« 絆弁当 | トップページ | 冬の彩 »

2012.02.08

富白

富白

東京都台東区の「富白」です。
JR御徒町駅から歩いて行きました。国道4号線昭和通を渡り、向かい側を秋葉原方面に10分ほど歩いたでしょうか?ほんの少し入ったところにひっそりとあります。
swinglさんから紹介いただきたお店、ネットの評判も上々で楽しみにしていました。
開店時間の午前11時30分に着きました。お店のシャッターが半開きで6人程並んでいます。5分程遅れてシャーターが開けられ、暖簾が下げられました。開店です。
お店は、奥に厨房、手前と右側にカウンター席6席の小さなお店です。新しいこともあり綺麗です。左右に入口があり中央の振り返ったところに食券販売機があります。

富白 案内

メニューは、鶏塩拉麺、鶏塩タンメン、鶏塩辛タンメンとそれらにぶたを加えたものがあります。鶏塩拉麺で十分ですがぶたも食べて見たくて鶏ぶた塩拉麺にしました。
カウンター席6席だけのお店の7人目ですから暫く待ちになってしまいました。お店は、席数こそ少ないものの広めで右側の待つための腰掛の席もゆったりしています。店主が1人で全てを丁寧にこなしています。なかなか落ち着いた感じです。
店内の壁に浅草開花楼特製麺と書かれた木の札が掛かっています。県外で製麺所をあまり気にしていないのもありますが、西山製麺みたいに有名な製麺所なんでしょうか。
食べ終わったお客さんと入れ替わりでカウンター席へ。店主の丁寧な仕事振りが見えます。6人のお客さんがちょうど良いのでしょう。そんなに待たずに出来てきました。

富白 鶏ぶた塩拉麺

麺は、細縮れで食感が良く、普通のように見えますがとても食べ易く楽しい麺です。
スープは、塩のあっさりしたもので、鶏の旨みが優しいものです。香味油をたっぷり浮かせていて旨味があります。やや控えめな味でカウンターに置かれた塩や胡椒で好みの味にできます。半分ぐらい食べてから胡椒を入れるとちょっときりりとした味になります。あまり他では食べたことのない控えめから好きな味に変えられるものです。
トッピングは、鶏チャーシュー、鶏だんご、ぶたチャーシュー、かいわれ、玉ねぎのスライス、あおさです。鶏チャーシューとぶたチャーシューは、厚みがあり適度な歯応えもあります。鶏だんごがあるのならぶたはなくても良かったような気がします。
お店は普通のラーメン屋さんですが、とても上品なラーメンでした。控えめな味付けで好みにできるのがいいです。鶏ぶた塩拉麺は750円と手頃にチャーシューを楽しむことができました。大盛りが50円増しなので今度はぶたなしの大盛りにしよう。

|

« 絆弁当 | トップページ | 冬の彩 »

コメント

はじめまして、コメントはじめてなのですがいつもブログ読ませてもらっています。
自分も先日このお店に行ったのですが写真みると豚美味しそうなので豚入りにしなかったのが悔やまれますcoldsweats01

投稿: びた2 | 2012.02.09 15:43

新潟ラーメン日記さん

お忙しい中早速のご訪問、いつもありがとうございます。

お気に召して頂けたようで、安心致しました。

先日、白湯の鷄タンメンも戴いてみたのですが、こちらの出来も上々でしたが、個人的には清湯の鷄塩系の方が嗜好に合っているように感じました。

ちなみに「浅草開花楼」は、首都圏近郊では有名な製麺所のひとつです。

好みや旨いかどうかは別として、あの有名な「六厘舎」で名を売った製麺所でして、太麺ではあちこち名前が出て来ますが、富白さんのように細麺で話題に上ることは珍しいかも知れません。

私の記憶違いかも知れませんが、「永井食堂」さんは群馬の新潟寄りにあるもつ煮込みで有名なお店でしょうか?

だとしましたら、私が新潟方面に向かうときには、一時も早く新潟市内に辿り着きたい一心で関越はアクセルベタ踏み、関越途中下車は考えられませんので、残念ながらお邪魔したことはありません。

商業的には、地元で成功して首都圏や関西圏に進出して大成功ってやり方もあるのでしょうが、私は感心致しません。

やはりその土地に行かなければ味わえない、気候や風土も含めてその店の味だと思います。

数年前に、秋葉原に青島食堂が出来ましたが、全く食指が動きません。

宮内でとまでは言いませんが、せめて新潟市内で戴きたいものです。

その点、みかづきのイタリアンはエライですね。

新潟市民の方には、身体に染み付いたソウルフードだと思いますし、私もあのジャンクさが大好きなのですが、新潟市内からは一歩も出ようとしませんよね。

関屋福来亭さんも、あのロケーションであの長屋(?)の一角にあるからこその、魅力だと思います。

確か6〜7年くらい前に小針に出店されて、ちょうど1年くらい前に米山に移転した「麺屋 忍」というお店は、息子さんなのかどうかはわかりませんが、関屋福来亭さんのお身内の方のお店だと思います。

米山に移転されてからはお邪魔したことはありませんが、小針の頃に伺ったときには悪い印象はありませんでした。

思い付くままに、駄文を長々綴ってしまいました。

ご容赦ください。

また激しい寒波&降雪と、昨夜は地震までありましたね。

諸々、十分ご注意ください。

投稿: swingl | 2012.02.09 20:45

>びた2さん

はじめまして!
ありがとうございます。
ぶたは、大きさや形、硬さなど食べ易く味付けも良く次回にでも是非ご賞味いただければとも思います。
こちらは、ぶたを食べることができましたが、混じりっけなしのALL鶏で食べたかったような心残りがあります。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.02.11 17:22

>swinglさん

上品だけど肩に力が入らないような感じが良かったです。
店主の見た目以上にラーメンがまた上品で良かった。
浅草開花楼って六厘舎の麺がそうなんですか?帰ってからネット検索したんですが確かに太麺の話題ばかりでした。
永井食堂は、その通りの群馬のもつ煮込みのお店です。土曜の夜や日曜にやっていないのでなかなか食べられないお店です。新潟に来る際はぜひ一度食べてみてください。味も良いのですが、購入で買う人も多く普通のドライブインのようなお店にあんなに人が押し寄せるんだろうって状況です。
食べ物は、現地で食べるってその通りだとお思います。また足を運んだ方が美味しいし、記憶に残ります。ただ、秋葉原の青島は、2度ほど行きました。逆に外に出て行ったお店は、関東の人は食べてどんな感想なんだろうかなんて我が子を送りだした親のようです。
「忍」って関屋福来亭と関係していたんですか?古いお店は2回ほど行きました。燕三系の本格的なラーメン屋さんが新潟市内の1軒増えたと思ったことを覚えています。移転後は、米山ってことで笹出線沿いを探してなかなか見つけられませんでしたが、ほんの少し入ったところに見つけることができました。新しいお店は、背脂マーボーめんが評判です。

今年は、雪も多く、気温も上がらないので雪が解けなくて…。いつまで続くやら。
バス通勤していますが、雪で時間がかかるためいつもより20分ほど早く出るようにしています。やや寝不足!?

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.02.11 17:52

新潟ラーメン日記さん

バス通勤ですと、雪道では時間が読めないのでしょうね。

ご苦労様です。

六厘舎は、あの大行列が故に閉店してしまった大崎の店の時代、浅草開花楼とタイアップして営業していたような感じです。

浅草開花楼には、「負死鳥カラス」さんという、覆面レスラーと二足の草鞋を履く名物営業マンがおりまして、他の製麺所とは少し違った切り口の営業スタイルのようです。

私は東京の下町在住なのですが、下町には安価で旨いもつ焼き屋(主に豚の内臓)が多数存在しておりまして、店々でいろいろなタイプのもつ煮込みを持っており、日々ホッピー片手に楽しんでおります。

雪があるうちは個人的に無理ですが、機会がありましたら「永井食堂」さんにもお邪魔してみたいと思います。

「忍」さんの人気メニューは、「背脂マーボーめん」ですか!?!

全く想像が出来ません(>_<)

機会がありましたら、ぜひともレポートお願いします。

新潟在住の知人の情報ですと、今の「忍」さんには駐車場の用意が無いそうで、前にある北越銀行(?)の駐車場のチケットをお店に持参すると、メニューが100円引きになるそうです。

ところが、この駐車場は最初の30分は無料らしく、ちょいとせわしいかも知れませんが、このパターンで食べると実質100円引きでイケるようです。

ご参考までに…


投稿: swingl | 2012.02.11 19:30

>swinglさん

大崎の六厘舎って閉店してしまったのですか、あまりつけめんは食べないのですが、そのうちにと思っていました。覆面プロレスラーじゃ怖くて断れないか(笑)。ラーメン屋店主ってなんかプロレス好きそう。浅草開花楼凄いんです。
話は逸れますが、新潟で先日、大勝軒の店主山岸さんを特集した番組をやってました。閉店の時には全国からファンが押し寄せ9時間待ちの行列ができたとか!凄いです。
もつ煮にホッピーですか。結構おやじ路線を走ってますね。永井食堂って大したことないけどいいです。

http://niigata.way-nifty.com/ifamily/2011/12/post-f12e.html
背脂マーボーめんのブログ記事です。
近くに取引のある親しい会社の駐車場があって利用させてもらっています。
駐車場を持つよりも賢いやり方かもしれないですね。今どき駐車場の雪掻きで疲れてラーメンを器を持てなくなりそうです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.02.12 10:11

新潟ラーメン日記さん

背脂マーボー、つい最近召し上がっていらしたんですね。

私がうっかりレポを見落としてしまっていたようです。

大変失礼致しました。

元々の東池袋大勝軒閉店の時は、確かに凄い行列だったようで、連日首都圏のニュースでも結構な露出度でした。

山岸さんはとてもいい方のようで、よくラーメンの鬼と呼ばれる「佐野実」さんも、ずいぶん山岸さんをリスペクトしているみたいで、体調の芳しくない山岸さんにせっせと高い漢方薬を送ったりされているようです。

ただ、山岸さんの人の善さを利用して、たいした関係も無いのに一緒に写真を撮ってもらって、自分の店に飾ったりしているラーメン屋も少なからずあるようです。

池袋には山岸さんの等身大人形を作って、店頭の椅子に座らせているラーメン屋までありますから(*_*)

私もつけ麺にはあまり食指が動きませんし、魚粉をこれみよがしに使うラーメンが好きではありませんので、六厘舎にはあまり興味はありませんが、あまりの行列で近隣に迷惑をかけるからとの理由で閉店した大崎の本店(?)ですが、つい最近待合室を用意して、土曜日だけの営業ということで近隣の了解を取って、営業復活したようです。

とは言っても、東京駅をはじめ系列店はいくらでもありますよね。

ちなみに東京駅ラーメンストリートの六厘舎にも、浅草開花楼の麺箱が積んでありますので、ご出張のお帰りに時間がありましたら、シャレで麺箱だけ見に行ってみてください。

それにしても、大変な降雪(積雪)なようですね。

先日のニュースでも、見附市で雪の重みで家屋が倒壊したとか…

雪掻き・通勤と、何かと大変でしょうが、十分気をつけられてください。


投稿: swingl | 2012.02.12 15:42

>swinglさん

山岸さんの人気は凄いんです。そこまでしてお客を取り込もうとしているんですか?人が多いからそうなんでしょうね。新潟だとすぐに噂が行き渡ってダメになりますが。この際一層カーネルサンダースのように完全なものしてしまえばとも…やっぱやりすぎか。
六厘舎TOKYOもどんなものか食べましたが気が付きませんでした。まあ、もう入ることもないでしょうが。
魚粉は、嫌いです。ダシ取ったガラは盛り付けるなよって感じです。なぜかたこ焼きやお好み焼きの鰹節は気になりませんが。
今年は雪が多いです。まあ、春の訪れが一層楽しみです。
無理せず楽しみながらやってきます。
心遣いありがとうございます。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.02.12 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/53936595

この記事へのトラックバック一覧です: 富白:

« 絆弁当 | トップページ | 冬の彩 »