« 復興支援 みちのく一人旅を終えて | トップページ | 中華そば かまた食堂 »

2012.05.05

田代食堂

田代食堂

ゴールデンウィークに録画していた番組に“ウドちゃんの山形ラーメンめぐり~街はずれの人気店~”というのがあり、見たら無性に食べたくなり早速山形へ行ってきます。
山形県鶴岡市(旧櫛引町)の「田代食堂」です。
鶴岡市から国道112号線を山形市方向へ。鶴岡市役所櫛引庁舎に曲がり、庁舎前を通過します。赤川を渡り、斜左直進して小高い丘に登った先、田園風景の中にあります。
新潟から行きやすいお店は、鶴岡市かなと思い最初に紹介されていた「田代食堂」へ。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左右に座敷のある大きな田舎らしいお店です。座敷が広くかなりのお客さんが入っています。午後12時30分過ぎに着きましたがほぼ満席に近い状態です。カウンター席が空き座れました。

田代食堂 メニュー

メニューは、テーブルやカウンター上には見つからず壁を見るとこれだけなんでしょう。中華そば(600円)、ねぎラーメン(650円)、チャーシューメン(750円)だけの好きな1スープシンプルメニューのお店です。迷わず中華そばにしました。
待っているお客さんも多く少し多めに待ったかなってぐらいの感じで出来てきました。

田代食堂 中華そば

中華そば!って感じがいいです。見た目から楽しませてもらえます。さすが山形です。
麺は、普通の太さで、お婆ちゃんの手揉みは凄く縮れが強いとても元気のいい麺です。
スープは、醤油味がしっかりのあっさりタイプです。癖がない自然な感じのものです。
トッピングは、歯応えと厚みのある肩ロースとバラの2種類のチャーシュー、メンマ、海苔、多めの刻みねぎと白髪ねぎです。ねぎラーメンはどれ程のっているのでしょう。
懐かしい食堂の中華そばです。ただ、これだけ元気のいい麺は珍しいです。ちょっと好みよりも元気良過ぎでしょう。トッピングがしっかりして600円は嬉しい値段です。

がんばろう東北!

|

« 復興支援 みちのく一人旅を終えて | トップページ | 中華そば かまた食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/54643559

この記事へのトラックバック一覧です: 田代食堂:

« 復興支援 みちのく一人旅を終えて | トップページ | 中華そば かまた食堂 »