« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013.12.31

雪の茅舎

雪の茅舎 純米吟醸

今年最後のお酒は、秋田県由利本荘市にある齋彌酒造店のお酒です。
銘柄は、雪の茅舎の純米吟醸です。
来年も美味しいお酒が飲めますように!

がんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.30

麺のご馳走 花うさぎ

花うさぎ

秋田県仙北市(旧角館町)「麺のご馳走 花うさぎ」です。
角館バイパスじゃない昔からの国道46号線沿いにあります。桜の名所で知られる桧木内川沿い桜堤の北端近くです。ぷかぷ館というカフェ&写真ギャラリーと同じ建物になります。武家屋敷からもそんなに遠くない場所です。
年末の準備で買い物に出掛けての昼食でお邪魔しました。観光地ということもあり、期待することもなく、酷い外れでなければと思っていますが、さて…。
お店は、写真ギャラリーっぽい黒い派手な建物の1階一部を使用しています。右に厨房、中央にカウンター席、左側に待ちの椅子が置かれています。さらに左側にガラス窓で見えるようにしている製麺室があります。カウンター席が8席だけと小規模ですが、最近の明るくお洒落なお店です。午前11時30分過ぎに着きました。ちょうど満席でした。左側の手前に食券販売機があります。

花うさぎ メニュー

メニューは、入口前にもあったのですが、並んでいる様子もなかったのでそのまま入ります。食券販売機のボタンを見たらいろいろあります。しょうゆらあめん、あってりらあめん(あっさり+こってり)、しょうゆつけめん、こってりつけめんに分類されています。しょうゆらあめんは魚介鶏だしらーめんと丸鶏旨み中華そば、あってりらあめんは魚介豚骨らあめん、しょうゆつけめんは和風醤油つけめん、こってりつけめんは濃厚豚骨つけめんといずれも味玉、特製のトッピングを加えたものがあります。魚介鶏だしらーめんにしました。
観光地なのにしっかりしたメニューで安心しました。食券を購入し待ちます。
スタッフ1人で手際よくこなしていますが、スープを小さな鍋で仕上げているので結構大変そうです。待っている間に食券を回収します。食べ終わったお客さんと入れ替わり座ります。そして程好いタイミングで出来上がってきます。

花うさぎ 魚介鶏だしらあめん

白っぽい器に透き通った醤油色のスープがいい感じ、品の良い盛り付けです。
麺は、やや細の弱い縮れで、とてもツルツルした感触のいい麺です。自家製麺なので個性を出したがるところですが、癖のない良い麺に仕上がっています。
スープは、透き通っていて、醤油の色が綺麗です。鶏ダシの旨みと魚介の風味がバランスが良くやや控えめな、普通に美味しい醤油ラーメンのスープです。
トッピングは、レアチャーシュー、メンマ、もやし、、かいわれ、海苔、ねぎなどです。なかなか充実しています。やや細めもやしのゆで加減が良いです。
観光地のラーメンと思って期待していませんでしたが、しっかりしたものでした。650円と価格的にはやや観光地かなって印象が残ってしまいます。

花うさぎ 丸鶏旨味中華そば

相方が食べた丸鶏旨味中華そばです。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.29

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅の近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
御用納めで、新潟の美味しいラーメンというのが話題になりました。時計台を教えてくれた好みの近い同僚が好きなラーメンに挙げたのがこの一平でした。お正月の帰省です。秋田に移動中に村上地区での昼食にしてお邪魔しました。
午後12時30分に着きました。風除室の待ちは7人、休日では少なめです。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気の良い、とても綺麗なお店です。風除室に並んでから20分ほどで席に座れました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、味噌ラーメン、野菜タンメン、五目ラーメン、担々麺などで、セットメニュー、チャーハンや丼物もあります。いつものラーメン定食にしました。ここのところラーメン定食が定番です。
その後もお客さんが訪れ混みが続いています。風除室の待ちが続いています。
いつもは混んでいても早い出来ですが、今日は普通の待ちで出来てきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。リッチな昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの弱い縮れのあるもの、食べていると平打ちっぽく感じられます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通に見えて良く考えられた麺です。
スープは、中華そばって感じの透き通った淡い醤油色、煮干しのいい香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりしたラーメンに似合います。チャーシューは、かなり軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、海老フライ、じゃいもの煮物、焼売です。フライや焼売にはきちんと野菜が添えられます。レタスとキャベツで、千切りにされたキャベツには紫キャベツも彩りを添える程度に加えられます。お新香は、刺身醤油用の器に、味の違う3種の盛り合わせです。
良く考えられた麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは560円とかなりお手頃ですが、ラーメン定食は780円とお手頃さがさらに充実する定食です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.12.28

鶏鍋・鶏そば つか乃間

つか乃間

新潟市の「鶏鍋・鶏そば つか乃間」です。
新潟県庁正面前の交差点から急坂の路地を入って、少し先の左側にあります。
御用納めの席で話題になりましたが、まだ食べていないのでお邪魔しました。
お店は、右側奥に厨房、左側手前に卓を配した座敷、その奥に絨毯を敷きテーブルを配した座敷があります。右側手前には2階に上がる階段があります。2階は宴会用のお座敷でしょうか。古民家風の居酒屋そのものです。午後12時50分頃に着きました。6~7割ぐらいのお客さんの入りです。お昼を過ぎていますが、休日ということもあるのでしょう、入れ替わり賑わっています。

つか乃間 昼メニュー

メニューは、夜の鶏鍋のお店が昼に鶏そばを提供しているって感じでしょう。お昼は、麺(めん)と飯(めし)があります。麺は、白湯らーめん、鶏そば、みそらーめん、野菜とりそばがあります。飯は、チキンチョッパーカレー、本日の小丼で鶏そぼろごはんとカレー丼があります。居酒屋の昼営業って、絞ったメニューで営業して流行らなくて撤退したお店もありますが、つか乃間は流行って良さそうなほど充実しています。基本メニューの鶏そばにしました。
そこそこ規模のある居酒屋風の造りです。厨房が分離されているため作っている様子は判りません。それでもかなり早めに出来上がってきました。

つか乃間 鶏そば 全体

つか乃間 鶏そば

うどんなんかにも良さそうな和のテイストの器に品良く盛られてきました。
麺は、細い縮れで、モチモチ感の強いものです。塩ラーメンに多い麺です。
スープは、癖のない鶏ダシ塩味、適度な油が浮くまろやかで優しいものです。
トッピングは、2種の鶏肉のチャーシュー、鶏団子、鶏そぼろ、海苔、かいわれ、ほうれん草、ねぎです。鶏をしっかり楽しめる充実したトッピングです。
品の良い鶏塩ラーメンでした。充実のトッピングでも580円とお手頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.27

時計台ラーメン

時計台

新潟市の「時計台ラーメン」です。
新潟駅南エリア、けやき通り沿いにあります。けやき通りの結構西側です。
駅南での御用納め・打ち上げとなりました。同僚から〆にいい味しているよと教えてもらっていたお店です。その同僚も含め大勢でお邪魔しました。
お店は、左側手前に厨房、中央にカウンター席、手前右側、奥にテーブル席があります。厨房は、ガラス戸で仕切られています。時計台という名前に相応しい雰囲気です。午後7時30分頃に着きました。他にお客さんはいません。

時計台 メニュー

メニューは、外にも掲示されていてあっさりとこってりに大別されています。お店の中にはもっと詳しいメニューがあります。清湯スープ、白湯スープ、夏季限定、焼きそば類、定食・丼、チャーハン・カレー、御飲み物、一品料理、おつまみ、ライスと大別されています。時計台というお店の名前から札幌ラーメンのお店かと思っていましたが、札幌ラーメンとの関わりもあるかも知れませんが、中華料理店のメニューのようです。清湯スープは、中華そば、五目そば、チャーシューメン、麻婆麺、カレーラーメン、もやしラーメン、担々麺があります。白湯スープは、みそ野菜ラーメン、塩野菜ラーメン、バター野菜ラーメン、醤油野菜ラーメン、タンメン、みそタンメン、肉みそタンメン、辛みそラーメンがあります。夏季限定は、冷やし中華、冷やしチャーシューメン、冷やしサラダ麺、冷やし担々麺があります。焼きそば類は、ソース焼きそば、五目焼きそば、揚げ焼きそばがあります。全員、中華そばにしました。
すぐに作り始め、早めに次々と出来上がってきます。2人のスタッフでこれだけ多くのメニューをこなしているのですからなかなかの手際の良さです。

時計台 中華そば

白い器に醤油色の透き通ったスープ、シンプルな感じが〆にもってこいです。
麺は、細い縮れの癖のないもの、食感が良く、〆に最適な食べ易い麺です。
スープは、醤油のあっさりした癖のないもの、ほのかな甘さが心地良いです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ゆで玉半個、ねぎです。味の確かな同僚も一緒ですが、ほうれん草があればと残念がっていました。
昔ながらの癖のない中華そばです。500円でこの内容はなかなかでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラーメン工房 まるしん

まるしん つけ・ごまだれ(2玉)

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン工房 まるしん」です。
駅南正面の弁天橋線を南へ、亀田駅からの道とを交差した少し先にあります。
平日に何度かお店前まで来たことはありますが、長い行列で諦めていました。今年の仕事も最後の日となり、どんなものだろうかとお邪魔してみました。
午後12時15分と混んでいそうな時間に着きました。お店前を通り駐車場に車を停めます。お店前に列びは見えません。駐車場も、いつもと違い混雑していません。今日は早めに食べられそうです。お店前に戻るとお店前、風除室、店内とも待ちはありません。珍しいです。風除室に食券販売機があります。
メニューは、食券販売機を見なければ判らないのが良くないです。並んでいるとゆっくり購入できますが、見てたら後ろに次のお客さんが来ちゃいました。つけめんをメインにラーメン、味噌ラーメン、タンメン、ワンタンメン、マーボー麺など豊富に用意されています。つけめんは、通常のつけめんとごまだれのつけめんがあり、量も選べます。つけ・ごまだれ(2玉)にしました。
お店は、左奥に厨房、その手前にテーブル席、右側に周りの窓や壁を向いたカウンター席があります。白い壁と黒っぽいテーブルなどシンプルで、窓が広く明るいお店です。カウンター席に案内されました。店員が食券を確認します。
つけめんを食べているお客さんも多めですが、今日はタンメンも出ています。
思ったよりも早めに出来上がってきました。この時点で食券が回収されます。
白い器に麺が、黒い器につけ汁が、対照的に盛られてお盆に乗ってきました。前に食べたときはつけ汁も白い器でしたが、メタルの器に変わったようです。
麺は、やや細の縮れです。太麺、コシの強い麺、パスタっぽい麺と主張の強い麺が多いつけめんですが、ごく普通、プリプリの歯応えが気持ちいい麺です。
つけ汁は、油が少ないあっさりした醤油味です。魚介系風味が豊かなものですが、魚粉のようなきつさはありません。少しの酸味があるのがまるしんの特徴です。橙色と灰色の2種のソースのようなものがかけられています。担々麺のような辛味と胡麻のまろやかさで担々麺のような味を楽しむことができます。
トッピングは、すべてつけ汁の器に盛られています。チャーシュー細切り、メンマ、もやし、わかめ、海苔などです。もやしが結構多めに盛られています。
最後に割りスープでつけ汁を割って楽しみます。魚介系の風味が増してつけ汁と別もののように楽しむことができます。酸味もやや目立つように感じます。
つけ・ごまだれ(2玉)810円は少しお高いかなとも思いますが、お腹もいい具合になので妥当な線でしょう。唯一、食べたくなるつけめんのお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.26

麺香房 ぶしや

ぶしや 特製つけ麺

長岡市の「麺香房 ぶしや」です。
国道8号線の関原地区から長岡西郵便局方面へ、郵便局先の左側にあります。
天下一品好きの後輩と一緒の昼食です。つけめんが評判のぶしやにしました。
午前11時40分過ぎに着きました。以前の狭い駐車場と隣の空き地が駐車場になって停めることができます。早い時間ですが、結構車が停まっています。
お店の前にお薦めメニューを書いた看板があります。2品あります。ぶしやといえば…やっぱつけ麺!当店おすすめ特製つけ麺900円、炙りチャーシュー2枚、味玉付き。冬期限定“新”肉そば、しょうゆ900円、みそ900円、つけ麺920円、もっちり炙りナンコツチャーシュー2コとごはん付。です。
お店の入口を入ると広めの風除室です。右側に食券販売機が置かれています。
メニューは、らーめん、みそらーめん、つけ麺とそれらにトッピングを加えたもの、肉そばがあります。ぶしやの麺は、どう考えてもラーメンよりつけめんで食べるべきしょう。申し合わせたかのように特製つけ麺にしました。
食券を購入し中へ入ります。入口を入って正面に待ち合い用の椅子が置いてあ
り4人まで掛けられます。お店が左右に分かれています。右側は、そのさらに右側が厨房、中央よりにカウンター席があります。左側は、一段高くなっていてその左側と奥が窓や壁に向かってのカウンター席、中央よりがテーブル席になっています。リゾート地の小さなロッヂのような雰囲気の内装です。戦国武将の鎧や兜のフィギアが飾っています。早い時間のつもりでしたがほぼ満席に近い状態です。店員に食券を渡すと左奥のカウンター席に案内されました。
戦国武将の鎧や兜のフィギアが綺麗に並んでいます。見ているといい時間潰しになります。入口の看板の下にも書かれていましたが、壁に貼紙があります。そうなんです!ぶしやは、スイーツのあるラーメン店です。今日のお薦めは、クレーム・ブリュレというもの、300円です。いつかは食べてみたいです。その間に列びになってます。先に注文したので普通に出来上がってきました。
麺は白、つけ汁は黒の器です。ごちゃごちゃしていないのもなぜか安心です。
麺は、やや太の自然なウェーブです。プリプリモチモチ歯応えの良い麺です。ちょっぴりパスタっぽい感じもします。太過ぎず食べ易いつけ麺用の麺です。
つけ汁は、見た目ほどではありませんがトロミのあって麺と程好く絡みます。ダブルスープのような味わいで、魚粉の風味もそんな嫌らしさがありません。油が少ないのでしょうか、酸味があってでしょうか、こってり感が少なく、爽やか優しいつけ汁です。今まで食べた今風つけ汁の中でもかなりの好みです。
トッピングは、麺の器に大きめの炙りチャーシュー2枚・味玉・黒胡麻、つけ汁の器に、小さく切られたチャーシュー、穂先メンマ、海苔、鳴門などです。炙りチャーシューも、麺の冷たさで冷えて、美味しさが半減してしまいます。
太過ぎず食べ易い麺が通常で2玉とボリュームがあります。濃厚タイプなのだ
ろうけこってり感のない爽やかなつけ汁ですが、冷めてくると麺との絡みが悪
くなります。充実したトッピングですが、特製つけ麺900円はお高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.25

コンビニ弁当

セブンイレブン のり弁当

今日は、食べ物屋さんが何もない山奥でのお昼です。登山なんかだったらバーナーでお湯を沸かしてカップ麺も食べられますが、仕事なので簡単に食べられるものにします。近かくのコンビニに昼食を調達して山奥へと入りました。
のり弁当430円が50円引きで380円です。売っている中では多くの食品が食べられそうです。寒くて外で雪景色を見ながらとはいきませんでしたが、電子レンジで温めて美味しくいただきました。おでんも買えば良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.24

小嶋屋 本店

小嶋屋 かけとろろそば

小嶋屋 かけとろろそば アップ

十日町市の「小嶋屋 本店」です。
国道117号線沿い、小千谷方面から十日町駅に右折する交差点の手前です。
今日は、蕎麦が好きな同僚との昼食です。いつもラーメンに付き合ってもらっているので、今回はお蕎麦を食べようと思って小嶋屋本店にお邪魔しました。
お店脇の狭い通路を抜けると駐車場があります。午後12時20分過ぎに着きました。年末も近く混んでいるかと思っていましたが、全然空いていました。
お店は、奥に厨房、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。右側は座敷でしょうか。名の知れたお蕎麦屋の本店にしては、古さもあって庶民的な雰囲気です。これが、創業当時のものなのでしょうか。気分的には楽ですが…。時間も時間なので混んでいるだろうと思っていましたが、駐車場の空き具合同様に数組のお客さんがいるだけと空いています。こんなものなのでしょうか。
メニューは、へぎそばや冷たいお蕎麦に天ぷらやおにぎりを加えたセットなどいろいろ、温かいお蕎麦いろいろ、冷たいつゆのお蕎麦いろいろ、温かいつゆに冷たいお蕎麦を組み合わせた鴨せいろなど、まだ未体験の領域なので興味があります。つけめんもお蕎麦からヒントをもらったのでしょうか。今日は、冷たいお蕎麦にします。本当は、へぎそばの2人前を食べようと思っていましたが、1人前900円です。小嶋屋総本店で食べたときは700円でした。小嶋屋が高いのか?全体的に値上がりしているのか。へぎそば2人前は断念します。1人前ですが辛味大根おろしそばとかけとろろそばがあります。どちらも好きなお蕎麦です。最近あまり食べていないかけとろろそばにしました。
そば茶をいただきながら待ちます。ねぎとわさびの小皿ととろろの入ったつゆがきました。同僚と共用でつゆの入った蕎麦徳利もきています。メニューの写真では、とろろの入ったつゆとは別に普通のつゆも写っていました。とろろの混じらないつゆでも楽しめるようにかと思っていましたがきません。とろろを楽しみたいので良しとしましょう。とろろが別の器に入っていることが多いのですが、小嶋屋は予めつゆと同じ器に入っています。お店お薦めの割り合いで楽しめます。それから少し待っていよいよお蕎麦が運ばれてきました。
お高いお蕎麦だと思っていましたが、結構ボリュームがありそうな感じです。細めでコシがあります。布乃利(海草)を繋ぎに使用した蕎麦です。ツルツルしたいい触感です。お蕎麦ととろろとつゆが良く絡みます。鰹ダシの香りなかなかのものです。見た目通りの多めのお蕎麦でしたが、すんなり入りました。
食べ終わってからは蕎麦湯を楽しみます。鰹ダシの香りがより感じられます。
とても好みのお蕎麦でした。940円とお高いのですが十分に楽しめました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.23

きんしゃい亭&麺やたぶきん ラグーナ女池店

きんしゃい亭&麺やたぶきん ラグーナ女池店

新潟市の「きんしゃい亭&麺やたぶきん ラグーナ女池店」です。
女池インターの近く、紫鳥線沿いのショッピングセンターラグーナ女池の駐車場の一角にあります。「らーめん大雷神 ラグーナ女池店」だった場所です。
大雷神から同じグループのきんしゃい亭&麺やたぶきんに変わったのは知っていました。きんしゃい亭のラーメンが食べたくなり、始めてお邪魔しました。
お店に入ると風除室があります。正面にきんしゃい亭とたぶきんそれぞれの大きなメニューが掲示されています。右側にそれぞれの食券販売機があります。

きんしゃい亭&麺やたぶきんラグーナ女池店 メニュー

メニューは、きんしゃい亭がラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンにトッピングを加えたものなどがあります。たぶきんも醤油らーめん、味噌らーめん、塩らーめんとトッピングを加えたものなどがあります。ラーメンにしました。
お店は、奥に厨房、手前中央に向い合わせのカウンター席、その左右にテーブル席、さらに手前に小上がりがあります。落ち着いた感じの綺麗なお店です。午後1時40分に着きました。この時間でもお客さんが半分程入っています。
混んでいないこと、細麺ということもあってか、早く出来上がってきました。

きんしゃい亭&麺やたぶきんラグーナ女池店 ラーメン

白い器に九州ラーメンらしく少なめです。白濁したスープが美味しそうです。
休日なんでにんにくを入れて食べたいのですが、来客があるので我慢します。
麺は、極細の弱い縮れ、本場ストレートとは違いますが新潟の好みの麺です。
スープは、とんこつの旨味と醤油味が絶妙です。適度にこってりしています。
トッピングは、チャーシュー、紅生姜、胡麻です。辛子高菜漬も楽しみます。
トッピングが少し寂しいのですが、スーって入る食べやすい麺とスープです。ラーメンは550円と今ではお手頃にも思えますが、飲んだ後に良さそうな量です。替玉120円をいただきました。合計670円で普通の大盛りより多いかなって量になります。最近のラーメン店よりもまだお得に思う1杯でした。
ちょうどいい量に目いい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.22

麺Bar Tao ~道~

Tao

新潟市の「麺Bar Tao ~道~」です。
駅南から弁天橋を渡って最初の信号機のある交差点を左に曲がった先、右側にあります。判り易い看板があります。「らーめん 一生」のあった場所です。
ゆずを楽しめるラーメン店の情報をもらい、早速食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央と手前に厨房向きのカウンター席、右側に小上がりがあります。前のお店からそのままのようです。庶民的な雰囲気のお店です。午後1時15分過ぎに着きましたが、他にお客さんがなく貸し切り状態です。

Tao メニュー

メニューは、タオらぁ麺、味噌らぁ麺の2種類で、いずれも麺の太さを太麺・中太麺・細麺から選べるようになっています。トッピングの追加もできます。餃子4種、飯類4種のサイドメニューもあります。タオらぁ麺にしました。
すぐに作り始めました。細麺ということもあって早く出来上がってきました。

Tao タオらぁ麺

深みがあって鮮やかな青の渋い器です。器から柚子の爽やかな香りがします。
麺は、指定通りの細麺。適度な縮れ、硬さは普通、癖のない食べ易い麺です。
スープは、あっさりしたタイプです。醤油とダシの旨みがいいバランスです。柚子の香りがしっかり、とても爽やかです。特製辛味噌を加えて楽しみます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、刻みねぎです。刻みねぎが厚めに切られているため、シャキシャキとした歯応えと香りを楽しめます。
麺、スープ、トッピングともあまり派手さのないラーメンでホッとしました。しかし、柚子の香りは華やかさのあるしっかりしたもの、大好きな香りに包まれ最後まで爽やかに食べ終えられました。値段も600円といい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.21

麺Kitchen ふくすけ

ふくすけ

新潟市の「麺Kitchen ふくすけ」です。
赤道沿いにあります。国道7号線新新バイパス竹尾インター手前の手前です。
空港通りの物見山にあった旧店舗での最終営業日にお邪魔して、12月中旬に再開とのことでした。週末にはネットでオープンの情報を確認していました。
「つけ麺らーめん iena」に同居するような形で再開オープンとのこと。「うんと&たんと」のような異なる食種や「きんしゃい亭&たぶきん」のような系列店の同居はありましたが、今回のような同種の同居は初めてでしょう。つけめんが主なienaとラーメンが主なふくすけだからできたのでしょう。
どちらのお店も休日には行列の出来る人気店です。今日は、珍しく早めの行動です。午前11時の開店前に着きました。駐車場には2台の車が駐車、1台には人が乗っています。入口前で1人のお客さんが待っています。3番目です。
お店の看板など特に変わった様子はありません。三吉屋からの花輪だけです。店員が出てきて幟や営業中の看板、暖簾をセットしていよいよ再開開店です。暖簾も下げられましたが、こちらはふくすけの暖簾です。これだけがふくすけがあることを判るものです。前のお店で使っていたものがそのまま使用です。
お店は、奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、さらに手前と右側に小上がりがあります。木の質感を活かしたラーメン店らしい中規模店です。

ふくすけ メニュー

メニューは、1枚の紙にienaとふくすけの両方が書かれています。左半分がiena、右半分がふくすけです。以前のようなあっさり細麺、こってり太麺に分けることはしていません。白海老そば、ふくすけ、魚介醤油、“売り切れ御免 数量限定”と表され、極み 油そば、魚介 油そばがあります。サイドメニューは、塩ダレマヨ丼、たまごかけご飯、ライス、極 追い飯があります。黒海老そば、支那そば、野菜味噌らーめん、紅-beni-辛い魚介、豚キムマヨ丼、甘辛マヨ丼が書かれていませんが、25日より通常メニューに戻ります。と書かれていて何を意味するかは不明です。ふくすけにしました。
ぞくぞくとお客さんが増えてきます。早めに注文でき、早い出来上がりです。

ふくすけ ふくすけ

黒く渋めの器で、綺麗なトッピング、白いスープと黒いマー油、芸術的です。
麺は、平打ち太麺の縮れです。モチモチ感が強く、やや硬めの茹で加減です。
スープは、豚骨の白濁したもので、九州ラーメンのようです。たっぷりのマー
油で深みのある複雑な味に、Fオニオンで独特な風味の広がりが加わります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、ゆでもやし・キャベツ、焦がし玉ねぎ、特製のようなものではありませんが、とっても豪華に見えます。
平打ちの麺、豚骨スープ、充実のトッピング、好みと必ずしも一致しませんがマー油や焦がし玉ねぎなど味の深さと香りを楽しめました。これで680円はお得な感じです。ただ、人気店が2店の同居で、休日の混みが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.20

おかず麺処 じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(ちょい辛)

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
古町地区鍋茶屋通りから少し下手、広小路に近い東新道通り沿いにあります。
古町での忘年会でした。盛り上がりましたが、食べ物がかなり少な目でした。ちょうどじじ&ばばの近くだったので久々に食べて帰ろうとお邪魔しました。
お店は、通りから建物に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的な居酒屋です。午後9時前に着きました。他に1組のお客さんがいるだけと空いていて静かな状態でした。しかし、その後同僚達や他のお客さんも訪れ、さっきまで静けさが嘘の状態に…。
ぬかいわしを肴に少しお酒を飲んで、そろそろラーメンで〆て帰りましょう。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメンや担々麺など中華系の麺料理も充実しているはずですが、メニューは見ていません。マーボーメンや担々麺に人気でしたが、今はどうでしょう。同僚がみんなマーボーメン(ちょい辛)を食べて帰るようなので便乗し同じにしました。
注文後の仕込みで、3食づつの3回り目なので結構待って出来上がりました。
青の模様の入る白い器に、ちょい辛の麻婆が対照的に盛り付けられています。
麺は、細縮れで歯応えの良いもの。本当に細くて麻婆の絡みが楽しい麺です。
スープは、麻婆を邪魔しない醤油のあっさりしたもの、脇役に撤しています。
麻婆は、大きめ切られた豆腐と刻みねぎ、挽肉などで、しょっぱさ・辛さ・甘さ・トロミなどバランスの優れたものです。やっぱりこの味が好みの味です。
じじ&ばばのマーボーメンは本格中華とは少し違いますが、食べ易い庶民の味
です。飲んでからの〆で値段も安くはありませんが、食べたくなる一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+納豆+チャーシュー+メンマ

新潟市(旧巻町)の「」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、その先の神社が並ぶ向かいです。
年内に食べておきたいと思っていました。今年最後?古潭の味を楽しみます。
駐車場がないので路線バスの支障とならないよう前の道に路駐して行きます。
お店は、車庫の奥に入口があるような感じで、さらに奥行きのある店内です。右側に厨房、中央にカウンター席、手前にテーブル席、左奥に小さな座敷があります。ちょっと古く、照明も押さえられ、落ち着いた雰囲気です。明るさが足りず、写真の撮影が難しいお店です。午前11時45分過ぎに着きました。まだこの時間は、カウンター席のほとんどが埋っている程度の混み具合です。
メニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンと野菜ラーメン、その他に納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。トッピング追加は、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまご、大盛りまでもが50円増しとお手頃です。少し豪華に野菜味噌ラーメン+納豆+チャーシュー+メンマにしました。
今日も店主と奥さんの二人です。注文を聞くのが早いですが出来も早いです。
黒く渋い器に白味噌仕立てのスープ、多種類のトッピングが美味しそうです。
麺は、細い縮れの普通の麺のように見えますが、ツルツル感やモチモチ感、歯応えなどバランスが整った麺です。スープとの絡みも良くて食べ易い麺です。
スープは、白味噌仕立てのあっさり味です。色が白く味噌の旨味と適度な甘さとしょっぱさ、優しさがあります。この優しさが他ではお目にかかれません。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやしです。キャベツは茹で加減が良く、レタスのような食感で、味噌味の優しいスープと相まって温野菜のような味わいです。それに納豆の旨みが加わり豪華なラーメンに仕上がります。今日は、さらにチャーシューとメンマが加わる豪華さ。チャーシューは、50円増しの値段が信じられない量、歯応えと味付けもなかなか好みのものです。
その後もお客さんが訪れて、食べ終わる頃には満席に近い状態になりました。
今までは、野菜味噌ラーメンのままが8割、トッピングを加えるのが2割と感じていました。今日は、野菜味噌チャーシューとの注文が5割、トッピングを加えるのが3割、野菜味噌ラーメンのままが2割のように感じられました。
細麺と優しいスープが特徴の味噌ラーメンでした。トッピング追加した納豆・チャーシュー・メンマでさらに旨みと楽しみが増します。これだけ楽しんでも800円とお手頃なのには感謝です。トッピングの追加が定着した古潭です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.19

らーめん 丸木屋

丸木屋坂井輪店 らーめん(大盛)

新潟市の「らーめん 丸木屋」です。
西地区、大堀幹線沿いにあります。坂井東交差点近く、少し西側になります。
大好きなラーメンですが、なかなか足が遠退いていました。久々に食べます。ログハウス風の小さなお店です。午前11時30分開店少し前に着きました。お店前の駐車場に停められました。他のお客さん5人と開店同時の入店です。お客さんが多く並ぶことのあるお店ですが、開店時間は並ばずにすみました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きと右側手前に窓向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。外観のログハウスに相応しい雰囲気のお店です。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅーめん、うま辛めん、胡麻ともやしらーめんがあります。サイドメニューもあります。らーめん(大盛)にしました。
赤い線の入った白い深みのある器に白濁したスープがなんとも優しそうです。
麺は、極細の縮れです。心地よい縮れとシコシコした歯応えが楽しい麺です。
スープは、醤油と塩の中間のような色合いと味です。動物系、魚介系、野菜の天然ダシの優しいもの。出しゃばるもののないバランスが絶妙です。まろやかさとあっさりとが両立するスープです。身体に優しそうなご馳走スープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎです。醤油が中心で味付けされたチャーシューです。かなり好きな味付けで楽しみにしています。
ごく細の麺ととっても優しいスープとの好きなラーメンです。らーめん普通盛りで550円、大盛りでも650円と、今ではかなりお手頃な感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.18

とん汁 たちばな

たちばな とん汁ラーメンセット

妙高市(旧新井市)の「とん汁 たちばな」です。
国道18号線寺町インターチェンジから国道292号線(旧新井市街方面)に入り少し走ります。国賀交差点の出前、国道292号線沿い右側にあります。
最近、テレビ情報番組でとん汁ラーメンのお店としてよく紹介されています。このブログを始める以前に一度だけとん汁ラーメンを食べたことがあります。当時、とん汁ラーメン自体はありましたが、だれ一人食べていませんでした。とん汁は美味しいのに麺があまりに好みと違い、それを限りに封印しました。テレビで不味いものを紹介しないでしょうから、美味しくなったのでしょう。ふた昔ぶりぐらいになりますが、封印を解いて食べてみることにしました。
正午過ぎに着きました。お店のすぐ横にある駐車場はいつも通りに混雑しています。広くない駐車場ですが、今日は空きがあり、すんなり停められました。
お店は、広々した厨房があり、手前と右側にカウンター席、その廻り手前と右側にテーブル席があります。和食屋さんらしい中規模のお店です。ほぼ満席ですが、食べ終わったカウンター席を片付けてもらって座ることができました。
メニューは、とん汁(並盛700円、小盛600円、大盛950円)、とん汁定食(並盛900円、小盛800円、大盛1200円)、野菜炒め定食850円(とん汁セット1300円)、焼肉定食1000円(とん汁セット1450円)、チャーハン700円(とん汁セット1150円)、肉丼800円(とん汁セット1250円)などの定食、それらをバラした一品料理などと麺類があります。麺類は、とん汁ラーメン750円(味噌味、醤油味、塩味)、とんそば(並盛900円、小盛800円、大盛り1000円)、ぶっかけそば700円、ラーメン500円、焼きそば600円があります。レディースセットやお子さまメニューもあります。結構豊富なメニューが用意されています。とん汁ラーメンと半ライスにしようと思ってメニューを見ますが、ライス300円はあるものの半ライスが見つかりません。おにぎりがあります。鮭・梅いずれも150円です。ライスよりはおにぎり2個の方がいいかな?メニューを再度良くみると貼り出しでとん汁ラーメンセットがあります。ライス小盛付850円です。あるじゃないですか。とん汁ラーメン(味噌味)セットにしました。
次々とお客さんが訪れ、食べ終わって帰ります。盛りはいろいろですが、とん汁定食を注文するお客さんが多いのは確かです。しかし、とん汁ラーメンも検討しています。3人に1人はとん汁ラーメンを注文していそうです。なんて見ている間にとん汁ラーメンが出来上がってきました。普通の待ち時間です。

たちばな とん汁ラーメン

黒い器に白味噌のスープが美味しそうなラーメンにライス、小鉢も付きます。
麺は、普通の太さの縮れです。もちもち感がかなり強めで、味噌味のスープと相まって旨みがしっかり感じられる麺です。以前食べた麺とは全然違います。
スープは、味噌の味がしっかりしています。玉ねぎがから出たか適度な甘さがあります。スープ自体は、味噌ラーメンのスープとしてなかなかのものです。
トッピングは、とん汁、メンマ、ねぎだけです。とん汁を盛り付けているところが見えていましたが、とん汁定食のとん汁に比べてとん汁ラーメンのとん汁の量はかなり少な目です。しかし、ラーメンのトッピングとして食べると十分な量があります。逆にとん汁に埋もれた麺を食べたいと思うと期待外れです。白味噌仕立てで綺麗な汁が美味しそうです。中の具は、玉ねぎ、豚肉、豆腐とシンプルです。玉ねぎはかなり煮込まれているようでとても軟らかです。その玉ねぎから出ている濃厚な旨みと適度な甘みがバランス良く、おかずなしでもご飯が進みます。特別美味しいご飯かなと期待していましたが、普通でした。
その他に、小鉢は大根と人参の酢の物、キャベツが中心のお新香も付きます。
麺が美味しくなっていてビックリでした。結構お高いとん汁がのってのとん汁ラーメンが750円。セットが850円でした。いい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.17

玉寿し食堂

玉寿し食堂 天ぷらラーメン

村上市の「玉寿し食堂」です。
岩船港の近くにあります。荷捌き場向かいの広い道沿い、少し先の左側です。
火曜日の村上地区は、定休日のラーメン店が多くて困ります。そんな中で火曜日にやっているラーメン店ということで、この玉寿し食堂が重宝しています。
午後12時30分頃に着きました。駐車場が満車で10分あまり待ちました。
お店は、奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席(漫画本棚の仕切)、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。黒っぽい木の質感を活かした落ち着いた内装のお店です。カウンター席に空きがありなんとか座れました。
メニューは、ラーメン、うどん、飯類などがあります。ラーメンは、天ぷら、肉、チャーシュー、もやし、醤油、味噌、塩、野菜、五目、担々、カレー(和風or中華風)などの言葉がいろいろ組み合わされたものが用意されています。いつもと同じものですが、このお店ならではの天ぷらラーメンにしました。
出来上がり待ちのお客さんが多くいましたが、普通に出来上がってきました。
白い器に映えるあっさりスープ、中央に鎮座する天ぷらに期待が高まります。
麺は、細い縮れでシコシコと歯切れが良く、あっさりしたスープに合います。
スープは、薄い醤油色の見た目通りあっさりした醤油味の癖のないものです。天ぷらから出ただろう?いい感じに浮いた油がまろやかに仕上げてくれます。
トッピングは、天ぷら、メンマ、刻みねぎです。熱々の天ぷらの具はイカで、スープを吸った天ぷらはスープを食べているような新しい感覚を楽しめます。
昔ながらのあっさりしたラーメンを食べて、スープを天ぷらに絡めて食べるといった楽しいものでした。700円と安くはありませんが、満足の一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.16

ラーメン しん

しん

加茂市の「ラーメン しん」です。
国道403号線沿いにあります。市役所列び、幸町一交差点近くになります。
ネット上に掲載の写真を見て、美味しそうで食べてみたいと思っていました。
お店は、奥に厨房、中央にコの字型のカウンター席、その手前と右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。白い壁と黒っぽい柱が古民家風の落ち着いた感じの中規模のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。6~7割程のお客さんの入りです。お店に入ってすぐの風除室に食券販売機があります。
メニューは、中華そば、支那そば、もやし中華、味噌ラーメン、辛味噌ラーメンとそれらにチャーシューを加えたもの、坦々麺、つけめん、冷し中華があります。坦々麺、つけめん、冷し中華は、売り切れになっています。トッピングの追加も豊富に用意されています。最初なので基本のメニューを食べようと思います。食券販売機の左上ボタンに割り付けられている中華そばにしました。
仕上がりの調整が指定できます。背脂は油ナシ・油少・中油・大油・超油、味は薄味・濃味、固さはやわらかめ・固めが選べます。普通でお願いしました。
混んでいないので普通の待ち時間かなと思った通りに出来上がってきました。

しん 中華そば

しん おろし生姜

白い器に背脂たっぷりの燕背脂系ラーメンです。小皿のおろし生姜付きです。
麺は、やや太の弱い縮れで、凄くツルツルしてモチモチ感もかなり強めです。
スープは、醤油の味の旨みと動物系と魚介系の旨みのしっかりしたものです。脂が溶けているのでしょうか。背脂の下のスープにもこってり感があります。燕背脂系中華そばのような背脂の下はあっさりといった感じではありません。途中まで食べたところでおろし生姜を入れます。わずかな量ですが効きます。さっきまでのこってりした感じが嘘のようにほとんど気にならなくなります。次にブラックペッパーをかけます。香りと辛味でまた違った味を楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、玉ねぎなどです。
燕背脂系の新しいお店でしょう。麺のツルツル感とおろし生姜が楽しめます。
中華そばが680円とちょっとお高いような気もしますが、いろいろと楽しめたことを考えると妥当な線でしょう。この麺ならつけめんも美味しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.15

麺や麺五郎 竹尾店

麺五郎竹尾店 にぼしらーめん

新潟市の「麺や麺五郎 竹尾店」です。
新潟市東総合スポーツセンターの近くです。東総合スポーツセンター前の交差点から木戸方面に向かうとすぐの右側にあります。メールネージュはなみずき店の跡、隣がまつげエクステ専門店で、2店が入った平屋の建物になります。
新潟駅前エリアの弁天公園向かいにある「麺や麺五郎」の2店目になります。
開店時間に間に合わず第1陣客の帰る頃、午前11時30分前に着きました。11台の駐車場は満車で、出てくるお客さんは周辺駐車場に消えていきます。到着後5分ぐらい待ったでしょうか。ようやく車を停めることが出来ました。
お店の風除室で多くのお客さんが待っています。待ちの紙に名前を書きます。紙の上では2~4人の9組23人の待ちの次、かなりの待ちになりそうです。約5分後に案内されました。1人だったのでカウンター席が空いたのしょう。
お店は、正面に仕切って見えませんが厨房、その手前に厨房向き・右側手前に振り替えるようにカウンター席、左側手前と右側厨房寄りにテーブル席、右側に小上がりがあります。限られた建物に工夫して席を配しています。ラーメンでも和食でも似合いそうなお店です。正面のカウンター席に案内されました。
メニューは、こってり背脂らーめんとそれに岩のりやちゃーしゅーを加えたもの、もやしを抜いたものの組み合わせ、にぼしらーめんとあっさり生姜らーめんとそれらにちゃーしゅーを加えたもの、つけめんがあります。前回は、基本的なこってり背脂らーめんにしました。今回は、にぼしらーめんにします。
混んでいるので時間がかかるかと思いましたが、早く出来上がってきました。
青の模様の白い器に、燕背脂系のような背脂が多めにかかったラーメンです。
麺は、やや細めの縮れです。食堂の中華そば風でスープとも相性が良好です。
スープは、醤油味で煮干し風味と旨味が強めのものです。背脂で風味が押さえられています。甘味もあります。麺を食べている間はいい感じですが、スープを飲むとしょっぱさと甘さが強過ぎ、ちょっと良いバランスとは言えません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、白髪ねぎとシンプルです。
にぼしらーめんということで、名前だけだと昔ながらのあっさりしたものかと思いましたが違いました。その見た目から燕背脂系のラーメンかと思いましたが、麺の太さ、メンマの旨みなどこれも違うものでした。770円に消費税が加わり808円ととんでもなくお高いラーメンでした。650円ぐらいでいいかなと思えるものでした。ラーメンは外税メニューを止めて欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.14

石焼らーめん火山 新松崎店

火山新松崎店 石焼野菜しょうゆらーめん

新潟市の「石焼らーめん火山 新松崎店」です。
イオン新潟東から空港方向へ向かい、お店で賑やかな通りに面してあります。
YMCAさんからのコメントを読んだら火山の石焼野菜しょうゆらーめんも食べてみたくなりました。2週連続ですが、火山にお邪魔することにしました。
栃木県内を中心に展開するチェーン店で新潟県内にはこの新松崎店と弁天橋通店の2店があります。どちらのお店も昼食時・夕食時ともに並ぶ人気店です。
今回は待たずに食べようとお店の開店時間午前11時の少し前に着きました。暖簾は下がっていますが入口は鍵がかかっています。一旦車に戻り待ちます。午前11時ジャストに再び入口へ。5~6組のお客さんが集まってきました。2分ほど待っての開店になりました。他のお客さん共々お店の中に入ります。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前と左側にテーブル席があります。ちょっと大人の雰囲気のファミレスのような?ラーメン店にしては上品な感じです。石焼ラーメンのため、通常のラーメン店よりもカウンターやテーブルが広めにしてあるからでしょう。カウンター席に案内されました。
メニューは、お店の名前にもある通り石焼野菜らーめんが中心になってます。しょうゆ、しお、とんこつ、完熟みそ、雷味噌、坦々麺の種類から選べます。石焼野菜つけ麺もあり、こちらは、しょうゆ、みそ、雷の種類から選べます。それ以外にもどんぶりらーめんと分類され、醤油らーめん、塩らーめん、味噌らーめん、チャーシュー麺、東風雷麺などの普通のラーメンも揃っています。YMCAさんからのコメントを参考にします。豚臭さとか動物系の臭いには強いので気にならないだろうからそのままで、野菜を生でお願いしてみようと思います。石焼野菜しょうゆらーめん(野菜生)にしました。しかし、注文を聞いた店員はアルバイトでしょうか。知らないようで、そんなの出来るの?って顔して厨房に確認しています。はあ、無事に注文を受けてもらうえました。
店員がスープの飛びを受ける紙を持ってきてくれました。その紙には石焼野菜らーめんの食べ方が書いてあります。もう少し待ちます。お店に入ったのも、注文も早かったので運ばれてくるのも早めです。まだ未完成のラーメンです。
麺とトッピングの入った石鍋、スープ、半ライス、空き茶碗とレンゲがお盆で運ばれてきました。石鍋の温度が300度以上もあり、触らないよう注意があります。さらにラーメンの食べ方を知っているか確認されます。知っているので説明は要りません。スープが吹き零れそうになったらレンゲで掬うように話しながら、スープを2段階で入れます。しばらく石鍋の中で沸騰し続けます。
スープを入れて2分程で沸騰が収まってきます。熱いラーメン全体を軽く掻き混ぜて、空の茶碗に少しずつ取りながら食べます。さすがにめちゃ熱々です。
麺は、普通の太さ、普通の縮れですが、プリプリ感が半端ない楽しい麺です。石焼用の器で高温で茹でられたからでしょう。今回も麺の焦げがありません。
スープは、醤油味ですが醤油の角が取れた、まろやかなものになっています。そのまろやかな醤油味と野菜から出た甘みで優しいスープに仕上がってます。
トッピングは、もやし・白菜・人参・きくらげ・ニラの野菜、味玉半個、豚肉などです。野菜を生でお願いしたため確かに野菜のいい食感が残っています。
麺の食感がいい好きなラーメンです。今回は野菜も美味しくいただけました。楽しめました。残りスープに半ライスを入れおじや風にしていただきました。
デザートの杏仁豆腐もいただきます。少量ですが熱い口の中が冷えてきます。
税別の値段表示で750円、税込で787円です。醤油野菜ラーメン+石焼+半ライス+デザートと考えると良い値段ですが、外税方式なので、なんか悪い印象が残ってしまいます。ラーメン店は消費税外税表記をやめて欲しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.12.13

蓬来軒

蓬来軒 たんめん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路の東信濃川寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります。
結構荒れた天気です。歯応えのよい細麺を楽しもうと久々にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央寄りと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民的な中華料理屋さんです。正午直前に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。今日は出張者も一緒なので、テーブル席に座りました。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類とご飯ものもあります。麺類は、中華系を中心として豊富に揃っています。蓬来軒と言えばやはり人気のたんめんです。出張者はらーめんにしました。
お昼時はお客さんも多く、中華鍋を使う中華系メニューが人気なのである程度の待ちがあります。お客さんの少なさもあって普通に出来上がってきました。
赤い線と模様入りの白い器に淡く野菜の旨味が溶け出してそうなスープです。
麺は、ごく細く少し弱めの縮れが入ったものです。シコシコプリプリした歯応えの楽しい麺です。いろいろな細麺を食べましたが、トップクラスの麺です。
スープは、塩ラーメンのような淡い半透明で、少し灰色っぽい白いものです。塩味で野菜から出た旨みがあり、軟らかくまろやかな味に仕上がっています。
トッピングは、白菜・もやし・玉ねぎ・人参・きくらげ・豚肉の炒め物です。
あっさりしたシンプルな塩ラーメンにたっぶりの野菜を楽しめる1杯でした。720円とちょっぴり高めの値段もボリュームを考えるといい線かなと思っていましたが、最近オープンのラーメン店が基本のラーメンを600円オーバーで提供しているのを考えると、結構お得に思えてきます。ご馳走さまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.12

らーめん わたなべ

わたなべ わんたんめん

新潟市の「らーめん わたなべ」です。
近江地区、笹出線から少し入ったところ、パワーズフジミのあった建物です。スーパーがゴルフショップに変わったかと思ったら建物の一角にありました。
味覚の確かな同僚との昼食です。あっさり系が好みなのでわたなべのらーめんを食べてもらおうとお邪魔しました。さて、同僚の口に合うでしょうか。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側の手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。杉の1枚板のカウンターを始め杉の木質感を活かした真新しい綺麗なお店です。午前11時50分頃に着きました。まだお昼前ですが、それでもこの時間、他にお客さんが5人とやけに空いています。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅうめん、わんたんめん、めんまらーめん、みそらーめん、みそちゃーしゅうめん、冷やし中華(夏期限定)があります。サイドメニューは、カレーライスや半カレーライスがあり、らーめん類注文で100円引きになります。わんたんめんにしました。同僚はらーめんです。
お昼前ということで空いていて助かりました。早めに出来上がってきました。
白っぽい重厚な器に淡い透き通ったスープがなんかホッとするラーメンです。
麺は、細い縮れのプリプリした歯応えの楽しい、昔懐かしい感じのものです。
スープは、透き通った淡い色で、見た目通りのあっさり旨みのあるものです。
トッピングは、ワンタン、メンマ、鳴門、ほうれん草、ねぎです。適度な具の量で、皮も程よく軟らかです。忘れられたのか?そういうものなのか?チャーシューがありせん。わんたんめんは、らーめん+わんたんにして欲しいです。
好みの昔懐かしいあっさりしたワンタンメンです。750円と値段もいい線でしょう。同僚は豚の臭いが気になったようです。他は良かったので残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.11

味の横綱

味の横綱 黒ラーメン+煮玉子

柏崎市の「味の横綱」です。
柏崎市の山寄り、県道522号線沿い、新潟工科大学の入口近くにあります。
柏崎での昼食です。個性のない普通のラーメンが食べたくてお邪魔しました。
お店は、奥にオープンな感じの厨房、厨房の左側と手前にカウンター席、その手前左側と中央にテーブル席、右側に小上がりがあります。明るく席数の多いお店です。午後12時30分に着きました。8割ぐらいの席が埋っています。
メニューは、白醤油を使用したサッパリの白ラーメン、黒醤油を使用したしょっぱ目の黒ラーメン、厳選した白味噌のみそラーメン、ミネラルたっぷり笹川流れの塩を使った塩ラーメン、黒醤油ベースに生姜たっぷりの生姜ラーメンとそれらにトッピングを加えたバリエーションがあります。てんこもりと銘打った全食材投入型のラーメンがあります。横綱オールスターズと横綱スーパースターズがあります。白醤油ですが、黒醤油、みそ、塩にも対応できます。曜日替わりのサービスがあります。火…気まぐれサービスデー、水…水玉の日(煮玉子¥10)、木…大盛サービス(大盛¥10)、金…黄金の稲穂(ライス¥10)、土…餃子サービス(餃子¥100引)、日……チビッ子の日(お菓子プレゼント)となっています。黒ラーメン煮玉子にしました。
出来上がり待ちのお客さんも多く、少し待ちが長めで出来上がってきました。
白い器に黒い醤油色のスープ、トッピングなどの雰囲気が青島に似ています。
麺は、中細の縮れでシコシコと歯応えが良く、スープとの絡みも良い麺です。
スープは、メニューの説明にもある通り少ししょっぱ目です。ダシと醤油の旨味を楽しめるものです。黒胡椒を途中で加えると長岡生姜醤油に似てきます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、岩のり、ねぎ、さらに追加の煮玉子です。岩海苔ってお高い印象があって豪華に感じます。
岩のり入りの醤油を楽しむラーメンでした。味玉をトッピング追加して600円+10円ととてもお手頃に楽しむことが出来ました。満足の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.10

麺作 赤シャモジ

赤シャモジ 特製味噌つけめん(大盛)

新発田市(旧加治川村)の「麺作 赤シャモジ」です。
国道7号線沿い、道の駅加治川の向かいにあります。どさん子だった跡です。
国道7号線を移動中のお昼で、お手頃感のある赤シャモジにお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、右側にカウンター席、手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。小さな建物のように見えて中は広々しています。窓が広く明るいお店です。正午過ぎに着きました。ほぼ満席に近い状態ですが座れました。
メニューは、しょうゆらーめん、味噌らーめん、辛味噌らーめん、つけめん、味噌つけめんとそれらの特製らーめんやちゃーしゅーめんなどがあります。豊富なトッピングやセットもあります。自家製麺で、麺の大盛りが無料で、特盛りは100円増しです。今まで特製しょうゆらーめん(大盛)、特製味噌らーめん(大盛)、特製辛味噌らーめん(大盛)と食べています。今回は、食べていないものの中から食べましょう。特製味噌つけめん(大盛)にしました。
その後もお客さんが訪れます。まれに待ちのあるほぼ満席の状態が続きます。出来上がり待ちのお客さんが多く、そこそこ待って出来上がりになりました。
ラーメン丼ではなく、変わった形の器に麺が盛られています。確かに丸い必要はなく、器でも楽しませてくれます。特製って感じの豪華な盛り付けです。
麺は、やや太め平打ちで軽くウェーブがかっています。ツルツル感とモチモチ感の良い、少し硬めのゆで加減です。つけめんでも好きなタイプの麺です。
つけ汁は、味噌味がそんなに強くはありません。トロミがあり麺と絡みます。
トッピングは、チャーシュー、レアチャーシュー、メンマ、味玉、かいわれ、白髪ねぎ、万能ねぎと特製らしくトッピングだけでもボリュームあります。
つけめんも麺が好みのものだと結構良い食べ物だと思います。大盛無料・充実したトッピングで850円とコストパフォーマンスの良いメニューです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.09

青島 西堀通店

青島西掘通店 ラーメン(大)+ねぎ50+ほうれん草50

新潟市の「青島 西堀通店」です。
古町エリアの西堀通り沿いにあります。イタリア軒の並び、下手になります。
長岡生姜醤油ラーメンが食べたくなり、青島で食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥行きがあります。右側に広い厨房、左側奥から手前にかけての長いカウンター席だけのお店です。飾り気がなく、開放感のあるラーメン専門店らしい雰囲気です。午後12時15分過ぎに着きました。7割~8割程度のお客さんの入りと青島にしては空いています。入って左に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りだけになります。好きな1つのスープでやっている店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量できます。割高にはなりますが、好みのトッピングをアレンジしたラーメンが楽しめます。大盛り50円増しが助かります。ラーメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みネギ50円増しにしました。
ちょうど作るタイミングに間に合い、いつもより早く出来上がってきました。
白い器に醤油色の濃いスープが食欲をそそります。盛り付けが少し荒めです。
黒胡椒を粗めに挽いて掛けます。生姜の香りと良く合って香りで楽しみます。
麺は、普通の太さと普通の縮れ具合で、これといった特徴のある麺ではありませんが、ツルツル&プリプリ&モチモチとバランスの良さが楽しいものです。
スープは、醤油のしっかりした旨みのあるものを生姜と胡椒がきりりと引き締めます。でも、油の量が尋常じゃないほどあります。油が層になっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、ねぎです。多過ぎる油も増量したネギが和らげてくれたお陰でなんとか食べきれました。
普通だけど好みの麺、醤油と生姜が効いたスープ、弾力のある歯応えを楽しめるチャーシュー、油が多過ぎてちょっと今日はダメでした。ラーメンの大盛が750円+トッピング100円と安くはありませんが、定期的に食べたくなる味です。ぶれない味っていうのが普通のラーメン店です。基がいいから耐えれますがロシアンルーレットのような恐怖感も楽しめるラーメン店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.08

ラーメン 万人家 中山店

万人家中山店 G麺

新潟市の「ラーメン万人家 中山店」です。
笹出線を東へ栗の木バイパス、馬越の跨線橋を越えた先、右側にあります。
「つけ麺らーめん iena」で食べようと思いましたが、待ちの多さにめげてしまいました。近くで好みのラーメンが食べられる万人家にしました。
お店は、奥に厨房、右側にカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がり席のエリアがあります。木を基調としたラーメン店に多い雰囲気のお店です。午後2時過ぎに着きました。こんな時間でも2人組と3人組が並んでいます。カウンター席に空きがあり、追い越すような形で先に案内されました。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、つけめんなどがあります。さらにがっつり系のG麺なるものもあります。極太麺(Gokufutomen)のG、ガッツリ(Gattsuri)のG、ニンニク(Garlic)のG、三つGからG麺と名付けたようです。さらにチャーシュー3枚、メンマ、味玉を加えたガッツリG麺もあります。コストパフォーマンスの良いG麺にしました。
混んでいるため時間がかかりそうでしたが、普通に出来上がってきました。
麺は、太麺よりさらに太いもの、極太麺になるのでしょう。縮れも強めで好きなタイプの麺ではありませんが、うどんを食べているような錯覚を覚えます。
スープは、表面に小さな脂が浮いています。背脂をホイップしたもののように見えます。その下には、しっかりした醤油味で旨味のあるスープがあります。
トッピングは、もやし、キャベツ、刻みニンニク、チャーシュー唐辛子です。
ラーメン二郎インスパイア系は楽しく食べれます。G麺が680円で、ガッツリG麺は880円といい値段です。G麺のコストパフォーマンスがいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.07

石焼らーめん火山 新松崎店

火山新松崎店 石焼野菜みそらーめん

新潟市の「石焼らーめん火山 新松崎店」です。
イオン新潟東から空港方向へ向かい、お店で賑やかな通りに面してあります。
UXで石焼ラーメン道という番組が放送されました。石焼ラーメン火山の広告のような番組でした。『UXを見た!』で味玉サービスとのことです。しばらく食べていません。味玉サービスがあるならいいかなと思いお邪魔しました。
栃木県を中心に展開するチェーン店で、県内はこの新松崎店と弁天橋通店の2店です。昼食時も夕食時も並ぶ人気店です。午後1時過ぎにお邪魔しました。多少空き始める時間にお邪魔したつもりが、それでも15人ほど待ってぃす。タイミングが悪かったのか、30分近く待ってテーブル席に案内されました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、その手前と左側にテーブル席、ちょっと大人の雰囲気のファミレスのような?ラーメン店にしては上品です。
メニューは、お店の名前にもある通り石焼野菜らーめんが中心で、つけ麺もあります。石焼き以外もどんぶりらーめん(普通のラーメン)などのメニューまで揃っています。やっぱり石焼野菜でしょう。しょうゆ、しお、とんこつ、完熟みそ、雷味噌、坦々麺があります。石焼野菜みそらーめんにしました。
店員がスープがはじけて飛んでくるのを除けるための紙を持ってきてくれました。紙には石焼野菜らーめんの食べ方が書いてあります。混んでいますがそんなに待たずに石焼野菜辛味噌らーめんが運ばれてきました。まだ未完の域です

火山新松崎店 石焼野菜みそらーめん①

焼いた石鍋(石焼ビビンバより一回り大きなもの)に麺とトッピングを入れたもの、スープ、半ライス、空の茶碗とレンゲが大きめのお盆で運ばれてきました。店員がスープを2段階で入れます。激しく沸騰します。紙ではじけたスープが飛んでくるのを避けます。しばらく石鍋のスープが沸騰し続けています。

火山新松崎店 石焼野菜みそらーめん②

スープを入れて2分程で沸騰が収まってきます。熱々のラーメン全体を軽くかき混ぜて、空の茶碗に少しずつ取って食べます。さすがにめちゃ熱々です。
麺は、普通の太さ、普通の縮れですが、プリプリ感が半端ない楽しい麺です。石焼用の器で高温で茹でられたからでしょう。今回は麺の焦げがありません。
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌のようです。味噌らしい旨味と野菜から出
た甘みのあるスープです。トロミがあり、熱々が麺にしっかり絡んでいます。
トッピングは、もやし・白菜・人参・きくらげ・ニラの野菜がいい感じで食べれます。半熟の味玉半分が3個もトッピングされています。通常1個ですが、UXを見た!で3個になりました。通常は沸騰によって半熟玉子が完熟玉子になってしまいますが、1個だけ場所が良くて完熟を免れることができました。
麺がいい食感なので好きなラーメンです。なかなか楽しめます。残ったスープに半ライスを入れておじや風にして食べます。野菜の旨味のあるおじやです。

火山新松崎店 杏仁豆腐

デザートの杏仁豆腐もいただきます。少量ですが熱い口の中が冷えてきます。
税別の値段表示で830円、税込で871円です。味噌野菜ラーメン+石焼+半ライス+デザートと考えるといい値段ですが、外税方式なので、なんか悪い印象が残ってしまいます。ラーメン屋は消費税の外税をやめて欲しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.12.06

濃厚博多とんこつ たかくら 武蔵小杉東急スクエア店

たかくら 濃厚豚骨二番釜スープ

川崎市の「濃厚博多とんこつ たかくら 武蔵小杉東急スクエア店」です。
東急東横線武蔵小杉駅構内にあります。昔からの西側改札すぐ先です。東急スクエアがオープンして、その中に組み入れられました。「つけめんTETSU 武蔵小杉東急スクエア店」と並んでいます。
スープの濃さが一番~三番釜とあり、その違いを楽しもうとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前と左側に壁を向きのカウンター席、中央に丸テーブルのテーブル席があります。ビルの中のラーメン店らしくあまり個性的なところはなく控えめです。正午過ぎに着きました。7~8割のお客さんの入りと空いています。入口を入ってすぐの左側に食券販売機があります。
メニューは、あっさり豚骨一番釜スープ、濃厚豚骨二番釜スープ、重厚豚骨三番釜スープの3種類です。前回、安全そうなあっさり豚骨一番釜スープを食べました。今回は、ステップアップして濃厚豚骨二番釜スープにしました。
食券を購入すると厨房前のカウンター席に案内されました。食券を差し出すと麺の硬さを聞かれます。前回少し硬く感じたので、今回は普通にしました。
さすが、博多ラーメン!です。今回もなかなか早めに出来上がってきました。
一番釜スープは白い器でした。二番釜スープは赤い器です。美味しそうです。
麺は、博多ラーメンらしい細いストレート、お約束通り歯切れの良い麺です。
スープは、豚骨らしいまろやかなものです。クリーミーでとろみがあります。
しょっぱさが控えめで野菜から出ているのだろう心地の良い甘味があります。終盤には、からし高菜を入れて楽しみます。かなり辛めです。加減しないと。
トッピングは、チャーシュー、きくらげ、ねぎです。ボリュームがあります。
壁に貼紙があり、終わっている筈の満腹祭が、期限もなく継続されています。替玉壱玉無料と書かれています。お腹は落ち着いていますが、バリカタを…。
豚骨の程好い濃厚さを味わいました。替玉無料、充実のトッピング、からし高
菜も無料、これだけいろいろあっての700円は妥当な線だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭の焼漬弁当

鮭の焼漬弁当 パッケージ

鮭の焼漬弁当

今日も午前中の新幹線移動です。新幹線改札口近くの駅弁屋を覗いてみます。写真入りで販売している駅弁を紹介しています。食べたことのない駅弁がありません。諦めて新幹線ホームの駅弁屋へ移動します。こちらも駅弁を写真入りで表示しています。ほぼ同じ駅弁を販売しています。残念ながらこちらも食べたことのない駅弁がありません。さすがに今日は焼漬鮭ほぐし弁当を食べたいとは思いません。といっても同じ新津の三新軒の鮭の焼漬弁当があります。以前に食べていたつもりですが…、食べているような気もしますが…、もしかしたら食べていないかも…、食べていないような気もしてきました。食べてみようと思います。早速購入し、平屋造りのときに乗っていただきます。
昨日食べた焼漬鮭ほぐし弁当は、牛肉系の駅弁に多いタイプのものです。中心になるおかずがドーンとあって、他のおかずがそれを邪魔しないよう周囲に配されています。今回の鮭の焼漬弁当は、幕の内弁当で一番味わってもらいたいおかずをお弁当の名前にしましたって感じのものです。包装や容器が最近のものと違って、昔ながらって感じさせるものです。縛っている紐、薄いお弁当包み紙、厚紙の蓋の懐かしさを感じさせる容器などです。
お品書きはありません。原材料名は、ご飯(新潟県産)、玉子焼、鮭の焼漬、コロッケ、竹の子煮、パイン、豆昆布煮、大根味噌漬、筋子などです。
ほぐしていない鮭は存在感があります。鮭は、熱々のご飯に焼きたてが一番でしょうが、焼いてから醤油たれにひと晩漬けたものは、醤油の香りが良く、ご飯には良いしょっぱさです。多くの食材が使われているのには関心しました。
990円と微妙な値段でした。さて、本当に食べたい駅弁がなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.05

釣りキチ三平弁当きのこ編和牛入り

釣りキチ三平弁当きのこ編和牛入り パッケージ

さて、駅弁を食べながら帰りましょう。東京駅で全国の駅弁を販売しているいつもの駅弁屋を覗きます。ひと回りしてから購入しているのですが、矢口高雄の釣りキチ三平の絵が目に飛び込んできました。秋田の漫画家です。前にあきたこまちのお米の袋に釣りキチ三平の絵が採用されたことがありました。無断で複製すると著作権違反で取り締まれるため…、ニセ米が横行したときのことです。ということで秋田の駅弁であることは確かです。他に気になるものも特になく、関根屋の釣りキチ三平弁当きのこ編和牛入りにします。

釣りキチ三平弁当きのこ編和牛入り

いろいろなきのこと牛肉の美味しそうなお弁当です。

釣りキチ三平弁当きのこ編和牛入り お品書き

めずらしくお品書きが入っています。秋田県産あきたこまちで炊いた味付けごはん、秋田県産まいたけ煮、秋田県産原木椎茸煮、秋田県産ぶなしめじ炒め、国産和牛の焼肉、秋田県産「いぶりがっこ」の人参、栗甘露煮です。きのこも牛肉も好きなので嬉しくなります。950円と駅弁の中ではお手頃です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近畿大学 水産研究所 銀座店

近畿大学水産研究所銀座店

近畿大学水産研究所銀座店 看板

東京都中央区の「近畿大学 水産研究所 銀座店」です。
銀座6丁目の有楽町駅寄り、銀座コリドー通りの山下ビルの2階にあります。
場所が判らなかったらどうしようかと思いましたが、その心配は無用でした。午前11時30分開店の30分前で、すでに約30mの行列ができています。60~70人の待ちでしょうか。どうしようもなく、のんびり待ちましょう。すでに店員が行列の整備にあたっています。パンフレットも配布しています。
パンフレットに掲載のお昼は、本マグロと選抜鮮魚のお刺身ご膳2400円と本マグロと選抜鮮魚の海鮮丼(小鉢・汁物付)1800円の2品のようです。
お店が開店すると列が進みますが、10m程度でしょうか。その後もジワリジワリと進みます。午後12時30分、ようやくお店の中へ。階段を上がって2階です。お店は入口近くに2人掛け、その奥に4人掛け、その奥は個室でしょうか。窓はなく、少し明かりを落とした落ち着いた雰囲気のお店です。

近畿大学水産研究所銀座店 メニュー

メニューは、本マグロと選抜鮮魚のお刺身ご膳、本マグロと選抜鮮魚の海鮮丼(小鉢・汁物付)、他に本マグロとわかしらすの紀州丼(小鉢・汁物付)があります。予定通り本マグロと選抜鮮魚の海鮮丼にしました。
海鮮丼などは、板前が多ければ早いのでしょうか。厨房に板前が多く見えましたが、出来上がりも早めです。豪華な器に目から楽しまさせてもらいました。

近畿大学水産研究所銀座店 本マグロと選抜鮮魚の海鮮丼

近畿大学水産研究所銀座店 本マグロと選抜鮮魚の海鮮丼 アップ

近大のマグロ、カンパチ、シマアジなどと説明してくれたような…記憶容量を越えてしまいました。和歌山のお醤油で召し上がってくださいとのことです。小皿でわさびを醤油で溶いて海鮮丼にいっきにかけていただきます。
カンパチは、新潟で食べているものの方が美味しいような気がしました。シマアジは、普段食べていないで珍しく美味しくいただきました。マグロは、普通に食べているマグロよりもさすがに美味しいものでした。以前に大間崎で食べたマグロのような滑らかさやきめ細かやかさはもうひとつでした。
銀座の雰囲気が良いお店で食べる海鮮丼なら3000円でも良さそうな気もします。でも、牛丼でいいかなとも思う今日この頃なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼漬鮭ほぐし弁当

焼漬鮭ほぐし弁当 パッケージ②

焼漬鮭ほぐし弁当②

午前中の新幹線移動です。新幹線改札近くのいつもの駅弁屋を覗いて見ます。
写真入りで販売している駅弁を紹介しています。食べたことのない駅弁がありません。諦めて新幹線ホームの駅弁屋へ移動します。こちらも駅弁を写真入りで表示しています。残念ながらこちらも食べたことのない駅弁がありません。ただ、もう一度、それも前回から連チャンでも食べてみたい駅弁があります。新津の三新軒の焼漬鮭ほぐし弁当です。早速購入しときに乗りいただきます。
鮭の味噌漬けを焼いたように見えますが、焼いてから味漬けをしたものです。
内容は、新潟県産のご飯、焼漬鮭、おくらと菊となめこの和え物、錦糸玉子、赤かぶ酢漬、鉄火豆、舞茸の煮物、平茸と人参の和え物など充実しています。
鮭は、熱々のご飯に焼きたてが一番でしょうが、この焼いてから醤油たれに1
晩漬けたものは、醤油の香りが良く、ご飯にはちょうど良いしょっぱさです。鮭だけではなく、多くの食材をバランス良く使っているのには関心しました。
1050円とあまり安くはありませんが、内容の充実した好みの駅弁でした。
また、食べたくなりそうです。新しい駅弁もそろそろ出してくれないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.04

麺屋 松

松 こってりらーめん(大盛+野菜増し)

長岡市の「麺屋 松」です。
長岡大橋の東側、西神田2丁目交差点から東中学校方面へ、すぐにあります。通りには赤い目立つ看板があります。店前と道路向かいに駐車場があります。
オープン当時に一度お邪魔してあっさりらーめんを食べました。なかなか好みのラーメンでした。今度は、こってりらーめんを食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、厨房手前と中央にカウンター席、左側にテーブル席があ
ります。綺麗な落ち着いたお店です。正午過ぎにつきました。ほぼ満席です。
メニューは、あっさりらーめんとこってりらーめん、つけ麺だけです。大盛が無料、デカ盛が100円増しです。背脂、タレ、にんにく、ゆで野菜(こってりらーめん)が調整できるようになっています。ラーメン二郎インスパイア系です。無理をしないで、こってりらーめん(大盛+野菜増し)にしました。
その後もお客さんが訪れ、ほぼ満席の状態が続きます。他のお客さんが野菜の増し増しを注文しています。どこまで対応してくれるのか少し楽しみです。
賑わっていて時間がかかるかと思いましたが、早めに出来上がってきました。
内側にオレンジの模様の入った白い器に雪のように背脂が降り積もってます。
麺は、やや太の弱い縮れ、チャンポン麺のような馴染み易い、優しい麺です。
スープは、鶏ガラと豚骨を煮込んだもの、動物系の旨みが濃厚な醤油味です。背脂は、見たほどのこってり感を感じさせません。バランスが取れています。
トッピングは、山のようなもやしとキャベツ、チャーシューとシンプルです。
あっさりらーめんの麺が美味しいて期待したこってりらーめんでした。さすがに麺は好みの細麺ではありませんが、なかなか食べ易い麺でした。大盛に野菜を増量しての730円はお手頃でしょう。二郎インスパイア系は助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.03

ラーメン まっくうしゃ

まっくうしゃ 醤油

新潟市の「ラーメン まっくうしゃ」です。漢字表記では“真喰者”です。
中央区上近江にあります。笹出線沿いのジーンズショップアメリカ屋裏です。
「ラーメン いっとうや」の新コンセプト店です。以前には塩を食べていますが、他のメニューも食べてみようかと思い久々にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席と大きめのテーブル、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。木を基調とした真新しい雰囲気のお店です。午後12時30分に着きました。7~8割のお客さんの入りと空いています。
メニューは、醤油(アジ×煮干)、塩(えび×鯛)とそれらのちゃーしゅう、つけめん、辛つけめん、塩つけめんなどがあります。サイドメニューも充実していますが、さらに季節限定・炊き込み丼で、鮭のバターライスがあります。今回は醤油にしました。限定の鮭のバターライスもお願いしました。
席数の多いお店です。そんなに混んでもいないためか早めに出来てきました。
白い器に品良く盛られています。飴色のスープがとても濃厚そうに見えます。
麺は、普通太のストレート、モチモチ感が強く、最近多いタイプのものです。
スープは、クリーミーな感じ、アジと煮干しの香りと旨味が濃厚なものです。
トッピングは、おおきめで炙った程好い歯応えのチャーシュー、極太メンマ、味玉半個、ねぎ、海苔、ゆずです。海苔の上にゆずが盛り付けられています。ゆずは予め切ってあったのでしょうか。香りが弱くて残念です。
濃厚だけど癖がなくて食べ易いものでした。どちらかと言うと若者向きの1杯でした。トッピングが充実しての600円は、なかなかお手頃にも思えます。

まっくうしゃ 鮭バターライス

鮭のバターライスです。これで100円はありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.02

麺工房 むげん 西川店

むげん西川店 中華らーめん

新潟市(旧西川町)の「麺工房むげん 西川店」です。
国道116号線沿いにあります。広い駐車場と大きな赤い看板が目印です。
国道116号線南下中のお昼です。新潟市内を抜けて久々にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、左右に小上がりがあります。席数の多いラーメン屋らしい雰囲気のお店です。午後1時過ぎに着きましたが、この時間でも半分以上の席が埋まっています。
メニューは、むげんらーめん(背脂こってり)、中華らーめん(あっさり)、喜多方らーめん、味噌らーめん、塩らーめん、とんこつらーめんとそれらにトッピングを加えた多くのバリエーション、つけめん、辛つけめんがあります。
サイドメニューも豊富です。平日ランチタイムのライス無料という貼紙もありますが、残っていないでしょう。中華らーめん半チャーハンにしました。
このお店は、いつも賑わっています。その後も結構お客さんが入って来ます。そこそこかかるかと思いましたが、そんなに待たずに出来上がってきました。
麺は、細い縮れです。触感や歯切れもよく、懐かしさを感じさせるものです。
スープは、醤油のあっさりしたもので、昔ながらの中華そばを感じさせます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、ほうれん草、鳴門、ねぎとシンプルそうに見えますが、昔ながらの中華そば風にしては充実しています。
昔ながらの中華そばでした。充実のトッピングで650円はいい線でしょう。

むげん西川店 半チャーハン

半チャーハンは、食べ易い庶民的な味かなと思います。300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.01

麺Kitchen ふくすけ

ふくすけ 辛海老油そば

新潟市の「麺Kitchen ふくすけ」です。
空港通り近くの物見山にあります。通りから少し海岸方向に入った場所です。
メニューを制覇してないので、ラーメンに拘らず食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。綺麗なランチが似合いそうなお店です。正午過ぎに着きました。外に10人あまり並んでいます。50分ほど待ってカウンター席に座れました。
メニューは、あっさり細麺、こってり太麺の2種に大別されてます。あっさり細麺は、白海老だけで黒海老や支那そばは上から隠されてます。こってり太麺は、ふくすけ、魚介醤油、野菜味噌です。他に“売り切れ御免 数量限定”と表され、極 油そば、魚介 油そば、辛海老 油そば、紅辛い魚介などがあります。サイドメニューも豊富で、豚キムマヨ丼、塩ダレマヨ丼、甘辛マヨ丼、たまごかけご飯、白飯などがありますが、ご飯類は売り切れとのことでした。まだ食べたことのないものの中から辛海老 油そばにしました。
麺のゆで時間がかかるメニューですが、普通の待ちで出来上がってきました。
黒っぽい渋い器に具沢山の汁なし麺料理です。混ぜるのがもったいないです。しかし、混ぜなきゃ食べれない油そばです。ここは思い切って混ぜましょう。せっかくの綺麗な盛り付けでしたが、跡形もなく別種の食べ物になりました。
麺は、太く弱い縮れ、もっちもちと弾力のような感じの存在感の強い麺です。
汁は、こってりや旨みの濃縮されたもので、結構しょっぱめ、いい辛さです。食べていくうちに海老のいい旨味、甘味、風味がじわじわと感じてきます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、キャベツ、ねぎ、糸唐辛子です。綺麗な盛り付けですが、最初に混ぜられてしまいます。
海老の旨味と甘味と風味、辛みを存在感のある麺、充実のトッピングで750円はいい値段でしょう。好きなラーメンと違いますが楽しめました。

お店に貼紙がありました。休業のおしらせです。12月1日(日)をもって休業、東区に移転し12月下旬に再開予定とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »