« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012.01.31

笑美寿亭

笑美寿亭 海老の塩あんかけ麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。本町通と上大川前通を結ぶ小原小路沿い、竹山病院の脇です。
笑美寿亭の担々麺15種も制覇したので、ランチか担々麺以外のまだ食べていないものを食べようと思います。最終的にメニューを見て決めることにしてお店に入ります。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町の食堂って雰囲気の中規模のお店です。今日は、混み合う時間を外し午後12時45分頃に着きました。雪の影響もあるのでしょうか?カウンターが空いています。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあります。さらにこのお店ならではの15種類の担々麺があります。麺のランチは鶏濃厚白湯醤油ラーメンと半チャーハンの組み合わせです。他に海老と玉子の中華オムレツ黒酢ソース定食やズワイガニと岩のりのスープチャーハンがあります。食べたことのない通常メニューから海老の塩あんかけ麺にしました。
いつもは結構早く出来てくるのですが、今日は普通の待ち時間で出来てきました。
一般的な形で可愛い模様の器に、塩らしい彩りの鮮やかなあんかけがのってます。
麺は、細い縮れでツルツルした触感が気持ち良い塩味に合う味わいあるものです。
スープは、塩味を強調させることのないあっさり癖のない自然な感じのものです。
トッピングは、あんかけです。海老、白菜、青梗菜、人参、筍、きくらげ、椎茸を中華風のあんかけにしたものです。海老のプリップリッ感と椎茸の旨みがたまりません。
癖のない中華味です。あんかけが熱々で最後までそのまま熱々で食べれます。塩の美味しいラーメン店はなかなかありませんが、中華料理をこなすお店の塩はさすがです。800円と安くはありませんが、値段以上の料理を食べたような余韻が残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.30

大江戸 県庁前店

大江戸 県庁前店 醤油ラーメン

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁の近く、県庁前国道116号線と県道51号線(笹出線)の間を通る道沿いです。
県庁近くであまり時間のないお昼時間になり、最近食べていない大江戸にしました。
お店は、右側奥に厨房、その手前と左寄りにカウンター席、さらに左側に広々としたテーブル席があります。綺麗で明るい店内です。正午過ぎに着きました。8割くらい席が埋まっている状況です。空いているテーブル席に案内され座れました。
メニューは本店と同じで、醤油と味噌それぞれの味のラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれの味のタンメン、焼きそば、冷し中華があります。全ての麺る尾が大盛り(1.5玉:≒100円増)、特盛り(2.0玉:≒200円)の盛りが選べます。メニュー構成は本店と一緒ですが、値段が本店より消費税分くらい高くなっています。同じ値段にすればと思うのですが…。平日のランチタイムは、麺類に合わせて日替わりミニ丼があり、200円で食べられます。醤油ラーメンマーボー丼にしました。
お客さんが多く、ちょっと待ちかと思いましたが、普通にやや早で出来てきました。
醤油を食べるぞって感じの醤油の色が濃さそうなスープが特徴のラーメンです。
麺は、細縮れで本店と同じとても長い麺です。噛み応えの良い旨味のある麺です。
スープは、醤油色濃いめで、色同様に味もしっかりしていて醤油味を堪能できます。豆板醤のような辛味…、混ぜていただきます。味が引き締まります。麺を食べているときは良いのですが、スープを飲むとかなりしょっぱめに感じます。
トッピングは、硬めのチャーシュー、メンマ、ほうれん草と特徴の辛味ものってます。
毎日秋田から取り寄せる食材で作られた大江戸の醤油ラーメンは、580円です。

大江戸 県庁前店 ミニマーボー丼

ミニマーボー丼は、ちょっと少なめですが200円とお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.29

らーめん ののや 米山店

ののや米山店 みそ

新潟市の「らーめん ののや 米山店」です。
新潟駅南地区にあります。北越高校前の通りを少し紫鳥線方向に行ったところです。
少し高いお店だと思っていましたが、他店が値上がりする中を値上がりせず頑張っていましたがどうでしょう。雪で路地が凍っているので、陽当りが良さそうで食べ物屋さん多い共同駐車場なら大丈夫だろうと思ったのもあり「らーめん ののや 米山店」にしました。しかし、駐車場は磨いたんじゃないかってほどツルツルで除雪していません。お店の入口付近だけは除雪していましたが、お客さんに安心して来店してもらおうという意気込みみたいなものが感じられないのが残念です。転ばないようにゆっくり!
お店は、奥に厨房、中央に通路があり左右から中央向きのカウンター席、それを囲むようにテーブル席、さらに左側の奥に小上がりがあります。午後5時30分過ぎと夕食にはちょっと早い時間に到着しました。数組のお客さんがいる程度です。
メニューは、しょうゆ、しお、みそ、からみその4つの味があります。それぞれが、あじたま、海老ワンタン、肉増しなどトッピングを加えたものが予めメニュー化されています。それらと別に限定ちゃーしゅーめん、野菜らーめん、ちびらーめんなどがあり、いずれもしょうゆ、しお、みそ、からみそから味を選べるようになっています。塩が人気の旭川ラーメンのお店ですが、冬場なので暖まりそうなみそにしました。
お客さんが少ないこともあってか?いつもよりかなり早めに出来上がってきました。
小さく深みのある器に盛られてきました。うどんかおそばが盛られてそうな器です。
麺は、細めの縮れでツルツル感、モチモチ感、噛応えのバランスの良いものです。
スープは、白味噌と赤味噌の中間のような合わせで、味噌の濃厚さが伝わってきます。適度な甘さもあります。油も適度に入っていて、ちょっとコッテリ感もあります。
トッピングは、チャ-シューとメンマときくらげです。チャーシューは2枚、脂身多めのものとそうでないものです。しっかりした味付けで角煮に近い味わいを楽しめます。
旭川ラーメンは塩が人気です。「ののやの塩」ってここでも人気メニューになっていますが、味噌もなかなかです。値段も700円と開店当時のまま値上がりしてません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.27

めん処 くら田

くら田 ワンタンメン(大盛・平麺)

新潟市の「めん処 くら田」です。
新潟市の中心地で本町通りと東堀通りの間、6番町の小原小路に面しています。
年末年始に近い時期から最近まで食べていないような気がしてお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着いた小さな下町のお店です。午後12時15分頃に着きました。雪のためでしょうか空いています。7割程度のお客さんの入りです。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメンがあります。麺は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)と選べます。普通の細麺の他に平麺も選べます。スープも醤油味の他に塩味も選択できます。麺の量、麺の種類、スープの味を変えても追加料金なしです。ダブルといきたい気持ちもありますが、こらえてワンタンメン(大盛・平麺)にしました。
親父さんが作って、おばさんが配膳と会計をやっています。いつも通り手際よく作っていますが、一度に多くを作らないので時間がかかります。出来上がりを待っているお客さんも多く、ある程度の待ちは覚悟していましたがいつもより早めに出来てきました。
淡い色のスープとシンプルなトッピングが、淋しいようでもありますが安心します。
麺は、平打ちの縮れです。ツルツル感が強く、噛み答えの良い食べて楽しい麺です。
スープは、透き通った淡い色です。醤油味の薄味で、優しい旨味があります。煮干しの香りがほんのり漂う癖のないあっさりしたものです。新潟らしい奥ゆかしいものです。
トッピングは、食べようと口の近くにもってくると醤油の香りが強くしょっぱそうですが、ちょうど良い具合です。弾力、歯応え、脂身の混じり具合も適度にあり好きなチャーシューです。浅漬かり薄切りのメンマ、ほうれん草も入っています。ワンタンは、軟らかな皮にほんの少しだけ具が入っているものです。好きな皮を楽しむワンタンです。
ダブルまで同じ値段で食べれるので、ダブルにしたい気もしますが、ワンタンがあるので大盛りでもボリュームがあります。身体のためにはこれぐらいがいいでしょう。好きな魚介系あっさりスープと歯応えを楽しむ平打ち麺は、チャーシューやワンタンもあり本当に心地よいラーメンです。ラーメンが500円で、ワンタンメンが750円と250円の値段の差はちょっと大きく感じますが、それ以上に楽しんだ一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.26

こまどり

こまどり ねぎ味噌ラーメン

新潟市(旧巻町)の「こまどり」です。
新潟寺泊線竹野町交差点から稲島方向へ、右側にあります。交差点から見えます。
巻地区のお昼です。まだ食べていないメニューの多い「こまどり」にお邪魔しました。
お店は、入口付近にテーブルの個室があり、中に進むと右側に広い厨房、中央にカウンター席、左側に広間を長くしたような小上がり、奥に座敷があります。広く古さもいい感じのお店です。ちょうどお昼に着きました。雪のためか?いつもより空いています。
メニューは、味噌ラーメンを中心に揃っています。麺も3種類用意されています。味噌用が太麺と平麺、他が細麺なっています。テーブルに置かれた盾風の他にパウチされたメニューもあります。今回は、味噌ラーメンの中で唯一細麺を使用しているねぎ味噌ラーメンにしました。店員が『辛いのですね?』って確認します。望むところです。
出来上がり待っているお客さんが多くいますが、いつも通り早めに出来てきました。
味噌ラーメンらしいスープとたっぷりのねぎです。いつもと違う擂り鉢っぽい器です。
麺は、細い縮れで食感・噛み応えの良いものです。太麺を使う味噌ラーメン中心のお店ですから細麺といっても普通かやや太めだろうと思っていましたが、普通に細麺です。
スープは、赤味噌ベースの味噌味で、普通の味噌味だと思って食べるとかなりの辛さがあります。辛いものだと思って食べるとそれほどでもありません。楽しめる辛さです。
トッピングは、チャーシュー、白髪ねぎ、豚肉・海老・キャベツ・きくらげ・辛子高菜の炒め物です。大きいチャーシュー、豚ばら肉が入っています。肉三昧メニューです。
『辛い』って確認されてねぎが辛味で和えたものだと思っていましたが、白髪ねぎは普通のものでスープが辛いものでした。辛子高菜が他メニューでも使われていましたが、このねぎ味噌ラーメンは、辛子高菜のタンメンのようです。なかなか食べていて楽しいものでした。893円とどうしてもちょっとお高いかなと感じてしまう1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.25

麺や たぶきん 柳都大橋南店

たぶきん柳都大橋南店 味噌らーめん

新潟市の「きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店」です。
東港線沿い、ピア万代の向かいにコンビニと共同駐車場の一角にお店があります。
お店は「きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店」という2枚看板の形態を取っています。「麺や たぶきん」は、「九州ラーメン きんしゃい亭」の醤油ラーメン新コンセプト店です。今回で3回目になります。1回目は「九州ラーメン きんしゃい亭」のラーメン、2回目は「麺や たぶきん」の野菜タップリらーめんを食べました。「麺や たぶきん」の麺が美味しかったので他のメニューも食べようと思います。
お店に入ると風除室があり、メニュー掲示されてます。さらに店内に入るちょっと広めのスペースがあり、正面にメニュー掲示、右側に食券販売機があります。混み合って並んでもメニューを見て食べるものを考えられるようになっています。メニューは、きんしゃい亭とたぶきんがそれぞれ別々に掲示され、食券販売機も2台用意されています。
メニューは、きんしゃい亭がラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンとトッピングを加えたものなどがあります。たぶきんも、正油らーめん、味噌らーめん、塩らーめんとトッピングを加えたものなどがあります。例によって今月のラーメンもあります。トッピングやサイドメニューは共通のようです。たぶきん味噌らーめんにしました。
お店は、右に入ると奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左右にテーブル席があり、広めです。午後1時前に着きました。半分ぐらいの席が埋まっています。時間も遅くなって空いていますが、手間もあるのでしょう普通の待ちで出来てきました。
味噌らーめんですがチャーシューやメンマがトッピングされています。嬉しい。
麺は、普通太の平打ちっぽい細かい縮れで、ツルツルして旨味が心地良いものです。
スープは、サラサラしていますが、味噌の味、甘み、油のバランスが良いものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、キャベツともやしなどの炒め物、ねぎです。チャーシューとメンマ、そんなに量はありませんが野菜炒めもあり充実しています。
醤油味のラーメンで使われている麺が美味しかったので、味噌味のスープで食べてみたいと思ったのですが違う麺でした。でも、今日の麺もなかなかのものでした。麺の美味しいお店です。スープもチェーン店ぽいものですが、好きなものです。トッピングも充実しています。750円と値段的に安くはありませんが納得の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.24

元祖支那そば おもだかや 女池店

おもだかや女池店 おもだかそば

新潟市の「元祖支那そば おもだかや 女池店」です。
国道8号線(新潟バイパス)女池インター脇のパチンコ店の駐車場内にあります。
あっさりしたラーメンが好きな同僚と一緒の昼食です。最近食べていなくてあっさりしたラーメンが食べられるお店ということでおもだかやで食べようとお邪魔しました。
お店は、間口が広く中央から右側に厨房、その手前から左奥に回り込むようなカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。程良く古さのある昭和のラーメン屋さんの雰囲気です。窓が広く明るい店内です。午後12時10分頃に着きました。今まであまり待ちはありませんでしたが、今日は混んでいて少しですが待ちになりました。
メニューは、支那そばを中心にちゃーしゅうめん、わんたんめん、野菜をのせたおもだかそばと、さらにトッピングを加えた組み合わせが豊富に用意されています。 ボリュームたっぷりのものが食べたかったので野菜たっぷりのおもだかそばにしました。
ちょうど前に入ったお客さんが多く、いつもような早い出来上がりではありません。
擂り鉢のような色合いで内側の凹凸のない器です。魚介のいい香りが立ちます。
麺は、細く弱い縮れのシコシコした歯切れの良い、あっさりなスープに合う麺です。
スープは、すまし汁のような澄んだものです。豚骨の旨味と魚介系の風味のあっさりしたものです。醤油メインですが塩も使われているようでしまりのある味です。新潟のラーメンの中でも信吉屋と並んでもっとも和風らしい味わいを楽しめるものです。
トッピングは、弾力があり味付けもしっかりされた脂身の少ないチャーシュー2枚、浅漬かりで歯応えのあるメンマ、わかめ、くきわかめ、茹で野菜がのってます。茹で野菜は、多めのキャベツ、少しのもやしと人参、小さなチャーシュー片などです。
好きな海草類が入ってヘルシー、かつかなりのボリュームのおもだかそばです。700円と安くはありませんが、味とボリュームのバランスはなかなかのものでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.23

ラーメン 東横 駅南店

東横駅南店 野菜みそラーメン(大盛)

新潟市の「ラーメン 東横 駅南店」です。
新潟を代表する味噌ラーメンの人気店です。新潟駅南口からドンキホーテを過ぎた交差点を左に曲がった先にあります。駅周辺ですが駐車場があるので助かります。
最近、東横のみそを食べていません。冬場の寒いときに食べたくてお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、厨房に向かって中央寄りカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。そこそこの歴史がありそうな庶民的で大きなお店です。正午前に着きましたが、帰るお客さんとすれ違っただけで他にお客さんがいません。
メニューは、味噌・醤油・塩の各ラーメン、つけめんを始め、定食まで幅広くやっています。麺の量も×0.5、×1、×1.5、×2、×2.5、×3、×4と野菜みそラーメンの野菜を楽しみたい女性から大食らいまで対応できるようになっています。サービス券があり、麺大盛り、半ライス、煮玉子のいずれかのサービスを受けることも出来ます。いつも通りお店の一番人気であろう野菜みそラーメン(大盛)にしました。
すぐに作り始めましたが、麺のゆで時間がかかるようでやや早で出来てきました。
麺は、太い縮れの硬めでモチモチしています。東横の濃い目のスープに合う麺です。好きなタイプではありませんが、野菜炒めを食べている間にちょうどよくなります。
スープは、割りスープが付くぐらい味噌味が濃厚で、かなりしょっぱいものです。味噌の旨みと自然な甘さが特徴的なスープです。割りスープで割り易いようにか?少なめです。麺や野菜炒めなどを食べて、濃いめのスープを直接飲んで楽しんで、さらに割りスープを入れて普通か少し薄味程度にして楽しみ、スープを飲み尽くします。
トッピングは、キャベツともやしの炒め物だけです。火は通っているのですがシャキシャキした野菜の新鮮さのようなものを感じます。キャベツが多めで嬉しくなります。野菜炒めもまた濃い目のスープと良く合い、ちょうど良い感じの味になります。
東横の味噌は、好きになるというよりも癖になる味です。食べる程に好きになります。割りスープで遊べるのが嬉しいです。値段も野菜みそラーメンで750円です。サービス券で大盛りや半ライス、煮玉子を楽しめるのでなかなか良い値段だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.22

長岡しょうがらーめん

長岡しょうがらーめん

先日、武神でネギラーメンを食べていたら、壁に長岡しょうがらーめんと書かれた貼紙がありました。しょうゆ味とみそ味の2種類があり、それぞれ2食入り250円です。
購入前は、生麺なのかと思ったら乾麺です。今日、昼のラーメンで食べてみました。
麺は、ストレート太麺でつけめんに良さそうな麺です。ちょっと好みじゃない麺です。
スープは、あっさりしていて醤油味と生姜がしっかり効いた思った通りのものでした。
トッピングは、何も付いていなくて冷蔵から合うものを適当にのせていただきました。
麺は好みじゃなかったけどまあまあです。1食125円だからなかなかお手頃です。
販売者:株式会社越後屋重兵衛(柏崎市高柳町) 監修:らーめんたかみち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.21

拉麺伝 武神

武神

三条市の「拉麺伝 武神」です。
国道8号線沿いの白根寄り、「ラーメンショップ 三条店」のあった場所になります。
なかなか仕事でも通らない場所です。朝昼食でも食べようと思いお邪魔しました。
お店は、中央に厨房があり、厨房を囲むように左右と手前にカウンター席があります。中規模のラーメン店です。ラーメンショップ当時と同じような配置ですが、全体的に綺麗になっています。入って右側に食券販売機があります。ラーメンショップ当時に特徴だったザルにラーメン代を入れる清算方法ではなくなりました。早い午前10時開店で、午前10時20分ぐらいに着きました。他にお客さんはいません。
メニューは、ラーメン、みそラーメン、塩ラーメン、つけ麺が揃っていて、ネギ、チャーシュー、メンマを加えたバリエーションがあります。カツカレーもあります。ラーメンショップ当時ネギラーメンが人気のお店でした。武神もネギラーメンが人気のようです。ねぎと味噌の組み合わせも好きですが、今回は普通のネギラーメンにしました。
カウンター上のステンレスのザルにゆで玉子がいっぱい入っています。無料だそうでゆで玉子の殻を剥きながら、食べながら待ちます。普通の待ちで出来てきました。

武神 ネギラーメン

白い器に豚骨の白濁したスープ、トッピングで表面がなかなか結構賑やかです。
麺は、細く弱い縮れで、ツルツルしていますが九州ラーメンのような歯応えです。
スープは、白濁した見た目通りの豚骨で、かなり濃厚なトロミ感のあるものです。
トッピングは、チャーシュー、太メンマ、ネギ、ワカメ、海苔です。大きなチャーシューは厚みもしっかり、脂身が少なく固めにようでもろく壊れます。メンマが良い味付けです。スープで感じる濃厚さからくるこってり感もネギが和らげてくれます。
麺、スープ、トッピングともバランスの良い豚骨ラーメンでした。ネギラーメン800円とちょっとお高い感じもします。ラーメンが650円ですから、それぐらいなんでしょう。ゆで玉子無料であること考えると玉子好きには妥当な線になるしょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012.01.20

麺や 真登

真登

長岡市の「麺や 真登」です。
長生橋から長岡インター方面に向かった先、喜多町プラザの建物の一角です。過去に「源ラーメン」→「麺屋つかさ」→「中華 天天」があった場所です。オープンしたのは知っていましたが、長岡地区に行く機会がなくてようやくお邪魔できました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席のやや小さめのお店です。お店の中はまあまあ綺麗ですが、厨房の壁が以前のままのようです。午後12時30分過ぎに着きました。前に1人並んでいますが、食べ終わって出るお客さんと入れ替わりですぐに座れそうです。お店に入ってすぐ左に食券販売機があります。
メニューは、あっさり細麺の部と濃厚太麺の部に分かれています。あっさり細麺の部は薫る塩と鳥だし醤油、濃厚太麺の部は濃厚醤油ラーメンとつけめんがあります。それぞれ半熟煮玉子入り、チャーシュー、特製とさらにバリエーションがあります。盛りは別の券で、中盛は無料(スタッフまで)、大盛100円増し、特盛150円増し、漢盛200円増しです。トッピングもいろいろありますが、白ワイン仕立ての半熟煮玉子があり、100円です。メニューの半熟煮玉子入りの値段差も100円です。いつもなら鳥だし醤油といくところですが、一番のお勧めであろう薫る塩(普通盛)にしました。
ロックの音量か大きく煩いお店。加えて隣のあんちゃんのスマフォがガチャガチャ鳴っています。ちょっと変なお店に来てしまいました。出来上がりを待っている多くいますが、お店の規模に比べスタッフも多く、思ったよりも早く薫る塩が出来てきました。

真登 薫る塩

白い器に黄金色のスープ。お店の雰囲気とは似つかわしくない上品で丁寧な出来です。
麺は、縮れの弱い細い麺で、九州のラーメンにも少し似た歯応えの良い楽しい麺です。
スープは、魚と鳥に海老やホタテの旨みが加わったものと説明書きがありましたが、確かに塩ラーメンなのかと思うほど旨みがあります。あっさりというよりまろやかなスープです。なかなか良いのですが、旨みを出すためか油が多過ぎるように思います。
トッピングは、赤っぽくてローストビーフかと思えるようなチャーシュー、メンマ、海苔、白髪ねぎ、白髪ねぎの上には焦がして香ばしくなった桜海老でしょうか。
上品で、麺とスープが合っていてレベルの高いラーメンです。多めの油と海老の香りがちょっと重たかった。海老の代わりに柚子が欲しかった。680円とちょっと高めでしょうか。煩い場所に行きたくなったら鳥だし醤油にチャレンジしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.19

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間、三越の西側交差点を渡って南側の路地を入った先にあります。
少なくなったワンコインラーメンで食べられるラーメン店の中でも、ただのラーメンではなくうま煮そばとあんかけのラーメンがワンコインで食べられる別格のお店です。
古そうな建物に数件のお店が入っているうちの1軒です。お店の入口も古く、暖簾を潜ると小さな店内が目に入ってきます。右側奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席、左側に小さなテーブル席です。午後12時15分頃に着きました。結構混んでいます。カウンター席はほぼいっぱいですが、テーブル席が空いていて座れました。
メニューは、ラーメンとうま煮そばです。このお店はうま煮そばを食べたくなると来るお店です。最近は間違うお客さんもなくなり100%うま煮そばが注文されています。セルフサービスの水を取りに行く途中で『うま煮!』と注文します。
今日は、親父さんとおばさんの2人です。親父さんがうま煮を作って、おばさんが麺をゆでたり盛りつけたりします。中華鍋で一度にたくさんのうま煮をまとめて作ります。お店に入った時のうま煮の有無で待ち時間が違います。先のお客さんのうま煮そばを作ったところでうま煮がなくなりました。お客さんが多く、予め次のうま煮の準備が進んでいました。少し待ってうま煮が出来上がり、そしてうま煮そばができてきました。
白菜中心のうま煮がいい感じです。うま煮の色あいとトロミ具合に期待が高まります。
麺は、極細に近いシコシコした細麺です。強めの縮れがうま煮を上手く絡めてきます。
スープは、うま煮と混じって判り難いのですが、塩分が控えめの癖のないものでます。
トッピングは、うま煮だけです。白菜、玉ねぎ、もやしと玉子、挽肉が加わったあんかけです。ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
新潟らしい麺とうまいあんかけ、健康的で500円と身体にも懐にも優しい一杯です。

スープ最後の一滴まで美味しく食べれますが、もう少し食べくなります。しかし、ここで止めておくからまた食べたいと思うのでしょう。もう1杯食べようかと思ったこともありますが、スープまで美味しく食べようとすると2杯は無理なので諦めています。今日、おかわりする人を初めて見ました。最後まで美味しく食べれたらいいのですが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.18

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+バター+わかめ

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左に曲がった先、神社なんかがあるところの向かいになります。駐車場がないので路線バスの支障にならないように路駐して食べます。
今年初になります。年が明けても野菜味噌ラーメンを食べたくてお邪魔しました。
お店は、車庫の奥に入口があるような感じです。さらに奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席、手前に小さなテーブル席1卓、奥の左側に小さな座敷があります。ちょっと古い感じで照明も押さえた落ち着いた雰囲気です。午後12時15分頃に着きました。路駐の車も多くお店も混んでいます。中に入って少し待って座れました。
メニューは、醤油、味噌、塩があり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメンがあります。今回もトッピングを加えて楽しもうと思います。野菜味噌ラーメン+バター+わかめにしました。大盛りが50円UPなので普通なら大盛りにしたいところですが、終盤になるとちょっと飽きがくるので最後まで美味しく食べられる普通の盛りにします。
今日も店主と奥さんの二人です。注文を聞くのが早いですが出来上がりも早いです。
黒く渋い器です。白味噌仕立てのスープの色とそれに映える野菜が美味しそうです。
麺は、細い縮れで、ごく普通の麺ですが、歯応え、ツルツル感やモチモチ感などバランス良く整ったものです。また、スープとの絡みも良く食べ易いとても好きな麺です。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたもので、色が白く味噌の旨味と適度な甘さとしょっぱさ、優しさがあります。この優しさが他ではなかなか食べられないものです。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやし、トッピング追加のバター、わかめです。キャベツは、好みのレタスのような食感です。ちょうど食べ易い厚さが均一のところを使っています。茹で加減が良く、味噌のスープと相まっていい味になります。バターのまろやかな味と香り加わり、わかめが爽やかな後味を演出してくれます。
とても好きな優しい味噌ラーメンです。トッピングの追加や大盛りなどがほとんど50円増しとお手頃です。味噌野菜ラーメン600円+100円で700円でした。毎日味噌汁を飲んで育ったからでしょうか?この味噌ラーメンは毎日でも食べられそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.17

笑美寿亭

笑美寿亭 チャーシュー麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。本町通と上大川前通を結ぶ小原小路沿い、竹山病院の脇です。
笑美寿亭の担々麺15種も制覇したので、ランチか担々麺以外のまだ食べていないものを食べようと思います。最終的にメニューを見て決めることにしてお店に入ります。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町の食堂って雰囲気の中規模のお店です。午後12時15分頃に着きました。大勢で押し掛けましたが、お昼の真っ最中ですが、カウンター席が空いていて全員座れました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあります。このお店ならではの15種類の担々麺があり、ランチは鶏青ネギ塩ラーメント半チャーハン、牛肉入り麻婆豆腐定食、ズワイガニト岩のりのスープチャーハンの3種あります。スープチャーハンも機会があれば食べたいと思っています。通常メニューからチャーシュー麺にしました。
いつもは結構早く出来てくるのですが、今日は少し時間がかかって出来てきました。
黒く、渋く、センスの良い器、存在感のあるトッピングが器の表面を飾っています。
麺は、縮れのある細いものです。モチモチ・ツルツルした食感がとても楽しい麺です。
スープは、醤油味のあっさりしてそうでまろやかな、旨味があり、癖のないものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、ほうれん草などです。とんとろ、肩ロース、チキン、3種のチャーシューがいろんな違った食感を楽しませてくれます。
食べ易い麺、あっさりまろやかで旨味のしっかりしたスープ、存在感あるトッピングが楽しめるチャーシュー麺でした。900円とお高いですがいいものをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.16

松浜ラーメン 奥次郎

奥次郎 松浜醤油らーめん(鶏ガラ煮干し)

新潟市の「松浜ラーメン 奥次郎」です。
国道345号線沿い松浜地区、「料理工房 奥次郎」の駐車場入口脇にあります。
旧豊栄市でお昼になり東光の新しいお店で食べようと思いましたが定休日、肉バカはかなりの並びで諦めました。新潟市寄りに移動し奥次郎で食べることにしました。
お店は、奥に厨房、その手前中央な向かい合わせのカウンター席、右にテーブル席、左側に小上がりがあります。外観も中も黒を基調とした落ち着いた和食屋さんの雰囲気の中規模のお店です。また、そのお店の後ろには、簾を使って囲まれた屋台風な場所もありますが、夏場だけの利用でしょう。正午過ぎに着きました。駐車場が、いつも通りほぼ満車に近いのですが、お店は半分程度のお客さんお入りです。「料理工房 奥次郎」のお客さんがきっと多いのでしょう。今度「料理工房 奥次郎」食べてみたいです。
メニューは、松浜醤油らーめん、浜塩らーめんの2種とつけ麺があります。スープは、鶏ガラ煮干しと豚骨魚介から選べるようになっています。ござれ焼きそばや夜限定の味噌らーめんもありました。基本的な松浜醤油らーめん(鶏ガラ煮干し)にしました。
いつもに比べお客さんが少ないこともあり、すぐに!ってぐらい早く出来てきました。
派手さと渋さを併せ持つようなちょっといい感じで、あまり他でも見かけない器です。
麺は、縮れ細麺です。ツルツル・モチモチして細麺でも存在感のしっかりした麺です。
スープは、甘さのあるあっさりしてそうで優しいまろやかなものです。煮干しの風味と鶏ガラの旨味がある味わい深いものです。さすが和食・洋食をこなす奥次郎です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、海苔、2種類のねぎの輪切りです。
和食から自然に発展したような無理のない食べていて楽しいラーメンです。630円と安くはありませんが、それ以上に満足できるワンクラス上のラーメンだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.15

麺や 力

力

新潟市の「麺や 力」です。阿賀野市(旧安田町)から新潟市に移転してきました。
新幹線の高架下、女池と新和町の中間にあります。泉貴があった場所になります。
阿賀野市(旧安田町)の国道49号線沿いにあったとにおろしとんこつらーめんとみそらーめんを食べました。新潟内に移転してきたので、また食べようとお邪魔しました。
ゆうくり午後1時30分頃に着きましたが、玄関に待っている家族連れがいます。店員が車で待っていれば迎えに行きますとのことですが、新幹線の高架下なのであまり雪にも当たらないので外で待つことにしました。お店の席数もそんなにないのでしばらく待つことになりました。20分ほど待ったでしょうかようやく席が空き座れるようです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、左側に小上がりがあります。明るい木目調が印象的な清潔感のあるお店です。泉貴のときも綺麗だったのでそのままのようです。

力 メニュー

メニューは、らーめん、みそらーめん、ネギらーめん、おろしとんこつらーめん、坦々めん、それらのトッピングを充実させた特製があります。後につけめんもやるようでシールで隠されています。らーめんを注文すればライスが無料です。移転前はもやしキムチもありましたがどうでしょう。メニューには、そのライスを食べるためのおかずもあります。チャーシュー丼などを作れるようになっています。生玉子が30円なのでそれで玉子かけご飯が一番お手頃かと思われます。普通のらーめんにしました。
小さめのお店に対してスタッフも多く、思いのほか早く出来上がってきました。

力 らーめん

ちょっと渋めに器にあっさりして優しそうならーめんです。期待できそうです。
麺は細麺の縮れで、ツルツル感と噛み応えの良いちょっと嬉しくなる麺です。
スープは、醤油味ベースになっていますがそんなに醤味の主張が煩くない中華そば風のものです。あっさりしていますが、旨味とまろやかも持ち合わせた好きなスープです。
トッピングは、大きめで歯応えの良いチャーシュー、メンマ、水菜、味玉半個です。
最近のオープンのお店の中でもしっかりしたラーメンを出してくれるお店が増えて嬉しく思います。味玉半個が入って550円ですからワンコインラーメンに近いものがあります。それでライスも食べられるのですからかなりのお手頃なお店です。

力 おろし特製

力 チーズみそらーめん

力 ギューザ

子供たちが食べたおろし特製とチーズみそらーめん、ギョーザです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.13

大衆食事処 味の八珍亭

八珍亭 特製ネギみそラーメン

新潟市(旧巻町)の「大衆食事処 味の八珍亭」です。
新潟寺泊線沿いにあります。お店の前と少し離れた場所の2箇所に駐車場があります。午後1時20分過ぎに着いたのでお店前の駐車場も空いていて停める事が出来ました。
昨日のshigeさんからのコメント見たり、返しコメントを書いていたらしっかりした野菜炒めののった味噌ラーメンが食べたりました。八珍亭で食べようとお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、厨房手前にカウンター席、中央が小上がりというか大広間というか広いスペース、その手前にテーブル席、右側に個室の座敷があります。とても広い定食屋さんのような雰囲気です。この時間は空いています。真ん中に陣取りました。
メニューは、麺類と定食などあり、ドリンクバーまであります。麺類は、醤油と味噌を中心に中華系まで揃っています。このお店の一番人気に特製みそラーメンがあります。最近の寒さに負けないようねぎを食べます。特製ネギみそラーメンにしました。
一段落しゆったりとした感じですが、もともと出来が早く今日も早く出来てきました。
たっぷりの野菜、ねぎとチャーシューが、見た目から食欲をそそる味噌ラーメンです。
美味しそうな匂いがします。ニンニクが効いています。のんびりと味噌味のスープに馴染んだ野菜を食べます。少し麺が落ち着いたあたりで掘り出して食べようと思います。
麺は、丸く太い縮れの強いもので好みではありませんが、元気の良さを感じる麺です。
スープは、濃厚味噌味ですが、油が少なくさらさらしています。濃い味なので太い麺でも絡まります。野菜も味噌味が絡み、食べ易くなっています。バランスが取れてます。
トッピングは、チャーシュー、たっぷりのキャベツ・もやし・玉ねぎの炒め物、きくらげ、ネギです。炒め物とスープとの絡みも良く、これ自体がひとつのお料理といって良さそうなものです。ねぎは、太めに切っているのでネギの味を存分に楽しめます。白髪ネギなんかじゃ薄れるネギの風味がストレートにきます。辛味もいい感じです。
食べ易い中麺が好みですが、存在感のある太麺も味噌ラーメンに合います。特製ネギみそラーメンを最後まで楽しくいただきました。930円とちょっとお高い昼食になりました。八珍軒は、特製みそラーメン780円の方がコストパフォーマンスが良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.12

「ラーメン万人家 大学前店

万人家新大前店 つけG麺

新潟市の「ラーメン万人家 大学前店」です。
新大五十嵐キャンパス前の通り沿いにあります。コンビニなど一緒の敷地にあります。
お店は、奥に厨房、中央にカウンター席として使われている大きなテーブル、右側にテーブル席、左側に座敷があります。紫竹山店や中山店と同じで木の質感を使った落ち着いた雰囲気です。午前11時40分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客の入りです。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたものとつけめんです。さらにG麺があります。G麺の説明が壁に貼ってあります。極太麺(Gokufutomen)のG、ガッツリ(Gattsuri)のG、ニンニク(Garlic)のG、三つGからG麺と名付けたようです。さらにチャーシュー3枚、メンマ、味玉を加えたガッツリG麺もあります。つけ麺が好きな同僚と一緒で、同僚がつけG麺にしたので合わせてつけG麺にしました。
太麺なのでゆで時間がかかるのか思ったよりも時間がかかって出来上がりました。
目立てばいいようなつけ麺が多い中、あまり飾り気のないところがいい感じです。
麺は、平打ちのモチモチ感の強い太麺です。適度な縮れの食べ易い楽しい麺です。
つけ汁は、背脂が浮いた醤油味の癖のないものです。太麺に合う好みのものです。
トッピングは、チャーシュー、もやしとキャベツのゆで、唐辛子がかかっています。
癖のない食べ易いつけ麺でした。750円とちょっと高めですが、麺が2玉(340g)もありボリュームがあります。こういう食べ易いつけめんは歓迎したいです。
注文時にじゃんけん大会をしています。店員に勝つとチャーシュー以外のトッピングが無料追加できます。いつまでやっているか知りませんが、面白いいいお楽しみです。
食べ終わって正午過ぎに帰る頃には何人かの待ちができるようになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.11

麺処 花田 上野店

花田

東京都の「麺処 花田 上野店」です。
台東区上野の上野駅前地区にあります。丸井の右脇の路地を少し進んだ先の左側です。
Swinglさんからコメントで紹介いただいたお店です。一度定休日をチェックせずにお邪魔して食べ損なっています。味噌専門店なので、寒くなったこの時期のリベンジです。
午前11時30分開店の少し前に着きました。2人が待っていて、その次に並ぶことになります。暖簾を下げたり準備をしてすぐに開店になりました。お店の中に入ります。
お店は、左側に厨房、その手前と右側にカウンター席がある小さめのお店です。新しいお店の筈が、そんなに綺麗って感じがしません。入って左側に食券販売機があります。
メニューは、味噌、味噌つけめん、辛味噌、辛味噌つけめんの4品ととてもシンプルです。トッピングがいろいろあり、追加して楽しむことができます。初めてなのでシンプルに味噌にしました。奥から詰めて座るようです。食券を出すと野菜大盛り無料、にんにく増し無料、平日ランチタイムごはん無料とのことです。ごはんをお願いしました。
表の看板には“東京随一濃厚味噌スープ。野菜をじっくり炒めることによって生まれるうまみ。特製の赤みそと白みそのブレンドで引き立つ甘み。豚骨ベースの濃厚スープで仕上げました。”と書かれています。どんな濃厚さかとても楽しみです。麺が太いためかなりゆで時間がかかるようです。少し待ったかなって感じで味噌が出来てきました。

花田 味噌

黒い細めの深い器です。濃厚そうなスープが映えます。なかなか綺麗な盛り付けです。
麺は、太めの縮れでモチモチ感の強いものです。硬過ぎることもなく食べ易い麺です。
スープは、赤味噌と白味噌の合わせで、白味噌に寄っています。味噌の味やしょっぱさに濃厚さはなく、とても強いトロミが濃厚の意味でしょう。太麺との絡みも良好です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ、ほとんどがもやしの野菜炒めです。野菜大盛りも食べようかと考えましたが、もやしなので普通にしておいて良かったです。
あまり見かけないドロドロした味噌ラーメンでした。トッピングも充実して790円です。東京都内なのでいい線でしょう。ドロドロしたスープは好みではありませんが、味噌味だと楽しめました。久々に赤道食堂の特製味噌ラーメンが食べたくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.10

ラーメン ちくに

ちくに 中華そば

村上市の「ラーメン ちくに」です。
村上市役所近くにあります。城下町らしい住宅地の中にあります。解り難い場所です。
遅くならずに村上に入れました。こういう日は昼営業が午前11時30分から午後12時45分と短い「ちくに」で食べれます。午後12時20分頃に着きました。お店近くの駐車場に車を停めてお店まで行くと、隣に軽自動車専用の駐車場が出来ていましす。
お店は、左奥に厨房があり、食堂には所狭しとテーブルが置かれています。すべて4人掛けのテーブルです。そこそこ古めの地元の食堂って雰囲気です。相席で座れました。
メニューは、中華そば600円と中華そば大盛り700円、肉そば900円ととてもシンプルです。好きな1つのスープで勝負しているお店です。中華そばにしました。
おじちゃんとおばちゃんの2人で切り盛りしているお店です。年輩の夫婦が1つのスープでラーメン屋さんをやっているって、微笑ましい感じでリピートしたくなります。
セルフサービスの水を準備して待ちます。食べ終わって帰るお客さんと新たなお客さんでテーブルが空くことなく程良く混み合った状態が続きます。結構時間がかかるかと思いましたが、以外と早く出来てきました。結構一度にたくさん出来上がります。
いつもの中華そばらしい器に波々と盛られ、表面に脂であろう幕が出来ています。
麺は、やや細の弱い縮れで一般的な感じですが、かなり軟らかめにゆでられています。好きなゆで加減ではありませんが、自然なバランスが良さに納得しちゃいます。
スープは、煮干しダシの効いたものです。透き通っていますが、醤油の色ではありません。味付けは、醤油を前面に出さない、塩を上手く使ったものです。あっさりしていそうですが、油もちょっと多めにあり、まろやかさと少しこってりした感じもあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門です。チャーシューはバラ肉で適度な歯応えがあります。昔ながらの食べ易いチャーシューなんだろうと勝手に思います。
煮干しダシが懐かしく、軟らかな麺もこれが特徴と思うと全然気になりません。中華そば600円なので安くはありませんがなんか昔から頑張ってそうで食べたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.09

新パソコン

パソコン10号機

注文していた新しいパソコンが送られてきました。

品名 ESPRIMO DH70/EN
・OS:Windows7 Home Premium 64ビット
・CPU:インテル i7-2600 (4コア/HT/T/3.40~3.80GHz)
・メモリ:16GB (4GB×4)
・HDD:2TB
・ドライブ:Blu-ray Discドライブ
・ディスプレイ:24型ワイドVX液晶 [SUPER Full HD]
・グラフィック:AMD Radeon HD 6570
・無線通信:内蔵 (IEEE 802.11b/g/n準拠)
・拡張I/F:PCI Express×16、USB3.0×2、USB2.0×6

今までのPen4の3.0GHzもかなり重たくなっていましたが、これでシャキシャキ動いてくれるでしょう。1日がかりでの移行作業もほぼ終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.08

城下町しばた全国雑煮合戦

城下町しばた全国雑煮合戦 会場

新発田市で開催された「第八回 城下町しばた全国雑煮合戦」に行ってきました。
会場は、昨年まで新発田城址公園で行われていましたが、今年から新発田市地域交流センターに変更になりました。前回までは足元が悪いので長靴でしたが、今回からは良さそうなのでスノトレで向かいます。自宅を早めに出て会場近くには午前9時到着しました。カルチャーセンターの駐車場から無料シャトルバスで会場入りするのが一般的でしょうが、長居するつもりもないので会場前のコインパーキングに駐車しました。
第四回合戦から参戦して今年で5回目になります。全国の雑煮が近くで食べられるので楽しみにしています。今回も全国のレストラン、ホテル、民宿、料亭、割烹、食堂、農協、商工会議所など広い業種から40店が参加しています。昨年の52店から少し減りました。いろいろな食材を自由に使用しての雑煮で、価格は300円から500円です。
午前10時からの販売開始ですが少し車で休んで午前9時30分に会場入り、後からだと待ちが長くなり大変だろう雑煮に並んで販売開始時間を待ちます。本当に並び始めたばかりでしたが列がどんどん長くなります。ステージでは開会式が行われています。開会式が終わり予定時間よりも少し早めの午前9時55分に販売が開始されました。

城下町しばた全国雑煮合戦 北の幸 北海雑煮

最初は、「恵庭YEGすずらん城」の北の幸 北海雑煮です。
いつも人気でなかなか食べられない雑煮です。今回は、最初に食べれました。素材はすべて北海道で、日高産毛ガニ、釧路産秋鮭の焼漬し、長万部産ほたてバター焼き、襟裳産つぶ貝串打ち、小平産甘海老芝煮新條津産グリーンアスパラ、大根、人参、長ネギ、三つ葉他です。味噌仕立ての雑煮で冷えた身体が温まります。デラックスな駅弁のような厳選された素材が嬉しいです。500円です。スタッフと話しが出来ました。食材とも恵庭から日本海側の小樽まで移動してフェリーで新潟に入っているため採算が取れないとのことです。ありがたいことです。また、過去の例からも絶対売り切れるので丁寧に盛り付けようとスタッフ間で指示が飛んでいました。さすがの仕事ぶりです。

城下町しばた全国雑煮合戦 牛すじ入りもち天ぞう煮

次は、山形県からの参加で「米沢商工会議所青年部」の牛すじ入りもち天ぞう煮です。
やわらかなもちのもちの天ぷらにあっさりだしのつゆがしみこんだ最高の味わい。あっさりつゆには天ぷらの上品な油がしみ出し、味のハーモニーは最高潮へ!山形県内の天童冬の陣鍋合戦や米沢グランプリで準優勝の実力の雑煮。ってPRになっています。400円です。ボリュームはありません(ありがたい)が、出汁の美味しさに感激です。

城下町しばた全国雑煮合戦 山形牛すじ雑煮

次も、山形県からの参加で「尾花沢幸食品」の山形牛すじ雑煮です。
山形牛すじ煮、大根、にんじん、ごぼう、などじっくり煮込み、スタミナ食としてもベストなしょうゆ味です。ってPRになっています。先程の米沢は上品に纏まっていましたが、同じ山形でも尾花沢は豪快な仕上げになっています。牛肉、牛すじ肉が山盛り、ゴロゴロと入っています。400円でいいのかなと思ってしまうほどのボリュームです。

城下町しばた全国雑煮合戦 ふるさと津軽雑煮

4杯目は、青森県からの参加で「弘前商工会議所青年部」の津軽味噌と煮干出汁のハーモニー『ふるさと津軽雑煮』です。
弘前の郷土料理「けの汁」をベースにした雑煮で、6種類以上の野菜と山菜を津軽味噌と煮干出汁でじっくり煮込んだヘルシーで栄養満点な逸品です。実家に帰省するとお母さんではなく、おばあちゃんが必ず作ってくれる様な、そんなどこか懐かしくホッとする津軽の味です。ってPRになっています。本当に田舎に帰ったときに食べれるような懐かしい味です。青森県産の大きなホタテがいっぱい入っています。400円です。
食べたいと思っていた東北から参加の3雑煮を無事に食べることが出来ました。

城下町しばた全国雑煮合戦 熟成近江牛のすき焼き風雑煮

最後に、滋賀県からの参加で「彦根商工会議所青年部」の熟成近江牛のすき焼き風雑煮です。
日本三大和牛の中でも最も歴史が古い近江牛を使ったすき焼き風の雑煮です。滋賀県産永源寺こんにゃくや丁字麩といった特産品もはいった贅沢な逸品です。ってPRになっています。上にのった麩が出汁を吸って最高です。肉はもちろんですが、確かにこんにゃくも美味しいものでした。500円です。期待したひこにゃんはいませんでした。
今年も容器の内側のフィルムを剥がしてリサイクルコーナーに出す容器の使用でした。

食べました。もうお腹いっぱいになりました。

ラーメン店関連の出展は以下の通りありました。

ラーメン東横
  三種の水餃子・祝いの鶏雑炊
麺や来味
  薩摩節・豚白湯 炙りBIGチャーシューのせ雑煮
らーめんと餃子の店 竜胆
  ラーメン屋が作る情熱レッドホットチリ雑煮
屋台 道楽
  新発田名物 安兵衛ラーメン雑煮
東京とんこつラーメン 麺ちん
  揚げもち入りシーフードお雑煮麺

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.07

精米機

精米機

精米機を購入しました。山本電気の道場六三郎監修ライスクリーナー 「匠味米」です。
秋田の実家や親戚から玄米をもらうことが多く、その度にコイン精米所で精米していましたが、精米したばっかりで炊いたご飯が美味しいらしく欲しいと思っていました。
最近、家庭用の精米機が値崩れを起こしているらしいとのことでネットで確認、…。ビッグカメラで結構安くネット販売しています。ビッグカメラはテレビショッピングなんかの価格で店頭販売もするので店頭で確認します。かなりお高い値段を表示しています。店員に販売価格を確認しても表示金額とのことでした。ネット販売価格との差が大きいことを店員に言うと確認して、ネット価格で販売できるとのことでお安く購入できました。

さて、ご飯が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.06

おかず麺処 じじ&ばば

じじ&ばば 担々麺

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
古町地区中心の鍋茶屋通りからの下手、広小路に近い東新道通り沿いにあります。
新年早々、仕事で遅くなりました。バスがなくなり例によって夕夜を食べて帰ります。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。街がそんなに賑わっていませんでした。じじ&ばばも空いています。2組ぐらいのお客さんが入れ替わりで居るいい状態が続いています。団体さんも来ましたがちょっと入れませんでした。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメンや担々麺など中華系も充実しています。マーボーメンや担々麺が人気です。その担々麺にしました。
麺類待ちのお客さんがいないときだったのでいつもより早く少し待って出来ました。
今日も彩が美味しそうです。バラエティに富んだトッピングに食事って感じがします。
麺は、やや太の平打ちっぽい縮れで旨みのある麺です。力強さのある麺で、プリプリ感とモチモチ感のバランスの良い麺です。じじ&ばばには、2種の麺があります。細麺が新潟らしい細縮れで好きですが、太麺も存在感や麺自体に旨みがあり好きです。
スープは、最初に豊かな胡麻の風味がきて、その後味噌と豆板醤のしょっぱさ・甘み・まろやかさ・香り・辛みがまろやかでいい感じに交わっているの感じが広がります。
トッピングは、挽肉・筍・椎茸などの炒め物、レタス、辛ねぎ、メンマです。挽肉・筍・椎茸などの炒め物は、トロミを無理して加えていないところや挽肉の量が多く、普通のお店の担々麺よりも料理って感じがします。レタスは、青みのあるところ使って良い色を添えています。辛ねぎも無理に混ぜることなくねぎのシャキシャキ感を残しています。
見た目で楽しませてくれて、好きな味でを楽しんで、結構ボリュームがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こまどり

こまどり みそねぎチャーシューめん

新潟市(旧巻町)の「こまどり」です。
新潟寺泊線竹野町交差点から稲島方向。すぐ右側にあります。交差点から見えます。
新潟濃厚味噌ラーメンの代表的なお店です。新潟のラーメンを良く食べている出張者とのお昼になりましたが、「こまどり」で食べたことがないとのことでお邪魔しました。
お店は、入口付近にテーブルの個室があり、中に進むと右側に広い厨房、中央にカウンター席、左側に広間を長くしたような小上がり、奥に座敷があります。広く古さもいい感じのお店です。ちょうどお昼に着きました。混んでいますが小上がりに座れました。
メニューは、味噌ラーメンを中心に揃っています。麺も3種類用意されています。味噌用が太麺と平麺、他が細麺なっています。テーブルに置かれた盾風の他にパウチされたメニューもあります。そのメニューに書かれたみそねぎチャーシューめんにしました。
お昼を回って混んできました。それほどではありませんが並び始めました。席数の多いお店なので厨房もパワー全開で活気があります。思ったよりも早めに出来てきました。
味噌ラーメンらしいスープとたっぷりのねぎです。辛子高菜の別小皿が付いています。
麺は、やや太の平打ち縮れ麺です。いい硬さのモチモチして噛み応えの楽しい麺です。
スープは、赤味噌ベースの味噌味、とんこつが自然な旨みを加えています。今日は濃厚で味噌の香りが強くしょっぱいです。この前薄味の野菜とんこつ味噌ラーメンとはまったく別物です。甘さも控え気味で、油が少なくあっさりしたスープです。
トッピングは、チャーシュー、豚バラ肉、メンマ、きくらげ、たっぷりの白髪ネギです。
前回と同じ店かと思えるほどのしょっぱさが違います。でも、前回がなんかの間違いで薄味、今回のこれぐらいのしょっぱさがいいです。みそねぎチャーシューめんが850円とちょっと高めですがトッピングを考える妥当な線でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.05

青島 西堀通店

青島西掘通店 ラーメン(大)+ねぎ50

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の中心部、西堀通りに面しています。イタリア軒の並びで、下手側になります。
年の初めは好きなもの食べようかということで、やっぱり青島を食べようと思います。
お店は奥行きがあり、入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房、左側と手前にカウンター席の開放感のある広い飾り気のないラーメン専門店らしい雰囲気のお店です。午後12時15分過ぎに着きました。7割程度のお客さんの入りです。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それの大盛りとトッピング等の追加です。好きな1スープで勝負しているお店です。大盛りが50円アップと安いので助かります。大盛を遠慮してましたが、お腹が空いたのでラーメン(大盛)+刻みねぎにしました。
中ほどの席に座って待ちます。今回も泉谷しげる似の親父さんともう1人の2人でやっています。泉谷しげる似の親父さんはバラツキがなく安定したラーメンが食べれます。
他のお客さんはすでに食べていて、すぐに作ってもらえました。早く出来てきました。
濃色スープにねぎの淡い緑色が彩りを添えます。黒胡椒を多めにかけていただきます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合でこれといって特徴はありませんが、ツルツル&プリプリ&モチモチと食感や噛み応えが良く、旨味のあるバランス取れた好きな麺です。
スープは、ダシと醤油のしっかりした旨みを生姜と胡椒がきりりと引き締めています。麺に絡めて食べても飲んでもとてもいい感じです。今回は、熱さも程良くスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、刻みねぎです。チャーシューの旨味や硬さは変わりありませんが、以前のような弾力感が感じられません。
新潟市内も冬らしい天気が続いています。寒い日には、生姜の効いたスープは暖まります。ラーメンは700円で割高に感じますが、大盛り750円は最近のお店の大盛りと遜色ない値段です。刻みぬぎをトッピング増量して800円、満足満足の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.04

ラーメン工房 まるしん

まるしん つけめん(2.5玉)

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン工房 まるしん」です。
駅南弁天橋線のズーッと南側、鵜の子交差点からの道路を越えた先にあります。
仕事始め、新潟ラーメン始めはつけめんが好きな同僚と新潟駅近くで迎えました。数少ない食べれるつけめんのお店の中から足を伸ばしてまるしんで食べることにしました。
1月4日は、正月休みと仕事始めの両方のお客さんで混んでいるのではと思いながらお店に向かいます。午後12時10分頃に着きました。広い駐車場がほぼ満車でなんとか停められました。お店の中に20人ぐらい並んでいます。時間もあるので待ちます。
お店の入口には風除室があり、食券販売機が置かれています。さらに入ると左奥に厨房、その手前にテーブル席、右側に周りの窓や壁を向いているカウンター席があります。最近のシンプルな雰囲気で、窓が広くて明るいお店です。お店の中から風除室にかけて並んでいて、食券販売機の前まで進んだところで食券が購入できます。
メニューは、食券販売機を見なければ解らないので不自由です。並んでいるとゆっくり購入できますが、並んでなくて後ろに人が居たりすると嫌です。つけめんをメインにラーメンも豊富に用意されています。お腹が空いたのでつけめん(2.5玉)にしました。
さらに待ってお店の中へ入ります。お店に入ると店員が食券を確認します。しばらく待ってカウンター席に座れました。この前はマーボー麺が人気のようで結構出ていましたが、今回はつけめんがほとんどです。もう少し待つとつけめんの出来上がってきました。お店に着いてから注文したつけめんが出来上がるまで35分ぐらいかかりました。
麺もつけ汁も白い器に盛られ、お盆に乗ってます。迫力よりも品のある方がいいです。
麺は、普通の太さの縮れです。太麺、コシの強い麺、パスタっぽい麺など主張の強い麺が多いつけめんですが、ごく普通の麺です。プリプリした歯応えの気持ちいい麺です。
つけ汁は醤油味で、あっさりした醤油ラーメンのスープを濃いめにした感じです。魚介系の風味豊かなものですが、魚粉のようなきつさはありません。少し酸味があります。
トッピングは、つけ汁側に盛られています。チャーシュー細切り、メンマ、たっぷりのもやし、わかめ、海苔などです。食べ易くつけめんとしてバランスの取れたものです。
最後につけ汁を割りスープで割って楽しみます。魚系の風味が増してつけ汁と別のもののように楽しめます。ラーメンのスープ同様のものを期待すると酸味が強く感じます。
つけめん(2.5玉)860円と言う値段もちょっとお高いかなとも思いますが、お腹いっぱいになったので妥当な線でしょうか?麺が食べ易くまあまあ満足の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.03

新潟ラーメン食 報告

新潟4大ラーメン

2011年に食べたラーメンを数えてみました。
対象は、ラーメン、冷し中華、焼きそば(イベント等販売を除く)、つけめんです。

合計は、333杯(そのうち県外42杯)でした。

無理をせずに普通に食べれる時にラーメンを食べて、それの合計した数になります。

他にももっと食べたいものもあるので、今年は300杯ぐらいを食べたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.02

麺、工房 まんがんや

まんがんや

秋田県由利本荘市の「麺、工房 まんがんや」です。
由利本荘市でも少し内陸部に入った場所なります。国道107号線(本荘街道)沿い、日本海東北道本荘インターから横手方面へ向かった先の満願寺交差点近くにあります。
秋田から新潟への移動です。どこで食べようかと思っていたらタウン情報誌TownJohoで秋田のラーメン特集をしているTVコマーシャルが流れていたのを思い出し購入、帰路の途中のラーメン屋さんを探してお邪魔しました。「麺、工房 まんがんや」は、「麺、喰い、工房 なかみち」の姉妹店です。他にも「麺や ぼんず」があります。名前を見たときには、雀荘で美味しかったラーメン部門が独立したのかと思ってしまいました。
お店は、L字型で角の部分に厨房、両サイドにテーブル席と小上がりがあります。新しいお店で家族やグループで食べ易いような席になっています。午後1時ちょうどに着きました。混んでいますが、テーブル席に空きがあり座ることが出来ました。
メニューは、醤油味、味噌味、塩味、焼きそば、チャーハン・飯、定食、点心と揃っています。また、人気ランキングも貼り出されています。上位から、1.みそちゃんぽん、2.みそ担々麺、担々麺ブラック、3.なかみしちゃんぽん、4.五目ラーメン、5.ピリカラタンメンになっています。タウン誌にも取り上げられていた担々麺ブラックにしました。
結構大きなお店なので安心していた通り、普通の待ちで出来上がってきました。

まんがんや 担々麺ブラック

黒胡麻、マー油の黒、海苔からのブラックでしょうか。色の名前もにも慣れました。
麺は、細めで弱い縮れです。ちょっと黒っぽい麺です。歯応えが気持ちいい麺です。
スープは、黒胡麻の風味が豊かで辛さは控えめ、マー油がいいコクを加えてます。
トッピングは、もやし、挽肉の芝麻醤炒め、海苔です。担々麺としてはシンプルです。
黒胡麻の深いまろやかさと控えめな辛さがバランス良く、見た目より上品な味わいになっています。800円と少しお高いような感じもしますが、なかなかの1杯でした。
家族が食べたラーメンです。

まんがんや 味噌ラーメン
味噌ラーメン

まんがんや 広東ラーメン
広東ラーメン

まんがんや 味噌チャンポン
味噌チャンポン

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.01

秋田にて  1月 1日

さて、元旦になりました。当初の予定では、わらび座のミュージカル東日本大震災復興支援公演「おもひでぽろぽろ」鑑賞、イオン大曲ショッピングセンターの「初夢初花火」観覧を考えていましたが、テレビを見ながらのんびりと過ごすことに変更します。
降雪はありませんでしたが、除雪車が活躍しています。グレーダー・ロータリー除雪車の組で除雪したようで綺麗に道路の幅が確保されています。押された雪も少なくて助かります。昼頃に出かけのんき食堂でラーメンを食べ、夕食の買い物をしました。

秀よし 純米吟醸酒 松声

今日の晩酌は、「秀よし 純米吟醸酒 松声」です。2011インターナショナル・サケ・チャレンジの純米吟醸の部で最高金賞を受賞したお酒です。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんき食堂

のんき食堂

秋田県仙北市(旧角館町)の「のんき食堂」です。
旧角館町中心地横町にあります。周辺は居酒屋など昔ながらの店が多い場所です。
記憶に残っている限り最初にラーメンを食べたお店かと思います。武家屋敷から街中に入ると元旦から暖簾が下がっています。昔懐かしい味を堪能させて貰おうと思います。
お店は、左側に厨房、厨房向きにカウンター席、右に大きなテーブル2卓のテーブル席があります。最初にラーメンを食べたときは食堂らしい佇まいのお店でしたが、道路拡幅工事で建て替えられ白い壁と黒い柱の古い街並みにマッチしたお店になっています。スイーツなんかのお店でも良さそうな雰囲気です。午後1時30分過ぎに着きましたが、他にお客さんはなく、後から常連らしきお客さん2名来て方言豊かに話しています。

のんき食堂 メニュー

メニューは、ラーメン、チャーシューメン、タンメンとそれらの味噌味、塩ラーメンがあります。たぶん遠い昔に来たときも食べたであろうと思われるラーメンにしました。
お店の中には、藤あや子のサインが貼られ、藤あや子の局が流れています。角館町出身ですが、のんき食堂近所に実家があったとのことです。昔から食べていたのでしょう。
おばちゃん1人で切り盛りをしていて時間がかかりそうでしたが普通に出来ました。

のんき食堂 ラーメン

シンプルなラーメンです。昔の角館がそのままのような懐かしさを感じるラーメンです。
麺は、やや細の縮れでやや軟らかめです。昔はこれぐらいが普通だったと思います。
スープは、醤油味のあっさりした薄味です。癖のない昔ながらの優しい味のものです。
トッピングは、歯応えのしっかりしたチャーシューとメンマです。とってもシンプルです。
昔ながらの懐かしいスープに、やや軟らかめがこれまた懐かしい麺、シンプルなトッピングで500円です。とっても安心して食べられるラーメンです。今度は飲んだ後にでも。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとうございます。

謹賀新年2012

あけましておめでとうございます。

昨年は、お世話になりました。

本年も、よろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »