« 麺香房 ぶしや | トップページ | 時計台ラーメン »

2013.12.27

ラーメン工房 まるしん

まるしん つけ・ごまだれ(2玉)

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン工房 まるしん」です。
駅南正面の弁天橋線を南へ、亀田駅からの道とを交差した少し先にあります。
平日に何度かお店前まで来たことはありますが、長い行列で諦めていました。今年の仕事も最後の日となり、どんなものだろうかとお邪魔してみました。
午後12時15分と混んでいそうな時間に着きました。お店前を通り駐車場に車を停めます。お店前に列びは見えません。駐車場も、いつもと違い混雑していません。今日は早めに食べられそうです。お店前に戻るとお店前、風除室、店内とも待ちはありません。珍しいです。風除室に食券販売機があります。
メニューは、食券販売機を見なければ判らないのが良くないです。並んでいるとゆっくり購入できますが、見てたら後ろに次のお客さんが来ちゃいました。つけめんをメインにラーメン、味噌ラーメン、タンメン、ワンタンメン、マーボー麺など豊富に用意されています。つけめんは、通常のつけめんとごまだれのつけめんがあり、量も選べます。つけ・ごまだれ(2玉)にしました。
お店は、左奥に厨房、その手前にテーブル席、右側に周りの窓や壁を向いたカウンター席があります。白い壁と黒っぽいテーブルなどシンプルで、窓が広く明るいお店です。カウンター席に案内されました。店員が食券を確認します。
つけめんを食べているお客さんも多めですが、今日はタンメンも出ています。
思ったよりも早めに出来上がってきました。この時点で食券が回収されます。
白い器に麺が、黒い器につけ汁が、対照的に盛られてお盆に乗ってきました。前に食べたときはつけ汁も白い器でしたが、メタルの器に変わったようです。
麺は、やや細の縮れです。太麺、コシの強い麺、パスタっぽい麺と主張の強い麺が多いつけめんですが、ごく普通、プリプリの歯応えが気持ちいい麺です。
つけ汁は、油が少ないあっさりした醤油味です。魚介系風味が豊かなものですが、魚粉のようなきつさはありません。少しの酸味があるのがまるしんの特徴です。橙色と灰色の2種のソースのようなものがかけられています。担々麺のような辛味と胡麻のまろやかさで担々麺のような味を楽しむことができます。
トッピングは、すべてつけ汁の器に盛られています。チャーシュー細切り、メンマ、もやし、わかめ、海苔などです。もやしが結構多めに盛られています。
最後に割りスープでつけ汁を割って楽しみます。魚介系の風味が増してつけ汁と別もののように楽しむことができます。酸味もやや目立つように感じます。
つけ・ごまだれ(2玉)810円は少しお高いかなとも思いますが、お腹もいい具合になので妥当な線でしょう。唯一、食べたくなるつけめんのお店です。

|

« 麺香房 ぶしや | トップページ | 時計台ラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/58838791

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン工房 まるしん:

« 麺香房 ぶしや | トップページ | 時計台ラーメン »