« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014.03.31

村上ラーメン にぼしまじん

にぼしまじん まじん辛みそ(大盛)

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)のフードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュースによる新店舗です。3月10日にオープンして2回目、まじん味噌が美味しかったので、またお邪魔しました。
午後1時少し前に着きました。国道沿いのショッピングセンターなので車での乗り入れも楽で、駐車場も広々です。平日の昼は楽々駐車できて助かります。
フードコートの入口、お店に近い場所にメニュー紹介の立て看板があります。
メニューは、いちおしと印の付いているのが、しょうゆです。にぼしのスープです。あっさりにぼしスープ、5種ブレンドしょうゆ、専用自家製麺と説明があります。次にみそです。にぼし&魚介のスープです。オリジナルブレンドみそ、味噌専用自家製麺、潮の香りオリジナルスープて説明があります。最後に辛みそです。スープや説明はみそといっしょです。いずれにもネギやチャーシューを加えたもの、トッピングを充実させた小太喜屋の喜びにあたるまじんがあります。小太喜屋同様、大盛りが無料になっています。喜び飯、ミニソフト、ミニソフト引換券付きお子さましょうゆなどもあります。
フードコートはそれなりの広さはありますが、そんなにお店が多くないのに、今日も混んでいます。消費税が上がる前の買い物でしょう。じいちゃん&ばあちゃんが孫を連れての昼食のようです。前回はほとんどの人がラーメンを食べていましたが、今回は、ざるそばや丼ものを食べている人も多く見かけます。
お店前まで行って注文します。このまえは、まじんみそにしました。いちおしのしょうゆといきたいところですが、好きな物は最後に取って置きましょう。今回は、辛みそを食べたいと思います。まじん辛みそ(大盛)にしました。
お金を支払うと木製の札を渡されます。そんなだだっ広いフードコートじゃないので声が届きます。何周したか解りませんが17番です。フードコートのセルフの水を用意して待ちます。すぐに出来上がったのは8番でした。順調に出来上がってきています。テーブルにこだわりについて書いたものがあります。
「にぼしまじん」は、にぼし好きのお客さまの笑顔のために!
今日もにぼしにこだわっておつくりすることを誓います!!
スープも、麺も「にぼしまじん」の名の通り、とにかくにぼしにこだわった、にぼし好きのための“超”にぼしだしが自慢です!麺は、全て自家製麺。メインのしょうゆにはしょうゆ専用の、みそにはみそ専用の麺を使用。完全無添加で身体に優しい麺です。
美味しさの追求はもちろん、素材手間ひま惜しまずひとつひとつにも村上の地元の皆さまの健康に配慮し、可能な限り身体に良い食材とレシピでおつくりしています。二種類のチャーシューも、もちろん自家製。ご注文ごとに切り出して盛りつけています。
こころを込めてにぼしまじんの「に」は笑顔の「にっ」!お客さまに笑顔をなって頂けるように、スタッフ全員で明るいご挨拶と感謝の心でお客さまをおむかえしています。
こだわりについて読んでいるうちに呼ばれました。約10分弱の待ちでした。
お盆にお箸とレンゲがセットされていて、ラーメンがのって出来上がりです。
真っ白な器にみそらしい色のスープ、豪華なトッピングが嬉しくなります。
麺は、普通の太さのやや弱い縮れ、味噌ラーメンにありがちな太麺やコシの強いものではなく、札幌ラーメンと同じ食べ易い食感です。旨みのある麺です。
スープは、しょっばさを控えた優しい味噌味に辛さが加わります。一味唐辛子の癖のない辛さと味噌の旨味、煮干し風味が絶妙なバランスで絡み合います。
トッピングは、2種のチャーシュー、メンマ、味玉、コーン、白髪ねぎ、青ねぎ、糸唐辛子と充実しています。量よりも質って感じの華やいだ雰囲気です。
フードコートという場所がら、小太喜屋のような丁寧な仕事を見れませんが、出来上がったものから相変わらずの仕事の丁寧さが伺えます。お客さんの健康を考えてつくっていることが嬉しく思えます。850円もいい線でしょう。
にぼしまじんが起動に乗り、小太喜屋が再開できる日を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.30

麺Kitchen ふくすけ

ふくすけ(3)

ふくすけ(3) 看板
新潟市の「麺Kitchen ふくすけ」です。
県道16号線沿いにあります。「ら~めん家 コトブキ」の市街寄りです。
先日、通ったときに桜食堂がもう別のお店に変わっていると驚きました。それも「麺Kitchen ふくすけ」ですから2重の驚きです。「つけ麺らーめん iena」に同居するような形で再開しまし、そのお店が「麺まっちょ」に変わるとのこと。いろいろと大変だったろうと思いながらお邪魔しました。
午前11時40分過ぎに着きました。お店の外に6人、風除室に4人の待ちになっています。風除室の用紙に名前と人数を書いて待ちます。お店の前に昼と夜の営業時間や定休日が書き記されていますが、しばらくは昼だけの営業とのことです。40分ほど待ってようやくお店の中に案内されました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。真新しく綺麗なお店です。カウンター席に案内されました。

ふくすけ(3) メニュー

ふくすけ(3) 限定メニュー

メニューは、ふくすけ、白海老、魚介醤油、野菜みそらーめん、数量限定麺の極み 油そば、魚介 油そば、紅 -beni-があります。サイドメニューは、豚キムマヨ丼、油追い飯、ライスがあります。限定復活のちびレストもあります。もう食べることはないと思っていました。ちびレストにしました。
混んでいてかなりの待ちかと思いましたが、結構早く出来上がってきました。

ふくすけ(3) ちびレスト

黒い器に山盛り野菜とボリューム感のあるチャーシューのったラーメンです。
麺は、やや太の平打ち、縮れです。モチモチ感が強く、硬めの茹で加減です。野菜をゆっくり食べ、好みの食べ易い硬さになったところで食べ始めます。
スープは、豚骨の白濁したもので背脂が少し浮いています。二郎系のような味ですが、醤油のしょっぱさが控えめで優しい味です。生姜が効いています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、キャベツ・もやしのゆで野菜、おろしにんにく、生姜細切り、ねぎなどが山のように盛り付けられています。
ちびレストとは良く言ったものです。デカ盛りではありませんが、デカ盛りの雰囲気を楽しめるラーメンです。麺も多めで野菜もたっぷりです。700円と安くはありませんがデカ盛り気分を十分に楽しめるラーメンでした。

ふくすけ(3) ちびレストの器

食べ終わって見ると結構個性的なあまり見たことのない模様の入った器です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.29

麺マッチョ

麺マッチョ スタッフ募集

新潟情報に「麺マッチョ」というラーメン店がスタッフを募集していました。場所は、新潟市東区竹尾4-10-8です。「つけ麺らーめん iena」の場所です。4月5日(土)オープン予定になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚式

結婚式

今日は、後輩の結婚式でした。
いい結婚式でした。
末永くお幸せに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.28

らーめん みずさわ 吉田店

みずさわ吉田店 角煮ラーメン


燕市(旧吉田町)の「らーめん みずさわ 吉田店」です。
国道289号線沿いにあります。国道116号線春日町交差点から北陸道三条燕インター方向に向かった先、いっこく→心吉だった建物になります。
長岡生姜醤油ラーメンを代表するお店のひとつ。北長岡駅前に本店があり、2号店になります。オープン当時に一度食べて以来2度目のお邪魔になります。
お店に入るとすぐに風除室で、待ち用のベンチと食券販売機が置かれてます。
メニューは、オープン当時からのラーメン、みそラーメン、とんこつラーメンとそれらのチャーシューメンに加え、豚骨背脂燕ホワイト、濃厚野菜みそ、辛ねぎ味噌、豚骨背脂燕味噌、生姜醤油つけ麺、ピリ辛醤油つけ麺、ざるラーメン、味噌つけ麺、辛味噌つけ麺があり、さらに月替りメニューでスパイシー角煮ラーメンがあります。トッピングもいろいろ加えることができます。燕ホワイトという文字が真っ先に目に入ったが、良く見ると背脂、ちょっとそこまでの勇気はありません。昨日に引き続きスパイシー角煮ラーメンにしました。
お店は、右側に厨房、厨房に向かってカウンター席、中央から左側がテーブル席、奥に小上がりがあります。広々とした店内は、白と黒を基調とした落ち着いた雰囲気です。正午過ぎに着きましたが、7割ほどのお客さんの入りです。
待っているお客さんが多く、順次出来てきますが、少し時間がかかりました。
白い器に醤油色のスープが美味しそうです。旨煮の塊が3個も入っています。
麺は、やや細めのしっかりした縮れ、ツルツル感やモチモチ感の良い麺です。
スープは、醤油の旨みとダシの旨み、生姜の爽やかさがしっかりしています。
トッピングは、角煮、チャーシュー、メンマ、岩海苔、ほうれん草です。角煮は、脂身の少ない厚切りチャーシューのような感じで、いい辛みがあります。
長岡生姜醤油らしい好みのの味した。850円と少しお高い印象が残ります。
セルフサービスのライスもいただきました。1杯目は無料で、2杯目は100円です。少し山盛りにしていただきました。自家栽培のこしいぶきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.27

和食堂 てっ平

てっ平

燕市の「和食堂 てっ平」です。
燕市の西地区、県道18号線沿いにあります。小池小学校への入口の角です。
Tenyの新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたかったお店です。ラーメンの旅って、地元のあまり若くない人が紹介してくれたお店のレポートするコーナーで、地元のあまり若くない人に好かれているお店って確かです。
お店は、右側の入口から入ります。奥に厨房、手前から左側に暖簾や衝立で仕切った半個室の小上がりがあります。居酒屋の雰囲気そのものです。午後1時30分過ぎに着きました。帰るお客さんと入れ替わりで貸切り状態です。
メニューは、写真入りで判り易いくなっています。とにかく種類があります。麺類は、ラーメン、うどん、お蕎麦があり、丼ものや定食、特にいろいろ組み合わせたセットがたくさんあります。数えようと思わないほどあります。ラーメンは、角煮味噌ラーメン、角煮醤油ラーメン、細めん醤油ラーメン、ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメン、野菜ラーメン、みそタンメン、半ラーメン、味噌炙りチャーシューメン、炙りチャーシューメンなどあります。メニューが多すぎて、選ぶのに困るほどです。角煮味噌ラーメンにしました。Tenyの新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたいと思っていたものです。
すぐに出来るかと思いましたが、あったり前に待って出来上がってきました。

てっ平 角煮味噌ラーメン

黒くちょっと凸凹した器に味噌ラーメンには見えないスープの色が特徴です。
麺は、太麺の縮れの強めものです。ごく普通の味噌ラーメンらしい麺のようですが、食べているうちにだんだん美味しく感じられるようになる麺です。
スープは、味噌ラーメンのスープに見えません。背脂が浮いているのでこってりしているかのように見えますが、お味噌汁のように優しくあっさりしています。少し甘めで、麺を食べるともう少し甘めに感じられるスープです。
トッピングは、角煮、メンマ、味玉半個、海苔、わかめ、ねぎなど充実です。角煮は、150gとかなりボリュームがありますが、少し繊維質が強めです。
食べ終わる頃にコーヒーが出ました。ランチだけのサービスでしょうか。
なかなかいい味噌ラーメンでした。角煮が合わさり料理って感じになります。税別800円と安くはありませんが、充実していて値段的にも良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.26

だるまや 亀貝店

だるまや亀貝店 味噌ラーメン

新潟市の「だるまや 亀貝店」です。
新潟西バイパス亀貝インター近く、大きなパチンコ店の駐車場内にあります。最近できたショッピングエリア、三宝亭、だるまや、きんしゃい亭&たぶきんがオープンしています。もともとラーメン店の多い小新エリア、激戦区です。
新潟市から国道116号線を移動中です。ラーメン店が多くて悩む路線です。今日も味噌ラーメンを食べようと思います。お昼時を過ぎているので、お昼時に混んで諦めているだるまやの味噌ラーメンにします。亀貝店の味噌ラーメンをまだ食べていません。ちょうどいいかなと思い亀貝店にお邪魔しました。
午後1時過ぎに着きました。外に列びはなく、そのままお店の中に入ります。
お店は、右側が通路になっていて、お店の中ほどに入るようになっています。通路の右側は座れるようにベンチになっています。奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。木をふんだんに使った山小屋とかロッジ風のラーメン屋さんでよくある造りです。
メニューは、和風とんこつのだるまラーメンとそれにチャーシューを加えたもの、味噌ラーメンとそれにチャーシューや野菜を加えたものがあります。サイドメニューやセットもあります。野菜味噌ラーメンも食べてみたいのですが、普通のお昼にはちょっと高価過ぎます。普通の味噌ラーメンにしました。
どうしたんでしょう。男性スタッフが3~4人居そうですが、厨房で作っているのは1人だけ。かなり待って、順番も入れ替わって出来上がってきました。
赤い器に充実のトッピングで麺が見えません。彩りが良く目も喜んでいます。
麺は、やや太の弱い縮れです。適度なモチモチ感の癖のない食べ易い麺です。
スープは、味噌味がバランス良くやや濃厚、ちゃっちゃされた背脂でこってりしています。心地よく食べれますが、健康的な食べものとは違う気がします。
トッピングは、大きなチャーシュー、メンマ、味玉半個、もやし、水菜、玉ねぎ、青ねぎ、辛味など充実しています。辛味でスープ全体が引き締まります。高級な雪国まいたけのもやしでも1㎏220円、キャベツも欲しくなります。
癖のない麺、旨みの強いスープ、充実のトッピング、730円はいい線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.25

村上ラーメン にぼしまじん

にぼしまじん

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)のフードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュースによる新店舗です。予定通りだと3月10日のオープンしています。オープン後初めてお邪魔しました。小太喜屋の新しい煮干し味を楽しみたいと思っています。さて、どんな味でしょう。
午後12時30分過ぎに着きました。国道沿いのショッピングセンターなので車での乗り入れも楽で、駐車場も広々です。平日の昼は楽々駐車できます。
フードコートの入口、お店に近い場所にメニュー紹介の立て看板があります。

にぼしまじん メニュー

メニューは、いちおしと印の付いているのが、しょうゆです。にぼしのスープです。あっさりにぼしスープ、5種ブレンドしょうゆ、専用自家製麺と説明があります。次にみそです。にぼし&魚介のスープです。オリジナルブレンドみそ、味噌専用自家製麺、潮の香りオリジナルスープて説明があります。最後に辛みそです。スープや説明はみそといっしょです。いずれにもネギやチャーシューを加えたもの、トッピングを充実させた小太喜屋の喜びにあたるまじんがあります。小太喜屋同様、大盛りが無料になっています。喜び飯、ミニソフト、ミニソフト引換券付きお子さましょうゆなどもあります。
フードコートはそれなりの広さはありますが、そんなにお店が多くないのに、今までにない賑わいです。ほとんどの人がラーメンを食べています。にぼしまじんの人気は、凄いものがあります。地元の人が多いようです。
お店前まで行って注文します。いちおしのしょうゆといきたいところですが、小太喜屋にないみそを食べたいと思います。普通にまじんみそを注文したら大盛り無料ですが!と聞き直してくれます。まじんみそ(大盛)にしました。

にぼしまじん 木製の札

お金を支払うと木製の札を渡されます。そんなだだっ広いフードコートじゃないので声が届きます。何周したか解りませんが15番です。フードコートのセルフの水を用意して待ちます。すぐに出来上がったのはちょうど1番でした。間に13人の待ちです。4人のスタッフです。大きな待ちはなさそうです。
テーブルにこだわりについて書いたものがあります。

「にぼしまじん」は、にぼし好きのお客さまの笑顔のために!
今日もにぼしにこだわっておつくりすることを誓います!!
スープも、麺も「にぼしまじん」の名の通り、とにかくにぼしにこだわった、にぼし好きのための“超”にぼしだしが自慢です!麺は、全て自家製麺。メインのしょうゆにはしょうゆ専用の、みそにはみそ専用の麺を使用。完全無添加で身体に優しい麺です。
美味しさの追求はもちろん、素材手間ひま惜しまずひとつひとつにも村上の地元の皆さまの健康に配慮し、可能な限り身体に良い食材とレシピでおつくりしています。二種類のチャーシューも、もちろん自家製。ご注文ごとに切り出して盛りつけています。
こころを込めてにぼしまじんの「に」は笑顔の「にっ」!お客さまに笑顔をなって頂けるように、スタッフ全員で明るいご挨拶と感謝の心でお客さまをおむかえしています。

こだわりについて読んでいるうちに呼ばれました。約15分の待ちでした。
お盆にお箸とレンゲがセットされていて、ラーメンがのって出来上がりです。

にぼしまじん まじんみそ(大盛)

真っ白な器にみそらしい色のスープ、豪華なトッピングが嬉しくなります。
麺は、普通の太さのやや弱い縮れ、味噌ラーメンにありがちな太麺やコシの強いものではなく、札幌ラーメンと同じ食べ易い食感です。旨みのある麺です。
スープは、しょっばさを控えた味噌味の優しいもの、油も浮いていますがこってりした感じはありません。煮干しの香りが味噌とは思えないほど高めです。
トッピングは、2種のチャーシュー、メンマ、味玉、コーン、白髪ねぎ、青ねぎ、糸唐辛子と充実しています。量よりも質って感じの華やいだ雰囲気です。
フードコートという場所がら、小太喜屋のような丁寧な仕事を見れませんが、出来上がったものから相変わらずの仕事の丁寧さが伺えます。お客さんの健康を考えてつくっていることが嬉しく思えます。830円もいい線でしょう。
にぼしまじんが起動に乗り、小太喜屋が再開できる日を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.24

麺者 風天

風天 つけ麺

新潟市(旧亀田町)の「麺者 風天」です。
亀田駅前から鵜ノ子インターへの県道16号線沿い、亀田駅寄りにあります。
同僚を送っての亀田での昼食、まだ食べていないとのことでお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。お店前に10人ほど待っています。紙に
名前と人数を書き待ちます。風除室に食券販売機があり、食券を購入します。
メニューは、こがし醤油ラーメン、チャーシュー麺、辛旨麻婆麺、つけ麺、辛つけ麺、まぜそばがあります。つけめんは、つけ麺、辛つけ麺、濃甘えびつけ麺があります。まぜそばは、通常の汁なし辛肉まぜそばの他、カレーやチリトマト味もあります。サイドメニューも豊富です。大盛りが10円増し、特盛りが20円増しとすごくお得になっています。ラーメン類は、並盛180g、大盛270g、特盛360gで、つけ麺類は、並盛270g、大盛360g、特盛450gです。つけ麺類は、大盛×1.5、特盛×2の単純計算ではないようです。450gなら食べられるでしょう。つけ麺(特盛)にしました。
春休みで学生が多いようです。席に案内されるまで20分少しかかりました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、右側にテーブル席があります。白壁と木調の落ち着いた雰囲気、最近のラーメン店です。
自家製麺の太麺で、ゆで時間がかかるとの貼紙が、多少時間がかかりました。
青い器に麺、黒い器につけ汁が入ってきました。特盛りはボリューミーです。
麺は、太く弱い縮れです。表面は軟らかそうで、芯が凄くモチモチしてます。
つけ汁は、あっさりした醤油味です。癖がなく、適度な魚介の風味がします。
トッピングは、麺にチャーシュー、穂先メンマ、味玉半個、鳴門、細切りのねぎ、魚粉で、つけ汁に輪切りのねぎと胡麻です。なかなか充実しています。

風天 つけ麺 割りスープ

割りスープをいただけるようなのでお願いしました。なっ!なんと割りスープのなんとも上品な登場です。有料かと思っちゃうほどです。チャーシューとねぎと魚粉が小皿に盛られて付いてきました。一本取られた気分になりました。
食べ易いつけ麺です。最近多い豚の旨みが濃厚でとろみの強いつけ汁が苦手な人でも食べられそうなつけめんです。730円+20円で満腹になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.23

赤道食堂

赤道食堂 味噌ラーメン(特製)

新潟市の「赤道食堂」です。
赤道沿い、空港通りと藤見町交差点の中間、小高い丘の頂上付近にあります。
寒い時期に食べたいラーメンがあります。遅くなりましたがお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。街の中でよく見かける食堂の雰囲気です。午後1時40分過ぎに着きました。お客さんは他に3組、半分ぐらいの席が埋まっています。
メニューは、麺類、丼ものと定食などが豊富に用意されています。丼物も食べてみたいです。麺類は、素ラーメン、ラーメン、ワンタン、油そば、ワンタン麺、タンメン、モヤシラーメン、肉ニララーメン、野菜ラーメン(醤油味)、旨煮ラーメン、カレーラーメン、マーボーラーメン、味噌ラーメン(特製)、焼きそば、チャーシュー麺、ザーサイラーメン、キムチラーメン、揚げそば、冷やしラーメン(夏)、冷やし味噌ラーメン(夏)、ざる中華と豊富です。素ラーメンの250円も気になりますが、味噌ラーメン(特製)にしました。
他のお客さんはすでに食べていて、すぐに作り始めます。普通のラーメンと同じ作り方で、最後に予め作っていた大きな鍋のあんをかけて出来上がりです。
青い模様の白い器にハヤシラーメンとでも言った方が良さそうな見た目です。
麺は、普通の太さの縮れ、とろとろの餡をいい感じに絡めてきてくれるます。
スープは、薄味のあっさりした癖のないもの、ここでは脇役に徹しています。
トッピングは、あんかけのみです。もやし、白菜、豚肉などのあんかけです。八丁味噌を使用していますが控えめで、デミグラスソースのような感じです。イタリアンを食べているような錯覚をする味わいです。少し辛みがあります。
あんが多くて最初は解りませんが、下にスープがあることに後で気付きます。他で食べたことのない、味噌味のあんを麺に絡めて楽しむ味噌ラーメンです。650円と食べた印象からはお手頃、ひと冬に一度は食べてみたい一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.22

麺や麺五郎 竹尾店

麺五郎竹尾店 つけめん

新潟市の「麺や麺五郎 竹尾店」です。
新潟市東総合スポーツセンターの近くです。東総合スポーツセンター前の交差点から木戸方面に向かうとすぐの右側にあります。メールネージュはなみずき店の跡、隣がまつげエクステ専門店で、2店が入った平屋の建物になります。
新潟駅前地区弁天公園近くにある「麺や麺五郎」の2番目のお店になります。
お店は、正面に仕切って見えませんが厨房、その手前に厨房向き・右側手前に振り替えるようにカウンター席、左側手前と右側厨房寄りにテーブル席、右側に小上がりがあります。限られた建物に工夫して席を配しています。ラーメンでも和定食でも似合いそうなお店です。午後1時30分過ぎに着きました。他に数組とガラガラです。オープン当時の混みが嘘のような空き具合です。
メニューは、こってり背脂らーめんとそれに岩のりやちゃーしゅーを加えたりもやしを抜いたものの組み合わせ、にぼしらーめんとあっさり生姜らーめんとそれらにちゃーしゅーを加えたもの、つけめんがあります。にぼしらーめん、こってり背脂らーめん、あっさり生姜らーめんを食べています。トッピングを加えて楽しむって方法もありますが、どんなものかつけめんにしました。
空いてはいますが、ゆで時間がかかるようで、普通に出来上がってきました。
青い模様の白いらーめんと同じ器に麺、白い器につけ汁が盛られてきました。
麺は、太い縮れで、モチモチ感の強いものです。一般的なつけめんの麺です。
つけ汁は、醤油味の濃厚なもので、豚の旨みと魚介の風味がします。背脂も浮いていますが、とろみが少なく、以外とサラサラとしています。最近多いとろみの強いものとは違います。今まででトップクラスのしょっぱさです。
トッピングは、麺に味玉半個とメンマ、つけ汁にはチャーシューとねぎです。チャーシューは、小さく切ったもので、量がビックリするほど少ないです。
つけめんは、麺の量が230gとちょっと多めかも知れませんが、大盛りは有料です。チャーシューがわずかで税別750円。かなりお高いって印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.21

鶏そば 繁屋

繁屋

新潟市の「鶏そば 繁屋」です。
笹出線沿いの栗の木バイパス寄り、「中華飯店 広香」の跡にあります。
笹出線は良く通ります。新しくオープンしたのを見て食べたいと思っていました。駐車場がないので蔦谷を利用した際に少し停めさせてもらい歩きました。
お店は、右側に厨房、左側に窓を向いたカウンター席、奥に小上がりがあります。小さめですが最近のラーメン屋さんらしい綺麗なのに居心地の良さそうな雰囲気です。午後1時前に着きました。半分ぐらいの席が埋まっています。

繁屋 メニュー

メニューは、鶏そば、といっても塩、塩白湯、醤油、醤油白湯の4つのスープから選べるようになっています。通常細麺で、白湯は中太麺です。サイドメニューは、鶏チャーシュー小丼ぶり、チキンライス小丼ぶり、白飯、手作りぎょうざがあります。トッピングも充実しています。変わり玉というものが3種類あります。鰹玉、坦々玉、果実玉で、味の変化を楽しむもののようです。

繁屋 説明①

繁屋 説明②

メニューの裏には、鶏そば4つのスープの説明や変わり玉の説明があります。鶏そばだけではなく、変わり玉で味の変化を楽しみ、丼ぶりなどと組み合わせコースっぽく楽しむのがお勧めの食べ方のようです。鶏そばの塩や塩白湯がお勧めのようですが、好みもあり鶏そば(醤油)にしました。
お客さんも一段落してか混みもなく、やや早めに出来上がってきました。

繁屋 鶏そば(醤油)

お盆の上に白い器に入った鶏そばとレンゲがのっています。なんか和風のいい感じの登場です。器の中が賑やかで楽しそうです。
麺は、細麺の弱い縮れのものです。妙に白く、冷麦とラーメン麺の中間のような、食べ易いけど不思議な雰囲気のある麺です。
スープは、醤油色がいい感じで美味しそうです。油もそこそこ浮いています。醤油と鶏ダシの旨みとしょっぱさ、甘みのバランスが取れたものです。
トッピングは、鶏チャーシュー、鶏団子、味玉半個、水菜、焦がしねぎです。焦がしねぎは好きではありませんが、少しの香りで締まった感じがします。
麺、スープ、トッピングともなかなかいい感じに仕上がっていると思います。値段的にも650円とトッピングを考えるといいかなと思います。

繁屋 鶏そば(塩)

相方が食べた鶏そば(塩)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.20

らーめん 萬人

萬人 新潟BLACK

新潟市(旧黒埼町)の「らーめん 萬人」です。“ばんど”と読みます。
国道8号線沿い、新潟ふるさと村の隣にあります。味の時計台だった跡です。
トッピングがしっかりしていてコストパフォーマンスも良く、季節毎に限定メニューも提供されたり、何が食べれるか楽しみにお邪魔しました。
お店は、入口を入った正面には厨房があり、右側にカウンター席、さらに右側と手前にテーブル席、右側奥に小上がりがあります。左手前に待ちのスペースもあります。ファミレスっぽい雰囲気です。午後1時前に着きました。テーブルはこの時間と思えないほど混んでいますが、カウンター席は空いています。
メニューは、“背脂”醤油らぁめん、“花満開”ちゃーしゅう麺、“熟成”味噌らぁめん、“花満開”味噌ちゃーしゅう麺、“魚介豚骨”つけ麺、“魚介豚骨”旨辛つけめんがあります。前に特徴を表す言葉が入っています。新発売のメニューがあります。新潟BLACKです。限定メニューで好評だったため通常メニュー化されました。超厚切りチャーシューと説明が添えられています。新たな限定メニューはないかと探しますが、限定メニューは見つかりません。限定メニューもないようなので未食の新潟BLACKを食べてみましょう。
萬丼という名のチャーシュー丼もあります。生たまごをトッピングできます。サイドメニューにトッピングは初です。萬丼+生たまごもお願いしました。
お客さんが多く時間がかかるかと思いましたが、早く出来上がってきました。
真っ赤な器に黒いスープ、昼の食べ物に見えません。超厚切りチャーシュー?
麺は、やや細めの断面が丸っぼく感じられるものです。細かで弱い縮れです。今まであまり食べた記憶のないタイプの特徴的な麺だと思います。
スープは、黒い色ですが富山ブラックのようなしょっぱさではなく、ちょうど良い具合です。醤油の黒ではなさそうです。見た目ほど変わった味ではなく、たまり醤油のようなまろやかさが感じられます。魚介の香りが適度にします。花椒を使っているようです。辛みは感じられませんが、痺れる感じがします。醤油味だけのスープなんかでは、到底出ない量の汗が出てきました。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、白髪ねぎとかなりシンプルです。超厚切りチャーシューってことで塊のような、厚さ2㎝ぐらいのチャーシューを期待しましたが、7㎜程度と少し厚めかなってぐらいで、厚切りも厳しいです。
限定メニューで提供されていたときは、760円で味玉とほうれん草までトッピングされていました。通常メニューになっていつでも食べられるのは良いのですが、トッピングが減り、値段は800円とかなり高く感じます。

萬人 萬丼+生たまご

萬丼は、ミニチャーシュー丼でほどほどのボリューム、ねぎがのり、マヨネーズも少しですが付いています。生たまごを軽く混ぜ入れていただきます。単品で200円、生たまごが+10円、玉子かけご飯も食べれた余韻が残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.19

小さな小さなラーメン屋 春紀

春紀 甘エビしょうゆらーめん(味玉付)+肉増し

柏崎市(旧高柳町)の「小さな小さなラーメン屋 春紀」です。
柏崎から国道252号線で小千谷方面へ、岡野町交差点先、右側にあります。
久々に春紀のラーメンが食べたくなり、雪の残る春の山里にお邪魔しました。
何度か臨時休業で食べ損なっています。心配しましたが、近くまで行くと路駐の多さで営業中であることが解ります。午後12時15分過ぎに着きました。お店の前に6人のお客さんが並んでいて、玄関の中でも何人か待っています。
店主が作り、奥さんがフロア係です。お店の回転も早くなく、お客さんが帰ってもすぐに片付けられないこともあります。前に並んだ年配女性が席が空いている筈だと言って、一緒に来た男性の人達に話しかけていますが相手にされません。しまいには案内もされないのにカウンター席側のお店に入り戻される始末です。前回の騒がしいおばちゃんといい良くその手に遭遇します。
30分ぐらい待ったでしょうか。昔からのお店側に入るよう案内されました。
お店側は、入口を入ってすぐ前に厨房があります。その手前と右側に4席だけのL字型カウンター席があります。檜なのか?白木が綺麗なカウンターです。小上がり側は、自宅玄関を入った畳敷きの座敷が小上がりです。4人掛けの座卓2卓、2人掛けの座卓1卓の計3卓あります。後からのお客さんと相席で2人掛けの小上がりです。やっぱり昔からのカウンター席の方が落ち着きます。
メニューは、通常メニューが、らーめん(味玉付)、塩らーめん(味玉付)、つけめん(味玉付)、塩つけめん(味玉付)、数量限定のメニューが、たまりしょうゆらーめん(味玉付)、甘エビしょうゆらーめん(味玉付)、みそらーめん、赤だしみそらーめん、赤らーめん、赤みそらーめん、メギスらーめん、まぜめん(味玉付)です。まぜめん(味玉付)が新たに加わっています。まだ食べていない甘エビしょうゆらーめん(味玉付)+肉増しにしました。
しばらくの待ちかと思っていましたが、入ったときに作っているらーめんの次に作ってもらえています。普通よりも早いぐらいで出来上がってきました。
黒く渋い器にあっさりそうなスープ、海老のオレンジ、肉がたっぷりです。
麺は、やや細で縮れ、角のしっかりした麺です。このタイプの麺だと硬めのゆでが多いのですが、食べ易いゆで加減で旨味を楽しめる仕上がりです。
スープは、薄い醤油色のあっさりした和風、まろやかで深みのあるものです。
トッピングは、肉増しで増量されたチャーシュー、味玉、海苔、水菜、ねぎ、甘海老ソースと言っていいでしょうか。甘海老を殻ごとフードプロセッサで砕いたようなものがのっています。冷たいものです。海老って感じの強い香りを使いたくなるところですが、品良く控え気味に仕上がっています。そのため飽きがくるような感じもありません。チャーシューは、薄味ですが分厚く迫力があります。麺大盛り程度のボリュームがあります。
好みの麺と上品な吸い物のようなスープ、味玉がトッピングされていることを考えても750円は少しお高い感じです。肉増しも+250円とお高いものになりますが、それだけのボリュームがあります。半肉増し程度も提供してくれればとも思います。1000円の豪華な昼食を楽しませてもらいました。

春紀 お知らせ

4月からラーメンの内容と価格の見直しがされるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.18

中華麺 かんだ

かんだ

新潟市の「中華麺 かんだ」です。
新潟国際情報大学の近くです。国道116号線から越後線を越えます。セブンイレブン交差点を右へ、サークルK交差点を左へ、左側に見えてきます。
新しいお店が出来たとの情報をもらい、2度ほど何も考えずにお邪魔しましたが、いずれも定休日でした。3度目でようやく食べられそうです。
正午前に着きましたが、お店前の駐車場には車が止まっていません。3連敗かと諦めかけたときに幟を見つけ、暖簾が下がっているのも確認できました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけ、小さめですが綺麗なお店です。他にお客さんはいませんが、すぐに何組かのお客さんがやってきました。

かんだ メニュー

メニューは、ラーメン、チャーシューメン、餃子、ライス、冷やし中華(夏季限定)です。好きなワンスープのお店です。チャーシューメンにしました。
自宅の隣が空いていたのでお店部分を増築、駐車場を綺麗にしたような感じ、主人の定年退職の後に趣味だったラーメンのお店を夫婦で始めたような感じ、とかを勝手に想像している間にチャーシューメンが出来上がってきました。

かんだ チャーシューメン

おとなしい色の雷文模様の白い器に、期待通りのあっさりそうなスープです。
麺は、細い縮れの食べ易いものです。ツルツル感、モチモチ感、歯応えなど特徴はありませんが、どれも主張し過ぎない、バランスの良く取れた麺です。
スープは、醤油味のあっさり、癖がなく昔なつかしさを感じさせてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、刻みねぎです。
あっさり癖のない、食堂なんかにありそうなラーメンですが、良く出来ています。ラーメンが500円でチャーシューメンが600円、チャーシューがそんなに多くはありませんが、なんともありがたいお手頃感です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.03.17

蓬来軒

蓬来軒 らーめん(大盛)

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路の東、信濃川寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)向かいにあります。
最近、コシの強い麺や硬いゆで加減の麺が多かったので、歯切れの良さを楽しめる麺が食べたくなりました。同僚と一緒なので、いろいろメニューが豊富なのがいいでしょう。そんなことが両立できる蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央寄りと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民的な中華料理屋さんです。午後12時15分過ぎに着きました。7割ほどの席が埋まるお客さんの入りです。同僚とテーブル席に座れました。
メニューは、カラー写真と説明があり判り易くなっています。麺類は、中華系を中心に豊富に揃っています。ご飯物も中華系を中心に豊富に揃っています。麺を楽しみたいのがメインですが、あっさりしたものをたらふく食べたかったのでらーめん(大盛)にしました。同僚の二人はチャーハンと麻婆飯です。
お昼時はお客さんも多く、中華鍋を使う中華系メニューが人気なのである程度の待ちがあります。お客さんの少なさもあって普通に出来上がってきました。
パステルカラーの綺麗な龍の模様が入った真っ白な器に、飴色のどこか昔懐かしさを感じさせる中華そば風のスープです。彩りのおとなしいラーメンです。
麺は、かなり細めのもので細かく少し弱めの縮れのあるものです。シコシコ感とプリプリ感が良く、噛んだ時の歯切れの良さがとても楽しくなってきます。
スープは、淡い醤油色で透き通ったものです。その見た目から想像した通り昔懐かしい醤油味のあっさりですが、優しい旨みと深みを感じさせてくれます。
トッピングは、レアっぽいチャーシュー、メンマ、刻みねぎとシンプルです。
予定通り噛み応えを楽しむことが出来ました。途中から黒胡椒をかけ、ちょっと刺激のあっさり味を楽しみました。彩りは寂しいもののらーめんがワンコインの500円、大盛りが600円ととてもお手頃に楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.16

次郎助たかはし

次郎助たかはし

新潟市(旧豊栄市)の「次郎助たかはし」です。
競馬場ICから豊栄駅方面へ、県道3号線交差点までの中間辺りの右側です。
こってりんさんからコメントで情報をいただきました。昨日、車を動かしていません。週一回の車の油を回すためのドライブも兼ねてお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前から右側に小上がりがあり
ます。居酒屋としても営業、2階もあるようです。定食屋さんの雰囲気です。
午後12時20分に着きました。半分以上の席が埋まっています。
メニューは、麺類、定食、ご飯物、一品料理、飲物まで豊富に揃っています。麺類は、昔ながらのラーメン(醤油味)、昔ながらのラーメン(醤油味)得盛り、タンメン、味噌ラーメン、ネギ味噌ラーメン、チャンポンラーメン、もやしラーメン、ワンタンメン、チャーシューメン、焼きそば、あげ焼きそばなどがあります。目的の昔ながらのラーメン(醤油味)にしました。足りなさそうなので、これもまた食べてみたかったカツ丼もお願いしました。
男性1人女性2人のスタッフです。お客さんは少なめですが広めのお店、時間がかかるだろうと覚悟して待っていましたが、普通に出来上がってきました。

次郎助たかはし 昔ながらのラーメン(醤油味)

すり鉢のような真っ黒な器に淡い醤油色のスープ、品の良いトッピングです。
麺は、かなり細めで細かな縮れが強めです。カップ麺を待ち切れずに食べたような感じの麺です。量は100g~120gぐらいでしょうか。少なめです。
スープは、ほのかに煮干しが香るあっさり醤油味、昔ながらの名前通りです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、わかめ、鳴門、ねぎと充実してます。
300円ととんでもないお得さに驚きです。人一倍食べる男の昼食には物足りなく、得盛りがあるのも納得ですが、得盛りにすると割安感がなくなります。

次郎助たかはし カツ丼

カツ丼も昔ながらのって感じのもの、なかなか良い感じですが、カツが薄く、汁が多めです。お新香は、白菜の漬物と福神漬け、沢庵2~3切れが好きなんですが残念です。味噌汁は、わかめとねぎの味噌汁です。800円とちょっと高めです。合計1100円とかなりお高い昼食になりました。ラーメン+ミニ丼のセットがあり、お得ですが、カツ丼との組み合わせがないのが残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.03.15

にいがた酒の陣 2014

にいがた酒の陣 アプローチ 万代島ビル

万代島朱鷺メッセで開催の「にいがた酒の陣 2014」に行ってきました。
3年前は、開催日(3月12日~13日)前日に東日本大震災が発生し中止となりました。もうあれから3年になります。亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りします。行方不明者の早期発見、被災者のできるだけ早くの通常生活への復帰を願っています。度重なる災害で支援をいただいた新潟が今年こそ恩返しができるでしょうか。復興支援での復活した東北お酒コーナーなんかがあればと思っておりますが、にいがた酒の陣を後援している新潟県の知事、新潟市の市長の言動や行動からは無理でしょう。残念で恥ずかしいことです。
来場者に厳しくなるシステムは昨年と同じ、2年連続変更は難しいでしょう。試飲チケットは、1日のみ有効、前売り2000円、当日券2500円です。最初に参加した頃は、1000円で2日間、会場も空いていました。2日間楽しむと5倍ですか?小遣いの範囲を越えています。1日集中で楽しみます。

にいがた酒の陣 アプローチ アトリウム

路線バスで万代シティまで来て、信濃川右岸をのんびり歩いて会場に向かいます。天気にも恵まれ万代橋や柳都大橋など港の景色を楽しめます。朱鷺メッセが近くなりました。今年も午前9時を目指しましたが、2階アトリウム(エントランス)到着は午後9時6分、フロア中央の半分が列で覆われています。年々列びが早くなるような気がします。あとはただただじっと待つだけです。
昨年は、午前9時過ぎからにいがた酒の陣2013パーフェクトガイドの新潟の酒蔵まちめぐりの配布されました。会場マップ、ステージスケジュール、酒蔵が紹介された冊子です。今年はそれもないようです。暇潰しも考えて欲しいものです。午前9時50分過ぎ、リストバンドを付けに係が回ってきました。紙製のリストバンドです。試飲券の所有を確認できると付けてくれます。
午前9時55分、和太鼓が聞こえてきました。いよいよ入場が始まりました。
午前10時02分、昨年同様開場早々の動き始めです。かなりゆっくりです。

にいがた酒の陣 入場ゲート

にいがた酒の陣 入場ゲート 杉玉

午前10時12分、会場ゲートを通過。緑の鮮やかな杉玉が迎えてくれます。

にいがた酒の陣 会場

1階のウェーブマートへのエスカレータは封鎖され、階段で降りて行きます。危ないので写真は撮れません。会場の写真は後で再入場時に撮ったものです。
酒蔵出店ブースが会場中央を陣取り、テーブル席や立席が周囲に配置されています。食べ物の出店は屋内と屋外、火気使用や煙を出すお店は屋外配置です。

にいがた酒の陣 海洋深層水&利き猪口&パーフェクトガイド

にいがた酒の陣 利き猪口

階段を降りた場所に受付があり、試飲券と引き換えににいがた酒の陣2014パーフェクトガイドの新潟の酒蔵まちめぐり、海洋深層水と利き猪口を受けとりますす。昨年、利き猪口の模様が蛇の目に戻って喜んでいたら、今年は酒の陣のマークでしょうか?お酒の色合いが見難いものになりました。
さて、試飲を始めます。

にいがた酒の陣 北雪 YK35

にいがた酒の陣 北雪 YK35信&純米大吟醸

最初は、昨年と同じ北雪酒造(佐渡市)の北雪YK35からスタートします。去年も、最初にYK35からスタートしました。羽豆社長が覚えていてくれました。試飲用に用意していない北雪YK35信(720ml・10,500円)の販売用のボトルを惜しげもなく開けて飲ませてくれました。男気あります。
・北雪酒造(佐渡市) 北雪 YK35
・北雪酒造(佐渡市) 北雪 YK35信
・北雪酒造(佐渡市) 北雪 純米大吟醸

にいがた酒の陣 松乃井 吟醸まな

次は、松乃井酒造場(十日町市)です。英保を飲みたかったのですが、英保は蔵出しの時期ではなく、松乃井吟醸なまをいただきました。
・松乃井酒造場(十日町市) 松乃井 吟醸なま

村祐酒造(新潟市)の村祐 黒 無濾過本生を昨年の御用納めで飲みました。美味しかったのでもう一度飲もうかと探しましたが見つけられません。仕方なく総合案内に聞くと、村祐酒造など5つの酒蔵が参加していないそうです。

にいがた酒の陣 面白標識

会場を回っていたら、今年も面白標識があちこちに掲示されています。

にいがた酒の陣 オープニングセレモニー

ステージでは、オープニングセレモニーが開催されています。イベント関係者には大事なことでしょうが、来場者はほとんど全然興味のないイベントです。

にいがた酒の陣 煙①

にいがた酒の陣 煙②

会場に煙が立ち込めてきました。屋外の串焼きの焼ける匂いがいます。

にいがた酒の陣 やま信

にいがた酒の陣 やま信 村上牛すじみそ煮<br />
込み

にいがた酒の陣 やま信 村上牛ジューシーメンチカツ&元祖村上牛手作りコロッケ

「美食や やま信」が空いています。大行列があたり前なのですが、数名並んでいるだけです。混む前に食べます。今回は3品あります。村上牛すじみそ煮込み(500円)、村上牛ジューシーメンチカツ(380円)、元祖村上牛手作りコロッケの(200円)です。1つずついただくことにしました。旨い。

にいがた酒の陣 1階ロビー

会場内の煙った状態が改善されません。来場者も一段落して再入場もできるでしょうから一旦外に逃げます。ひと休みして会場にもどろうとしましたが…、正午をまわっても入場の列は外まで続いています。

にいがた酒の陣 グッズ販売

物販ブースには、標識がグッズの販売もあります。Tシャツ、缶バッチ、ステッカーなどです。やっぱり販売を始めましたか。県外客にはいいかも。

入場の列は続いてますが、出口からリストバンドを見せて再入場できました。
さて、今年は南から飲んで行きましょう。

にいがた酒の陣 猪又酒造 奴奈姫 純米吟醸
・猪又酒造(糸魚川市) 奴奈姫 純米吟醸

にいがた酒の陣 加賀の井酒造 加賀の井 純米吟醸原酒
にいがた酒の陣 加賀の井酒造 加賀の井 純米吟醸
・加賀の井酒造(糸魚川市) 加賀の井 純米吟醸原酒
・加賀の井酒造(糸魚川市) 加賀の井 純米吟醸

にいがた酒の陣 田原酒造 雪鶴 純米吟醸
にいがた酒の陣 田原酒造 雪鶴 純米吟醸無ろ過生
・田原酒造(糸魚川市) 雪鶴 純米吟醸
・田原酒造(糸魚川市) 雪鶴 純米吟醸無ろ過生

にいがた酒の陣 池田屋酒造 謙信 純米吟醸無濾過
にいがた酒の陣 池田屋酒造 謙信 純米吟醸
・池田屋酒造(糸魚川市) 謙信 純米吟醸無濾過
・池田屋酒造(糸魚川市) 謙信 純米吟醸

にいがた酒の陣 よしかわ杜氏の郷 有りがたし 純米酒
・よしかわ杜氏の郷(上越市) 有りがたし 純米酒

にいがた酒の陣 新潟第一酒造 越の白鳥 純米吟醸秘伝仕込み
・新潟第一酒造(上越市) 越の白鳥 純米吟醸秘伝仕込み

にいがた酒の陣 上越酒造 越後美人 純米吟醸生酒
・上越酒造(上越市) 越後美人 純米吟醸生酒

にいがた酒の陣 加藤酒造 越後屋 純米吟醸酒
・加藤酒造(上越市) 越後屋 純米吟醸酒

にいがた酒の陣 代々菊醸造 吟田川 純米吟醸無濾過生原酒
にいがた酒の陣 代々菊醸造 氷の雫 大吟醸無濾過生原酒
・代々菊醸造(上越市) 吟田川 純米吟醸無濾過生原酒
・代々菊醸造(上越市) 氷の雫 大吟醸無濾過生原酒

にいがた酒の陣 頚城酒造 越路乃紅梅 純米吟醸生酒
にいがた酒の陣 頚城酒造 八恵久比岐 純米吟醸
・頚城酒造(上越市) 越路乃紅梅 純米吟醸生酒
・頚城酒造(上越市) 八恵久比岐 純米吟醸

にいがた酒の陣 小山酒造店 越後自慢松風酔月 純米吟醸
にいがた酒の陣 小山酒造店 越後自慢 本醸造生原酒
・小山酒造店(上越市) 越後自慢松風酔月 純米吟醸
・小山酒造店(上越市) 越後自慢 本醸造生原酒

にいがた酒の陣 竹田酒造店 かたふね 純米吟醸生原酒
・竹田酒造店(上越市)かたふね 純米吟醸生原酒

にいがた酒の陣 丸山酒造場 雪中梅 3種
・丸山酒造場(上越市) 雪中梅 吟醸
・丸山酒造場(上越市) 雪中梅 特別純米
・丸山酒造場(上越市) 雪中梅 純米

にいがた酒の陣 鮎正宗酒造 鮎正宗初鮎 純米吟醸生酒
・鮎正宗酒造(妙高市) 鮎正宗初鮎 純米吟醸生酒

にいがた酒の陣 千代の光酒造 千代の光 越淡麗純米大吟醸
にいがた酒の陣 千代の光酒造 千代の光 もち純米
にいがた酒の陣 千代の光酒造 古天福
・千代の光酒造(妙高市) 千代の光 越淡麗純米大吟醸
・千代の光酒造(妙高市) 千代の光 もち純米
・千代の光酒造(妙高市) 千代の光 古天福

にいがた酒の陣 君の井酒造 越後の蔵秘伝 純米吟醸山廃仕込

今年のにいがた酒の陣で一番気に入ったお酒です。洗練されたラベルで好みの飲み口、見た目で髙そうと思ったら720mlで1300円です。2000円以上かなと思える品質です。いつもなら荷物になるので帰りに買うのですが、売り切れになったりすると困るので今回は即買い、持って歩きました。
・君の井酒造(妙高市) 越後の蔵秘伝 純米吟醸山廃仕込 

にいがた酒の陣 君の井酒造 新君の井 純米無濾過
にいがた酒の陣 君の井酒造 新君の井 純米
・君の井酒造(妙高市) 新君の井 純米無濾過 
・君の井酒造(妙高市) 越後の蔵秘伝 純米吟醸山廃仕込 

にいがた酒の陣 妙高酒造  越乃雪月花 純米吟醸
・妙高酒造(上越市)  越乃雪月花 純米吟醸

にいがた酒の陣 田中酒造 能鷹 純米吟醸酒
・田中酒造(上越市) 能鷹 純米吟醸酒

にいがた酒の陣 武蔵野酒造 春日山天と地 純米吟醸
・武蔵野酒造(上越市) 春日山天と地 純米吟醸

にいがた酒の陣 石塚酒造 姫の井 生酒初しぼりかめぐち酒
・石塚酒造(柏崎市) 姫の井 生酒初しぼりかめぐち酒

にいがた酒の陣 林酒造場 八石 本醸造
・林酒造場(柏崎市) 八石 本醸造

にいがた酒の陣 阿部酒造 越乃男山 純米吟醸
・阿部酒造(柏崎市) 越乃男山 純米吟醸

にいがた酒の陣 原酒造 越の誉 純米吟醸 彩
・原酒造(柏崎市) 越の誉 純米吟醸 彩

にいがた酒の陣 津南醸造 霧の塔 純米吟醸
・津南醸造(津南町) 霧の塔 純米吟醸

にいがた酒の陣 津南醸造 ユキグニモノガタリ 吟醸酒
・津南醸造(津南町) ユキグニモノガタリ 吟醸酒

にいがた酒の陣 津南醸造 津南 本醸造酒
・津南醸造(津南町) 津南 本醸造酒

にいがた酒の陣 魚沼酒造 縄文の響 純米吟醸
・魚沼酒造(十日町市) 縄文の響 純米吟醸

にいがた酒の陣 魚沼酒造 天神囃子 純米吟醸
・魚沼酒造(十日町市) 天神囃子 純米吟醸

にいがた酒の陣 瀧澤酒造 苗場山奥越後 純米吟醸
・瀧澤酒造(津南町) 苗場山奥越後 純米吟醸

にいがた酒の陣 瀧澤酒造 苗場山 吟醸原酒にごり酒
・瀧澤酒造(津南町) 苗場山 吟醸原酒にごり酒

にいがた酒の陣 白瀧酒造 上善如水 純米吟醸
・白瀧酒造(湯沢町) 上善如水 純米吟醸

にいがた酒の陣 髙千代酒造 巻機 純米吟醸
・髙千代酒造(南魚沼市) 巻機 純米吟醸
・髙千代酒造(南魚沼市) 巻機 純米吟醸生原酒(無濾過)

にいがた酒の陣 JA全農にいがた おにぎり

ちょっとお腹が空いてきたのでおにぎりをいただきました。
JA全農にいがたの焼きおにぎりです。醤油と味噌、いずれも150円です。

にいがた酒の陣 午後

一向に来場者が空いてくる見通しが立たないので帰ります。

以下2本の4合瓶をお土産に帰ります。
・君の井酒造(妙高市) 越後の蔵秘伝 純米吟醸山廃仕込 
・北雪酒造(佐渡市) 北雪 純米大吟醸

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.03.14

おかず麺処 じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
古町地区鍋茶屋通りから少し下手、広小路に近い東新道通り沿いにあります。
歓送迎会がありました。料理は美味しいけど接客が悪い(注文した料理が注文したお客にこないことがかなり続いた)と思っていたビストロです。若手の幹事で忘れかけていたお店に行くことになりました。時が経つと変わるもので、すっかり接客が良くなっていました。しかし、今度はあまりにも料理が口に合いません。お客さんが入っているのにと思ったのですが、若いお客さんです。年配の人をほとんど見かけないです。そういうお店なんだと思いつつも、年配の人と同じような味の好みになってきたようです。口直しになんか食べて帰ろうってことで、気の合う(同じ味覚の)同僚とじじ&ばばにお邪魔しました。
お店は、通りから建物に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的な居酒屋です。午後9時頃に着きました。早いようで他にお客さんはなく帰る頃に1組の常連さんが来ました。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメンや担々麺など中華系の麺料理も充実しています。マーボーメンや担々麺に人気です。同僚とマーボーメンが食べたいと話をしながら来ました。メニューも見ずにマーボーメン(ちょい辛)を注文しようかとしたとき、同僚の1人が辛さについてちょい辛よりも辛さ控えめなのが食べたとのことです。お店の人に相談すると普通でもそこそこ辛さがあり、ちょい辛の辛さを控えめにすると普通になっちゃうそうです。注文後の仕込みは、3食づつ作ります。ちょうど3人です。同じ辛さの方が早く揃うのでマーボーメンの普通の辛さにしました。
注文を取ってからの仕込みです。そこそこ時間がかかっての出来上がりです。
青の模様の入る白い器に、麻婆のオレンジが対照的に盛り付けられています。
麺は、細縮れで歯応えの良いもの。本当に細くて麻婆の絡みが楽しい麺です。
スープは、麻婆を邪魔しない醤油のあっさりしたもの、脇役に撤しています。
トッピングは、麻婆と刻みねぎだけです。麻婆は、絹ごし豆腐、挽肉などで、しょっぱさ・辛さ・甘さ・トロミなどバランスのいいものです。普通でもいい辛さです。麻婆のあんと絡む麺が美味しく、そのあんと食べたときにバランスのいい豆腐の大きさ、考えられた麻婆、この麻婆あってのマーボーメンです。
じじ&ばばのマーボーメンは本格中華とは少し違いますが、食べ易い庶民の味です。飲んでからの〆で値段も安くはありませんが、食べたくなる一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺や 一晃亭

一晃亭 濃厚な海老の担々麺(大盛)

長岡市(旧寺泊町)の「麺や 一晃亭」です。
国道402号線沿い、寺泊アメヤ横丁の町寄り、海の家の向かいにあります。
柏崎方面へ移動中のお昼です。久々に一晃亭で食べようかとお邪魔しました。
お店の前に2台分ぐらいの駐車できそうなスペースがあるのですが、狭いので寺泊アメヤ横丁前の市営駐車場に車を停めて、小雨の中を少し歩きます。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。木の深い色が印象的な落ち着いたお店です。正午前に着きましたが、他にお客さんが3人とちょっと寂しい状況です。
メニューは、開店当時と少し変わっています。醤油と味噌に大別され、醤油は中華そば・追い煮干し中華・背脂醤油、味噌は、味噌らーめん、野菜味噌、背脂味噌があります。トッピング、一品料理、セットなどバリエーションが豊富です。麺の大盛りが無料です。開店当時あった魚薫つけめんと辛味噌らーめんがなくなっています。セットはどの麺ともセット出来るようになっています。焼飯セット、餃子セット、まんぷくセット(餃子+ライス)、ちゃあしゅう丼セット、新潟タレカツ丼セットがあります。1枚もので限定メニューがあります。野菜タンメンと濃厚な海老の担々麺の2品もあります。今までに、中華そば、追い煮干し中華、ちゃあしゅう丼セット、新潟タレカツ丼セットを食べています。今回は限定文字に負けて濃厚な海老の担々麺(大盛)にしました。
セットでもそこそこ早く作るお店です。今日も早めに出来上がってきました。
白にパステルっぽい可愛い模様の器、アルビカラーの表面が美味しそうです。
麺は、少し細めの縮れです。適度なツルツル感とモチモチ感の楽しい麺です。
スープは、濃厚な海老の旨みと胡麻のまろやかさが上手く調和しています。適度な甘みと辛みがあり、痺れを感じます。小皿に手作り風ラー油が付いています。途中から辛味を増して楽しみました。海老を使うと途中で飽きることが多いのですが、大盛りでも飽きることなく食べ(飲み)きることが出来ました。
トッピングは、挽肉の芝麻醤炒、メンマ、ほうれん草、青梗菜、白髪ねぎなどとても綺麗に品良く盛り付けられています。メンマがあると嬉しくなります。
飽きのこない海老の旨みは、胡麻のまろやかさとのバランスでしょうか?癖のない麺と品の良いトッピング、800円で大盛りはかなり得した印象感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.13

ラーメン亭 吉相 上越店

吉相 上越店

上越市の「ラーメン亭 吉相 上越店」です
国道8号線沿い、山麓線との交差点角にあります。らう麺屋風々亭の跡です。
吉相が、上越地区に進出したとのことで食べてみようと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、左側に向かい合わせで間に通路のある(牛丼店のような)カウンター席。右側に小上がりがあります。窓が多く明るいお店です。午後1時50分過ぎと遅くなりましたが、半分近くの席が埋まっています。

吉相上越店 メニュー

メニューは、あっさり味とこってり味があり、どちらもラーメンとそれにネギやチャーシューを組み合わせたもの、メンマを加えたものなどがあります。味の好みではあっさりですが、バランスの良いこってりラーメンにしました。
スタッフは、そんなに急ぐような感じもなく、普通に出来上がってきました。

吉相上越店 ラーメン(こってり)

青い線の入った白い器の中央にもやしの山です。ガッツリ系とは違いますが、迫力があります。器の縁がチャッチャされた背脂で汚れているのが気になりますが、気にしちゃいけません。なかなか馴染めないところでもあります。
麺は、普通の太さの縮れ、プリプリしたパスタっぼさもある麺ですが、そんなに硬くゆでられていないこともあって、普通に味わうことができます。
スープは、醤油味で豚の旨みが濃厚なもの、適量の背脂でこってりしてます。麺を食べている時は良いのですが、スープだけ飲むとかなりしょっぱめです。
トッピングは、魚の水煮缶詰のような味のチャーシュー、もやし、海苔です。
豚の旨みのラーメンでした。濃厚な旨みは最後に少し飽きがきました。ラーメンは700円です。量はあってももやしがほとんどのトッピングで、メンマもありません。かなりお高いラーメンを食べてしまったような記憶が残ります。

吉相上越店 チャーシュー飯

ラーメンはお高いものでしたが、まだお腹に余裕があります。チャーシュー飯が100円とお手頃なので追加オーダでいただきました。これはお手頃!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.12

めん処 くら田

くら田 チャーシュウメン(平打ち・ダブル)

新潟市の「めん処 くら田」です。
新潟市の中心、本町通りと東堀通りの間。6番町の小原小路に面しています。
新潟のあっさりしたラーメン(煮干しスープ)が食べたくてお邪魔しました。
午後12時15分過ぎに着きました。お店の外に1人、中に3人の待ちです。
お店の前に(中にも)貼紙があります。消費税が上がる件に関して、値上げはしませんが、ダブルがなくなります。とのことです。自家製麺でも普通盛りの値段でダブルまで無料は厳しいでしょう。今までありがとうございました。
お店は、奥に厨房、右側に壁面を向いたカウンター席、左側にテーブル席があります。黒く光る使い込んだテーブルなど木質感が落ち着く小さな下町のラーメン屋さんです。年配の方が多いです。しばらく待ってお店の中へ、待ちの椅子が2席用意されています。それから少し待ってカウンター席に座れました。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシュウメンがあります。麺の盛りは、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)から選べます。麺の種類も細麺の他に平麺も選べます。スープの味も醤油味の他に塩味を選ぶことができます。麺の量や種類、スープの味を変えても同じ値段です。3月でなくなるチャーシュウメン(平打ち・ダブル)にしました。
いつも通り手際よく親父さんが作り、おばさんが配膳と会計をやっています。小さめのお店ですが、一度に多くを作らないのでそこそこ時間がかかります。待ちのお客さんが多く、思いのほか時間がかかって出来上がりになりました。
白っぽい器にあっさりしてそうなスープ、ほのかな煮干し香にホッとします。
麺は、平打ちの縮れです。ツルツルしていて噛み応えも良く、楽しい麺です。
スープは、透き通った淡い醤油色、醤油の薄味であっさりしています。優しい旨味と煮干しのほのかな香り、新潟あっさりラーメンに相応しいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草です。チャーシューは、醤油のいい香りがします。弾力や歯応え、脂の混じり具合など好みのものです。
魚介が香るあっさりしたスープと歯応えの良い麺、香りのチャーシューなどが700円で楽しめます。お腹もいっぱいになりました。ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.11

中華そばつけ麺 醤丸 柏崎店

醤丸柏崎店 豚つけ麺(大盛)

柏崎市の「中華そばつけ麺 醤丸 柏崎店」です。
柏崎駅前主要道路の野田西本線沿い、越後線アンダーパスの近くにあります。
長野県内で中華そばとつけめんのお店を展開する醤丸の新潟進出1号店です。国道116号線沿い、旧巻町と旧西川町の中間に新潟進出2号店もあります。
つけめん好きの出張者といっしょの昼食です。カツカレーやジャンボ海老フライまで、柏崎のお店はかなり食べ尽くしている出張者です。まだ、食べたことがないという醤丸のつけめんを食べてもらおうかと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、左側にテーブル席、右側に広い小上がりがあります。今風の落ち着いた綺麗なお店です。午後12時30分過ぎに着きました。返るお客さんとすれ違いましたが、他にお客さんはなく貸し切り状態です。
メニューは、中華そば、塩そば、豚骨そばの3種の中華そばとつけ麺、辛みつけ麺、たたきつけ麺、豚つけ麺、辛み豚つけ麺の5種つけめんです。普通盛り220gで、大盛り330gは無料、特盛り440gで有料(100円増し)です。前回、中華そばを食べました。今回はつけめんを食べようと思います。鶏ガラのつけめんも興味ありますが、豚骨の豚つけ麺(大盛)にしました。
他にお客さんがいないので早く出来上がるかと思いましたが、麺のゆで時間がかかるのでしょうか?普通よりも少し早い感じで出来上がってきました。
四角い白黒ツートンのお皿に麺が、お揃いの鉢につけ汁が盛られてきました。今まで食べたつけめんの中で一番お洒落な器ではないでしょうか?ブラボー!
麺は、太麺の縮れ、モチモチ感のかなり強いもので、つけめんらしい麺です。つけ汁は、豚の旨みが濃厚なもので、さらに背脂のこってり感もかなりです。
トッピングは、つけ汁にサイコロ形っぼいチャーシューとねぎ、麺に煮玉子半個、メンマ、水菜、海苔となかなか品の良い感じに盛られています。
つけ汁をスープ割りにしようとお願いいました。ポットに割りスープがきましたが、時間がかかりました。この辺りの人はあまりやらないでしょうか?
器と盛り付けの美しいつけめんでした。鶏ガラのつけめんの方が好みの味かも知れないです。大盛り可でも850円は少し高いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.10

らーめん家 和玄

和玄 らーめん

新発田市の「らーめん家 和玄」です。
国道7号線沿い、交通情報の渋滞で時々名前の出る城北町交差点の近くです。回転寿司と同じ敷地内にあり、広めの駐車場も共同利用になっていています。
新発田市での昼食です。周辺でまる七と並んで好きな和玄にお邪魔しました。
お店は、右側の奥に厨房、手前にカウンター席、左側に小上がりがあります。木をふんだんに使ったラーメン屋さんらしい造りです。午後1時過ぎに着きましたが、ほぼ満席と賑わっています。カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、らーめんとみそらーめん、それらにねぎやチャーシューを加えた組み合わせがあります。オープン当時から変わっていません。値段も変わっていません。オープンからかなり経ちますが頑張っています。普通のなんでもないらーめんを食べます。もしかしてオープン当時以来かも知れません。
混み合ってはいますが手際が良いです。普通の待ちで出来上がってきました。
青い龍と雷文の器、ラーメンなのにチャーシューメンのような盛り付けです。
麺は、やや細の縮れで、ツルツル感とプリプリ感の良い食べて楽しい麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたもので、ほんの少しの背脂がまろやかです。といった感じでしたが、今日は少ししょっぱめ、脂も多くこってりしてます。
トッピングは、チャーシュー4枚が花盛り、もやし、メンマ、万能ねぎです。
麺、スープ、トッピング、バランスの良いらーめんです。600円とオープン当時は高く感じましたが、今はお手頃な値段で頑張っていることに感謝です。

和玄 お知らせ(値上げ)

ありがたくいただき帰るときに貼紙を見つけました。4月1日からの値上がりも仕方ないかと思いますが、値上げ幅が大きくないことを願います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.03.09

らーめん 鯉次

鯉次

三条市の「らーめん 鯉次」です。
東三条駅の近く、街中を東西に通る広い道沿い、串焼きのえん魔堂の跡です。
雑誌に載っていたのを見つけて食べたいと思っていたお店です。仕事でなかな
か三条地区に行かないので、休日のドライブがてらお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前右側に振り返るようにカウンター席、左側にテーブル席、さらに手前に小上がりがあります。ここまででも普通のラーメン店で良さそうですが、さらに左側に座敷もあり、小上がりのように使っています。串焼き屋さんだったお店をそのまま使っているようです。小さな段差あり、注意が必要です。午後1時40分過ぎでも半分ぐらいの席が埋まっています。
メニューは、数ページあるもので写真と説明があります。“店主がこだわり選び抜いた煮干しがガッツリ効いた一杯。”の背脂らーめん“長岡産醤油を使用し、すっきりとした味わいに仕上げました。”の生姜醤油らーめん、“鶏ガラの香りと旨みに豚ガラのコクを合わせ絶妙なバランスに仕上げました。”の塩らーめん、“北海道産みそと地元みそをブレンドし、甘さを引き立てた濃厚みそらーめん!”の味噌らーめんとそれらのちゃーしゅーめんがあります。味噌らーめんには、辛味噌らーめんもあります。他にも魚介えびつけめんがあります。別のページにガッツリと吹き出しが付いた写真の極盛り鯉次らーめんがあります。“店主のこだわり、粗挽きコショウと一緒に炙る厚切りチャーシューとニンニクでパンチを効かせ、カツオ、ソーダ、サバ、ムロ、カタクチなどをブレンドした魚粉をふりかけることにより、パンチの中にも、香り・甘みを引き立て、食欲をそそる究極の一杯!”とのことです。ガッツリ系もかなり好きですが、990円と二郎インスパイア系を超える値段です。地域初と書かれた生姜醤油らーめんから少し豪華な生姜醤油ちゃーしゅーめんにしました。
その後もお客さんがやってきます。男性客には極盛り鯉次らーめんが人気のようです。待ちのお客さんもそこそこいますが、早めに出来上がってきました。

鯉次 長岡生姜ちゃーしゅーめん

真っ白な器に、濃い醤油色のスープがかなりしょっぱそうに見えます。
麺は、やや細めの縮れ、モチモチ感が強く硬めのゆで、存在感のある麺です。
スープは、たまり醤油を使っているのか?濃い色に反してしょっぱさは普通。生姜も効いてますが、あっさりよりもまろやかなスープに仕上がっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、白ねぎなどです。チャーシューは、やや軟らかく、肉と脂がいい感じで配分されたものでした。
すっきりした生姜醤油を期待しましたが、まろやかで深みのあるものでした。好みと少し違っていました。値段も830円とちょい高めかなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.08

ラーメン万人家 中山店

万人家中山店 G麺+にんにく増し

新潟市の「ラーメン万人家 中山店」です。
笹出線を東へ、栗の木バイパス・馬越の跨線橋を越えた先の右側にあります。
休日です。普段食べられないにんにくを楽しもうと万人家にお邪魔しました。
午後1時30分過ぎに着きました。入口を入ってすぐの風除室が待ちのエリアになっています。こんな時間でも2人連れ1組が待っている状況で。一応、紙に名前を書いて待ちます。雑誌や新聞に混じってメニューが置かれています。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、つけめんなどがあります。さらにがっつり系のG麺なるものもあります。極太麺(Gokufutomen)のG、ガッツリ(Gattsuri)のG、ニンニク(Garlic)のG、三つGからG麺と名付けたようです。チャーシュー3枚、メンマ、味玉を加えたガッツリG麺もあった筈ですが、メニューは貼紙で隠されています。待っていると注文を取りに店員が来ました。G麺+にんにく増しとお願いしたら、G麺のにんにく多めと確認の言葉が帰ってきて注文することができました。それからあまり待たずに席が空いたようです。先の2人連れ1組に続き店内に案内されました。
お店は、奥に厨房、左側にテーブル席、中央に大きなテーブルを使用したカウンター席、右側に軽くしきられ小上がり席のエリアがあります。木を基調としたラーメン店に多い雰囲気のお店です。カウンター席に案内されました。
その後も勢いが止まらないかのようにお客さんが次々とやってきます。混んでいますが、早くに注文できたこともあってか早めに出来上がってきました。
青い雷文の白い器に山盛りの野菜、頂には刻まれたにんにくがたっぷりです。
麺は、極太の強い縮れで、さらに硬めです。手強い好みと違う麺ですが、うどんを食べているかのような錯覚で、新たな食べ物として美味しく食べれます。
スープは、表面に小さな脂が浮いています。背脂をホイップしたもののように見えます。その下には、しっかりした醤油味で旨味のあるスープがあります。
トッピングは、チャーシュー、たっぷりのもやし、少なめのキャベツ、増量された刻みにんにく、一味唐辛子などです。なかなかのボリュームになります。
ラーメン二郎インスパイア系は楽しく食べれます。肉系がちょっと少なめですが、にんにくを増量してもG麺は680円です。なかなかのお手頃感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.07

らーめん 六綵亭

六綵亭 チャーシューメン

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
東堀前6番町、アパホテル向かいの路地を入った気付き難い場所にあります。
あっさりラーメンが食べたくなり、最近食べてない六綵亭にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席が5席、左側にテーブル席2が卓あります。小さめで木の質感が良く、夜に小料理屋をやっても良さそうな雰囲気のお店です。午後12時20分に着きました。8割程度のお客さん入りです。
メニューは、ラーメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシューメン、みそラーメン、野菜みそラーメンなどがあります。まだ食べていないものがありました。そのチャーシューメンにします。焼肉丼もお願いしました。
いつもは早い出来上がりですが、待ちのお客さんが多く少し時間がかかっています。それでも普通のラーメン店ほどの待ち時間で出来上がってきました。
真っ白な器に醤油色のスープ、チャーシューが妙におとなしい盛り付けです。
麺は、やや細の縮れ、適度なツルツル感とモチモチ感、バランスが良いです。
スープは、あっさりしていますが、だしと醤油の深~い味わいを楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎです。チャーシューは、6枚が重なって盛り付けられています。おとなし過ぎです。軟らかめですが、味付けもいい感じです。なかなか好きなチャーシューです。
感触の良い麺、あっさり旨味のあるスープ、充実したトッピングにボリュームもあります。この整ったチャーシューメンが700円とお手頃に食べれます。新潟の中心で、これぐらいお手軽に食べれるんですからありがたいことです。

六綵亭 焼肉丼

焼肉丼は、少し厚めの焼いたチャーシューにタレをかけたもの。紅生姜とねぎがのります。結構ボリュームがあります。この量での250円はお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.06

らーめん いちのじ食堂

いちのじ食堂 特選和風醤油らーめん

新潟市(旧岩室村)の「らーめん いちのじ食堂」です。
県道374号線(旧国道116号線)沿いにあります。和納の田んぼ中です。
巻でのお昼、八珍亭、こまどり、古潭などありますが、あまり食べたいものがありません。まだ、食べていないものの多いいちのじ食堂にお邪魔しました。
お店は、右側奥に厨房、手前にカウンター席、2人掛のテーブル席も1卓、左側に小上がりがあります。2人掛2卓、4人掛2卓と小上がり中心のちょっと新しそうな良い意味普通のラーメン店です。午後1時20分頃に着きました。工事関係車両の駐車も多く、遅い時間なのに半分ぐらいの席が埋っています。
メニューは、醤油と味噌に大別されてます。醤油は背脂入りで、らーめんとそれにチャーシューやもやしなどを加えたものがあります。背脂の量は、中油、大油、油まみれから選べます。背脂の苦手な人用に特選和風醤油らーめんがあります。味噌は、味噌らーめんにチャーシュー、ねぎ、ニラなどを組み合わせたもの、辛味噌らーめんなどがあります。後に追加されたのでしょう、壁に貼紙で背脂塩もあります。前回は、お店の基本だろうらーめん(中油)をいただきました。順番からいくと、その次は味噌らーめん食べるべきところかも知れませんが、気になっていた特選和風醤油らーめんを食べることにしました。
お客さんは多めですが、食べている人が多く、早めに出来上がってきました。
真っ白な浅い大きな器に、醤油色のあっさりそうなスープが美味しそうです。器の縁が妙に粉っぽいものが付いています。見た目はちょっと良くないです。
麺は、やや細の縮れでモチモチ感が強く、見た目以上に歯応えを楽しめます。
スープは、醤油味のあっさりですが、油もしっかり浮いています。魚介系の旨みと香りを楽しめますが、底に残る魚粉がかなり多めなのにガッカリします。
トッピングは、チャーシュー、太めの白髪ねぎ、ほうれん草、海苔などです。
麺とスープは昔懐かしい中華そばのようですが、魚介系の風味が強過ぎです。古いようで新しい、面白いラーメンでした。680円と少しお高い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.05

ら麺のりダー

ら麺のりダー 辛つけ麺(2号)

新潟市の「ら麺のりダー」です。
国道113号線沿い、山の下埠頭の近くにあります。元カレー屋の建物です。
つけめん好きの出張者といっしょの昼食です。ら麺のりダーのつけめんを食べていないようなので、食べてもらおうと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。落ち着いた雰囲気の中規模のお店です。午後12時10分前に着きましたが、ちょうど満席で待ちになりました。その後もお客さんが増え、混み混みです。待っている間に注文を取りにきました。
メニューは、つけ麺、辛つけ麺、中華そば、ちゃーしゅうめん、岩のりらーめんなどのオープン当時からのものに、担々麺が加わっています。前回は、つけ麺を食べました。そろそろ中華そばをとも思いますが、つけ麺メインのお店で中華そばが美味しかった記憶がほとんどなく辛つけ麺にしたいのですが、辛さのレベルが、1号→2号→V3とあります。最初なので真ん中あたり、麺の量は、普通盛りの250gで十分でしょう。辛つけ麺(2号)にしました。
タイミングが悪かったのでしょうか?結構待ってカウンター席に座れました。
前回同様混みがあってか、麺のゆでか結構時間がかかっての出来上がりです。
黒基調の器に麺、青い模様の器につけ汁やトッピングが盛り付けられてます。
麺は、太い縮れ、つけめんらしいモチモチ感がかなり強く、硬めにゆでです。
つけ汁は、旨みや甘みなどバランスが取れていますが、想定異常に辛いです。
トッピングは、角煮風の軟らかいチャーシュー、メンマ、ねぎ、唐辛子です。唐辛子は、乾燥していて硬め、食べ難いものですが、辛さが一段と増します。
モッチモチの麺、旨みや甘さは適度ですがとにかく辛いつけ汁、汗だくでいただきました。850円とお高いのですが、楽しめました。でもやっぱ高い。

ら麺のりダー 岩のりライスわり

岩のりライスわりも注文しました。半ライスに岩のりがのったものです。残ったつけ汁をかけて食べるものです。いい味が楽しめます。50円とお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.04

らぁめん お~や

お~や 牡蠣の紹興酒蒸しらぁめん

新潟市の「らぁめん お~や」です。
新潟島の少し下で、東堀通沿いあります。広小路との交差点の下手右側です。2ヶ月毎ぐらいに変わる期間限定メニューがあります。3月~4月提供は牡蠣の紹興酒蒸しらぁめん(昼夜各5食)です。食べようと思いお邪魔しました。
お店は、奥行きのあるお店です。入って正面に通路があり、右側に製麺室があります。通路を進むと奥に待ち用?のソファが置かれています。その先で左側が開けています。奥に厨房、手前にカウンター席7席だけの小さな落ち着いた雰囲気のラーメン店です。午後12時15分過ぎに着きました。他にお客さんが3人といつもの静かさです。その後は入れ替わるように5人のお客さんが来ました。ソファの向かいに食券販売機があり、回りに説明の貼紙があります。
メニューは、あっさりのらぁめんとこってりの濃厚らぁめんの2種類に大別されます。あっさりは、らぁめん、鶏らぁめん、梅らぁめん、チャーシューめんがあります。こってりは、濃厚らぁめん、濃厚鶏らぁめん、濃厚辛みそらぁめん、濃厚チャーシューめんがあります。期間限定は、3月~4月まで提供で、牡蠣の紹興酒蒸しらぁめん(昼夜各5食)があります。広島産牡蠣をかるめのニンニク油で炒め、紹興酒で一気に蒸し上げてから鶏スープで煮立てました。麺は旨さに負けないように濃厚用を麺帯を薄くカットして細麺風に仕上げました。とのことです。予定どおり牡蠣の紹興酒蒸しらぁめんにします。食券販売機に限定メニューの説明書きが貼られていて、限定Aのボタンになります。購入した食券をカウンターに乗せ、セルフサービスの水を用意して待ちます。
多くのメニューを店主一人でこなしています。手際良く丁寧に作っています。もともと席数が少ないこともありますが、今日は一段と早い出来上がりです。
白っぽい器におとなしいらぁめんです。青ねぎの緑がいい彩りを添えてます。
麺は、やや細めストレートです。ツルツル感とモチモチ感の強い麺です。角のしっかりした麺です。好みの麺とは違いますが美味しい麺です。
スープは、塩味でしょうか?ダシの旨みを感じられるおとなしいものです。
トッピングは、牡蠣、青ねぎ、白髪ねぎです。牡蠣をニンニク油で炒めているということで匂いが気になりますが、全然ニンニクの香りがしません。紹興酒も判りません。食べてみてビックリです。牡蠣の味が2倍、3倍に感じます。手間をかけていたのは、この濃厚な牡蠣を旨みを出すためだったのです。
牡蠣の旨みを存分に楽しみました。らぁめんのトッピングではなく、お酒のつまみで食べたい気がします。お~やのラーメンは、創作系ラーメンが多く、好みとは少し違う点もあります。値段も800円と安くはありません。でも、そ
れ以上に楽しませてくれます。次の期間限定メニューも楽しみです。

次回の期間限定メニューの紹介がありました。
5月~6月の限定で、ほたてを色々使ったほたてらぁめんの予定。試作中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.03

ラーメン屋 時田

時田

胎内市(旧中条町)の「ラーメン屋 時田」です。
中条駅の北北西、胎内小学校の近くです。ちょっと郊外の道沿いにあります。
Keiさんのブログ日々雑感によれば、ちょっとしょっぱめスープのようですが、見た感じが美味しそうだったので食べたくなりお邪魔しちゃいました。
お店は、裏(南向)に入口があります。振り替えるように入ると右側に厨房、左側に窓向きのカウンター席、奥に小上がりがあります。ゆったり出来そうな雰囲気のお店です。午後1時前に着きました。半分の席が埋まっています。

時田 メニュー

メニューは、ラーメン、味噌ラーメンとそれらのチャーシューメン、しょうがラーメンがあります。大盛りが50円増しとお得です。サイドメニューも揃っています。壁に中条農業という会社のチラシが貼ってあります。お米の美味しい地域です。食べてみたくなります。ラーメン半ライスにしました。
空いていることもあるのでしょうが、かなり早めに出来上がってきました。

時田 ラーメン

白い器に醤油の美味しそうなスープ、中央にチャーシューが鎮座しています。
麺は、やや細の弱い縮れ、昔ながら中華そばのような懐かしさを感じさせる麺です。触るとツルツル感が気持ち良く、噛むとコシの強さが特徴の麺です。
スープは、醤油味のしっかりしたもの。醤油とだしの旨味、甘さ、油などいい感じにバランスが取れています。Keiさんはかなりしょっぱかったようですが、普段いろんな凄い味に慣らされた舌にはややしょっぱめぐらいです。
トッピングは、軟らかいチャーシュー、メンマ、味玉半個、青ねぎなどです。
麺が頑張っている印象の、醤油の味を楽しめる、トッピングの充実したラーメンです。味噌ラーメンやしょうがラーメンも機会があれば食べてみます。

時田 半ライス

半ライスです。100円です。なんか解りませんが、とても爽やかな味です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.03.02

空気清浄機

シャープ FU-D51

家族に花粉症で困っている人もいないし、空気清浄機はそんなに必要ないかなと思っていました。しかし、先週のPM2.5に霞んだ新潟の空気はかなり異常に感じました。あの空気が家の中に入ってきてなす術がないのも困ります。
空気清浄機の機能、価格など市場も成熟したのは知ってはいましたが、ネットで調べてみました。最近は、機能が充実して価格も下げ止まりになってます。
何を買おうかと調べると加湿機能付きが主流です。加湿器はありますが、最近は全然使っていない状況です。加湿機能が付いて多少お高いのはなんとかなりますが、機械の大きさがひと回り大きいのは勘弁してもらいたいです。加湿機能のない機種を探してみたらシャープにFU-D51という機種があります。
コンパクトで価格も量販店のネット価格で21,650円です。騒音が52dBです。少し能力の大きいFU-D80という機種があります。価格は1万円ほどアップしますが、騒音が50dBと少し静かでボタンの操作性などが良くなります。それだけならいいのですが、それなりに図体も大きいです。シャープにFU-D51にします。
さて新聞のチラシを確認して…、K'sデンキで21,800円で広告に掲載されています。先週の買い物の続きでイオン新潟南に行くので近くのジョーシンに寄りました。売場に行くと34,800円の価格表示です。ちょっとお高い表示です。
店員にネット販売価格になりますかと聞くと、こちらを試すかのようにいくらですかと聞き返してきます。21,650円で!と答えるとしばらくお待ちくださいと少し調べていたようで、ポイントは付きませんがと交渉成立です。
最近の量販店は、ネット販売業者に対抗して価格をかなり引いてネット販売しています。店頭価格もご相談くださいとのことでネット販売価格に合わせてくれます。ちょっと調べれば安く買えるようになったものです。
全開運転は、近くにいると多少の騒音は気になりますが、なかなか良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.01

らーめん 吉山商店

吉山商店 焙煎ごまみそらーめん

新潟三越で開催の「春の大北海道展」でお昼を食べようかとお邪魔しました。
現地で食べるというのが本意ですが、新潟まで来てくれたので食べてみます。お店の名前は「らーめん 吉山商店」。札幌市内に3店舗を有するお店です。新潟三越のチラシにイベント内容が紹介されています。メインのような扱いで「今や人気は全国区。札幌ラーメンの進化形!」とお店が紹介されています。ラーメンの写真も大きく掲載されていて「2種類の白味噌と煉りごまの風味が香る豚骨ベースの味噌ラーメン。スープも飲み干せるまろやかさが特徴です。焙煎ごまみそらーめん1杯840円」との詳しい説明が添えられています。
車で出掛けましたが、新潟三越の駐車場は柾谷小路からならぶ混雑ぶりです。少し付近を回りましたが、近くの新潟三越提携駐車場に車を停められました。
新潟三越の7階の催事場が会場で、奥がイートインコーナーになっています。午後1時前に着きました。長蛇の列かと思いましたが、前に5人の列びです。
前金制になっています。入口にレジがあり、写真入りのメニューがあります。
メニューは、しょうゆラーメン、濃厚魚介焙煎ごまみそらーめん、焙煎ごまみそらーめんの3種類で、トッピングの追加はありません。販売もしています。今回は子供と一緒に来ました。子供が濃厚魚介焙煎ごまみそらーめんにしたので、違うものを食べてみようと焙煎ごまみそらーめんにしました。
係りが席に案内してくれます。周囲に壁向きの席、中央にテーブル席があり、中央のテーブル席に案内されました。柱があり、すぐ脇を通る人が怖いです。
普通のラーメン屋さんよりも早いかなって待ち時間で出来上がってきました。
真っ黒な器に落ち着いた盛り付けです。普通の味噌ラーメンとは違ってます。
麺は、普通太、やや強の縮れ、やや硬めのゆで、札幌ラーメンらしい麺です。
スープは、味噌の味がしっかり、適度な甘味、油多めでこってりしています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、きくらげの細切り、そんなに量はありませんがもやしと玉ねぎの炒め物、多めのねぎなどとかなりの充実です。
札幌ラーメンらしい味噌ラーメンでした。新潟で食べられて嬉しく思います。ただ、840円はかなりお高いラーメンです。やっぱり高いかと思ってたら、札幌のお店まで行けば750円です。まあ新潟で食べれて良しとしましょう。

吉山商店 濃厚魚介焙煎ごまみそらーめん

子供が食べた濃厚魚介焙煎ごまみそらーめん(851円)です。スープを少し飲ませていただきました。味噌味でもしっかり魚粉の香りのするものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »