« 東堀 石門子 | トップページ | 麺Kitchen ふくすけ »

2012.10.20

以東岳

体調がすこぶる良く、普段の山行では筋肉痛が起こらないようになりました。今週はあまり天気を期待できそうもありませんが、行きたいと思っていた朝日連峰にいよいよ行こうと思います。本当は2泊3日以上で縦走したいところですが、朝日連峰北端の以東岳に登ってきます。山と渓谷社の山形県の山によると以東岳の標高は1771.4m、直登コース~オツボ峰コースの周回コースは歩行時間11時間50分、歩行距離23.0㎞、累計標高差±+1740mです。1泊2日の工程で紹介されていますが、体力を要しますが日帰り出来る線かなと判断して秋の朝日連峰を楽しみたいと思います。
前日より移動を開始し、山形県鶴岡市(旧朝日村)の朝日連峰大鳥登山口には午前3時30分に到着しました。駐車場には10台ぐらいの車が停まっています。その並びに車を停めて仮眠します。歩行時間を考えればすぐに出発した方がいい時間ですが、知らない夜道を進むより、帰りに一度通った道の夜を帰る方を選びます。お休みなさい。

以東岳 大鳥登山口 駐車場

明るくなる午前5時ごろの出発を予定していましたが、午前6時の起床です。明るいうちの下山を終える予定でしたが、暗くなっての下山を終えることを覚悟して登ります。
これまでは、半袖のシャツでしたがさすがに寒くジャケットを着て行きます。
午前6時12分(0時間00分) 発

以東岳 大鳥登山口 泡滝ダム

道路を進むと泡滝ダムが見えてきました。小さなダムです。
午前6時15分(0時間03分)

以東岳 大鳥登山口

大鳥登山口から入ります。朝日連峰登山口と書かれた道標です。縦走が基本!?
午前6時17分(0時間05分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 カウンター

沢沿いの道を進むとカウンターがあります。
午前6時19分(0時間07分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 水場①

最初の水場が現れました。少しいただきます。
午前6時52分(0時間40分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 ①

心地いいブナ林の中を進みます。やや登り傾斜が増してきました。
午前6時55分(0時間43分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 冷水沢橋

冷水沢橋(吊橋)まで来ました。

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 冷水沢橋②

観光地の吊橋ような感じで何も考えずに渡り出したら揺れること。重さ(体重+装備で100kg超えるでしょうから)もありますがビックリしました。背中に汗(冷汗ではない)が出始めました。少し寒いような気もしますが、いよいよ半袖で登りましょう。
午前7時02分(0時間50分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 水場②

2番目の水場です。ここも少しいただきます。
午前7時17分(1時間05分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 七ツ滝沢橋

七ツ滝沢橋(吊橋)を通過します。今度は揺れも大丈夫です。
午前7時25分(1時間13分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 ②

綺麗なブナ林です。この辺りから七曲りの九十九折りになります。
午前7時37分(1時間25分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 水場③

3番目の水場です。ここも少しいただきます。
午前7時50分(1時間38分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 水場④

4番目の水場です。ここも少しいただきます。登りの水場は助かります。
午前7時54分(1時間42分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 水場⑤

5番目の水場です。まだありました。ここも少しいただきます。
午前8時08分(1時間56分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 ③

七曲りの九十九折りも登り切ったようです。もうすぐ大鳥池でしょう。
午前8時24分(2時間12分)

以東岳 大鳥登山口~大鳥池 ④

右側の木々の間から大鳥池が見えます。
午前8時25分(2時間13分)

以東岳 大鳥池 ①

大鳥小屋(タキタロウ山荘)の脇に出ました。
午前8時30分(2時間18分)

以東岳 大鳥池 ②

山荘脇からの大鳥池です。山荘前にもベンチがありますが、下のベンチで休みます。
朝食にします。

以東岳 大鳥池 ③

水場があり、水が豊富です。少し離れてキャンプ場があります。

以東岳 大鳥池 ④

トイレもあります。

以東岳 大鳥池 ⑤

朝、駐車場であいさつをした人がいます。30人の芋煮会の先発隊とのことです。この景色での芋煮会は、素晴らしいでしょう。大鳥小屋を写真に収めて出発します。
午前9時00分(2時間18分)

以東岳 大鳥池~山頂①

大鳥池の左側に沿って進みます。しばらくして直登コースとオツボ峰コースの分岐です。そのまま池に沿って直登コースを進みます。
午前9時04分(2時間22分)

以東岳 大鳥池~山頂②

振り返ると大鳥小屋がいい感じで佇んでいます。
午前9時06分(2時間24分)

以東岳 大鳥池~山頂③

池沿いの道が続きます。以東岳方向も山頂らしき辺りは雲の中です。
午前9時06分(2時間24分)

以東岳 大鳥池~山頂④

池の縁を歩くところもあります。
午前9時17分(2時間35分)

以東岳 大鳥池~山頂⑤

岩場もあります。
午前9時21分(2時間39分)

以東岳 大鳥池~山頂⑥

東沢も渡れそうです。山頂方向は、まだ雲がかかっています。
午前9時28分(2時間46分)

以東岳 大鳥池~山頂 東沢出合

東沢出合です。東沢は水もなく渡れます。
午前9時32分(2時間50分)

以東岳 大鳥池~山頂⑦

さすがに直登コースと名前が付けられてるだけのことはあります。厳しい傾斜が続きますが、標高も稼げます。時々深く掘れたところがあり、段差が大きくなかなかです。
午前9時38分(2時間56分)

以東岳 大鳥池~山頂⑧

急登をひたすら登ってきたら紅葉も真っ盛りです。
午前10時14分(3時間32分)

以東岳 大鳥池~山頂⑨

高木が終わり低木です。振り返ると大鳥池が良く見えます。
午前10時53分(4時間11分)

以東岳 大鳥池~山頂⑩

山頂方向が見えます。錦絵の絨毯のようです。
午前10時55分(4時間13分)

以東岳 大鳥池~山頂⑪

草の紅葉も綺麗です。
午前11時05分(4時間23分)

以東岳 大鳥池~山頂⑫

草原を登るような感じです。大きく掘れている個所もあり修復中のようです。山頂は相変わらず雲の中、これから雲に入ります。だいぶ寒くなってきました。
午前11時16分(4時間34分)

以東岳 大鳥池~山頂⑬

雲の中から突然、以東小屋が見えてきました。
午前11時41分(4時間59分)

以東岳 大鳥池~山頂 以東小屋

以東小屋に到着しました。昼食にします。先客が1人います。秋田県湯沢市からの来た男性です。小屋内の気温は2℃です。汗が引いたところでジャケットを着込みます。昨日、山頂付近で雪がちらついたようですが、納得できる寒さです。

午前11時42分(5時間00分) 着
午後12時27分(5時間00分) 発

以東岳 山頂①

山頂到着です。展望がなく残念です。
午後12時33分(5時間06分)

以東岳 山頂②

以東岳山頂の一等三角点です。
午後12時34分(5時間07分)

以東岳 山頂~大鳥池①

なんかこれから鬼退治にでも行こうかのような光景です。
午後12時39分(5時間12分)

以東岳 山頂~大鳥池②

下って来て雲の下に抜けられそうです。オツボ峰が見えてきました。
午後1時12分(5時間45分)

以東岳 山頂~大鳥池③

オツボ峰の分岐です。
午後1時19分(5時間52分)

以東岳 山頂~大鳥池④

雲が切れたらと思っていましたが、次から次と雲が出来てます。
午後1時22分(5時間55分)

以東岳 山頂~大鳥池⑤

三角峰です。左側をかすめて行きます。鞍部に水場への分岐があります。
鞍部でジャケットから半袖に復帰します。
午後1時39分(6時間12分)

以東岳 山頂~大鳥池⑥

大鳥池辺りに陽が射しています。まだまだ高度があります。
午後2時03分(6時間36分)

以東岳 山頂~大鳥池⑦

大きな綺麗なブナ林の中の結構きつい道を下ります。
午後2時32分(7時間05分)

以東岳 山頂~大鳥池⑧

大鳥池池畔の直登コースとの合流です。
午後2時53分(7時間26分)

以東岳 大鳥池 ⑥

大鳥小屋に戻りました。宿泊して明日以東岳を目指す団体が到着していました。
午後2時56分(7時間29分) 着

以東岳 大鳥池 ⑦

景色を見ながら午後のおやつを食べて帰りましょう。でも、朝と全然色が違います。安全に!運転できる体力を残して使い切りましょう。帰ります。
午後3時19分(7時間29分) 発

午後3時36分(7時間46分) 5番目の水場通過
午後3時48分(7時間58分) 4番目の水場通過
午後3時51分(8時間01分) 3番目の水場通過
午後4時09分(8時間19分) 7ツ滝沢橋通過
午後4時16分(8時間26分) 2番目の水場通過
午後4時30分(8時間40分) 冷水沢橋通過
午後4時38分(8時間48分) 最初の水場通過
午後5時08分(9時間18分) カウンター通過
午後5時09分(9時間19分) 大鳥登山口通過
午後5時09分(9時間19分) 泡滝ダム横を通過
午後5時11分(9時間21分) 駐車場到着

長い一日でした。ヘッドライトと懐中電灯を用意しましたが使うことなくなんとか戻れました。なだらかな気持ちいい尾根を縦走してみたいものです。ブナ林も良かった。
使用飲料1ℓ+α、予備水0.5ℓ、行動食/朝食・昼食:おにぎり2個・豆大福1個・どら焼き2個・チーズケーキ1個・バナナ2本、参考:万歩計45,372歩

がんばろう東北!

|

« 東堀 石門子 | トップページ | 麺Kitchen ふくすけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/55941842

この記事へのトラックバック一覧です: 以東岳:

« 東堀 石門子 | トップページ | 麺Kitchen ふくすけ »