« ダルマ食堂 小新店 | トップページ | らーめん 渚 »

2012.10.30

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町の市場風のお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。人情横町と書かれています。
新潟のあっさりしたラーメンを楽しみにたまに来県する出張者といっしょのお昼です。おもだかや女池店、三吉屋信濃町店、東堀石門子などで食べて喜んでもらっています。関東地区のラーメンに慣れた舌にどうかなと思いつつ、信吉屋を味わってもらいます。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広いお店です。市場の小さな支那
そば屋さんという懐かしさを感じさせる雰囲気です。午前11時50分に着きました。
空いているかと思ってましたが2席空いてるだけです。離れて座ることになりました。
メニューは、支那そばと、メンマ、チャーシュウ、ワンタンを組み合わせたものになります。盛りは、普通、中盛、大盛があります。中盛が50円UP、大盛が150円UPなので中盛がとても割安に感じます。いつも通りワンタンメン(中盛)にしました。
主張者には、予めワンタンメンがお薦めで量は多いと伝えてます。見ていたらワンタンメン(麺かため)にしたようです。硬い麺が好きなようでどこでも硬めで食べてます。
先のお客さんの注文したものができ、すぐに作り始めてもらえてるようです。その後、お客さんが増えいつも通り待ちになりました。今日もワンタンメンが人気のようで良く出ています。少し待つと出張者のワンタンメンから先、次いで出来上がってきました。
いつもの黒っぽい渋い器に澄んだスープが上品です。結構ボリュームがありそうです。
麺は、極細に近い弱い縮れのものです。シコシコした歯応えが楽しめる好きな麺です。
スープは、醤油じゃなく塩で味付けをしているのでしょうか。すまし汁のように綺麗な透き通ったものです。昆布ダシの旨みと奥深さを味わう大人のための和風スープです。
トッピングは、脂身がなく弾力のある歯応えを楽しめるチャーシュー、お弁当に入れる小さめの肉団子ぼどの大きさはあろうかという挽肉を包んだワンタン、メンマ、ほうれん草、鳴門です。輪切りのねぎが和風なスープと絡まりいい味わいを与えてくれます。
油のないお吸い物のようなスープ、脂の少ないチャーシューとヘルシーな昼食でした。ワンタンメン(中盛)は700円で、好みでボリュームがあります。御馳走様でした。
出張者は、昆布ダシと聞いて甘ったるいスープかと想像していたようですが、しっかりした出来に絶賛でした。また、ハードルが高くなっちゃいました。次はどこ行こうか。

BSNの水曜見ナイトが取材に来て、10月31日番組後半での放送予定だそうです。

|

« ダルマ食堂 小新店 | トップページ | らーめん 渚 »

コメント

今夜のテレビ、見ました。


ワンタンメンで大儲けというおばさんの正直な映像、面白かったです。古い店ではないのですが、美味しいからいいかな、って思っています。

投稿: 亀井 | 2012.10.31 21:46

>亀井さん

親父さんは感情が込み上げ、おばちゃんがはしゃいでって感じでしたね。
美味しいし、25年間の継続も立派だと思いました。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.11.02 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/56008685

この記事へのトラックバック一覧です: 元祖支那そば 信吉屋:

« ダルマ食堂 小新店 | トップページ | らーめん 渚 »