« らーめん 萬人 | トップページ | ラーメン のろし 新発田店 »

2013.07.09

東堀 石門子

石門子 冷やし(超)

新潟市の「東堀 石門子」です。
新潟市の中心部、古町エリアの下手、東堀通り沿いにあります。広小路の近くです。
ワンタンメンと夏季の冷し中華が人気のお店です。冷し中華は通年食べるられます。
梅雨の間の晴れ間です。さすがに蒸し暑くて、美味しい冷し中華が食べたくなります。新潟の夏に相応しい好きな味の冷し中華を食べさせてくれるお店は、三吉屋、信吉屋、くら田、蓬来軒、大江戸、石門子の6店で、シーズン中には食べたいと思っています。その中から今回はボリュームのある石門子の冷し中華を食べようとお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり、左側に厨房、奥に小上がり、中央にカウンター席があります。右側は中で待てるように広くなっています。中規模の質素な町のラーメン屋さんです。午後12時20分頃に着きました。お店の中に2人ほど並んでいます。待ちましょう。
メニューはラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷やしとそれらに肉(チャーシュー)を加えたものがあり、盛りは普通、大盛、超盛から選択できます。混んでいなければお店に入ってすぐに親父さんが『何にしますか?』と注文を聞いてきますが、今日は作りが一段落したところで聞かれました。冷やし(超)にしました。
食べているお客さんが多く5分ほど待って席が空きました。冷水機からセルフサービスの水を用意しカウンター席に移動します。暑くても温かいもの半数近く出ています。
メニューの名前を冷し中華と思っていましたが、壁に貼られたメニューは冷やしです。正式名は、冷やしでした。確かに、普通盛と大盛は皿に盛られて冷し中華風ですが、超盛は丼に盛られるので冷しラーメンのようです。つゆも中間かなって味の濃さです。
石門子は、一度に多くを作ります。ちょうど作り始めで早く出来上がってきました。
温かいもので使われる器にたっぷりのつゆが入っています。冷しラーメンでしょう。
麺は、細い縮れです。プリプリした歯切れの良さが冷しでも楽しめる好きな麺です。
つゆは、たっぷりと注がれています。魚介系ダシの旨味と風味が穏やかなあっさり醤油味で、しょっぱさや酸味も控えめです。ラーメンのスープのように飲めるつゆです。
トッピングは、チャーシューやキュウリの細切り、メンマ、わかめ、紅生姜です。
石門子の冷やしは、歯応えの楽しい麺とあっさりしたそのまま飲めるつゆの美味しいものです。超盛で900円。お腹いっぱいの満足なものでした。ちょい食べ過ぎです。

|

« らーめん 萬人 | トップページ | ラーメン のろし 新発田店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/57760253

この記事へのトラックバック一覧です: 東堀 石門子:

« らーめん 萬人 | トップページ | ラーメン のろし 新発田店 »