういうもののようです。紅生姜と高菜漬け、おろしニンニクが無料で用意されています。高菜漬けとたっぷりのニンニクを楽しみます。
スープは、ちょ~っとあっさりしていますがいいラーメンでした。750円+100円(替玉)と安くはありませんが、こんな時間に食べられるんですからありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.07

ちゃーしゅうや武蔵 大学前店

武蔵大学前店 からし味噌らーめん

新潟市の「ちゃーしゅうや 武蔵 大学前店」です。
旧国道116号線(西大通)沿いにあります。以前「らーめん ヒグマ 新大前店」があった場所です。いなば、味濱家新大前店、麺や祭などラーメン屋さんが多い激戦区です。
午後2時30分になってしまいました。この時間でもやってそうなお店と思いちゃーしゅうや武蔵にお邪魔しました。やっていました。入口を入るとすぐに食券販売機があります。
メニューは、らーめんとからし味噌らーめんとそれらのちゃーしゅうめん、つけめん、辛つけめんと以外とシンプルです。お店人気メニューのからし味噌らーめんにしました。大盛りがなんと10円増しとしゃがら並みにお得ですが、普通盛りをいただきます。
お店は、奥に厨房、中央に左向き縦一列のカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。新しめのごく普通のラーメン屋さんです。午後2時30分は、さすがに空いています。先客1人と後客2人でした。先客は、雑誌を見ながら超スローで食べています。ラーメンが可愛そう。後客は、なんか食券販売機でトラブっています。
カウンター席に座り食券を渡すとすぐに作り始めてもらえ、早めに出来てきました。
チャーシューとメンマがトッピングされた味噌ラーメンは、見た目から楽しめます。
麺は、普通の太さがやや太の弱い縮れで、適度なモチモチ感の好みの麺です。以前食べたからし味噌ちゃーしゅうは、太く硬めのゆで加減の麺と記憶していましたが、今日は違います。たぶん記憶違いだったのでしょう。いい感じの麺だと思います。
スープは、合わせ味噌で、やや赤味噌が勝っています。多めの油と適度な甘みで、濃厚さを感じさせる味噌スープでがす。運ばれてきたときに味噌の香りがしないスープだと思いましたが、油がバリアになっていたようです。太くない麺がいい感じにスープを絡めてきます。半分近く食べたあたりで辛みをスープに混ぜます。なかなかしっかりした辛さがありスープが引き締まります。口の中ではいい感じで辛さを楽しんでいるつもりでしたが、額から汗が吹き出してきました。なかなかどうしていい辛さがあります。
トッピングは、チャーシュウ、メンマ、もやし、粉末状の海苔、辛みです。今まで武蔵のチャーシュウは軟らか過ぎてダメでしたが、今日のチャーシュウは歯応えが楽しめます。
野菜がキャベツも入っていれば良いのですが、もやしだけとちょっと寂しいのですが、チャーシュー、メンマの加え辛さも楽しめて740円ですから、いい値段じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.06

麺屋 あごすけ

あごすけ こく醤麺

上越市の「麺屋 あごすけ」です。
北陸自動車道上越インターチェンジ近く、ホームセンタームサシの向かいにあります。
ちょうど上越でお昼になりました。多少の混みは覚悟で「麺屋 あごすけ」にしました。
午後12時10分頃に着きました。お店の中、風除室、外と並べるように椅子が配置されています。今までで1番の待ちでしょうか?お店の外に20人以上のお客さんが待っています。時間に余裕があるので待って食べることにしました。そこそこ順調に進みます。
お店は、左側に厨房、その手前と中央にカウンター席、右側にテーブル席があります。木を活かしたちょっとレトロな雰囲気と綺麗に手入れされている厨房のステンレスの反射が対照的です。右手前の待ちスペースまで待ちが進んできたら、店員がメニューを持ってきて説明してくれました。メニューに書かれていない限定メニューもあります。
メニューは、醤油・塩・醤油とんこつ・塩とんこつ・醤油背油とそれらにチャーシューを加えたもの、つけ麺、豚骨つけ麺があります。その他に昼限定メニューで薬膳辣油を使った辣塩とんこつ麺や期間限定メニューでたまり醤油を使った“こく醤麺”(“こく醤麺”は、雑誌等では“コクジャン麺”と紹介していますが、あごすけならに“こく醤麺”の方が他のメニューとのバランスが良いように思えるので“こく醤麺”と表示します)があります。期間限定のこく醤麺と食べたことのないサイドメニューの牛すじ飯にしました。
少し経ってカウンター席に案内されました。ラーメンを作る様子が見えます。系列で居酒屋らしきお店を始めて以来でしょうか?店主の姿が見えないのが残念です。さすがお店を任された店員、仕事が丁寧です。なんて見ているとラーメンが出来てきました。
こく醤麺ということで濃厚な醤油のようで、富山ブラックを思わせるような醤油色です。
麺は、他のメニューと同じ自家製麺のやや太のストレート麺です。ツルツルした触感とモチモチした歯応えはやっぱりやや細目のパスタを食べているようです。この食感のままでもう少しだけ細く縮れの入った麺を是非食べてみたいと思います。いつかは!
スープは、醤油の濃い色に反してそんなしょっぱさはなく、醤油味のしっかりしたスープといった印象です。上越産のたまり醤油、あごダシ、焦がしネギ油でしょうか?醤油ラーメンらしいスープですがちょっと最近の醤油に多い癖のあるスープに仕上がっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、江戸菜、焦がしねぎ、青ネギなどとシンプルです。
たまり醤油のちょっと癖のあるスープといつものストレート麺が合っているのか?麺に合わせたスープなのかなと思っていただきました。680円と安くはありませんが、あごすけの仕事の丁寧さを見ていると全然納得しちゃいます。不思議な魅力のお店です。

あごすけ 牛すじ飯

牛すじ飯は、関西風すき焼きのような濃厚な味をトロミを付けて絡ませた牛すじと刻みネギがのった丼です。凄く好きな味で、程良いボリュームもあります。380円とサイドメニューとしてはメチャメチャ高いものですが、納得させられる旨みがあります。
今日は、ラーメン+ご飯ではなく、ご飯+スープ代わりのラーメンだった感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.05

東堀 石門子

石門子(東掘) ワンタンメン

新潟市の「東堀 石門子」です。
東堀通りに沿い、広小路近くにあります。ワンタンメンと冷し中華が人気のお店です。
日毎涼しくなって自然にだんだん温かいものが恋しくなってきました。そんな中、涼しくなったら食べたいと思っていた石門子のワンタンメンを食べたいと思いお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり左側に厨房、中央にカウンター席、左側奥に小上がりが1卓あります。右側は、中で待てるように広いスペースがあります。中規模の質素な町のラーメン屋さんといった雰囲気です。午後12時15分頃に着きました。外までは並んでいません。中も今日は少ない待ちで、前に1人のお客さんが待っているだけです。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷し中華やそれらにチャーシューを加えたものがあります。ほとんどのお客さんがすでに食べています。親父さんがいつも通りすぐに『何にしますか』と注文を聞いてきます。『ワンタンメン』とすぐにお願いします。いつもなら超盛にしますが、小さめのというか普通の大きさの胃を維持します。冷水機からセルフサービスの水を注ぎ、飲みながら待ちます。
少し待って席が空き座れました。カウンターの上にはゆで玉子が丼に入れられてあります。大きな双子のゆで玉子です。殻入れのざるを引き寄せ殻を剥き、食べながらワンタンメンの出来上がりを待ちます。っていういつものパターンを予定でしていましたが、お客さんの食べでいる様子を見ながらワンタンメンを作った親父さんが凄いです。ゆで玉子の殻を剥き始める前に『お待たせしました』とワンタンメンが出来てきました。
大きなチャーシュウと飴色のスープが美味しそうです。ゆで玉子の殻を剥きをワンタンメンに入れ、今日はじっくり温められたゆで玉子を後でいただくことにしようと思います。
麺は、細縮れでツルツルプリプリ懐かしさを感じさせる楽しいものです。普通盛りのワンタンメンなので量は半玉より少し多めぐらい、ワンタンとで1人前の量になっています。
スープは、あっさりした醤油ですが、結構塩も上手く使っています。あまりダシが前面に出てきませんが、食べている間にだんだんそのスープの旨みを感じさせるものです。
トッピングは、硬い大きなチャーシュウが2枚、浅漬かりの長めのメンマ、軟らかく具とのバランスが好きなワンタンです。大きな双子ゆで玉子もなかなか食べ応えがあります。
あっさりしたラーメンにワンタンがのって、新潟の懐かしいを堪能した気分になります。ゆで玉子もあり、ちょうどいい量でした。ワンタンメン550円+ゆで玉子の50円で、合計600円です。なかなかお得な感じです。胃が小さいと経済的です。ご馳走さまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.04

笑美寿亭

笑美寿亭 白胡麻担々麺(ランチ)

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町の竹山病院の近くにあります。本町通と上大川前通の間、小原小路沿いです。
最近、笑美寿亭で食べていないかなと思いお邪魔しました。時々食べたいお店です。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。中ぐらいの規模で、庶民派中華食堂って雰囲気のお店です。午後12時20分頃に着きました。今日も混んでいます。テーブル席での相席で座ることが出来ました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあり、笑美寿亭ならではの15種類の担々麺があります。本日のランチも3種あり、麺類のAランチは白胡麻担々麺と半チャーハンです。Bランチの豚ロースと茄子のジンジャーソース炒め定食やCランチの海老入り天津飯黒酢ソースも美味しそうです。麺類をお休みしてご飯ものにしようかなとも考えましたが、やっぱり麺類にします。食べていない通常の麺類も気になりますがAランチの白胡麻担々麺と半チャーハンにしました。ランチの白胡麻担々麺は、50円UPでチャーシューのトッピング追加ができます。お手頃で引かれますが、もっとお手頃に済ませましょう。
今日も少しだけ早く入ったお客さんが多く、出来上がりを待っている人だらけです。普段、料理が早く出来てくるお店ですが、さすがに時間がかかって出来てきました。
ランチは、今まで食べたものでは単品よりも質素な器が多く見受けられましたが、今日の器は担々麺ということもあってか少し小振りですが雰囲気のある好きな器です。
麺は細い縮れで、ツルツル&プリプリで触感&歯応えのの良い麺です。中華っていうとあまりツルツルしていないスープやあんかけとの絡みの良い麺を使っているお店が多く見受けられますが、笑美寿亭は違います。何種類の麺を使っているのでしょうか。
スープは、胡麻風味の豊かなもので、白胡麻らしいまろやかで優しい品のあるスープです。単品も辛さを控えていますが、ランチにしたためか一層辛さを控えています。
トッピングは、芝麻醤炒め、万能ねぎとシンプルです。濃厚な味のスープに芝麻醤炒め混じりより濃厚に感じるようになります。白飯のおかずになりそうなスープです。
見た目はシンプルですが、かなり濃厚な担々麺でした。食べて楽しい1杯でした。

笑美寿亭 半チャーハン(ランチ)

半チャーハンは、さすが中華料理店のものです。パラパラし過ぎず食べ易く、醤油味のいい味付けです。程良いボリュームもあり、サイドメニューの域を越えた一品です。
このセットで800円です。すっごくお得感があります。満足×満足のお昼ご飯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.03

青島食堂 東堀店

青島東掘店 ラーメン

新潟市の「青島食堂 東堀店」です。
新潟島の東堀通り沿いです。白山神社の近い食べ物屋さんの少ない場所にあります。
青島食堂の中でも味が安定して安心して食べられるお店です。西堀通店が安定していないだけですが…。小雨がぱらついていますが、秋風に吹かれてながら到着しました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席だけの小さなお店です。飾り気のないラーメン屋さんらしいお店です。午後12時40分に着きました。ちょうど1席空いています。
お店の外に食券販売機があります。メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加です。どのお店も好きな1種類のスープで勝負しているお店です。さらにありがたいのは大盛りが50円アップと安いところです。ここは、食券販売機に麺の量が表示しています。普通が175gで大盛りが250gです。お手頃なので大盛りにしたいところですが、胃を大きくしたくないのでラーメンの普通盛りにしました。
すぐ後からお客さんも来ない状態でなかなか麺をゆで始めません。麺をゆでる大きな鍋には蓋がしてあり、それに入れるお湯を予め沸かす鍋に水を張っています。もしかしてお湯を入れ替えた直後でしょうか?少し待って麺の量を計量して、大きな鍋の蓋が取られました。まっさらのお湯に1人前の麺が入れられ、お湯の中を気持ち良さそうに泳いでいます。最高の麺がいただけそうです。少し時間がかかって出来てきました。
醤油色のスープとトッピングが美味しそう。黒胡椒を挽きながらかけていただきます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目も特徴のあるものではありませんが、ツルツル&モチモチ感と旨味と噛み応えの良いバランスの取れた美味しい麺です。今日は、綺麗なお湯でゆでられてより雑味のない麺になっています。良かった良かった。
スープは、醤油のしっかりした美味しさを生姜がきりりと引き締めてくれます。麺といっしょに食べるてもスープだけ飲んでも美味しいスープです。バランスの良いスープです。
トッピングは、結構多めに入っているのがチャーシュー、旨味・硬さ・弾力が楽しめます。他には、細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、刻みねぎなどが入っています。
ただただ満足の1杯です。東堀店は外れがないので安心して食べることができるお店です。ラーメン700円も安くはありませんが、この品質には納得させられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.02

きのこ狩り

秋です。いろんな美味しい実りを楽しくいただいています。さんま、里芋、茄子、栗などをいただきましたが、なかなか自宅で食べられないものにきのこがあります。スーパーで売っているものでもある程度のは食べれますが、やっぱり秋らしくその季節のきのこを食べたいと思い、阿賀町(旧三川村)の三川観光きのこ園にお邪魔しました。今年も園を整備したようで、バーベキューエリアの雨天時対応を充実させてます。

三川観光きのこ園 きのこ汁

まずは食べましょうってことできのこ汁をいただきます。他にもきのこの天ぷらやきのこご飯、定食、そばやうどん等々たくさんのメニューがありますが、どれも観光地価格で手が出ません。きのこ汁は、300円とその中では唯一庶民でも食べられる値段です。

三川観光きのこ園 きのこ狩り

食べたらきのこを狩りです。?きのこ狩りと言うより森林浴です。手入れされた杉林の中をのんびり散策したいのですが、小雨がぱらついてきました。ひらたけ、たもぎだけ、なめこ、まいたけ、きくらげ、しいたけなどがエリア毎に見ていきますが、日曜日午後ということでかなり少なくなっています。まいたけやきくらげは取れるものがありません。

三川観光きのこ園 きのこ狩り ひらたけ

三川観光きのこ園 きのこ狩り たもぎたけ

三川観光きのこ園 きのこ狩り なめこ

その中から、ひらたけ、しろひらたけ、ときいろひらたけ、たもぎたけ、なめこを確保できました。しいたけもありましたが、実家で栽培しているし干した物の方が好きなのできのこ狩りはパスします。会計時に、えのきたけ、エリンギ、まいたけを購入して、夕食の材料が揃いました。あとは帰ってのお楽しみ。どんな料理に仕上がるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.01

大峰山~櫛形山 縦走

大峰山 登山口

今日(今週末)は、天候が思わしくなく山歩きは諦めていましたが、なんとか持ちそうな気もして低い山を楽しんでみたいと思います。大嶺山から櫛形山を歩いてみようと思います。日本一小さな櫛形山脈も南側にあたります。といってもタイヤ交換が終わってからなので、途中で暗くなってしまいそうです。ヘッドライトを用意してスタートします。
午後1時50分(0時間00分)

大峰山 ①

大峰山は、市民ハイキングコースということで歩き易い杉林の中の道が続きます。

大峰山 ②

大沢林道との分岐です。帰りは、この大沢林道方向から来る予定です。
午後1時55分(0時間05分)

大峰山 ③

出迎えご苦労! そんなに気を使わなくていいよ。

大峰山 ④

一本松展望台通過。
午後2時00分(0時間10分)

大峰山 ⑤

大峰展望台通過。
午後2時13分(0時間23分)

大峰山 ⑥

チュリーヒュッテ大峰です。山(避難)小屋です。

大峰山 山頂

大峰山山頂です。標高399.5m。
午後2時22分(0時間32分)

大峰山~櫛形山 ①

東側菅谷方面への分岐を通過です。
午後2時27分(0時間37分)

大峰山~櫛形山 ②

ここは、栗の木が多いです。

大峰山~櫛形山 ③

道も細くなってきました。

大峰山~櫛形山 ④

法印瀑コースへの分岐通過です。
午後3時12分(1時間22分)

大峰山~櫛形山 ⑤

関沢登山口への分岐通過です。
午後3時40分(1時間50分)

大峰山~櫛形山 ⑥

気持ちの良いブナ林です。ようやくいい林に出会えました。

大峰山~櫛形山 ⑦

櫛形山山頂です。標高568mです。
先ほどのブナ林は山頂へのアプローチでした。
下り、登り返しが何度となく繰り返し、ようやくの山頂到着です。
午後3時43分(1時間53分)

大峰山~櫛形山 ⑧

期待していませんでしたが、やっぱり飯豊山系の展望が望めません。

大峰山~櫛形山 ⑨

遅いお昼は三色おこわを食べて、時間もなくそそくさと下山します。
午後4時01分(1時間53分) 下山開始

午後4時04分(1時間56分) 関沢登山口分岐通過
午後4時29分(2時間21分) 法印瀑コースへ分岐通過

大峰山~櫛形山 ⑩

法印瀑コースに入ると道が細く険しくなります。
大きなブナの木が何本かあります。

大峰山~櫛形山 ⑪

道は、栗、胡桃、栃の実などの木の実でとても滑りやすい状態です。

大峰山~櫛形山 ⑫

法印瀑です。

大峰山~櫛形山 ⑬

大瀑です。

大峰山~櫛形山 ⑭

林道に出ました。大沢林道を通って寺沢林道終点の駐車場を目指したいのですが、入口が暗くて探せませんでした。安全優先で貝屋集落経由で駐車場に帰りました。
午後8時47分(6時間39分) 駐車場着

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ

昨年からスタッドレスタイヤが減ってきたのでそのまま履き続けていました。ローテーションすれば良かったのですがそのままにしていたので、減りの早いフロントがスリックタイヤに近いなかなかご機嫌な状態です。しかし、車検が通らないので、普通タイヤに履き替えて車検を通しても良いのですが、どうせ後にスタッドレスタイヤも購入しなければならないのでスタッドレスタイヤに履き替えました。秋の紅葉も初雪も楽しむぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »