« 三代目 ラーメン富士 | トップページ | かくだい食堂 »

2012.03.30

小さな小さなラーメン屋 春紀

春紀 初春

柏崎市(旧高柳町)の「小さな小さなラーメン屋 春紀」です。
柏崎市街から国道252号線を小千谷方面へ。岡野町交差点の先、右側にあります。
お店前の国道は、道幅がかなり広くなっているのでみんな路肩に車を停めています。近くの地区集会場の駐車場に停めました。店前の貼紙で停めていいですよって場所です。
お店は、入口を入ってすぐ前に厨房があり、その前と右側に座れるL字型のカウンター席4席だけです。檜のような色の木目が綺麗なカウンターです。自宅玄関側を入ると居間を小上がりとして使用しています。小さなテーブルが3宅あります。午後1時ちょうどに着きました。お店側に入ると2人のお客さんが食べているところで、常連なのか?店主と世間話をしています。店主の手が止まっているので他に出来上がりを待っているお客さんいないようです。一昨日の混んだ状態が嘘のように普通になっています。
メニューは、らーめん・塩らーめん・たぬきらーめん・つけめん、塩つけめん、数量限定でみそらーめん・赤だしみそらーめん・赤らーめん、赤みそらーめん・鶏パイタンらーめん、めぎすらーめんがあります。めぎすらーめんは人気が高いようで今日も売り切れになっています。今日は、赤だしみそらーめんの肉(豚の角煮)の誘惑に負けそうですがなんとか耐えて、まだ食べていない赤みそらーめん+肉増しを注文しました。
いつもの丁寧な仕事です。後からのお客さんもなく、順調に出来上がってきました。

春紀 赤みそらーめん+肉増し

麺は、やや太平打ちの縮れの強い手打ち風の麺です。このタイプの麺はかたゆでにすることが多いのですが、食べ易いゆで加減で、麺の感触を楽しめる好きな仕上げです。
スープは、味噌の色と辛味でしょうか?少しオレンジがかった辛そうな色をしています。最初の一口は味噌味でいい感じのスープです。しょっぱさや旨味もバランスの取れたものです。しかし、そのすぐに後に辛さが襲ってきます。ラーメンの辛口といっても大したことのないものものが多い中、しっかりした辛さです。辛いものが好きなのでそれなりに楽しんで食べれますが、口の中の辛さは一口目から続きます。スープにはニラが使われているのが判りました。底には挽肉と生姜の微塵切りが残っています。
トッピングは、肉増しで器の表面を覆った軟らかめのチャーシューとねぎです。苦手なタイプのチャーシューのようですが、控え目ながら好みの味付けがされています。
しっかりした辛さです。後半は、溢れ出る汗との葛藤でした。赤みそらーめんは850円で、肉増しにしたので1050円になりました。ちょっと(かなり?)お高いお昼となりましたが、存分に楽しませてもらいました。春紀は、何を食べても好みの味です。

|

« 三代目 ラーメン富士 | トップページ | かくだい食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/54347830

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな小さなラーメン屋 春紀:

« 三代目 ラーメン富士 | トップページ | かくだい食堂 »