« 小さな小さなラーメン屋 春紀 | トップページ | 大宮弁当 »

2013.10.25

柳都御膳

柳都御膳 パッケージ

今回も昼時間を挟んでの新幹線移動です。駅弁を食べながらの移動にします。
新潟駅であまり覗いたことのない万代口改札前にある駅弁屋を覗いてみます。売っている駅弁はいっしょです。その時に店に残っているかどうかだけです。ですが、あまり見掛けないお手頃に贅沢気分を味わえるお弁当がありました。新潟三新軒の柳都御膳です。薄緑色の風呂敷に包まれた正方形の駅弁です。一度、初夏に食べていますが、秋はひと味違ったものが食べられるでしょう。
新幹線に乗り込みいただきます。風呂敷を開けると、お弁当の上にお箸や手拭き、お品書きと古町芸奴の絵と柳都の由来などを記したしおりあがります。

柳都御膳 おしながき

お品書き、御飯は新潟産コシヒカリの上にカリカリ梅とゴマ塩を載せました。焼魚は、鮭を特製味噌に一晩漬け込んで焼き上げました。海老の煮物は有頭海老を姿煮にしました。煮魚は鰈をうま煮に煮上げました。田舎煮〆は人参、牛ぼう、こんにゃく、魚だんご、帆立、ブロッコリー等煮〆にしました。揚げ物は佐渡産南蛮海老と三つ葉をかき揚げにしました。焼物は佐渡産真烏賊一夜干を軽く焼き上げました。漬物はかぶ漬。甘味はむき栗。となっています。季節によって変わる場合があるとのお断りも書かれていますが、前回食べた柳都御膳と何から何まで全く同じものでした。

柳都御膳 お弁当箱

プラスチックのしっかりしたお弁当箱です。専用弁当箱のようで蓋に駅弁の名前が書かれています。お箸やその包みも少し良さそうな物を使っています。

柳都御膳

蓋を取るとおかずがたっぷりの駅弁で、ランチで見かけるお弁当に見えます。焼魚と煮魚の魚2品は嬉しいです。鮭がいい味です。佐渡産南蛮海老と三つ葉のかき揚げは、天つゆ付きです。1350円とお高い駅弁ですが、充実した内容、新潟の魚介を存分に楽しむことが出来ました。

|

« 小さな小さなラーメン屋 春紀 | トップページ | 大宮弁当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/58459312

この記事へのトラックバック一覧です: 柳都御膳:

« 小さな小さなラーメン屋 春紀 | トップページ | 大宮弁当 »