« 味覚道楽 樽 | トップページ | お休み »

2012.08.18

角田山 五ヶ峠コース

湯の平温泉の記事をアップしてたら午後になってしまいました。暑さに慣れましょう。ちょっと散歩に行きましょう。足の調子も戻ったし、爪も切ったし、靴も乾きました。水の淀んだところに蚊、水のきれいなところに虻ってことで尾根がいいです。時間も遅いので暗くても判っていて降りれる角田山の五ヶ峠コースに登ってみたいと思います。

角田山 五ヶ峠コース 駐車場

駐車場に着いたら午後3時を回っています。それでもまだ2台の車が停まっています。

角田山 五ヶ峠コース 登山口

午後3時36分(0時間00分) さて、ご機嫌に暑い中、登山口を出発しましょう。最初、切通し上まで階段が続きます。地形上仕方ないです。年配夫婦とすれ違います。

角田山 五ヶ峠コース ①

午後3時41分(0時間05分) 階段を登り切ると木漏れ日の林の道が待ってます。

角田山 五ヶ峠コース ②

午後4時03分(0時間27分) きつい階段があります。ここを登ると西からの風がほんの少し当たります。単独男性とすれ違います。これで合流点まで貸切コースです。

角田山 五ヶ峠コース 東屋

午後4時14分(0時間38分) 東屋を通過します。今日は休まずに行けそうです。

Photo_7

午後4時22分(0時間46分) 粘土質の登りコースは水気もまだあって滑ります。

午後4時23分(0時間47分) 浦浜コース合流点通過
午後4時32分(0時間56分) 灯台コース合流点通過
午後4時33分(0時間57分) 三望小屋脇通過
午後4時36分(1時間00分) 三望平園地通過
午後4時45分(1時間09分) 桜尾根コース合流点通過

角田山 五ヶ峠コース 山頂

午後4時47分(1時間11分) 標高481.7m 山頂に到着しました。灯台コース合流後に年配夫婦1組、単独男性2人とすれ違いました。静かな静かな角田山です。

角田山 五ヶ峠コース 観音堂前

観音堂前まで移動して休みます。こちらの方が風があります。山頂から観音堂にかけて単独男性2人、女性単独2人がいました。巻射撃場の音がパンパン煩かったのですが、山頂に着く頃には南の空でゴロゴロと雷鳴が聞こえます。下りるまで大丈夫だろうか?

角田山 五ヶ峠コース 山頂①

角田山 五ヶ峠コース 山頂②

山頂に戻って南東の空です。普通に景色を撮った写真の空(トリミング)です。林に絞りを合わせたものと空に絞りを合わせたものです。積乱雲の下あたりでゴロゴロです。

午後5時27分(0時間00分) 下山開始
午後5時29分(0時間02分) 桜尾根コース分岐点通過
午後5時37分(0時間10分) 三望平園地通過
午後5時39分(0時間12分) 三望小屋脇通過
午後5時40分(0時間13分) 灯台コース分岐点通過
午後5時46分(0時間19分) 浦浜コース分岐点通過
午後5時52分(0時間25分) 東屋通過

角田山 五ヶ峠コース 夕日

午後6時02分(0時間35分) 東の風に変わった尾根の隙間から見えた夕日です。

午後6時19分(0時間52分) 登山口到着

気楽にもっと楽なコースの記憶でした。たぶん気温のためかと思います。急登はないもののこの気温ではかなりいい運動になります。たっぷり汗を流させていただきました。
使用水:1.0リットル、予備水:2.5リットル、行動食:なし、昼食:なし

|

« 味覚道楽 樽 | トップページ | お休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/55459077

この記事へのトラックバック一覧です: 角田山 五ヶ峠コース:

« 味覚道楽 樽 | トップページ | お休み »