« きらきら弁当 | トップページ | らーめん 六綵亭 »

2011.11.14

八戸鯖棒寿司

八戸鯖棒寿司

さて、帰る途中です。今日は、大宮駅での乗り換えになります。座れないでしょう。
お昼は、出張先のカフェテリアで品良いプレートランチをワンコイン以下で食べれました。早起きして駅弁、昼のプレートランチではさすがに夕方頃はお腹が空いてきます。
この前、福井の焼鯖寿司が売っていたのを思い出し、また食べようかと駅弁屋を覗くと残っていました。しかし、隣に以前から気になっていた八戸鯖棒寿司があります。焼鯖寿司の方が口に合うのは確かですが、八戸鯖棒寿司を食べてみることにしました。
Maxときに乗り込んで…やっぱり座れません。高崎でなんとか座れました。越後湯沢で空いてきました。隣もいなくなって酢飯の匂いをさせても…ぼちぼち食べましょう。
包んでいる紙を見るとNRE大増です。NRE大増の駅弁も好きですが、八戸の地元産かなと思ったのですが違いました。黒い箱に入っています。その中に説明書きがあります。“青森県八戸港で水揚げされた肉厚で脂ののった真鯖を新鮮なうちに酢で〆ました。自社製の甘酢昆布が鯖の旨みをより一層引き立てます。”ってことのようです。
確かに肉厚のしっかり旨みのある鯖です。かなり美味しいけど焼鯖の方が好みかな。
1300円と奮発しました。かなり高い駅弁になりますが、鯖の旨さで納得できます。

がんばろう東北!

|

« きらきら弁当 | トップページ | らーめん 六綵亭 »

コメント

新潟ラーメン日記さん

こちらのレポに関係無い話題で恐縮ですが、こんどう軒の丼の謎が解けました。

お店が丼を発注したところ、あまりにも値段が高かった為に取りやめて、かっぱ橋を歩き回って発見したのがこれらの丼だそうです。

物が良くて値段も安かった為、ロゴは気にせずに使っているそうです。

この話は、日本橋で生まれ育った私の叔父が、こんどう軒の方から直接聞いた話ですので、間違いないと思います。

お店の方は、「そうでもしないと、やっていけないよ」と言っていたそうです。

機会がありましたら、ぜひ「民華」さんもお試しください。

投稿: swingl | 2011.11.15 07:51

>swinglさん

そうなんですか。
他店や別メニューの名前の入った丼を使うっていうのも凄いです。
あの場所で安く食べられる陰ではそういうことがあったんですね。

民華、そのうちに楽しませていただきます。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2011.11.16 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/53246029

この記事へのトラックバック一覧です: 八戸鯖棒寿司:

« きらきら弁当 | トップページ | らーめん 六綵亭 »