« 古町どんどん | トップページ | らーめん 丸木屋 »

2012.10.14

菱ヶ岳~五頭山

先週の強攻な山行が身体に応えました。腰の軽い痛みや階段を登る時の膝に痛みが数日間残りました。今週は、天気はまあまあ良く近場の山に登ろうと思います。登山口まで時間がかからなくて、そこそこ楽しめそうな山と思い菱ヶ岳から五頭山の縦走を楽しもうと思います。以前、松平山から五頭山を縦走しており、今回はその東側になります。今回の周回コースは、走行時間7時間50分、走行距離12.0㎞、累計標高差+1160m-1160mです。

菱ヶ岳 登山口駐車場

菱ヶ岳登山口前駐車場です。以前営業していた五頭山スキー場の駐車場だったのでしょうか?とても広い駐車場です。30台以上の車が停まっています。トイレもあります。

菱ヶ岳 登山口

さて、準備が整ったところで登りましょう。
午前10時03分(0時間00分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳①

出出しは、九十九折りの急登です。よくあるパターンです。
午前10時06分(0時間03分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳②

その後も良くあるパターンで穏やかな林の中の道になります。
午前10時22分(0時間19分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳③

村杉温泉からの道と合流します。
午前10時23分(0時間20分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳④

合流地点からは、程好い傾斜の道になります。
午前10時23分(0時間20分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳⑤

菱見山です。遭難供養塔があります。
午前10時36分(0時間33分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳⑥

緩やかな道や傾斜のある道を繰り返し標高を上げて行きます。
午前10時49分(0時間46分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳⑦

右に開けた場所があり、そのすぐ下に未舗装の林道があります。
午前10時55分(0時間52分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳⑧

北山まで来ました。山頂方面の視界が広がります。
午前11時11分(1時間08分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳⑨

杉端です。夏期と積雪期でコースが違うようです。夏コースを進みます。
午前11時14分(1時間11分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳⑩

苦手な木々の間を縫ってのトラバースです。
午前11時14分(1時間11分)

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳⑪

笹清水の前にはベンチがあり休めるようになっています。ひと休みします。
笹清水は枯れていました。
午前11時22分(1時間19分)着
午前11時32分(1時間19分)発

菱ヶ岳 登山口~菱ヶ岳⑫

ひと休みもしたし、急登を登りますか。
午前11時32分(1時間19分)

菱ヶ岳 山頂

菱ヶ岳山頂に到着です。標高973.5mです。
急登が続きましたが、そんなに疲れも出ずに到着できました。
午後12時15分(2時間02分)着

菱ヶ岳 山頂から

山頂から阿賀野川方面を見たところです。のんびりして出発です。
午後12時52分(2時間02分)発

菱ヶ岳 山頂~五頭山①

与平の頭、中ノ沢登山口への分岐地点を通過します。
午後1時06分(2時間16分)

午後1時21分(2時間31分)中ノ岳通過
午後1時44分(2時間54分)龍神清水通過

菱ヶ岳 山頂~五頭山②

三叉路を通過します。
午後1時51分(3時間01分)

菱ヶ岳 五頭山 山頂

五頭山山頂です。標高912.5mです。
ひと休みします。
デジカメのメモリがいっぱいで撮影できなくなったので、削除作業もします。
午後1時57分(3時間07分)着
午後2時18分(3時間07分)発

午後2時27分(3時間16分)一ノ峰通過
午後2時30分(3時間19分)二ノ峰通過
午後2時41分(3時間30分)三ノ峰通過
午後3時03分(3時間52分)長助清水通過

菱ヶ岳 五頭山~登山口

どんぐりの森に入ったのでしょうか?ハイキングコース並の整備です。
午後3時16分(4時間05分)

菱ヶ岳 五頭山登山口

五頭山三ノ峰コース登山口到着です。
午後3時33分(4時間22分)

午後3時51分(4時間40分)駐車場到着
順調に帰って来れました。中ぐらいの傾斜、きつい傾斜、山歩きのような平坦な道、ブナ林など結構楽しめました。コースも整備されており、普段の練習にも良さそうです。
使用飲料1ℓ、予備水2ℓ、行動食/昼食:おにぎり2個、大福1個、どら焼き1個

|

« 古町どんどん | トップページ | らーめん 丸木屋 »

コメント

登山おつかれでした。

山と高原地図を買いましたが
コース上に書かれている情報は
すごく役に立ちます。

それにプラスして1/25000の地図も
あったほうがいいな~なんて
最近、思うようになってきました。

誰も歩いておらず不安に感じたことが
あったもんですから。

携帯型GPSは活躍していますか?


投稿: junk-land | 2012.10.16 21:01

>junk-landさん

山の地図って時間や注意事項・見どころなどが書かれていて、本当は登る山のものが欲しいけどお金のかかることなのでなかなか買えてません。
予め見ておくのがいいですね。
最近は、ビジターセンターや登山口の地図を見たりカメラで撮って利用してます。
1/25000の地図もあった方が良いかも知れませんが、山の地図で十分でしょう。傾斜のきつさなんかは解りやすいですが…。

北アルプスに登ろうかと20年以上前のものが揃っていますが、道が変わって参考程度にしかなっていません。逆に昔はこっちの道だったんだなんてことが判ります。

携帯型GPSはいいですよ。
1/25000の地図で自分の場所を表示できるので長い1本道でどのあたりまで来たかが解りますし、分岐などの確認で使えてます。ただ、国土地理院の地図なので登山道で記載されていないものもあります。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.10.21 09:36

>山地図
一か所の山を調べたいのに千円近くの出費は
確かに痛いですよね。

登山ガイドブック「新潟県の山」の
コメントもすごく的確なコメントが
載っているなぁ~と感じました。

妙高山の欄に「残雪期における河原徒歩で
北地獄谷への迷い込みに注意」と書いてありますが
下ばかり見て歩いていると残雪期でなくても
うっかり入ってしまいそうなルートでした。

携帯GPS良さげですね。
自分も欲しくなりました。

投稿: junk-land | 2012.10.21 22:17

>junk-landさん

昭文社のエリアマップは、昭和57年ごろ購入したものがあり500円でした。もちろん消費税導入前です。

残雪期は、踏み固められた登山道が何も見えないので本当に迷います。ことし始めの五頭山は、雪原のどこを行けば良いのか全然解らず、前に歩いた人の足跡も溶けた雪で解らず、しばらく探しました。

使用しているSONYのものはポータブルナビで、国土地理院の地図に自分の居場所が表示されるってだけのものですが。標高も10mで表示されます。ただ、製造終了で次のが出たかどうかです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2012.10.22 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/55892596

この記事へのトラックバック一覧です: 菱ヶ岳~五頭山:

« 古町どんどん | トップページ | らーめん 丸木屋 »