« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011.12.31

秋田にて 12月31日

秋田の実家に帰省して3日目、いよいよ大晦日です。降った雪の量は大したことありませんが、屋根から落ちた雪と除雪車が押された雪を除けるのでいい運動になりました。
その後、年越し料理と食材購入のためスーパーへ。スーパー内の書店を見ましたがクーポン付北東北温泉ガイド本はありません。店員に確認すると例年なら発刊される時期ですが、震災の影響で発刊が遅れているそうです。地震や地殻変動などによる温泉への影響など確認も大変なのでしょう。もうすぐ秋田県のみの版が発刊されるそうです。
年越し料理や食材を購入して帰宅、今日ものんびりしながら年を越したいと思います。

出羽鶴松倉 & ラシャンテ

今日の晩酌は、楽しみにしていた発泡清酒 スパークリング ラシャンテで乾杯です。あきたこまちと天然水だけで作ったお酒です。その後は、出羽鶴 自然米酒 松倉です。他地区から隔離された大仙市(旧大曲市)松倉地区で農薬・除草剤を使用せず作った酒米による純米吟醸です。こちらもかなりお気に入りのお酒です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.30

秋田にて 12月30日

昨日移動して秋田の実家に帰省しました。2日目は、することもなくのんびりします。
夕べからの降った雪も30㎝にぐらいに、車と玄関前の雪掻きをして少し出掛けます。
本屋さんで地元の本を見ますが、角館の曳山ぐらいで購入しようとまではなりません。
目的のクーポン付北東北温泉ガイド本も発刊時期の筈なんですが見つけられません。
少しお腹に入れようかと「ラーメン 伊藤」へ行きましたが、遅くて閉店してました。
近くのスーパーで夕食の食材などの買い物を済ませます。温泉に入って帰りましょう。
角館近くにも何ヶ所か温泉がありますが、今回はたざわこ芸術村の「温泉ゆぽぽ」で汗を流して帰ります。たざわこ芸術村は、劇団わらび座を中心としたエンターテインメント施設です。劇場、温泉ゆぽぽ(宿泊・日帰)、地ビール(工場&レストラン)、森林工芸館、化石館などいろいろな施設があり、見学や体験ができるようになっています。

ゆぽぽ ロビー 天井

ゆぼぽは、ロビーの天井が高く古民家風の柱が剥き出しで、レトロ感があって好きなんですが節電のために照明がかなり落とされています。料金は600円です。浴室は、男女とも大浴場と小浴場があります。大浴場はお風呂と寝湯のぬる湯、小浴場はお風呂とサウナです。両方入れますが大浴場にしました。露天風呂がないのですが、なくてもいいかなと思えるほどの開放感があります。幅2間(3.6m)高さ3間(5.4m)くらいの窓が2面ありほとんど曇っていないので雪化粧の庭が良く見えます。床や浴槽などは大理石調の最近の浴室のようですが、腰高から上は無垢の板です。天井は古民家風です。泉質は、ナトリウム-硫酸塩泉です。匂いや味は極端にどうこうありませんが、色は少し茶色がかっています。シャンプー、リンス、ボディソープ、固形石鹸あります。

山内杜氏 & 田沢湖ビール

さて、家に帰ってからの晩酌はゆぽぽで購入した「田沢湖ビール(バイツェン)」と御用納めの打ち上げに持参して評判の良かった「山内杜氏 特別本醸造」です。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.29

ラーメン 千代菊

千代菊

秋田県由利本荘市の「ラーメン 千代菊」です。
国道107号線沿い、国道7号線本荘大橋南詰の交差点から少しのところにあります。
帰省で実家に移動中です。食べたことのないようなラーメンがあるので食べてみます。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、右側に小上がりがあります。小料理屋さんのような雰囲気のお店です。午後6時40分に着きました。他にお客さんはいません。
メニューは、人気のとろみラーメン、しょうゆラーメン、タンメン、みそラーメン、みそたんめんとそれらにトッピングを加えたものがあります。とろみラーメンは、とき玉とろみラーメンと辛ねぎとろみラーメンのバリエーションもあります。とろみラーメンはまろやかそうなラーメンなので、ちょっとアクセントをつけて辛ねぎとろみラーメンにしました。
お店の中に『1人のお客さんはカウンター席を利用してください。』とか『食べ終わってからの長居はご遠慮ください。』のような貼紙があります。マナーの良くないお客さんがいるようです。公務員にボーナスが出た後の新潟駅前きんしゃい亭の状態に似ています。
夜の営業は、親父さん1人でやっています。慣れた手際で結構早めに出来てきました。

千代菊 辛ねぎとろみラーメン

白い清潔感ある器の表面は白胡麻で覆い尽くされ、辛ねぎだけ認識できる状態です。
壁に貼られたとろみラーメンのおススメな食べ方に従い食べようと思います。箸とレンゲを使い、1度丼の底から麺を持ち上げ、とろみと絡ませてお好みでコショーをふりかけ、麺の香り、コショーの香りでお召し上がり下さい!と書かれています。かき混ぜろって事じゃないので安心しました。持ち上げると美味しそうな麺や具が姿を表します。
麺は、普通よりも少しだけ細め、縮れの少ししっかりした、旨みのある好みの麺です。
スープは、豚骨、鶏ガラ、煮干しなどのダシの旨みが優しく効いた癖のないものです。
トッピングは、白胡麻に隠されて謎です。どうなっているのか?きちんと見ることが出来ません。キャベツ・もやし・きくらげなどの炒め物、チャーシュー、メンマ、挽肉混じりの餡をかけ、辛ねぎ、最後にたっぷりの白胡麻をかけているのでは?勝手に想像しました。
麺もスープも餡もすべて控えめの味ですが、絡まるとなかなか美味しい中華の餡かけを食べているような纏まりのある味になります。餡が強めで広東麺とあんかけ焼きそばの中間のような複雑な絡み具合です。麺を食べ終わる頃に残るスープは、全ての旨みを吸い尽くしたかのようにバランスが良く、餡かけであったことを否定するかのようなさらりとしたものです。それらに時々、豆板醤とラー油で絡めた辛ねぎが刺激をくれます。
とろみラーメンが700円で、辛ねぎとろみラーメンが850円です。決して安くはありませんが、それ以上に楽しめたラーメンでした。いろんなラーメンがあるもんです。

千代菊 とろみラーメン

家族が食べたとろみラーメンです。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.28

きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店

たぶきん柳都大橋南店 野菜タップリらーめん

新潟市の「きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店」です。
東港線沿いにあります。ピア万代の向かいサークルKと共同の駐車場になっています。
お店は「きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店」という2枚看板の形態を取っています。「麺や たぶきん」は、「九州ラーメン きんしゃい亭」の醤油ラーメン新コンセプト店です。今回で2回目になります。前回は「九州ラーメン きんしゃい亭」のラーメン食べたので、今回は「麺や たぶきん」のラーメンを食べようと思いお邪魔しました。
お店に入ると風除室があり、メニュー掲示されてます。さらに店内に入るちょっと広めのスペースがあり、正面にメニュー掲示、右側に食券販売機があります。混み合って並んでもメニューを見て食べるものを考えられるようになっています。メニューは、きんしゃい亭とたぶきんがそれぞれ別々に掲示され、食券販売機も2台用意されています。
メニューは、きんしゃい亭がラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンとトッピングを加えたものなどがあります。たぶきんも、正油らーめん、味噌らーめん、塩らーめんとトッピングを加えたものなどがあります。トッピングやサイドメニューは共通のようです。また、これも両店共通で今月にラーメンがあります。今月は、冬物語後カニらーめんです。930円とちょっと高額なので遠慮します。たぶきん野菜タップリらーめんにしました。
お店は、右に入ると奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左右にテーブル席があり、広めです。午前11時40分に着きました。3~4割の席が埋まっています。
まだ時間も早く空いていますが、手間もあるのでしょう普通の待ちで出来てきました。
麺は、細い縮れでツルツルした食感と歯切れ良さ、旨味が心地良い好みのものです。
スープは、最初は塩かと思いましたが食べているうちに醤油味が感じられるものです。
トッピングは、チャーシュー・キャベツ・もやし・人参・ニラ・きくらげの炒め物、ねぎ、胡麻などです。最初食べるとスープとの絡みもなくあまり食べ易い野菜炒めではないです。
ラーメンとしては、麺が特に好みのものでした。スープもおとなしい品の良いもので、野菜炒めにしょっぱさが絡まないため、味気のない野菜炒めを食べることになりました。野菜タップリらーめんは、あまり食べ易いものじゃないです。他メニューが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.27

拉麺厨房 福麺

福麺 味噌拉麺

新潟市(旧西川町)の「拉麺厨房 福麺」です。
国道116号線沿いにあります。「旨いラーメン 大元」があったところになります。
弥彦村にある「こだわりらーめん たかみち」の姉妹店なので安心して食べています。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左側にテーブル席があります。少しファミレスのような雰囲気もするお店です。午後1時前に着きました。ポツリポツリとお客さんがいる程度です。好きなお店ですがいつも空いています。
メニューは味噌と醤油、いずれも背脂の有無、トッピングを加えたバリエーションがあります。他に男の福麺と黒冴があります。男の福麺はメガ盛りっぽいもので普通盛り~特盛りとも同じ値段です。ランチタイムは、ライス無料、ミニ丼が280円~300円→100円のサービスがあります。味噌拉麺とトッピング追加の特製辛子にしました。
お客さんが少ないこともありすぐに作りて始めてもらえました。早く出来てきました。
たかみちの潮ラーメンの黄色と対比するかのような赤い器に野菜炒めがたっぷりです。
麺は、丸っぽく太い縮れでコシの強いものです。好きな麺の範囲をちょっとはみ出した麺です。たっぷりの野菜を先に食べている間に多少食べ易くなったような気がします。
スープは、味噌の味がバランス良く濃厚です。背脂入りが別メニューにあるためか油が少なくあっさりしています。割りスープ付きですが、そこまでしょっぱくありません。
トッピングは、キャベツ・もやし・玉ねぎ・人参・ニラ・きくらげの炒め物、チャーシュー、コーンです。たっぷりの野菜炒めで普段不足気味だった野菜を補充できました。

福麺 特製辛子

半分ぐらい食べたところで特製辛子を加えます。なかなか心地良い辛さに汗が出ます。
太い存在感のある麺、濃厚な味噌スープ、たっぷりの野菜炒めとチャーシューのトッピング。これで700円ですからなかなかお手頃に食べれた得した感じです。ただし、特製辛子100円を加えると800円ですから、ちょっとお得感が薄らいでしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.26

らーめん ヒグマ 女池店

ヒグマ女池店 正油チャーシューメン(大盛)

新潟市の「らーめん ヒグマ 女池店」です。
紫鳥線線沿いにあります。女池から新幹線高架下よりもさらに鳥屋野寄りにあります。
なぜかお腹が空きました。しっかり、ガッツリと食べたくてヒグマにお邪魔しました。
お店は、入ってすぐ左側に振り返えると食券販売機があります。奥に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。清潔感のある綺麗な広々とした店内です。午後1時20分頃に着きましたが、そこそこお客さんが入っています。
メニューは、正油、味噌、塩味の各らーめんがあり、それらのチャーシューメンがあります。盛りも麺×1.5倍の大盛り(50円増し)と麺×2倍の特盛り(150円増し)があります。大盛りってお得感があり、特盛りも食べてみたいのですがちょっと損した感じがします。ヒグマの醤油が好きなので正油チャーシューメン(大盛)にしました。
カウンター席が空いていたのでカウンター席に座ります。平日ランチタイムは、ライスがサービスになっています。水もライスもセルフサービスになっています。混んでいないためか水とおしぼりは持ってきてくれて『ここに座りなさい。』とばかりカウンター席に置かれています。ライスは、遅い時間には大体なくなっているので諦めましょう。
遅かったので出来上がりを待っているお客さんも少なく、そこそこで出来てきました。
白い器の大きいこと、その大きさに圧倒されます。直径30cmぐらいあるでしょうか?写真のレンゲは普通の大きさです。醤油の色がはっきりしたスープが美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れで、ツルツル感・モチモチ感などが良いバランスのものです。
スープは濃い目の醤油色の透き通ったもので、その色の通り醤油味のしっかりしたものです。生姜が良く効いています。生姜のすっきりしたインパクトのあるスープです。
トッピングは、弾力・歯応えのある大好きなチャーシュー、メンマ、海苔、絹さやです。
正油らーめんが550円で、大盛りは600円とお得です。チャーシューメンは、普通盛800円、大盛850円と大分お高いものになります。チャーシューの量が多いのですが、そこまでの価格差かなと思います。ヒグマは、普通のラーメンがお徳でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.24

かも屋

かも屋

新潟市の「かも屋」です。
東地区じゅんさい池公園の近くにあります。JR白新線東新潟駅前のスーパー内にあった「かも屋」が移転しましてきました。昔ながらの新潟ラーメンらしい構えのお店です。
さっきのラーメンが好みと違ったので新潟らしいラーメンを食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と左側に小上がりのある中規模、和食屋さんの雰囲気です。午後1時40分頃に着きましたが、結構混み合っています。

かも屋 メニュー

メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、カレーラーメンなんかもあります。サイドメニューはカレーライス、チャーハンがあります。東新潟駅前当時より大分メニューを絞っています。多すぎたのでしょう。かも屋ならって基本のラーメンにしました。
混んではいますが食べている人も多く、少し待ってつくり始め出来上がってきました。

かも屋 ラーメン

お店が変わっても変わらない昔ながらのシンプルで懐かしいようなラーメンです。
麺は、やや細の縮れでツルツルしていて、歯応えの良い懐かし楽しいものです。
スープは、醤油味のあっさりした癖のないこれまた昔ながらの懐かしいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ゆで玉子半個です。昔のまんまです。
昔ながらのかも屋のあっさり味のラーメンです。美味しいスープですが、麺との絡みがもうひとつ良ければと思いました。昔は、三吉屋、石門子、信吉屋、おざわの次に好きで食べてましたが、そのままです。600円と東新潟駅前から50円UPしてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

らーめん屋 かば二郎

かば二郎

新潟市の「らーめん屋 かば二郎」です。
県道3号線(旧国道7号線)の東新潟自動車学校の並びにオープンしたお店です。この前まで「ラーメン 東京軒」だったお店が「らーめん屋 かば二郎」になりました。1階が「らーめん屋 かば二郎」、2階が「韓国焼肉 烏鵲橋 新潟店」になっています。

かば二郎 駐車場

20mぐらい先に16台分の駐車場があります。雨に日用に傘も用意されています。
お店は、東西にある広めの窓から光が明るいお店です。奥に厨房、手前右側は窓を向いているカウンター席、中央に向かい合わせで仕切りのあるカウンター席、左側に6人掛けの卓が2卓の小上がりがあります。ラーメン屋さんですが食堂でも良さそうです。午後1時過ぎに着きました。他にお客さんが2人だけとちょっと寂しい状態です。

かば二郎 メニュー

メニューは、メインのWスープ、辛みそ、屋台風の各ラーメンとトッピングを加えたものがあります。東京軒の屋台風の正油ラーメンが残っています。醤油ラーメンが600円と一番お手頃なラーメンですが、メインのWスープからラーメンにしてみました。
お客さんが少ないこともあってかすぐに作ってもらえたようで早く出来てきました。

かば二郎 ラーメン

渋めの器に味噌汁のようなスープ、その上にはいろいろトッピングがのっています。
麺は、やや細の縮れでツルツルしてますが噛み応えがもうひとつしっくりしません。
スープは、“動物系濃厚スープと鶏ガラのWスープに数種のオリジナルオイルとほんのり柚子の香りを加えた味わい深いスープです”って説明されていますが、動物と魚粉の香りが混じっています。柚子の香りもせずちょっと苦手な香りのスープです。
トッピングは、軟らかなチャーシュー、メンマ、水菜、きくらげや鳴門の細切りなどです。
今風ですが、どうもスープのバランスが苦手です。値段も680円とちょっとお高めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.23

らーめん だるまやⅡ 竹尾インター店

だるまやⅡ 竹尾インター店

新潟市の「らーめん だるまやⅡ 竹尾インター店」です。
赤道沿い、国道7号線新新バイパス竹尾インター近くに最近オープンしたい店です。「麺屋 楓」が閉店して空いていましたがその跡にようやく次のお店が入りました。
お店前の7台分の駐車場は満車です。奥にある10台分の駐車場はガラガラです。
お店は、奥に厨房、その手前中央に向かい合わせで使用のカウンター席、さらに手前と右側に小上がりがあります。最近のラーメン屋さんらしい中規模のお店です。午後3時頃に着きました。こんな時間ですが半分以上の席が埋まっています。

だるまやⅡ メニュー①

だるまやⅡ メニュー②

メニューは、だるまやラーメン、チャーシューラーメン、味噌ラーメンがあります。その他に壁に張り出された紙には味噌オロチョンがあります。だるまやグループの新しいこのお店の特徴は味噌ラーメンとのことなので、その味噌ラーメンをお願いしました。
さて、特に他のだるまやと変わり映えしませんがどうでしょう?早く出来てきました。

だるまやⅡ 味噌ラーメン

野菜ののったあまり変わり映えのない味噌ラーメンです。少し緑色が欲しいです。
麺は中太の縮れで、見てもあまり特徴ありませんが食べるといい感じの麺です。
スープは、白味噌仕立てで、味噌の味と絶妙な甘さ、油、コッテリとしたトロミなどとても高い次元でバランスが取れたものです。久々に好きな味噌に出会った感じがします、
トッピングは、もやし・キャベツ・人参・玉ねぎ・キクラゲの炒め物、チャーシューです。
麺やスープは、かなり好みのものでした。休みなので途中からニンニクを加えて食べようと思いましたが、なんとテーブル上にニンニクはありません。メニューを見ると生ニンニクは有料50円です。味噌ラーメン780円を楽しもうとニンニクを加えると780円+50円=830円になります。高いです。ニンニクは無料でしょ。なんかだるまやⅡがせこいお店に思えてしまいました。なかなか好みのラーメンだっただけに残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.22

麺の家 渚

渚 ビッグウェーブ(中盛)

国道8号線沿い長岡寄りのお店がいっぱいある中のひらせいの駐車場内にあります。
出張者と一緒のお昼で、お腹いっぱいになれるお店と考え渚で食べることにしました。
お店は、左側に入口があり、すぐに食券販売機があります。奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にカウンター席、右側に小上がりがあります。午後12時10分前に着きました。お昼真っ最中ですが席の5割程度が埋まっている状態です。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、塩ラーメン、つけ麺、そしてビッグウェーブです。中盛りや大盛りが同じ料金です。ビッグウェーブにしました。
購入した食券を持ち空いている右奥にテーブル席に座りました。店員が来て食券を渡します。大盛りや中盛りも同じ料金で対応してもらえるとのこと、中盛にしました。セルフサービスの水を用意してお喋りをしていると思ったよりも全然早く出来てきました。
麺は、丸い普通の太さのストレートです。口に入れた時には、太く、表面が軟らかく芯がモチモチしたように感じます。パスタみたいな感触です。前回中盛りがちょうど良かったように思いましたが、こちらも美味しいと感じている間に食べ終わることが出来ました。
スープは醤油味のしっかりした味であっさりしています。背脂も薄っすら浮いています。
トッピングは、肉の塊って感じの軟らかく脂身が多めの大きなチャーシュー、もやし、キャベツ、カイワレ、微塵切りのニンニクも中さじ1杯ぐらい結構多めにかけられています。
中盛でも結構ボリュームがあります。680円でお腹一杯いただくことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.21

杭州飯店

杭州飯店 中華そば

燕市の「中華そば・餃子 杭州飯店」です。
旧吉田町と三条燕インターチェンジを結ぶ道路から東側に入ったところにあります。きょうえい信組本店が目印です。燕背脂系ラーメンを代表するラーメン店のひとつです。
燕市内での昼食です。なかなか来れない場所なので食べたいラーメンに走ってしまいます。今日も杭州飯店で食べたくなりお邪魔しました。午後12時10分頃に着きました。お店の先の駐車場は、半分ぐらいしか止まっていないので余裕です。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、右側に広い別部屋の小上がり席あります。テーブル席・小上がりともテーブル・座卓がところせましと配置されています。大衆中華料理店の雰囲気、大きなお店です。お客さんは7割り程度の入りでしょうか。テーブル席に相席で座れました。セルフサービスの冷水を用意して注文を決めます。
メニューは、ラーメン屋さんのメニューと中華料理店の麺類のメニューを合わせたような豊富なメニューです。飯類や一品料理もあります。普通の中華そばにしました。
杭州飯店は、麺が1種類で、予めお客さんの入り具合でゆでていそうです。他のお客さんで注文して10秒程で出来たことがありました。今日も少し待って出来てきました。
小さな器に波々と盛られてきました。スープの表面はたっぷりの背脂が浮いています。
麺は、極太の弱い縮れのものです。全体的には平たい麺ですが、平たくなっていなところもあります。うどんときし麺の合わさったようなものです。それが1本の麺で途中まできし麺のような平打ち麺かと思えば、その途中からうどんのように厚みのあるものもあります。幅も大体は似たようなものの不揃いです。コシも強いもので、コシの強いうどんのような錯覚を起こします。ゆで加減が硬過ぎないのでとても心地よく食べれます。
スープは、ちょうど好きな量の背脂に覆われています。その背脂の下には醤油色のスープです。スープを飲むと煮干し風味で、醤油味のあっさりしっかり効いたものですが、見た目と違いしょっぱさ控え気味です。麺を食べているときには薄味に感じます。
トッピングは、歯応えを楽しめる脂身の少ないチャーシュー、漬け込んだ濃い目の色…少し黒っぽいメンマ、たまねぎです。背脂のこってりに玉ねぎの爽やかさが最高です。
中華そばが750円と新潟でももっとも高いものかも知れない基本メニューです。麺もラーメンと呼んでいいのだろうかと思う太さです。それでも食べたくなる中華そばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塚田そば店

塚田そば店 天玉中か

上越市の「塚田そば店」です。
直江津地区関川左岸の道路沿い、信越線の踏切と新潟労災病院の間にあります。
「つかそば」という名で親しまれているおそば屋さんです。立ち喰いそば屋さんのように気軽に食べられます。朝早くから起きて動いていたのでお腹が空きました。まだお昼にも早いので軽くお腹に入るものをと思い、おそばの好きな同僚とお邪魔しました。
お店横に30台ほど停められる駐車場があり、ぽつりぽつりと車が停まっています。
お店は、右側に厨房、奥に窓向きのカウンター席、手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。社員食堂っぽい雰囲気です。右に食券販売機があり、その食券を持って右側の厨前のカウンターで食券を出して品物を受け取るセルフサービスになっています。高速の軽食コーナーのようなシステムです。午前10時は空いています。
メニューは、かけ、玉子、天ぷら、天玉、わかめ、山菜、芽かぶなどそば/うどんのようなトッピングと麺を組み合わせるものですが、麺がそば/うどんの他に中かを選べるようになっています。中華ではなく中かです。おそば同様に天玉中かにしました。
食券を購入し、カウンターに出します。早い…!すぐに出来上がってきました。
立ち食いそばの天玉そばのようです。違いは麺の色が黄色いところだけです。
さて、その麺はやや細いの縮れでコシの弱いものです。コシが弱いとはいえプリプリして歯切れの良さが楽しい麺です。玉子と絡めて食べるとより一層旨味が増します。
スープは、っていうより普通のおそばのつゆそのものです。ラーメンのスープのバリエーションを考えるとありかなと思います。麺との相性は全然良いのですが、ラーメンを食べているって感じよりもおそばを食べているって感じが勝っています。
トッピングは、天ぷらと生玉子、ねぎです。玉子と麺の絡み、適度にスープを吸いながらスープに混じるかき揚天ぷらととてもいい組み合わせです。ねぎもたっぷりです。
かなり好きな食べ物です。個人的にはラーメンでいいのかなと思っています。天玉中かは、この充実した内容で300円で食べられます。懐にとっても優しい1杯でした。
そば好きの同僚にも、この値段でしっかりおそばが美味しいと喜んでもらえました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.20

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中)20111220

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町の上、市場風のお店が並ぶ人情横丁と書かれた建物の東堀通寄りにあります。
一人で昼食です。今年のうちにもう一度食べておきたかった信吉屋にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広いお店です。市場の小さな支那そば屋さんといった懐かしさを感じさせる雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。いつもなら混んでいる時間ですが、数名のお客さんがいるだけと寂しい状況です。
メニューは、支那そばと、メンマ、チャーシュウ、ワンタンを組み合わせたものになります。盛りは、普通、中盛、大盛があります。中盛が50円UP、大盛が150円UPなので中盛がとても割安に感じます。今日は、ワンタンメン(中盛)にしました。
先のお客さんの注文したものができ、すぐに作り始めてもらえてるようです。その後、お客さんが増えいつも通りとまではいきませんが賑わってきました。今日もワンタンメンが人気のようで良く出ています。こちらのワンタンメンが出来上がりました。
いつもの黒っぽい渋い器に澄んだスープが上品です。結構ボリュームがありそうです。
麺は、極細に近い弱い縮れのものです。シコシコした歯応えが楽しめる好きな麺です。
スープは、醤油じゃなく塩で味付けをしているのでしょうか。すまし汁のように綺麗な透き通ったものです。昆布ダシの旨みで味わう大人のための和風スープです。
トッピングは、脂身がなく弾力のある歯応えを楽しめるチャーシュー、お弁当に入れる小さめの肉団子ぼどの大きさはあろうかという挽肉を包んだワンタン、メンマ、ほうれん草、鳴門です。ねぎが和風なスープと絡まりとてもいい風味を与えてくれます。
油のないお吸い物のようなスープ、脂のないチャーシューとヘルシーな昼食でした。ワンタンメン(中盛)は700円で、味が好みでボリュームがあります。御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.19

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間、三越の西側交差点を渡って南側の路地を入った先にあります。
同僚にいろいろラーメン店を紹介しましたが、細麺やあんかけが苦手なので白寿はパスしていましが『ありえへん∞世界』を見て食べたいとのことで一緒にお邪魔しました。
古そうな建物に数件のお店が入っているうちの1軒です。お店の入口も古く、暖簾を潜ると小さな店内が目に入ってきます。右側奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席、左側に小さなテーブル席です。午後12時20分前に着きました。そこそこ混んでいます。カウンター席はほぼいっぱいですが、テーブル席が空いていて座れました。
メニューは、ラーメンとうま煮そばです。このお店はうま煮そばを食べたくなると来るお店です。最近は間違うお客さんもなくなりほぼ100%のうま煮そばが注文されています。お店奥のセルフサービスの水を取りに行く途中で『うま煮!』と注文します。
今日は、親父さんとおばさんの2人です。親父さんがうま煮を作って、おばさんが麺をゆでたり盛りつけたりします。中華鍋で一度にたくさんのうま煮をまとめて作ります。お店に入った時のうま煮の有無で待ち時間が違います。出来上がったばかりでたっぷりのうま煮があります。先客のうま煮そばが5杯ほど作られましたが、まだ大丈夫です。うま煮そば行き渡ったところでまだ結構残っています。とはいってもこちらの分を作ると残り少なくなります。おばさんが出来上がったうま煮でうま煮そばを作っている間に親父さんが慣れた手際でうま煮を作り始めました。うま煮そばが出来上がってきました。
白菜中心のうま煮がいい感じです。うま煮の色あいとトロミ具合に期待が高まります。
麺は、極細に近いシコシコした細麺です。強めの縮れがうま煮を上手く絡めてきます。
スープは、うま煮と混じって判り難いのですが、塩分が控えめの癖のないものでます。
トッピングは、うま煮だけです。白菜、玉ねぎ、もやしと玉子、挽肉が加わったあんかけです。ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
新潟らしい麺とうまいあんかけ、健康的で500円と身体にも懐にも優しい一杯です。
同僚からは、特に感想もありませんでした。あまり気に入ったようでもないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.18

新潟ラーメン事情

新潟市の東地区のラーメン店に動きがありました。

かば二郎

県道3号線(旧国道7号線)の東新潟自動車学校の並びの「ラーメン 東京軒」が「ラーメン屋 かば二郎」になっています。ラーメン二郎のインスパイア系のお店か?

だるまやⅡ

国道7号線新新バイパス竹尾インター近く、赤道沿いの「麺屋 楓」の跡地が埋まりました。新しいお店は「らーめん だるまやⅡ」です。だるまやの新コンセプト店です。ダルマ食堂などだるまやも最近いろいろ動きが激しいようです。新しい味は?

かも屋

JR白新線東新潟駅前のスーパーキューピット内にあった「かも屋」が移転しました。じゅんさい池公園の近くです。昔ながらの新潟ラーメンらしい構えのお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国料理 香蘭

香蘭

新潟市の「中国料理 香蘭」です。
国道7号線が明石通りから栗ノ木バイパスに曲がる栗ノ木橋交差点角にあります。
自宅からもそんなに遠くない中華屋さんです。逆に近くて食べていないお店でした。地元の沼垂地区の味噌を使った沼垂みそラーメンがあり食べてみようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらにその手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。普通の食堂のような中華屋さんです。ちょうど正午ごろに着きました。他にも前後して入ってくるお客さんがいて、すぐにほぼ満席になりました。
メニューは、中華系の麺類、飯類、一品料理に加えてランチなど豊富にあります。他のお客さんはいろんなメニューを注文しています。目的の沼垂みそラーメンにしました。
夫婦とその息子さんらしき3人で切り盛りしているように見えます。お客さんも多いのですが慣れた感じで手際良く作っています。沼垂みそラーメンの写真が貼られています。遠くてよく確認できませんが、つけめんのように小さな器も写っています。

香蘭 沼垂みそラーメン 擂り胡麻

最初にその小さな器がきました。白胡麻とすり鉢です。胡麻を擂りながら待ちます。
お客さんも多めなのですが、早めに注文できたので普通の待ちで出来てきました。

香蘭 沼垂みそラーメン

今まであまり見たことのないようなとても賑やかなトッピングがされたラーメンです。
麺は、細麺の縮れで普通のラーメン屋さんの普通の麺です。なんか安心しました。
スープは、味噌の味がしっかりしていながら、まろやかさが感じられる優しいものです。ほんのりと辛さもありいい感じです。擂ったばかりの胡麻を入れると、さらにまろやかにとても奥行きのあるものになります。レンゲに味噌がのっています。舐めてみると普通に味噌のようです。沼垂味噌を味わってもらうようにとのせてあるのでしょう。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやしとキャベツの炒め物、ワカメ、水菜、鮭のそぼろ、鰹削り節などです。鮭のそぼろは、スープに潜らせるとさらにスープの味の変化を楽しめるようです。早速、鮭のそぼろを潜らせてみます。鮭の味が加わりいろんな味のするスープでそれ自体はいいのですが、鮭の魚臭さが気になります。鰹の削り節もない方が好みです。ダシを取るものはダシを取って入れないで欲しいです。
いろいろ楽しめました。スープと麺が癖もなくしっかりしているので多少遊んでも全体の味を大きく損なわずに食べれます。沼垂みそラーメンが780円と安くはありませんが、いろいろ楽しめたことを考えると結構お安いのかなと思える1杯でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.17

瓢湖

阿賀野市(旧水原町)の「瓢湖水きん公園」に白鳥の写真を撮りに行ってきました。
新津西スマートICから磐越道~安田ICを経由して来ようとお思っていましたが、会津方面に乗れなかったので、磐越道~新潟中央JCT~日東道~豊栄新潟東港IC経由で瓢湖に到着しました。無料割引が適用されているので料金0円で通行できます。
瓢湖に着きましたが、時間が遅いのもあるのか、見に来ている人が少ないです。
そろそろ田んぼに餌を求めて行っている白鳥が帰ってくる時間です。この時期は日が短く暗くなるのが早くて大変です。暗くなる前にいい写真が撮れるでしょうか?

瓢湖

瓢湖の白鳥も人に慣れていてすぐ近くまで遊びに来ます。

瓢湖

昼に出かけていた白鳥も徐々に瓢湖に戻ってきています。

瓢湖

大きな群れは、20羽ほどいます。

瓢湖

カメラを流しながら撮るのは難しいです。
それよりもやっぱ寒い。春北へ帰る白鳥を送る時期が一番いいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新津西スマートIC 開通!

新津西スマートIC 開通!

本日、12月17日午後3時に磐越道の新津西スマートICが開通します。ということで早速走り初めに行きました。開通1時間ほど前に着いて並んで待とうかと思ったら国道403号線からスマートICに方向に入れさせてくれません。5分ほど前に入れるとのことで国道の妨げになっても拙いので、近くのマクドナルド403新津店でポテトとコーラで時間を潰して再びスマートICへ。午後3時開通の3分前に着きました。前に10台ぐらい並んでいます。写真の表示板は、『新潟西 開通 15時ETC車のみ』と表示しています。午後3時には表示が『祝開通』なんて変わるのでしょうか?予想通り午後3時ちょうどに表示が変わりましたが、一般表示板同様の雪の規制情報などに変わりました。

新津西スマートIC 開通!

ETCゲート前では、関係者が大勢迎えてくれます。記念品?もいただきました。

新津西スマートIC 開通!

ETCのゲートが開き、新津西スマートICからの初乗りです。会津方向に行こうかと思いましたが、新潟方向へ(から)の出入りだけのようです。豊栄PAのスマートICといっしょで新潟市への通勤のためのスマートICのようです。真新しい舗装です。

新津西スマートIC 開通!

記念品?にいただいた鉢植えです。花のまち新津らしいものをいただきました。
綺麗!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪国

新潟市(旧新津市)の「雪国」です。
新津駅近くの跨線橋の西詰近くにあります。旧新津地区で好きなラーメン屋さんです。
お店近くのちょっと狭い小路を入った奥にお店の駐車場があります。車を止めお店へ。
お店は、左に厨房、中央にカウンター席、奥にテーブル席、右側に小上がりがあります。なかなか歴史のあるラーメン店のような食堂のような雰囲気のお店です。午後1時20分頃に着きました。1組のお客さんと入れ替わりで他にお客さんをはいません。

雪国 壁のメニュー

メニューは、醤油、塩、味噌を中心にかなり多くのものが用意されています。ビックリです。まだ値上がりしていません。ラーメン450円、塩ラーメン450円、味噌ラーメン500円です。珍しいものでは、まいたけラーメン、山くらげラーメンなんかもあります。前回あったもずくラーメンが見当たりません。前回は、めかぶラーメンを食べました。今回は山くらげラーメンとか違うものをと思っていましたが、めかぶラーメンの説明に三陸気仙沼直送って書いてあります。今もそうなのかと思いながらめかぶラーメンにしました。
おじちゃんとおばちゃんでやっているお店です。壁には、メニューや説明書きが所狭しと貼られています。いっぱい貼られているので見ている間にラーメンが出来てきました。

雪国 めかぶラーメン

味噌仕立てと説明どおりのスープにヌルヌルのめかぶがトッピングされています。
麺は、細い縮れで軟らかめ、昔ながらのラーメン屋さんのような懐かしい麺です。
スープは、味噌の味がしっかりしています。油も少し浮いていますがコッテリもしてなくてバランスの良いものです。鷹の爪で辛味を付けていて後から辛味がきます。
トッピングは、チャーシュー、歯応えのあるメンマ、ゆで玉子半個、もやしです。めかぶは、普通のめかぶです。三陸気仙沼直送って聞くと美味しいような気もします。ラーメンに絡めても美味しいのですが、混じったスープも粘りが出てきて好きな味になります。
これで650円ですからなかなかお徳に楽しませてもらえました。次は山くらげ…。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.16

青島 西堀通店

青島西掘通店 ラーメン(大)+ねぎ50

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の中心部、西堀通りに面しています。イタリア軒の並びで、下手側になります。
青島が好きな主張者と一緒の昼食です。雪で足下が良くありませんが来ちゃいました。
お店は奥行きがあり、入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房、左側と手前にカウンター席の開放感のある広い飾り気のないラーメン専門店らしい雰囲気のお店です。午後12時30分頃に着きました。いつもなら混雑している時間なのですが、雪の影響でしょうか。数名のお客さんがいるだけです。食券を購入します。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それの大盛りとトッピング等の追加です。好きな1スープで勝負しているお店です。大盛りが50円アップと安いので助かります。大盛を遠慮してましたが、お腹が空いたのでラーメン(大盛)+刻みねぎにしました。
手前の席に座って待ちます。今日は泉谷しげる似の親父さんともう1人の2人でやっています。泉谷しげる似の親父さんはバラツキがなく安定したラーメンが食べれます。
他のお客さんはすでに食べていて、すぐに作ってもらえました。早く出来てきました。
濃色スープにねぎの淡い緑色が彩りを添えます。黒胡椒を多めにかけていただきます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で特徴はこれといってありませんが、ツルツル&プリプリ&モチモチと食感や噛み応えが良く、旨味のあるバランス良い好きな麺です。
スープは、ダシと醤油のしっかりした旨みを生姜と胡椒がきりりと引き締めます。麺といっしょに食べても飲んでもいい感じです。今日は、ちょうどの熱さのスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、刻みねぎです。今日のチャーシューは、旨味・硬さはいつも通りですが、少し弾力感が不足しています。
新潟市内でも雪が積もりました。こんな寒い日には、生姜の効いたこのスープは暖まります。ラーメンは700円で割高に感じますが、大盛りの750円は最近の他店大盛りと遜色ない値段です。刻みぬぎをトッピング増量して800円、満足の昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.15

おかず麺処 じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(中辛)

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
古町地区中心の鍋茶屋通りから少し下手、広小路に近い東新道通り沿いにあります。
今日は、正式な忘年会です。古町で食べて、飲んで、騒いで…、〆でお邪魔しました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。日付が変わろうかという時間です。街は混んでいましたが、じじ&ばばは混み合う前のようで空いています。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメンや担々麺など中華系の麺料理も充実しています。マーボーメンや担々麺が人気です。一緒に食べに行った辛いもの大好きって出張者の注文に合わせてマーボーメン(中辛)にしました。
すぐに作ってもらいましたが人数も多かったので何回かに分けて出来てきました。普通のマーボーメンが先に出来てきて、それから中辛のマーボーメンが出来てきました。
普通の辛さと中辛は、麻婆豆腐の色の赤さ違います。中辛は、見た目でも辛そうです。
麺は、細く縮れた歯応えの良いものです。本当に細くて麻婆の絡みが楽しめる麺です。
スープは、麻婆豆腐を邪魔しない醤油味のあっさりしたもので、脇役に撤しています。
麻婆豆腐は、しょっぱさ・辛さ・甘さ・トロミなどバランスが良く、感触もいいです。
じじ&ばばのマーボーメンは、本格中華とは少し違いますが、食べ易い庶民の味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん 六綵亭

六綵亭 野菜みそラーメン

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
東堀前6番町、アパホテル向かいの路地を入った普段は気付き難いところにあります。
これが食べたい!というものもなく、それでも美味しく食べられる六綵亭にしました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席のある小さめで木の質感が良い小料理屋のような綺麗なお店です。午後12時20分過ぎに着きました。ちょうど満席です。席数が少ないため10分ほど待ってテーブル席が空いて座れました。
メニューは、ラーメンとそれにチャーシュー、メンマ、ワンタンを加えたもの、みそラーメンとそれに野菜を加えたものなどが用意されています。野菜みそラーメンにしました。
今日は店主1人で切り盛りしています。奥さんらしき女性スタッフがいないので時間がかかっています。普通の待ち時間よりもかなり長めに待って出来上がってきました。
新潟らしいあっさりしたスープ、ボリュームのありそうな野菜炒めが目立っています。
麺は、やや太の強い縮れで、適度なツルツル感モチモチ感のバランス良い麺です。
スープは、味噌の味がしっかりして、まろやかだけどスッキリした味わいのものです。
トッピングは、キャベツ、もやし、玉ねぎ、人参、きくらげ、挽肉がバランス良く入った炒め物がたっぷりのっています。麺1玉食べたようなボリューム感があります。
味噌の味、麺の感触、たっぷりの野菜、バランスの良さを楽しめました。野菜みそラーメンが700円と新潟の中心地でお手軽に食べられるんですからありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.14

喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店

大安食堂東掘店 ワンタン麺

新潟市の「喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店」です。
東掘通に面しています。柾谷小路近くアパホテル新潟古町の斜め向かいにあります。
ちょっと大勢での昼食になりました。大勢の人が入れそうなお店と思いお邪魔しました。
お店は、入口を入ってすぐに食券販売機があります。右側に厨房があり、厨房を囲うようにカウンター席、奥と手前左側にテーブル席があります。左奥に階段があり、2階に座敷席があります。綺麗なそのまま居酒屋で使えそうな雰囲気のお店です。以前、鯛焼き屋でその前は居酒屋だったのでしょう。午後12時20分頃に着きました。1階は全員は入れませんが2階が空いているとのこと、食券を購入して2階に行きます。
メニューは、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、辛子味噌ラーメン、豚骨ラーメン、ワンタン麺、タンメン、魚介つけ麺などとそれらのチャーシューメンがあります。同じ値段で油多めも選択できます。ワンタン麺の食券を購入して2階に行きます。
2階で靴を脱いで下駄箱へ、座敷のテーブルに座るとスタッフが水を持ってきます。食券を回収、中太麺と細麺から麺を選択出切るようでを確認します。細麺にしました。
メチャメチャ混んでもいないのにかなり×かなり時間がかかって出来てきました。
醤油の色がとても美味しそうに見えるスープです。かなり具沢山のラーメンです。
麺は、やや細の縮れで強い麺です。これで硬いと苦手なんですが、ちょうど良いゆで加減です。喜多方ラーメンの麺は苦手なものが多い中、結構好みの麺です。
スープは、見たとおり醤油の味が前面に出ていていい具合の背脂が浮いています。しかし、コッテリした感じもなくその下はスープは、見た目以上にあっさりしています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ワンタン、鳴門です。チャーシューは軟らかく味付けもちょっと苦手です。ワンタンは、ちょっと多めの具で皮を楽しむものではありません。
喜多方ラーメンは、どうも麺の主張が強くて苦手なラーメンが多いのですが、ここの細麺はなかなかいい感じです。スープも好みで、いい感じで昼食を楽しむことが出来ました。ワンタン麺は680円とラーメン580円より100円アップで結構楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.13

ラーメン いっとうや

いっとうや かさね醤油

新潟市の「ラーメン いっとうや」です。
紫鳥線沿いのセブンイレブンの裏にあります。紫竹山インター、旧市民病院近くです。
しばらく食べていなかったので、食べたくなりお邪魔しました。午後12時10分頃に着きました。いつもは車を停めるのも大変ですが、今日はまだ何台分か空いています。
お店は、右側に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、奥と左側に小上がりがあります。入口付近には待つために座って並べるスペースもあります。落ち着いた雰囲気のラーメン屋さんらしい大きめのお店です。駐車場は空いていましたが、お店の中には10人ぐらいのお客さんが待っています。待ちの紙に名前と人数を書いて待ちます。店員がメニューを持ってきてくれました。さて今日は何にしましょうか。
メニューは、醤油(魚介)、かさね醤油(魚介+豚骨)、つけめん、辛つけめんとそれらにトッピングを加えたものが揃っています。開店当時から変わっていません。嬉しいことに値上がりもせずに頑張っています。ちょっと濃厚に好きなかさね醤油にしました。限定20色の炊き込みチャーシュー丼もまだ残っているとのことなのでお願いしました。
待っているお客さんが多いのでしばらく待ちが続くかなと思いましたが、お店の大きさもあってお客さんの流れがあります。少しの待ちでカウンター席に案内されました。待っている間に注文をしていたので混んでいるのにそんなに待たずに出来てきました。
少し変形した渋くセンスの良い好きな器に、チャーシューがドーンと目立ちます。
麺は、普通太のストレートに近いもの、コシと噛み切れの良い食べ易い麺です。
スープは、しょっぱそうに見えて適度なしょっぱさ、醤油っぽいものではなくとてもまろやかなものです。魚介系の風味と動物系の旨味が適度な濃厚さの中に感じられます。
トッピングは、大きな豚のステーキかと思わせるような炙りチャーシュー、マッチ箱かと思うような太いメンマ、半熟玉子半個、ほうれん草、海苔ととても充実しています。
いっとうやでは、このラーメンが600円ということです。コストパフォーマンスの良さどうこうを越えたありがたみがあります。新潟の伝統的なあっさりラーメンとは違います。新潟の新しい味として根付いてもらいたいと思っていましたが、もう今では人気店です。

いっとうや 炊き込みチャーシュー丼

炊き込みチャーシュー丼も美味しくいただきました。マヨネーズが盛り付けられチャーシューと合います。良く考えられています。限定とはいえ100円は凄くお得です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.12

頸城 大勝軒

頸城大勝軒 特製もりそば(中盛)

上越市の「頸城 大勝軒」です。
国道8号線沿い、国道18号線との下源入交差点から少し糸魚川方面にあります。
関東のつけめんが好きな同僚との昼食になり、良さそうな頸城大勝軒にしました。
お店は、左側に厨房、右側にはカウンター席です。吉野家だったようです。そのままのカウンター席です。午前11時30分過ぎですが、すでに半分の席が埋まっています。
メニューは、中華そばと元祖つけ麺です。大勝軒の麺は、つけ麺のための麺のようで、どうも中華そばには合いません。つけ麺を食べましょう。通常の特製もりそばの他にみそや辛みそ、黒ごまみそや黒ごま辛みそ、それらにトッピングや魚粉を加えたものなど豊富にあります。麺の量は、小盛150g、普通300g、中盛450g、大盛600g、メガ盛750gから選択できます。一般的な特製もりそば(中盛)にしました。
待っているお客さんが多くいますが、どこかで見たような大きなザルで一気にゆでればそう時間はかからないでしょうが、そうではありません。いくつかを同時にゆで流水に晒し、そこから取り分けます。最初と最後で水に晒される時間が大分違いそうです。
お客さん次々と入る時間の到着です。やはりしばらく待って出来上がりとなりました。
さすがに450gの麺は凄い迫力があります。たっぷりと楽しませてもらいましょう。
その麺ですが、パスタのようないつもの麺かなと思いましたが、やはり軟らかめです。
つけ汁は、魚介系の香り、醤油味のWスープです。癖のない標準的なスープです。
トッピングは、大きな塊と普通にスライスしたチャーシュー、メンマ、 鳴門などです。
麺の水切りが良くないのかつけ汁がだんだん薄まってきます。終盤つけ汁が薄さが気になりますが飲むと結構濃いめです。450gの麺の量は、さすがにボリュームがあります。麺がふやけた感じでもうひとつでした。肉がたっぷりで野菜も欲しいと思いました。770円+中盛100円で870円の昼食でした。金額以上の満腹感でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.10

皆既月食

今回の仙台への旅のもうひとつは「皆既月食」を見ようと思ったからです。光のイベントその2は天体ショー「皆既月食」です。満月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」、月の欠け始めから終わりまで観測できるのは2000年7月16日以来とのことで11年5カ月ぶりになります。とはいっても自宅にも帰りたいし、満月は見たので東北自動車道に乗りSA/PAで眺めることにしましょう。仙台の市街地の「2011 SENDAI光のページェント」渋滞に巻き込まれないよう少し遠回りに東北自動車道に乗りました。まだ、満月に近いようなのでしばらく走ります。宮城県内は天気が良好ですが、福島県内は浜通り以外が良くないのであまり行き過ぎないよう注意が必要です。

皆既月食 2011/12/10 22:21
撮影時間 22:21  撮影場所 東経140.46.10.2北緯38. 9.51.0

まずは東北自動車道に乗り、最初の菅生SAで半月ぐらいになった月を撮影しました。このまま陰の部分を撮影しようとしたら暗くてオートフォーカスが効くか心配です。
その後、蔵王PA、国見SAと寄りながら移動しました。福島県に入っての国見SAでは、雲が多く時々月がぼんやり見える程度です。暗くて探すのが大変かと思いましたが、赤い月ですが容易に見つけることが出来ます。さて仙台方向に戻ろうか、先に進もうかです。磐梯熱海から猪苗代磐梯高原は雪でスリップ注意の案内が出ているので月は見えないでしょう。肉眼で見ることも出来たので良しとし先に進みましょう。

皆既月食 2011/12/10 23:59
撮影時間 23:59  撮影場所 東経140.23. 8.4北緯37.30.41.9

吾妻PA、福島松川PAも同様でたまに見えますが、雲の擦りガラス越しのようでくっりと見ることが出来ません。磐越道分岐前の最後の安達太良SAで最後です。偶然でしょうが雲の切れ間かくっきり見えます。写真もなんとか撮れました。

さて、本当に帰りましょう。

がんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011 SENDAI光のページェント

2011 SENDAI光のページェント

宮城県仙台市青葉区の定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)で開催されている「2011 SENDAI光のページェント」に行って来ました。
「中華そば 嘉一」で中華そばを食べてから一旦車に戻りカメラを持って行きます。三脚も持っていけば綺麗な写真を撮れますが、復興を願い来ている多くの人の邪魔にならないよう三脚なしでの写真撮影に挑戦したいと思います。上手く撮れるかな。
定禅寺通まで行くと160本のケヤキ並木は、東日本大震災からの復興を願う46万個の温かな光の粒に包まれています。両端の歩道は広く、片側3車線の車道の中央分離帯は公園のようになっています。両歩道と公園両側で4列のけやき並木になっていて全てのけやきに明かりが灯っています。大きなけやきの上部まで灯っています。
人が多いです。新潟市内なら蒲原まつりの様な状況で中央の公園部分は思ったように歩けません。みんな思い思いに写真を撮ったり、眺めたりと灯りを楽しんでいます。

2011 SENDAI光のページェント

定禅寺通を西に歩いて行くと西公園があります。公園入口にある蒸気機関車も灯りが施され、それをバックにポストカードを作ってプレゼントする催しをやっています。

2011 SENDAI光のページェント

さらに公園内の木々も明かりが灯されています。いろいろな露店が出店され、ステージでのイベントなども行われています。光のオブジェも多数展示されています。全国各地からの支援していただいたイルミネーション展示されています。

2011 SENDAI光のページェント

もう一度定禅寺通に戻って東へ。勾当台公園の会場です。最初に30mのヒマラヤ杉に電飾を施したシンボルツリーが目に入ってきます。国内最大級のツリーということです。ツリーの左上部に月が移っています。まだ、しっかり丸い形です。
勾当台公園は仙台駅に近いこともあってか露店やステージなど賑わっています。

2011 SENDAI光のページェント

勾当台公園も見事なオブジェが多数展示されています。光のおとぎの国です。

2011 SENDAI光のページェント

サンタクロースは電飾ではなくライトアップになっていますが人気あります。

とても楽しい幻想的な世界を楽しむことが出来ました。ありがとうございました。

がんばろう東北!


今回の仙台へは磐越自動車道~東北自動車道を利用しました。平成23年12月1日からの高速道路無料化の再開を利用しての往復です。東北地方太平洋側は高速道路が無料化になっています。それに接続される日本海側の高速道路は、土曜・日曜の無料化が実施されてます。新潟中央から仙台までは週末ならば無料で行けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば 嘉一

嘉一

宮城県仙台市の「中華そば 嘉一」です。
青葉区国分町、仙台市役所の近くで、最寄駅は地下鉄:勾当台公園駅になります。
仙台市の中心部に入ります。やはり混んでいます。かなりの渋滞です。まずは、相方の好きな萩の月をGETしなければと菓匠三全の広瀬通り大町本店へ。お店は街の中心部にありますが駐車場もあり、楽しく買い物が出来ました。一般駐車場もだいぶ混雑してきてるようなので早めに市役所近くの駐車場に入れました。市内を散策して午後6時とちょっと遅めの「中華そば 嘉一」開店時間に合わせてお店に向かいます。
お店は、奥行きのあるカウンター席だけで、左側に厨房、右側と手前にカウンター席があります。新しそうな綺麗な清潔感のある小さめのお店です。お客さんが奥から7人綺麗に並んでいるのでその次に座りました。夫婦でしょうか男女2人のスタッフです。メニューを見ていると奥さんらしき人が奥のお客さんから注文を聞いています。開店前に並んでいたお客さんを開店してお店に入れた直後のようで、注文を取っています。

嘉一 メニュー

メニューは、中華そばと塩中華そば、それらにトッピングを加えたものがあります。三陸わかめラーメンというのも食べてみたいのですが塩のみなので普通の中華そばにしました。他のお客さんには、塩中華そばや塩チャーシュー麺が人気です。サイドメニューの鶏飯もかなりの人気となっていて半数以上のお客さんが注文しています。
丁寧な仕事で作っています。夜の部ですが開店直後でも少し待って出来てきました。

嘉一 中華そば

中華そばらしいシンプルな器に、塩中華そばかと思ってしまう色合いのスープです。
麺は、やや太の平打ちで、縮れがいい具合に入っています。かなりのツルツル感と適度なモチモチ感をもった麺です。食べていて楽しくなる好みの麺がここにありました。
スープは、最初にちょっとだけ動物っぽい匂いがしましたが、食べているうちにだんだん慣れたのかスープの旨みがきます。それも最近多い表面的なものではなく、奥から後から広がってくるような感じです。さらに醤油の旨みがきます。鶏の油もかなり多めで、この油があのツルツルした麺でも良く絡まさせている接着剤のようなものです。
トッピングは、チャーシューとメンマです。チャーシューは鶏チャーシューで結構硬めの歯応えになります。親鶏のを使用してしっかりした味を楽しめるようになっています。
鶏だけでつくった動物系の強い旨みのあるスープ、それに負けない麺も好みの良い麺でした。中華そば680円と宮城県の物価の高さを連荘で思い知らされた一杯でした。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺匠 玄龍

玄龍

宮城県仙台市の「麺匠 玄龍」です。
太白区の郊外っぽいところにあります。最寄駅は、JR東北本線太子堂駅になります。
お店は、1戸建てで横に5台分の駐車場があります。お昼営業時間は午後3時まで遅めの午後2時過ぎ到着です。駐車場に停めようとするとすでに車が2台並んでいます。
後ろに並ぶと少しして店員がメニューを持ってきて名前と人数を聞き、注文を取ります。席が空き次第車まで迎えに来てくれるそうです。新潟で体験してないシステムです。

玄龍 メニュー

メニューは、醤油らーめん、こってり醤油らーめん、中華そば(柚子入り)、塩らーめん、味噌らーめんです。お勧めは醤油らーめんとのこと、醤油らーめんにしました。
しばらくして車を駐車場に移し待ちます。席が空いたようで、迎えに来てくれました。
お店に入ると、左側に厨房、中央にカウンター席、右側に小上がりがあります。新しめで和風料理店のような雰囲気です。小さめの店内で確かに待つ場所はありません。
カウンター席に案内されました。カウンター上には、洋食のスプーンやフォークのように小さなバスケットにレンゲが配されてます。味噌らーめんが人気です。確かに仙台は味噌が有名なのでラーメンも味噌らーめんが人気のようで、5杯も同時に作っています。
次に醤油らーめんを作り始ます。若いスタッフの丁寧な仕事でらーめんが出来ました。

玄龍 醤油らーめん

白い中華っぽい器に醤油色のスープがとても美味しそうです。食欲をそそる容姿です。
麺は、やや細の弱い縮れ、ツルツル感が強いためスープとの馴染みがもうひとつです。
スープは、最初に魚介の強い匂いがきます。醤油色の透き通った綺麗なもので、醤油の旨味と焼きあごダシの旨味が見事に調和した飾り気のないあっさりしたスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門とおとなしいシンプルなものです。
最初の魚介の匂いが強めですが旨味いっぱいのスープ、好みですがもっとスープと絡んで欲しい麺、醤油らーめんで680円はちょっとお高いものになっています。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.09

九州ラーメン きんしゃい亭 新潟駅前店

きんしゃい亭新潟駅前店 ラーメン

新潟市の「九州ラーメン きんしゃい亭 新潟駅前店」です。
新潟駅前の帝石ビルの裏、飲食店街の中にあります。明石通に近い路地沿いです。
古町~駅前と食べて、飲んで、歌って、騒いで〆で久々にお邪魔することにしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に大小のテーブル席があります。ごく普通の雰囲気でやや小さめのお店です。遅い時間ですが混んでます。ラーメン店でラーメンを注文しないで喋っている人がいます。この時期のよくありますがお店が可哀想。
メニューは、ラーメンとそれにいろいろなトッピングを加えたもの、味噌や塩のスープ味のものにトッピングを加えたものがあります。やっぱり基本のラーメンにしました。
休前日きんしゃい亭のお楽しみです。生ニンニクを摺りながら待ちます。1個、2個。
今日は、親父さんとフロア係2人の3人でやってます。さすがに早い出来上がりです。
小さい器に九州ラーメンらしい少なめ量で、ニンニクをたっぷりかけていただきます。
麺は、極細の弱い縮れです。本場ストレートと違いますが新潟に合った好みの麺です。
スープは、醤油とんこつらしい色、旨味と醤油味が絶妙です。表面に浮いた油がちょうどよい量です。新潟駅前店の油が好みの量です。そこにニンニクの旨みが加わります。
トッピングは、チャーシュー、紅生姜、胡麻です。さらに胡麻を加えていただきます。
飲んだ後にちょうど良い量と旨さです。ですが今日は替え玉もいただきました。さらにニンニクも増量です。ラーメン550円+替え玉120円で合計670円になります。ニンニクや胡麻がたっぷりでこの値段ですから飲むと食べたくなる訳です。満足×満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン そばよし

そばよし 焼きそば(大盛り)

柏崎市の「ラーメン そばよし」です。
柏崎駅前の道をまっすぐ少し先にあります。隣に数台停められる駐車場もあります。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。古めの街の雰囲気に溶け込んだお店です。午後12時10分過ぎに着きましたが、ポツリポツリと空いているだけで混み合っています。カウンター席に案内されました。
メニューは、ラーメン屋と中華料理店の中間のようなメニューが用意されています。大きなチャーシューを花びらのようにトッピングしたチャーシューメンが有名です。ラーメン類でまだ食べていないものもありますが、最近人気の焼きそば(大盛り)にしました。
やはり焼きそばを食べているお客が多く、半数以上のお客さんが焼きそばを食べています。炒飯やラーメンも出ています。チャーシューメンはお店にいる間に1杯出ました。
お昼時間だけかも知れませんがスタッフも多く、混んでいるのに早く出来てきました。
大きめの器にドーンと山になった焼きそばがやってきました。スープも付いています。
麺は、普通の太さの縮れで、歯切れは良いのですがツルツル感がありません。しかし、そのツルツル感のなさがソースとの絡みが良く、焼きそばに適した麺になっています。
味付けは、醤油とソースの中間で、一般的ですがソースの利きが良く甘みもあります。
トッピングは、豚肉、キャベツ、もやし、玉葱、人参、ピーマン、きくらげなどです。
スープは、ラーメンのスープと同じ醤油色の透き通った醤油味のあっさりのものです。
少し困りました。焼きそばを1人前ぐらい食べた満腹感ですが、実際には半分も食べていない状況です。柏崎での大盛りが如何に危険かを思い知らされることになりました。
癖のない麺とバランスの良い味付け、具もしっかり入って普通盛り750円、大盛り850円です。ずっと前に来た前回よりもほとんどのものが50円値上がりしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.08

ラーメン亭 吉相 女池インター店

吉相女池インター店 ねぎ(こってり)

新潟市の「ラーメン亭 吉相 女池インター店」です。
紫鳥線沿い、女池から鳥屋野方向に少し走った先の左、木板壁の小屋風な建物です。
新潟でも安定した人気を誇るお店です。午前11時30分と昼食時間前に着きました。
お店は、奥に厨房、手前中央には配膳スペースを囲うようにカウンター席、右側と手前はテーブル席、左側に小上がりがあります。木の感触を楽しめる最近のラーメン屋さんに多い雰囲気です。余裕をもって昼食時間前に着いたつもりでしたが混んでします。すでに5人が並んでいます。10分ほど待ったでしょうかカウンター席に座れました。
メニューは、らーめんとそれにトッピングを加えたものがあります。好きな1スープのお店です。背脂の有無でこってりとあっさりが選べます。吉相のスープならはこってりです。ねぎ(こってり)にしました。メニューにはねぎらーめんではなく、ねぎになっています。
吉相は出来上がりが少し早いです。今日もあまり待った感じがなく出来てきました。
大きめの器にねぎが山盛りで来ました。頂上の紅生姜は要らないんですけど…。
麺は、普通の太さの少し強い縮れのプリプリしたパスタっぽさもある麺です。普通なら苦手な麺になりますが、そんなに硬くゆでられていないこともあり好みの麺です。
スープは、醤油の味がしっかりし、旨味もあり、なかなか美味しいスープです。背脂が浮いています。前回食べたときは、背脂が胸焼けしそうに重く、しょっぱ過ぎるものに感じましたが今回は大丈夫です。こちらの体調の悪いのでかと思いましたが違います。
トッピングは、苦手な魚水煮缶のような味で軟らかいチャーシュー、もやし、海苔です。そして、たっぴりのねぎは麺と一緒に食べます。背脂のこってりが和らげられます。
スープの味がしっかりして全体的なバランスももどっているようです。ねぎ入れ放題の駅そばを食べていたものですかららーめん600円に対して750円は安くはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.07

元祖ラーメン 昭和屋

昭和屋

新潟市の「元祖ラーメン 昭和屋」です。
新潟駅前、明石通から1本北側の路地に面しています。新潟中央郵便局の裏です。
新潟駅前でのお昼になり、新しいお店で食べようと思い探すとすぐに見つかりました。
お店は、間口が広く、奥に厨房、手前と左側にカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。小さめのラーメン店らしいお店です。何のお店だったんだろう。午後12時20分前に着きました。他にお客2人と寂しい状態です。後から2人ほど来ましたが…。
メニューは、らーめんとそれにトッピングを加えたもの、炒飯や餃子もありらーめんとそれらをセットにしたものなどがあります。唐辛子のイラスト入りで辛らーめんがあり、ちょっと興味があります。最初なので基本的ならーめん、半炒飯セットにしました。
他のお客さんはすでに食べていてすぐに作り始め思ったとおり早く出来てきました。

昭和屋 らーめん

今年の6月にオープンしたのですが、ずっと前からあるような懐かしいラーメンです。
麺は、極細の細かい縮れです。とても食べ易く昔懐かしさを感じる好みの麺です。
スープは、煮干しでしょうか?魚介の自然なもので、作り手の品の良さを感じます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ワカメ、ネギとシンプルですがなぜか安心です。
昔懐かしさを感じさせるらーめんでした。600円と安くはありませんが、リピートしたいです。新しいお店も最近の変な主張の強いお店が多い中、昔懐かしいラーメンが食べれるラーメン屋さんが出来ました。いいお店です。ちょっと通ってみたくなるお店です。

昭和屋 半炒飯

半炒飯のセットは850円と250円増しになります。具が多く、味付けも良く、パラパラ感も過ぎてない食べ易い炒飯です。半炒飯といいながらボリュームもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.06

蓬来軒

蓬来軒 たんめん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路の信濃川寄り、新潟市役所上大川前庁舎(開発公社)の向かいにあります。
何を食べようか迷ったときに食べて後悔しないお店が何店かあり、その中の1店です。
お店は、右側に厨房、その中央寄りと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民的な中華料理屋さんの雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。8割ぐらいの入りでしょうか。今日は同僚も一緒なので、空いているテーブル席に座りました。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類とご飯ものもあります。麺類も中華系を中心に焼きそばにいたるまで豊富です。チャーハンや焼きそばも美味しそうです。これが食べたいってものもなくたんめんにしました。
お昼時間はお客さんも多く、中華鍋を使う中華系メニューが人気なのである程度の待ちがあります。お客さんも少なく普通のラーメン屋さんと同じ待ちで出来てきました。
野菜からの旨みが溶け出したスープの色とたっぷりの野菜が、とても美味しそうです。
麺は、細く少し弱めの縮れで、シコシコプリプリした歯応えのとても楽しいものです。
スープは、淡い半透明の白っぽい色のものです。塩味ですが野菜から出た優しい旨みが全体を軟らかいまろやかな味に仕上げています。塩のあっさりしたスープです。
トッピングは、白菜・もやし・玉葱・人参・きくらげ・豚肉の炒め物がたっぷりです。
あっさりシンプルな塩ラーメンにたっぶりの野菜を楽しむいった印象です。720円とちょっぴり高めの値段ですが、ボリュームを考えるとよろしいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.05

ラーメン だるまや 亀田店

だるまや亀田店 味噌ラーメン

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン だるまや 亀田店」です。
国道49号線(亀田バイパス)鵜の子インターから亀田駅に向かう道沿いにあります。
新潟亀田インターから高速に乗る前に腹ごしらえを先に済ませようとお邪魔しました。
「だるまや 威風堂」という系列店から「だるまや」になって2回目になるでしょう。
お店は、右側に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。木をふんだんに使ったロッジ風な雰囲気のお店です。午後12時40分過ぎに着きました。6割ぐらいのお客さんの入りで、カウンター席に座りました。
メニューは、和風とんこつのだるまラーメンと味噌ラーメン、それらにトッピングを加えたものがあります。他に新メニューらしき肉あんつけめんと肉野菜味噌があります。肉野菜味噌は1050円と高額です。メニューの写真を見る限り普通の盛りですが、器がでかいドカ盛りでしょうか。ちょっと興味ありますが普通の味噌ラーメンにしました。
普通の混みなので時間がかかることはないだろうと思ったとおり早く出来てきました。
オレンジの器には背脂をチャッチャした跡、中央にトッピングがドーンとのってます。
麺は、やや太で弱い縮れです。硬めでコシが強く存在感のあるちょっと苦手な麺です。
スープは、味噌が背脂で優しくなっていて、豚骨の旨味と魚介風味の豊かなものです。
トッピングは、チャーシュー、玉子半個、メンマ、もやし、辛味などが入っています。
スープ表面に焦がした粉があります。焦がしたねぎの粉末かと思ったら魚粉を焦がしたものです。香りも大事ですが、そこまでやるかって感じです。730円と少しお高いものでしたが、トッピングを楽しめたことを考えるとなかなかいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.04

麺や 忍

忍

新潟市の「麺や 忍」です。
新潟駅南地区、笹出線の米山(BSNアイネット)から南側へ小路を入ったところで。
西地区小針から駅南米山に移転したことは知っていて、地図で確認して笹出線を走っても見つけられずにいました。笹出線に面していると思っていましたが見つかりません。何気なく走っているときに少し入ったところで見つけました。ようやく邪魔します。

忍 遠方

しかし、店前まで行こうとすると店前の小路は一方通行の逆方向です。他の通からひと回りして店前まで来ると駐車場が見つかりません。店前の貼紙を確認すると駐車場がないので近隣のコインパーキングを利用していただくよう案内地図があります。コインパーキングの駐車券提示でラーメンが100円引きです。自ら駐車場を持たずにラーメンを値引きして対応しています。駅南ならそういうのもなかなかいい方法と思います。
小路から笹出線に面したビルの裏にある駐車場への通路に入ったちょっと奥まったところにあります。さて、移転してから初めてになります。どんなお店でしょうか?
お店は、入ってすぐに靴を脱ぐようになっています。向かいに厨房、厨房手前と右側にカウンター席、さらに手前と右側に小上がりがあります。居酒屋だったお店の後に入ったような小さめのお店です。午前11時30分頃に着きました。まだ早いようで他にお客さんはいません。正午前の食べ終わって帰るまでに8人のお客さんが来ました。

忍 メニュー

メニューは、背脂醤油(太麺)と煮干しラーメン(細麺)とトッピングを加えたもの、つけめんがあります。背脂醤油(太麺)のバリエーションのドカ盛りの肉肉野菜らーめんも興味があります。今日のは食べたいと思っていた新作の背脂マーボーめんにしました。
すぐに作り始めます。麺をゆで始めます。麻婆は豆腐を切るところからですが結構早めに出来ました。麺のゆで上がりに合わせスープを張り背脂を入れゆで上がった麺を入れ麻婆をのせ出来上がりです。麺のゆで時間のため普通の時間での出来上がりです。

忍 背脂マーボーめん

移転前からのお店と同じ彩りの鮮やかな器で、麻婆がとても美味しそうに映えます。
麺は自家製麺で、太い平打ちの弱い縮れです。コシの強さが特に印象的な麺です。
スープは醤油色・醤油味のしっかりしたもので、背脂がまろやかさに与えてくれます。
トッピングは醤油味仕上げの麻婆豆腐で、適度な辛味と甘味、しょっぱさがあります。
背脂入りのラーメンに麻婆ってどうかなと思っていましたが、なかなかいい感じでした。らーめんが630円なのに、背脂マーボーめんが650円ととってもお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.03

きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店

きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店

新潟市の「きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店」です。
東港線沿いにあります。ピア万代の向かいサークルKと共同の駐車場になっています。
きんしゃい亭古町八番町店が閉店したことを掲載した記事にtaotenさんからきんしゃい亭が万代ピア向かいオープンするとのにコメントをいただいておりました。先週の新潟うまさぎっしり博に行く際にオープンしたのは確認できましたが、東北地方応援のため全国丼サミットにいがた2011を優先させていました。そしていよいよお邪魔しました。
お店は、「きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店」という2枚看板の複雑な形態を取っています。「ラーメン うんと」と洋食レストラン「タント」が同一敷地に2つの建物、連絡用の廊下があり双方のメニューを取り寄せることが可能でした。洋食店とラーメン店でこのような形態はありましたが、ラーメン店同士が入ることは珍しいことです。「麺や たぶきん」は、「九州ラーメン きんしゃい亭」の醤油ラーメンの新コンセプト店としてDAMZ竹尾店建屋内に1号店をオープンさせ、その2号店が今回のお店になります。系列店だから出来た今回の形態なのでしょう。具体的にどうなっているのでしょうか。

きんしゃい亭&麺やたぶきん柳都大橋南店 メニュー

お店に入ると風除室がありメニュー掲示されてます。さらに店内に入るちょっと広めのスペースがあり、正面にメニュー掲示、右側に食券販売機があります。混み合って並んでもメニューを見て食べるものを考えられるようになっています。メニューは、きんしゃい亭とたぶきんがそれぞれ別に掲示され、食券販売機も2台用意されています。
メニューは、きんしゃい亭がラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンとトッピングを加えたものなどがあります。たぶきんも、正油らーめん、味噌らーめん、塩らーめんとトッピングを加えたものなどがあります。トッピングやサイドメニューは、共通のようです。

きんしゃい亭&たぶきん柳都大橋南店 冬物語カニらーめん

また、これも両店共通で今月にラーメンがあります。今月は、冬物語後カニらーめんです。930円とちょっとお高いこともあってパスします。帰ってきてからメニューを良く見ると辛うじて同じ名前のものがなさそうと見ていましたが、冷し中華が同じ名前で値段が違っています。きんしゃい亭ラーメン牛モツ煮込丼にしました。
お店は、右に入ると奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左右にテーブル席があります。広めのお店で、壁紙がログハウスのような丸太っぽい模様でなんか雰囲気があります。午前11時30分頃に着きました。結構お客さんが入っています。6~7割の席が埋まっています。子供連れの家族が多く見られます。テーブル席で食べることにします。メニューの掲示と食券販売機が2店分あること以外は普通のラーメン店1店と変わりありません。厨房は、奥であまり見えませんが、分れてはいないようです。
きんしゃい亭の休日利用の楽しみは、生ニンニクがあることです。生ニンニクを擂りながら待ちます。早い時間だったので普通ラーメン店の待ちで出来てきました。でも、きんしゃい亭新潟駅前店なんかはかなり早い出来上がりなのでと比べると遥かに遅いです。

きんしゃい亭柳都大橋南店 ラーメン

麺は、硬さをヤワラカ~バリカタまで調整できます。指定してなかったので普通です。極細の弱い縮れは、本場九州のストレートとは違いますが新潟に合った好みの麺です。
スープは、油の量を指定できますが指定しなかったので普通です。醤油とんこつらしい色、旨味と醤油味が絶妙です。表面に浮いた油の量がちょっと多めです。そこにニンニクの旨みが加わります。休日は、ニンニクを楽しめるので嬉しくてたまりません。
トッピングは、脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、紅生姜、胡麻とシンプルです。
ちょっと少なめで飲んだ後にちょうど良い量ですが、昼食で食べるには物足りなさがあります。替玉もいいのですが、今日はサイドメニューをいただきます。ラーメンは550円です。ニンニクや胡麻がたっぷりでこの値段ですから飲むと食べたくなる訳です。

きんしゃい亭&たぶきん柳都大橋南店 牛モツ煮込丼

牛モツ煮込丼です。ボリュームはちょうど良いのですが、牛モツの量が少なくコンニャクが多いです。200円とお手頃価格なんでしょうがないのでしょうか?ちょっと不満。

たぶきん柳都大橋南店 正油らーめん

きんしゃい亭&たぶきん柳都大橋南店 ギョーザ

子供が食べたたぶきんの正油らーめん(600円)とギョーザ(280円)です。
新年1月いっぱい利用できる餃子割引券(280円→100円)をいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.02

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+納豆

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左に曲がった先の神社なんかがあるところの向かいになります。駐車場がないので路線バスの支障にならないように路駐します。
古潭の野菜味噌ラーメンが好きな出張者と一緒に巻地区でのお昼になりました。先週の金曜日に古潭の野菜味噌ラーメンを食べてちょうど一週間になります。連荘でも食べれるほど好きなラーメンですので平気です。何のためらいもなく行くっきゃないです。
お店は、車庫の奥に入口があるような感じです。お店もさらに奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席、手前に小さなテーブル席1卓、奥の左側に小さな座敷があります。ちょっと古い感じで照明も押さえた落ち着いた雰囲気です。午前11時45分頃に着きました。正午前で混んでます。1席空いていますが2席空くまで待って座りました。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンがあり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。トッピングも豊富に用意されていてお手頃です。今回もトッピングを加えて楽しみます。久々に野菜味噌ラーメン+納豆にしました。
今日も店主と奥さんと二人です。注文を聞くのが早いのですが出来上がりも早いです。
黒い渋い器です。白味噌仕立てのスープの色とそれに映える野菜が美味しそうです。
麺は細めの縮れで、ごく普通の麺ですが、歯応え、ツルツル感やモチモチ感などバランス良く整っています。また、スープとの絡みも良い食べ易くとても好きな麺です。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。色が白っぽく、味噌の旨味と適度な甘さとしょっぱさ、優しさがあります。この優しさが他ではなかなか食べられない。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやし、トッピング追加の納豆です。その納豆は、秋田で普通に食べていたものと同じ挽き割り納豆です。麺に絡めて食べると旨みが増します。スープにも溶けて残ったスープも旨みが増します。キャベツは、好みのレタスのような食感です。ちょうど食べ易い厚さが均一のところを使っています。茹で加減が良く、納豆が加わった味噌味のスープと相まってとても美味しくいただけます。
とても好きな優しい味噌ラーメンが納豆でさらに旨みが増します。トッピングの追加や大盛りなどがほとんど50円増しとお手頃ですが、納豆と野菜の増しは100円です。それでも納豆は値段以上の旨み効果があり、たまに食べたくなるトッピングです。味噌野菜ラーメン600円+100円で700円で楽しみました。本当にご馳走様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.01

餃子と担担麺の店 ことぶき屋

ことぶき屋 マーボー担担麺

新潟市の「餃子と担担麺の店 ことぶき屋」です。お店の名前ですが、全国系のグルメ情報サイトでは「坂内小路店」と支店名を付けて紹介しているものも多くみられます。
新潟市中心地に近い坂内小路に面し、東堀通との交差点からすぐの場所にあります。
石門子で食べようと思いお邪魔しましたが定休日でした。近場のお店で食べようと思います。青島、蓬来軒、ことぶき屋などの中から最近ご無沙汰のことぶき屋にしました。
お店は、左側に厨房、右側にカウンター席、左手前からの階段を上がると2階に大衆中華食堂のような広めのテーブル席があります。午後1時40分頃に着きました。さすがにこの時間は先客もなく1階カウンター席に座りました。帰るまで後客もありません。
メニューは、中華系飯と一品料理、麺類で、担々麺と餃子が評判のお店です。担々麺も白ゴマや黒ゴマ、野菜、岩のりなど組み合わせの他にマーボー担々麺やカレー担々麺などまで豊富なバリエーションです。食べたいと思っていたマーボー担々麺にします。
中華鍋を使う手間のかかる中華麺かと思っていましたが、意外と早く出来てきました。
中華らしい白い大きめの器に麻婆豆腐の照りが美味しそうです。彩りがシンプルです。
麺は細縮れでツルツル食べ易く、ちょうど良いモチモチ感の噛み応えの楽しい麺です。
スープは透き通ったあっさり薄味で、野菜から出ている自然な優しい旨味があります。
トッピングの麻婆豆腐は、包丁を使わず小さくした豆腐と胡麻風味の豊かなものです。
見た目は、普通の麻婆麺ですが、担々麺らしく豊かな胡麻の風味を楽しめるものでした。ことぶき屋は少しだけお高いお店かなと思っていますが、920円は高いでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »