« 麺屋 茉莉蔵 | トップページ | 麺屋 笑和 »

2012.03.10

麺屋 笑和

笑和

新潟市の「麺屋 笑和」です。
新潟市の東地区、新潟北高校に近いところにあります。新新バイパス海老ヶ瀬インターから泰平橋方向に向かい、すぐの「たわら屋海老ヶ瀬店」の手前から右側を通る道へ斜めに入って真っ直ぐです。「らーめん 葵風」のある中興野南交差点も直進です。もう阿賀野川に出るんじゃないか?行き止まり?って思う頃、右側にお店が現れます。
昨年の6月にオープンしたお店のようですが、まったく全然気が付きませんでした。ごんさんのごんの新潟日記を拝見していたら掲載されていました。あんまり美味しそうなので、早速行ってみることにしました。お店の前や近くに7台分の駐車場が用意されています。お店前に車が停まっていなかったので準備中かと思ったらり営業中です。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。明色木を基調にした暖かみがあり、テーブルが間隔を空けて配置されているので広々した印象が残ります。午後2時40分頃に着きました。他にお客さんはなく貸切です。

笑和 メニュー

メニューは、らーめん、こってりらーめん、ちゃーしゅーめん、笑和セットの麺類とチャーハン、キムタクご飯の飯ものです。らーめん+キムタクご飯+漬物がセットの笑和セットを食べようと思っていたのですが、キムタクご飯が売り切れで作れないとのことでらーめんにしました。キムタクご飯は、キムチとたくあんのコラボ飯のことです。
店内を見ると営業時間が書かれています。入口にも書かれていましたが、営業中の札があったのであまり気にせず入りましたが、営業時間が11:00~15:00、17:00~20:00となっていて、ラストオーダー14:45です。ギリギリでの入店でした。また、夜の部は、上から線が引かれています。今は、昼だけ営業のようです。
すぐに作ってくれてます。湯切りの音が心地よく聞こえてらーめんが出来てきました。

笑和 らーめん

昔ながらのラーメン丼に、何とも言えない淡い色のスープが映えます。期待します。
麺は、細くほんの少しだけ自然な縮れのある麺です。ストレートって言った方がいいのでしょうか。食感、噛み応えの良い新潟のあっさりラーメンに似合う、好きな麺です。
スープは、飴色でその見た目通り醤油を前面に出さないダシの旨さが自然なあっさりしたスープです。アゴとホタテと煮干しなどの魚介が中心となっているようですが、それに偏ることなく野菜の甘さなども加わったバランスのとてもいいスープに仕上がっています。三吉屋、丸木屋、石門子のスープを合わせたらこうなるのかなって感じです。
トッピングは、歯応えもちょうど良いチャーシュー、メンマ、鳴門、ほうれん草です。
久々に好みのラーメンを食べさせていただきました。らーめん600円はいい線です。もっと早くから食べたかった。まだ早いかも知れませんが、今のところ今年一番の発見店です。新潟駅前の「元祖ラーメン 昭和屋」といい、最近は目立ちや派手さよりしっかりしたラーメンを食べさせてくれるお店が開店して嬉しくなります。次回は、長野県出身の店主が作る長野定番のキムタクご飯とこってりらーめんを食べたいと思います。

|

« 麺屋 茉莉蔵 | トップページ | 麺屋 笑和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/54190652

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 笑和:

« 麺屋 茉莉蔵 | トップページ | 麺屋 笑和 »