« 喜びラーメン 小太喜屋 | トップページ | 麺Kitchen ふくすけ »

2013.11.30

櫻食堂

櫻食堂 Wラーメン

新潟市の「櫻食堂」です。
県道16号線(新潟亀田内野線)沿い、「ら~めん家 コトブキ」の新潟市中心寄り近く、セブンイレブンの向かいにあります。
前回、櫻ラーメンを食べて良かったので他も食べてみようとお邪魔しました。
風除室に食券販売機があり、横に丁寧なメニューの説明が貼ってあります。
メニューは、櫻ラーメン(600円:オーソドックスな内容ながら旨味と香りの逸品です。)、Wラーメン(650円:魚系出汁のホワイトスープ、まろやかな旨味をお楽しみ下さい。)、AGラーメン(700円:極上魚系出汁を使用した自慢の一杯。)、味噌ラーメン(700円:特製ミソと太麺、大盛り野菜でお腹も満足です。)つけ麺(800円:濃厚特製ツケダレと大盛太麺の名コンビ。是非ご賞味下さい。)と揃っています。カレーもお薦めのようなので食べようかと思っていましたが、チャーシュー丼なども含めご飯が含まれるものがすべて売り切れになっています。Wラーメンだけにしました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。真新しく白木のカウンターが綺麗ですが、照明が多少暗めです。午後1時20分頃に着きました。半分ぐらいの席にお客さんが入っています。
男性スタッフ2人でやっています。普通の待ち時間で出来上がってきました。
真っ白な器に品の良い盛り付けです。淡い色、ダシの濃厚そうなスープです。
麺は、やや細の縮れの弱いものです。結構硬めですが、歯切れがいい麺です。九州系ラーメンのバリカタをそのまま太くしたようなインパクトがあります。
スープは、魚系出汁のホワイトスープ、まろやかな旨味をお楽しみ下さい。と説明されていたのでどんなものかと期待しましたが、濃厚煮干しスープです。確かに醤油色を黒と言えば白でしょうが、ホワイトって表現は違うでしょう。豚骨のような色、煮干し中心の濃厚な魚介系です。少し後味に癖があります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、きぬさや、岩海苔、白髪ねぎです。魚介系の濃厚なスープに岩海苔は思ったほどの効果が出ていません。
麺を少し軟らかめにした方が好みです。ホワイトという表現はどうかと思いますが、青森に食べれる煮干しラーメンに近いものでした。充実したトッピングで650円はなかなかいい線でしょう。次はアゴだしのAGラーメンですか?

|

« 喜びラーメン 小太喜屋 | トップページ | 麺Kitchen ふくすけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/58680396

この記事へのトラックバック一覧です: 櫻食堂:

« 喜びラーメン 小太喜屋 | トップページ | 麺Kitchen ふくすけ »