« 中華 白寿 | トップページ | らーめん 惣右衛門 »

2013.01.31

春樺

春樺 麻婆メン

新潟市の「春樺」です。“はるか”と読みます。
新潟島の信濃川に近い下手でこんぴら通にあります。「広東楼」があった建物です。
この前に食べたねぎラーメンが、あっさり系の好みで、値段もお手頃でした。メニューも豊富なので、違うものも食べてみようと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、右に座敷が2間あります。庶民的な中華食道です。午後12時25分頃に着きました。他に男性二人組だけとちょっとお昼にしては寂しい状態です。3人だったので座敷に通されました。
メニューは中華系が中心で、麺、定食、ご飯、一品、セットなど豊富でいろいろ組み合わせができるようになっています。広東メンや麻婆メン、四川メンなど食べてみたいものがたくさんあります。今日はその中から回りにも合わせて麻婆メンにしました。
ある程度の時間はかかるだろうと覚悟してましたが、思いの外早く出来てきました。
落ち着いた白い器に、麻婆が美味しそうです。彩りがもうひとつ退屈な感じです…。
麺は、やや細の縮れ、優しいモチモチ感が懐かしさを感じさせる昔ながらの麺です。
スープは、醤油味のしっかりしたもの。まだ舌の調子が悪い?しょぱめに感じます。
トッピングは、絹ごしの軟らかな豆腐の麻婆だけです。適度な辛さとあんのとろみがあります。好みよりも甘さを控えた中華料理店を感じさせる仕上がりになっています。
なかなか食べやすい麻婆メンでした。他も楽しみです。680円はかなりお得です。

|

« 中華 白寿 | トップページ | らーめん 惣右衛門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/56677032

この記事へのトラックバック一覧です: 春樺:

« 中華 白寿 | トップページ | らーめん 惣右衛門 »