« ごはん処 食堂ミサ 道の駅あらい | トップページ | レスト飯店 紫竹苑 »

2012.07.12

ラーメン ちくに

ちくに 中華そば(大盛)

村上市の「ラーメン ちくに」です。
村上市役所近くにあります。城下町らしい住宅地の中にあります。解り難い場所です。
村上市でお昼になりました。玉寿し食堂で食べたいところですが、今日は定休日です。
昼営業の時間が短くなかなか食べられない「ラーメン ちくに」で食べれる時間です。
久々に煮干しの強いスープと軟らか麺が特徴の中華そばを食べようとお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房があり、食堂には所狭しとテーブルが置かれています。すべて4人掛けのテーブルです。そこそこ古めの地元の食堂って雰囲気です。午後12時25分過ぎとこのお店にとっては遅い時間に着きました。半分ぐらいのお客さんと少なめです。
メニューは、中華そば600円と中華そば大盛り700円、肉そば900円とシンプルです。好きな1つのスープで勝負しているお店です。中華そば(大盛)にしました。
おじちゃんとおばちゃんの2人で切り盛りしているお店です。年輩の夫婦が1つのスープでやっているラーメン屋さんてことで、微笑ましい感じにリピートしたくなります。
セルフサービスの水を準備して待ちます。その後もお客さんが訪れ、次々とテーブルが塞がっていきます。そんな状態なんで時間がかかるかなと思っていましたが、お客さんが少ないうちに注文できたので早く出来てきました。一度にたくさん出来上がります。
白っぽい中華料理店のような器に、煮干しの香り、表面には脂が多めに浮いています。
麺は、やや細の弱い縮れで一般的ですが、軟らかめにゆでられています。軟らかいゆで加減は好きではありませんが、ちくにのゆで加減はバランスが良く嫌いじゃないです。
スープは、煮干しダシの効いたものです。透き通っていますが、醤油の色ではありません。味付けは、醤油を前面に出さない、塩を上手く使ったものです。あっさりしていそうですが、油もちょっと多めにあり、まろやかさと少しこってりした感じもあります。
トッピングは、適度な歯応えが楽しいチャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎです。
煮干しダシが懐かしく、軟らかな麺も特徴と思うと気になりません。中華そば(大盛)700円です。安くはありませんが懐かしさを楽しみながらお腹の加減になりました。

|

« ごはん処 食堂ミサ 道の駅あらい | トップページ | レスト飯店 紫竹苑 »

コメント

村上市寺町にある村上市民のソウルフードですね。昔々、現在の店舗は「千国・センゴク」と言う喫茶店でした。
旧店舗は細工町にあり、先代の味を引き継ぐ形で喫茶店からラーメン店になったみたいです。
茹で過ぎかな?と思う麺と動物系のスープが抜群にマッチしています。
旧村上市民は、三之町の「川村肉屋のコロッケ」小町の「天茂の焼きそば」が懐かしい味です。

投稿: morris | 2012.07.16 01:36

>morrisさん

千国(センゴク)からチクニなんでしょうか。
さすがにネット上に情報はありませんでした。
なかなかない味ですが、リピートする味です。

細工町ってなかなか他地区の人が行くような場所じゃないようで全然知りませんでした。でも、昔はそういう業種の人たちが集まっていたんでしょうね。

三之町の「川村肉屋のコロッケ」は知りませんでした。やま信の村上牛コロッケが県内のイベントに出店していて村上の味かと思っていました。

小町の「天茂の焼きそば」はビックリしました。村上に焼きそば専門店があるんですね。玉子焼きそばやカレー焼きそばが美味しそうです。

村上のお酒も美味しいので電車で1度行きたいです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.07.16 13:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/55182495

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン ちくに:

« ごはん処 食堂ミサ 道の駅あらい | トップページ | レスト飯店 紫竹苑 »