« 麺家 一なり | トップページ | らーめん 古潭 »

2013.05.20

いわいとりめし

いわいとりめし パッケージ

いわいとりめし

出張先での仕事も無事に終え、夕方からの新潟に向けての帰りの移動になりました。
いつも通り東京駅で駅弁屋を除くと、夕食にはまだ早く、たくさんの駅弁があります。東京駅の駅弁には食べたいものがなく、小さな復興支援、東北地方の駅弁を食べます。岩手県の三陸方面(大船渡・釜石・宮古など)の駅弁を探しましたが見つかりません。岩手県産と内陸部を含めて探して、一関市のあべちうのいわいとりめしにしました。
シンプルなパッケージで商品名以外に何も書かれていません。岩手らしいのだろう。
原材料名は、味付ご飯(岩手県産ひとめぼれ)、いわいどりもも照焼(岩手県産)、鶏つくね、煮物(椎茸、蓮根、牛蒡、蒟蒻、人参、その他)、錦糸卵、鶏牛蒡そぼろ、桜大根漬、玉ねぎ、鶏軟骨と原材料もシンプルな駅弁になっています。
鶏肉が少し硬めですが、なんか駅弁らしく心地いい硬さです。駅弁で何度か食べている間にひとめぼれもなかなかいいお米だと感じてきました。800円とお手頃価格で楽しませてもらいました。岩手の内陸の食べ物も美味しいです。

がんばろう東北!

|

« 麺家 一なり | トップページ | らーめん 古潭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/57427301

この記事へのトラックバック一覧です: いわいとりめし:

« 麺家 一なり | トップページ | らーめん 古潭 »