« 基地開庁祭 | トップページ | 中華のカトウ »

2012.06.11

らーめん亭 松茶屋

松茶屋 トン汁ラーメン

妙高市(旧新井市)の「らーめん亭 松茶屋」です。
国道18号線から寺町交差点を旧新井市市街地方向に左折した直ぐの左側にあります。
上越市から妙高市への移動中です。食べていない「はな禅」と「担担麺 龍馬軒」はお休みでした。妙高市に入りすぐの「らーめん亭 松茶屋」でいただくことにしました。
お店は、左側に厨房、右側手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。どちらも4~6人掛けのテーブルが40卓くらいあるでしょう。とにかく広いお店です。午後12時10分過ぎに着きました。駐車場も空いていましたが、お店も3割程度のお客さんの入りでしょうか。その後、お客さんが入ってきます。6~7割程度の入りになりました。
メニューは、醤油系と味噌、中華系に至るまでいろいろ豊富に揃っています。時々来ることが出来ればいろいろ食べてみたいのですが、たまにしか来れないのでいつも通りの食べたくてしょうがないトン汁ラーメンにしました。店内各所に置かれた冷水機からセルフサービスで水を用意するのですが、混んでいないためか持ってきてくれました。
いつも早めの出来てきますが、空いていることもあってさらに早めに出来てきました。
とん汁に似合いそうな厚手の器の中には、大きく切られた玉ねぎと豚バラ肉と豆腐が目立つとん汁、輪切りの青ねぎがたっぷり入っています。汁の優しそうな色が好きです。
麺は、やや太く縮れの強い平打ちっぽく感じるものです。そんなに好きなタイプの麺ではありませんが、食べていると麺そのものが美味しく感じてきます。不思議な麺です。
スープは、白味噌仕立ての優しいものです。豚バラ肉の旨味と玉ねぎの甘さとニンニクの旨味がバランス良くスープを仕上げています。油も豚肉から自然に出たもので、見た目と違いあっさりしています。トン汁って名前からも残さず飲んでしまうスープです。
トッピングとはっきり言えるのは、輪切りのねぎだけです。トッピングと言うべきか、スープのトン汁の具は、豚バラ肉と玉ねぎがたっぷり入っています。豚は、豚バラらしい切り方です。玉ねぎは、とても軟らかく口の中で溶けるようになくなります。豆腐は1/4丁も入っています。ジャガイモも入ってました。溶けてなくなっていることが多いのですがいつもより大きめです。バランスが取れていて美味しく仕上がっています。
味噌ラーメンとも違った食事って感じのラーメンです。850円と安くはありません。しかし、たかがラーメン一杯ですが食事って満足感のあるとても好きなラーメンです。

|

« 基地開庁祭 | トップページ | 中華のカトウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/54938942

この記事へのトラックバック一覧です: らーめん亭 松茶屋:

« 基地開庁祭 | トップページ | 中華のカトウ »