« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014.02.28

特製元気みやぎ弁当第2弾

特製元気みやぎ弁当第2弾 パッケージ

特製元気みやぎ弁当第2弾

特製元気みやぎ弁当第2弾 お品書き

特製元気みやぎ弁当第2弾 お品書き(裏)

このまま新幹線に乗ったらポテトチップスをつまみにビールがガンガン進みそう。何かをお腹に入れましょう。いつもの駅弁屋を覗きます。時間が早いためたくさんの種類があります。今日も小さな復興支援をします。東北の駅弁の中から日本レストランエンタプライズの特製元気みやぎ弁当第2弾にします。
駅弁を開けてビックリしました。駅弁の図解お品書きのようなものが入っています。文字だけの昔ながらのお品書きは、料理がどんなものだろうと想像する楽しみがありした。図解式は想像する楽しみはありませんが間違えずに料理を知ることができます。その裏は元気みやぎマップ、観光地図になっています。
食材大国みやぎ、笑顔咲くたび 伊達な旅 仙台・宮城、など書かれています。
左のご飯のゾーンは、米どころ宮城
・大崎産“ひとめぼれ”御飯
・県内産小梅漬
・仙台名物牛タン焼き
おかずの上部左側のゾーンは、宮城 大地の幸
・仙台牛と宮城黒毛和牛のすきやき風
 (仙台牛、宮城黒毛和牛、生芋こんにゃく、他)
・軟骨入り鶏つくね
 (藩祖伊達政宗公の好物)
おかずの上部右側のゾーンは、宮城 海の幸
・気仙沼「佐吉商店」“金のさんま”
 (さんま甘露煮)
・鮭の仙台味噌漬け焼
・仙台の笹かまぼこ(下部中央ゾーン)
おかずの下部のゾーンは、宮城 里山の幸
・ずんだ白玉団子(左)
・宮城県産ほうれん草の塩炒め(中央)
・炊き合わせ(右)
 (里芋、岩出山凍み豆腐、大和町七ツ森産舞茸、他)
仙台名物牛タン焼き、仙台牛と宮城黒毛和牛のすきやき風、金のさんま(さんま甘露煮)、鮭の仙台味噌漬け焼が特に美味しかった。これほど美味しいおかずが多い駅弁も珍しいぐらいのヒットでした。値段も1150円と高いです。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルビー+ 東京駅

カルビー+

出張先での仕事も終わり、さっさと帰りたいところですが、金曜日なので無理ができます。帰りの新幹線を遅らせると時間は作れます。新横浜ラーメン博物館に行こうかと考えましたが、入場料・ラーメン代・お土産代など結構いい値段になるので、今回はパスして家族へのお土産を買って帰ることにしました。
何を買って帰るかが問題ですが、子供達がテレビを見ている様子で判ります。先日見ていたテレビでのこと、東京駅のお菓子メーカーのアンテナショップを取り上げていました。その中で子供達が食べたさそうにしていたのがカルビーのポテトチップスです。普段から仕事帰りにコンビニでポテトチップスなどを買ってお土産に帰ります。新発売を中心に…。新潟のコンビニに置かれているポテトチップスは、ほぼ制覇しています。って言うとやはり嘘になるのかな。ショップでは、そんな子供達も見たことのない、ちょっと想像もつかないご当地系のポテトチップスが売られているのです。ジャガリコなんかもあります。
場所は、東京駅八重洲口の地下1階、東京駅一番街という地下街の一角になります。お菓子メーカーのアンテナショップのほか、近くにはテレビ局各局毎に関連のグッズを販売しているお店や東京ラーメンストリートなどもあります。
お店のほとんどがポテトチップスだろうと思っていましたが、他にもいろいろあってビックリです。ポテトチップスを手当たり次第に買いましょう。もしかしたら新潟で売っていて、食べたことのあるものがあるかも知れませんが…。
購入したポテトチップスです。
・ポテトチップス 博多めんたいこ味
・ポテトチップス 北海道バター醤油味
・ポテトチップス 瀬戸内レモン味
・ポテトチップス かき醤油味
・堅あげポテト 関西だししょうゆ味
・堅あげポテト 匠味 十味唐辛子
大きめの紙袋1つになり、かさばっていますが、810円と安上がりでした。
さて、喜び驚く子供達の顔が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濃厚博多とんこつ たかくら 武蔵小杉東急スクエア店

たかくら 重厚豚骨三番釜スープ

川崎市の「濃厚博多とんこつ たかくら 武蔵小杉東急スクエア店」です。
東急東横線武蔵小杉駅構内にあります。昔からの西側改札すぐ先です。東急スクエアがオープンして、その中に組み入れられました。「つけめんTETSU 武蔵小杉東急スクエア店」と並んでいて、厨房は通り抜けできます。
スープの濃さが一番~三番釜とあり、その違いを楽しもうとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前と左側に壁を向きのカウンター席、中央に丸テーブルのテーブル席があります。ビルの中のラーメン店らしくあまり個性的なところはなく控えめです。午前11時40分過ぎに着きました。7~8割のお客さんの入りと空いています。入口を入ってすぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、あっさり豚骨一番釜スープ、濃厚豚骨二番釜スープ、重厚豚骨三番釜スープの3種類でしたが、焼きラーメンが追加になっています。あっさり豚骨一番釜スープ、濃厚豚骨二番釜スープを食べました。いよいよ重厚豚骨三番釜スープにします。久留米ラーメンですが、福岡空港近くで食べた魁龍博多店みたいな濃厚さだったらどうしようかなんてちょっと心配です。
食券を購入すると左側カウンター席に案内されました。食券を差し出すと麺の硬さを聞かれます。前回の普通の硬さが良かったので、今回も普通にします。
以前の2回はさすがって早さでしたが、今日はそこそこ時間がかかりました。
一番釜スープは白い器、二番釜スープは赤い器、三番釜スープは黒い器です。
特別に仰々しいような感じもなくひと安心、まったりした感じに見えます…?
麺は、博多ラーメンらしい細いストレート、お約束通り歯切れの良い麺です。
スープは、豚骨のまろやかな感じで、最初は普通の豚骨かなって食べれていましたが、後からコラーゲンが濃そうな重たさを感じます。とろみもあります。
トッピングは、チャーシュー、きくらげ、ねぎです。ボリュームがあります。
壁に貼紙があり、替玉壱玉無料が継続されています。硬めをお願いしました。替玉は、胡麻や辛し高菜などを加えて、味の変化を楽しむことができました。
最初は、ややコラーゲンたっぷりの豚骨ラーメンかなって食べれますが、重厚さがジャブのようにジワジワと効いてきます。替玉無料、充実のトッピング、辛し高菜も無料、これだけいろいろあっての700円はいい線だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上牛しぐれ弁当

村上牛しぐれ弁当 パッケージ

村上牛しぐれ弁当

今日は午前中の新幹線移動です。新幹線改札口近くの駅弁屋を覗いてみます。販売中の駅弁は、駅弁の中を写した写真入り大きめカードで紹介されてます。食べていない駅弁がありません。東京駅では季節を彩った駅弁がいろいろ出ています。新潟駅も観光で訪れた人に食べてもらいたい駅弁も必要でしょうが、新潟の人も少しぐらい季節を楽しめる駅弁を提供して欲しいものです。あるもの中からしばらく振りの村上牛しぐれ弁当にしました。3食目になります。
お弁当の記載は、おしながきのようなものはなく、原材料の記載です。米(新潟県産コシヒカリ)、牛肉(しぐれ煮・村上和牛)(そぼろ煮・県産和牛)、玉子焼、茎わかめ、ごぼう、生姜、白ごま、唐辛子と調味・保存料などです。
お米は、新潟県産コシヒカリと嬉しいです。駅弁じゃ当たり前のように使われているのかと思っていましたが、なかなか使われていません。冷たくなるとモチモチ感が強すぎてしまうからなんでしょうか。それでも美味しいご飯です。
牛肉は、しぐれ煮が村上和牛、そぼろ煮が県産和牛となっています。村上牛しぐれ煮と県産牛そぼろ煮の境目がありません。しぐれ煮の方が大きいでしょうから、そんなに量はなさそうです。ほとんどが県産牛のそぼろ煮のようです。ご飯上部に牛そぼろ煮のつゆが染みて、めちゃくちゃ美味しくなっています。
紅生姜のスライスがあります。千切りに慣れているので新鮮な感じがします。おかずは、牛蒡煮物、玉子焼き、茎わかめです。少しでもあると嬉しいです。
村上牛をもっと使えばと思いますが、1100円だったらいい線でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.27

きんしゃい亭&麺やたぶきん 亀貝店

きんしゃい亭&麺や たぶきん 亀貝店

新潟市の「きんしゃい亭&麺やたぶきん 亀貝店」です。
新潟西バイパス亀貝インター近く、大きなパチンコ店の駐車場内にあります。
最近できたショッピングエリアです。三宝亭とだるまやがオープンしてます。それに続くようにだるまやの並びにきんしゃい亭&たぶきんがオープンです。もともとラーメン店の多い小新エリアが、さらにまた激戦区になりそうです。
お店は、奥に厨房、手前中央に向い合わせのカウンター席、その左側にファミレスっぽい小さな子供と並んで座れるような席もあるテーブル席、右側に洋食レストランのような椅子のテーブル席があります。濃いめの色の木質感が印象的な落ち着いた店内です。午後12時40分過ぎに着きました。オープンの混みもなく半分程度のお客さんの入り空いています。お店に入るとすぐにそれぞれのお店の食券販売機が2台並んであります。メニューも掲示されています。
メニューは、きんしゃい亭がラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンにトッピングを加えたものなどがあります。たぶきんも醤油らーめん、味噌らーめん、塩らーめんとトッピングを加えたものなどがあります。その他にも両店豊富なメニューが用意されています。たぶきんの亀貝店オープンに合わせて新メニューとなった油そばも気になりますが、たぶきんの極みしいたけ麺にしました。
混んではいませんが、ラグーナ女池店同様に少数精鋭のスタッフです。テーブルの上にコップや水差しが置かれています。水を用意しながらのんびりと待ちます。やや心配していましたが、普通の待ち時間で出来上がってきました。

たぶきん亀貝店 極みしいたけ麺

白に深い青の大きな模様の器に、醤油あんかけの好みど真ん中の見た目です。
麺は、細い縮れ、普通の中華系に見えて、なかなかモチモチ感の強い麺です。
スープは、醤油の深みがある中華系のもの。でしゃばらないいいスープです。
トッピングは、椎茸、白菜、人参、青梗菜、玉ねぎ、もやしと野菜のみのあんかけです。スープ同様に醤油の奥深い味付け、中華風に仕上げられています。
醤油の奥深い味付けで、バランスの良さを楽しめるものでした。760円とあんかけ麺としてはお手頃ですが、野菜だけなのでいい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.26

中華そば 石黒

石黒 極にぼ

新潟市の「中華そば 石黒」です。
国道113号線空港通り沿い、赤道との交差点から少し市内寄りにあります。いろんなお店などが雑居している大きな3階建ての建物、その1階右側です。
あっさり中華、中華そばを食べ、残る極にぼを食べようかとお邪魔しました。
お店は、入口を入ると右側にある通路を奥に進むような造りになっています。通路の左が厨房、その奥の左側にはカウンター席のようにも使える6人掛けの大きなテーブル席が1卓、右側が小上がりで複数の座卓があります。和の雰囲気がたっぷりのお店です。午後12時30分過ぎに着きました。7~8割程のお客さんの入りと思ったより空いてます。小上がり奥の席に案内されました。
メニューは、あっさり中華、中華そば、極にぼの3種だけ、それぞれにチャーシュー増量の肉あっさり、肉そば、肉にぼなどがあります。あっさり中華、中華そばを食べたので、今回は予定通りのお店でも人気の極にぼにしました。
この時間は待ちのお客さんも少なく、普通より早めに出来上がってきました。
白に筆書き風模様の日本そばにも似合いそうな器に…、濃そうなスープです。
麺は、やや細の細かい弱い縮れ、好みよりもちょっと歯応えがあり過ぎです。
スープは、とろみのある煮干しが濃厚なものです。最近多くのお店でみかけるようになったつけめんのつけ汁のようなものです。器底には魚粉が残ります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、味玉が半個、玉ねぎなどです。
今風の魚の香りが強ければって感じの中華そばです。嫌いではありませんが、好みとは違いました。トッピングが充実していて680円はいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.25

味処 天茂

天茂

村上市の「味処 天茂」です。
焼きそばが中心のお店があるとの情報をもらい、食べたいと思っていました。
村上市役所の近く、第四銀行の列びにありますが、駐車場が見つかりません。後でお金をおろすのもあるので第四銀行の駐車場に停めさせてもらいました。
お店は、奥に厨房、左側に小上がり、その手前に壁を向いたカウンター席、右側にテーブル席があります。昔からの質素な食堂って感じのお店です。正午過ぎに着きました。2組のお客さんと空いていて、その後もぽつりぽつりです。

天茂 メニュー①

天茂 メニュー②

メニューは、焼そばが普通盛りの他に大、特大があり、他に野菜入、玉子入、カレー味があり、スープもあります。ラーメン類もラーメン、みそラーメン、野菜ラーメン、チャーシューメン、タンメンと揃っています。ラーメンも魅力的ですが、食べようと思ってた目的の焼そば(特大)スープにしました。
おばちゃんがひとりでやっているお店です。お店に入ったときに油の焼けるような香りがして、このお店が焼そばを食べたい人が集まるお店だと感じます。厨房の近くに用意された給水器からセルフサービスの水を用意して待ちます。
それほど待った感もなく、焼そば(特大)・スープと出来上がってきました。

天茂 焼そば(特大)

横長の焼きそばらしい器に、さすがに特大らしく山盛りに盛られてきました。
麺は、細い縮れで思ったよりもかなり短めですが、その分食べ易く感じます。
味付けは、塩の優しい薄味になっています。テーブル場の胡椒やお酢を好みでかけて食べてくださいとのこと。他にもソースやラー油もあり、いろいろ楽しみました。子供から老人まで食べられる味付けが基本になっているようです。
トッピングは、豚肉やキャベツの焼いたもの、紅生姜とシンプルな感じです。
ソース焼きそばを期待していましたが、塩焼きそばでした。いろいろ味の変化を楽しませていただきました。ビーフンに近い好みの味わいでした。普通盛りが450円、大が510円、特大でも560円ととってもお手頃なものです。

天茂 スープ

スープは、ねぎと海苔のシンプルなもの、50円なのでこれで十分でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.24

麺や ようか

ようか 濃厚醤油らーめん

小千谷市の『麺や ようか』です。
小千谷IC近く、国道117号線桜町上交差点から十日町に向かった先です。
鶏白湯と塩味を中心に新潟県にあまりない味を提供してくれているお店です。まだ食べていないラーメンが多く、新たなものを食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前と右側にカウンター席、さらにその手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。綺麗な洋食が出てきも良さそうな雰囲気のお店です。午後12時50分頃に着きました。遅めの時間ですが7割程度のお客さんが入りです。左側にある入口を入った風除湿に食券販売機があります。
メニューは、鶏しおらーめん、うめしおらーめん、醤油らーめん、味噌らーめんとそれらのちゃーしゅうめん、鶏しおらーめん・醤油らーめん・味噌らーめんには濃厚味もあります。さらに醤油わんたんめん、煮干し中華、担々麺、太麺を使用した塩もりそば・うめ塩もりそば・醤油もりそばとそれらのちゃーしゅう、細麺を使用した塩つけめんと醤油つけそばがあります。大盛りが20円増しとお得です。食べていないものの中から濃厚醤油らーめんにしました。
多くのお客さんが食べている時間で、思いのほか早く出来上がってきました。
赤がポイントの白く渋い器に白湯スープの淡い色が優しそうなラーメンです。
麺は、やや太の弱い縮れ、コシが強く、つけめんに合いそうな苦手な麺です。
スープは、白湯スープに煮干しダシの風味を効かせた醤油味、濃厚という感じはなく、あっさりしています。しかし、残ったスープを飲むとつけめんのつけ汁のようなかなりの濃厚さがあります。割りスープがあっても良さそうな濃厚さとしょっぱさを感じます。スープの底には魚粉の粉が少し残っていました。
トッピングは、ちゃーしゅう、メンマ、半味玉、ねぎ、カイワレ、海苔です。
新潟あっさり系の中華そばを想定してましたが、燕背脂系の中華そばでした。
スープが濃いめのらーめんかなと想定していましたが、つけめんをスープに入
れました!って感じです。充実したトッピングで680円はいい線でしょう。

小千谷市内には、あちこち風船一揆の幟が立っています。ようかの風除室にもポスターが貼ってありました。3月1日(土)~2日(日)の開催予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.23

ラーメン創房 玄

玄 とんこつラーメン

買い物でイオン新潟南に出かけました。小腹が空いたのでフードコートで食べることにしました。お手頃な「ラーメン創房 玄」のラーメンを食べるます。
とんこつ、醤油、塩、味噌の各スープにトッピングを加えたものがあります。お手頃なとんこつラーメンにしました。大盛無料ですが普通盛りにしました。
時間も遅かったのでそんな混んでいません。普通の待ちで出来上がりました。
白い器にとんこつの白いスープが、とても清潔な食べ物に見えてしまいます。
麺は、ごく細めのストレートですが、ちょっぴりウェーブがかかっています。
スープは、九州とんこつのようなあっさりクリーミーなタイプのものにです。
トッピングは、チャーシュー、きくらげ細切り、ねぎ、海苔とシンプルです。
特別にどうこう強調することはありませんが食べ易いとんこつラーメンです。このとんこつラーメンが430円です。大盛無料というのはかなり驚きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.22

中華そば 石黒

石黒 中華そば

新潟市の「中華そば 石黒」です。
国道113号線空港通り沿い、赤道との交差点から少し市内寄りにあります。いろんなお店などが雑居している大きな3階建ての建物、その1階右側です。
先週、あっさり中華が良かったので、他も食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、入口を入ると右側にある通路を奥に進むような造りになっています。通路の左が厨房、その奥の左側にはカウンター席のようにも使える6人掛けの大きなテーブル席が1卓、右側が小上がりで複数の座卓があります。和の雰囲気がたっぷりのお店です。午後1時過ぎに着きました。遅めの時間でも7~8割のお客さんの入りと賑わっています。小上がりの奥の席に案内されました。
メニューは、あっさり中華、中華そば、極にぼの3種だけ、それぞれにチャーシュー増量の肉あっさり、肉そば、肉にぼなどがあります。前回、あっさり中華を食べたので、今回はこのお店の中心的な味だろう中華そばにしました。
この時間は待ちのお客さんも少なく、普通より早めに出来上がってきました。
大柄模様の器に中華そばらしい醤油色のスープ、トッピングが充実してます。
麺は、細ストレート、最初硬めですが、後からは噛み応えの楽しくなります。
スープは、醤油味でまろやかさを通り越し濃厚な感じで、とろみもあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、海苔、ねぎなど充実してます。
あっさり中華そばが、新潟の一般的中華そばよりも濃厚に感じるものでした。中華そばは、関東らしいというか今時のかなり濃厚に感じる中華そばでした。トッピングが充実していての650円とまあまあいい線ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.21

喜びラーメン 小太喜屋

小太喜屋 チャーシューメン

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線沿い村上消防署の前方住宅地の中、平行する市道に面しています。
村上市です。小太喜屋の煮干し風味のラーメンが食べたくてお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。お店脇の路地の先に駐車場があります。今日は空いててすんなり駐車できました。お店には出入口が2ヵ所あります。正面が入口、脇が出口と別れています。出口前を通り正面入口に向かいます。
出口を通りかかるとお休みの日に印の付いたカレンダーが掲示されています。3月3日(月)からしばらくお休み…との気になる文章が添えられています。
正面入口前にメニューの説明を書いた看板があります。お店に入りましょう。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央に厨房向きカウンター席があります。厨房との間にブリキ板の垂れ壁が、ちょっとレトロ感もある綺麗なお店です。右側には待ち用の長椅子が用意されています。待ちのお客さんが5人います。入口を入ってすぐの見え易い正面に、小さくて可愛い食券販売機があります。
メニューは、ラーメンと塩ラーメンの2味で、夏季はつけめんが加わります。あっさり豚骨煮干ししょうゆ味、あっさり豚骨魚介の塩味と説明があります。いずれにもトッピングが充実の喜びラーメンとチャーシューメンがあります。麺の大盛りが無料になっています。チャーシューメン(大盛)にしました。
自家製麺のお店が増えてきて大盛りが無料サービスのお店も増えてきました。注文する際に大盛りであることをスタッフに伝えるやり方が一般的でしょう。食券の場合、普通盛りの食券を購入して同じで大盛りをスタッフに伝えるか、普通盛りと同じ値段で各大盛り食券が用意されているのがほとんどでしょう。小太喜屋は、口頭で大盛りを伝えるやり方も確か出来たような気がしますが、トッピングの追加のような大盛り(無料)食券のボタンも用意されています。
待ちの長椅子に座り待ちます。夫婦か?男女2人のスタッフでやっています。お客さんが帰るのが、ラーメンが出来上がりのと重なることも良くあります。出来上がりを優先してラーメンを運びます。後から器などの片付けをします。綺麗になって水とおしぼりをセット、お客さんをグループ毎席に案内します。当たり前にどこでもやっていることですが、なぜかとても落ち着いています。早く席に案内しても作れる量もあり、結局食べるまでの時間は一緒なんです。
10分少し待ったでしょうか、入口側の近いカウンター席に案内されました。カウンターの下には、席ごとにボックステッシュや荷物用フックがあります。鞄かごや紙エプロン、髪止ゴムなどお客さんへの気配りが用意されています。
カウンターに貼紙があります。小太喜屋プロデュースの新店舗オープンのため少しの間休業すること。一日も早く再開できるよう頑張りますとのことです。新店舗の名前は「村上らーめん にぼしまじん」、開店日は3月10日(月)を予定、場所は国道7号線沿いの村上ショッピングセンター(核テナント:イオン)フードコートです。最近のフードコートは、なかなか楽しめそうです。
大きな寸胴鍋で作られたスープを小さな鍋に1人前ずつ移して温めています。温めた器にタレ、スープ、油などを入れ、麺を入れ、トッピングを乗せます。テレビの料理番組に出る和食の料理人のような丁寧な仕事で出来上がりです。丁寧な仕事を見ているためか、あまり待ちが苦にならず出来上がってきます。
落ち着くある器に、チャーシューが丁寧かつ大胆に盛り付けてられています。
麺は、やや細の縮れ、普通のようでプリプリの歯応えがとても楽しい麺です。2種類の小麦粉を使用した自家製麺とのこと。こういう自家製麺は歓迎です。
スープは、豚骨と豚足でだしを取り、後で煮干しを加えたものとのことです。動物系旨みと魚介系風味を楽しめます。今時の濃厚なスープですが好みです。
トッピングは、豚ロースト・豚バラ・きざみ豚バラの3種類のチャーシュー、太めのメンマ、味玉半個、白髪ねぎ、カイワレなどとても華やかで豪華です。
お客さんの健康を考えて選ばれた素材、丁寧な仕事で仕上げられていますが、もう少し控えめなものも食べてみたくなります。東京なら行列になるしょう。大盛り850円、たっぷりのチャーシューを考えると結構お得かと思います。

にぼしまじん 名刺(表)

にぼしまじん 名刺(裏)

あまりにもカウンターの貼紙を見ていたためか?新店の名刺を頂戴しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.20

中華そば・餃子 杭州飯店

杭州飯店 中華そば(大盛)+玉ネギ増

燕市の「中華そば・餃子 杭州飯店」です。
国道289号線の旧吉田町と旧燕市の間、きょうえい信組から東に入ります。
燕背脂系ラーメンを代表するお店で、テレビにも良く取り上げられています。燕市での昼食になりました。久々にぶ太い麺が食べたくなりお邪魔しました。お店の前を通り、その先に駐車場があります。広い駐車場で混んでいません。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、右側に別棟のような広い小上がり席あ
ります。テーブル席、小上がりともにテーブルや座卓などが、ところ狭しと配
置されています。大衆中華料理店の雰囲気、大きなお店です。正午過ぎに着き
ました。お客さんは8割り程度の入りでしょうか。テーブル席に座れました。
メニューは、ラーメン屋さん中華料理店を合わせたような豊富なメニューで、飯類や一品料理などもあります。中華そばとそれにチャーシュー、メンマ、もやし炒めなど組み合わせたもの、麻婆麺、カレーそば、タンメン、五目そば、ザージャン麺があります。ザージャン麺てなんだろう?そのうち食べてみたいものです。ギョーザ(4コ)750円、半ギョーザ(2コ)400円というのもどんなものか興味があります。中華そば(大盛)玉ネギ増にしました。
厨房前辺りに用意された給水器からセルフサービスで水を用意して待ちます。杭州飯店は麺が1種類で、予めお客さんの入り具合を見てゆでていそうです。前に他のお客さんですが、注文して10秒程で出来てきたことがありました。今日は、普通のお店よりもも少し早いかなって感じで出来上がってきました。
白い小さな器に波々と盛られてきました。スープ表面はたっぷりの背脂です。
麺は、極太の縮れ麺です。全体的には平たい麺で不揃いなところがあります。1本の麺で途中までがうどんでその先がきしめんみたいなのが普通なんです。幅も大体は似たようなものの不揃いです。手打ちのような仕上がりの麺です。コシの強いうどんのようで、ゆで加減が硬すぎないので心地よく食べれます。
スープは、器の縁までチャッチャされる程たっぷりの背脂に覆われています。
前回はちょうど好きな量の背脂に覆われていましたが、今回多めに感じます。
その下のスープは醤油色が濃いめに見えますが、しょっぱさは控え気味です。
飲むと煮干し風味であっさりしていながら、醤油の味をしっかり楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、増量された玉ねぎなどシンプルです。チャーシューは、醤油の味付けが良くちょうどの硬さ、歯応えも楽しめます。メンマは、他のお店ではなかなか見ない色の濃いもの、深漬かりのものです。
ラーメンという分野でいいのだろうかと思う太い手打ち風麺の中華そばです。基本だけで750円とお高いものが大盛りと玉ネギ増で950円になります。かなりお高い昼食になりましたが、なぜがリピートしたくなる中華そばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.19

中華食堂 ますや

ますや 肉そば

新潟市(旧巻町)の「中華食堂 ますや」です。
巻潟東インターに比較的近い漆山地区の道路沿いにひっそりとあるお店です。
今日も巻地区でのお昼、久々にますやの肉そばを食べようとお邪魔しました。手頃で好きなお店、駐車場がないため離れた農道に車を停めてお邪魔します。
お店は、奥に厨房、手前右側にテーブル席、左側に小上がりの小さな田舎って感じの古くからのお店です。正午に着きました。他4人のお客さんがいます。
メニューは、麺類7種類とご飯類8種類があります。多くはありませんが、グループで行ってもみんなが楽しく食べられそうです。肉チャーハン(大盛)のボリュームが評判のお店ですが、最初から食べたかった肉そばにしました。
前のお客さんの肉チャーハンが出来上がり、次に作ってもらえている筈です。親父さんとおばさんのお店ですが、作っているのは親父さんだけのようです。その後もお客さんが次々と来ます。小さなお店がちょっと混雑してきました。肉チャーハンが人気のようで注文が1番多いのですが、盛りは普通盛りです。中華鍋を使用した料理は時間がかかりますが、普通に出来上がってきました。
やや小振り、青の模様が綺麗な白い器になみなみとスープが盛られています。
麺は、普通の太さ、ストレートに近い弱い縮れでちゃんぽんに似た感触です。見た目以上に太く感じます。細麺での絡みの良さも味わってみたくなります。
スープは、醤油味の落ち着いたものです。油がほとんどなくてあっさりしています。でしゃばるもののない中華系と和食系のいいとこ取りの仕上がりです。
トッピングは、キャベツと豚肉の炒め物、控えめのあんかけになっています。目立ちはしませんが、火の通り、醤油の味付け、トロミ具合が良い感じです。
この手間のかかった肉そばがワンコイン(500円)とお手頃に食べれます。白寿と同等のコストパフォーマンスの良さに感謝です。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.18

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+Wバター

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、その先の神社が並ぶ向かいです。
旧巻町でのお昼です。いつでも食べたいと思っている古潭にお邪魔しました。
駐車場がないので路線バスの支障とならないよう前の道に路駐して行きます。正午過ぎに着きました。前の車2台から5人程が降りてきてそのまま古潭へ。少し待ちかなと覚悟して後ろを付いていくとお店から出るお客さんもいます。
お店は、車庫の奥に入口があるような感じで、さらに奥行きのある店内です。右側に厨房、中央にカウンター席、手前にテーブル席、左奥に小さな座敷があります。ちょっと古く、照明も押さえられ、落ち着いた雰囲気です。明るさが足りず、写真の撮影が難しいお店です。ぎりぎりカウンター席に座れました。
メニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンと野菜ラーメン、その他に納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。トッピング追加は、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまご、大盛りまでもが50円増しとお手頃です。食べてみたかった少し遊び感覚の野菜味噌ラーメン+Wバターにしました。
今日も店主と奥さんの二人です。注文を聞くのが早いですが出来も早いです。今日は前に入ったお客さんも多いのに、まるでいつもと変わりないようです。
黒く渋い器に白味噌仕立てのスープ、多種類のトッピングが美味しそうです。
麺は、細い縮れの普通の麺のように見えますが、ツルツル感やモチモチ感、歯応えなどバランスが整った麺です。スープとの絡みも良くて食べ易い麺です。
スープは、白味噌仕立てのあっさり味です。色が白く味噌の旨味と適度な甘さとしょっぱさ、優しさがあります。そこにバターの甘い香りとさらに軟らかな味わいがたっぷり加わります。まるで洋食のような不思議な味を楽しめます。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやしです。キャベツはゆで加減が良く、レタスのような食感で味噌味のスープと相まって温野菜のようです。
細麺と優しいスープが特徴の味噌ラーメン、たっぷりのバターで洋食のような味を楽しみました。これだけ楽しんでも700円とお手頃なのには感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.17

だるまや 亀貝店

亀貝 だるまや+きんしゃい亭&たぶきん

だるまや 亀貝店

新潟市の「だるまや 亀貝店」です。
新潟西バイパス亀貝インター近く、大きなパチンコ店の駐車場内にあります。最近できたショッピングエリアです。三宝亭とだるまやがオープンしてます。それだけと思っていましたが、だるまやの並びにきんしゃい亭&たぶきんが工事中です。もともとラーメン店の多い小新エリアが、激戦区になりそうです。
女池店に行ってました。混雑が多少でも分散されたかと思いお邪魔しました。
正午過ぎに着きました。8人程が列んでいる状況です。ウェイテングシートに名前と人数を記入して待ちます。10数分の待ちで席に案内されした。
お店は、右側が通路になっていて、お店の中ほどに入るようになっています。通路の右側は座れるようにベンチになっています。奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。木をふんだんに使った山小屋とかロッジ風のラーメン屋さんでよくある造りです。
メニューは、和風とんこつのだるまラーメンとそれにチャーシューを加えたもの、味噌ラーメンとそれにチャーシューや野菜を加えたものがあり、サイドメニューも充実しています。だるまラーメンチャーハンセットにしました。
混んでいますがしっかりしたお店です。普通の待ちで出来上がってきました。

だるまや亀貝店 だるまラーメン

赤い縁の白い器にチャーシューなどのトッピングで、麺が見えない状態です。
麺は、やや細の縮れ、モチモチ感から存在感のある麺ですが食べ易い麺です。
スープは、動物系旨みと魚介系風味が程良い醤油味で仕上がげられています。背脂によってまろやかさがいい感じになりますが、好みよりこってり過ぎます
トッピングは、花盛りチャーシュー、たっぷりのもやし、海苔、青ねぎです。
癖のない麺、旨みのスープ、メンマはありませんが、630円はいい線です。

だるまや亀貝店 チャーハンセット

チャーハンセットは200円とかなりお手頃なのにいい味しています。

まあいい感じかなと思って食べ終わりましたが、背脂か胸焼けが続きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.16

コンセントLAN(PLC)

コンセントLAN(PLC)

子供がネットで対戦するゲームの動きが良くないので無線LANを有線LANにしようとしています。ノートPC、プリンタ、ゲーム機(Wii、3DS、PS3、PSP、PSVita、Xbox 360など)負荷が多過ぎるようです。有線LANはいいのですが、2階の子供部屋から1階の居間までツイストペアケーブルを引こうと考えているようです。それはさすがにちょっと待った!です。ノートPCで速度測定をしたら確かに速度の差は歴然でした。壁内の配線も無理な場所です。
居間へは、テレビ用の5C2Vと電灯線VVF2.0の配線しかありません。使おうと考えたことはありませんが、電灯線を利用したLANがあった筈です。無線LANに押されてなくなってしまったかと思いましたがしっかりあります。価格もこなれてマスターとアクセスポイントのセットでも1万円強程度です。
技術的には、コンセントLAN(PLC)と呼ばれているもので、PLC(高速電力線通信)アダプターという機器での接続(LAN延長)になるようです。たばこよりもやや大きなアダプターにツイストペアケーブルを挿すだけです。
電子レンジを始めとする家電品からの耐ノイズ性能も向上しているようです。無線LANも電子レンジの影響を受けていたので、前よりは良くなりそうです。
問題は、単相3線式100V配線で受電していることです。L1相とL2相間で、通信ができないことがあるとのこと。やってみたら運が悪くダメでした。配電盤を配線換えするのが本当でしょうが、子供部屋のパソコン近くのコンセントからロフトのコンセントに挿し直してみたら…ばっちり通信できました。
設定らしきものもありません。ブレーカーや電力量計の損失で通信できなくなるようです。近所の相方の実家まで延ばせたらと思いましたが無理そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.15

中華そば 石黒

石黒 外観

石黒

新潟市の「中華そば 石黒」です。
国道113号線空港通り沿い、赤道との交差点から少し市内寄りにあります。いろんなお店などが雑居している大きな3階建ての建物、その1階右側です。
同僚から中華そばのお店が新たに出来た!との情報をもらいお邪魔しました。
お店は、入口を入ると右側にある通路を奥に進むような造りになっています。通路の左が厨房、その奥の左側にはカウンター席のようにも使える6人掛けの大きなテーブル席が1卓、右側が小上がりで複数の座卓があります。以前は和食店か居酒屋だったのでしょうか?もろ和の雰囲気です。午前11時20分過ぎに着きました。早めの時間でも7~8割のお客さんの入りと混んでいます。カウンター席のように使っている大きなテーブルの空き席に案内されました。
メニューは、あっさり中華、中華そば、極にぼの3種だけ、それぞれにチャーシュー増量の肉あっさり、肉そば、肉にぼなどがあります。最初なのでたぶんこのお店の基本メニューらしそうな、好みそうなあっさり中華にしました。
出来上がりを待っているお客さんも多く、しばらくかかりそうに思えました。しかし、ぞろぞろ一気に出来上がってきました。結局、普通の待ち時間です。

石黒 あっさり中華

青い模様の器に中華そばらしい醤油色のスープ、トッピングが充実してます。
麺は、細い弱い縮れ、最初硬めですが、後からは噛み応えの楽しくなります。
スープは、醤油味がしっかりした中華そばって感じのものです。旨味や甘味があります。少ししょっぱめであっさりという表現がどうもしっくりしません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、海苔、鳴門、ねぎと充実です。チャーシューは、塩での味付けです。魚の水煮缶のような苦手な味付けです。
中華そばらしいものでした。あっさりとの表記がどうもしっくりしませんが、トッピングが充実していての630円とまあまあいい線ではないでしょうか。そうなると中華そばや極にぼも是非機会をみつけて食べてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.02.14

麺食堂 まる七

まる七 まるとく中華そば

新発田市の「麺食堂 まる七」です。
国道7号線沿いにあります。五十野公園方面の交差点から少し中条寄りです。
新発田市でのお昼になりました。好きなまる七で食べようとお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、左側手前と中央寄りにカウンター席、左側さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質の感じがロッヂのような雰囲気です。午後12時10分に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、中華、担々、塩、背脂、味噌、塩、つけ、担つけに大別され、それぞれにトッピングを加えたものもあります。また、サイドメニューやセットメニューも充実しています。このお店で好きなラーメンは背脂ラーメンです。しかし、ここのところその背脂ラーメンが続いているので、シンプルな中華そばのちょい豪華トッピングのまるとく中華そばを食べてみようと思います。
このお店は出来上がりが早いお店です。今日も早めに出来上がってきました。
使い古した雷文模様の昔ながらの器に、醤油色のスープがとても美味しそう。
麺は、やや細めの縮れ、プリプリした食感と程良いコシ、旨みのある麺です。
スープは、醤油のしっかりとあっさりの中間、バランスが良くどちらも楽しめます。油もやや多めに浮いています。まろやかさとこってり感も楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉、海苔、鳴門、ほうれん草、ねぎなどです。とても充実しています。味玉の黄身が、透き通るように綺麗です。
少し油が多めの昔ながらの中華そばです。ちょっと派手な中華そばかも知れません。豪華トッピングで850円です。まあまあいい線でしょうが、中華そばが580円とお手頃なので割安感を感じられない値段に感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.13

青島食堂 東堀店

青島東掘店 ラーメン(大盛)

新潟市の「青島食堂 東堀店」です。
新潟市の中心部、東堀通り沿いにあります。といっても白山神社に近くです。
青島食堂東堀店のラーメンが食べたくなり、少し遅い時間にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席だけの小さなお店です。あまり飾り気のないラーメン屋さんらしいお店です。午後12時30分に着きました。お昼の第一段が帰って半分ぐらいのお客さんの入りと予定通り空いています。お店の外に食券販売機があり、500円玉の認識が悪いとの貼紙があります。500円玉が3枚とも認識しませんでした。100円玉もたっぷりあります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピングの追加です。青島は好きな1種類のスープで勝負しているお店です。さらにありがたいのは大盛りが50円アップと安いところです。ここは、食券販売機に麺の量が表示しています。普通が175gで大盛りが250gです。青島系列店で個人的に標準のメニューなってしまっているラーメン(大盛)にしました。
入ってすぐ正面辺りに座り、食券を出して待ちます。先客の麺がゆであがるところでした。東堀店もスタッフが2人です。西堀通店の半分も席がないのに同じスタッフの人数です。そういうこともあってなのかとても仕事が丁寧に見えます。後客のラーメンと合わせて作り、かなり早めに出来上がってきました。
パステルカラーの龍の模様が入った白い器に醤油色のスープが良く映えます。カウンター場に置かれた黒胡椒を挽きながら多めにかけていただきましょう。
麺は、普通の太さの縮れ、見た感じ特徴はありませんが、ツルツル感やモチモチ感、旨味やスープとの絡み、噛み応えの良さなどバランスの取れた麺です。
スープは、醤油味とダシの旨みを生姜と胡椒がきりりと引き締めてくれます。麺といっしょに食べてもスープだけ飲んでもしょっぱめですが美味しいです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎなどです。トッピングだけでもラーメンとしても、とてもバランスが取れています。
東堀店は味が安定しているのでいつも安心して食べさせていただいています。ラーメン(大盛)は750円と高めの値段ですが、納得させられる品質です。
青島でもこの東堀店はお店が小さく食洗機がありません。親父さんですが手をかけて洗う器で食べられます。だから他店より美味しく感じるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.12

療養 カップ麺

サッポロ一番 こってりみそラーメン

マルちゃん 味噌ちゃんぽん

カップヌードル ブイトン

今日は、のんびり自宅でお休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.11

退院

入院⑥

午後6時からの夕食、午後9時の消灯…。山行か釣行前日でなければあり得ない生活時間です。午前3時から午前4時には一度目覚めます。もう一度眠られればいいのですが、眠れないまま時間が過ぎます。入院生活の朝は、午前6時過ぎから始まります。看護師さんが来て、検温、血圧、測定、抗生剤の1回目点滴開始です。一段落して、洗面など病室みんながその頃から動き出します。
午前7時30分に朝食が運ばれてきます。予めお願いすれば食堂でも食べられるようです。ごちそうさんを見ながらが食べれます。基本、病室で食べます。終わって廊下に下げると人によって全然食事が違っていることに気付きます。
今日の治療は、化膿部分の軽い消毒です。中心部分の腫れは変わらないかな?その後は、のんびりと過ごします。何もしないままボーッとお昼を待ちます。
ボーッとしているのはいいんですが、せっかく入院したので行ける範囲で病院内を散策してみます。売店があります。入院に必要なものや飲み物、お菓子、お弁当やパン、カップ麺もあります。お弁当とかは入院患者が買えるのかな?
病棟の食堂とは別に職員食堂や外来食堂があります。どちらにもラーメンがあります。職員食堂が390円、外来食堂が460円です。良心的な値段です。美味しそうなものがいろいろあります。入院着じゃ食べさせてくれないかな?
図書室もありますが、平日のみです。見たい本も無さそうな蔵書の規模です。
部屋に戻って静かにお昼を待って昼食、その後もゆったりのんびりとします。
午後3時から抗生剤の点滴2回目が終わり次第退院ということになりました。
病院の1食って500kcalぐらいでした。3食を食べていたら、かなり効果のあるダイエットになりそうです。普段は、倍以上採ってそうに感じでいます。
入院時、左ほほにはリンゴ半個ぐらい(高さはさらに半分ぐらい)が入っている感じでしたが、今はミニトマト半個ぐらい(高さはさらに半分ぐらい)が入っている感じまでに回復しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.02.10

入院生活3日目

入院③

入院④

入院⑤

食事の紹介をします。目立つような食事ではありませんが、気に入ってます。重粥と味噌汁とおかずです。薄塩ですがだしの旨味が効いたいい味付けです。一品一品味付けが考えられています。この食事を考えた人が作るラーメンを食べてみたいです。健康的なのに美味しい。塩分3〜4gは難しいでしょうね。
病院に入院していると入浴も楽しみになります。男女別に曜日入替えの浴室があります。せめてシャワーだけでも浴びたいところですが、無理なようです。
土曜日に入院して日曜日と過ごしてきました。月曜日に驚くのがナースステーションの人の多さです。今まで2〜3人だったところに20〜30人みたいな感じです。不謹慎ではありますが、そのままAKB48のように歌い、踊り出しても不思議じゃないような雰囲気です。若い人が多いのに、また驚きです。
今日の治療は、化膿部分の痛い消毒と抗生剤の点滴が2回という内容でした。
腫れは、周囲や目の廻りは治まり普通に見えるようになりました。ただ腫れ中心部分は腫れたまま、治るが時間が必要とのことです。体温も普通に戻りましたが、血液中の炎症などを表す数値が大きく退院が延期となりました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014.02.09

入院生活2日目

入院②

昨日はバタバタしてあまりテレビを見る気にもなれませんでした。ベッドサイドにはテレビ、相方がラジオと新聞を持ってきてくれました。たっぷりソチオリンピックを楽しもうかとも思いますが、応援している選手は高梨沙羅とキム・ヨナぐらい。逆に情報を遮断してゆっくり過ごしてみようかと試みます。
さて容態は、痛みがなくなって楽になりましたが、腫れが一向に引きません。午後から多少回復したとしても、明日人前に晒せそうな顔にはなりえません。やはり1泊2日の入院で回復させれるほどの若さと回復力はもうありません。医師からは、仕事も大事ですが身体も大事ですから…。納得させられました。入院の延長です。上司・同僚に連絡して仕事の段取り、なんとかなりました。
今日の治療は、化膿部分の痛い消毒と抗生剤の点滴が3回という内容でした。午後から少し様子が良くなってきました。左側の腫れが少し引いてきました。右の瞼が少し腫れてきました。下にして寝ていたからでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.02.08

入院

入院①

入院しちゃいました。

ラーメンの食べ過ぎによる消化器系疾患とかでの入院ではありませんので…。
金曜日の午後から左側上糸切り歯の根本あたりにむず痒い感じが現れました。鼻の左です。少し腫れあったので定時退社、帰宅、早めに睡眠を取りました。
翌朝には、すっかり良くなり、食の陣当日座へ。新潟おでん種をつまみに今年の日本酒カクテルなんかを楽しもうかと企てていました。
しかし、状況は悪化、さらに腫れ上がり左目を開けるのも困難な状況になりました。いつも通っている歯医者さんは土曜日休診なので近所の歯科医院に行くと、化膿した部分を取り出すことはできるが、点滴が有効なのでと大きな病院を紹介してくれました。病院に行くと、即入院で1週間ぐらいとのことです。
月曜日には外せない仕事もあり、取り敢えず1泊2日の入院を予定して検査。レントゲンは何度もありますが、初のCT、ドーナッツを内側から見ました。血液検査もあります。人間ドックと同じで気楽に吸ってもらいました。鉄分?
処置は、上の歯茎の上を切って化膿した部分の洗浄。かなり痛いものでした。
それからは、抗生剤の点滴です。後々まで使うとのことで動いても邪魔にならない位置に針を刺しますが、なかなか決まらないこと。看護師さんが可哀想に思えてきます。いいよ、俺の腕でいっぱい練習しな!って感じでしょうか!?気にしていませんでしたが体温が38度を越えていました。鎮痛剤を服用しての38度越えの体温なのでそこそこあります。それでも食欲はばっちりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.02.07

俺たちのらー麺屋 ちょび吉

ちょび吉 ド煮干醤油らー麺

新潟市の「俺たちのらー麺屋 ちょび吉」です。
県道41号線沿い、大堀幹線坂井東交差点から亀貝インター寄りにあります。
煮干し系のラーメンをまだ食べていません。食べてみようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、厨房の手前と中央にカウンター席、右側に小上がりがあります。新たにその手前のスペースに1卓だけですが、テーブル席が増えています。大きなお店ではなく、昭和中期ようなレトロな雰囲気になってます。午前11時45分に着きました。お店の前に8人程列んでいます。この時間で?と思ったら、通常午前11時30分開店ですが、今日は午前11時45分の開店でした。ちょうど開店の時間で、すいすいとカウンター席に座れました。
メニューは、ド生姜醤油らー麺、ド煮干醤油らー麺とそれらにちゃーしゅーを加えたもの、数量限定のえびつけ麺とそれにちゃーしゅーや辛みを組み合わせたバリエーションがあります。お店に人気のランキングも掲示されています。前回はド生姜醤油らー麺にしました。今回はド煮干醤油らー麺にしました。
このお店は、一括会計のみの対応で、2人以上の来店は大盛りサービスです。その後もお客さんが来ます。正午前には並ぶほどの混み具合いになりました。開店で一気に入りましたから、順番に出来てはきますが時間がかかりました。
青い模様の器に醤油色のスープとトッピング、くじら軒に似た仕上がりです。
麺は、やや細の弱い縮れ、モチッとしていますが、歯切れが気持ち良いです。
スープは、醤油味がしっかり…、それ以上に煮干しの旨味と風味が濃厚です。煮干しを楽しんだつもりでしたが、底には魚粉が残っていました。残念です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、水菜、白髪ねぎ、味玉、鳴門、糸唐辛子、ゆず皮など充実しています。なかなか楽しませてくれます。
まあまあの線かなと思います。魚粉なんか使わなければいいのにと思います。680円+税38円です。外税なんか使って欲しくない規模のお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.06

青島 西堀通店

青島西掘通店 チャーシューメン(大)+ねぎ50円増

新潟市の「青島 西堀通店」です。
古町エリアの西堀通り沿いにあります。イタリア軒の並び、下手になります。
今年に入って初です。久々に長岡生姜醤油が食べたくなってお邪魔しました。
お店は、奥行きがあります。右側に広い厨房、左側奥から手前にかけての長いカウンター席だけのお店です。飾り気がなく、開放感のあるラーメン専門店らしい雰囲気です。午後12時15分過ぎに着きました。他にお客さんが5人だけとこの時期に信じられない静けさです。入って左に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りだけになります。好きな1つのスープでやっている店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量できます。割高にはなりますが、好みにトッピングをアレンジしたラーメンが楽しめます。大盛りの50円増しが助かります。少し豪華版でチャーシューメン(大盛)+刻みネギ50円増しにしました。
すぐに作り始めてもらえて、いつもよりかなり早く出来上がってきました。
白い器に醤油色の濃いスープが食欲をそそります。盛り付けが少し荒めです。
黒胡椒を粗めに挽いて掛けます。生姜の香りと良く合って香りで楽しみます。
麺は、普通の太さと普通の縮れ具合で、これといった特徴のある麺ではありませんが、ツルツル&プリプリ&モチモチとバランスの良さが楽しいものです。
スープは、醤油のしっかりした旨みのあるものを生姜と胡椒がきりりと引き締めます。前回は油がかなり多めでしたが、今日は普通の量に戻っていました。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、ねぎです。
普通だけど好みの麺、醤油と生姜が効いたスープ、弾力のある歯応えを楽しめるチャーシューです。チャーシューメンの大盛が850円+トッピング50円と安くはありませんが、満足の1杯です。定期的に食べたくなる味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.05

加勢牧場のガンジー牛乳

加勢牧場のガンジー牛乳

長岡市(旧和島村)にある加勢牧場で生産している加勢牧場のガンジー牛乳です。道の駅良寛の里わしまでガンジーソフトクリームは何度か食べていますが、ガンジー牛乳はいつも売り切れでした。通る度に覗いていて初めてありました。1000mlで700円とちょっと高い牛乳になりますが、日本酒と比べるとまだまだ安いです。家族みんなが飲めます。迷わずに購入しちゃいました。それほど極端ではありませんが、ひと味違う牛乳を家族で楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん いちのじ食堂

いちのじ

新潟市(旧岩室村)の「らーめん いちのじ食堂」です。
県道374号線(旧国道116号線)沿いにあります。和納の田んぼ中です。
ネットか雑誌で結構前に見つけて、行こう行こうとようやくお邪魔しました。
お店は、右側奥に厨房、手前にカウンター席、2人掛のテーブル席も1卓、左側に小上がりがあります。2人掛2卓、4人掛2卓と小上がり中心のちょっと新しそうな良い意味普通のラーメン店です。正午前に着きました。半分ぐらいの席が埋っています。その後もお客さんが増え、すぐに満席近くなりました。
メニューは、醤油、塩に大別されています。醤油は背脂入りで、らーめんとそれにチャーシューやもやしなどを加えたものがあります。背脂の量は、中油、大油、油まみれから選べます。背脂の苦手な人用に特選和風醤油らーめんがあります。味噌は、味噌らーめんにチャーシュー、ねぎ、ニラなどを組み合わせたもの、辛味噌らーめんなどがあります。後に追加されたのでしょう、壁に貼紙で背脂塩らーめんもあります。基本的ならーめん(中油)にしました。
太麺はゆで時間がかかるかなと思いましたが、普通に出来上がってきました。

いちのじ らーめん(中油)

雷文と双喜の模様入り、ちょっと使い込んだ器の表面を背脂が覆っています。

いちのじ お箸

食べようとお箸を取ると…、プラ製のお箸に慣れ過ぎていたためか違和感があります。重みも感じます。中華料理店なんかで使う金属のお箸に近い重量感と相反する手に馴染む感じ、金属製にラバーコーティングのお箸のようです。
麺は、太い縮れでモチモチしたもの、味噌ラーメン並みの食べ易い太さです。
スープは、背脂が見事に表面を覆っていますが、そんなに厚みはありません。その下には、醤油味のしっかりした、だしの旨味の効いたスープがあります。
トッピングは、やや軟らかめのチャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎなどです。
多そうに見えた背脂ですが、食べてみるといい量でした。と思ったのですが、胸焼けっぽさが少し残りました。それでも食べ易く、600円とお手頃です。次回は玉ねぎのトッピングを加え、コッテリ感を中和させながらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.04

のどぐろとサーモンといくらの弁当

のどぐろとサーモンといくらの弁当 パッケージ

のどぐろとサーモンといくらの弁当

今日は、お昼からの新幹線移動です。昼食にラーメンを食べましたが、やっぱりラーメンだけでは物足りなく感じます。駅弁を食べながらの移動にします。
新幹線改札口近くのいつもの駅弁屋を覗いてみます。販売中の駅弁は、駅弁の中を写した写真入り大きめカードで紹介されてます。お昼時間はいろいろあるだろうと期待していましたが、いつもと同じです。ただ、食べていない駅弁がひとつありました。前にも一度見かけましたが、値段が高く遠慮していた駅弁です。食べてみます。神尾商事ののどぐろとサーモンといくらの弁当です。
早速、新幹線に乗り込んでいただきます。今日はそんなに混んでません。普通です。発車まで8分前で、入線・乗車もしています。窓際の席に座れました。
お品書きはなく、原材料の表示だけです。昆布だしご飯、塩焼赤むつ(のどぐろ)、漬焼サーモン、いくら醤油漬、甘酢生姜漬などです。品数は少いです。
開けてビックリです。なんかの骨せんべいかと思いました。のどぐろを酢で締めたものです。焼漬サーモンはづけのような感じ、いくら醤油漬はかなり少なめです。どれも凄くしょっぱめ、高血圧になっちゃいそうなしょっぱさです。のどぐろも小さなもので、のどぐろの身を味わったという感じは残りません。
これで1480円はないでしょ。かなりのがっかりが残る駅弁になりました。
のどぐろは食のいろんなイベントで人気ですが、この組み合わせはどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店

蔵 けやき通り店

新潟市の「会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店」です。
駅南のレクスン近く、プラーカ3との間、けやき通りを越えた先にあります。三吉屋と背中合わせ、以前「らーめん家 天辛」がやってた建物になります。
キタカタグループのお店です。万代のダイエー地下にありましたが閉店、見附店だけになり消滅していくのかなと思ったら、今回駅南にオープンしました。オープン当時の混みも解消した頃かなと思って、ボチボチとお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり右側に厨房、左側中央に壁向きのカウンター席、左側手前と奥にテーブル席があります。居酒屋でも良さそうなちょっとレトロな雰囲気です。午前11時40分頃に着きました。席が1/3ぐらい埋っています。
メニューは、醤油味の喜多方ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、味噌・辛味噌・塩の各ラーメンとそれらにチャーシューや野菜を加えたもの、とんこつ、タンメン、担々麺、冬限定の伽麗チーズラーメンなどがあります。伽麗チーズラーメンも結構引かれますが、基本的な喜多方ラーメンにしました。
スタッフが多めに感じます。それもあってか?早めに出来上がってきました。

蔵けやき通り店 喜多方ラーメン

白い器に味噌か豚骨のようなスープ、期待していた醤油色とは全然違います。
麺は、太めで強烈な縮れです。嫌いじゃないけど好きにはなれないものです。
スープは、こってりそうに見えますが、以外とあっさりしています。煮干しの旨味と風味がいい感じです。キタカタグループのスープは嫌いじゃないです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
存在感がちょっと強すぎる麺と、醤油味はあまりしませんが旨味とバランスのいいスープ、トッピングもまあまあ充実して600円です。いい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.03

そば処 長寿庵

長寿庵

柏崎市の「そば処 長寿庵」です。
国道252号線沿い、柏崎ICから旧高柳町方面に2㎞程走った先の左です。
何度も国道を走っていて、電光に表示されるラーメンが気になっていました。お蕎麦屋さんですが、ラーメンにも力を入れてそうなのでお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席1卓、左側に小上がりが2卓あります。庶民的なお蕎麦屋さんの雰囲気の小さなお店です。席数の割り厨房が広めで、スタッフも多め、出前が多いお店なのでしょうか。午後12時40分過ぎに着きました。他にお客さんが3人と空いています。
メニューは、おそばの部、中華の部、御飯の部、季節物や飲み物があります。
おそばの部は、そば・うどん・きしめんがあり、温冷いろいろ揃っています。
御飯の部は、和食ものの丼物・カレー類・定食などがいろいろ揃っています。
中華の部は、中華そば、チャーシューメン、五目中華、みそラーメン、みそチャーシュー、ざる中華などです。最初なので基本的な中華そばにしました。中華そばと注文したら、厨房へラーメンと伝えられます。良くあることです。
思った通り手際の良さそうな仕事です。かなり早めに出来上がってきました。

長寿庵 中華そば

雷文や龍の模様が掠れた白い器に、シンプル加減が期待通りの中華そばです。
麺は、細い縮れで適度なモチモチ感もあります。食堂らしい一般的な麺です。
スープは、中華そばらしい醤油のあっさりで、適度な油から旨味もあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。チャーシューは、弾力のある厚切りが2枚も、久々に歯応えを楽しみました。
ちょっと美味しい中華そばでした。500円と値段もお手頃で助かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.01

中華飯店 こうちゃん

こうちゃん

新潟市の「中華飯店 こうちゃん」です。
新潟市の東エリア、山の下から藤見町に向かう途中、合流点手前にあります。
ラーメンと書かれた大きな看板があり、店前を通る度に気になっていました。
近所のお客さんが中心のお店のようで、裏の駐車場に1台だけ止められます。午前11時20分頃と早い時間だったため駐車場に止めることができました。
お店は、左側に厨房、右側厨房向きにカウンター席だけの小さめのお店です。中華飯店らしい特徴はほとんど感じられない、和定食のお店って雰囲気です。古く昔ながらって印象のお店、好みのラーメンが食べられそうな気がします。
お店には他にお客さんはいません。年配の夫婦でやっているお店のようです。親父さんが伝票書きをしています。なんだろう。壁にメニューが貼ってます。
メニューは、麺類とご飯物があります。麺類は、ラーメン、わかめラーメン、メンマラーメン、タンメン、みそラーメン、もやしラーメン、チャシューラーメン、みそチャシュメン、五目ラーメン、マーボラーメン、かしわうま煮ラーメン、やきそば、あげそば、こうちゃんラーメンがあります。ご飯物は中華系丼物やチャーハン、ラーメンとのセットもあります。ラーメンにしました。
待っているとお店に電話が入ります。依頼されていた出前が追加のようです。五目ラーメンの数を増えるようです。五目ラーメンは地元に好まれています。次回は五目ラーメンを食べようかと考えているうちに出来上がってきました。

こうちゃん ラーメン

薄い水色の器に淡い醤油色透き通ったスープが期待した通りのラーメンです。
麺は、細い縮れのものです。かなりモチモチ感があり、歯応えを楽しめます。
スープは、淡い醤油色の透き通ったもの、見た目通りのあっさりしています。これといって飛び抜けた旨味とかはなく、凄く自然で優しさが感じられます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、わかめ、鳴門、ねぎとシンプルです。わかめが口に入ると磯の香りが広がり、今までとまた違った味も広がります。
かなりレベルの高い昔ながらのラーメンです。通常500円とワンコインで食べれますが、お昼時は390円と信じられないお手頃なラーメンになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »