« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013.08.31

楽久

楽久

新潟市の「楽久」です、
新潟大学五十嵐キャンパスの先、左側の路地へ入った住宅地の中にあります。
味覚の確かな同僚との会話で、味みつの元の所にある楽久はラーメン・チャーハンとも美味しいね。って話になりましたが、まだ食べたことがなく話についていけません。他の人からも同様の話をもらっていたのでお邪魔しました。
同僚から聞いていた大学前の道沿いの駐車場に車を停めてお店に向かいます。
お店は、左側奥に厨房、中央寄りと手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。味みつの元の建家ってことで古いイメージが先行していましたが、綺麗な和定食屋さんのような雰囲気のあるお店です。午前11時40分に着きました。6人のお客さんとそんなに混んでいません。
メニューは、ラーメン、ラーメン・チャーハンセットで、大盛りも出来ます。最初から決めていました。???。ラーメン・チャーハンセットにしました。
前のお客さんの出来上がり作っています。その後、次々とお客さんが来ます。混む前で良かった。普通の待ちで、チャーハンが先に出来上がってきました。

楽久 チャーハン(セット)

綺麗な盛り付けです。パラパラした、これがチャーハンなんでしょう。もう少
し軟らかい家庭的なものが好みですが、ちょっと本格的なチャーハンです。
チャーハンを何口か食べたところで、ラーメンが出来上がってきました。

楽久 ラーメン

白い器に、綺麗な淡いスープです。煮干しの香りが軟らかく伝わってきます。
麺は、細い縮れで、ツルツルの感触、シコシコの歯応え、新潟らしい麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたもの、煮干しの旨みが自然でいい具合です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎです。彩りがひとつ欲しいです。
久々に煮干し控えめ、バランスのとれた新潟らしいラーメンを食べれました。単品だと550円で、トッピングの彩りがもうひとつですが納得の一杯です。セットで800円。少し好みと違いますが美味しいチャーハンが付きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.30

三吉屋 信濃町店

三吉屋信濃町店 冷しそば(大盛)

新潟市の「三吉屋 信濃町店」です。
西大通り信濃町交差点の近くです。ウオロクの隣のビルの半地下にあります。
暑さも和らぎましたが、今年食べていない夏メニューを求めお邪魔しました。
三吉屋は、古町、駅南、信濃町と3店舗ありますが、いずれも駐車場を持っていません。車で移動している日は、近くにスーパーがあって値段もお手頃な信濃町店でよく食べます。帰りに駐車場代のお茶を購入して勝手にですが勘弁してもらっています。そんなことで、今回も信濃町店で食べることにしました。
お店は、奥行きがあり、右に厨房、左側にカウンター席、左手前にテーブル席があります。和食屋さんのような雰囲気、古そうなビルに似合う落ち着きのあるお店です。午後1時に着きましたが、他にお客さんが6人と空いています。
メニューは、ラーメン、チャーシューメンの三吉屋共通のメニューに加えて、タンメンやチャーハンがあります。ラーメン・チャーシューメンは、それぞれ550円・650円、さらに大盛りも50円UPとお手頃です。夏のメニューは、冷しそばがあります。盛りが少ないので冷しそば(大盛)にしました。
前のお客さんのが出来上がり、すぐ作り始めて早々と出来上がってきました。
麺は、極細の縮れ、シコシコした歯応えとつゆとの絡みの良さを楽しめます。
つゆは、醤油味で適度な甘味があります。量が少ないのに麺と良く絡みます。
トッピングは、ハム・きゅうりの細切り、錦糸玉子、紅生姜、鳴門などです。
シコシコ楽しい極細麺と相性の良いつゆ、麺に併せただろうハム・きゅうり・錦糸玉子の細さ、冷しそばは普通盛り650円、大盛りでも700円と嬉しくなる満足感。お昼の冷しそば一杯でしあわせになったような気分になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.29

めん処 くら田

くら田 冷し中華(ダブル)

新潟市の「めん処 くら田」です。
古町エリア、本町通りと東堀通りの間、6番町の小原小路に面してあります。
冷し中華の美味しい季節、いくつかある夏に食べておきたいお店の1軒です。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木が落ち着く小さな下町のお店です。午後12時15分頃に着きました。3人ほど並んでいます。10分ぐらい待って座れました。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメンがあり、夏季は冷し中華もあります。麺の量は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)から選べます。細麺の他に平麺も選べます。スープも醤油味の他に塩味も選べます。麺の量、麺の種類、スープの味を変えても追加料金なしです。冷し中華がどこまで対応してもらえるかは不明です。麺の量は変えられるようで、いつも通りになりますが冷し中華(ダブル)にしました。
親父さんが作って、おばさんが配膳と会計をやっています。手際よく作ってい
ますが一度に多くを作らないので時間がかかります。出来上がりを待つお客さ
んも多く、ある程度の待ちは覚悟してましたが思いの外早く出来てきました。
冷し中華(大盛)までは皿に盛られますが、ダブルはラーメンと同じ器です。
麺は、細く弱い縮れ、癖がなくツルツルして、冷しらしいコシのある麺です。
つゆは、透き通った薄い醤油色で、醤油の味が控えめであっさりした感じに仕上がっています。酸っぱさが一般的なので、酸味が強く感じられます。
トッピングは、チャーシュー3枚、メンマ、胡瓜と生姜の細切りなどです。
冷し中華は750円で値上がりしてません。大盛り、ダブルも同じ値段です。普通盛りだと少しお高いかなって感じですが、ダブルはとてもお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.28

らーめん 麺しょう

麺しょう 冷し中華

新潟市の「らーめん 麺しょう」です。
東区役所と河渡マーケットシティの中間辺り、工場の立ち並ぶ中にあります。
細麺の冷し中華が食べたくなり、過去の淡い記憶を思い出しお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央寄りにカウンター席、右側に小上がりがあります。中央の空いていたスペースには新たにテーブルが置かれています。広々としていて、窓が多くあるため明るい店内です。午後12時10分頃に着きました。駐車場はかなり空いていましたが、店内は8割ほどの席が埋まる賑わいです。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、さらに野菜や辛味を加えたもの、野菜みそラーメンなどがあります。外に冷し中華の幟があり、中の壁に冷し中華と書かれて紙が貼られています。その冷し中華にしました。
すぐに作り始めました。長めの麺のゆで時間ですが、普通に出来てきました。
お皿ではなく浅めの使いやすそうな器です。和食っぽく品があって好きです。
麺は細い縮れでいい歯応え、スープとの絡みが良く楽しく食べられる麺です。
つゆは醤油味ですが、醤油控えめで酸味が強めです。爽やかに食べれます。酸味控えめの方がいいかなと思っていましたが、なかなかこれもいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、海月、もやし、玉子、キュウリ、紅生姜です。
酸っぱいものも好きだったこともありますが、とても爽やかに食べれました。麺の食感が楽しくトッピングも充実。750円と値段もいいところでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.27

大積パーキングエリア(上り)

大積PA(上り) そぼろ入り冷し中華 全体

長岡市の「大積パーキングエリア(上り)」です。
北陸自動車道の長岡ジャンクションから上越方面へ、最初のパーキングです。
昼の時間が上手く取れずに移動中の昼食になりました。手頃な値段で味もまあまあ、ボリュームもまあまあ、SA/PAの中でもかなり良心的なお店です。
高速パーキング軽食コーナーですから、うどんやおそばが人気かと思いきや、ラーメンや定食などバラエティに富んでいて、どれも人気です。長岡生姜醤油ラーメンや燕背脂ラーメン、一押しの担々麺など豊富なメニューがあります。夏メニューもありました。そぼろ入り冷し中華です。それにしてみました。
交通系の食事施設です。うどんやおそばのようにはいかないでしょうが早めの出来上がりを期待します。午後2時過ぎと遅い時間ですが、結構混んでいて時間がかかりました。みんなここで食べようと車を走らせて来たのでしょう。

大積PA(上り) そぼろ入り冷し中華

黒い器に彩りよくトッピングが盛られています。なかなか渋い仕上がりです。
麺は、普通の太さの縮れです。モチモチとした冷し独特の歯応えがあります。
つゆは、醤油の味と酸味ともバランス良く強めです。麺との絡みも良好です。
トッピングは、肉のそぼろ、ワカメ、レタス、カイワレ、ミニトマト、コーン
とです。玉子焼がないのがちょっと残念です。コーンの黄色より玉子でしょ。
充実した冷し中華ですが、そぼろと麺との絡みが悪いのでもうひと工夫欲しいです。梅しそご飯も付いての750円ですから、かなりお手頃に思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.26

なつ

なつ パッケージ

関東の出張も順調に終わり夕方の移動で新潟に帰ります。朝、新潟駅で食べていない駅弁を見つけられませんでしたが、東京駅は東京駅の駅弁と全国の駅弁が販売していて、ほとんどが食べたことのない駅弁です。その中から東京駅の駅弁をいただきます。NRE大増のなつという季節限定の吹き寄せ弁当です。前に食べていたかも知れませんが、品の良い駅弁です。季節毎の楽しみです。

なつ

おしながきは、口変わりががシイラ柚庵焼・彩り野菜のさつま揚・鶏つくね串・豆と五穀酢のサラダ・玉子焼・海老煮・あさり時雨煮で、揚げ物が辛子蓮根フライ・卯の花コロッケ・イカ磯辺揚・南瓜酢揚・パプリカ素揚で、季節の煮物が冬瓜・小茄子・ヤングコーン・おくら・春雨入り巾着・筍・飾り人参で、ほかにマンナン大福(みかん)です。ご飯はちりめんじゃこ・桜海老酢揚げ・海苔がのっています。御飯のお米は、有機認証米秋田県産あきたこまちを使用、説明が入ってます。
夏の味覚を楽しめる駅弁は1300円とお高くなりますが、納得の品質です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デビット 中延本店

デビット中延本店 冷やし中華

東京都品川区の「デビット 中延本店」です。
タレントのデビット伊東がオーナーのお店です。都営浅草線と東急大井町線の中延駅が最寄り駅になります。東急大井町線の改札を出たすぐ前にあります。
横須賀線西大井駅で、美味しそうなラーメン屋さんはないかとナビや携帯に封印して勘と鼻をたよりに探しました。国道1号線の中延駅近くまで来ました。美味しそうなお店を見つけられず、過去に食べたデビットにお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席と階段があり、2階席もありそうです。落ち着いた渋めの内装です。正午過ぎに着きました。今回は他にお客さんが1人だけとこの前に増して寂しい状況となっています。
メニューは、醤油豚骨・醤油・塩、つけ麺、それらに味玉やチャーシューを組み合わせたもの、麺類を定食風にするセットなどがあります。夏らしく冷やし中華もあります。歩いて暑かったので冷やし中華を食べることにしました。
空いていたのは最初だけでした。すぐに満席近くまでお客さんが入りました。早めに注文したのでラーメンより少し待ったかなって感じで出来てきました。
すりガラスのような風合いの器になかなかいい感じで盛り付けられています。
麺は、普通の太さ、弱めの縮れです。歯応えがあり少し太めに感じられます。
つゆは、醤油や酸味が強めのものです。強めですがバランスは取れています。
トッピングは、チャーシュー、きのこの醤油煮、きゅうり、トマト、もやし、味玉半個、揚げ玉、白髪ねぎ、紅生姜、冷やし中華はこうでないと…、です。
麺、つゆ、トッピングともしっかり存在感のあるものでした。器・麺・つゆが冷蔵庫というよりも冷凍庫に入れていたかのような冷え具合で暑くなった身体が復活できました。850円と安くはありませんが、納得のひと皿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.25

三柱神社秋季大祭

三柱神社秋季大祭

大曲の花火は8月第4土曜日、8月の最終日曜日は三柱神社秋季大祭です。
午前の山車巡航、夕方のバーベキュー、子供たちと楽しんだ一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.24

第87回全国花火競技大会

秋田県大仙市の第87回全国花火競技大会(大曲の花火)に行ってきました。
今年も深夜に新潟市を出て、入場を待ち、花火終了後に帰る夜行日帰りです。天気予報では、曇りのち晴れ朝のうち雨、最高気温30℃、西北西の風です。逆風の予報です。今年も風下から煙の撮影になりそうです。なるようになる。
今年の大会テーマは「創作花火 半世紀 序章 守・破・離」となっています。
今年の参加花火師は、紅屋青木煙火店(長野県)、大曲花火化学工業(秋田県)、磯谷煙火店(愛知県)、大久保煙火製作所(秋田県)、若松煙火製造所(宮城県)、ホソヤエンタープライズ(東京都)、芳賀火工(宮城県)、北日本花火興行(秋田県)、三遠煙火(静岡県)、新潟煙火工業(新潟県)、山内煙火店(山梨県)、信州煙火工業(長野県)、野村花火工業(茨城県)、菅野煙火店(福島県)、太陽堂田村煙火店(長野県)、小松煙火工業(秋田県)、イケブン(静岡県)、山﨑煙火製造所(茨城県)、田畑煙火(静岡県)、マルゴー(山梨県)、和火屋(秋田県)、篠原煙火店(長野県)、高田花火工業(福岡県)、丸玉屋小勝煙火店(東京都)、齊木煙火本店(山梨県)、菊屋小幡花火店(群馬県)、筑北火工堀米煙火店(茨城県)の27社です。

自宅(新潟市)から大仙市へ

新潟市の自宅を午前1時過ぎに出発、スーパーで飲み物を購入して移動です。国道7号線、日本海東北道、山形道を経由して秋田県に入ります。日本海東北道、秋田道経由で西仙北サービスエリアに午前5時前に入りました。ひと休みします。ひと休みのつもりが爆睡してしまいました。大曲インターは混雑もなくすんなり抜けられました。花火終了後に燃料を入れられる状況にないので、朝のうちに燃料を入れいつもの場所に、路上駐車です。午後9時と予定よりかなり遅くなりました。すでに結構停まっていますが、まだまだ停められます。

駐車場所から花火会場へ
全国花火競技大会01

準備を整えて駐車場所から歩いて花火会場の雄物川河川敷公園に向かいます。会場に向かう人も交差点毎に合流するかのように増えます。会場が近づくと焼鳥、食べ物、ビール、座布団、などいろんな露店がやってます。午前9時30分の姫川橋側の開場に合わせて入場予定でしたが、その時間も近づいているので歩いて近い雄物川上流の大曲橋(金谷橋)の入場ゲートに行ってみました。

全国花火競技大会02

大勢の観覧客が並んでいます。午前11時30分頃開場の話が飛んでいます。下流の姫川橋の入場・待機場所を目指します。時間が遅くなったため堤防上の移動ができないため市街地に戻り移動です。いい運動になります。午前10時過ぎに下流姫神橋の入場ゲートに到着しました。待ちの入場は終わってます。

全国花火競技大会03

テント設営可能な駐車場は、キャンピングして観覧するお客でぎっしりです。待機したお客さんの入場が終わったようで、上流側から次々とゲートを開場するとの案内放送が流れてきます。そのまま大曲橋(金谷橋)のゲートで開場を待った方が、早く河川敷に入れたような気がします。そういうものでしょう。

全国花火競技大会04

オレンジロード出入口の近くに三脚が立てられる観覧場所を確保できました。カメラの三脚を立てて迷惑にならない場所は難しく、露店と背中合わせの場所です。以前は本当の背中合わせでしたが、福知山市の花火大会の事故の対応として露店と観覧場所との間に1mの干渉場所を設けるということで通路です。
午前10時30分過ぎです。あとはのんびりひたすら待ちのモードでしょう。

露店の電源

全国花火競技大会の露店が使用する電源は、商用電源が使用されています。大会運営側の設備もあるでしょうが露店の電源も商用電源です。電柱の根元を見ると最近建柱されたような新しい土が周囲に盛られています。河川敷で普段電源のないところですが、花火大会のために電柱を建てて電気を引いているようです。この花火大会で見事なスターマインを提供している東北電力、地元と歩むって感じが伝わって来ます。花火の音をも楽しめてありがたいことです。酒田花火ショーも発電機の音がなければ、さらにいい花火大会になるだろう。

朝食

全国花火競技大会06

ほかのお客さんは飲み物や食べ物などを持ってきていますが、こちらは露店の食事も楽しみです。ビールも飲みましょう。今年もビール500mlが400円・350mlが300円、ペットボトルが150円〜200円、缶ジュースが150円です。いい意味で良心的な田舎です。今年も横手焼きそば(500円)とアサヒスーパードライ500mlを楽しみました。入場開始後から食べれる露店も多くあります。朝から待つ観覧客さんの多い大会の光景でしょう。

プログラム

全国花火競技大会07

お盆に購入したもののほか2種、全部で4種のプログラムが見つかりました。花火の解説や花火師の紹介など勉強になります。暇が潰せて助かります。

トイレ

全国花火競技大会08

全国花火競技大会09

無料観覧席には、合計7カ所のトイレが用意されています。一番近いところは36個の仮設トイレが並んでいます。トイレ内に懐中電灯まで用意されていますが、トイレットペーパーは用意されていません。過去から同じです。近くにあって使用したトイレは新潟県から持ち込まれたものでした。

ゴミ対策

全国花火競技大会10

他の花火大会と大きく違ってゴミの持ち帰りが基本的に禁止です。ゴミ拡散を防ぐために、会場やバス用駐車場などには大きなゴミ箱が設置されています。

昼食

全国花火競技大会11

お昼は、近くにあったピザ専門露店のピザ(500円)とプレミアムモルツ、キリン一番搾りです。ピザが露店と思えないほどしっかりしてます。うまい!

暑さとの戦い

第87回全国花火競技大会

天気予報の最高気温は30℃と控えめでした。確かにそれほどでもなく、風もあって助かりますが、腕のプロトレックは最高41.9℃になりました。とにかく日差しが強く、たまの雲に助けられます。昨年より風があるので楽に待てています。熱中症に注意して小まめに水分を補給するよう繰り返して放送されていますが、残念ながら何度か救急車も来ているようです。

全国花火競技大会12

効果的なのはやっぱババヘラアイスです。秋田の夏はこれだ。200円です。

隣人

確保したスペースの前や横に空きスペースがあります。最初にやってきたのは小学生の兄と妹を連れた4人組の一家。お父さんが先に来て話し掛けてきました。電線がないことや少し高さがあっての水捌けが良いことなどを教えると前と右側のスペースをマットなどを置きました。その後、お母さんが来て真四角でないためあまり気に入ってないようですが、そのままどこかへ帰りました。
しかし、この家族に苦しめられるとは思いませんでした。場所を確保するために置かれたマットがギンギラのマットです。乱反射の鏡を置いたかのように日差しの倍返しが襲ってきます。家族がいないので仕方ない、寒さ対策に持ってきたフリースを中心に置いて多少ですが日差しを和らげることが出来ました。
次にやってきたのがカメラ用リュックを背負い、三脚をもったおじさんです。福島県二本松市からの人で、福島の花火が中止になり、大曲に来たそうです。気さくな方でカメラの事や被写体の事などいろいろお話させてもらいました。

昼花火の部

全国花火競技大会13
優勝 玉名「しだれ桜」 マルゴー(山梨県)

午後4時30分過ぎ、昼花火の開始のためにテントやパラソルなどの撤収をお願いする放送が流れます。そして午後5時30分、昨年より30分繰り下げて標準審査玉の打ち上げ、点数発表に続き競技会が行われました。今年から閃光のみの花火ではなく色煙を用いなければならないよう規定の変更があります。


夜花火の部

会場のアナウンスで、オープニングソング「夢の空」、フィナーレソング「いざないの街」を歌うシンガーソングライターの津雲優さんが4月に亡くなったとの紹介がありました。ポプコンつま恋本選会で最優秀歌唱賞を受賞したこともあったそうです。「夢の空」で打ち上げられるオープニングで『また来て良かった!』、「いざないの街」で打ち上げられるフィナーレで『また来年もこの場所に居たい!』と思わせる、大曲の花火と心につなぐ歌です。ご冥福をお祈りします。ありがとうございました。CD化もされており、今年も津雲優さんの歌声で大曲の花火が始まります。

全国花火競技大会14

オープニング・ナイアガラ付きスペシャルスターマインに始まりです。
風下で煙に邪魔されるかと思いましたが、風に速さがあり煙が流されてます。

全国花火競技大会15

夕暮れの空に、ワイドスターマインが綺麗に上がりました。始まりました。

全国花火競技大会16

オープニングから飛ばします。並の花火大会のフィナーレのようです。
競技大会の開始です。競技参加者毎に10号芯入割物、10号自由玉、創造花火の花火の順に打ち上げます。最初に、北日本花火工業の標準審査玉が打ち上げられます。創造花火は、宇宙戦艦ヤマトの挿入歌「無限に広がる大宇宙」(川島和子)に合わせて打ち上げられます。宇宙の星と花火の星が交錯します。標準審査玉の採点結果が公表され競技参加者の花火打ち上げです。

全国花火競技大会17

紅屋青木煙火店(長野県)創造花火優勝「桜-世界へ届け日本の心-」
壮大でゆったりした曲に合わせて打ち上げられます。いい間があります。

全国花火競技大会18

磯谷煙火店(愛知県)10号芯入割物優秀賞「昇曲付三重芯変化菊」

全国花火競技大会19

磯谷煙火店(愛知県)創造花火準優勝「地球を救った男達の物語」
第85回大会の「今夜どこかのBARで~男と女の物語~」同様にストーリー
性を持たせた創造花火です。ちょっと子供向けかなって感じです。
全ての部門に優秀な成績を上げ、特別賞(観光庁官賞)を受賞しました。

全国花火競技大会20

大久保煙火製造所(秋田県)創造花火「大地の縦糸 海の横糸」
中島みゆきの「糸」に合わせて打ち上げられます。大曲に夜空に中島みゆきの
声がいい雰囲気です。タイトルがしつこく感じます。縦糸と横糸が判らない。

雨が降ってきました。ポツリポツリ程度だろうと思ったら結構マジ降りです。ポンチョを着て、カメラにカッパを着せ、荷物にシートをかけて継続します。

全国花火競技大会21

新潟煙火工業(新潟県)10号芯入割物入賞「昇曲導付四重芯変化菊」
全国花火競技大会で新潟煙火工業の見事な花火を見ました。周囲のお客さんの反応もかなり良いです。過去にも入賞しているようですが、久々の入賞です。

全国花火競技大会22

野村花火工業(茨城県)10号自由玉優秀賞「変幻~変わりつづける色彩~」
開いた花火の表面を光が流れるているように輝きます。どれだけ多くの種類の星が入っているのだろう。手間のかかった本当に見事な花火を見せてもらいました。

全国花火競技大会23

野村花火工業(茨城県)創造花火「GAME OVER -コンピュータ・ゲームの世界-」
花火そのもの、音楽とのシンクロなど見事な技だと思いますが、テーマを含め発想力が貧し過ぎます。技術が高く好きな花火師だけに残念です。

全国花火競技大会24

小松煙火工業(秋田県)10号芯入割物優勝「昇銀引五重芯変化菊」
五重芯に挑戦し続ける小松煙火工業が見事な五重芯を打ち上げました。中心部がくっきり五重芯に。写真に上手く撮れなかったのが悔しいです。

全国花火競技大会25

小松煙火工業(秋田県)10号自由玉準優勝「カメレオンボール」
芯入割物の周囲をミラーボールのような時間差発光が見事です。

全国花火競技大会26

小松煙火工業(秋田県)創造花火優秀賞「「きのこの山」と「たけのこの里」は花盛り」
お菓子の名前のような創造花火だったので期待していませんでしたが、大好きなテレビ番組「歴史秘話ヒストリア」のテーマ、kalafinaの歌うstoriaに合わせて打ち上げられました。来年で50年、半世紀を迎える大曲発祥の創造花火、その序章をテーマにした第87回大会に歴史番組のテーマソングを 使うとは!
全ての部門に優秀な成績を上げ、内閣総理大臣賞を受賞しました。

全国花火競技大会27

イケブン(静岡県)創造花火入賞「天空のイルミネーション」
リング状に打ち上げられたリング上を光が回るという初めての花火を見ました。ミラーボールなど時間差を使った花火が見事でした。しかし、写真には不向きな花火です。音楽と花火は合っているもののちょっと場違いな雰囲気でした。新しいものに挑戦し続ける好きな花火師さんです。来年に期待します。

全国花火競技大会28

山﨑煙火製造所(茨城県)10号芯入割物準優勝「昇曲付五重芯煌きの花」

全国花火競技大会29

山﨑煙火製造所(茨城県)10号自由玉優秀賞「水辺に蛍花」
内閣総理大臣賞を受賞した小松煙火工業(秋田県)と2者だけだった五重芯を見事に打ち上げました。今後、五重芯に挑戦する花火師が増えるのが楽しみです。

全国花火競技大会30

和火屋(秋田県)10号自由玉優勝「昇天銀龍万華鏡写輪丸」
1発の花火なのかと思わせるような見事な花火です。歓声が凄かった。

全国花火競技大会31

齊木煙火本店(山梨県)創造花火優秀賞「あなたに捧げる~虹色のブーケ~」
10号自由玉「虹色グラデーション」が手の込んだものだったのですが創造花火での優秀賞でした。色使いの綺麗な創造花火です。
全ての部門に優秀な成績を上げ、特別賞(公益社団法人日本煙火協会 会長賞)を受賞しました。

全国花火競技大会32

菊屋小幡花火店(群馬県)創造花火優秀賞「クロームな世界」
シンプルな色合いの花火ですが、色に頼らない花火の美しさを表現しています。

全国花火競技大会33

筑北火工堀米煙火店(茨城県)10号芯入割物優秀賞「昇曲導付三重芯錦紅紅露」
三重芯ですがしっかり色が分かれています。形も良かった。

全国花火競技大会34

全国花火競技大会35

全国花火競技大会36

競技大会途中に4回スペシャルスターマインがスポンサー花火として打ち上げられます。どれも花火大会のフィナーレを飾れそうな壮大なものです。

全国花火競技大会37

山内煙火店(山梨県)特別プログラム「和・美~和から彩り~」
第86回大会(前年度)内閣総理大臣賞受賞者による特別プログラム。
昔ながらの色の和火の花火を中心に打ち上げられました。音楽なしでの打上げでしたが、まるでパーカッションのような花火のリズムが心地よく、音楽のないことが全然違和感なしで観られました。

全国花火競技大会38

全国花火競技大会39

全国花火競技大会40

全国花火競技大会41

全国花火競技大会42

いよいよ待ちに待った大会提供花火です。遅く来る人はこの花火までに来る。早く帰る人はこの花火を見て帰る。大曲の花火を観に来る人の第一目的になっている花火です。今年の大会提供花火は「Mission あ」をテーマに打ち上げられます。小西安太郎さんの名調子で“大会提供”とアナウンスされると76万人の歓声が地鳴りのように響きます。とてつもない花火です。最後は光の暴力です。

全国花火競技大会43

フィナーレは、津雲優さんの「いざないの街」に合わせ10号割物30連発大スターマインです。この曲を聴くとまた来年も観に来たいと思います。

全国花火競技大会44

午後9時30分 号砲3発で打留になりました。

暑さに耐え、長時間待ち、途中の雨にも耐えた花火が終わりました。今年も楽しませてもらえました。美しいものを観た感動で涙が出そうです。最後に、感動をくれた花火師とイルミネーション交換をします。美しい花火をありがとう。もうしばらくこの場所に居たい気分ですが帰ります。バスが動き出す前に市内を出ましょう。

花火会場から駐車場まで

通常だと会場を出るのに30分ぐらいですが、今回はメロンロードまで横移動しそんなにかからず出られました。帰りも物凄い人ですが、主要なところは通行止めになっているので混乱もありません。午後10時駐車場所に到着です。

帰路

午後10時30分に大曲インターを通過し、秋田道から日本海東北道、山形県に入ってからは往路をそのままノンストップ。午前2時30分過ぎ自宅に到着できました。

かんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.08.23

こじま 冷し中華

こじま 冷やし中華

上越市の「ラーメンのこじま」です。
国道18号線四ヶ所インターから高田駅に向かい関川を超えた先にあります。
昔ながらの味を守り続けているお店の冷し中華を楽しもうとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、奥に小上がり、左側にテーブル席があります。明るい中規模のラーメン屋さんです。正午少し前に着きましたが、8割ほどの席が埋っています。カウンター席に座れました。
メニューは、秘伝のタレ(醤油)、しお味、みそ味に分類され、それらとトッピングを加えたものなど豊富に用意されています。定食もあります。こじまの夏メニューということでざる中華、冷やし中華、冷やしらーめんがあります。サイドメニューも豊富です。平日お昼限定のランチセットは、ギョウザ3個、サラダ、半ライスから2品の選択で150円。丼セットは、チャーシュー丼、カレー丼、牛丼、焼き鳥丼、照り焼き丼の5種がありいずれも200円です。冷やしらーめんは一昨年に食べているので、今年は冷やし中華にしました。
お昼前ということもあり、冷たいものでしたが普通の待ちで出来てきました。
見た目の良さに一目惚れ状態です。彩りや上品な盛り付けにうっとりします。
麺は、やや細の縮れでツルツルしたものです。かなりコシが強くなってます。
つゆは、中華風でしょうか。醤油は控えめで、お酢とダシがが効いています。
トッピングは、チャーシュー、海老、玉子焼き、わかめ、きゅうり、紅生姜、
ミニトマトです。玉子焼きが高級そうな盛り付けです。やられちゃいました。
冷たい器にしっかり冷たい冷やし中華です。盛り付けは何も言えないほど気に
入りました。値段が850円とお手頃ではありませんが納得のひと皿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.22

小太喜屋 つけめん

小太喜屋 つけめん

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線の消防署あたりからもう1本市街地寄りの市道に面してあります。
村上での昼食、小太喜屋に夏メニューはあるかなと期待してお邪魔しました。
お店に出入口が2ヵ所あります。お店正面が入口、脇が出口となっています。左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、右側に待ちの席があります。綺麗な今風のラーメン屋さんです。午前11時40分頃に着きました。8割程度のお客さんの入りです。入口を入った正面に小さな食券販売機があります。
メニューは、あっさり豚骨煮干ししょうゆ味と説明のあるラーメンとあっさり豚骨魚介の塩味と説明のある塩ラーメンの2種で、いずれも通常のラーメンの他に、トッピング類を増量した喜びラーメンとチャーシューメンがあります。新メニューでつけめんがありますが、夏メニューはありません。しょうゆ系を制覇したので、塩系も食べてみたい気もします。麺の大盛りが無料になっています。つけめんの麺の量は並(200g)、中(300g)、大(400g)から選べます。値段はいっしょで数量限定になっています。数量限定という言葉に弱いです。食べられる機会に食べしょう。つけめん(大)にしました。
カウンター下は、席毎にBOXテッシュ、荷物用フックがあります。他にも荷
物用のかごや紙エプロン、髪止めゴムなどいろいろお客さんへの気配りが用意
されています。白いブラウスを着た女性客にはスタッフが声をかけています。
いつも通り店主の丁寧な仕事です。普通よりやや早く出来上がってきました。
お洒落な皿にトッピングと共に麺が盛られ、つけ汁は真白な器に醤油色です。
麺は、やや太の大きな縮れです。モチモチプリプリした歯応えがいい麺です。
つけ汁は、醤油味がしっかりして魚介系の風味が豊かなをもの、一般的な濃厚なものと違いサラサラしています。トッピングの柚子胡椒を途中から入れてみます。青唐辛子の辛味と柚子の香りが広がり、ふとつ違った味を楽しめます。
トッピングは、鶏・炙りバラ・レアの3種のチャーシュー、太いメンマ、白ねぎ、味玉半個、かいわれ。柚子胡椒などです。品数が多いと嬉しくなります。
お客さんの健康を考えて選ばれた素材、丁寧な仕事で仕上がっています。東京なら大行列かも知れないです。850円と安くはない昼食ですが、麺の大盛り400gのボリュームと充実したトッピングの考えると結構得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.21

俺のラーメン ジョー

ジョー

新潟市(旧白根市)の「俺のラーメン ジョー」です。
国道8号線沿いの新潟市街に近い所、「らーめん吉兆丸」があった建物です。
車で走っていたら花輪があって、ラーメン屋さんだったのでお邪魔しました。
午後12時10分頃に着きました。広い駐車場ですが混んでいます。空きがあり停めてお店に入ろうとすると店員から外で待つよう案内されました。店内にも待ちのお客さんがいるようです。店員がメニューを持ってきてくれました。
メニューは、らーめん、まぜそば、つけめんの3品で大盛り・特盛りが100円増し、トッピングは、野菜・チャーシュー(2枚)が50円増し、アブラ・ニンニク・辛味が0円です。ラーメン二郎系インスパイア系を狙ったお店のようです。トッピングを加えてみようかとも思いましたが最初なのでオリジナルのらーめんにしました。一気にお客さんが帰り店内に案内されました。
お店は、左側に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、右側にテーブル席があり、さらに右側に小上がりがあります。落ち着きのある綺麗なお店です。そのままカウンター席に案内され、普通の待ちでって出来上がってきました。

ジョー らーめん

麺は、やや太の大きな縮れです。モチモチ感の強いつけめんのような麺です。
スープは、二郎系で醤油味に動物系の旨みと適度な甘味が加わったものです。
トッピングは、チャーシュー、浅ゆでのもやしとキャベツ、寂しい状況です。
ノーマルのままのらーめんは野菜を取るのにはいいのですが、トッピングが少なく物足りないような気がします。630円も少し高いような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.20

麺場 風雷坊

風雷坊 濃厚しょうゆらーめん(大盛)

柏崎市の「麺場 風雷坊」です。
国道8号線沿い、ドンキの近くにあります。千成ラーメンがあった建物です。
柏崎でのお昼、オープン時に一度しか食べていない風雷坊にお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、手前にカウンター席、右側奥に小上がり、その手前にテーブル席があります。セットのランチが美味しいお店でも不思議じゃない雰囲気です。午後12時20分に着きました。8割ぐらいの席が埋っています。お店の中に入ってすぐの左側、振り替えるよう壁前に食券販売機があります。
メニューは、鶏とアゴだしのあっさり系:淡麗あっさりらーめん、クリーミー鶏骨濃厚系:こってり濃厚らーめんの2種に大別されます。いずれも鰹と煮干しをベースに7種類の干物と地元産の醤油を使い、カツオ油と焦がしタマネギ油の香味油で仕上げたしゅうゆらーめん、干し貝柱をふんだんに使い干しエビや昆布などを合わせ安塚の塩をベースに4種類の塩を加え、ホタテ油で香味をプラスしたしおらーめん、米麦豆麹の4種類の味噌をブレンドし、リンゴやマンゴーなどのフルーツやピーナッツやゴマを加え奥深い味に仕上げたみそらーめんがあります。麺は、並盛が自家製麺190gと多めになっていて、さらに大盛り無料です。オープン時はなかったと思いますが、特濃つけめんが新たにメニューに加わっています。オープン当初に端麗しょうゆらーめんを食べているので、今回は濃厚しょうゆらーめん(大盛)を食べることにしました。
スタッフの服装が、オープン当初は作業着のようなつなぎで驚きましたが、1人を除き普通の服装になっています。普通の待ちで出来上がってきました。
黒く小さく深い器、豚骨のような濃厚そうなスープ、品の良い盛り付けです。
麺は、普通の太さの弱い縮れ、ストレートと言って良さそうな麺です。コシと歯応えがあるパスタっぽい麺です。あごすけの麺に似ているように思います。
スープは、とろみのある濃厚なものです。醤油味は良いのですが、動物系っぽい癖があります。好みを越えた濃厚さです。焦がし玉ねぎ油が味に深みを与えます。おろし生姜と魚粉が添えられいて、味の変化を楽しむことができます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、白髪ネギ、糸唐辛子、おろし生姜、魚粉です。彩りも良く、小さな器に盛り付けるんで品良く見えます。
小さな器に盛られたラーメンを食べていると見た目以上のボリュームを感じます。気にしていなかった器の深みに気付きます。濃厚なラーメン(大盛)の宿命ですが、終盤に少し飽きがきます。濃厚しょうゆらーめんは750円と安くはありませんが、しっかりした味とボリュームでいい線いっているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.19

中華そば 宝来軒

宝来軒 冷し中華

上越市の「中華そば 宝来軒」です。本店になります。
高田駅前の通り、知命堂病院脇の路地を入ったところです。(一方通行の逆)
つけめんなど新たなものにも積極的に取り組んでいる老舗中華系ラーメン店の夏メニューから何かを味わってみれればと思い、久々にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側に6卓のテーブル席があります。2階に小上がりがあります。歴史を感じさせる庶民的な雰囲気の中華屋さんです。午後1時過ぎに着きました。混んでいますが1階のテーブルに空きがあって座れました。
メニューは、濃厚豚骨、醤油、塩、味噌の各味ごとに数種のバリエーションと中華系麺類、つけめんも味噌味やたんたん味などバリエーションがあります。GOGO宝来軒だけかと思っていた“とく”の付くメニューがあります。炙り炒めた角切りチャーシューが特徴のラーメンです。メニューは変わりませんが、壁に冷し中華の貼紙がありました。その一品だけです。冷し中華にしました。
時間が遅そめでお客さんが少ないこともあって早めに出来上がってきました。写真を撮ろうと器を動かそうとすると温かいです。わざわざ温める筈もなく、食洗機から出てきたままの温かさのような感じです。食べる前から残念です。
麺は、やや細の弱い縮れ、ストレートでしょうか。とてもおとなしい見え目の麺です。食べると見た目と違い、どうだっていうくらい強いモチモチ感です。
つゆは、酸味の強い醤油味であっさりしています。麺に負けない存在感です。
トッピングは、チャーシュー、きゅうり、トマト、くらげ、紅生姜、海苔、錦糸玉子です。トマトの切り口が汚くて、通販番組の包丁を奨めたくなります。
750円と一般的な値段でしたが、冷たくないのとトマトはだめでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.18

ラーメン亭 我聞

我聞 味噌オロション

新潟市の「ラーメン亭 我聞」です。紫鳥線沿い旧市民病院近くにあります。
我聞が夏メニューを作ったら食べてみたいと思いお邪魔しました。今年こそ。
お店は、左側に厨房、右側奥に窓や壁を向いたカウンター席、中央にテーブル席、さらに手前が小上がりがあります。木を使った自然な感じ、ラーメン屋さんに多い内装で、ファミレスっぽいテーブル配置です。午後2時過ぎに着きました。満席に近い混み具合で、テーブルを片付けてもらい座れました。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅうめん、味噌オロチョン、つけめん、辛つけめんがあります。つけ麺は、大盛りも同じ値段で、冷麺と熱麺から選択できます。夏のメニューは今年もないようです。つけめんの人気があるお店って夏のメニューを用意しないお店が多いようです。味噌オロチョンにしました。
夏の冷たいメニューがなかったら辛いものっていうのも変ですが、思いっきり汗をかくのもいいでしょう。混みもあり多少時間がかかって出来てきました。
らーめんと同じ器に赤く辛そうなスープと赤いあんかけ風のトッピングです。
麺は、普通の太さの弱い縮れ、ストレートでしょうか。パスタっぽい麺です。
スープは、最初の一口目に味噌味がガツンときます。それからは激辛とありますが、辛さがジワジワときます。かなり辛めです。最後に残ったスープを飲む頃には辛さにも慣れてきて、魚介の香りを楽しめるようになりました。
トッピングは、豚バラ肉・キャベツ・きくらげ・ピーマン・人参などをタンメン風にスープで炒めたものです。しっかり味噌味と辛味が染み込んでいます。
久々に辛いラーメンを楽しむことができました。かなり辛めですが、味噌味や魚介風味を楽しめるラーメンでした。750円はまあまあ妥当な線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.17

しゃがらラーメン 肉ばか

肉ばか ちゃーしゅうめん(大盛)+特製ちょいのせ

新潟市(旧豊栄市)の「しゃがらラーメン 肉ばか」です。
国道7号線(新新バイパス)競馬場ICから豊栄方面に向かいすぐ左側です。
ボリュームがあるのにお手頃に食べれるしゃがら系肉好きのためのお店です。豊栄での午後3時と遅めの昼食で、営業してそうな肉ばかにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前振り返るようにカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。お店の派手めな看板なんかと違って落ち着いた店中です。この時間、並びこそありませんが、席の半分以上が埋る盛況振りです。
メニューは、しょうゆ系(細麺)とみそ系(太麺)になっています。どちらもちゃーしゅうめん(うで肉の薄切り)とちょい太ちゃーしゅうめん(バラ肉の厚切り)の2種、全4種のみです。しゃがら同様、大盛10円増し、特盛20円増しです。トッピングが単品とセットもあります。特製ちょいのせ(しょうゆ→味玉1/2個・メンマ・のり・ほうれん草、みそ→味玉1個・めんま・のり)と特製テラのせ(味玉1個・メンマどっさり・のり三枚・ほうれん草どっさり、ねぎ山盛り)があります。この時間にもなればさすがにお腹も空いています。ちゃーしゅうめん(大盛)+特製ちょいのせにしました。
早めに出来上がってくるかと期待しましたが、普通に出来上がってきました。
トッピングのセットを追加したので器の中が賑やかです。リッチな気分です。
麺は、細麺ですが普通の太さの弱い縮れ、つけ麺でも使えそうな今の麺です。
スープは、しょうゆ系の言葉通り醤油味です。醤油をそんなに前面に出すこともなく、こってりでもなく、適度な甘さもあり、バランスの良いスープです。
トッピングは、薄切りチャーシュー、ネギ、もやし、糸唐辛子です。特製ちょいのせで、味玉、メンマ、のり、ほうれん草です。ちょいのせがいいですね。
ボリュームとトッピングを楽しみました。ちゃーしゅーめんが580円、大盛が10円増し、特製ちょいのせが100円増しです。肉たっぷりのラーメンの大盛りにトッピングを充実させて690円です。かなり得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.16

山飯試食会

登山で避難小屋を使った縦走をしたいと思っています。水と食料をどう軽量化するかが課題です。そこで良く登山食に使用されている非常食がどんなものか家族にも協力してもらい食べてみることにしました。

登山食試食 サタケ白米
サタケ 白米 100g 294円 熱湯15分

登山食試食 アマノフーズ薫るチキンカレー
アマノフーズ 薫るチキンカレー 30.5g 315円 熱湯軽くかき混ぜ

登山食試食 サタケ白米+アマノフーズ薫るチキンカレー
両方を作りました。

登山食試食 サタケ白米+アマノフーズ薫るチキンカレー 盛り付け
盛り付けました。

登山食試食 サタケ牛飯
サタケ 牛飯 100g 399円 熱湯15分

登山食試食 サタケ牛飯 調理例
盛り付けました。

登山食試食 サタケ炒飯
サタケ 炒飯 100g 399円 熱湯15分

登山食試食 サタケ炒飯 調理例
盛り付けました。

登山食試食 サタケペペロンチーノ
サタケ ペペロンチーノ 60g 378円 熱湯3分

登山食試食 サタケペペロンチーノ 調理例
盛り付けました。

登山食試食 アマノフーズきのこのおみそ汁+アマノフーズとん汁
左 アマノフーズ きのこのおみそ汁 8.5g 136円 熱湯
右 アマノフーヅ とん汁 14g 136円 熱湯

登山食試食 アマノフーズきのこのおみそ汁 調理例
アマノフーズ きのこのおみそ汁 調理例

登山食試食 アマノフーズとん汁 調理例
アマノフーズ とん汁 調理例

非常食としては十分食べれますが、山ご飯としてはどうでしょうか。味噌汁類は、結構いい味が出ていると思いますが、ご飯(アルファ米)はどうも好みじゃないです。パスタはもう食べることはないでしょう。特殊な保存食としては納得できますが、山ではもう少し美味しいものを食べたいと思いました。が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.15

隠れ家麺屋 長太

長太 味噌ラーメン

胎内市(旧黒川村)の「隠れ家麺屋 長太」です。
塩沢地区にあります。国道7号線から500mほど東側に入ったところです。
田んぼの広がる国道から少し小高い丘へ登り始めた山里といった感じのところにある一軒屋のラーメン屋さんです。隠れ家って言葉がよく似合っています。
新潟に帰ってきました。村上で食べようと思いましたが、お盆や祭りでお休みが多く、楓は看板が外されていました。そんなことでここ長太まで来ました。
お店は、玄関を入ると靴を脱ぐようになっています。一般的な民家のように一段高く廊下があり、左側に厨房、中央にカウンター席、右側に広めのお座敷を2部屋合わせた広い食堂があります。4人掛けと2人掛けの卓があります。午後6時30分頃に着きました。同窓会から流れてきたような若者のグループと子供の多い家族連れの2組が煩さを競っています。
メニューは、あっさり正油味、こってり正油味、味噌味、担々麺、塩味に分類され、あっさり正油味は中華そばとチャーシュー麺、こってり正油味は背脂中華と背脂チャーシュー、味噌味は味噌ラーメンと味噌チャーシュー、担々麺は担々麺と担々チャーシュー、塩味は塩ラーメンなどのバリエーションがあります。夏メニューがあるかと期待しましたがありませんでした。人気のあるメニューを訪ねると味噌ラーメンとのこと、オープン当時から変わっていません。暑い時期ですがいよいよその味噌ラーメンをいただくことにしました。
説明があります。以前食べた中華そばは、豚骨・鶏ガラ・煮干しの風味を整合したあっさり味の細麺中華そば。背脂中華は、背脂と煮干しの風味を前面に押し出した濃い口正油ラーメン・太麺と書かれています。今回の味噌ラーメンは、店主が厳選した味噌をブレンドし、ほんのり甘めの味噌ラーメンに仕上げました・太麺と書かれています。ほんのり甘めって好みの予感がします。
お客さんが少ないこともあって早めに出来上がってきました。
少し赤みがかったすり鉢風の器に味噌のスープ、充実のトッピングです。
麺は、やや太の縮れで、角がしっかりしているためか平打ち麺かと感じさせます。前の背脂中華はモチモチ感が強過ぎましたが、今回はいい感じです。
スープは、味噌味がちょうどいい感じで、適度な油、説明書きの通りほど良い甘みがあります。味噌ラーメンでなかなか標準的なバランスの良さです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、もやし・ニラ、ねぎ、コーンと豪華です。好きなチャーシューとメンマの入った味噌ラーメンです。
平打ちっぽく旨味のある麺、バランスいいスープ、充実したトッピングで700円とお手頃な味噌ラーメンです。これなら人気があるのも判ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.14

八幡平~新玉川温泉

秋田の実家は、昼は30℃前後、夜は25℃以下と昼は多少暑いものの夜は過ごし易い気温です。今日は、朝の早いうちから気温が上がっています。日中の暑い時間を涼しい場所で過ごそうかと出掛けることにしました。
距離的に一番近いのは田沢湖高原ですが、最奥の蟹場温泉でも760mと大した標高はありません。標高の高い秋田駒ヶ岳8号目は、往復のバス代を使って行っても1300mといまひとついく気になれる場所がありません。坑道が涼しかった協和の荒川鉱山跡も崩落のために立入禁止となっています。
少し足を延ばして車でそのまま標高の高いところまで行ける八幡平にします。頂上近くの駐車場は、標高1560mぐらいはあります。涼めそうです。
田沢湖を半周し、国道341号線を北上します。途中、仙北市供養佛地区の土石流発生現場近くを通ります。テレビ報道の通り、茶色に削られた山肌が荒々しく、多くの重機が働いています。国道から入れる交差点には警察官や消防団など3人ぐらいづつ立っています。
鎧畑ダム、玉川ダムの横を通ります。カーブがきつくなり、スノーシェッドが現れると標高が上がってきます。玉川温泉の入口付近からは外も涼しくなり、エアコンを停めて窓を開けて走れます。
八幡平アスピーテラインに入り大沼近くのビジターセンターを訪ねました。周辺の情報が紹介されています。特に熊の目撃情報が貼り出されていて毎日のように目撃されています。係員に話を聞くと『熊の生活エリアに人間が入ってきたのだから…。』とのこと、その通りです。さらに山頂を目指します。

八幡平

途中の駐車スペースから畚岳方向の眺望です。その後、山頂レストハウス周辺を軽く散策しました。レストハウスにあった温度計は24℃です。レストハウス周辺には、ニッコウキスゲが咲いていました。

新玉川温泉

帰りは、新玉川温泉でひとっ風呂浴びて帰ります。玉川温泉に入ることが殆どでしたが、駐車し易い新玉川温泉にします。源泉は、玉川温泉の大噴の引き湯です。源泉:源泉名;大噴(おおぶき)、泉質:酸性-含二酸化炭素・鉄(Ⅱ)・アルミニウム-塩化物泉、泉温:98℃、湧出量:毎分9,360リットル/分、知覚:無色透明、酸味と硫化水素臭があり酸性である、pH値:湧出地;pH1.05となっています。大浴場が男女各1、小浴室 2、中浴室 2、入浴相談室があります。大浴場に入ります。玉川温泉同様に木造り体育館のような浴室で、掛け湯、大浴槽(源泉1005)、源泉50%浴槽、弱酸性の湯、熱い湯、ぬるい湯、打たせ湯、歩行湯、蒸し湯、蒸気湯、頭浸湯、飲泉場、温熱湯、露天風呂があります。 酸性が強くて傷などに沁みます。ボディソープ・シャンプー・リンスが用意されています。日帰り600円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.13

ペルセウス座流星群

8月12日(月)の深夜にペルセウス流星群のピークを迎えるということで楽しみにしていました。月が入りいよいよって頃から雲が夜空を覆うようになり、天気予報でも夜空を期待できそうもない状況です。ペルセウス座流星群は15日まで観測できそうとのことで1日遅れにはなりますが、久々の天体観測に挑戦しました。
夕方涼しくなって墓参りに行き、ビールと夕食と楽しみ、まだ早めですがペルセウス座流星群観測に挑戦したいと思います。実家前は、左右からの街灯で見え難く、影に入ると見えますが写真を撮るには向いていません。また、お盆の迎え火の煙で谷が霞んでいます。写真を撮るにはかなり厳しい状況です。
実家裏の小さな山に登って見ましょう。山といっても田畑や林がある開拓された場所で開けています。の筈でしたが、栗林や杉林の木々はかなり大きくなっています。熊が出てきても不思議じゃない雰囲気です。田んぼの中央で写真を撮りましょう。写真を撮り始めるとあちこちの家で花火をしています。打ち上げ花火をされると視野に入り、明るくて厳しいものがあります。
それでもなんとか撮影できました。

ペルセウス座流星群01
2013/08/13 08:25pm F1.8 30″50mm iso800

ペルセウス座流星群02
2013/08/13 08:50pm F1.8 30″50mm iso800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.12

情報 第87回全国花火競技大会

大曲の花火 ガイドブック

第87回全国花火競技大会(大曲の花火)のガイドブック2種類を入手できました。開催日は今年も8月第4土曜日、8月24日(土)になります。
今年も8月18日(日)~8月24日(土)に花火ウィークとなっています。8月18日(日)が夏祭り大曲2013、8月21日(水)が街コンスペシャル花火、8月22日(木)が大曲の花火・前々夜祭、8月23日(金)が大曲の花火・前夜祭、4夜にわたって至福の花火が打ち上げられます。地元花火作家6人の作品です。ご当地グルメ王国秋田、街中音楽SHOWなどなど祭りだらけの1週間です。8月22日(木)正午からテント設営可能駐車場が開場します。オートキャンプを楽しみながらの大曲の花火も見てみたいものです。今年の大会テーマは「創作花火 半世紀 序章 守・破・離」となっています。今年から4点の変更があります。①昼花火開始時間が30分遅く午後5時30
分からになります。西日と重なって見え難いのを防ぐためです。②昼花火の規定が「煙竜もしくは割物」から「色煙を用い、煙竜もしくは、煙柳、割物」になります。光輝物の明るいだけ物が規制されます。③10号割物の部が、芯入割物と自由玉の合計点で競われていました。それぞれで競技することになりました。④創作花火の部が、筒の本数150本以下、打ち上げ時間はアナンス終了後2分30秒以内(音楽も同様)、重ね玉の場合は1個までで4号以上の同寸の重ね玉の禁止、煙火玉および星等の斜め打ちの禁止、打上花火に針金類やワイヤーの使用禁止は今まで通りです。5号筒30本以下、4号筒50本以下とし4号玉・5号玉は自社製造玉を主体に使用することとなっていましたが、4号筒・5号筒合わせて80本以下になりました。5号玉の使用制限の緩和でより自由度、表現性が多彩になり、見ごたえのある創作花火となるでしょう。
今年の参加花火師です。
・紅屋青木煙火店(長野県)
・大曲花火化学工業(秋田県)
・磯谷煙火店(愛知県)
・大久保煙火製作所(秋田県)
・若松煙火製造所(宮城県)
・ホソヤエンタープライズ(東京都)
・芳賀火工(宮城県)
・北日本花火興行(秋田県)
・三遠煙火(静岡県)
・新潟煙火工業(新潟県)
・山内煙火店(山梨県)
・信州煙火工業(長野県)
・野村花火工業(茨城県)
・菅野煙火店(福島県)
・太陽堂田村煙火店(長野県)
・小松煙火工業(秋田県)
・イケブン(静岡県)
・山崎煙火製造所(茨城県)
・田畑煙火(静岡県)
・マルゴー(山梨県)
・和火屋(秋田県)
・篠原煙火店(長野県)
・高田花火工業(福岡県)
・丸玉屋小勝煙火店(東京都)
・齊藤煙火本店(山梨県)
・菊屋小幡花火店(群馬県)
・筑北火工堀米煙火店(茨城県)
今年、五重芯に挑戦する花火師は2組だけです。小松煙火工業(秋田県)と山崎煙火製造所(茨城県)です。もう少し挑戦してほしいです。
今年の大会提供花火のテーマは、「Mission あ」です。特別プログラムは「和・美~和から彩り~」、昨年内閣総理大臣賞受賞の山内煙火店(山梨県)が打ち上げます。今年も観に行きたいのですがスケジュールが大丈夫か?

がんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リンガーハット

リンガーハットイオンモール大曲店 夏とく冷やし麺(黒酢黒ゴマ)

秋田県大仙市の「リンガーハット イオンモール大曲店」です。
国道13号線沿い、イオンモール大曲の2階フードコートの一角にあります。
秋田の実家も最高気温30℃と暑くなりそうなので涼みがてら出掛けました。
メニューは、長崎ちゃんぽんや長崎皿うどんなどがあります。夏メニューもあります。夏とく冷やし麺で、黒酢黒ゴマとみその2種類のタレが用意されています。冷たいのが食べたいので夏とく冷やし麺(黒酢黒ゴマ)にしました。
午後1時20分と昼時間を外したので、席も空いていて、すぐに出来ました。
紫のラインが縁を回された白い皿にバスタかと思わせるような盛り付けです。
麺は、普通の太さのストレート麺です。ちゃんぽんなどと同じ麺のようです。
タレは、黒酢の酸味と黒胡麻の香りとまろやかさはいいのですが、黒胡麻の色がイカ墨ほどではありませんが食べ物としての美しさを台無しにしています。
トッピングは、たっぷりの野菜、肉味噌です。バランスが良くとれています。
小さな可愛らしい器の柚子胡椒が付いています。少しオリジナルを食べてから柚子胡椒を少し加えて食べてみます。大好きな柚子の香りと青唐辛子の辛みを楽しみます。柚子胡椒の胡椒って九州の方言で青唐辛子のこと、胡椒を使っていないのだから全国に向けての名前は変えた方が判り易いと思うのですが…。
なかなか品良くいただきました。税込み390円とちょっと驚きの価格です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.11

秋田内陸縦貫鉄道 & 打当温泉

お盆は、岩手山か秋田駒ヶ岳国見温泉コースを登りたいと思っていましたが、登山口までの仙岩峠が通行止めで行けません。秋田こまちと平行して走っているところです。秋田駒ヶ岳8号目登山口へは、土石流の災害現場のすぐ近くを通ります。冠水ぐらいなら水が引けば通れますが、深層崩落ということで避けたい場所です。まだ、行方不明者もいるので捜索の邪魔しないようにします。
何かイベントはないかと調べたらヤクルト vs DeNAの試合がこまちスタジアムで行われます。壇密がテレビCMをしていて、始球式も行います。ひと肌脱ぎます的なCMです。久々にプロ野球を観に行こうかと思いましたが、コンビニを回ってチケットを探しましたが、入手できません。遠いので諦めます。
それでは、っていうことで温泉に行こうかと思います。いつもの田沢湖高原や乳頭温泉は、秋田駒ヶ岳8号目登山口と一緒のエリアです。他の行ったことのない温泉に行こうと思います。車が楽ですが、高校通学当時以来の秋田内陸縦貫鉄道にも乗ってみたいと思います。路線沿いには、打当温泉とクウィンス森吉があります。
阿仁前田駅舎にあるクウィンス森吉も少し引かれますが、遠いためのんびりすると最終の汽車に間に合いません。打当温泉を目指します。

秋田内陸縦貫鉄道・打当温泉01

松葉駅から乗ります。松葉駅16時18分発の鷹巣行きです。10分程前に駅に着きました。田舎の無人駅の風情を楽しんでいると汽車がやって来ました。
通学当時と同じ1両編成です。乗降位置(ドア)が昔の車両と違っています。新潟で見たことのあるスイッチを押してドアを開ける車両に変わっています。
汽車には10数人のお客さんが乗っています。地元と帰省・観光が半々です。車窓や車両内の写真を撮っている鉄道ファンらしき年配のお客さんもいます。

秋田内陸縦貫鉄道・打当温泉02

ワンマンでの運行です。バスのように整理券発券機、両替運賃箱があります。
車窓は、田畑の田舎風な景色から徐々に森林の山奥の景色に変わってきます。
途中、紙風船上げの上桧ノ木内、秋田県一番高所の戸沢駅(標高315m)を通過します。戸沢駅から阿仁マタギ駅間の十二段トンネルは5697mの直線トンネルです。スピードは違ってますが、上越新幹線に乗っているようです。

秋田内陸縦貫鉄道・打当温泉03

阿仁マタギ駅に到着。マタギの里ってことですが、ただの山奥の無人駅です。駅付近の観光案内図など極め細やかな情報がいろいろと貼り出されています。
熊牧場は4.2㎞で連絡すれば送迎してくれますが、打当温泉までは2.3㎞の道程、歩いていきます。振り返った阿仁マタギ駅はやっぱり山奥の駅です。

秋田内陸縦貫鉄道・打当温泉04

山奥もやっぱり暑いです。汗をかきながら到着しました。マタギ資料館と棟続きの建物は大きく、玄関には宿泊のお客さんもぞくぞくと到着していました。
玄関にいきなり熊肉ラーメンの貼紙があります。1500円はパスです。フロントで入浴料を払い大浴場に進みます。途中に家族風呂も用意されています。
大浴場の脱衣所は、籠が中心の宿泊施設らしいもの鍵付きのロッカーもありますが、100円玉が戻らないものでした。浴場は、大浴槽と少し深めの寝湯、サウナと水風呂があります。露天風呂は、石造りで奥深い山を見て入れます。
お湯は、透き通った鉄錆のような茶色で、ほんのりしょっぱさがあります。泉質はナトリウム・カルシュウム塩化物泉で、源泉温度は56.6℃です。備品は、リンスインシャンプーとボディソープ、ドライヤーが備えられています。
のんびり温泉を楽しむことができました。帰りにパンフレットをもらったら駅までの送迎をしてくれます。帰りには阿仁マタギ駅まで送ってもらいました。

秋田内陸縦貫鉄道・打当温泉05

予定の阿仁マタギ駅18時27分発松葉駅18時55分の汽車で帰りました。

秋田内陸縦貫鉄道・打当温泉06

秋田内陸縦貫鉄道・打当温泉07

帰りは他にお客さんもなく、貸し切り状態のまま松葉駅まで到着できました。
松葉駅〜阿仁マタギ駅間片道610円、温泉入浴料400円、合計1620円
と温泉だけを考えると高めですが、鉄道も楽しめたことを考えるとお得です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅なかせん どんぱん節の里

道の駅なかせん 軽食コーナー

秋田県大仙市(旧中仙町)の道の駅「なかせん」、ドンパン節の里」です。
こめこめプラザ(米関連展示)とあられなどの米菓工場が併設されています。
道の駅の隅にそばとうどんなどの軽食コーナーがあります。かけそばが400円、かき揚げそばが500円と高めです。目的は“う〜麺”というものです。高校当時にスーパータカヤナギの軽食コーナー食べていた懐かしいものです。大好きなカレーう〜麺にしました。前金制530円です。う〜麺は500円。

道の駅なかせん カレーう~麺

ラーメンとは少し違う雰囲気ですが、漂うカレーの香りに引き寄せられます。
麺は、中華麺と言われていて、普通の太さの縮れ、癖のない食べ易い麺です。
スープは、うどんやそばのつゆにカレーを入れ溶かします。いい仕上りです。以前は、うどんやそばのつゆがかけられ、それにカレーがかけられてました。
トッピングは、小さいかき揚げとカレーに入っていた小さいお肉とねぎです。
昔のようなお手頃感はありませんが、懐かしい味を楽しませてもらいました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.10

ラーメン大学

ラーメン大学 角館店

秋田県仙北市の「ラーメン大学 角館店」です。
角館店ですが旧田沢湖町神代地区にあります。国道46号線沿いの角館寄り、秋田方面から国道46号線角館バイパスが終わって旧道と合流した先です。
お盆の移動も日本海東北道が新たに開通した区間もあったり思いのほか順調に進みました。道路が混雑していた場合に酒田で食べようと思っていた夕食ですが、角館まで移動して来て食べる事となりました。角館から少し外れますが、ラーメン大学で食べようと思います。新潟県内にも柏崎に唯一ありましたが、閉店しています。このお店も開店から35年以上は過ぎているはずです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。どさん子などに似た雰囲気の建物ですが、さすがに歴史を感じさせています。
メニューは、味噌ベース、醤油ベース、塩ベース、クリームベースの4種類の基本の味があり、それにトッピングを加えたものが用意されています。味噌には山菜、醤油には焼肉、塩にはわかめなど見慣れないものもあります。クリームベースは、コーン、チーズ、バター、野菜、カレーなどの種類があります。他にも納豆、とろろ、スープ(玉子、わかめ)などの各ラーメン、担々麺、味噌チャンポン、唐香麺、東坡肉麺、冷し中華などがあります。食べてみたい名前のラーメンがいろいろありますが、ごく普通に味噌ラーメンにしました。
あまりこのお店で食べた記憶がありません。開店当時からやっているのかお婆ちゃん一人でやっています。午後6時50分で他にお客さんがいません。国道46号線が仙岩峠での通行止めの影響しょうか。それでお婆ちゃん一人かな。一人でも要領良く、多少時間がかかりましたが次々と出来上がってきました。

ラーメン大学角館店 味噌ラーメン

黒いすり鉢風の器、中央にもやしとコーンの山がドーンと聳えています。
麺は、普通の太さの縮れの弱い麺です。少し軟らかめに感じます。5人のラーメンが次々と出来上がってきましたが、さすがに少し延び気味でしょうか。それでも軟らかめでも旨味があり、下手な硬めの太縮れ麺よりずっとましです。
スープは、味噌味がしっかりしたものです。油がなくて、甘さ控えめです。東横の味噌ラーメンに似ていて、しょっぱさを押さえた感じのスープです。
トッピングは、挽肉の炒め物、メンマ、もやしと人参の炒め物、コーンです。
味わいのあるラーメンでした。クリームベースもいずれ食べたくなりました。味噌ラーメンがなんと600円というお手頃さ。他のひと手間加えたようなものでも680円です。お婆ちゃんの小遣い稼ぎのお店なんでしょうか。
家族が食べたラーメンです。

ラーメン大学角館店 ゴマ味噌ラーメン
ゴマ味噌ラーメン(650円)

ラーメン大学角館店 山菜ラーメン
山菜ラーメン(680円)

ラーメン大学角館店 たまごスープラーメン
たまごスープラーメン(650円)

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ババヘラアイス in 道の駅協和

ババヘラアイス 20130810

お盆の移動も国道46号線道の駅協和までやってきました。仙岩峠が通行止めということで交通量も少なく、駐車場も深夜よりも少ないような状態です。
まだ営業していました。軽食コーナーにオリジナルの黒豆ソフトクリームがありますが、駐車場でやっていたババヘラアイスにしました。200円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.09

新潟まつり 大民謡流し

新潟まつり 大民謡流し

新潟まつりの大民謡流しです。今年も参加しました。バッチリ踊りました。といっても後半少し休憩がてら写真を撮っていました。コンパクトデジカメは、ラーメンを撮るのなら耐えれますが、三脚のなしの夜は辛いです。今年もほとんどを万代橋の上で踊りました。普段、立つことのできない車道のど真ん中で踊って、風がいい感じ吹いていて助かります。

新潟まつり オープニングスターマイン

今年から新潟まつりの開催3日間とも花火を打ち上げるとのことで1日目はオープニングスターマインです。おまりごちゃごちゃ言わずにやれば良いのに、新潟まつり協賛会会長の新潟市長が、日本一の花火大会である長岡まつりの花火は、加瀬煙火工業が打ち上げられなくなり、小千谷煙火興業、加茂の阿部煙火工業、新潟の新潟煙火工業などが支えております…的なこと言っていた。余計なことでしょう。自治体として花火競技大会で内閣総理大臣賞を受賞するよう花火業者を支援し、結果を出すことが先だろうと思います。茨城県、愛知県、山梨県、長野県、秋田県などの優秀な花火業者に近づき、さらに新潟から内閣総理大臣賞を受賞する花火師が出て欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+チャーシュー+メンマ

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、その先の神社が並ぶ向かいです。
暑くなりました。暑くなっても食べたいラーメンを、と思いお邪魔しました。
駐車場がないので路線バスの支障とならないよう前の道に路駐して行きます。
お店は、車庫の奥に入口があるような感じです。お店自体はさらに奥行きがあります。右側に厨房、左側にカウンター席、手前にテーブル席、左奥に小さな座敷があります。ちょっと古い感じで照明も押さえた落ち着いた感じです。写真撮影が難しいお店です。午後12時10分に着きました。ほぼ満席でカウンター席に空きがあり座れました。昨日、今日と連続で滑り込みセーフです。その後は列びとなりました。
メニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンの他に、野菜ラーメン、納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。トッピングもチャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまご、大盛りまでも全て50円増しで楽しむことができとてもお手頃です。野菜味噌ラーメン+チャーシュー+メンマにしました。
今日も店主と奥さんの二人です。注文を聞くのが早いですが出来も早いです。
黒く渋い器に白味噌仕立てのスープ、淡い緑色のキャベツが美味しそうです。
麺は、細い縮れの普通の麺のように見えますが、ツルツル感やモチモチ感、歯応えなどバランスが整った麺です。スープとの絡みも良く食べ易い麺です。
スープは、白味噌仕立てのあっさりです。色が白く味噌の旨味と適度な甘さとしょっぱさ、優しさがあります。この優しさが他ではお目にかかれません。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやしです。キャベツは茹で加減が良く、レタスのような食感で、味噌味の優しいスープと相まって温野菜のような味わいです。それにチャーシューとメンマを加わり豪華なラーメンです。
細麺と優しいスープが特徴の味噌ラーメンです。トッピングの追加がほとんど50円増しとお手頃です。シンプルに食べて良し、いろいろ追加して良し、とても楽しめるラーメンです。700円とお手頃なのに楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.08

大江戸

大江戸 冷しそば(大)

新潟市の「大江戸」です。
柾谷小路野崎、新潟小学校と中央警察署の間を東に行った道沿いにあります。
梅雨が明けて夏らしい陽射しになってきました。美味しい冷し中華が食べたくなります。新潟の夏に相応しい好きな冷し中華を食べさせてくれるお店は、三吉屋、信吉屋、くら田、蓬来軒、大江戸、石門子の6店で、シーズン中には食べたいと思っています。冷しの美味しい「大江戸」にお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。定食屋さんのような雰囲気です。午後12時30分に着きました。混んでいます。カウンター席に1席だけ空きがあり座れました。
メニューは、ラーメン・味噌ラーメンとそれらのチャーシュウメン、たんめん(塩)、味噌たんめん、焼きそば、冷しそばとそれのチャーシュウです。各メニューともに並、大、特の盛りから選べます。大盛りが流行る以前から特がありました。今日はちょっと控え気味にします。冷しそば(大)にしました。
いつもはおばさん3人ですが、今日は2人です。混んでいますが上手くこなしています。それでもいつもより少し時間がかかって出来上がってきました。
つゆの濃いめの色と麺の表面を覆った数多くのトッピングが嬉しくなります。
麺は、極細の弱い縮れ、コシが一層強く、特徴である麺の長さが遊ばれます。
つゆは、醤油色の濃さに反して普通のしょっぱさ、程良い甘さです。半分くらい食べたところで辛味を加えます。ひと味加わった冷し中華を楽しみます。
トッピングは、チャーシュー、胡瓜、メンマ、錦糸玉子、ゆでもやし、海苔、紅生姜です。どれも一般的なものよりも太めです。ボリュームがあります。
冷し中華(大)850円と少しお高い昼食になってしまいましたが、見た目以上ボリュームを考えるといい線かと思います。新潟の夏の1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.07

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅の近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上地区を移動中の昼食です。一平のラーメンが食べたくてお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気の良い、とても綺麗なお店です。午後1時前に着きました。10人ぐらいの待ちになっています。風除室の外から列びになり、15分ぐらい経って席に着けました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、味噌ラーメン、野菜タンメン、五目ラーメン、担々麺などで、セットメニュー、チャーハンや丼物もあります。お店の中を一通り見回しますが、今年も夏のメニューは用意がないようです。いつものラーメン定食にしました。最近ラーメン定食以外を食べていません。
その後もお客さんが訪れ混みが続いています。風除室に待ちが出来ています。
いつもは混んでいても早い出来ですが、今日は普通の待ちで出来てきました。
ラーメンの他にご飯と小鉢が3鉢付きます。リッチな昼食が嬉しくなります。
麺は、平打ちっぽい細く弱い縮れのものです。ツルツルして噛み応えの楽しい麺です。代わり映えない麺ですが、スープと馴染みが良く感じられる麺です。
スープは、中華そばって感じの褐色、透き通っています。煮干しのいい香り、あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい具合です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草とあっさりしたラーメンにいい品々です。チャーシューは、少し好みと違って軟らかです。
定食は、ご飯と小鉢とお新香です。小鉢は、鯵フライ、サイコロステーキ、マカロニサラダです。鯵フライに添えられた野菜は、キャベツ・レタス・人参・パプリカと少なめなのに品数はあります。お新香も3種と嬉しくなります。
ラーメンは560円で美味しくいただけます。かなりお手頃かなと思います。ラーメン定食は780円。ラーメンのお手頃さがさらに充実する定食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.06

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 冷し中華(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町人情横町という市場風なお店が並ぶ建物、東堀通寄りにあります。
信吉屋の冷し中華は大のお気に入り、このシーズン中に5杯は楽しもうかと思っています。その3杯目を食べようとお邪魔しました。
午後12時20分過ぎにお店前に着きました。3人の並びになっています。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広い造りで、あまり綺麗とは言えませんが、それが逆に懐かしさを感じさせてくれる市場の小さな支那そば屋さんです。そんなに席数のあるお店でもないので少しずつ進みます。わりと早く5分ほど待って座れました。
メニューは、支那そばとそれにメンマ・チャーシュウ・ワンタンの組み合わせになります。夏季の冷し中華が人気です。盛りは、普通、中盛、大盛が用意されています。ちょうど良いボリュームの冷し中華(中盛)にしました。
おじさんとおばさんで切り盛りしていまです。出来上がり待ちのお客さんも多いのですが、明るいおばさんの仕事を見ていると待ちも苦になりません。
支那そばと同じ黒っぼい渋い器です。トッピングの彩りが食欲をそそります。
麺は、極細に近い弱い縮れで、シコシコした歯応えが楽しい大好きな麺です。
つゆは、魚介が香ばしく酸っぱさやしょっぱさが控えめです。特に酸っぱさが控えめでレモン(1/8個)を搾って入れるとより爽やかな酸っぱさと香りが広がります。練り辛子で辛味も楽しめます。ダシが効いた美味しいつゆです。
トッピングは、弾力と歯応えを楽しめるチャーシュー、キュウリ・ハム・鳴門の細切り、金糸玉子です。つゆに搾って入れるレモンは彩りをも添えます。
麺の歯応え、つゆの魚介風味の爽やかな酸味、ボリュームがあって歯応えのバランスを楽しめるトッピングと楽しくいただきました。850円はお得です。

今日は、東京から食べに来たお客さんがいました。知ってる人は知ってます。
また、出足が早かったのかお昼時間途中でワンタンが売り切れになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.05

揚げねぎラーメン 味庵

味庵

柏崎市の「揚げねぎラーメン 味庵」です。
国道252号線沿いの少し郊外にあります。柏崎インターから十日町・小千谷方面に5分ほど走った先の県道73号線と交差する安田交差点の手前右です。
「麺の家 渚」の新ブランド店でオープンした「らーめん 渚」が、最近「揚げねぎラーメン 味庵」になっていました。入口に雑誌の切り貼りがあり、こちらも「麺の家 渚」の姉妹店とのこと、コンセプトの変更でしょう。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側が手前から壁を向いたカウンター席、食券販売機と小さな待ちスペース、テーブル席があり、奥に小上がりがあります。白い壁と使い込んだ黒っぽい木質が印象的な落ち着いたお店です。午後1時20分頃に着きました。5人のお客さんがいます。
メニューは、醤油、塩、味噌の各ラーメン、まぜそば、つけ麺とそれらのチャーシューメンやチャーシューダブルなどがあります。大盛り無料です。夏メニューの冷しラーメンもあります。こちらもチャーシューメンやチャーシューダブルがあります。冷しラーメン(大盛)にしました。
お客さんは少なめですが、麺のゆでに時間がかかったようで遅めの出来です。

味庵 冷しラーメン(大盛)

見た目では冷しラーメンであることが区別できず普通のラーメンに見えます。
麺は、太いストレートでつけめん用か?歯応え有り過ぎの苦手な硬さです。
スープは、透き通った綺麗なもの。塩のあっさりに梅の香りでしょうか。存在感有りの麺とのバランスが取れていないように感じます。もうひとつ欲しい。
トッピングは、大きなチャーシュー、味玉半個、揚げねぎ、水菜などです。
麺とスープのバランスが好みとはだいぶ違った冷しラーメンでした。自家製麺とは言え大盛りサービスで600円です。値段的には言うことなしでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.04

ら麺のりダー

ら麺のりダー

新潟市の「ら麺のりダー」です。
国道113号線沿い、山の下埠頭近くにあります。元カレー屋の建物です。
東地区は地元ですが、最近オープンしたお店や食べたことのないお店があります。そんな中でオープンして新しいお店で食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。落ち着いた雰囲気の中規模のお店です。午後2時頃につきましたが、ほぼ満席でお客さんが途切れない状態が続いています。
メニューは、つけ麺、辛つけ麺、中華そば、ちゃーしゅうめん、岩のりらーめんなどがあります。中華そばにしようかと思いましたがつけ麺がメインのお店です。辛つけ麺は、辛さが3段階あり、興味ありますがつけ麺にしました。麺の量は、普通盛りで250gとのことなので普通盛りのままお願いしました。
混んでいるためか麺のゆで時間か少し時間がかかっての出来上がりです。

ら麺のりダー つけ麺

黒基調の器に麺、白基調の器につけ汁やトッピングが盛り付けられています。
麺は、太麺の縮れ、モチモチ感がやや強く硬めにゆで上げられています。
つけ汁は、動物系の味が濃厚でとろみがあり、魚粉の香りが漂います。つけ麺のつけ汁はどれも同じようなものに感じますが、ここは甘味がやや強めです。
トッピングは、角煮のように厚く軟らかいチャーシュー、メンマ、味玉半個、海苔、鳴門、白ねぎ、魚粉です。沈んでますが結構いろいろ入っていました。
つけめんは、お店毎に違うものですが、特別好きっていうことがないためかみんな同じように感じてしまいます。このお店はつけ汁の甘さが特徴だったのでしょうか。750円と安くはありませんが、トッピングの充実もあり、ギリギリ妥当な線に入っているでしょうか。中華そばは、どうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.03

九州ラーメン きんしゃい亭 紫竹山店

きんしゃい亭紫竹山店 豚骨野菜味噌ラーメン

新潟市の「九州ラーメン きんしゃい亭 紫竹山店」です。
紫鳥線沿いにあります。弁天橋通りとの交差点から少し鳥屋野方面寄りです。
花火が終わり、翌日の天気がよかったら車中泊して鳥海山に登ろうと思っていましたが、標高の高いところの天気は期待薄です。お昼のラーメンが呼び水になり、さらににんにくが効いたラーメンを楽しみたくてお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央には大きなテーブルをカウンター席のように使用のテーブル席、右側のテーブル席、奥に小上がりがあります。チョット古めの大衆ラーメン屋さんの雰囲気です。午前0時20分過ぎに着きました。カップルが2組いて1組の女性が浴衣姿です。長岡の花火大会の帰りでしょうか。
メニューは、九州ラーメンらしい豚骨スープのラーメンとトッピングを加えたもの、豚骨味噌ラーメンや塩豚骨ラーメンなどもあります。きんしゃい亭は8店ありますが、共通メニューと各店オリジナルメニューがあります。他のお店にもあったかも知れませんが豚骨野菜味噌ラーメンにしました。
九州ラーメンとは思えない遅いお店ですが、今回は早めに出来てきました。
九州ラーメンらしい小さな器にトッピングが山盛りに盛り付けられています。
麺は細ストレートでとても良い食感です。九州で食べる麺より好みの麺です。
スープは、通常の豚骨よりも味噌らしく濃い褐色で、味噌の味がしっかりしたものです。食べ慣れてくると豚骨の旨味が伝わってきます。途中からおろしにんにくを加えていただきます。旨味がさらに濃厚になって押し寄せてきます。
トッピングは、チャーシュー、もやし、キャベツ、青ねぎ、紅生姜、胡麻などです。魚粉がかけられています。味噌と魚介系の風味が合うのは確かですが、こんなことをしないでしっかりダシを取って欲しいと思います。
もやしのボリュームがありました。にんにく入りのスープがもったいないので替玉をしました。替玉まですると、旨味が濃厚なスープは後半になって飽きが来始めます。豚骨野菜味噌ラーメンは750円+替玉120円と少し高いのですが、もやしが中心になりますがボリュームがあり満足できる一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒田花火ショー

山形県酒田市で開催の「酒田港まつり 酒田花火ショー」に行ってきました。
全国花火競技大会以外で一番観たい、楽しみにしていた花火大会です。
例年の混みからそんなに早く会場入りしなくてもいい場所で花火を見られる花火大会です。今年はゆっくりと午後5時30分に酒田港の臨時駐車場に到着しました。900台の駐車場は80%ぐらいの駐車率でしょうか。ゆっくり準備をして会場に移動します。約2.4kmの歩きです。シャトルバス(100円)もありますが、ゆっくり歩きます。

酒田花火ショー01

新潟の人は長岡や柏崎など迫力のある花火大会が好きかと思っていましたが、そういう人達だけでもないようです。バス専用駐車場には見慣れたバスが停まっていました。

酒田花火ショー02

やっぱり花火大会は、パンフレットが必要です。大会本部の隣、救護所と同じテントでの販売です。今年も1部100円と破格、うちわ付きです。大会のプログラムと会場案内程度ですが、お手頃なのに必要な情報が網羅されてます。
今までは全国花火競技大会で活躍していた花火業者が総合プロデュースしていましたが、今年は山形で1社しかない地元酒田市の安藤煙火店が総合プロデュースです。その他、小松煙火工業(秋田県)、北日本花火興業(秋田県)、新潟煙火工業(新潟県)、菊谷小幡花火店(群馬県)、山内煙火店(山梨県)、紅屋青木煙火店(長野県)など全国花火競技大会の参加業者が夜空を彩ってくれます。今年のテーマは“出羽の國 燦々”~時空を超えて 今よみがえる、国府の火~。出羽国建国から1301年、新しい時代の始まりです。

酒田花火ショー03

例年大会本部前で観ていましたが、今年は西北西の風なのでもう少し最上川下流で観ようと思います。午後7時なのですが、まだ、ほどほどにいい場所を確保できました。本当に花火大会のために整備したような河川敷です。今年も野外フェスのような大きなスピーカーです。楽しみです。

酒田花火ショー04

風上から黒い雲がやってきています。大丈夫でしょうか。いよいよスタートです。

酒田花火ショー05

酒田花火ショー06

第1部 グランド・オープン『出羽国建国』
素晴らしい音響に合わせて打ち上げられる花火は圧巻です。16mmの広角でも入り切りません。出羽国誕生、転生、時空を超えてと進みます。

酒田花火ショー07
小松煙火工業 10号玉昇曲付八重芯錦冠菊

酒田花火ショー08
小松煙火工業 20号玉昇銀引二度咲千輪菊

酒田花火ショー09
紅屋青木煙火店 7号玉青閃光千輪菊

酒田花火ショー10
同上 拡大

第2部 銘華競演『四季燦々』
日本を代表する花火師の競演です。安藤煙火店(山形県)、小松煙火工業(秋田県)、新潟煙火工業(新潟県)、菊谷小幡花火店(群馬県)、山内煙火店(山梨県)、紅屋青木煙火店(長野県)、各花火師の7号玉、10号玉、20号玉の披露です。上手く写真に撮れたものです。北日本花火興業(秋田県)は…。

酒田花火ショー11

第3部 港町・酒田の粋
雅、山形日和、南国模様/サントリー金麦、「市民号」大水上スターマイン・空中スターマインなど4つの花火が打ち上げられます。子供向けのキャラクター型物は、ディズニーランドのエレクトリカルパレードの音楽がそのまま使用されます。広大なスペースでの良質大音量は、鳥肌物でした。

酒田花火ショー12

酒田花火ショー13

酒田花火ショー14

酒田花火ショー15

酒田花火ショー16

第4部 グランド・フィナーレ『希望』
新たなる夜明け、グランド・フィナーレと続きます。最上川に幅2Kmのワイドスターメインです。迫力ある音楽に合わせて打ち上げられる花火です。この打ち上げの間隔というか間は、全国花火競技大会の大会提供花火やフィナーレに通じるものがあります。北日本花火興業(秋田県)…。

当日中に帰宅する予定でしたが、思った以上に駐車場を出るのに時間がかかりました。その分翌日に繰り越すように帰宅できました。

がんばろう東北!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

道の駅神林「穂波の里」 おにぎり

道の駅神林 おにぎり

大好きなおにぎりを紹介します。

村上市(旧神林村)の道の駅神林「穂波の里」にある穂波の里物産館で販売しているおにぎりです。岩船産のコシヒカリを使用していて、とにかくご飯が美味しいです。おかずは鮭とうめぼし、2個で200円です。先日、「隠れ家麺屋 長太」でラーメンを普通盛りにしてこのおにぎりを食べようとしたのですが売り切れでした。今日は遅い時間でしたが、入手できました。村上のおばあちゃんの味かな!?ほかにも五目ご飯やおこわなどもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川らーめん魂 あしら

あしら

村上市(旧荒川町)「荒川らーめん魂 あしら」です。
国道7号線沿い、国道113号線との十文字交差点の新発田寄りにあります。以前のどさん子荒川店が名前も含めてリニューアルオープンしました。どさん子の古いお店が外装の模様替えをしたのでしばらく続くものかと思っていましたが、また全然違う黒基調の外装に模様替えしてのリニューアルです。
リニューアルが終わったのは知っていまして、ようやくお邪魔出来ました。
お店は、見た目は大きくないのですが奥行きがあります。中央に厨房、左側に厨房向きのカウンター席、右側に小上がり、手前にテーブル席があります。午後2時30分過ぎと時間を外しましたが6~7割のお客さんの入りです。
メニューは、表紙にあしらのこだわりということで、4種の自家製麺を使い分けていること、醤油・塩・味噌各タレの紹介、アルカリイオン化軟水の使用、餃子の紹介などがのっています。中には、味噌らーめん辛味噌らーめん、うどん粉で作った麺を使用したさぬき手打ちらーめんなどとそれらにトッピングを加えたものやバリエーション、セットものなどがあります。大盛りが無料となっています。全粒粉つけめんもバリエーションがあり、さらに味噌・辛味噌・魚介醤油のつけダレを選べ、並(200g)・中(300g)・大盛(400g)、特盛(500g、+100円)を選べるようになっています。さらに1枚もののメニューがあり、博多とんこつらーめんもバリエーションがあり、1回目の替え玉が無料となっています。基本の味噌らーめんにしました。
混んでますがスタッフも多く、良く動きます。普通の待ちで出来てきました。

あしら 味噌らーめん

白い器に味噌ラーメンらしいスープ、いろいろ山になるほどのっています。
麺は、太めの縮れでモチモチ感が強く硬めにゆでられています。ちょい苦手。
スープは、味噌味・甘み・油が濃厚なタイプ。結構好みの味噌スープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、コーン、青ねぎなどです。魚粉も振られています。魚粉がなければ良かったのですが残念です。少し食べてからおろしにんにくを入れます。さらに旨味が広がります。
チューン店に多いタイプの麺とスープの味噌ラーメンです。トッピングが充実しています。この内容で600円です。驚きのコストパフォーマンスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.02

望景

望景

新潟市の「望景」です。“みかげ”と読みます。
新潟西バイパス小新インターから小針方面へ、大堀幹線と交差する手前にあります。以前「東京下町らーめん 麺屋 黒船」だった場所と建物になります。
同僚から黒船が変わったよと情報をもらっていました。ようやくお邪魔出来ました。
お店は、右側に厨房、左側に食堂があり、壁で仕切られています。食堂部分は、右側が壁に向いたカウンター席、左側にテーブル席があります。黒船で新築した綺麗なままのとても落ち着いた雰囲気のお店です。午後1時ちょうどに着きました。夏休みらしく子供連れの家族が1組だけです。お店に入ったところに食券販売機があります。
メニューは、醤油、味噌とそれらのちゃーしゅう、つけめんとシンプルです。ライス、餃子を組み合わせたセットもあります。ちょっと贅沢に醤油餃子セットにしました。
帰りにお店の写真も撮って帰ろうと思っていましたが、どんどんお客さんが来てほぼ満席状態になりました。いいタイミングで入って、いいタイミングで注文できました。
先のお客さんはすでに食べていてすぐに作り始早めに出来上がってきました。

望景 醤油

黒が基調と言っていいでしょうか、渋い器に味噌汁のようなスープ、白髪ねぎです。
麺は、普通の太さで角がしっかりしているため平打ちっぽく感じる良く縮れたものです。プリプリとした食感がとても良く、歯切れの良さが楽しい好みのタイプの麺です。
スープは、動物系の旨みのしっかりしたものですが、こってり感はなく、逆にサラサラしています。しょっぱさや甘みのバランスも良く、食べ易く仕上がったスープです。
トッピングは、厚いチャーシュー、メンマ、味玉半個、海苔、白髪ねぎ、青ねぎです。
あまり極端な目立ちはありませんが、馴染みやすい麺とバランスの取れたスープ、充実したトッピングで最近開店のラーメン店にしては珍しくお手頃感の強いものです。

望景 餃子

餃子です。通常単品で250円です。醤油が単品で580円です。合わせて830円のところ800円です。組み合わせ自体は大したお手頃感ではありませんが、醤油がお手頃なので全体的にはいい線だとお思います。味噌も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.01

中華食堂 ますや

ますや 肉チャーハン(大盛)

新潟市(旧巻町)の「中華食堂 ますや」です。
巻潟東インターに比較的近い漆山地区にあります。道路沿いにひっそりとあります。
お手頃感が好きなお店で、駐車場がないため離れた農道に車を停めてお邪魔します。
お店の脇を通ると中華鍋のいい音がします。午前11時40分に着きました。暖簾は下がっているものの“本日は終了しました”の札です。戸が開いたので中に入ります。
お店は、奥に厨房、手前右側にテーブル席、左側に小上がりの小さな田舎って感じの古くからのお店です。先客が2人も待っていました。営業中じゃなくてもいるものです。やっているか確認すると時間がかかるとのこと、待つことにしました。
メニューは、麺類7種とごはん類8種があります。多くはありませんが多くの人で行っても何か食べられそうな品揃えになっています。ほとんどが男性客で肉チャーハンが人気です。お腹が空きました。ラーメンを休み肉チャーハン(大盛)にしました。
お店は、年配の夫婦でやっているようです。作ってはいるようですがなかなか出来てきません。しばらくの待ちを覚悟していたのですが思ったより出来上がってきました。
そんなに多くは見えませんが、皿に深みがあり見た目以上にボリュームがあります。
チャーハンで良いとされるパラパラとしたチャーハンではありません。かといってもネチャネチャしたようなものでもない好きなチャーハン?焼飯です。醤油が中心となっているとお思いますが、味付けも馴染みのあるいい感じのものになっています。
チャーハンの上にはキャベツと豚肉のあんかけ風の炒物がのっています。チャーハンだけでも美味しく食べられるし、いっしょに食べてもいい感じ口の中で混じります。
チャーハンが500円で、肉チャーハンが600円です。そして肉チャーハンの大盛りが670円です。これだけのボリュームと味なんで十分満足の肉チャーハンでした。
その後もお客さんがやってきます。途中でご飯ものが売り切れになってしまいました。お店のお客さんが特別多いこともなく、夏休みに入っての出前なんでしょうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »