« 濃厚博多豚骨 たかくら 武蔵小杉東急スクエア店 | トップページ | 富士山鶏めし弁当 »

2013.10.22

鶏ポタらあめん ささりんどう

ささりんどう

東京都世田谷区の「鶏ポタらあめん ささりんどう」です。
小田急線経堂駅の北口からすずらん通りに入り、すぐ右側の建物になります。
建物1階には数店のお店が入っていて奥なので目立たないため判り難いです。テレ東「あなたの街にもきっとある行列のできないラーメン5」の情報です。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、手前から左側にカウンター席だけの小さなお店です。お店の中に白が多い明るく綺麗な印象のお店です。午後6時15分過ぎに着きました。他にお客さんがなく空いていました。
メニューは、鶏ポタらあめんと辛い鶏ポタらあめん、それらの全部のせ、鶏醤油らあめんとと特製鶏醤油らあめんです。麺の選択が必要です。小麦の旨味が際立つ低加水麺、ツルリとした噛みごたえと食感が心地よいレンコン麺が用意されています。基本的そうな鶏ポタらあめん(低加水麺)にしました。
鶏ポタらあめんの食べ方を書いたものがあります。最初にらあめんを食べ、途中でカレー粉を入れて食べる。最後は残ったスープにライスとチーズを入れて食べるのがお薦めのようです。ランチサービスは小ライスもあるのです…が。丁寧な仕事で早くはありませんが、そんな感じで見ていたら出来てきました。

ささりんどう 鶏ポタらあめん(低加水麺)

真っ白な器に真っ白なポスープ。どう見てもラーメンには見えない代物です。
麺は、やや細の弱い縮れです。物凄くモチモチ感の強い麺です。顎が疲れる。
スープは、注文を受けてから、鶏スープと野菜ポタージュ、それらをまとめる濃厚な和風塩出汁を一杯一杯ジューサーでミキシングしているとのことです。メレンゲのような物体が表面を覆っています。その下は、塩味のあっさりしたものです。鶏白湯とポタージュから想像するものよりはるかにあっさりです。これだけ複雑なラーメンですからバラバラになりそうですがいい感じに纏まっています。自家製トマト香油で全体を纏めているとのこと、効果があります。テーブル上の小さな器にカレー粉があります。半分ぐらい食べたところで、入れるてみます。カレーラーメンのような風味になります。2度楽しめました。
トッピングは、鶏の胸肉ともも肉の2種、青ねぎ、水菜、コーン、胡麻です。鶏肉のチャーシューって適度な歯応えがあって、食べていて楽しくなります。
大盛り(+100円)や替玉(+150円)も対応してもらえますが、普通盛りでも十分なボリュームがあり、夕方の食事としては必要ありませんでした。
新潟で見かけたことの新しいタイプのラーメンでした。好みかとなると慣れも
あり、そうそう食べたくなるラーメンでもならそうです。いろいろ手間のかか
ラーメンかと思いますが、750円は面白さもあって無難な線かと思います。

その後に常連のお客さんが来て、メニューに載せてないピザメンというものを注文していました。聞いたことのないラーメンです。が作りそうな店主です。

|

« 濃厚博多豚骨 たかくら 武蔵小杉東急スクエア店 | トップページ | 富士山鶏めし弁当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/58442950

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏ポタらあめん ささりんどう:

« 濃厚博多豚骨 たかくら 武蔵小杉東急スクエア店 | トップページ | 富士山鶏めし弁当 »