« 中華そば 宝来軒 | トップページ | 麺処 ほん田 »

2011.10.12

まさかいくらなんでも寿司

まさかいくらなんでも寿司

新幹線での移動です。今日も新潟駅から乗ろうと改札まで向かう途中の駅弁屋を覗くと食べたことのない駅弁があります。新しいものが出ているのでしょうか?季節なんできのこを使ったものなどを期待しましたがありません。きのこも季節感のない食材になっちゃったようです。新発田三新軒のまさかいくらなんでも寿司にしました。名前が面白くて食べてみようと思いました。パッケージには、“海の贅沢をギュ~と詰め込みました。”と書かれています。さてどんなものでしょう。新潟三新軒や新発田三新軒も新津の三新軒の分社化のようですが、新発田三新軒の住所が新津で三新軒と同じです?
難しいことはさておき、今回も“とき”に乗り込み、早速朝ご飯としていただきます。
そぼろ4色弁当みたいです。名称はちらし寿司、内容は酢飯(新潟県産)、イクラ、鮭、カニ、鱒、錦糸卵、お新香です。お弁当としては素材量が少ないシンプルなものです。
ご飯は新潟県産の酢飯のようですが、書かれたものを何も見ないと普通のご飯かなと思えるほど酢を抑えています。コシヒカリじゃないようです。イクラ、鮭のフレーク、カニの身とフレーク、鱒の押し寿司となっています。そぼろ風のものがのったご飯は、そぼろをこぼさないよう綺麗に食べるのが難しいくて嫌です。味的には美味しくいただけました。1050円と素材を考えると値段的にもなかなかいい線じゃないでしょうか。

|

« 中華そば 宝来軒 | トップページ | 麺処 ほん田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/52977164

この記事へのトラックバック一覧です: まさかいくらなんでも寿司:

« 中華そば 宝来軒 | トップページ | 麺処 ほん田 »