« たいしゅう | トップページ | 復興屋台村 気仙沼横丁 »

2012.04.28

やまと食堂

やまと食堂

やまと食堂 アップ

宮城県気仙沼市の「やまと食堂」です。
気仙沼市の魚町、津波のニュースなどで放送された気仙沼港からすぐ近くにあります。
気仙沼でふかひれラーメンが食べたくて、ネットで捜していて見つけたお店です。震災後にやっていることの確認が大変でした。過去に食べたお店と同じか記憶にないです。
カーナビも被災地に入りやや復活してある筈の住所の近くまで来ましたが、コンクリート基礎と1階が滅茶苦茶に壊れた鉄筋コンクリートの建物がある廃墟の街です。周辺を何度か回っていて見つけました。「やまと食堂」。近くに車を停めてお店に入ります。
お店は、右側に厨房、左側に窓際を向いたカウンター席、中央にテーブル席、奥に小上がりがあります。小さめの小綺麗な和食堂って雰囲気のお店です。午後4時40分頃に着きました。この時間他にお客が3人かと思いましたが、店主と子供夫婦のようです。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、野菜ラーメン(タンメン?)、味噌ラーメン、とんこつラーメン、五目ラーメン、カレーラーメン、焼きそばなどの麺類に加え、飯もの、丼もの、定食、うどんです。予定通りふかひれラーメンをお願いしました。
店主が調理している間、娘さんから写真帳を見せてもらいました。被災した写真、復旧中の写真などです。被災後によく復旧させるんだと考えたと思うほど悲惨な状況です。
そのような感慨深い時間を過ごしていたら、“ふかひれラーメン”ができてきました。

やまと食堂 ふかひれラーメン

青いライン白いシンプルな器にふかひれのあんかけがのったシンプルなラーメンです。
麺は、かなり細めの縮れで、あんかけやスープに絡み、旨味を掬ってくれるものです。
スープは、醤油ベースのようだが、そんなことはどうでも良いと思える優しいスープです。少しだけしょっぱめにして、麺を食べるときに食べ易い味付けに仕上げています。

やまと食堂 ふかひれラーメン ふかひれ

トッピングは、ふかひれスープ風の弱いあんかけです。少し小さめのふかひれ姿煮が入っています。チャーシューや筍の細切りも入っていて味と触感を豊かにしてくれます。
ふかひれの優しいスープ麺です。ふかひれの触感を楽しませてもらえました。ラーメンが450円とお手頃に食べられるお店ですが1100円とかなり高価なラーメンです。
その後、店主ともお話が出来ました。津波が押し寄せてきた2方向には、すぐ鉄筋コンクリートの建物があり直接波を受けずに済み、その先の山で返す波の力も受けずに済んだこと。建物が2階の胸の位置まで水に浸かったことなど…。お店は復旧しまわりの人に勇気を分けることが出来たと思います。しかし、周りは荒れ果てた状況で住居や事務所などの人が少なく、これからも大変でしょうが繁盛してくれることを願っています。
ご馳走さまでした。早い復興を願っています。

がんばろう東北!

|

« たいしゅう | トップページ | 復興屋台村 気仙沼横丁 »

コメント

やまと食堂です。先日はご来店していただきありがとうございました。happy01

投稿: やまと食堂 | 2012.05.04 05:33

>やまと食堂さん

先日はご馳走様でした。

時間がかかるでしょうが、周辺も含め復興して常連客で賑わうようなお店に戻られることを願っています。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.05.05 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/54620550

この記事へのトラックバック一覧です: やまと食堂:

« たいしゅう | トップページ | 復興屋台村 気仙沼横丁 »