« 麺亭 こがね | トップページ | タブレット »

2014.05.17

ラーメン東横 白根店

東横 白根店

新潟市(旧白根市)の「ラーメン東横 白根店」です。
国道8号線沿い、鯵潟地区の押ボタン式信号機のある交差点の角にあります。潤グループの「撃城」~「三代松玉堂」が営業していた建物になります。
「こがね」で食べ終わってから国道を流していました。長らく営業をしていなかった「三代松玉堂」が「ラーメン東横 白根店」に変わっています。ついこの前まで「三代松玉堂」だった筈、工事中かと思ったらそんな感じでもなく、オープンの花輪もありません。車も停まっています。行ってみましょう。

東横白根店 掲示

入口の扉に貼紙があります。試験営業中で、グランドオープンは5月24とのこと、プレオープンで馴れてからグランドオープンというのもいいことです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。最近のラーメン屋さんらしい雰囲気です。午後2時10分過ぎと遅めですが、7~8割のお客さんの入りです。入口を入って右側に食券販売機があります。
メニューは、みそ・醤油・塩バターなどの各ラーメンとそれらに野菜やチャーシューを加えたもの、みそつけめんや油そばがあります。麺の量が×0.5、×1、×1.5、×2、×2.5、×3、×4と調整可能です。どんな人が食べるんだろう。さほどお腹も空いていないのでみそラーメンにしました。
指導者がいるのでしょうか。プレオープンと思えない順調な出来上がりです。

東横白根店 みそラーメン

すり鉢状の器に濃厚な味噌のスープ、もやしの白とキャベツの緑が綺麗です。
麺は、モチモチした太い縮れ、好みのタイプとは違いますが、頑張り過ぎず噛み切れるところが気持ちのいい麺です。濃い目のスープに良く合う麺です。
スープは、割りスープが付く程の濃い目、味噌の旨みがギュッ活きています。田舎みそのような味噌の旨みと自然な感じの甘みが好きです。麺や野菜炒めを食べ終わって、濃いめのスープを直接飲んで、さらに薄め用のスープを入れて楽しみます。駅南店で良く食べていますが、比べるとかなり濃厚に感じます。
トッピングは、キャベツともやしの炒め物です。火は通っていますが、野菜の新鮮さを感じます。濃い目のスープと絡んで、美味しい野菜炒めになります。
東横の味噌は、好きになるというよりも癖になる味です。割りスープで遊べるのが楽しいです。値段はまた値上がりしているようで690円になりました。

|

« 麺亭 こがね | トップページ | タブレット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/59666832

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン東横 白根店:

« 麺亭 こがね | トップページ | タブレット »