« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012.06.30

蒲原まつり

蒲原まつり

自宅に帰ったらまだ夕食準備がありません。子供たちは蒲原まつりに行っているようなので、蒲原まつりに行って夕食にします。自宅からのんびり歩いて会場へ向かいます。
蒲原まつりは6月30日から7月2日までのお祭りで、いつもは裏道が塞がれた車による朝の渋滞での出勤時間をどうしようかを気にしています。今年は休日で助かります。
いつも混み合いますが、多少流れていろいろ見れますが、今日は土曜日ということもあってもの凄い混みになっています。新たな食べ物はないかと見ますが見つかりません。

蒲原まつり ドルネチキン

まだ食べていないドルネチキン(500円)をいただきます。あまり食べたいと思っていませんでしたが世界三大料理のトルコ料理、食べたことのある人の評判も良好です。パンのようなものを開きキャベツとチキンを入れ、ソースをかけて出来上がりです。ちょっとお高いような気もしますが味はGOODです。写真を撮ろうかと思いましたが、人混みと暗さで諦めました。あとはヤマブン酒店で缶ビールを買っていただきました。なんせ標準小売希望価格で販売なのです。蒲原町内にある酒屋さんには感謝感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笹川流れ岩がき物語り

新鮮家

村上市(旧山北町)の笹川流れ地区で開催の笹川流れ岩がき物語りで昼食にします。
「交流の館 八幡」」や「民宿・食事処 シーウッド」、「道の駅笹川流れ夕日会館内 夕日レストラン」、「笹川流れ観光汽船待合所 天ぴ屋」、「魚売り処 新鮮家」、「食の工房 かがり火」の協賛店で開催されています。その中から伊根浦伝統的建造物群保存地区ほどではありませんが好きな港風景と働き者のおかあちゃんがいる寝屋漁港にあるJF山北町直営の「魚売り処 新鮮家」で岩がきを食べたいと思います。
昔のお魚屋さんのような冷蔵ケースに岩がきがたくさんあります。他にもさざえやあわぶなどもあります。岩がきを食べましょう。1個450円です。生2個、焼き2個の合計4個食べます。冷蔵ケースから4個を選んでもらってテーブルで待ちます。

笹川流れ岩がき物語り 生

岩がき自体1個300gはあろうかのようなずっしりした重みがありましたが、かなり殻が肉厚です。実がずしりと大きなものかと期待しましたが普通でした。

笹川流れ岩がき物語り 焼き

生、焼きともうま~い!、ただただうま~い!
1800円でとても幸せになれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新保岳

村上市(旧朝日村)の新保岳に登ってきました。
2010年11月27日に1度登っています。そのときは、木々の葉が落ちて見通しの良い状態で登りました。ブナ林の綺麗な山でした。今日は、ブナの緑を楽しもうと思って登りに来ました。国道7号線を北上、塩野町小学校を過ぎて500mぐらいでしょうか新保岳登山口と書かれたあまり目立たない看板から左に入り、広域基幹林道新保岳線を進みます。最初は、田園の中の道ですが、その後に里山の道、終盤は高所の林道といった雰囲気になります。

新保岳①

高所を走る林道からの風景は最高です。雑木林ってとても綺麗です。新登山口近くは、駐車スペースがあり、すでに3台の車が停まっています。夫婦でしょう1組が帰り支度をしています。女性3人組と単独1人が入山しているとのことです。

新保岳②

駐車スペースにある案内板です。登山口の標高が408m、山頂が852.2mです。もっと下の麓の旧登山口を利用すると歩行時間3時間30分、歩行距離5.5km、累計標高差+695m-695mですが、新登山口を利用すると歩行時間1時間50分とその6割程度の工程になりそうです。角田山の灯台コースより優しいかなと思っていましたが、同じような感じです。自宅で合わせたPRO TREKは510mを表示しています。

新保岳③

道路脇の階段を登るところからスタートです。前回入口にあったスズメバチに刺される被害が出ていて、スズメバチの巣が撤去できてないので注意するようにと書かれた注意書きはありません。まあ、自然に入っていくのですから注意して行きましょう。
午前11時55分(0時間00分)

新保岳④

登山口の階段を登るとブナの林の中、尾根を進みます。ロープのある急な登りもありますが、危険な箇所もなく順調に登ります。天候は晴れ、ブナが日差しを木漏れ日に変えてくれます。風も爽やかな静かな風があります。もっと強い方がいいけど。
午前11時59分(0時間04分)

新保岳⑤

その後は、山歩きといきたいけどやっぱり山登りって感じの傾斜が続きます。
午後12時06分(0時間11分)

新保岳⑥

水沢の三等三角点だと思います。585.64m。
午後12時10分(0時間15分)

新保岳⑦

傾斜も穏やかになり気持ちの良い山登りが続きます。女性3人組とすれ違いました。
午後12時19分(0時間24分)

新保岳⑧

やがて見晴らしの良い見晴台にでます。飯豊山方向が開け眺望が楽しめます。
午後12時33分(0時間38分)

新保岳⑨

見晴台からは、気持ちの良い山歩きのようなコースになります。
午後12時34分(0時間39分)

新保岳⑩

気持ちの良いブナ林のコースが続きます。
午後12時40分(0時間45分)

新保岳⑪

水溜りっぽい場所もあります。好天が続いていたので乾燥されていると思っていましたが、ブナがたっぷりの水を蓄えていたためかまだまだ湿っています。
午後12時41分(0時間46分)

新保岳⑫

大きな太いブナが立ち並ぶブナ林の入口です。
午後12時42分(0時間47分)

新保岳⑬

林道入口近くに塩野町小学校がありますが、その小学校で植樹しているようで看板があります。成人式とかでみんなで登ったりするんでしょうか?
午後12時43分(0時間48分)

新保岳⑭

森林浴ってこのことかなと思うような心地よいコースが続きます。
午後12時44分(0時間49分)

新保岳⑮

新保岳⑯

やがて新潟県の「ブナ林100選」にも選ばれたぶな林の中心部です。
午後12時48分(0時間53分)

新保岳⑰

縦走のような登り下りが数度繰り替えされます。
午後12時49分(0時間54分)

新保岳⑱

コースは、ちょっと狭いところ見かけるようになってきました。
午後12時55分(1時間00分)

新保岳⑲

その後最後になるのでしょうかロープの張られた急坂を登ります。
午後12時56分(1時間01分)

新保岳⑳

山頂が見えてきました。写真を撮っている横の木陰で単独に人が休んでいます。
午後1時02分(1時間07分)

新保岳 山頂①

新保岳 山頂②

新保岳山頂です。標高852.2mです。
前回は53分でしたが、今回は写真をのんびり撮っていたため時間がかかりました。

午後1時02分(1時間07分)

新保岳 山頂③

山頂からは粟島が良く見えます。
写真を楽しみながら下山しようと思います。

午後1時21分(0時間00分) 下山開始

新保岳 下山①

見る角度が変わるとブナ林の表情も変わります。
午後1時30分(0時間09分)

新保岳 下山②
午後1時31分(0時間10分)

新保岳 下山③

塩野小学校平成23年度植樹の森を見ます。
午後1時34分(0時間13分)

新保岳 下山④

小さなブナが雪にも負けずに育っています。
午後1時35分(0時間14分)

新保岳 下山⑤

ビニールごみが落ちているかと思ったら植樹をした生徒の名前が書かれています。
3年生以上で行っているのかな。
午後1時37分(0時間16分)

午後1時44分(0時間23分) 見晴台通過
午後1時56分(0時間35分) 水沢三等三角点通過
午後2時06分(0時間45分) 登山口着

綺麗なブナの緑を楽しませていただきました。
紅葉時期も登ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.29

らぁめん お~や

お~や 冷やしらぁめん

新潟市の「らぁめん お~や」です。
東堀通の10番町、広小路と交差点の下手右側です。「ラーメン 越後屋」の跡です。
この前食べた梅らぁめんが美味しかったので他のものも食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥行きのあり、正面に通路があります。右側に製麺室があり、その奥に待ち用のソファが置かれています。その先で左側が開けています。奥に厨房、手前にカウンター席7席の小さな落ち着いた大人のラーメン屋って雰囲気です。午後12時15分過ぎに着きました。他にお客さんが3人です。ソファの向かい側に食券販売機があります。
メニューは、あっさり味のらぁめんとこってり味の濃厚らぁめんの2種類に大別されます。あっさり味は、らぁめん、鶏らぁめん、梅らぁめん、チャーシューめんがあります。こってり味は、濃厚らぁめん、濃厚鶏らぁめん、濃厚辛みそらぁめん、濃厚チャーシューめんがあります。夏季限定(昼食時10食限定)の冷やしらぁめんもあります。今日食べようと思ったのは、その冷やしらぁめんです。限定10食なので混雑していたら諦めなきゃいけないと思って来ましたが、食券販売機の限定メニューのボタンは、売り切れになっていません。早速、食券を購入して席に座り、食券を出して待ちます。
お店は、主人が一人で頑張っています。ラーメンの値段は、人件費と家賃で大きく左右されると思っていまので、期待が高まります。また、“「らーめん 天神下 大喜」と「らー麺 本丸亭」で修業したとの情報もあり、特に「らーめん 天神下 大喜」は並んでも食べたいと思わせてくれたお店ですから期待が高まります。”と前回記載させていただきましたが、「らーめん 天神下 大喜」主人の武川数勇さんからコメントをいただき恐縮しています。「麺や ようか」の主人が兄弟子にあたるとのことです。最近「麺や ようか」でも食べていないので食べたくなりました。手際良く作っています。
席数が好きなく空いていることもあってか、そんなに待つこともなく出来てきました。
磨り硝子のちょっと渋い、好きな器に盛られてきました。ガラスは写真が難しいです。
麺は、やや細平打ちの縮れです。ツルツルした食感の楽しい冷やしに良く合う麺です。「らーめん 天神下 大喜」同様でメニューに合わせて数種の麺が用意されています。
スープは、やや白く透き通った塩味で、鶏ダシの利いています。冷しのスープの癖が少しあります。胡麻油でしょうか?最後にかけられているようでいい風味を楽しめます。
トッピングは、鶏チャーシュー、ミニトマト、胡瓜の千切り、岩海苔、白髪ねぎ、レモンです。レモンを絞っていただきました。鶏チャーシューは、鶏肉らしく弾力を楽しめるもので、薄味ぐらいの味付けが良く、チャーシューメンと言って良いほどのボリュームです。感心したのはミニトマトです。果肉部分を花弁のように開き、種の部分が実のように中央に鎮座しています。普通のミニトマトは好きではありませんが、これは、皮の表面の硬さもなく食べ易く感心しました。南魚沼市(旧塩沢町)の「らー麺 天心」以来、久々に和食の業というか和の心というか込められたラーメンをいただきました。
冷し中華ではなく冷しラーメンでした。絞ったレモンの爽やかな香りとほのかな酸味、充実したトッピングを楽しませてもらいました。和食っぽく楽しんでも800円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.28

そば処 松苧(まつお)

松芋

十日町市(旧松代町)の「そば処 松苧」です。“まつお”と読みます。
十日町市中心部から旧松代町方向への国道253号線沿いにあります。旧松代町中心部手前、国道403号線との交差するすぐ近くになります。山里といった風景の中です。
そば好きの同僚とのお昼になりました。いつものお昼はラーメンに付き合ってもらっているので、お蕎麦の美味しいところに来たときはお蕎麦を食べたいとお邪魔しました。
お店は、田舎の割烹のような雰囲気、ポツンと一軒だけのお店です。お店前の駐車場には宴会なんかの送迎用らしいお店の名前の入ったバスも泊まっています。玄関で靴を脱ぎ、広間のような大きな部屋に案内されます。卓が並んでいます。午後12時10分ですが他にお客さんはいません。帰るまで他のお客さんと会うことはありませんでした。
メニューは、ざるそば(700円)、天ざる(1100円)、山菜天ぷら(400円)と日本酒があります。採ってきた持ち込みの山菜も天ぷらにしてもらえるようです。ごちゃごちゃしてなくていい感じです。お腹も空いたので天ざる(大盛)にしました。
お客さんが少ないこともありますが、おそば屋さんらしく早く出来上がってきました。

松芋 天ざる(大)

お蕎麦、天ぷら、小鉢、薬味、そばつゆなどお盆に盛られて一緒に運ばれてきました。
お蕎麦は、石臼挽きの蕎麦とのことちょうど良い太さで適度なコシ瑞々しいものです。
天ぷらは季節の葉が中心、お花の天ぷらが有名な筈ですが時期が違ったのでしょうか。
海老天が食べたい訳でもなく、ざるそばと山菜天ぷらの組み合わせた方が良かったように思います。天そばは大盛りで1300円です。ちょっと豪華なお昼を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.27

サンセットカフェ

サンセットカフェ

いいお天気が続いています。昼の長さを明るいうちからビールを飲んで楽しみます。
会場は、新潟市中央区の万代シティ側のやすらぎ亭です。
夕暮れの川面を見ながらビールを楽しむ…。最高です。
サッポロ生ビール(500円)×2とソーセージ盛り(500円)をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康食

健康食

今年もこの日がやってきました。健康診断です。健康診断施設での昼食になりました。
なんか健康になった気分!
血圧も標準内に治まりました。1年間ラーメンスープ完飲も継続できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.26

中華食堂 リン

リン 本格麻婆担々麺 

村上市の「中華食堂 リン」です。
村上駅前を駅を背にすぐ左へ、その先です。パチンコ屋の駐車場に4台停められます。
四川飯店で修行を重ねた店主が独立したお店です。お手頃価格で本格中華を楽しめるため、村上での昼食に時々利用させていただいています。同僚と一緒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側に小上がりがあります。ラーメン屋さんか定食屋さんの雰囲気、小規模なお店です。今回は、店主と奥さんらしい?2人でやっています。午後12時45分過ぎに着きました。お店の入口ですれ違ったお客さんと入れ替わりで小上がりに座れました。女性グループが多く、ほぼ満席に近い状態です。
メニューは、麺類、ご飯類、やきそば、一品料理があり、麺類は、五目系タンメンや麻婆麺、担々麺、中華そばなど中華食堂という名に相応しい品揃えです。以前の訪問からメニューが変更されています。担々麺と麻婆麺のバリエーションが増えています。週替わりランチもあります。四川料理は辛いものです。新たに増えたメニューから麻婆麺と担々麺が合わさった嬉しいメニューがあります。その本格麻婆簿担々麺にしました。
一人で作っている中華料理店は手際良く仕事が早いです。今回も早く出来てきました。
中華料理らしい白い器、スープ表面の胡麻であろう乳白色と麻婆の豪華な麺料理です。
麺は、細いの縮れでプリプリ感が程好い歯応えのものです。ツルツルして中華料理店らしくないのですが、麺単体としては好きなタイプの麺です。麻婆との絡みも良好です。
スープは、胡麻の風味がとても良いものです。胡麻の深いまろやかさ、適度な辛さ、しょっぱさ、甘さとバランスの良さに嬉しくなります。植物の旨みも結構いいものです。
トッピングは、麻婆豆腐です。本格中華らしい麻婆ですが旨味と深みのあるものです。挽肉ですが小さな普通の挽肉と小さな肉団子状の塊があります。ちょっと楽しめます。
麺、スープ、トッピングとそれらのバランスの良さを十分楽しませていただきました。900円と1番お高い麺ですが、麻婆麺と担々麺を一緒に楽しめたと思うと十分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.25

東堀 石門子

東掘石門子 冷し中華(大)

新潟市の「東堀 石門子」です。
新潟市の中心部古町エリアの下手にあります。東堀通り沿い、広小路近くになります。
ワンタンメンと夏の冷し中華が人気のお店です。なんと冷し中華は年中食べられます。
今期になりすでに食べましたが、また食べたくなって同僚とぞろぞろお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり、左側に厨房、厨房奥に小上がりが1卓、中央にカウンター席があります。右側は、お店の中で待てるように広くなっています。冬場助かります。中規模の質素な町のラーメン屋さんです。午後12時15分過ぎに着きました。お店の中に並んでいると思ったら半分ぐらいのお客さんの入りと空いています。みんな座れます。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷し中華とそれらにチャーシュー(肉)を加えたものがあります。盛りは、普通、大盛り、超盛りがあります。メニューには冷やしと肉冷やしと表記されています。親父さんから『なんにしますか』と言われる前、お店に入ってすぐに『冷し中華(大)』とお願いしました。
セルフサービスの水を用意してカウンター席に座ります。ちょうど前の人の注文が出来上がりすぐに作ってもらえました。いつもは超の盛りにしますが今日は大の盛りです。双子ゆで玉子を食べたいから。ゆで玉子を食べ終わる頃に冷し中華の出来上がりです。
冷し中華の超盛りはどんぷりですが、普通盛りと大盛りはお皿に盛られて出てきます。
麺は、細縮れでプリプリした歯切れの楽しい好きな麺です。温かいものと同じ麺です。
つゆは、ラーメンの器にラーメンと変わらない量です。魚介系ダシの旨味と風味が穏やかなあっさりした醤油味で、しょっぱさや酸味も控えめです。そのままラーメンのスープのように飲めるつゆです。昨年は薄味に感じましたが、今日はいい感じの濃さです。
トッピングは、チャーシューとキュウリの細切り、メンマ、わかめ、紅生姜などです。
石門子の冷し中華は、歯応えの楽しい麺とあっさりしたそのまま飲めるつゆの美味しいものです。大盛り800円とゆで玉子50円でした。お腹いっぱいで満足できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.24

今日の夕日

山の下海浜公園 おおさどまる

今日は、天気が良く空気も澄んでいるので海辺でのんびりしたいとお思います。遅めの昼食を済ませ、カメラ片手に山の下海浜公園で海風に吹かれたいと思います。
そう、BS JAPANの「写真家たちの日本紀行(未来に残したい情景)」の番組内でルーク・オザワが飛行機を撮影しているのを見たら撮りたくなりました。単純!
さっそく佐渡汽船のおおさどまるが、佐渡両津港に向かい出航です。

山の下海浜公園 ANA0764

千歳空港からの全日空ANA0764便です。
新潟沖を低空で大阪方面に向かうのかなと思うような方向から旋回して入ってきます。

山の下海浜公園 あざれあ

敦賀行きの新日本海フェリーのあざれあです。
大きい!

山の下海浜公園 ANA1663

大阪伊丹空港からの全日空ANA1663便です。

山の下海浜公園 ANA0323

福岡空港からの全日空ANA0323便です。
翼から白い煙のようなベーパーが発生しています。

阿賀野川河口 ANA0324

到着便ばかりもなんなので場所を阿賀野川河口左岸に移し出発便も撮ります。
阿賀野川河口左岸の泥からは、590ベクレルの放射線量が観測されているため必要以上の長居は避けたいと思います。

阿賀野川河口 JAL2251

大阪からの日本航空JAL2251です。
さすがに被写体まで遠いです。

海辺の森 今日の夕焼け

阿賀野川河口左岸からは、夕日方向に海が見えないので海辺の森まで移動しました。
夕日が雲に隠れています。その下の雲は薄そうなのですがどうでしょう。

海辺の森 今日の夕日

隙間から少し顔を出して沈んじゃいました。

海辺の森 今日の月

今日の月は、こんな感じでした。
さて、ぼちぼち帰りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.06.23

ほたるまつり

ほたるまつり

新潟市(旧巻町)の福井で開催されている「ほたるまつり」に行ってきました。本当なら角田山に登りたいところですが体調(足)が今一なので麓で遊ばせてもらいました。
今年は、夜祭りなどを撮ろうと昨年購入したレンズ(50㎜、F1.8)で楽しめればと思います。暗くなる前から数組の見物客が来ています。暗くなると橋の下など暗い場所から蛍が光り始めます。いつもの場所で写真を撮ろうと思いましたが、小さな木ですがそれでも大きくなってちょっと邪魔です。いろいろと場所を移動したりして楽しみました。
今年もストロボガンガンで写真を撮っている人がいました。何をとっているんだろう。『ストロボ点けないで!』ってお願いしちゃいました。小さな子供に懐中電灯を持たせている家族連れも多いです。足元ならともかく小川まで照らさなくていいよ!って感じです。何も注意しない親が問題でしょう。橋上からも撮らせてもらおうと移動します。
年配(60歳~70歳ぐらい)のグループが三脚を広げ陣取っている端で撮ります。一般の人も多く三脚も肩幅程度に広げます。絞りを開けるため被写界深度がなくてピント調整など難しいです。長時間露出もストロボや懐中電灯で台無しです。隣りの年輩が、『懐中電灯消せ!』ってとうとう怒鳴りました。気持ちは判るが『懐中電灯で川を照らさないでください!』ぐらいの言い方でいいのにと思います。まあ、今がチャンスとちょっといい写真が撮れました。三日月が傾き暗くなってきました。しばらくすると後から来た人でしょうまた懐中電灯が光り出します。もうしょうがないかと思っていたら、隣の年配者が仲間に『もっと大きな声で怒鳴らないとだめか?』などと話しています。三脚で広々の場所取り、LED懐中電灯も持たずライターで機材の確認、撮れた写真を明るい液晶で回し見、あんまりにマナーが悪過ぎます。『ここは市民憩いの場で、子供の足元など安全が大事です。もっと人の来ないような場所に行けや!』って隣の年配の耳元で囁いてやりました。どう帰ってくるかと思ったら『すいません。』と帰ってきました。最近の年配カメラ愛好家のマナーの悪さにはうんざりです。ほんの一部でしょうが、撮影禁止や三脚禁止など締め出されてしまう場所が増えないことを願うだけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラーメン まっくうしゃ

まっくうしゃ

新潟市の「ラーメン まっくうしゃ」です。漢字表記では“真喰者”となっています。
中央区上近江にあります。笹出線沿いのジーンズショップアメリカ屋の裏にあります。
「ラーメン いっとうや」が新コンセプトのお店を出したとのことでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席と大きめのテーブル席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。木を基調とした新しい感覚のお店です。午後1時過ぎに着きました。入口を入ってすぐ左側に待ちのスペースがあり7人程待っています。待ちを記入する用紙に記入し座って待ちます。やがて店員がメニューを持ってきてくれました。

まっくうしゃ メニュー

メニューは、醤油(アジ×煮干)、塩(えび×鯛)とそれらちゃーしゅう、つけめん、辛つけめんです。サイドメニューも充実しています。普通なら醤油を食べるところですが、相方が醤油にしたのでにしました。限定20食の炊き込みチャーシュー丼も残っているとのことなのでお願いしました。ご祝儀代わりにギョーザもお願いしました。
10分程待ってテーブル席に案内されました。その後もお客さんは、増えてきました。
混んでいますが待っている間に注文していたので早めにラーメンから出来てきました。

まっくうしゃ 塩

ちょっと凝った逆円錐形のような深めの器に盛られてきました。綺麗な盛り付けです。
麺は、普通の太さのストレート、モチモチ感のかなり強い、最近多いタイプの麺です。
スープは、えびの香りの強いもので鯛の香りもします。相当に煮込んだものでしょう。香りや旨味のかなり濃厚なスープに仕上がっています。最近関東地方で多いものです。
トッピングは、おおきな程好い歯応えのチャーシュー、極太メンマ、海苔、えび、味玉半個、白髪ねぎです。海苔の上にえびが盛りつけられていたり結構考えられています。
はっきり言って苦い人が最近好む苦手なタイプのラーメンでした。旨味や香りの強烈なもので、自分の舌が普通の感覚だと思っている新潟のラーメンが好きな者には者にはキツイです。でも月に1杯ぐらいなら経験と思って食べてもいいかなってラーメンです。

まっくうしゃ 醤油

相方の食べた醤油です。えびのところに柚子が盛り付けられていていい香りです。それ以上にこちらもアジと煮干しの香りと旨味が濃厚なスープのラーメンです。濃いです!

まっくうしゃ 炊き込みチャーシュー丼

炊き込みチャーシュー丼です。チャーシューがゴロゴロ入っていて、マヨネーズがいい感じで絡まり、その酸味ですっきりした感じで食べることができます。100円です。

まっくうしゃ ギョーザ

餃子です。詳しくは判りませんがごく普通に美味しくいただけました。300円です。
まっくうしゃは、新潟の伝統な味に挑戦かと期待しましたが、進化するラーメンの方向でした。こう来たか!って感じです。若い人や関東の人にも食べに来て欲しいラーメンです。最近、ラーメンがお高くなってきていますが新店で600円はありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修理完了

事故後

修理後

5月27日に対向車のボディアタックを喰らってしまいました。車が古くパーツが集まらなくて修理に時間を要してしまいましたが、ようやく退院してきました。
足が治ったぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.22

麺や つるり 新潟小千谷流

小千谷市の「麺や つるり 新潟小千谷流」です。
小千谷駅前地域、三国街道高校入口交差点から小千谷高校に向かった左側にあります。
つけ麺が好きな出張者と一緒のお昼となりました。小千谷でつけ麺ならここでしょう。
お店は、左側から入るようになっていて、左側に振り向くと製麺機のあるガラス張りの部屋があります。真島製麺所と書かれた看板があります。奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。木をふんだんに使ったお店です。テーブルやカウンターの上には木を輪切りにした鍋敷きが置かれています。壁には25kg入りの小麦粉の空袋が貼り付けられています。いろいろな種類の小麦粉を使用しているようです。正午少し過ぎに着きました。他にお客さんはなくひっそり静まりかえっています。
メニューは、つけめん専門店らしく、醤油つけ麺、塩つけ麺、みそつけ麺、カレーつけ麺、うま辛つけ麺、醤油焼豚つけ麺、塩焼豚つけ麺、みそ焼豚つけ麺、極上きまぐれ麺(今日はトマト)の多くのつけ麺があります。オープン当時は、あったからぁーめん、あったか焼豚らぁーめんの2種のラーメンがありました。今は、ラーメン始めましたということで、あっさりタイプの塩ラーメンと醤油ラーメン、こってりタイプの濃厚うま辛ラーメンがあります。いずれもよくばり焼豚をトッピングしてチャーシューメンに出来ます。ほんの少しですが値上がりしています。前回は、ラーメンを食べようとして売り切れていたためつけ麺にしましたが、今回こそラーメンを食べようかという考えもありますが、出張者に付き合ってみようと間違いのなさそうな醤油つけ麺にしました。
つけ麺は、ゆで時間が長いので多少の待ちは覚悟していましたが早く出来てきました。

つるり新潟小千谷流 醤油つけ麺

シチューなんかを盛れば似合いそうな鍋風の器のつけ汁と渋い和風の器に盛りつけられた麺です。『器が熱いので気をつけてください』とのこと。器を熱してつけ汁の温度を保つようになっているようです。器の内側の周囲がグツグツととても煮立っています。

つるり新潟小千谷流 醤油つけ麺 麺

麺は田舎そば風に少し色の付いたもので、太めのストレートです。つけ麺も食べ慣れてきたら、つけ麺らしい麺で旨味を楽しむことができます。オープン当時麺に添えられた魚粉がテーブル上の器に入っています。好みで楽しめるようになりました。感心です。

つるり新潟小千谷流 醤油つけ麺 つけ汁

つけ汁は、ちいさなチャーシュー、メンマ、もやし、椎茸、きくらげが入っています。あまり醤油って感じもなく、濃厚なとろみが太めの麺との絡みを楽しませてくれます。
食べ方についての説明書きがあります。①まず食べてみる。②魚粉を好みで麺にまぶして食べる。③用意された調味料を加えお好みで食べる。④残ったつけ汁に割りスープを加えて飲む。ってな具合です。魚粉が好きじゃないので②をスキップして楽しみます。
テーブル上には、魚粉、七味唐辛子、大蒜山椒、タバスコ、柚子胡椒、すりゴマなどが用意されていて好きなものを入れて食べれます。タバスコは味噌に合うとのことです。柚子胡椒と大蒜山椒を加えて食べてみます。深みがあって、味が強くなった感じです。
麺を食べ終わってからテーブル上のポットに入った割りスープでつけ汁を楽しみます。
醤油つけ麺700円、麺が400gもあるのでいい感じでお腹いっぱいになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.21

青島ラーメン 司菜

青島司菜 ラーメン(大)+ねぎ50+ほうれん草50

新潟市の「青島ラーメン 司菜」です。
万代エリアから県庁方向に真っ直ぐ向かう道沿いにあります。すぐの左側になります。
弁天公園近くでのお昼に、カレーライスも食べたいところですがラーメンにしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に背中合わせで外を向いたカウンター席があります。午後12時05分過ぎに着きました。早い時間と思っていましたがすでに8割程度の席が埋まっています。入口を入ったすぐ右側に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りの1スープで勝負しているお店です。大盛りが50円アップと安いのも助かります。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が追加でき、好みのラーメンが食べれます。お腹が空いたのでちょっとトッピングを増やしラーメン(大盛)+刻みネギ+ほうれん草にしました。
このお店も二人でやっていますが、その内の一人は西堀通店で見たことがある人です。出来上がりを待っているお客さんも多かったのですが、普通の待ちで出来てきました。
醤油色のスープにほうれん草やねぎの緑色が彩りを添えます。黒胡椒を挽きかけます。
麺は、普通の太さと普通の縮れ具合でこれといって特徴はありませんが、ツルツル&プリプリ&モチモチと食感や噛み応えが良くスープに合うバランス取れた好きな麺です。
スープは、醤油のしっかりした旨みのあるものを生姜と胡椒がきりりと引き締めます。麺に絡めて食べても飲んでもとてもいい感じです。見たほどしょっぱさもありません。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシュー、やや細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、刻みねぎです。増量したほうれん草とねぎの食べ方ですが、ほうれん草は麺と交互に食べ、ねぎは、最後にスープを飲むときに一緒に吸い込みます。
麺、スープ、トッピングとも好みでバランスが取れています。大盛りにトッピングの増量で結構なボリュームになります。ラーメン(大盛)750円+100円でかなり楽しめました。このお店も親父さん2人は愛想はありますんが、それでも好きなお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.20

らぁめん お~や

お~や

新潟市の「らぁめん お~や」です。
東堀通の10番町、広小路と交差点の下手右側です。「ラーメン 越後屋」の跡です。
新しいお店がオープンしたとのことでお邪魔しました。久々にこの場所まで来ました。
お店は、奥行きのあり、正面に通路があります。右側に製麺室があり、その奥に待ち用のソファが置かれています。その先で左側が開けています。奥に厨房、手前にカウンター席7席の小さな落ち着いた大人のラーメン屋って雰囲気です。午後12時15分過ぎに着きました。ほぼ満席に近い状態です。ソファの向かい側に食券販売機があります。
メニューは、あっさり味のらぁめんとこってり味の濃厚らぁめんの2種類に大別されます。あっさり味は、らぁめん、鶏らぁめん、梅らぁめん、チャーシューめんがあります。こってり味は、濃厚らぁめん、濃厚鶏らぁめん、濃厚辛みそらぁめん、濃厚チャーシューめんがあります。夏季限定(昼食時10食限定)の冷やしらぁめんもあります。冷やしらぁめんも食べてみたいところですが、温かいラーメンが美味しいお店でなきゃってことで通常メニューから梅らぁめんにしました。席に座り食券を出し待ちます。
厨房には店主が一人。フロア係もなく一人で頑張っています。「らーめん 天神下 大喜」と「らー麺 本丸亭」で修業したとの情報もあり、特に「らーめん 天神下 大喜」は並んでも食べたいと思わせてくれたお店ですから期待が高まります。手際良く作っています。席数が好きないこともあってかそんなに待つこともなく出来てきました。

お~や 梅らぁめん

白くちょっと渋い、好きなタイプの器に盛られてきました。鰹節のいい香りがします。
麺は、普通かやや太に感じます。縮れもいい感じでツルツルした感触も良いのですが、あっさりしたスープともうひとつ馴染んでいないように感じてしまいます。もう少し細い麺で食べてみたくなります。自家製麺のお店はどうも麺を強調してしまうようです。
スープは、塩の名店で修行しただけあってさすがです。塩のえぐいような感じは微塵もなく、和の上品なお吸い物のようなダシに旨味の油が凄くいい感じに絡まっています。
トッピングは、鰹節、メンマ、岩海苔、とろろ昆布、青ねぎ、白髪ねぎです。鰹節は出汁を取るもので、料理そのものには入っていない方が良いと思っていますが、魚粉なんかで香り付けするよりはこちらが良いでしょう。食べ始めは梅の香りがするだけのものかと思いましたが、とろろ昆布の下に梅肉があります。さらなる香りと心地いい酸味を楽しめました。白めし(ごはん)を入れて梅茶漬け風に楽しむこともできるようです。
どちらかというと醤油→味噌→塩っていうのが好きなスープの順番ですが、久々に美味しい塩をいただきました。もう少し細い麺を選べたら…。無化調ってことでこだわりもあってか750円と安くはありませんがリピートさせてもらいたいラーメン店でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.06.19

めん処 くら田

くら田 冷し中華(ダブル)

新潟市の「めん処 くら田」です。
新潟市の中心地、本町通りと東堀通りの間、6番町です。小原小路に面してあります。
冷し中華の美味しい季節です。いくつかある夏に食べておきたい冷し中華の1軒です。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着いた小さな下町のお店です。午後12時20分頃に着きました。外にまではみ出し5人ほど並んでいます。10分ぐらい待って座れました。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメン、夏季は冷し中華もあります。麺は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)から選べます。細麺の他に平麺も選べます。スープも醤油味の他に塩味も選べます。麺の量、麺の種類、スープの味を変えても追加料金なしです。冷し中華は、麺の量以外の変更対応可否は不明です。普通の冷し中華(ダブル)にしました。
いつもの通り親父さんが作って、おばさんが配膳と会計をやっています。手際よく作っていますが一度に多くを作らないので時間がかかります。出来上がりを待つお客さんも多く、ある程度の待ちは覚悟しています。他のお客さんは、まだ温かいメニューの方が良いようでラーメンが多く出ています。…と見ていたら思いの外早く出来てきました。
冷し中華は、大盛りまではお皿ですが、ダブルはラーメンと同じ器に盛られてきます。
麺は、細く弱い縮れの癖のない麺で、ツルツル感のある冷しらしいコシのある麺です。
つゆは、透き通った薄い醤油色で醤油味が控えめであっさりした感じに仕上がっています。酸っぱさは一般的なものと同じように効いているので、酸味が強く感じられます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、玉子半個、胡瓜や生姜の細切り、刻海苔です。
昔からの懐かしい感じのする冷し中華750円です。値上がりしていません。大盛り、ダブルまで麺の量を変更しても同じ値段です。普通盛りだと少しお高いかなって感じですが、ダブルはとてもとてもお手頃です。美味しくいただきました。御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.18

松代 棚田

松代 棚田 2012 初夏

十日町市(旧松代町)の棚田です。
今日近くを通ったので、いつもの棚田をちょっと覗いてみました。この前は、まだ田植えの直後だったので池のように見えていた田んぼも、稲が育ち緑色になってきました。
今日も県外ナンバーのミニバンが停まっています。年配夫婦で、キャンピングカーのように泊って写真を撮るらしい雰囲気です。その他にも数組のお客さんは入っています。

下の写真は、前回(5月22日)の同じ所の風景です。田んぼが緑が買ってきました。

松代 棚田 2012 春

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打ちラーメン 万太郎

万太郎

十日町市の「手打ちラーメン 万太郎」です。
旧十日町市のイオン十日町店を核とした妻有ショッピングセンターの一角にあります。
BSNの水曜ナイトで松本市で開催の信越麺戦記の模様を取り上げており、そこにこのお店が出店していました。十日町の食材を使い、ちょっと怖そうに見えて実はとても真面目な店主の一生懸命に取り組んでいるのを見たら、なんか食べてみたくなりました。
お店は、奥に厨房、中央部を囲うようにカウンター席、周囲にテーブル席があります。飾り気のない親しみ易い大衆的なラーメン屋さんです。午後1時前に着きました。遅い時間ですが、席が半分ぐらい埋まっているでしょうか。入口に食券販売機があります。
メニューは、醤油、味噌、しお、つけ麺の通常メニューの他、5月~9月中旬までの冷やしもあります。さらに信越麺戦記に出した十日町タンタンメンもあります。当初は、その十日町タンタンメンを食べようと思っていましたが、メニューの写真を見たら醤油が食べたくなりました。大盛り無料です。少し豪華に特正油ラーメン(大盛)にしました。脂量は普通です。味の分類は醤油の文字で品名は正油の文字を使っています。
混みも解消したころにお邪魔したのか、そんなに待たずにラーメンが出来てきました。

万太郎 特正油ラーメン

ラーメン二郎インスパイア系かと思わせるような結構ボリュームのあるラーメンです。
麺は、やや太縮れでお店の名前の通り手打ちです。角が立っている良い食感の麺です。
スープは、醤油の味がしっかりしていながら動物系旨味もかなり効いているものです。麺大盛同様に背脂も無料です。普通にしましたがこってり感に後半きつくなりました。
トッピングは、豚ばら肉をスライスしたようなチャーシューと大きな肉塊があります。メンマ、味玉、もやし、玉ねぎ、海苔、磯海苔と特の名前通りとても充実しています。玉ねぎと磯海苔でこってりが和らぐかと思いましたが、こってりの楽々優勢勝ちです。
麺もスープもかなり出来の良い好みのラーメンでした。脂と油からくるこってり感には参りました。次回食べることがあったら背脂なしは避けたいので、背脂半分でお願いしようかと思います。普通の正油ラーメンが680円とちょっとお高いので、そこそこトッピングが充実しているかと思いますが、特正油ラーメンは850円と値段差を考えるとお得です。大盛りは、健康面を考えると余計だったと後悔が少し残った一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.17

とんかつ 政ちゃん

新潟市の「とんかつ 政ちゃん 牡丹山店」です。
笹出線を東へ、栗の木バイパス、馬腰跨線橋を越え、赤道との交差点手前にあります。
最近食べていないトンカツでも食べようかと思い「とんかつ 政ちゃん 牡丹山店」にお邪魔しました。「とんかつ 政ちゃん」は沼垂本店で食べて以来になります。いつごろでしょう。支店もなく、「かつ丼 政家」も展開していなかったころです。もう20年以上前になるでしょう。自宅に帰ってから気付きましたがお店の写真撮り忘れました。
お店は、和風レスランの造り、雰囲気です。カウンター席、テーブル席、小上がり、個室風の席まであります。風除室に待ちの名前を書けるようになっていて、待ちの椅子もあります。午後12時30分頃、誰も待っていないのでお店の中に進むとカウンター席やカウンター席っぽく使える大きなテーブルが空いています。店員が案内してくれるのを待とうかと思いますが、お会計が2組程いるのでそれを済ませてからだろうと待っていると風除室の待ちの用紙に名前を書いて待っていて下さいとのこと。名前を書いて風除室で待ちます。用紙を見ると1組が案内されていないようです。帰ったでしょうか?
待っていて判りました。会計で待っていたと思った1組が前の待ちのお客さんで、お店の中でうろちょろしていました。困った親父さんです。こちらも巻き込まれて格好悪!
左側中央の大きなテーブル席に案内されました。お水とお新香を持ってきました。
メニューは、とんかつを中心に定食やかつ丼などがあります。かつは、普通のかつ(ロース)とひれがあります。クリームコロッケも1個単位でオーダ出来ます。美味しそうです。特製かつ丼味噌汁にしました。沢庵も食べたかったのですがお新香はなさそうです。その後もお客さんが増え、待ちが出来ています。暫く待って出来てきました。

政ちゃん牡丹山店 特製かつ丼+味噌汁 蓋有

黒い小さめに見える器です。蓋が締めきれないままのボリュームで運ばれてきました。
いっしょに運ばれてきたお味噌汁です。お新香は、水は最初に運ばれてきたものです。

政ちゃん牡丹山店 特製かつ丼+味噌汁

蓋を取るとたれかつが山になっています。たれかつが幾重にも重なってのっています。

政ちゃん牡丹山店 特製かつ丼 アップ

たれかつ山の迫力を正面から撮ってみました。たれかつを一時蓋に逃がして食べます。
たれの甘しょっぱい醤油味とロースの軟らかなかつが馴染んでご飯が一気に進みます。

政ちゃん牡丹山店 特製かつ丼 食事中

たれかつとご飯を掘削現場が崩れないよう食べ進むと中断のたれかつが見えてきます。
軟らかなかつ、たれ、ご飯を楽しみながら食べていきます。味が濃く単調ですから飽きがきます。少ないおかずでご飯をいっぱい食べた時代の人には、味の濃いたれのかかったかつが多めなので仕方ないでしょう。お味噌汁はインスタントっぽい味付けです。
かつ丼は、小さなころから玉子綴じだったので、たれかつ丼は新鮮で楽しめますが、たまに少量食べる方が良さそうです。個人的には、お新香に沢庵が使われなきゃかつ丼じゃないです。特製かつ丼1354円、味噌汁178円、合計1532円の昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.16

名代へぎそば 利休庵

利休庵

新潟市の「名代へぎそば 利休庵」です。
新潟駅万代口の左側バスターミナルのすぐ前、新潟東急インの1階にあります。
ずっと海老天そばを食べたいと思っていた「登庵」に行きました。新潟駅周辺整備事業の道路拡幅にひっかりそうでボチボチ食べておかないとと考えたからです。でも、どうも営業していないようです。携帯でネット確認したらもう閉店していました。立ち退き関係は早い動きです。お蕎麦を食べたいと思って行ったので他のおそば屋さんで食べようと思い、駅前で好きな「名代へぎそば 利休庵」で食べることにしました。
お店は、古民家風のちょっと灯りを落した落ち着いた雰囲気です。テーブル席と小上がりがあります。午後2時近くになっていますがまだまだ混んでいます。待ちこそありませんでしたが満席に近い状態です。長居する気もないのでテーブル席でいただきます。
メニューは、へぎそば、冷たいお蕎麦、温かいお蕎麦などがあり、天麩羅との組み合わせた天へぎがお勧めのようです。花へぎはありません。平日のランチメニューもありますが、今日は土曜日で食べられません。へぎそば(2人前)とろろにしました。

利休庵 そばつゆ+とろろ

すぐに、そばつゆととろろが運ばれてきました。そば茶を飲みながらしばし待ちます。
おそば屋さんは、結構待つかなと思っていても早く出来てくるって印象がありますが、混みもあっているから仕方ありませんがちょっと時間がかかって出来てきました。

利休庵 へぎそば(2人前)

細長いへぎです。見た目や食べ易さに影響はありませんが、写真の撮影が難しいです。
普通だったらそばつゆに山葵を溶かし、とろろを少し入れてねぎを浮かべて食べます。しかし、へぎそばは小分けにされていてそこそこ量があるので、つゆの器で山葵を溶かし、とろろの器にそれを入れねぎを浮かべて食べます。大きな器の方が食べ易くて好きです。利休庵のへぎそばは、布海苔がつなぎのツルツルした感じは抑え気味で、普通のおそばに近い感じがします。鰹出汁の効いたそばつゆもいい感じです。さらにとろろの優しい爽やかだけど粘りのある旨みが絡んできます。2人前もペロリと入っちゃいました。蕎麦湯もちょうどいいトロミ加減で温かさでより際立つ鰹出汁を楽しめます。
へぎそば(2人前)1500円+とろろ320円で1820円の昼食となりました。牛丼なんかに比べると高いラーメンですが、さらにお高いお蕎麦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.15

東堀 石門子

東掘石門子 冷し中華(超)

新潟市の「東堀 石門子」です。
新潟市の中心部古町エリアの下手にあります。東堀通り沿い、広小路近くになります。
ワンタンメンと夏の冷し中華が人気のお店です。なんと冷し中華は年中食べられます。
新潟市古町エリア周辺には、好みの冷し中華を食べられるお店が、三吉屋、信吉屋、くら田、蓬来軒、大江戸の5軒とこの東堀石門子があります。最近、確認しないで来て、定休日っていうことが続いていました。待ちに待った石門子の冷し中華を食べれます。
お店は、奥行きがあり、左側に厨房、厨房奥に小上がりが1卓、中央にカウンター席があります。右側は、お店の中で待てるように広くなっています。冬場助かります。中規模の質素な町のラーメン屋さんです。午後12時15分過ぎに着きました。お店の前まで及ぶような並びはありませんでしたが、お店の中には5人程の並びの列があります。
待ちが少ないときはお店に入ってひと呼吸おいたぐらいで『なんにしますか』とせっかちな親父さんの言葉がくるのですが、今日は待ちの列が進み少なくなってからでした。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷し中華とそれらにチャーシュー(肉)を加えたものがあります。盛りは、普通、大盛り、超盛りがあります。メニューには冷やしと肉冷やしと表記されています。温かいワンタンメンなども人気が高く、今日は冷やしと半々ぐらい出ています。冷し中華(超)にしました。
10分ほど待ったでしょうか。カウンター席で食べ終わったお客さんと入れ替わりで座れました。その後もお客さんが訪れ常に5~6人の待ちが続きます。一度にたくさん作ります。ちょうど良く作り始めでそんなに待たずに冷し中華(超)が出来てきました。
冷し中華の普通盛りと大盛りはお皿に盛られて出てきますが、超盛りはどんぷりです。
麺は、細縮れでプリプリした歯切れの楽しい好きな麺です。温かいものと同じ麺です。
つゆは、ラーメンの器にラーメンと変わらない量です。魚介系ダシの旨味と風味が穏やかなあっさりした醤油味で、しょっぱさや酸味も控えめです。そのままラーメンのスープのように飲めるつゆです。昨年は薄味に感じましたが、今日はいい感じの濃さです。
トッピングは、チャーシューとキュウリの細切り、メンマ、わかめ、紅生姜などです。
石門子の冷し中華は、歯応えの楽しい麺とあっさりしたそのまま飲めるつゆの美味しいものです。超盛り900円。お腹いっぱいの満足なものでした。ちょい食べ過ぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.14

喜八

喜八 ネギみそラーメン(大盛)

南魚沼市(旧六日町)の「喜八」です。
六日町の八海山寄りにあります。味噌ラーメンと辛い地獄ラーメンが評判のお店です。
お店の横に駐車場があります。休日のお昼は、駐車場に空きはなく、路駐か駐車場に入るために並ぶかといった状態です。平日のお昼時間を外したの大丈夫の筈ですが…。午後1時45分頃に着きました。この時間でもなんとか空きがあり停められる状態です。
お店は、左に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、右側に小上がり、奥にテーブルが数卓置かれた座敷があります。昔ながらの食堂って雰囲気です。この遅い時間でも7~8割の席が埋まるほどお客さんが入っています。カウンター席が空いていました。
メニューは、ラーメンやみそラーメンとそれにネギやチャーシューを加えたもの、辛口ラーメンとそれにチャーシューを加えたものがあります。辛口は、小辛、中辛、劇辛、超劇辛と超劇辛を食べた人が食べれる地獄1~3丁目があります。地獄1~3丁目完食者は、店内に名前が貼り出されています。以前、超劇辛ラーメンを完食できたので地獄シリーズを食べることもできますが、今日はネギみそラーメン(大盛)にしました。
午後もいい時間なのにまだお客さんがやって来ます。同じお客さんの入りが続きます。
待っているお客さんも多く、やや待ったかなって頃にみそらーめんが出来てきました。
白い器に、白い味噌。ちょっとぼやけるような軟らかい、優しさのあるラーメンです。
麺は、少し太く感じさせる縮れとモチモチ感の強いものです。少し硬いゆで加減です。
スープは、白味噌の旨さと甘みが程良くさらさらあっさりしながら濃厚なスープです。
トッピングは、たっぷりのネギがまず目に入ります。ネギの上には辛味が少しのっています。ネギの下には、キャベツと玉ねぎの炒め物と軟らかいチャーシューがあります。
スープが好みでネギも楽しみネギみそラーメンは750円です。みそラーメン700円に50円UPでネギがトッピングできるのが嬉しいです。さらに大盛りで100円UPされ850円になりました。食べ過ぎのボリューム感があります。人気がある訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.13

お寿司のお弁当

お寿司のお弁当 パッケージ

東京駅新幹線改札前にあるいつもの駅弁屋を覗きます。時間が遅く何種類も残っていないだろうと諦めムードでしたが、数は少ないものの思った以上の種類が残っています。
食べたことのない駅弁もあります。夏限定のお寿司や夏野菜をテーマにした駅弁です。どちらも美味しそうですが、どちらかというと肉食系、お寿司のお弁当にしました。

お寿司のお弁当

原材料になります。すし飯(国産米使用)、葛餅、はも照焼、玉子焼、マリネ、あじ、人参煮、椎茸煮、錦糸卵、鶏照焼、酢蓮根、椎茸旨煮、高菜漬、練梅、甘酢生姜、味付おかか、煮詰、梅酢しそ漬け、はじかみ、焼き海苔、レモン、大葉、木の芽などです。
お寿司の駅弁は、同じお寿司を最後まで食べなきゃいけない駅弁が殆どですが、この駅弁のようにいろいろなお寿司を楽しめる駅弁がいろいろ販売されることを期待します。
奈良県上北山村の笹八というところが販売者です。1000円と切れの良い値段です。お弁当を背負って大台ケ原山地や世界遺産の大峯奥駈道なんか歩いてみたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濃厚完熟味噌拉麺 味噌屋 せいべえ

せいべえ 中華そば

東京都港区の「濃厚完熟味噌拉麺 味噌屋 せいべえ」です。
JR新橋駅烏森口から品川方向に向かった先、居酒屋などが多いガード下にあります。
新橋でのお昼になりました。濃厚なみそらーめんが美味しかったのでお邪魔しました。
お店は、間口が狭く奥行きかあり、奥に厨房、右側の壁伝いに配膳用の通路があり、その通路に向かってカウンター席、左側奥にテーブル席があります。その先にも席があるようです。居酒屋でも可笑しくないような雰囲気のお店です。午前11時30分頃に着きました。他にお客さんが3人とまだ早いようです。入口脇に食券販売機があります。
メニューは、味噌味、醤油味、塩味が揃っていて、お店の名前からも判るように味噌味を中心に豊富なバリエーションがあります。前回みそらーめんを食べました。味噌のバリエーションを広げて行くのが一般的かも知れませんが、別スープの醤油を食べようと思います。基本的な中華そばにしました。ライスがサービスなのでお願いしました。
混雑する前だったのですぐに出来てくるかと思いましたが、結構時間がかかりました。
白い器に醤油色のスープが鮮やかです。油の量も多めで、あっさりとも違うようです。
麺は、平打ちやや太の縮れ、かなりモチモチ感の強いものでみそらーめんと同じ麺か?
スープは、たまり醤油っぽい醤油味が濃いものです。焦がしねぎの風味がします。多めの油と刻みニンニクが合わさりいい旨味が加わります。醤油もなかなかいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、わかめ、鳴門、海苔、ねぎと充実しています。
みそらーめん同様に中華そばもなかなか濃厚なスープでした。麺、スープ、トッピングともバランスが取れてます。新橋駅近くでライス付きで650円ですから満足感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海鮮 花ちらし雪椿

海鮮 花ちらし雪椿 パッケージ

今日は、新幹線での移動になります。新幹線の改札近く、いつもの駅弁屋を覗きます。
食べたことのない駅弁が…なんと!えんがわ押し寿司だけです。神尾商事の駅弁なので間違いないことと思いますが、えんがわ自体がそれほど好きじゃないために考えます。
近くには同じ神尾商事の海鮮 花ちらし雪椿があります。是非もう一度食べてみたいと思っていた駅弁です。どちらにしようか少し悩んで海鮮 花ちらし雪椿にしました。
えんがわ押し寿司は、お寿司屋さんでえんがわに慣れてから食べようと思います。で納得しようとしましたが、お寿司屋さんに行くよりも駅弁を食べた方が安く上がります。
パッケージ紙には、サーモン、数の子、いくら、新潟県産米と大きく書かれています。

海鮮 花ちらし雪椿

内容は、酢飯(新潟県産米)、サーモン漬、えんがわ漬、味付数の子、錦糸玉子、山せり漬、れんこん漬、醤油いくら、桜でんぶ、白ごま、レモン果汁などとなっています。
サーモンが雪椿のような盛り付け、さらにえんがわ、数の子、錦糸玉子、山せり、れんこん、いくら、桜でんぶの彩りが加わり錦絵のような美しい駅弁に仕上がっています。
海鮮類は、漬けになっていますが、言われないと気付かないほど生に近い仕上りです。
ご飯も上にピンクがかった酢飯、下が普通の白の酢飯がある紅白2層になっています。
彩りが良く、生のちらし寿司を食べたかのような印象が残ります。小さく見えますが、ボリュームもしっかりしています。950円と駅弁としてはお手軽でいい線でしょう。

長岡市渡沢町地区

新幹線の車窓から見えるいつもの長岡市渡沢町地区です。前回見てから3週間経ちました。田植え直後だった田んぼの緑が濃くなってきました。綺麗な色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.12

中華のカトウ

カトウ 中華そば(大盛)

新潟市の「中華のカトウ」です。
東堀通りと古町通りの間にあります。柾谷小路から1本上手(西側)の通り沿いです。
新潟に居たことがあって、時々出張で新潟に来る同僚の大好きなラーメン屋さんです。味覚の確かな同僚が食べたことがないとのことで、食べてもらおうとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。小さな昔からの中華そば屋さんの雰囲気です。表示されてるものはありませんが、変わってなければ朝7時からお昼時間までの営業です。午後12時20分頃に着きました。他にお客さんが5人います。早い日ならすでに閉店していてもいい時間ですがまだやっています。
メニューは、中華そば、チャーシュー麺、それらの大盛りととてもシンプルなワンスープ勝負お店です。お手頃にお腹いっぱいになります。中華そば(大盛)にしました。
前の人までの注文した品がが出来上がり、次に手際良く作ってもらえ出来てきました。
あっさりした感じが見て判る昔からの中華そばです。この手がホッとするこの頃です。
麺は、普通太の平打ち、珍しいストレートに近い麺で、冷や麦のような感じの麺です。
スープは、新潟らしいあっさりで、醤油味に加え塩が利いていて少ししょっぱめです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、絹さやです。チャーシューは、脂身の少ない歯応えのある中華そばらしいものです。いい味付けになっていて嬉しくなります。
新潟のあっさりした中華そばは、醤油薄味のスープに細縮れ麺かなと思っていますが、少し麺が特徴的な中華そばです。普通の中華そばが450円で、大盛りやチャーシュー麺にしてもそれぞれ100円UPです。550円で中華そばの大盛りを楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.11

らーめん亭 松茶屋

松茶屋 トン汁ラーメン

妙高市(旧新井市)の「らーめん亭 松茶屋」です。
国道18号線から寺町交差点を旧新井市市街地方向に左折した直ぐの左側にあります。
上越市から妙高市への移動中です。食べていない「はな禅」と「担担麺 龍馬軒」はお休みでした。妙高市に入りすぐの「らーめん亭 松茶屋」でいただくことにしました。
お店は、左側に厨房、右側手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。どちらも4~6人掛けのテーブルが40卓くらいあるでしょう。とにかく広いお店です。午後12時10分過ぎに着きました。駐車場も空いていましたが、お店も3割程度のお客さんの入りでしょうか。その後、お客さんが入ってきます。6~7割程度の入りになりました。
メニューは、醤油系と味噌、中華系に至るまでいろいろ豊富に揃っています。時々来ることが出来ればいろいろ食べてみたいのですが、たまにしか来れないのでいつも通りの食べたくてしょうがないトン汁ラーメンにしました。店内各所に置かれた冷水機からセルフサービスで水を用意するのですが、混んでいないためか持ってきてくれました。
いつも早めの出来てきますが、空いていることもあってさらに早めに出来てきました。
とん汁に似合いそうな厚手の器の中には、大きく切られた玉ねぎと豚バラ肉と豆腐が目立つとん汁、輪切りの青ねぎがたっぷり入っています。汁の優しそうな色が好きです。
麺は、やや太く縮れの強い平打ちっぽく感じるものです。そんなに好きなタイプの麺ではありませんが、食べていると麺そのものが美味しく感じてきます。不思議な麺です。
スープは、白味噌仕立ての優しいものです。豚バラ肉の旨味と玉ねぎの甘さとニンニクの旨味がバランス良くスープを仕上げています。油も豚肉から自然に出たもので、見た目と違いあっさりしています。トン汁って名前からも残さず飲んでしまうスープです。
トッピングとはっきり言えるのは、輪切りのねぎだけです。トッピングと言うべきか、スープのトン汁の具は、豚バラ肉と玉ねぎがたっぷり入っています。豚は、豚バラらしい切り方です。玉ねぎは、とても軟らかく口の中で溶けるようになくなります。豆腐は1/4丁も入っています。ジャガイモも入ってました。溶けてなくなっていることが多いのですがいつもより大きめです。バランスが取れていて美味しく仕上がっています。
味噌ラーメンとも違った食事って感じのラーメンです。850円と安くはありません。しかし、たかがラーメン一杯ですが食事って満足感のあるとても好きなラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.10

基地開庁祭

基地開庁祭 ①

航空自衛隊新潟分屯基地の創設50周年記念の基地開庁祭に行ってきました。創設45周年記念を見学してからもう5年も経ちました。前回は新潟空港側に車を駐車して行きましたが、今回は山ノ下海浜公園近くの臨時駐車場に止めて行きます。駐車場は、係員に誘導していただきました。所々看板があります。結構いい歩きになります。

基地開庁祭 ②

航空自衛隊新潟分屯基地に到着しました。入場した場所で基地の案内図とイベント内容を確認します。イベント内容は、基地一般開放、航空機地上展示、アトラクション等、オープニングフライト、救難展示、戦闘機による飛行があります。

基地開庁祭 ③

まずは、お手洗いの場所を確認、男女別、障碍者用、手洗い場などが整備されています。

基地開庁祭 ④

会場はもの凄い人で、徐々に増えてきます。オープニングフライトは間に合いませんでしたが、救難展示を見ようと思います。しかし、いい場所は、ほとんど取られています。

基地開庁祭 ⑤

救難展示の開始です。新潟空港滑走路の中央付近で救難対象から発煙筒の煙が上がります。U-125A捜索機が救難対象を確認し、UH-60J救助機に連絡します。

基地開庁祭 ⑥

UH-60J救助機がやってきました。救助開始です。

基地開庁祭 ⑦

やはり場所がもう一つ、UH-60J救助機がYS-11輸送機の翼に見事に重なりました。

基地開庁祭 ⑧

基地開庁祭 ⑨

救難対象を収容中。この高さは怖いです。

基地開庁祭 ⑩

救難対象の収容が完了しました。

基地開庁祭 ⑪

帰還しました。風もありますが、ホバーリングなど抜群の安定感です。

基地開庁祭 ⑫

地上展示を見ましょう。YS-11です。内部も見れますが凄い列で断念します。
T-400練習機、T-7練習機、CH-47J輸送機も展示されています。
さきほど救難展示したU-125A捜索機やUH-60J救助機も展示されています。

基地開庁祭 ⑬

格納庫も見てみましょう。UH-60J救助機がもう一機展示されています。

基地開庁祭 ⑭

ミニフライトスーツ試着コーナーが人気です。

基地開庁祭 ⑮

売店も盛況です。帽子やTシャツ、模型やお土産など魅力あるものだらけです。
食べ物もいろいろありますが、混んできたので帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.09

スーパーのお弁当

イオン チキン竜田のおろし弁当

今日は、子供の運動会がありました。しかし、高校の運動会は親が行くほどのものではないし、自分の高校当時は見に来る親はいませんでした。頼むから来ないでくれ!って感じだったので今日の子供の運動会も行きません。午前中、パソコンの写真整理をしていたら眠くなったのでお昼寝します。起きたら夕方。相方は、実家近所のお通夜に行くとのことでテーブルの上にはスーパーのお弁当があります。万代シティの某スーパーのチキン竜田のおろし弁当です。駅弁、ホカ弁、コンビニ、スーパーなどいろんなところで弁当を購入できるようになりましたが、スーパーのお弁当はどうなんでしょう。
電子レンジで温めてもいいのですが、山へ持って行ったつもりでそのまま食べてみました。ご飯がどうも好みの食べ易さではないです。おかずは美味しいのですが、もう少し副菜が欲しいです。値段が398円と駅弁1個購入したと思ったら2~3個購入できる値段ですからこのようなものでしょうか。もう少し美味しいものであって欲しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.08

麺屋 あごすけ

あごすけ 濁汁麺

上越市の「麺屋 あごすけ」です。
北陸自動車道上越インターチェンジ近く、ホームセンタームサシの向かいにあります。
上越市でのお昼になりました。まだ「はな禅」や「担担麺 龍馬軒」のラーメンを食べていないので食べたい気持ちもありますが、しばらく食べていない「麺屋 あごすけ」のラーメンが無性に食べたくなりました。混みは覚悟で「麺屋 あごすけ」にします。
お店は、左側に厨房、手前と中央にカウンター席、右側にテーブル席があります。木を活かしたちょっとレトロな雰囲気と綺麗に手入れされている厨房のステンレスの反射が対照的です。時間をズラし午後1時50分頃に付きました。お店の中、風除室、外と並べるように椅子が配置されていますが、すんなり店内の待ちスペースまで入れました。前に4人のお客さんが座って待っています。店員がメニューを持ってきてくれました。
メニューは、いつでも食べられるが旨鹽麺(塩らーめん)、醤油麺(正油らーめん)、醤油豚麺(正油ちゃーしゅーめん)、濁汁麺(醤油とんこつらーめん)、濁汁豚麺(醤油とんこつちゃーしゅーめん)、醤油背脂麺(正油背あぶららーめん)、醤油背脂豚麺(正油背あぶらちゃーしゅーめん)の7種です。昼のみ数量限定のメニューで、旨鹽濁汁麺(塩とんこつらーめん)、旨鹽濁汁豚麺(塩とんこつちゃーしゅーめん)があります。オープン以来のメニューです。さらに後に追加されたメニューもあります。昼の数量限定で、甘えびとんこつめん、辣塩とんこつ麺があり、夜限定で、黒とんこつ麺、黒とんこつちゃーしゅー麺があります。つけめんもあります。通常メニューのつけ麺、豚骨つけ麺と期間限定のあごとろつけ麺があります。しかし、時間も遅く数量限定や期間限定は売り切れています。一般的な濁汁麺(醤油とんこつらーめん)にしました。
少しするとカウンター席に案内されました。ラーメンを作る様子を見ながら待ちます。系列で居酒屋らしきものが忙しいのか今日も店主の姿が見えなくて残念です。でも、さすがお店を任された店員、仕事が丁寧です。見ている間にラーメンが出来てきました。
何でしょう?これは、クリームシチューにも似たような…。ラーメンには見えません。
麺は、他のメニューと同じ自家製麺の普通の太さのストレートです。今までは少し太めのパスタっぽいものでしたが、角が少ししっかりしてラーメンらしい麺に感じます。ツルツルした触感とモチモチした歯応えは変わらず前のものよりも好みです。気のせい?
スープは、白っぽいクリームスープのようです。クリーミーなとんこつのまろやかさと醤油の深みのある味です。クリーミーなところは人気の塩と同じですが、切れ良い塩に対し深みのある味わいです。動物臭さを全く感じさせないバランスの良いスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、揚げニンニク、江戸菜、海苔、焦がしねぎで、トッピングひとつひとつでも全体のバランスでも楽しめる頼もしいトッピング達です。
とんこつのクリーミーさと醤油の深み、麺、スープ、トッピングとバランスの取れたラーメンです。以前は766円(本体730円)となっていましたが、内税になり780円になりました。値上がりして益々高価になりました。また食べたくなるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.07

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
JR羽越線岩船町駅の近く、風情のあるJAの倉庫が目印で、その向かいにあります。
村上で出張者と一緒の昼食になりました。minoさんからの「玉寿し食堂」の塩ラーメン(チャーシュートッピング)が美味しいとの情報で食べようと思いましたが定休日でした。近いところで「お食事処 一平」にします。午後1時過ぎなので大丈夫でしょう。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調にした落ち着いた雰囲気です。お店の入口まで行くと…、時間をズラしたつもりですが風除室に4人程並んでいます。午後1時過ぎでも混んでいます。10分ぐらい待ってお店に入れました。席は小上がりに案内されました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、味噌ラーメン、野菜タンメン、五目ラーメン、担々麺などとセットメニュー、チャーハンや丼物などもあります。ひと通り食べたので最近の標準パターンになりますがラーメン定食にしました。出張者も同じです。
後からもまだお客さんが来ます。来たお客さんの注文や出来上がってきたものですが、今日はチャーシューメンがかなり出ているようです。いつもは混んでいてもそこそこ早めに出来てきますが、今日は特別混んでいるのか少し時間がかかって出来てきました。
ラーメンの他にご飯と小鉢3個、お新香と器の数だけでリッチな昼食の感じがします。
麺は、ごく普通な感じで平打ちっぽい細い弱い縮れ、ツルツルと食感の良いものです。
スープは、中華そばって感じの褐色です。今日は少し濁りがあります。煮干しの優しい良い香りがします。あっさりしていながら深みある旨味と自然な甘さがいい具合です。
トッピングは、ごく普通のチャーシューと角煮の中間ぐらいの軟らかさとしっかりした味付けのチャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草となかなか充実しています。
定食は、ご飯と小鉢とお新香です。小鉢は、海老フライ、豚肉生姜焼き、サラダです。フライや生姜焼きにはキャベツとパプリカ、サラダにはブロッコリーとレタスが添えられています。お新香は、キュウリの塩漬け、キュウリの柴漬け、キュウリとキャベツとうるいの一夜漬けなど今日も3種あります。品数や材料の多さだけで嬉しくなります。
ラーメンが560円で美味しくいただけて、それだけで今ではお手頃かなと思います。さらにラーメン定食は、780円と220円だけUPとお手頃です。ラーメンのお手頃がさらに充実できる定食です。ラーメンがきちんとした料理の一部になったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.06

金星の太陽面通過

今日は、金星の太陽面通過があります。
天気があまり思わしくありません。どうなることやら。
新潟地域では、以下の時間が目安になっていました。
 ・外蝕の始め  7:09:41
 ・内蝕の始め  7:27:29
 ・最小角距離 10:29:36
 ・内蝕の終り 13:31:43
 ・外蝕の終り 13:49:31
今回も一眼に300㎜のレンズ、ND40とND8のフィルターをダブルでかけます。絞りをF40、シャッタースピードは1/30~1/400秒を雲に合わせて使用。

金星の太陽面通過 20120606070941
07時09分41秒 外蝕の始め

金星の太陽面通過 20120606071341
07時13分41秒 外蝕の始まりから4分後

金星の太陽面通過 20120606071941
07時19分41秒 外蝕の始まりから10分後

金星の太陽面通過 20120606072729
07時27分29秒 内蝕の始め
電線が入ってしまいました。これもこれでよしと。

金星の太陽面通過 20120606080000
08時00分00秒

金星の太陽面通過 20120606103031
10時30分31秒
最小角距離を少し超えてしまいました。雲がきつい。

金星の太陽面通過 20120606112059
11時20分59秒

金星の太陽面通過 20120606133721
13時37分21秒
もうすぐ太陽面通過も終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

らーめん 大雷神

大雷神 上海ランメン

新潟市の「らーめん 大雷神」です。
笹出線を東へ、栗の木バイパス、馬越跨線橋を越え、赤道との交差点の角にあります。
深夜に利用していましたが、最近はほとんど行けてません。何年ぶりのお昼でしょう。
お店は、右奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左側に大小のテーブル席、その手前にも小上がりがあります。結構広めに最近のラーメン屋さんの雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。お客さんは、半分ぐらいの入りです。
メニューは、正油ラーメン、味噌ラーメン、坦々麺、マーボー麺、広東麺などの中華系から創作系まで幅広いメニューがあります。今回も好きな上海タンメンにしました。
お客さんも少なめですが、スタッフが男性と女性の2人だけでこなしています。帰ったお客さんの器が片づけられていないテーブルもあります。お店の広さからは4人ぐらいのスタッフがいても良さそうな広さです。慣れた手際で普通の待ちで出来てきました。
旨みがあって優しそうなスープ、野菜などのあんかけ、ホタテのいいダシ香がします。
麺は、かなり細めの縮れで、モチモチ感や噛み応えの良さを楽しませてくれる麺です。
スープは、干しホタテ出汁を使った醤油味のまろやかで奥行きのある優しいものです。
トッピングは、もやし、きくらげ、キャベツ、白菜、人参のあんかけ、白髪ねぎです。
まろやかで優しい上品な食べ物をいただきました。780円です。初めて食べたときは650円だった思いますが、結構値上りしています。歴史あるお店になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.05

赤谷十二神社の大ケヤキ

赤谷十二神社の大ケヤキ

十日町市(旧川西町)赤谷にある赤谷十二神社の大ケヤキです。近くを通ったので写真を撮ってみました。ケヤキって見事に大きな木になります。

名称 赤谷十二神社の大ケヤキ
樹種 ケヤキ
樹高 46.5m
根回り 10.5m
目通り 9.8m
推定樹齢 1210年
新潟県指定文化財天然記念物(1958年3月5日指定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼肉お食事処 肉よし

肉よし ラーメン定食

柏崎市の「焼肉お食事処 肉よし」です。
国道252号線沿い、柏崎インターから十日町方向に向かった先、郵便局の並びです。
お肉屋さんが始めた食堂で、お手頃に食べれるので、またお邪魔することにしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がり、他に個室などがあります。庶民食堂と割烹の合わせたお店です。正午頃に着きました。お客さんが2組と寂しい状態でしたが、お昼を回ると次々とお客さんが入ってきます。
メニューは、焼肉、定食、丼物、麺類、一品料理とあり、麺類は中華系を中心に揃っています。写真入りでラーメンや味噌ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、タンメン、五目あんかけラーメン、マーボーメンなどがあります。セットもあります。ランチタイムサービスメニューがあり、カレーライス、チャーハン、ソースかつ丼と組み合わせたものやラーメン定食があります。なかなかお得そうなラーメン定食にしました。
お客さんが少ないうちに注文できたので、大した待ちもなくラーメン定食がきました。
シンプルでごく々普通のラーメン、野菜炒め、ご飯、お新香を組み合わせた定食です。
麺は、細い縮れの麺です。あまり主張がない分、他とのバランスが取れている麺です。
スープは、濃い醤油色でしょっぱそうに見えますが、見た目ほどしょっばさもなく、癖のないバランスの良いスープです。適量の油が浮いていていい味に仕上げてくれます。
トッピングは、厚みがあり脂身とのバランスの良いチャーシューとメンマ、鳴門です。
目立たない麺やスープですが、バランスが良く落ち着いて食べれます。少なそうに見えて量もしっかりあります。これが単体だと500円ですからちょっと嬉しく思います。
定食は、ご飯の量も野菜炒めの量もしっかりあります。野菜炒めは、もやし、キャベツ、ピーマン、人参、きくらげ、豚肉などです。もやしの量が多過ぎまして、ラーメン定食800円との差額300円の定食かと思うと割安感があまりなくなっちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.04

部分月食(月出帯食)

部分月食(月出帯食)

今日は、部分月食。さらに欠けたまま月が出る月出帯食です。夕方の東の空に雲が多く諦めていましたが、なんとか見ることができました。
撮影時刻(午後8時36分) 撮影場所(新潟市内) F/8 1/2秒 300㎜ ISO-100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 冷し中華(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町の市場風のお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。人情横町と書かれています。
好きな信吉屋の冷し中華が、そろそろ始まっていないかなと楽しみにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口が広く、市場の支那そば屋さんといった懐かしさを感じさせる小さなお店です。午後12時15分過ぎに着きました。店前に7人並んでいます。食べ終わったお客さんと入れ替わりで少しずつ進んでいきます。
メニューは、支那そばとそれにメンマ、チャーシュウ、ワンタンを組み合わせたものがあります。夏場には冷し中華もあり人気です。盛りは、普通、中盛、大盛があります。夏が始まりました。お腹にちょうど良いボリュームの冷し中華(中盛)にしました。
10分程度の待ちで座れました。おじさんとおばさんで切り盛りしているお店です。出来上がりを待っているお客さんが多いのですが、いつものように早く出来てきました。
支那そばなどと同じ黒っぽい渋い器です。トッピングの彩りが良く食欲をそそります。
麺は、極細に近い弱い縮れです。シコシコした歯応えがとても楽しい大好きな麺です。
つゆは、魚介が香ばしく、酸っぱさやしょっぱさを押さえてあります。特に酸っぱさを押さえていますが、レモン(1/8個)を搾って入れることにより爽やかな酸っぱさと香が広がります。練り辛子で辛味も楽しめます。ダシが効いていて美味しいつゆです。
トッピングは、脂身が少なく弾力のある歯応えを楽しめるチャーシュー、キュウリ・ハム・鳴門の細切り、錦糸玉子です。つゆに絞って入れるレモンの色がとても綺麗です。
麺の歯応えとつゆの爽やかな酸味を楽しみました。普通盛り800円、中盛850円。トッピングが多いので、ボリュームがあります。美味しく楽しませていただきました。
9月の第一週ぐらいまでやってくれるのかな。今年は昨年よりも多く食べられるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.03

背脂中華そば 潤 UNIV.

潤UNIV. タンメン(大盛)

新潟市の「背脂中華そば 潤 UNIV.」です。
県道青山内野線沿い、西大通り(旧国道116号線)との坂井交差点近くにあります。
子供の資格試験受験で会場の新潟大学に送ってきました。近くなのでお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、フロアにテーブル席、左手前に壁向きのカウンター席があります。普通のラーメン屋さんです。午後1時15分頃に着きました。6人ほど並んでいます。
メニューは、中華そばとタンメンを中心に豚ミソラーメン、チャシューメン、岩のりラーメンなどがあります、サイドメニューやそれらを組み合わせたセットメニューもあります。大盛りが無料になっています。中華そばは、背脂の量が、普通、中脂、大脂、鬼脂からの選択できます。岩のりラーメンは食べたのでタンメン(大盛)にしました。
空くような時間ですが、お客さんの待ちが続いています。ラーメンも普通にきました。
タンメンらしく野菜がたっぷりです。野菜には冠雪のように刻み生姜がのっています。
麺は、太麺の縮れです。モチモチ感が強くゆでの硬さもあり元気な麺になっています。
スープは、野菜からの旨みが出た塩味で、薄味です。ボリュームがあり食べている途中で飽きがきます。後半は、餃子用の醤油とお酢を加えて食べ易くしていただきました。
トッピングは、もやし・キャベツ・人参・きくらげ・鶏ささみ・鶏皮の炒め物、刻み生姜です。塩味の薄味に、生姜の効果はあまりありません。長岡生姜醤油とは違います。
ヘルシーで健康的なタンメンでした。もう少しスープをしょっぱめにしてもらえると最後まで飽きることなく食べ切れそうです。中華そばが680円でやや高く感じますが、タンメンも680円でこちらはお得な感じがします。たっぷりの野菜がお手頃に食べれて、さらに大盛りも無料です。これなら二郎インスパイア系と言っていいのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.02

ラーメン 東横 愛宕店

新潟市の「ラーメン 東横 愛宕店」です。
紫鳥線を女池からさらに鳥屋野方向へ向かい、新幹線をくぐった先の左側にあります。
新潟を代表する味噌ラーメンの人気店です。どうも店員の接客が、この愛宕店だけ合わなくて遠慮しがちでした。しかし今日は、別のメニューを食べたくてお邪魔しました。
お店は、左側に入口があり、奥に厨房、手前にテーブル席、右側に小上がりがあって、広々としていてイタリアンとかのお店でも良さそうなラーメン店らしくないお店です。午後2時30分前に到着しましたが、休日の遅い昼食なので数組のお客さんがいます。
メニューは、味噌・醤油・塩の各ラーメン、つけめんを始め、サイドメニューまで豊富に揃っています。麺の量も×0.5、×1、×1.5、×2、×2.5、×3、×4とかなりの大食まで対応できるようになっています。いつならお店一番人気であろう野菜みそラーメン(大盛)にするところですが…。お店を見渡すと壁に貼紙がありました。

東横愛宕店 限定メニュー

ブログ等で見たことはありましたが、食べたことのない二郎インスパイア系ラーメン、その名も“野菜たっぷり とうじろう”と“肉の横綱 よこじろう”です。“野菜たっぷり とうじろう”が好みですが、まずは“肉の横綱 よこじろう”からでしょう。
その後、お客さんが少なくなり結構静かなお店になりました。しかし、食器を扱いがどうなのか結構大きな音が気になります。我慢して待つとよこじろうが出来てきました。

東横愛宕店 よこじろう

味噌ラーメンの大盛で使用している器のようです。結構、中央部が山になっています。

東横愛宕店 よこじろう 正面

いつものアングルだと判り難いかと思い、もう少し正面よりからも写真を撮りました。
麺は、太い縮れの硬めでモチモチしています。味噌ラーメンの麺です。好きなタイプではありませんが、二郎のようなラーメンだと違和感がなく、いい感じに食べられます。
スープは、味噌のようなですが、割りスープが付く通常の濃厚なものではなく、そのまま普通に食べられるしょっぱさです。背脂が浮いていてとてもまろやかです。最初、甘みがあって好きな感じかと思いましたが、後でその甘みにちょっとだけ飽きがきます。
トッピングは、チャーシューが肉の横綱ということだけあってたっぷり入っています。軟らかめの普通の厚さです。野菜は、キャベツともやしですが、いつもの野菜味噌ラーメンよりももやしが断然多いバランスです。半熟玉子は少し柔らかめです。刻みねぎもたっぷりです。東横は、テーブルににんにくがありません。頼むのを忘れていました。
太めの麺は、濃厚しょっぱいスープに合うと思っていましたが、しょっぱくなくてもいけます。また、背脂との組み合わせも全然違和感なく、最初からこういうメニューがあったのかと思う程です。ボリュームがあって二郎インスパイアらしさを楽しむことができました。ただ、よこじろうが890円と値段は二郎をインスパイアできていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新発田うまいもの市

新発田市の新発田コモタウンで開催された「新発田うまいもの市」に行ってきました。

新発田うまいもの市 アスパラみどりカレー売り切れ

到着は午後1時45分、午後6時までなので余裕かと思って行ったのですが、目的のアスパラみどりカレーはすでに売り切れでした。とほほ!

新発田うまいもの市 SEN+まる七

近くに「肉拉麺 SEN」、「麺食堂 まる七」が出店していましたが、発泡容器のラーメンを600円で食べたくないのでパスします。「屋台 道楽」もお店を出していましたが、かき氷が目立って中華そばがあることに気付きませんでした。

新発田うまいもの市 メトロポリタン松島

村上のやま信の村上牛メンチカツやコロッケも少し食べたいような感じもありましたが、結局、柏崎のメトロポリタン松島の鯛茶漬けをいただくことにしました。

新発田うまいもの市 メトロポリタン松島 鯛茶漬け

鯛茶漬けは、プラスチック製ですがレンゲも付いていて食べ易くいただきました。澄んだ鯛のおダシが良い感じです。500円と安くはありませんが納得です。

新発田うまいもの市 ステージ

ステージもありよさこいの披露もあるようですが、まだ時間もあり帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.01

らーめん塾 紅生

紅生

新潟市(旧豊栄市)の「らーめん塾 紅生」です。
旧豊栄市中心市街地の西側、葛塚にあります。豊栄高校の近く、少し手前になります。競馬場インターから踏切を渡って3つ目の信号を右折、その少し先の右側にあります。
豊栄でのお昼です。以前から食べたいと思っていた「らーめん塾 紅生」にしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。街の食堂の雰囲気です。午後1時前に着きました。他にお客さん1人です。
メニューは、ラーメン、タンタンメン、チャーシューメン、ネギラーメン、ネギチャーシューメン、麻婆メン、辛味噌つけ麺があります。別でホワイトボードには、野菜たっぷりピリ辛みそラーメン、肉みそラーメン、冷しタンタン麺、冷しつけ麺があります。期間限定か。ランチやサイドメニューもあります。ランチします。ランチAはラーメン+ギョーザ+ちょびっとライス、ランチBはラーメン+とりめし+おしんこ、ランチCはラーメン+半チャーハンです。ラーメン以外も+100円でランチにできます。ランチがお得なので、ラーメン+ギョーザ+ちょびっとライスランチAにしました。
ギョーザの出来上がりに合わせたのか、普通のラーメンより時間がかかってきました。

紅生 ランチA

なんかホッとする中華そばと小さな器に山盛りのライス、焼き餃子3個のセットです。
麺は、細目の縮れ、ツルツルしています。コシのしっかりした噛み応えのある麺です。
スープは、鶏ガラのスープと野菜と煮干しのスープを合わせたWスープです。あっさりしていますが、適度な醤油の味、自然な癖のないあっさりした旨みのあるスープです。
トッピングは、軟らかめのチャーシュー2枚、メンマ、わかめととてもシンプルです。
安心して食べられる昔ながらの中華そばです。ちょっとボリューム感に欠けますが…。
ギョーザは、お店の看板のもの、手作りの美味しいものです。ちょびっとライスは、器は小さいけど山盛りです。各ランチともラーメン(単体で500円)との組み合わせで500円です。ランチ時間は、ギョーザ+ちょびっとライスがサービスのようになっています。昔ながらのラーメンがセットのとってもお得なランチをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »