« ら麺のりダー | トップページ | らーめん 六綵亭 »

2014.03.06

らーめん いちのじ食堂

いちのじ食堂 特選和風醤油らーめん

新潟市(旧岩室村)の「らーめん いちのじ食堂」です。
県道374号線(旧国道116号線)沿いにあります。和納の田んぼ中です。
巻でのお昼、八珍亭、こまどり、古潭などありますが、あまり食べたいものがありません。まだ、食べていないものの多いいちのじ食堂にお邪魔しました。
お店は、右側奥に厨房、手前にカウンター席、2人掛のテーブル席も1卓、左側に小上がりがあります。2人掛2卓、4人掛2卓と小上がり中心のちょっと新しそうな良い意味普通のラーメン店です。午後1時20分頃に着きました。工事関係車両の駐車も多く、遅い時間なのに半分ぐらいの席が埋っています。
メニューは、醤油と味噌に大別されてます。醤油は背脂入りで、らーめんとそれにチャーシューやもやしなどを加えたものがあります。背脂の量は、中油、大油、油まみれから選べます。背脂の苦手な人用に特選和風醤油らーめんがあります。味噌は、味噌らーめんにチャーシュー、ねぎ、ニラなどを組み合わせたもの、辛味噌らーめんなどがあります。後に追加されたのでしょう、壁に貼紙で背脂塩もあります。前回は、お店の基本だろうらーめん(中油)をいただきました。順番からいくと、その次は味噌らーめん食べるべきところかも知れませんが、気になっていた特選和風醤油らーめんを食べることにしました。
お客さんは多めですが、食べている人が多く、早めに出来上がってきました。
真っ白な浅い大きな器に、醤油色のあっさりそうなスープが美味しそうです。器の縁が妙に粉っぽいものが付いています。見た目はちょっと良くないです。
麺は、やや細の縮れでモチモチ感が強く、見た目以上に歯応えを楽しめます。
スープは、醤油味のあっさりですが、油もしっかり浮いています。魚介系の旨みと香りを楽しめますが、底に残る魚粉がかなり多めなのにガッカリします。
トッピングは、チャーシュー、太めの白髪ねぎ、ほうれん草、海苔などです。
麺とスープは昔懐かしい中華そばのようですが、魚介系の風味が強過ぎです。古いようで新しい、面白いラーメンでした。680円と少しお高い感じです。

|

« ら麺のりダー | トップページ | らーめん 六綵亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/59255835

この記事へのトラックバック一覧です: らーめん いちのじ食堂:

« ら麺のりダー | トップページ | らーめん 六綵亭 »