« お食事処 一平 | トップページ | らーめん 古潭 »

2013.08.08

大江戸

大江戸 冷しそば(大)

新潟市の「大江戸」です。
柾谷小路野崎、新潟小学校と中央警察署の間を東に行った道沿いにあります。
梅雨が明けて夏らしい陽射しになってきました。美味しい冷し中華が食べたくなります。新潟の夏に相応しい好きな冷し中華を食べさせてくれるお店は、三吉屋、信吉屋、くら田、蓬来軒、大江戸、石門子の6店で、シーズン中には食べたいと思っています。冷しの美味しい「大江戸」にお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。定食屋さんのような雰囲気です。午後12時30分に着きました。混んでいます。カウンター席に1席だけ空きがあり座れました。
メニューは、ラーメン・味噌ラーメンとそれらのチャーシュウメン、たんめん(塩)、味噌たんめん、焼きそば、冷しそばとそれのチャーシュウです。各メニューともに並、大、特の盛りから選べます。大盛りが流行る以前から特がありました。今日はちょっと控え気味にします。冷しそば(大)にしました。
いつもはおばさん3人ですが、今日は2人です。混んでいますが上手くこなしています。それでもいつもより少し時間がかかって出来上がってきました。
つゆの濃いめの色と麺の表面を覆った数多くのトッピングが嬉しくなります。
麺は、極細の弱い縮れ、コシが一層強く、特徴である麺の長さが遊ばれます。
つゆは、醤油色の濃さに反して普通のしょっぱさ、程良い甘さです。半分くらい食べたところで辛味を加えます。ひと味加わった冷し中華を楽しみます。
トッピングは、チャーシュー、胡瓜、メンマ、錦糸玉子、ゆでもやし、海苔、紅生姜です。どれも一般的なものよりも太めです。ボリュームがあります。
冷し中華(大)850円と少しお高い昼食になってしまいましたが、見た目以上ボリュームを考えるといい線かと思います。新潟の夏の1杯でした。

|

« お食事処 一平 | トップページ | らーめん 古潭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/57962818

この記事へのトラックバック一覧です: 大江戸:

« お食事処 一平 | トップページ | らーめん 古潭 »