« 新発田うまいもの市 | トップページ | 背脂中華そば 潤 UNIV. »

2012.06.02

ラーメン 東横 愛宕店

新潟市の「ラーメン 東横 愛宕店」です。
紫鳥線を女池からさらに鳥屋野方向へ向かい、新幹線をくぐった先の左側にあります。
新潟を代表する味噌ラーメンの人気店です。どうも店員の接客が、この愛宕店だけ合わなくて遠慮しがちでした。しかし今日は、別のメニューを食べたくてお邪魔しました。
お店は、左側に入口があり、奥に厨房、手前にテーブル席、右側に小上がりがあって、広々としていてイタリアンとかのお店でも良さそうなラーメン店らしくないお店です。午後2時30分前に到着しましたが、休日の遅い昼食なので数組のお客さんがいます。
メニューは、味噌・醤油・塩の各ラーメン、つけめんを始め、サイドメニューまで豊富に揃っています。麺の量も×0.5、×1、×1.5、×2、×2.5、×3、×4とかなりの大食まで対応できるようになっています。いつならお店一番人気であろう野菜みそラーメン(大盛)にするところですが…。お店を見渡すと壁に貼紙がありました。

東横愛宕店 限定メニュー

ブログ等で見たことはありましたが、食べたことのない二郎インスパイア系ラーメン、その名も“野菜たっぷり とうじろう”と“肉の横綱 よこじろう”です。“野菜たっぷり とうじろう”が好みですが、まずは“肉の横綱 よこじろう”からでしょう。
その後、お客さんが少なくなり結構静かなお店になりました。しかし、食器を扱いがどうなのか結構大きな音が気になります。我慢して待つとよこじろうが出来てきました。

東横愛宕店 よこじろう

味噌ラーメンの大盛で使用している器のようです。結構、中央部が山になっています。

東横愛宕店 よこじろう 正面

いつものアングルだと判り難いかと思い、もう少し正面よりからも写真を撮りました。
麺は、太い縮れの硬めでモチモチしています。味噌ラーメンの麺です。好きなタイプではありませんが、二郎のようなラーメンだと違和感がなく、いい感じに食べられます。
スープは、味噌のようなですが、割りスープが付く通常の濃厚なものではなく、そのまま普通に食べられるしょっぱさです。背脂が浮いていてとてもまろやかです。最初、甘みがあって好きな感じかと思いましたが、後でその甘みにちょっとだけ飽きがきます。
トッピングは、チャーシューが肉の横綱ということだけあってたっぷり入っています。軟らかめの普通の厚さです。野菜は、キャベツともやしですが、いつもの野菜味噌ラーメンよりももやしが断然多いバランスです。半熟玉子は少し柔らかめです。刻みねぎもたっぷりです。東横は、テーブルににんにくがありません。頼むのを忘れていました。
太めの麺は、濃厚しょっぱいスープに合うと思っていましたが、しょっぱくなくてもいけます。また、背脂との組み合わせも全然違和感なく、最初からこういうメニューがあったのかと思う程です。ボリュームがあって二郎インスパイアらしさを楽しむことができました。ただ、よこじろうが890円と値段は二郎をインスパイアできていません。

|

« 新発田うまいもの市 | トップページ | 背脂中華そば 潤 UNIV. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/54861540

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン 東横 愛宕店:

« 新発田うまいもの市 | トップページ | 背脂中華そば 潤 UNIV. »