« らーめん飛雄馬 見附店 | トップページ | だるまや 女池店 »

2013.07.20

巻機山

ようやく週末の天気が良い日になりました。山に行きます。陽の長い間に登っておきたいと思っていた巻機山です。行程が長く体力的にきついかなという山です。梅雨が開けていないのも幸いして暑さはそれほどではありませんが、雨で2週間のブランクがあり、鈍った身体の動きが心配です。無理することなく頑張っ行ってきます。
新潟県と群馬県境に鎮座する山で南魚沼市(旧塩沢町)清水地区に登山口があります。標高1967m、山と渓谷社の新潟県の山によると歩行時間10時間庵30分、歩行距離14.0km、累計標高差±1610mです。山頂までの往復だと8時間で往復です。過去に登山の番組にも取り上げられ、工程が長く体力を必要とすることが紹介されていました。

巻機山01

早めに自宅を出発、高速道路のSA/PAで仮眠しながら登山口に到着しました。桜坂駐車場と心地いい名前の駐車場は、数カ所に分かれ綺麗に整備されています。半日300円、1日500円の利用料金が必要です。手前のトイレのある駐車場に停め準備します。マイクロバスを含め多くの車(日本各地のナンバー)が停まっています。

巻機山02

巻機山03

巻機山の登山コースは、桜坂駐車場起点で尾根コース(井戸尾根コース)、ヌクビ沢コース、割引沢コース(天狗尾根コース)の3コースがあります。ヌクビ沢コース、割引沢コースは、下山禁止のコースですが、現在は雪渓の状態が不安定で入山禁止となっています。看板がたくさんあります。沢登りの米子沢へは十分な装備と計画を呼びかけています。南魚沼市(旧六日町)の五十沢キャンプ場へのコースも水害により充分な注意が必要となっています。当初予定の安全な尾根コースで行きます。

巻機山04

凄い人です。最近、人に会わなかったり、会っても数名程度の山ですが、ここは違います。常に自分以外の熊除けの鈴の音が聞こえる状態です。登りましょう。
午前 6時28分(0時間00分)

巻機山05

歩き出してすぐに井戸尾根コースとヌクビ沢コース・天狗尾根コースの分岐です。
午前 6時29分(0時間01分)

巻機山06

林道のような道からいよいよ本格的な登山道に入ります。
午前 6時31分(0時間03分)

巻機山07

多くな石がゴロゴロしています。ひんやりとした好みの空気です。
午前 6時32分(0時間04分)

巻機山08

傾斜の厳しいところでドロドロです。良く滑ります。梅雨の晴れ間の登山ですから覚悟していましたが、もう靴もドロドロです。転ばないように注意をして!
午前 6時44分(0時間16分)

巻機山09

木の根と泥で階段状になって登り易いのですが、滑ります。
午前 7時00分(0時間32分)

巻機山10

ブナ林に入ったところで団体が越させてくれました。後ろからその団体の熊除けの鈴が、なんか追いかけて来るような音にも聞こえます。
午前 7時25分(0時間57分)

巻機山11

傾斜が強かったり弱かったりすることはありますが、急登のような感じもなく5合目(標高1128m)に到着しました。体調がいいのでもう少し行きましょう。通過します。
午前 7時27分(0時間59分)

巻機山12

おっと、5合目から米子沢が良く見えます。
午前 7時28分(1時間00分)

巻機山13

5合目で尾根に出たって感じです。左はブナ林、右は藪でその先は崖でしょう。
午前 7時31分(1時間03分)

巻機山14

粘土質の土の表面に苔でしょうか。慎重に行きましょう。
午前 7時49分(1時間21分)

巻機山15

尾根の左が開けます。6合目に到着です。展望台と名前がついています。
午前 8時06分(1時間38分)

巻機山16

ヌクビ沢、天狗岩、割引山の眺望を楽しめます。
午前 8時07分(1時間39分)

巻機山17

ヌクビ沢部分のアップです。こりゃおっかないです。

巻機山18

さらに登る続けていくと急にガレ場のような開けたところに出ます。
午前 8時41分(2時間13分)

巻機山19

7合目(標高1554m)です。雲はありますが天気が良く、気温も上がってきました。風はそよ風よりも弱い感じです。ここで眺望を楽しみながらひと休みします。
午前 8時43分(2時間15分) 着
午前 9時07分(2時間15分) 発

巻機山20

チシマザサの中の道を登ります。
午前 9時28分(2時間36分)

巻機山21

階段状に整備された道になりました。
午前 9時41分(2時間49分)

巻機山22

8合目通過します。道の左右ですが、が石が崩れないように整備されています。
午前 9時43分(2時間51分)

巻機山23

階段のような登りもきつくなってきました。そろそろバテ気味になってきました。
午前 9時47分(2時間55分)

巻機山24

階段状の登り坂が終わると急に穏やかな道になります。
午前10時00分(3時間08分)

巻機山25

9合目、前巻機山(標高1861m)です。麓から巻機山かのように見えるためニセ巻機山と一般的に呼ばれているようです。
午前10時02分(3時間10分)

巻機山26

山頂方向にはまだ雪が残っています。
午前10時08分(3時間16分)

巻機山27

9合目からは、下り坂になります。一部朽ちているところもありますが木道が整備されています。下り切ったところの避難小屋が見えてきました。
午前10時10分(3時間18分)

巻機山28

避難小屋です。小屋の内部・裏にトイレがあります。通過します。
午前10時11分(3時間19分)

巻機山29

避難小屋から先もいい登りになっています。
午前10時12分(3時間20分)

巻機山30

まだ、いい登りが残っています。もう少し!
午前10時23分(3時間31分)

巻機山31

池塘が道のすぐ脇にあります。
午前10時25分(3時間33分)

巻機山32

下山する人との擦れ違いも多くなってきました。
午前10時35分(3時間43分)

巻機山33

おっと!山頂到着でしょうか?
午前10時44分(3時間52分)

巻機山34

巻機山山頂(御機屋)到着です。標高1967m(ナビ測定1942m)。後半バテました。ゆっくり休んで日暮れまでには下山完了したいと思います。
午前10時45分(3時間53分)

巻機山35

山頂からの眺望を楽しみます。佐武流山・苗場山方面。

巻機山36

谷川岳・万太郎山方面。

巻機山37

柄沢山・朝日岳方面。

巻機山38

越後三山方面。

巻機山39

せっかくの尾根、山歩きを楽しみます。
午後12時00分(0時間00分) 山頂発
午後12時03分(0時間03分) 写真

巻機山40

最高標高点(1967m)のケルンです。
午後12時08分(0時間08分)

巻機山41

最高標高点の先にも池塘があります。
午後12時10分(0時間10分)

巻機山42

朝日岳方面と書かれた道標のある分岐です。この道を進めば、柄沢山・谷川岳・万太郎山・仙ノ倉山・平標山などを経由して三国峠まで群馬県境を縦走できます。
午後12時13分(0時間13分)

巻機山43

牛ヶ岳への下り手前にニッコウキスゲのお花畑があります。
午後12時15分(0時間15分)

巻機山44

草花で木道が覆われて見え難いところもありますが、気持ちのいい山歩きです。
午後12時17分(0時間17分)

巻機山45

牛ヶ岳山頂(標高1961.6m)です。
午後12時27分(0時間27分)

巻機山46

巻機山47

山頂の先が裏巻機山登山道です。さて戻りましょう。
午後12時32分(0時間32分)

巻機山48

割引山へも行こうとしましたがコース途中に残雪があります。傾斜はそれほどでもありませんが、滑落すると止まりそうもありません。断念します。
午後1時12分(1時間12分) 巻機山山頂通過
午後1時14分(1時間14分) 写真
午後1時17分(1時間17分) 巻機山山頂到着

さて、ボチボチ下山しましょう。
午後1時45分(0時間00分)

巻機山49

避難小屋でトイレを借りて、ひと休みします。避難小屋はとても綺麗です。近くに水場もあり、泊まりたくなってきます。
午後2時00分(0時間15分) 着

巻機山50

避難小屋前から山頂方向です。天気が良くなり、陽射しがきつくなってきました。
さて、出発します。
午後2時43分(0時間15分) 発

巻機山51

9合目近くなってからの山頂方向です。
午後2時51分(0時間23分) 発

午後2時54分(0時間26分) 9合目通過
午後3時08分(0時間40分) 8合目通過
午後3時30分(1時間02分) 7合目通過
午後3時59分(1時間31分) 6合目着
午後4時07分(1時間31分) 6合目発
午後4時39分(2時間03分) 5合目発
午後5時31分(2時間55分) 桜坂登山口到着

きついと思う急登や怖いとか危険を感じることもなくとてもいい山でした。天空の山歩きと言っていいでのしょうか。結構疲れて山頂に着きましたが、また元気が出ました。帰りの下山が登りよりも遥かに長い道のりに感じました。

巻機山52

巻機山53

巻機山54

巻機山55

巻機山56

巻機山57

巻機山58

巻機山59

登山道を飾ってくれた、癒してくれた花です。

巻機山60

我が家に咲いた花です(笑)
日本酒の名前の着いた山をまたひとつ登りました。そのお酒を帰りの酒屋さんで購入しました。さてこれから楽しみます。

|

« らーめん飛雄馬 見附店 | トップページ | だるまや 女池店 »

コメント

登山お疲れさまでした。

登山ガイドブック「新潟県の山」では
体力度ランク3ですね。確かにハードそう。
沢コースはエキスパートのみが許される
ところみたいですね。

自分も年内に登ってみたい山のひとつです。
もちろん尾根コースです。

早く梅雨明けして欲しいものですね。

投稿: junk-land | 2013.07.23 22:25

>junk-landさん

厳しい急登もなく、危なさそうなところもなかったのですが体力いります。登りは人も多く何気に登れましたが、のんびりし過ぎたのでこんなに登ったっけと思うぐらい遠かった。

平標山~仙ノ倉山行ってきたんですね。
昨年、平標山でガスって下山しましたが、仙ノ倉山も行ってみたいです。

上越国境って険しい山って印象がありましたが、尾根はなかなか楽しるんですね。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2013.07.25 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/57837895

この記事へのトラックバック一覧です: 巻機山:

« らーめん飛雄馬 見附店 | トップページ | だるまや 女池店 »