« けんちゃん らーめん | トップページ | 大衆食事処 味の八珍亭 »

2013.06.22

白鳥山~櫛形山 櫛形山脈縦走

今週は、天気がもう一つパッとしません。土曜日の天気は、平野部は晴れるけど山間部は雨が降りそうです。日曜日は、平野部・山間部とも曇りと予想しました。両日とも眺望を楽しめるような天気でもなさそうなので、土曜日に身体を動かして、日曜日はゆっくりしたいと思います。そこで、雲の影響を受けない低山で楽しもうと思います。
南北に約14kmしかない日本一小規模な山脈、櫛形山脈です。旧中条町(現胎内市)から東に見える山並みです。胎内市から新発田市にかけてあり、過去に大峰山~櫛形山の南部は縦走しており、今回は北部の白鳥山~櫛形山を縦走します。
ただ、全行程17.6㎞、標準コースタイム11時間45分の長丁場です。体調、コース状況などを見ながら臨機応変に対応していきたいと思います。過去の縦走も下山したコースが予定と違って初めてヘッドライトを使用して基の駐車場に戻りました。今回もヘッドライト&懐中電灯の装備はありますが、使用しないようにしたいと思います。

櫛形山脈縦走01

羽黒地区奥の駐車場には午前9時過ぎに到着しました。しかし、トイレがないためいったん国道に出てスーパーでトイレ使用、行動食を買い増しして登山口に戻ってきました。
午前10時18分

櫛形山脈縦走02

鳥坂山周辺登山登山案内図があります。カメラに保存しておきます。
午前10時19分

櫛形山脈縦走03

縦走コース上にマイクロウェーブの電波塔があり、その管理用の道路が電波塔まであります。ゲートで閉鎖されていますが、近場の非常時のエスケープルートにします。
午前10時21分

櫛形山脈縦走04

駐車場から100mほど戻ったところが、白鳥山への宮の入コースの登山口になります。
午前10時25分

櫛形山脈縦走05

鳥坂城の歴史が説明されています。
宮の入コース登山口をスタートします。
午前10時26分(0時間00分) 

櫛形山脈縦走06

小さな雑木林の中を歩くといったのどかな山歩きから開始です。
午前10時31分(0時間05分) 

櫛形山脈縦走07

そんなに傾斜はありませんが、階段状の登りになります。
午前10時38分(0時間12分) 

櫛形山脈縦走08

櫛形山脈縦走09

道が広くなりベンチがあります。その先すぐに白鳥コースからの合流です。
午前10時50分(0時間24分) 

櫛形山脈縦走10

白鳥山山頂(標高298m)です。
午前11時00分(0時間34分) 着

櫛形山脈縦走11

奥山荘城館遺跡、鳥坂城、白鳥城などいろんな呼び名がありようです。

櫛形山脈縦走12

胎内市(旧中条町)から日本海の眺望が楽しめます。
ひと休みしました。出発します。
午前11時14分(0時間34分) 発

櫛形山脈縦走13

追分コースとの合流点です。ベンチがあります。
午前11時18分(0時間38分) 

櫛形山脈縦走14

マイクロウェーブ電波塔管理道路に出て、管理棟の横を進みます。
午前11時31分(0時間51分) 

櫛形山脈縦走15

歩き易い道になりました。
午前11時36分(0時間56分) 

櫛形山脈縦走16

軽快に歩いていましたが、いきなりロープの岩場が現れました。
午前11時43分(1時間03分) 

櫛形山脈縦走17

鳥坂山山頂(標高438.5m)です。
今日は、空気が乾いていて汗がいい感じで体温を下げてくれます。登り始めは無風に近かったのですが、徐々に風も出てきました。今日は、いい感じで歩けそうです。
午前11時53分(1時間13分) 着
午後12時03分(1時間13分) 発

櫛形山脈縦走18

出発してすぐに、樽ヶ橋(胎内観音)コースの合流があります。
午後12時03分(1時間13分) 

櫛形山脈縦走19

歩き易い道を進みます。
午後12時12分(1時間22分) 

櫛形山脈縦走20

ユズリハノ峰(標高385m)です。
帰りの下る石切山コースの分岐になります。ここまで戻って来ます。
午後12時19分(1時間29分) 

櫛形山脈縦走21

また、歩き易い道です。
午後12時25分(1時間35分) 

櫛形山脈縦走22

ロープの急登です。土が多く、滑り易いところもあります。
午後12時36(1時間46分) 

櫛形山脈縦走23

黒中山(標高446.4m)です。
午後12時40(1時間50分) 

櫛形山脈縦走24

ブナに木が大きくなってきました。
午後12時43(1時間53分) 

櫛形山脈縦走25

板入峰です。小休止します。
午後12時51分(2時間01分) 着
午後 1時14分(2時間01分) 発

櫛形山脈縦走26

とても雰囲気のいい森の中の散歩道です。
午後1時25分(2時間12分)

櫛形山脈縦走27

ベンチのある休憩所を通過します。
午後1時30分(2時間17分)

櫛形山脈縦走28

心地のいい山歩きが続きます。
午後1時43分(2時間30分)

櫛形山脈縦走29

坂井越を通過します。
午後1時51分(2時間38分)

櫛形山脈縦走30

ブナ林の中、気持ちいい。
午後2時02分(2時間49分)

櫛形山脈縦走31

飯角分岐を通過します。
午後2時15分(3時間02分)

櫛形山脈縦走32

市ノ沢分岐です。ひと休みします。
午後2時34分(3時間21分) 着
午後2時45分(3時間21分) 発

櫛形山脈縦走33

大きなブナの木です。
午後2時47分(3時間23分) 

櫛形山脈縦走34

ブナの尾根です。心地いい風が通ります。
午後2時55分(3時間31分) 

櫛形山脈縦走35

櫛形山山頂(標高568m)到着しました。
午後2時59分(3時間35分) 着

櫛形山脈縦走36

山頂からは、東側の眺望が楽しめます。

櫛形山脈縦走37

大峰山方面にもブナ林の尾根が伸びています。

櫛形山脈縦走38

関沢登山口までなら1.4㎞で行けます。駐車場まで7.7㎞もあります。
頑張りましょう。
午後3時34分(0時間00分) 発

櫛形山脈縦走39

帰りは、往路と違うアングルでブナ林を楽しむことが出来ます。
午後3時36分(0時間02分)

櫛形山脈縦走40

ブナに守られて帰るような感じです。
午後3時38分(0時間04分)

午後3時47分(0時間13分) 市ノ沢分岐通過
午後4時02分(0時間28分) 飯角分岐通過
午後4時27分(0時間53分) 坂井越通過
午後4時46分(1時間12分) ベンチのある休憩所通過
午後5時05分(1時間31分) 板入峰通過
午後5時16分(1時間42分) 黒中山通過
午後5時33分(1時間59分) ユズリハノ峰通過

櫛形山脈縦走41

穏やかな道を下ります。その後徐々に傾斜が増します。
午後5時33分(1時間59分) 

櫛形山脈縦走42

ロープが3段に渡って張ってあります。濡れていたら嫌らしそうな下りです。
午後5時45分(2時間11分) 

櫛形山脈縦走43

尾根への取り付けコースのような細い道や沢の近く独特の岩場の下りなどもありましたが登山口まで無事に到着出来ました。登山口から駐車所まですぐです。
午後6時14分(2時間40分) 

尾根は、登り下りも多いのですが平地もあります。とても気持ちよい山歩きを楽しむことが出来ました。前回の櫛形山の南側の縦走で櫛形山脈を歩ききることが出来ました。

|

« けんちゃん らーめん | トップページ | 大衆食事処 味の八珍亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/57647745

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥山~櫛形山 櫛形山脈縦走:

« けんちゃん らーめん | トップページ | 大衆食事処 味の八珍亭 »