« 東堀 石門子 | トップページ | 花ちらし 海鮮 雪椿 »

2012.04.08

角田山 五ヶ峠コース

角田山

新年度になり、そろそろ山に行こうか思っていましたが、先週末は風が強くて断念、その後の暴風雨。コース状態がどうなっているか心配ですが、登ってみたいと思います。
冬場の運動不足もあり、今年も無理をしないで一番優しく感じる五ヶ峠コースから登ります。自宅を午前10時過ぎに出ました。曇りのち晴れの天気予報ですが、途中から小雨・霧雨で角田山には雲がかかっています。五ヶ峠コース登山口の駐車場が近づくと路肩にも駐車している車があります。駐車場に入れきれないほど混雑してそうです。

角田山 五ヶ峠コース 駐車場

駐車場には午前11時前に着きました。やはり満車です。県外の車が多く、全国各地から来ている人も多いようです。さすが花の山として有名な角田山です。警備員も2人います。そろそろ下山してしてくる人いる時間です。駐車場の中に車を入れ、準備をしながら待たせてもらいます。20分程待って下山者と入れ替えで車を停められました。

角田山 五ヶ峠コース 登山口

雨でアスファルトも濡れています。ある程度良いコンデションを期待しますが、コースは全般的にドロドロで、雪もあるだろうし、ゆっくり安全に行こうと思います。
午前11時11分(0時間00分) 登山口出発

角田山 五ヶ峠コース コース①

登り出しからドロドロです。その後坂がきつくなくなると少し歩きやすくなります。
午前11時14分(0時間03分)

角田山 五ヶ峠コース 花①

角田山 五ヶ峠コース 花②

角田山 五ヶ峠コース 花③

角田山 五ヶ峠コース 花④

さっそく春の花たちが出迎えてくれます。まだ多くはありませんが咲いています。
午前11時15分(0時間04分)~午前11時17分(0時間06分)

角田山 五ヶ峠コース コース②

先日の風でしょうか。何本かコースを塞ぐ倒木があります。麓の方が多く倒れてます。
午前11時33分(0時間22分)

角田山 五ヶ峠コース 花⑤

花ももうないかと思ったらカタクリがそんなに多くはありませんが咲いています。
午前11時36分(0時間25分)

角田山 五ヶ峠コース コース③

今日、長岡市内が雪で白くなったと聞いていましたが、ここも雪が降ったようです。
この辺りからコースは、田んぼのようなドロドロ状態です。滑る滑る。
午前11時43分(0時間32分)

午後12時02分(0時間51分) 東屋通過
午後12時14分(1時間03分) 浦浜コース合流点通過
午後12時23分(1時間12分) 灯台コース合流点通過
午後12時25分(1時間14分) 三望小屋脇通過
午後12時28分(1時間17分) 三望平園地通過

角田山 五ヶ峠コース コース④

平らなコースは、ほとんど雪になりました。これは歩きやすい。沈まないように注意。
午後12時33分(1時間22分)

角田山 五ヶ峠コース 山頂①

山頂到着です。標高481.7m。
みんな写真を撮ろうと並んでいるような状態です。待ってられないのでパシャリ。
午後12時46分(1時間35分)

角田山 五ヶ峠コース 山頂②

山頂は、どれぐらいの人がいるのでしょう。アングルから外れたところにも大勢の人がいます。途中の三望小屋、山頂の避難小屋健養亭とも混んでます。凄い人の数です。団体のツアーも多いようで、しばらく休んで人が掃けてから下山したいと思います。

午後13時47分(0時間00分) 下山開始
午後14時00分(0時間13分) 三望平園地通過
午後14時02分(0時間15分) 三望小屋脇通過
午後14時04分(0時間17分) 灯台コース分岐点通過
午後14時12分(0時間25分) 浦浜コース分岐点通過
午後14時21分(0時間34分) 東屋通過
午後14時59分(1時間12分) 登山口到着

ドロドロや雪でコース幅が狭く、すれ違いや追い越しに時間を要してしまいました。団体のお客さんが多く、下山した時の駐車場には“なにわ”ナンバーの貸切バスが停まっていました。あまりメジャーじゃない五ヶ峠コースで子の混み具合です。
使用水:0.5リットル、予備水:2.5リットル、行動食:なし、昼食:なし
登山道までのアクセス道路は、福井ほたるの里コース登山口から浦浜コース登山口方向への春の一方通行になっています。ご注意を! (3月20日~5月6日)

|

« 東堀 石門子 | トップページ | 花ちらし 海鮮 雪椿 »

コメント

シーズン開始ですね。

春の角田山がこんなに人気とは
知りませんでした。

今回は長靴での登山ですか?

投稿: junk-land | 2012.04.09 22:00

>junk-landさん

いよいよシーズン到来です。

花の山で有名な角田山は、この時期が一番登山客が多いです。雪割草って人気なんですね。

トレッキングシューズで行きました。
5cmの深さ6時間防水ってことになっているものです。
ほぼ全体がドロドロです。
陰干しをしていて、乾いたらブラシで泥落とししようと思っています。
滑りにくいものなら長靴の方が無難かも。
地元の人っぽいですが、長靴の人もかなり多いです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.04.10 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/54425234

この記事へのトラックバック一覧です: 角田山 五ヶ峠コース:

« 東堀 石門子 | トップページ | 花ちらし 海鮮 雪椿 »