« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012.12.31

クリアラシャンテ

クリアラシャンテ

今日のお酒は、昨日に引き続き大仙市にある鈴木醸造店の「クリアラシャンテ」です。
大晦日の夕食の買い出しにイオン中仙へ。地酒の純米吟醸を購入しようと思っていましたが、過去に飲んだ「発泡清酒 スパークリング ラシャンテ」のフルボトル?がありました。このお酒で年越しをしようかと、ちょっとお高いのですが購入しました。
一口飲んで…。ボトルを良く見るとアルコール分2度です。子供達の物になりした。
日本酒ベースの炭酸ガス含有のリキュールで、1680円としっかりお酒の値段です。
その後は、新潟ふるさと村で購入して持ち帰った「大洋盛 純米吟醸 越の魂」に切り替えて飲みました。大洋盛まいうです。秋田の食べ物にも合うかなり好み日本酒です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.30

秀よし 純米酒

今日は、のんびり実家で過ごします。
昼過ぎに買い出しにでかけました。スーパーで晩酌のお酒を購入します。秋田にも高清
水、新政、爛漫など全国に名の知れたお酒はありますがお店の取り扱いが少なく、あま
り飲まれていないようです。その地域だけで飲まれているお酒がいろいろ売られていま
す。それが楽しみになっています。県外のお酒は、灘や伏見のお酒があります。新潟の
お酒は、菊水の一番絞り1リットルアルミ缶があるだけです。石高が少ないので希少価
値があって、新潟で飲まなきゃっていうのもいいのでしょう。お土産にもなるし…。

秀よし 純米酒

今日のお酒は、大仙市(旧中仙町)にある鈴木醸造店の「秀よし 純米酒」です。
昔から親父がよく飲んでいて、一升瓶が家にゴロゴロしていた秀よしの純米酒です。
2011年全米日本酒歓評会純米の部金賞受賞の純米酒だそうです。
新潟のお酒に慣れ過ぎたのか?淡麗なのにかなり濃く感じます。1522円です。

がんばろう東北!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012.12.29

らーめん 錦 秋田本店

錦

秋田県秋田市の「らーめん 錦 秋田本店」です。
秋田市土崎地区の県道72号線沿いにあります。中央卸売市場近く交差点の角です。
今朝、録画されている番組を見ていたら、彦摩呂と手島優が出演しているのB級グルメ天国で秋田市のラーメン店が紹介されていました。地元産の食材にこだわったお店のようなので、少しだけ回り道をして秋田の食材を楽しんでみようとにお邪魔しました。
郊外型お店が多いエリアで、眼鏡チェーン店と同じ区画で駐車場も共同になります。
お店は、八角形でしょうか?食べ物屋さんでたまに見かけることのある建物です。その中は、中央に厨房、周囲にカウンター席、その周囲の窓側にはテーブル席と小上がりがあります。ロッジ風レストランのような雰囲気です。午後5時45分頃に着きました。他に数組のお客さんと大きめのお店が静かです。まだ夕食には早い時間でしょうか?
メニューは、醤油、味噌、塩の各ラーメンにねぎやチャーシューを加えた組み合わせやこってりもあります。他にもワンタン麺や担々麺、チャンポンまであり、トッピングやサイドメニューもいろいろ用意されています。味噌ラーメン(ダブル)にしました。
メニューといっしょに“にしき通信”という新聞記事に似せたお店のPRがあります。今年の東京ラーメンショーで、錦など秋田県内のラーメン店9店から構成される“秋田成ト会”が3年連続で連日行列№1を記録したそうです。どんな味なんでしょうか。
大きなお店でお客さんが少ないこともあって次々とラーメンが出来上がってきます。

錦 味噌ラーメン(ダブル)

黒っぽい渋い器になみなみと盛られてきました。チャーシューやメンマもあります。
麺は、平打ち普通太のストレート、ツルツルした感触と歯切れのいいものです。北海道産小麦“春よ恋”100%で、自家製粉・自家製麺の徹底振り、美味しい小麦です。
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌です。味噌味がしっかり濃厚ですが、くどさがありません。好きな味噌です。こってりもありますが、こってりじゃない方がいいかな。
トッピングは、チャーシュー、もやし、めんま、ねぎなど要らない魚粉もあります。
なかなか好みの味噌ラーメンでした。味噌ラーメンが650円、麺大盛が50円増し、ダブルが100円増しとかなりお手頃にいただくことができました。新潟にもお店を出して欲しいと思います。

がんばろう東北!

家族が食べたラーメンです。

錦 味噌ラーメン

味噌ラーメン(650円)

錦 こってり醤油

こってり醤油(600円)

錦 トロ肉チャーシュー+限定味玉

トロ肉チャーシュー(750円)+限定味玉(100円)
東京ラーメンショーに出展したチャーシューが使用されています。

錦 錦チャンポン

錦チャンポン(850円)

錦 餃子

餃子(250円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅 鳥海 ふらっと

山形県遊佐町の「道の駅 鳥海 ふらっと」です。
新潟市の自宅を午後1時に出発し、秋田の実家に向かっています。日本海東北道や国道7号線を順調に走行しています。天気にも恵まれて新潟県内の登った山の雪化粧した雄姿を楽しみ、山形に入っても以東岳をはじめとする朝日連峰、月山をはじめとする出羽三山などを楽しめます。今日は、この時期には珍しく鳥海山山頂も綺麗に見えます。
国道7号線は、平成大合併以前の旧町村毎に道の駅があり、いい休憩場所を提供してくれています。時間的には日本海東北道の開通を待ち望んでいますが、旅の楽しみは道の駅の軽食や特産品の直売所です。高速道路のサービスエリアなどでは味わえない地域との触れ合いがあります。方言が混じったりなどなんとも言えない暖かみがあります。
のんびり道の駅を楽しみながらの旅もありますが、今回のような旅は、ある程度距離も稼いでおきたいところです。日本海東北道山形県側が、あつみ温泉まで迎えに来てくれるかのように開通し便利になりましたが、酒田みなとまで食べ物を入手できる施設がありません。通行する車両、利用者も少なく致し方ない状況かと理解します。秋田県にもうすぐ入ろうかという場所に、高速を降りて最初で、山形県最後の道の駅があります。「道の駅 鳥海」です。交通事故や日本海東北道あつみ温泉〜酒田みなと間での覆面車両などの多さに疲れました。少し休憩を取って、気分をリフレッシュさせましょう。

道の駅鳥海 ラ・フランスソフトクリーム

まず目に入ってきたのはラ・フランスのソフトクリームです。普通のソフトクリームと同じ300円です。優しいまろやかさと爽やかさを併せ持つソフトクリームです。

道の駅鳥海 だたちゃ豆コロッケ

次は、だだちゃ豆コロッケです。1個150円です。安くはありませんが、こういう場所にしてはお手頃でしょう。家族の分も含め4個注文したら、6分程待てるか聞かれました。待てることを伝えると、熱々を食べて新たに揚げ立てのコロッケを用意してくれました。だだちゃ豆がいい感じのコロッケでした。急冷急熱にお腹もビックリです。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.28

長浜屋台 一心亭 新潟分店

一心亭新潟分店 ラーメン

新潟市の「長浜屋台 一心亭 新潟分店」です。
新潟駅前帝石ビル裏の繁華街の中、「らーめん 浦咲(新潟駅前)」の隣にあります。
いろんな日本酒を楽しみ、ラーメンで〆ようかと思いお邪魔しました。初めてお邪魔させてもらうのですが、アルコールも勢いあってお店の写真を撮り忘れてしまいました。
お店は、間口が狭く奥行きがあります。左側が厨房、右側がカウンター席だけの小さなお店です。午後8時20分に着きましたが、すでに先客が2人と今日の夜は早めです。
メニューは、ラーメンとそれにねぎを中心としたトッピングを加えたものがあります。あぁ博多人情と同じです。東堀の一心亭が移転したのかと思っていましたが別でした。後で調べてみたらあぁ博多人情と同じジンコーポレーションのお店です。ラーメンにしました。麺の硬さを聞かれました。普通で良いのですが、格好付けのバリカタです。
九州のラーメンは、麺が細いのでゆで上がりが早いのが特徴です。すぐ出来てきます。
麺は、九州ラーメンらしい細ストレート麺です。硬めの歯応えが楽しくなってきます。
スープは、あっさり油の少ないさらりとしたとんこつです。味が物足りない感じです。
トッピングは、チャーシューとねぎです。〆に食べるのならちょうどいいのでしょう。
あっさりのとんこつラーメンでした。650円とちょっとお高い感じです。駅前でシンプルに〆るなら「九州ラーメン きんしゃい亭 新潟駅前店」が550円でいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 しょうじ

しょうじ

上越市の「麺屋 しょうじ」です。
上越市の高田地区、上越大通り土橋交差点から高田駅方向に、すぐの右側にあります。
上越での昼食になりました。今年オープンしてまだ食べていないしょうじでたべます。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。小屋風な外観とは違い落ち着いた感じの店内です。午後12時ちょうどに着きました。前に4人の並びが出来ています。店員がメニューを持ってきてくれました。

しょうじ めにゅう

メニューは、らーめん、ちゃーしゅうめん、特製らーめんの3種で、メニューには書かれていませんがあっさりとこってりから選べます。追加トッピングやサイドメニューも揃っています。こってりが人気のようなので特製らーめん(こってり)にしました。
この早めの時間でも食べ終わって帰るお客さんが多く、すぐに座ることが出来ました。並んでいる間に注文できましたが、待っているお客さんも多く普通に出来てきました。

しょうじ 特製らーめん(こってり)

もやしの山にチャーシューたっぷり、器の縁にはチャッチャ系の背脂がたっぷりです。
麺は、普通の太さの縮れで、ツルツルした感触とプリプリの噛み応えが楽しい麺です。
スープは、醤油味の濃厚な動物系で、チャッチャされた背脂がかなりこってりしていて胸焼けしそうな重みを感じます。背脂もお店によって、こってり感に違いがあります。
トッピングは、苦手な魚の水煮缶のような味の軟らかいたっぷりのチャーシュー、板片のようなメンマ2枚、たっぷりのもやし、海苔3枚、味玉半個、糸唐辛子と充実です。
吉相で修行した店主が上越市にお店を出したとのことで、吉相とどのように違うのかなと思いましたが、吉相のラーメンそのものでした。吉相上越店といった感じです。スープとチャーシューが苦手なラーメンですが、まだまだ美味しいと思います。仕事納めということでちょっと豪華に特製らーめん950円にしましたが、らーめん650円が無難でしょう。でも少しお高いかな。これから吉相と違うラーメンが出てくるのかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.27

湯麺餃子 中華楼

中華楼

新潟市の「湯麺餃子 中華楼」です。
山ノ下の国道113号線沿いにあります。末広橋交差点から空港方面へ向かい右です。
初めてのお店です。ラーメンと書かれた赤い幟があったで食べてみることにしました。
お店の前は自転車を停める程度のスペースしかなく、近くに駐車場も見あたりません。近くのスーパーの駐車場に停めさせてもらい、お礼代わりに帰りにお茶を買いました。
お店は、左側奥に厨房、手前にカウンター席4席、右側にテーブル席2卓があります。小さな昔からの町の食堂って感じです。午後12時30分過ぎに着きました。お客さんは、他にご近所風のお婆ちゃんが1人食べているだけです。ちょっと静かな状況です。

中華楼 メニュー

メニューは、ラーメン、みそラーメンとそれらのチャーシュー麺、ワンタン、ワンタン麺、もやしラーメン、高菜ラーメン、タンメン、広東麺、麻婆麺、焼きそば、焼ビーフン、中華系のご飯もいろいろ揃っています。ちょっと豪華!ワンタン麺にしました。
おばちゃん一人で切り盛りしているお店のようで、水がセルフサービスです。冷水機まで行こうとしたらTenyラーメンの旅の手拭いが飾ってあります。へー!って見ていたら、食べた日が2012年12月13日です。最近の放送で見ていないので聞いたら1月に放送されるそうです。マイナーですがなかなか味のあるお店を訪ねるものです。
麺とワンタンをそれぞれ湯切りざるに時間差で入れ、ワンタンには後でほうれん草を入れます。スープを張り、麺を入れ、メンマとチャーシューをトッピング、最後にワンタンとほうれん草を一緒にのせて出来上がりです。なんともホッ!とする仕上がりです。

中華楼 ワンタン麺

麺は、細麺の弱い縮れです。歯応えが良く、新潟のあっさりラーメンらしいものです。
スープは、醤油味が前にこない中華風ですが、中華にありがちなまろやかさも控え気味です。新潟あっさりに中華風のまろやかさと醤油味を味わえるようにしたスープです。
トッピングは、味と硬さがいい具合のチャーシュー、メンマ、ゆでたばかりの新鮮さが残るほうれん草、具がしっかり入ったワンタンとどれもなかなか楽しませてくれます。
よく考えられた1杯で650円とお手頃でした。ラーメンが550円で、広東麺や麻婆麺が650円、みそラーメンが700円です。もっといろいろ食べてみたいお店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.12.26

笑美寿亭

笑美寿亭 鶏葱柚子麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。本町通と上大川前通を結ぶ小原小路沿い、竹山病院の脇になります。
昨日は昼食を食べ損ないましたが、今日は時間がちゃんと取れたのでしっかり食べておこうと思います。ランチが充実していてボリュームのある笑美寿亭にお邪魔しました。
お店は、間口が広く、奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町中華食堂って雰囲気です。午後12時15分頃に着きました。すぐに座れました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、飲茶、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系、笑美寿亭ならではの15種類の担々麺があります。ランチは3種もあります。Aランチは鶏葱柚子麺と半チャーハン、Bランチは四川麻婆豆腐定食、Cランチは海老入天津飯黒酢ソースです。Aランチ以外を食べたことがありませんが、麺料理を組み合わせたAランチの鶏葱柚子麺と半チャーハンにしました。
その後お客さんが増えてきました。相席になり待ちの並びも出来るほど盛況振りです。曜日によるのでしょうか?年末が近いだからでしょうか?女子のグループだらけです。
混む前に注文出来てたので、いつもよりは時間がかかりましたが早い出来上がりです。
ランチは単品よりも落ち着いた器を使うとこが多く、派手さを控えた品のいい器です。
柚子の香り、塩の透き通ったスープ、細麺と鶏チャーシュー、野菜の緑が美味しそう。
麺は、細麺の縮れ。中華料理屋さんと言うよりも昔懐かしい中華そば屋さんの麺です。
スープは、塩のあっさりしたものです。塩のちょっとえぐい苦味があります。中華料理屋さんのまろやかなものを期待しましたが、ラーメン屋さん塩ラーメンスープでした。
トッピングは、柚子が香りから楽しませてくれます。いい香りです。とても軟らかな鶏チャーシュー、ほうれん草、ねぎは刻みねぎだけでした。もう少し種類が欲しいです。
麺は好みのものでしたが、スープとトッピングがもうひと工夫欲しかった気がします。

笑美寿亭 半チャーハン

チャーハンは、味的には好きで、お皿もお洒落ですが、盛り付けがちょっと残念です。
セット800円なので割安感はありますが、いつもの仕事じゃないような感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.25

・・・

お昼を食べ損ないました。
朝食を食べないので24時間以上の食事間隔確定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.24

らーめんとぎょうざの店 竜胆

新潟市の「らーめんとぎょうざの店 竜胆」です。
新潟市の東地区粟山、ドラッグストアの駐車場内にある小さめのラーメン屋さんです。
年末のどたばたであまり遠出ができません。近場で最近食べていない竜胆にしました。
お店は奥行きのあるお店で、左側に厨房、中央にカウンター席、右手前にテーブル席、右奥に小上がりがあります。少し古いラーメン屋さんです。午後1時頃に着きました。カウンター席が空いていて座れました。その後からは待ちができることもありました。

竜胆 メニュー

メニューは、ランチのセットメニューがあります。ラーメンは、らーめん、背脂中華そば、味噌らーめん、担々麺、つけめん、坦々つけめんとそれらにチャーシューなどのトッピングを加えたものがあります。追加トッピングやサイドメニューも豊富です。味噌らーめんにしました。きのこの炊き込みご飯もあったので食べることにしました。
賑わっているので時間がかかるかと思いましたが、意外と早く出来上がってきました。

竜胆 味噌らーめん

派手さのない落ち着いた感じの味噌ラーメンです。野菜がたっぷり補充出来そうです。
麺は、平打ち太めでストレートに近い弱い自然な縮れのものです。いいゆで加減です。
スープは、味噌の味が程好く、しょっぱさと甘さと旨味のバランスが絶妙です。あっさりして物足りないスープや濃厚でしょっぱいスープなどはいろいろありますが、それらの中間を実現したレベルの高い味噌味です。ありそうでなかったバランスの良さです。
トッピングは、キャベツ・もやし・きくらげ・挽肉の炒め物、ねぎで、量があります。
750円と安くはない味噌らーめんでしたが、好みの麺とバランスいいスープ、トッピングの野菜も豊富です。竜胆の味噌らーめんがこれほどレベルの高いものだとは!

竜胆 きのこの炊き込みご飯

きのこの炊き込みご飯は小さなきのこが少し入っているだけで、つまらないものを注文してしまったと後悔するところですが、100円とライスの値段ですから全然OKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.23

蔵元のお酒市

蔵元のお酒市

心一家で昼食のラーメンを食べた後は、夕食の買い出しで新潟ふるさと村へ。
鮮魚センターで海鮮鍋の材料でも買おうと思ってお邪魔しました。駐車場の誘導員もいないのでイベント的なものは行われていないようです。バザール館を一周すると特設会場で「蔵元のお酒市」が行われているじゃないですか。小さな酒の陣です。試飲は相方に任せ、秋田に帰省した際に友人や親戚と飲みたいお酒を購入しました。麒麟山、北雪、大洋盛を好きな純米吟醸で揃えてみました。秋田で飲む新潟のお酒が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜ラーメン 心一家

心一家

新潟市(旧黒埼町)の「横浜ラーメン 心一家」です。
国道8号線沿い、新潟ふるさと村先の右側です。「麺屋 桃源楼」があったビルです。
新潟方面からは、国道の中央分離帯があるので回り込んで入ります。ビルの1階にあります。午後1時過ぎに着きました。ビル共同の駐車場はほぼ満車に近い状態です。お店の前に2人、店内に7人ぐらい並んでいます。10分程待ってお店の中に入れました。
お店は、左側に厨房、その手前と中央にカウンター席、右側にテーブル席があります。綺麗な新しいお店です。一番手前に待ちの椅子があり、右端に食券販売機があります。
メニューは、醤油、塩、味噌の各らーめんとチャーシューメンがあります。いずれも普通、大盛、特盛が用意されています。普通よりも大盛が100円増し、特盛が150円増しとなっています。大盛を食べようと思い難い価格設定です。つけめん、冷やし胡麻つけめんは、1.5玉と2玉が用意されています。サイドメニューやトッピングも豊富にあるようですが、味噌らーめん、つけめん、冷やし胡麻つけめんなどは売り切れになっています。まだ提供されてないようです。まずは普通に醤油らーめんにしました。
休日ということでゆったり昼食のお客さんでその後も7~8人の待ちが続いています。
横浜家系ラーメン六角家姉妹店のお店です。六角家は、東横線や車の移動でよく近くを通っていますが、食べようと思ったことのないラーメン店でした。それが今は、新潟でその姉妹店に行くようになろうとは考えてもいませんでした。面白いものです。
もうすぐ座れそうな頃に食券の回収がありました。その分早く出来上がってきました。

心一家 醤油らーめん

水色の器に味噌ラーメンのような濃厚なスープ、かなり厚めの油が層になっています。
麺は、平打ちっぽい太麺でいい感じの縮れがあります、ゆで加減も硬すぎず良好です。
スープは、豚の濃厚なものでかなりしょっぱめでしっかり麺を食べられるスープです。味的には結構好きなスープですが油の量が半端ではないです。半分ぐらいで良さそう。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔3枚、家系トッピングです。
テーブル上には、おろし生姜、おろしにんにく、辛味などが揃っています。少し食べてからおろし生姜とおろしにんにくを加えて油っこさを和らげてラーメンを楽しみます。
麺やスープの味は嫌いではありませんが、どうも油の量だけが少し多すぎたようです。次回は油少なめでお願いしようと思います。650円は少しお高いような気がします。

心一家 塩らーめん

相方が食べた塩らーめんです。こちらは細麺で値段は750円、ちょっとお高めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.22

らーめん 真玄

真玄

新潟市(旧亀田町)の「らーめん 真玄」です。
国道49号線亀田バイパス鵜ノ子インターから亀田駅方向へ、第四銀行隣になります。駐車場はパチンコ店との共同駐車場になっていて、お昼時も駐車の心配が入りません。
一昨日麺や来味にお邪魔した際、壁にセカンドブランド店の開店の案内がありました。いつから貼り出されたものか判りませんが、まだ食べてなかったので食べに来ました。
お店は、間口が広く奥に厨房、その前にカウンター席、手前にテーブル席があります。以前は茶亭と言うお店の建物。改装したのでしょうか?明るくとても綺麗なお店です。
午後1時過ぎに着きました。車も楽々停められ、お店も半分程度のお客さん入りです。

真玄 メニュー

メニューは、醤油らーめん、しおらーめんとそれらのちゃーしゅうめん、つけ麺、辛つけ麺があり、トッピングやサイドメニューも充実しています。自家製麺で大盛り10円増し、特大盛り20円増しになっています。醤油らーめん(特大盛り)にしました。
くら田やカトウ支店のように思いきって麺の量がダブルまで普通盛りと同じ値段で提供してくれるお店は珍しく、青島の半玉50円増し辺りが妥当な線かと思っていました。だるまや系列店のしゃがらが開店。大盛10円増し、特盛20円増しのサービス的な値段で打って出ました。自家製麺の証のようにも感じました。追従するお店が増えるようでありがたく思います。ちょうど小麦粉の材料費だけいただきますって感じでしょう。
前後するように入ったお客さんが先に調理され、2順目で作って貰え出来てきました。

真玄 醤油らーめん(特大盛り)

真っ白な大きな器に醤油の色が鮮やかに映えます。直径が25センチぐらいの器です。
麺は、やや細の自然な極弱い縮れです。モチモチ感と歯切れの良さを併せ持つ麺です。
スープは鶏です。セカンドブランドは鶏だしでした。醤油がいい感じのあっさりです。
トッピングは、軟らかチャーシュー、メンマ、お麩、糸唐辛子、ねぎとシンプルです。
麺の感触、スープのあっさり感・醤油の効き・旨味など満足できる醤油ラーメンです。630円です。600円に押さえて欲しかったと言う感じもありますが、特大盛りでも650円ですから嬉しい一品です。つけ麺派はしゃがら、中華そば派は真玄でしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.12.21

蓬来軒

蓬来軒 四川つけめん

新潟市の「蓬来軒」です。
万代島の坂内小路東寄り、新潟市役所上大川前庁舎(開発公社)の向かいにあります。
プチ忘年会の後、お昼一緒だった出張者と〆のラーメンです。お昼の三宝亭につけめんがなくて食べられなかったので、細麺ですがつけめんのある蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その中央寄りと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。中ぐらい規模の庶民的な中華料理屋さんの雰囲気です。午後21時10分頃に着きました。夜は初めてで、それも閉店間際です。数組のお客さんがいる程度に時間です。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類とご飯ものもあります。麺類も中華系を中心に焼きそばにいたるまで豊富です。個別のメニューでつけ麺があります。塩つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんと3種もあります。蓬来軒の麺ならつけ麺も美味しそうたなと思い四川つけめん(普通盛り)にしました。
他のお客さんはすでに食べていて、すぐに作り始めてもらい凄く早く出来てきました。
いつも食べていたラーメンの麺が細く見えます。たっぷりのつけ汁も美味しそうです。
麺は、細く縮れが少し弱めのシコシコプリプリした歯応えの良いものです。冷や盛りなので少し硬め、歯応えの良さが一層増します。食べていて楽しくなる麺です。
つけ汁は、四川ということで赤くて辛いものを想定していましたが、意外とオーソドックスな感じです。四川たんめんのスープがベースで、後からいい辛さがあります。
トッピングというか、つけ汁の中には、もやし、きくらげ、挽肉の炒め物、チャーシュー、メンマが入っていて、とてもも細い白髪ねぎが表面に盛り付けられています。
麺が本当に楽しいです。つけ汁に醤油味があればと思います。でも、ラーメンにした方が美味しいだろうと思います。四川つけめん780円でした。いい〆になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華麺食房三宝亭 四ヶ所店

三宝亭四ヶ所店 しょうゆらーめん

上越市の「中華麺食房三宝亭 四ヶ所店」です。
上越の国道18号線四ヶ所インターから三和方向に向かった先に、ドラッグストアと同じ敷地にあって駐車場が共有です。お店は、ご存じの通りのファミレス風の造りです。
三宝グループのラーメンは味的にまあまあですが、チェーン店にしては値段が高いので遠慮しています。今日は、細麺・あっさり・昔ながら・支那そばが好きな同僚と太麺・こってり・今流行り・つけめんが好きな出張者と一緒の昼食です。そんな二人を確実に満足させるお店を知る筈もなく、逃げるようにメニューも豊富で万人向けの三宝亭にしました。午後12時30分頃に着きました。そんな混みもなく小上がりに座れました。
メニューは、とんこつ、中華系、しょうゆ、味噌、中華そばなどが軸となり、多くの人に喜んでもらえるようバラエティに富んだメニューが用意されています。まあまたお手頃そうなしょうゆらーめん半チャーハンにしました。なぜか?全員同じ注文です。
お客さんが少なめでも席数のあるお店です。なのに、ファーストフードより早いんじゃないかと思えるような早さで出来上がってきました。どういう調理法なんでしょうか。
黒い器なのであまりスープの色が判りませんが、あまり醤油っぽくない見た感じです。
麺は、やや細、細かな縮れが食べ易く、バランスの取れた感触がとても楽しい麺です。
スープは、和風で旨みがあり、醤油を強調させ過ぎない癖のないまろやかなものです。
トッピングは、軟らかなチャーシュー、メンマ、玉ねぎ、半熟煮玉子半個、海苔です。

三宝亭四ヶ所店 半チャーハン

半チャーハンは、程よいボリュームと味付けで、安くない分しっかりしたものでした。
なかなか無難なラーメンでした。しょうゆらーめん550円、半チャーハン330円で
計880円です。税込みは923円です。単品で消費税を計算しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.20

中華そば 来味 東堀店

来味東掘店 中華そば

新潟市の「中華そば 来味 東堀店」です。
新潟島の柾谷小路と東堀通との交差点角あります。昔、天龍東堀店があった場所です。
最近食べていないお店で食べようと思い、来味の東堀店にお邪魔することにしました。
お店は、右側に厨房、厨房と奥の壁に向ってカウンター席、、左側にテーブル席があります。小さめのラーメン屋さんです。お店に入った時に煮干しのいい香りがします。午後12時20分に着きました。以前は空いてましたが、7~8割の席が埋まってます。
メニューは、中華そば、肉そば、辛そば、つけ麺があります。辛そばが1辛~3辛とあり、辛さを楽しんでみたい気もします。また、大盛り(1.5玉)と特大盛り(2玉)が無料、サイドメニューでは麺普通盛りに限り梅肉あえチャーシューご飯が無料になっています。いつもだったら麺の大盛りか特大盛りにするところですが、今回はいろんな味を楽しみたいと思います。中華そば梅肉あえチャーシューご飯を注文しました。
場所はいいのに空いているラーメン店って感じでしたが、嘘のような賑わっています。ラーメン屋さんのお昼はこういう雰囲気でなきゃ。そんなに待たずに出来てきました。
青が粋な器に淡い褐色の美味しそうな色と煮干しの香りのスープが食欲を刺激します。
麺は、細く自然な極弱い縮れです。モチモチ感と歯切れの良さを併せ持つ麺でちます。
スープは、煮干しだしの風味が濃厚なものです。以前食べた時よりも濃厚に感じます。醤油味を前面に出さない味付けです。ほんの少し浮いた油がまたいい旨みを増します。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎとシンプルです。彩が欲しいです。
昔ながらの中華そばって印象でいましたが、煮干しが濃厚なものに変わっていました。記憶違いではないと思うのですが。600円で特大盛りまで食べれる嬉しい一品です。

来味東掘店 梅肉あえチャーシューご飯

梅肉あえチャーシューご飯は、子供茶碗のボリュームですが、梅がとても爽やかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.19

麺や ようか

ようか 鶏しおらーめん(大盛)

小千谷市の『麺や ようか』です。
小千谷インターの近く、桜町上交差点から国道117号線を十日町に向かった先です。
創作系と言っていいのか新しいラーメンを提供してくれるお店です。まだ食べていないものが多く、何を食べるという決めもなく取り敢えずお邪魔させていただきました。
お店は、風除湿に食券販売機があり、奥に厨房、その手前と右側にカウンター席、さらにその手前と右側にテーブル席があります。新しく綺麗で、洋食が出てきそうな雰囲気のお店です。午後1時に着きました。待ちはありませんが、まだ満席に近い状態です。
メニューは、鶏しおらーめん、うめしおらーめん、醤油らーめん、味噌らーめんとそれらのちゃーしゅうめん、鶏しおらーめん・醤油らーめん・味噌らーめんは濃厚味があります。さらに、醤油わんたんめん、太麺を使用した塩もりそば・うめ塩もりそば・醤油もりそばとそれらのちゃーしゅう、細麺を使用した塩つけめんと醤油つけそばがあります。限定メニューだった煮干し中華と担々麺も通常メニューになっています。大盛りが20円UPはそのままです。まだ食べていない鶏しおらーめん(大盛)にしました。麺が中太か細麺から選べるようになっています。お店お薦めの細麺にしました。
ほとんどのお客さんが食べていて、すぐに作ってもらえました。早い出来上がりです。
淡い感じの色にまとめられた丁寧な仕事のラーメンです。盛り付けがとても綺麗です。
麺は、細麺の細かく弱い縮れです。プリプリした感触で、噛み応えを楽しめる麺です。
スープは、まろやかな塩味です。塩にありがちなえぐい感じもなく、自然な感じです。
トッピングは、鶏ちゃーしゅう、メンマ、鶏そぼろ、味玉半個、カイワレ、白髪ねぎ、刻みねぎと少しおとなしめですが、バランスが良く、彩も楽しいトッピングです。
いい感じに楽しませてもらいました。味的にはあっさりした感じが好みなので少し違います。塩は難しいです。鶏しおらーめんが680円で、大盛りでも700円と凄くお得感があります。うめやゆずなどを使ったのメニューもあり、しばらく楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.18

青島ラーメン司菜 ときめき

青島司菜ときめき ラーメン(大盛)+ねぎ50+ほうれん草50

新潟市のときめきラーメン万代島にある「青島ラーメン司菜 ときめき」です。
最近、ときめきラーメン万代島のラーメン店で食べていません。駐車場も1時間無料なので便利です。食べるお店も決めず行き当たりばったりで向かいました。佐渡汽船前を通過し一番近いD駐車場に車を停めます。朱鷺メッセのイベント時には並んで停める大きな駐車場が、ほんの数台とガラガラし過ぎて廃墟の町のようです。
さて、どこで食べようかと見ていきますが、「らーめん 一(はじめ)」、「麺屋 かるび亭」、「道楽」、「燕らーめん 健龍」がお休みのようでやっているのは、「伝昔中華そば 港」と「青島ラーメン司祭 ときめき」の2店だけです。青島にしました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。青島系列にしては、落ち着いた雰囲気です。正午に着きました。先客はいませんが、前に2人連れ、後ろに1人がほぼ同時に入りました。入口左脇に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りの好きな1スープ勝負店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量可能になっています。割高にはなりますが、好みにトッピングをアレンジしたラーメンが食べれるお店です。豪華にラーメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増しにしました。
ゆでる鍋が小さめです。先客の2人連れのラーメンに続き作ってもらえました。
お客さんの数にどうこう関係なく青島のラーメンが出来てきました。
濃い醤油色のスープにねぎの淡い緑色、挽きたて黒胡椒の香りを添えていただきます。
麺は、普通の太さと普通の縮れ具合で、これといった特徴のある麺ではありませんが、ツルツル&プリプリ&モチモチとバランス、食感と噛み応えが良くて楽しいものです。
スープは、醤油のしっかりした旨みのあるものを生姜と胡椒がきりりと引き締めます。麺に絡めて食べても飲んでもとてもいい感じです。見たほどしょっぱさもありません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、増量ほうれん草と刻みねぎです。
ラーメン大盛り750円に、ほうれん草と刻みネギの増量の100円を加えて850円の昼食になりました。店が変わっても安心して食べられるってありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.17

蓬来軒

蓬来軒 わんたんめん

新潟市の「蓬来軒」です。
万代島の坂内小路東寄り、新潟市役所上大川前庁舎(開発公社)の向かいにあります。
最近、蓬莱軒で食べていません。歯応えのよい細麺とあっさりしたスープの新潟らしい
ラーメンを久々に楽しませてもらおうと思いお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民的な中華料理屋さんの雰囲気です。午後12時15分頃に着きました。半分ぐらいの席が埋っています。今日は同僚も一緒なので、空いているテーブル席に座りました。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類とご飯ものもあります。麺類も中華系を中心に焼きそばまで豊富です。野菜たっぷりのたんめんも食べたいけど醤油味スープを楽しみたいのでわんたんめんにしました。
中華鍋を使う中華系メニューが人気なので、いつもはある程度の待ち時間があります。
今日は、お客さんが少ないこともありますが、中華鍋を使わないわんたんめんを注文したためか早めに出来てきました。今までにないぐらいの早さです。
あっさりしてそうなスープと細麺、ワンタンが雲のように軟らかく浮いています。
麺は、細く少し弱めの縮れで、シコシコプリプリしたとても歯応えの楽しいものです。
スープは、醤油色に透き通り、その色合いから想像した通りのあっさりしたものです。
トッピングは、軟らかなチャーシュー、メンマ、ワンタン・刻みねぎとシンプルです。ワンタンは、小さな具で皮を楽しめるもの、好みのタイプです。ただ、重なってゆでられているようでて感触が今一、水餃子の皮のような感じです。
ワンタンがトローっとするようだと完璧なのですが。720円とちょっぴり高めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.16

ラーメン イエロー

イエロー

新潟市の「ラーメン イエロー」です。
西大通り(旧国道116号線)坂井交差点近く、味濱家新大前店の向かいになります。「らーめん 味一」→「めん屋 いなば」だった建物、見事に黄色く塗られています。
午後1時30分頃と時間を遅らせ到着しました。他店との共同駐車場は混んでますが、少し離れた場所に停められました。入口を入ってすぐ正面に食券販売機があります。

イエロー メニュー

メニューは、基本的に二郎系同様の1種類だけです。並・大・特の麺の量と指定なし・豚・豚ダブルのチャーシューの量の組み合わせになります。最初なのでにしました。
お店は、左側に入口があり、食券を購入後は右側に進みます。奥に厨房、厨房の左側と手前に厨房を囲うようにカウンター席、手前に小上がりのスペースがあります。小上がりのスペースは待ちの人が腰を掛けれるようになっています。8人の並びがあります。

イエロー 店内

イエロー 店内

厨房との間の壁の立下り部分(カウンターの上部)には〇〇イエローの面、左側の壁前には〇〇イエローのフィギアなどが飾ってあります。壁に掛けられた時計も黄色です。食べ終って帰るお客さんが多く10分程待ってカウンター席に座ることが出来ました。

イエロー 店内

テッシュボックス、胡椒・唐辛子・スープのたれの入れ物も黄色で統一されています。その他にセルフサービスの水用のグラス、所々に置かれている台拭きも黄色です。

イエロー 無料トッピング案内

麺のゆで時間が結構かかるようです。さらに10分ほど経って出来上がり寸前になり、無料トッピングの調整を聞かれます。やさいましまし&にんにくましましにしました。近くに並豚を注文した女性がいました。スタッフが『並豚の方!トッピングはいかがしますか?』って聞きました。確かにその通りですが思わず噴き出しそうになりました。

イエロー 並(やさいましまし&にんにくましまし)

イエロー 並(やさいましまし&にんにくましまし)正面

黄色い器はたかみちでも使っているので新潟では珍しくはないのですが、山盛りの野菜が美味しそうです。いつものアングルに加えて、大盛り時に撮影するアングル(二郎系アングルとでも言いましょうか?)でも写真を撮りたくなる野菜の山盛り具合いです。
麺は、自然な弱い縮れの太麺です。二郎系より食べ易いラーメンらしい感触の麺です。
スープは、豚の旨みが強い二郎系らしいものですが、物凄くしょっぱめです。野菜や麺を食べている間はいいのですが、スープを飲むと富山ブラックに近いしょっぱさです。こまどり系味噌のように薄めスープを付けた方が良さそうです。先に食べている人が冷水機まで水のお代わりで往復していましたが、納得のような大袈裟のような感じです。
トッピングは、豚と呼ばれるチャーシュー2個、野菜はもやしとキャベツ、にんにくです。チャーシューはしっかりした大きさがあります。二郎系でも小さなチャーシューのお店も多いのですが、しっかりしたチャーシューです。野菜はほとんどもやしです。
お腹いっぱい食べられての700円ですからいい線でしょう。ただ、ラーメン二郎三田本店は、麺の量が普通でも1.5倍、野菜が今回の倍の量まで無料で増量できて600円です。二郎系としてやっていくのならますますのボリュームアップを期待します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.12.15

らーめん屋 市玄

市玄 あさっぱらーめん

新潟市の「らーめん屋 市玄」です。
新新バイパス竹尾インターから県道4号線を横越方面に向かった先、新潟市中央卸売市場場内にあります。広い市場の真ん中の中央棟、1階に数件ある食堂の中の1軒です。
子供を送って自宅に帰ろうかとも思いましたが、久々に朝ラーメンを食して帰ります。朝からのラーメン屋さんも何軒かありますが、いろいろ美味しそうな市場にしました。
お店はやや奥行きがあり、左側に厨房、その手前と中央よりに12席のL字形カウンター席、広かった右側も壁向きのカウンター席になっています。入口を入ってすぐ右に食券販売機があります。午前9時と市場の混雑が一段落したようで5人の先客だけです。
メニューは、らーめんや味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたもの、つけめんがあります。その他に朝食のあさっぱらーめんがあります。セットメニュー、定食、マグロ丼や海鮮丼、にぎり寿司などもあります。あさっぱらーめん海鮮丼にしました。
セルフサービスで水をいただきます。食券を差し出して待ちます。スタッフが6人ぐらいいるでしょうか?市場の朝食時間が終わったようで一生懸命に食器を洗っています。
お客さんより多いスタッフですぐに出来てくるかと思いましたが、やや遅い出来です。
味噌ラーメンで使われるすり鉢タイプの器です。あっさりのラーメンに合わないです。
麺は、細く弱い細かい縮れのものです。シコシコした感じと歯応えの楽しめる麺です。
スープは、中華そば風の癖のないものです。良い感じに旨味もあり朝でも食べれます。
トッピングは、やや軟らかめのチャーシュー、メンマ、ほうれん草などシンプルです。
今風の飾られたらーめんではなく、昔ながらの伝統的なラーメンです。朝からでも食べられるあっさり優しいラーメンでした。500円でしっかり楽しませてもらいました。

市玄 海鮮丼

海鮮丼です。さすが市場の海鮮丼です。いろいろ具だくさんで650円はお手頃です。でも、ラーメンとセットで食べる人がいなようで美味しいけど味噌汁は要らないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.14

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
JR羽越線岩船町駅の近く、風情のあるJAの倉庫が目印で、その向かいにあります。
村上地区を移動中の昼食です。最近この地区でのスタンダードになっているお店です。
午後12時30分過ぎに着き車はすぐに停められましたが、風除室に8人の並びです。20分程待ってカウンター席が空き、座ることができました。相変わらずの繁盛です。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気のとても綺麗なお店です。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、味噌ラーメン、野菜タンメン、五目ラーメ
ン、担々麺などで、セットメニュー、チャーハンや丼物などもあります。これもまたスタンダードのラーメン定食にしました。ラーメン定食以外って最近食べていないかな。
後からもまだお客さんが来て、常に風除湿に7~8人ぐらい並ぶ状態が続いています。
いつもは混んでいても早めに出来てきますが、今日は少し時間がかかって出来ました。
ラーメンの他にご飯と小鉢がいくつもあって、リッチな昼食の感じが嬉しくなります。
麺は、平打ちっぽい細く弱い縮れのものです。ツルツルして噛み応えの楽しい麺です。あまり代わり映えのない麺ですが、スープとの馴染み良く美味しく感じられる麺です。
スープは、中華そばって感じの褐色、透き通っていて、煮干しの優しい香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さのバランスがいい具合です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草といい感じの量です。チャーシューは、チャーシューか?角煮か?のような軟らかくいい味付けのものです。
定食は、ご飯と小鉢とお新香です。小鉢は、海老フライ、鶏肉の棒々鶏、小籠包です。いずれもキャベツと大根、人参、パプリカの千切りなどのサラダが添えられています。お新香は、キャベツ、キュウリ、カブと今回も3種の漬けものがあり嬉しくなります。
ラーメンが560円で美味しくいただけます。今では、かなりお手頃かなと思います。ラーメンセットは780円です。ラーメンのお手頃さがさらに充実できるセットです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.12.13

たぶきん 柳都大橋南店

たぶきん柳都大橋南店 牛角煮込らーめん

新潟市の「きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店」です。
東港線沿いです。ピア万代の向かい、コンビニとの広い共同駐車場の一角にあります。
お店は「きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店」という2枚看板の形態を取っています。「麺や たぶきん」は、「九州ラーメン きんしゃい亭」の醤油ラーメン新コンセプト店です。ひとつのお店でどちらのラーメンも食べることができるお店です。
お店に入ると風除室があり、メニュー掲示されてます。さらに店内に入るちょっと広めのスペースがあり、正面にメニュー掲示、右側に食券販売機があります。混み合って並んでもメニューを見て食べるものを考えられるようになっています。メニューは、きんしゃい亭とたぶきんがそれぞれ別々に掲示され、食券販売機も2台用意されています。
メニューは、きんしゃい亭がラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンとトッピングを加えたものなどがあります。たぶきんも、醤油らーめん、味噌らーめん、塩らーめんとトッピングを加えたものなどがあり、今月のラーメンもあります。トッピングやサイドメニューは共通です。一度食べていますが、たぶきん牛角煮込みらーめんにしました。
お店は、右に入ると奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左右にテーブル席があり広めです。午前11時30分頃に着きました。数組のお客さんがいるだけです。
スタッフが少なく待つこともありますが、時間が早かったので普通に出来てきました。
白が基調の落ち着いた器に、白髪ねぎの白が目立っています。角煮も美味しそうです。
麺は、普通太の平打ちっぽい細かい縮れで、ツルツルした食感がここち良いものです。
スープは、派手さのない醤油がまろやかに落ち着いたもの、深い旨さがあるものです。
トッピングは、人参ときくらげ入りの牛肉の角煮風煮込みと白髪ねぎです。シンプル!
ラーメンとして麺が好みで、スープもおとなしい品の良いもの。牛角煮の旨みが加わったちょっと豪華な昼食となりました。それでも800円といい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.12

春樺

春樺

新潟市の「春樺」です。“はるか”と読みます。
新潟島の信濃川に近い下手で、こんぴら通にあります。「広東楼」があった建物です。
広東楼からお店の名前が変わったのは知っていましたが、ようやくお邪魔出来ました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。右に座敷があったような。広東楼当時のままの庶民的な中華食道です。午後12時20分頃に着きました。他に女性の単独客一人だけとちょっとお昼の時間にしては寂しい状態です。
メニューは中華系で、麺、定食、ご飯、一品、セットなど豊富でいろいろ組み合わせができるようになっています。麺は、中華系で広東メンや麻婆メン、四川メンなど食べてみたいものがたくさんあります。今日は少し趣向を変えてネギラーメンにしました。
先客の料理ができ、すぐに作ってもらえています。少し早めに出来上がってきました。

春樺 ネギラーメン

落ち着いた器に、ねぎ・ねぎ・ねぎといった期待通りのねぎたっぷりのラーメンです。
麺は、やや細の縮れ、優しげなモチモチ感が懐かしさを感じさせる昔ながらの麺です。
スープは、でしゃばって前面に出るもののない穏やかで優しいやや薄味のスープです。
トッピングは、ねぎとチャーシューのあんかけ、その上にさらに辛味和えのねぎです。
優しいラーメンをねぎがきりりと引き締めているような感じ、700円はお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.11

ラーメン 拾番

拾番 野菜ラーメン

新潟市の「ラーメン 拾番」です。
古町エリアの下手、柳都大橋からの広小路と古町通との交差点のすぐ近くにあります。
年末です。少しアルコールが入りました。久々に拾番のラーメンで〆たいと思います。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの小さく、新しさもあり綺麗なお店です。午後9時30分頃に着きましたが、他にお客さんがいません。まだ早いのでしょうか。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、なかなか人気のある焼きそばがあります。焼きそばを食べてみたいような気もしますが野菜ラーメンにしました。
大勢で押し掛け勝手に注文しましたが、段取りが良くていつもの通り出来上がりです。
綺麗な透き通った綺麗な色スープですが、その表面をたっぷりの野菜が覆っています。
麺は、やや細の自然な縮れで、シコシコした歯切れの良さが凄く気持ちいいものです。
スープは、醤油よりも塩に近い、野菜の旨味が加わった澄んだあっさりしたものです。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参などの野菜炒め、チャーシュー、メンマです。とってもあっさりしたスープが、野菜の旨味でまろやかなラーメンになっていました。
野菜ラーメンは、700円です。〆にもってこいのあっさり+優しいラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん 六綵亭

六綵亭 ワンタンメン

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
東堀前6番町、アパホテル向かいの路地を入った普段は気付き難いところにあります。
あっさりしたラーメンが食べたくなって、最近食べていない六綵亭にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席が5席、左側にテーブル席が2卓あります。小さめで木の質感が良く、夕方から小料理屋をやっても良さそうな雰囲気のお店です。午後12時20分過ぎに着きました。今日は、8割程度のお客さん入りと少なめです。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、メンマラーメン、ワンタンメン、みそラーメン、野菜みそラーメンなどがあります。少しだけ豪華にワンタンメンにしました。
今日も店主1人で切り盛りしています。奥さんらしき女性スタッフがいないため少し時間がかかっています。いつもは早い出来上がりですが、普通の待ちで出来てきました。
新潟らしいあっさりしたスープ、ボリュームのありそうな野菜炒めが目立っています。
麺は、やや細の縮れで、適度なツルツル感とモチモチ感のあるバランスの良い麺です。
スープは、旨味のあるあっさりしたもので、醤油味と中華味の中間辺りの味わいです。
トッピングは、大きなチャーシュー2枚、メンマ、ほうれん草、海苔、ワンタンです。ワンタンは、トロリとするような軟かさがなく、餃子のようなしっかりしたものです。
感触の良い麺、あっさり旨味のあるスープ、充実したトッピングと整った一杯でした。ワンタンメン600円、新潟の中心でお手軽に食べられるんですからありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.10

笑美寿亭

笑美寿亭 野菜入和風担々麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。本町通と上大川前通を結ぶ小原小路沿い、竹山病院の脇になります。
麺類と小丼のセットなど3種のランチがあり、何にしようか楽しみにお邪魔しました。
お店は、間口が広く、奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町中華食堂って雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。すぐに座れました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、飲茶、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系、笑美寿亭ならではの15種類の担々麺があります。
ランチは3種もあります。Aランチは野菜入和風担々麺と鶏生姜焼丼、Bランチは四川麻婆豆腐定食、Cランチはカニレタスチャーハンです。いつもと代わり映えなく、麺料理を組み合わせたAランチを食べます。野菜入和風担々麺と鶏生姜焼丼にしました。
その後もお客さんが増えてきましたが、いつも通り混んでいても早い出来上がりです。
ランチは単品よりも落ち着いた器を使うとこが多く、派手さを控えた品のいい器です。
たっぷりの野菜炒めと挽肉の芝麻醤炒め、マー油で賑やかな器の表面になっています。
麺は、平打ちのやや細で細かい縮れの麺です。歯応えの楽しい中華らしくない麺です。
スープは、胡麻のまろやかな担々麺らしいものに強い魚介風味とマー油が加わります。そこまでやるか?といった感じの最近多い複雑なラーメンスープに仕上がっています。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・ピーマンの野菜炒めと挽肉芝麻醤炒めです。たっぷりの野菜炒めで野菜不足が解消されたような、健康になったような気がします。
麺は好みのものでしたが、強い魚介風味とマー油は好みとは違った最近のものでした。

笑美寿亭 鶏生姜焼丼

鶏生姜焼丼は、生姜の風味がかなり強めで、他に香草も効かせた爽やかなものでした。
セットで800円です。かなり割安感があります。たらふく×満足のお昼ご飯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.09

絶品!すし&丼まつり

絶品!すし&丼まつり 会場

新潟市(旧黒埼町)の新潟ふるさと村で開催されてる「絶品!すし&丼まつり」に行きました。12月8日~10日、15日~17日の2週連続で開催されるイベントです。
雪が降り積もりました。車庫前の雪除けをして出かけましたが、トロトロ走る車が多く全然予定よりも遅れ午後1時過ぎに新潟ふるさと村に着きました。午後12時15分からのマグロの解体ショーには間に合いませんでした。雪のためか?観光バスは多いものの会場の混みは思ったほどではありません。さっそくいろいろ食べることにします。
まぐろ握り(3貫)・イクラ丼・バラちらし丼・ブリ丼・海鮮丼・握り寿司(5貫)・鮭親子丼・県産牛ステーキ丼・越後もち豚タレかつ丼・クリーンポーク旨煮丼・鯛茶漬け・マグロステーキ丼・越後もち豚ぶたまんなどが300円で提供されています。材料の入荷で左右されるカニ汁は見つかりません。バザール館1階中央広場で購入します。食事スペースとして開放されてる2階のレストランばんや亭に移動していただきます。

絶品!すし&丼まつり 握り寿司(5貫)
握り寿司(5貫) 300円

絶品!すし&丼まつり まぐろ握り(3貫)
まぐろ握り(3貫) 300円

絶品!すし&丼まつり 海鮮丼
海鮮丼 300円

絶品!すし&丼まつり 県産牛ステーキ丼
県産牛ステーキ丼 300円

絶品!すし&丼まつり 牡蠣汁
牡蠣汁 200円

美味しくいただきました。帰りの渋滞が思いやられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.08

石焼らーめん火山 弁天橋通店

新潟市の「石焼らーめん火山 弁天橋通店」です。
新潟駅南口からまっすぐ延びる弁天橋通に面してます。弁天橋を渡った先の右側です。
栃木県を中心に展開するチェーン店で、県内はこの弁天橋通店と新松崎店の2店です。昼食時も夕食時も並ぶ人気店です。午後2時過ぎと昼食時間を外してお邪魔しました。それでも10人待ちと混んでます。10分近く待ってカウンター席に案内されました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前と左右にテーブル席、1卓だけですが小上がりもあります。ファミレスのような雰囲気です。小さな子供を連れたお客さんが前に並んでいました。テーブル席が空いたのですが、子供用椅子がなく小上がりが空くのを待たざるを得ないという、どうも子供連れには不向きなお店のようです。
メニューは、お店の名前にもある通り石焼野菜らーめんが中心で、つけ麺もあります。石焼き以外もどんぶりらーめん(普通のラーメン)などもメニューまで揃っています。やっぱり石焼野菜でしょう。しょうゆ、しお、とんこつ、完熟みそ、雷味噌、坦々麺があります。もう1枚メニューがあります。辛対決と書かれ、辛味噌、雷みそ、チゲがあります。雷味噌を食べようと説明を見ると“辛さの秘訣は山椒と唐辛子、トムヤンクン風味でスパイシー”と書かれています。山椒と唐辛子はいいのですが、トムヤンクン?タイ料理に興味がないのでパスします。和風の石焼野菜辛味噌らーめんにしました。
スープがはじけて飛んでくるのを除けるための紙(A3大)がきます。紙には石焼野菜らーめんの食べ方が書いてあります。混んでいるのにそんなに待たずに石焼野菜辛味噌らーめんが出来てきました。出来てきましたといつもは言っていますが、これはきてから出来るのでちょっと普通のラーメンとは違います。焼いた石鍋(石焼ビビンバより一回り大きなもの)に麺とトッピングを入れたもの、スープ、半ライス、空の茶碗とレンゲが大きめのお盆で運ばれてきます。運ばれてきた状態での写真も欲しいのですが、混んでいるのに待たせたりしちゃ悪いのでスープを入れる前の写真はありません。残念!

火山弁天橋通店 石焼野菜辛味噌らーめん 調理中

店員がスープを入れます。徐々に沸騰が激しくなってきます。先ほどの紙で沸騰したスープが飛ばにでこないように壁を作ります。しばらく石鍋のスープが沸騰しています。

火山弁天橋通店 石焼野菜辛味噌らーめん

スープを入れて2分程を過ぎると沸騰が収まってきます。食べられそうかなってところで、軽くかき混ぜて、空の茶碗に少しずつ取って食べます。さすがにめちゃ熱々です。
麺は、普通の太さ普通の縮れでプリプリしていていい歯ごたえがあります。石焼用の器で一般的なものよりも高温で茹でられたからでしょう。今回は麺の焦げがありません。
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌のようです。味噌らしい旨味と野菜から出た甘みがありいいスープです。辛味噌ですが、期待した程の辛味がなくて少し期待はずれです。
トッピングは、もやし・白菜・人参・きくらげ・ニラの野菜がいい感じで食べれます。半熟の味玉半個もトッピングされています。場所がいいようで完熟を回避できました。
麺がいい食感なので好きなラーメンです。なかなか楽しめます。スープの残った器に半ライスを入れおじや風にしていただきます。野菜などから出たいい旨味のおじやです。

火山弁天橋通店 杏仁豆腐

デザートの杏仁豆腐もいただきます。少量ですが、熱くなった口の中が冷えてきます。
税別の値段表示で850円、税込で892円です。辛味噌野菜ラーメン+石焼+半ライス+デザートと考えるといい値段ですが、外税方式なので、なんか悪い印象が残ってしまいます。会計時のに思うのですが、ラーメン屋は消費税の外税をやめて欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.12.07

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通との間、三越の西側交差点を渡って南側の路地を入った先にあります。
週一でも良いほど好きで手頃な白寿です。懐が淋しくなってきたのでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。ちょっと歴史を感じさせてくれる小さなお店です。午後12時15分頃に着きました。カウンター席1席だけですが空いていました。これほど混んでいる白寿は初めてです。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけで、さらに大盛りは対応していません。白寿は、うま煮そばのお店。うま煮!と注文しながらセルフの水を取りに行きます。
親父さんとおばさんの2人でやってます。ちょうどうま煮が出来上がったところです。うま煮は、中華鍋で一度にたくさん作ります。うま煮の有無で待ち時間が異なります。ナイスタイミングの筈でしたが、満席の殆どのお客さんが出来上がりを待っています。足りるか心配です。4~5人前ずつ作っての3回目、ギリギリ出来上がってきました。
いつものうま煮そばです。味がぶれないお店っていいです。安心感がいい調味料です。
麺は、極細に近いシコシコした細麺です。強めの縮れがうま煮を上手く絡めてきます。
スープは、うま煮と混じって判り難いのですが、塩分等控えめで癖のないスープです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけです。ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りになってます。
新潟らしい細麺とあんかけ、健康的で、500円と懐にまでも優しいうま煮そばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.06

喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店

大安食堂東掘店 野菜タンメン

新潟市の「喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店」です。
柾谷小路近い東掘通に面してお店があります。APAホテルの斜め向かいになります。
食べたい物が特にないときの大安食道。期待をしないためか美味しくいただけてます。
お店は、右側に厨房、厨房を囲うようにカウンター席、奥と手前左側にテーブル席があります。左に階段があり、2階に座敷があります。居酒屋そのままのラーメン屋です。
午後12時15分過ぎに着きました。入口を入ってすぐ正面に食券販売機があります。
メニューは、醤油ラーメン、野菜タンメン、味噌ラーメン、魚介つけ麺とチャーシューやワンタンを加えたもの、醤油豚骨ラーメンがあります。野菜タンメンにしました。タンメンは、中太麺と細麺から麺を選択できるようになっています。細麺にしました。
今日は、1階部分でもお客さんが半分程度の入りと今までにないくらい空いています。
混んでいても早く出来上がりますが、空いているととんでもなく早い出来上がりです。
ちょっと賑やかな器に負けないくらい華やかなトッピングが器の表面を覆っています。
麺は、やや細の縮れが強い麺です。硬いと苦手なんですがちょうど良いゆで加減です。喜多方ラーメンの麺は苦手なものが多い中、この大安食堂の麺はとても好みの麺です。
スープは、沖縄のシママースという塩を使っているとのことですが、まるで醤油を使っているかのような旨味があります。適度なしょっぱさもあって食べ易いタンメンです。
トッピングは、タンメンでは珍しくチャーシュー、メンマがのってて嬉しくなります。野菜は、もやし・きゃべつ・人参・ここにもチャーシューの細切れが使われています。
喜多方ラーメンは麺があまり好みではありませんが、大安食堂の麺はとても好みです。スープもいいバランスです。700円とトッピングを考えるとお手頃かなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.05

らぁめん お~や

お~や 濃厚カレー三昧らぁめん

新潟市の「らぁめん お~や」です。
東堀通の10番町、広小路と交差点の下手右側です。「ラーメン 越後屋」の跡です。
寒くなってきました。食べてない濃厚辛みそらぁめんを食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥行きのあるお店です。入って正面に通路があり、右側に製麺室があります。通路を進むと奥に待ち用?のソファが置かれています。その先で左側が開けています。奥に厨房、手前にカウンター席7席だけの小さな落ち着いた雰囲気のラーメン店です。午後12時35分過ぎに着きました。他にお客さんが2人だけと少し静かな状態です。ソファの向かい側に食券販売機があり、回りに期間限定メニューの貼り紙があります。
メニューは、あっさりのらぁめんとこってりの濃厚らぁめんの2種類に大別されます。あっさりは、らぁめん、鶏らぁめん、梅らぁめん、チャーシューめんがあります。こってりは、濃厚らぁめん、濃厚鶏らぁめん、濃厚辛みそらぁめん、濃厚チャーシューめんがあります。期間限定で濃厚カレー三昧らぁめんがあります。世界最高品質のカレーパウダーを麺、スープ、豚バラ肉のタレに使用とのこと、食べてみることにしました。
メニューも多いのですが、店主が一人で頑張っています。今日も手際良く作ってます。席数が少なく、空いていることもあってか、そんなに待つこともなく出来てきました。
黒くちょっと渋い器に、盛られてきました。トッピングが、大胆に表面を覆ってます。
麺は、中太のストレートです。スープに適度なトロミがあるためいい感じに絡みます。カレーパウダーを練り込んであるため、麺自体もカレーの味と辛さ、香りがあります。
スープは、カレー味と従来からのラーメンスープの味がいいバランスになっています。カレーがとても香ばしく、好きじゃなかったスープカレー系への意識が変わりました。
トッピングは、豚丼と言っても良さそうな量の豚バラ肉、味玉半個、人参、ねぎです。
あまり好きじゃなかったスープカレー系のカレーラーメンですが、これならOKです。800円と少しお高くなっています。野菜が多いともっと好みかなと思った一杯です。

年末は31日の昼まで、年始は3日からの営業で、12/28~1/6まで鴨南蛮そば
が、限定です食べれます。お蕎麦屋さんにラーメンはありますが、ラーメン屋さんのお
蕎麦はどうなんでしょうか?また、その後の限定メニューも計画されているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.04

酒麺堂 しゃんじ

しゃんじ

新潟市の「酒麺堂 しゃんじ」です。
青山内野線沿いにある居酒屋です。お昼にはラーメンのお店として営業をしています。
お店前の電光表示と幟でラーメンが食べられることを知って気になっていたお店です。
お店は、左側に厨房、右側にカウンター席6席、別の席もあるようですが見えません。靴を脱いで座るカウンター席で、いろんなボトルがあり居酒屋そのものの雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。他にお客さんが2人です。居心地がいい感じです。
メニューは、しゃんじ中華、しゃんじしょうゆ、野菜たっぷり塩タンメン、しゃんじみそ、しゃんじつけめん(温、冷)があります。しゃんじ中華にしようかなと悩みましたがしゃんじみそにしました。背脂の有無と麺の太さ(中太or太麺)を選択できます。背脂はあり、麺は中太にしました。ライスのサービスもあってお願いしちゃいました。
先客の注文した品が出来上がり次に作ってもらえました。結構早い出来上がりでした。

しゃんじ しゃんじみそ

白い器に白味噌の味噌汁のようなスープ、いろいろトッピングがのっていて豪華です。
麺は、中太ということでしたがやや細の縮れで歯応えが良く、好みのタイプの麺です。
スープは、あまり味噌って前面には出てこないものです。背脂もあってまろやかです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、もやし、味玉半個、わかめ、海苔、鳴門です。とても充実しています。量は多くないのですが、全部のせ状態です。
なかなか豪華な味噌ラーメンでした。830円と少しお高めですが納得の充実感です。
サービスのライスは、新潟産コシヒカリ使用とのことでなかなか美味しいご飯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.03

冬の彩

冬の彩 パッケージ

駅弁ひとつでは足りなさそうだったのでもうひとつ。こちらは東京駅の地元駅弁です。
NRE大増の冬の彩という季節限定の吹き寄せ弁当です。昨シーズンも食べています。品の良い好きな駅弁です。今年はどんな風に仕上がっているか楽しみにしていました。

冬の彩

おしながきは、口変わりがが鱈柚白醤油焼、蛸旨煮、こはだ粟漬、江戸巻、炙り鰊甘酢漬、黒豆、海老煮で、揚げ物があんこう唐揚、、筍磯辺揚、こんにゃく唐揚、パプリカ素揚、季節の煮物(椎茸肉詰・海老入すり身巻・大根・里芋・蓮根・梅花人参)、菜の花お浸し、帆立御飯(いくら・銀杏)、ひじきとくわいのサラダと豊富に入ってます。
帆立御飯のお米は、有機認証米秋田県産あきたこまちを使用、説明書きが入ってます。
冬の味覚を楽しんだ駅弁は1300円とお高くなりますが、納得できる質の良さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津蔵出弁当

会津蔵出弁当 パッケージ

今日は、早朝から新幹線移動でした。駅弁屋も立ち食いそば屋も営業開始する前です。朝食は諦めて移動し、午前中に用事は済ませました。午後には新潟で予定があります。時間も半端でラーメンを食べるほどの余裕はありません。駅弁を楽しむことにします。
東京駅の構内が改装され、東海道線ホーム登り階段近くの駅弁屋が広くなっています。今までは、並んでいる東京駅の駅弁の中から食べたいものを選んで購入するだけです。改装後は、全国の駅弁があり、牛肉、その他お肉、海鮮、幕の内などに別れています。東京駅の駅弁を購入しようとするとり難くなっています。ホームの方が判り易いです。
そんな中、以前の新幹線設置情報誌トランヴェールに掲載されていた駅弁があります。夏頃と思います。会津地方を特集したときに掲載された伯養軒の会津蔵出弁当です。なんとも品の良さそうな駅弁で、機会があったら是非食べたいと思わせるものでした。
しかし、会津は、お蕎麦やラーメンが食べたくなると行くところ…。矛盾しています。現地で食するのが基本!ですが、背に腹は代えられないってことでいただきましょう。

会津蔵出弁当

原材料は、茶飯(国産)、わらびぜんまい煮、煮物(棒たら、こんにゃく、人参、その他)、卵焼、鮭照焼、鶏照焼、ふき佃煮、栗甘露煮、あん玉、たたきごぼう、きなこねじり、銀杏など。あまり気取らずに食べられそうな親しみのある駅弁となっています。
会津塗りとシールの貼られた2段の渋い器で1100円と普通の値段で食べられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.02

赤道食堂

赤道食堂 味噌ラーメン(特製)

新潟市の「赤道食堂」です。
赤道沿いにあります。空港通りと藤見町交差点の間、小高い丘の頂上付近にあります。
寒いこの時期に食べておきたい味噌ラーメン(特製)をいただこうとお邪魔しました。
午後12時15分過ぎに着きました。隣の駐車場は空きが1台あって駐車できました。
お店は、奥から厨房、カウンター席、テーブル席があり、左側に小上がりがあります。街の中によくありそうな中規模の中華を食べさせてくれる食堂って感じそのものです。
メニューは、麺類、丼ものと定食が豊富に用意されていて、丼物も食べてみたいです。食べる物を味噌ラーメン(特製)に決めていたのであることを確認し注文しました。
お客さんは数組ですが大家族もいて賑わっています。すぐに作り始めてもらえてます。普通のラーメンと同じ作り方で、最後に予め作っていたあんをかけて出来上がりです。
見た目は味噌ラーメンと思えません。ハヤシラーメンとでも言った方が良さそうです。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。とろとろの餡をいい感じに絡めてきてくれる麺です。
スープは、薄味のあっさりした癖のないもの、このラーメンでは脇役に徹しています。
トッピングは、あんかけのみです。内容は、もやし、白菜、豚肉などのあんかけです。赤道食堂の味噌ラーメン(特製)は、他一般的な味噌ラーメンとは全然違うものです。その違いがこのあんです。八丁味噌を使用していますが、味噌味は強調されてません。中華系のような味付でもなく、辛味はありますがデミグラスソースのような感じです。麺を取り出しあんと絡めて食べているときには、見た目はイタリアンと変わりません。
麺の上のあんが多くて最初は解りませんが、下にスープがあることに後で気付きます。
650円と食べての印象からはお手頃です。ひと冬に一度は食べておきたい一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.01

アルビ J1残留!

アルビJ1残留!

アルビレックス新潟が、J1残留を決めました。
第32節の川崎フロンターレ戦に敗れて、J2降格がほぼ決まりかと思っていました。確率的にありえないミラクルが起きました。第33節のベガルタ仙台戦に勝って、もしかして…と思いましたが、降格時のショックが大きいだろうから期待しながらも諦めていました。自宅でアルビレックス新潟 vs コンサドーレ札幌とヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島の2試合の放送を見ました。初めて2画面テレビが役に立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸亀製麺 新潟中央店

丸亀製麺 新潟中央店 とろ玉+イカ天+野菜かき揚げ

新潟市の「丸亀製麺 新潟中央店」です。
紫鳥線沿いにあります。弁天橋線との交差点近く、バーミヤンだった建物になります。
家族と昼食に行こうということになり、子供の希望が強いうどん屋さんになりました。
午後12時30分に到着しました。混んでますが、お店入口前の車を停められました。
お店に入るとお客さんはそんなに多くなく、開店時のような混み具合はないようです。
お店は、中央にカフェテリア風の厨房があり、周りにテーブル席が配置されています。セルフサービスになっています。さて何を食べましょうか?こだわりもなく迷います。
メニューは、釜揚げうどん、ぶっかけうどん、かけうどんに大きく大別されています。予めトッピングを加えられたものがあり、さらにトッピングを加えることができます。とろ玉うどん(380円)のいか天(100円)と野菜かき揚げ(130円)を加えてみました。
前回は、お客さんが少なくてうどんがお湯に浸かっていたためかとても軟らかでした。今回はしっかりコシのあるうどんです。お客さんが回転している時間が良さそうです。
野菜かき揚げは、細く切られた野菜のかき揚げで、野菜が細いため食べ易いものです。
食べるものを選び加えるものを2品も加えてボリュームもあって合計610円でした。香川より遥かお高いものですが、ラーメンに比べると経済的で身体にも優しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »