« 蒲原ラーメン きぶん一 | トップページ | ラーメン たいち »

2013.07.28

剣龍峡登山道

さて、今週はパッとしない天気です。それでも今日の午後からは良さそうです。昨日の雨の影響も気になります。、先週の巻機山では、ブランクもありますがふくらはぎの筋肉痛が少し出ました。あまり時間のかからないところに行きましょう。
先日、知り合いから“今年、新発田の湯の平温泉は、雨の被害が大きくて行けないかも知れない”との情報をもらい新発田市のホームページで確認しました。例年だと7月下旬に開通しているのに当分の間通行禁止となっています。行きたいと思いますが安全が大事ですからしょうがないです。湯の平温泉は、新発田市→観光情報→山情報と見ていくとありますが、山情報のページに荒川剣龍峡概要という項目があります。荒川剣龍峡という名称からして奥入瀬渓流のようなものかと思いますが、なんで山情報なんだろう見てみると剣龍峡の周囲を縦走できるようになっています。最高点が634mで新発田市のスカイツリーらしいのです。約6km、4時間15分(休憩を入れて約5時間)の工程とのことでのんびり6時間ぐらいかけてもいいように行きましょう。

剣龍峡01

剣龍峡の駐車場に着きました。向かいにすぐ滝があります。準備をしてスタートです。
午後12時12分(0時間00分)

剣龍峡02

滝の下流を道標に従い対岸に渡ります。
午後12時12分(0時間00分)

剣龍峡03

対岸には、大きな東屋っていいのでしょうか。あります。その右側が登山口です。
午後12時13分(0時間01分)

剣龍峡04

登山届を提出して、いよいよ登山のスタートです。
午後12時14分(0時間02分)

剣龍峡05

最初はゆっくりとスタートできるかと思いましたが、登山口からほんの少し穏やかで、その先はロープのある急登です。ロープの急登が3段も続きました。
午後12時16分(0時間04分)

剣龍峡06

たまに、こんな穏やかな登りもありますが、結構ガンガンと行きます。
午後12時20分(0時間08分)

剣龍峡07

剣龍峡08

二ノ坂と書かれています。通過します。ここから尾根っぽい登山道になります。
午後12時23分(0時間11分)

剣龍峡09

剣龍峡10

山ノ神奥の院を通過します。剣龍峡の剣が険になっています。
午後12時27分(0時間15分)

剣龍峡11

剣龍峡12

スズメノ口展望台を通過します。
午後1時00分(0時間48分)

剣龍峡13

剣龍峡14

焼山手前を通過します。
午後1時17分(1時間05分)

剣龍峡15

きついロープ付きの階段です。
午後1時21分(1時間09分)

剣龍峡16

剣龍峡17

剣龍峡18


焼山山頂です。湿度が高く、無風、ばててきました。今日は行動食は初のローソンです。
午後1時28分(1時間16分) 着
午後2時03分(1時間16分) 発

剣龍峡19

このコースにもいいブナ林がありました。
午後2時14分(1時間27分)

剣龍峡20

剣龍峡21

ムサワ分岐です。ムサワ方面はロープが張られています。立入禁止か?
午後2時32分(1時間45分)

剣龍峡22

剣龍峡23

剣龍峡24

ホリキ(水場)です。水場左の梯子を登ります。
午後2時39分(1時間52分)

剣龍峡25

梯子の上もしょっと厳しい登りです。
午後2時41分(1時間54分)

剣龍峡26

剣龍峡27

剣龍峡28

剣龍峡29

剣龍峡30

剣龍峡登山道の最高峰コマタ(標高634m)到着です。コマタ山でもなく、コマタ岳でもなくコマタです。東京スカイツリーと同じ高さということで、人気にあやかろうとスカイツリー開業2日前の5月20日に地元有志で作成した標柱設置されたそうです。また、山頂からの眺望。山頂の切株に忘れられたメガネ。金鉢山への道標は、やぶで行かれませんとのこと、冬季に雪が積もれば行けるようにとのことでしょう。
午後2時55分(2時間08分) 着
午後3時20分(2時間08分) 発

剣龍峡31

すごい!尾根を守るブナの根です。
午後3時26分(2時間14分)

剣龍峡32

まさか、あそこ通るのかい?
午後3時31分(2時間19分)

剣龍峡33

剣龍峡34

剣龍峡35

下り、たまに登り返しを繰り返しながらの縦走を楽しみます。ハリ沢鎖場通過です。
午後3時39分(2時間27分)

剣龍峡36

好きなブナ林の中の縦走です。
午後3時41分(2時間29分)

剣龍峡37

剣龍峡38

穴マクリを通過します。二王子岳や飯豊連峰の眺望を楽しむ予定でしたが…。
午後3時49分(2時間37分)

剣龍峡39


剣龍峡40

ブナの木が空中に浮いて見えます。その先、尾根にしがみついているように見えます。
午後4時01分(2時間59分)

剣龍峡41

剣龍峡42

花ノ木平です。この辺りは風があります。ひと休みします。
午後4時13分(3時間11分) 着
午後4時24分(3時間11分) 発

剣龍峡43

剣龍峡44

また、花ノ木平です。こっちは通過します。
午後4時31分(3時間18分)

剣龍峡45

これも凄いブナの木です。
午後4時32分(3時間19分)

剣龍峡46

剣龍峡47

藤沢展望台とそこからの眺望です。今日は遠くが見えません。
午後4時37分(3時間24分)

剣龍峡48

剣龍峡49

藤沢を通過します。
午後4時43分(3時間30分)

剣龍峡50

沢のような低いコースを通ります。
午後4時48分(3時間35分)

剣龍峡51

剣龍峡52

花の木平登山口に無事下りてきました。林道に出ました。しかし、ここから登り始めた剣龍峡までは林道でかなりの距離があります。近道しながらの下山がもう少し続きます。
午後4時54分(3時間41分) 花の木平登山口着
午後4時58分(3時間45分) 第一近道入
午後5時08分(3時間55分) 第一近道出
午後5時09分(3時間56分) 第二近道入
午後5時11分(3時間58分) 第二近道出
午後5時11分(3時間58分) 第三近道入
午後5時14分(3時間58分) 第三近道出
午後5時19分(4時間03分) 剣龍峡駐車場着

ちょうどいい運動になりました。きつい登りもありますが少なく、適度なアップダウンだったような気がします。この登山道は、きのこの多い登山道でした。それらのほんの一部です。

剣龍峡59

剣龍峡60

剣龍峡61

剣龍峡62

剣龍峡63

剣龍峡64

剣龍峡65

剣龍峡66

剣龍峡67

剣龍峡68

剣龍峡69

剣龍峡70

野イチゴもありました。

|

« 蒲原ラーメン きぶん一 | トップページ | ラーメン たいち »

コメント

いつも楽しく山の記事も読ませていただいています。巻機も大昔に行きましたが、前夜、清水の民宿に泊まっての山行でした。ホストさんの健脚、大したものです。

 夏でもキノコは気温が下がった涼しい朝に出ます。今年はそんな日が多いのか、近所の公園でもけっこう見られます。

投稿: 亀井 | 2013.07.30 09:54

>亀井さん

外泊とか予約しての行動が苦手なもんで、夜行日帰りが結構好きでやっています。巻機は気持ち良かったです。日焼けし過ぎて、蛇のように脱皮しました。

きのこって、風と湿気の絶妙なところで育ちます。実家では杉林で椎茸となめこを育てていました。椎茸は、春と秋の年2回採れました。
お婆ちゃんが山大好きな人だったのできのこを教えてもらっておけば良かったと思ってます。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2013.07.31 01:19

こんにちは、はじめまして。本日剣龍狭に行ってまいりました。人生初の一人トレッキングです。
このブログの記事をプリントアウトして持って行ったのですが、本当に助かりました。「こっちでいいのかな」というときはもちろん、つい見落としそうな風景も、この記事のおかげで堪能することができました。
2年前の記事のようですが、お礼を申し上げたくて書き込みました。ありがとうございました。これからも更新たのしみにしております。

投稿: ねっこ | 2015.05.25 18:39

>ねっこさん

はじめまして。
お役に立てて良かったです。
ひとりも自分ペースで良かったのではないでしょうか?
記述ミスが有るかも知れないでご注意ください。
これからもよろしくです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2015.05.28 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/57884205

この記事へのトラックバック一覧です: 剣龍峡登山道:

« 蒲原ラーメン きぶん一 | トップページ | ラーメン たいち »