« 焼たらこトロ鮭弁当 | トップページ | 道玄坂 マンモス »

2013.06.28

六厘舎 TOKYO

六厘舎TOKYO つけめん

東京は東京駅八重洲口地下にある「六厘舎 TOKYO」です。
ラーメン店が7店オープンしている東京ラーメンストリートの中の1店です。他に「蟹専門 けいすけ」、「塩らーめん専門 ひるがお」、「東京駅 斑鳩」、「麺処 ほん田」、「麺や 七彩」、「ジャンクガレッジ」があり、いろんなラーメンを楽しめるようになっています。午後1時30分頃に着きました。お昼を過ぎましたが待ちのあるお店もあります。この前食べてから時間も経ち、新しいメニューを食べようかと思ってお邪魔しましたが、ほとんど変わっていません。なら、最近つけめんを食べるようになって味の好みが変わったかもと思いつけめんが人気の六厘舎で食べることにしました。
六厘舎は人気があり長い待ちです。前回、待ちの1人は1分の待ちでした。30人近い並びなので30分の待ちです。本当に30分ぐらいでお店に入ることが出来ました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。明るい木の印象の清潔感のあるお店です。お店の中に入って左側に食券販売機があります。
メニューは、中華そばとつけめんです。つけめんは、味玉を加えたものや辛味を加えたものもあります。あつもりも可能です。いつもならつけめん中心のお店でも中華そば!と注文するところですが、たまには人気や流行に流されてつけめんをいただきます。
テーブル席に案内されました。厨房が見えます。待っているお客さんが多いのですが、ゆで時間がかかり上手く流れていません。帰りたくなるほど待って出来てきました。
ごく太麺と濃厚そうなつけ汁に魚粉が香る、最近のつけめんの典型ようなものです。
麺は、ごく太ストレートで少し細いうどんのようです。コシが強く弾力がありますが、さらに噛むとプリッと心地よく噛み切れます。こういう感触も珍しく楽しめました。
つけ汁は、つけめんに多い豚骨の濃厚なもので、まろやかな感じの後味が残ります。
トッピングは、つけ汁に盛られています。チャーシュー2種、メンマ、鳴門、海苔にのせた魚粉です。纏まりがあります。ただもう少しボリューム感があればと思います。
食べ終わりました。残ったつけ汁でスープ割りも出来るようですが、まろやかなのでそのまま飲み干しました。つけめんは850円。お高くても都会ならやっていけます。

|

« 焼たらこトロ鮭弁当 | トップページ | 道玄坂 マンモス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/57695303

この記事へのトラックバック一覧です: 六厘舎 TOKYO:

« 焼たらこトロ鮭弁当 | トップページ | 道玄坂 マンモス »