« らぁ麺 武者気 | トップページ | 中華 丸美 »

2014.05.15

手打ちらーめん まるとく

まるとく

上越市の「手打ちらーめん まるとく」です。
国道8号線の近く、あごすけの前の道を直江津方向へ、国道8号線のひとつ手前の交差点を左に曲がると右側にあります。新しい住宅地の端っこです。
鶏のスープにこだわったラーメン店です。昨年の秋にオープンして食べるのを楽しみにしていました。遅くなりましたが、ようやくお邪魔できました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。窓が広く明るいのに落ち着いた雰囲気、新しく綺麗です。午後1時過ぎと遅い時間に着きました。他に2組のお客さんが食べています。

まるとく メニュー

メニューは、鶏白湯と鶏清湯の2つに分類され、それぞれ説明書があります。鶏白湯は、鶏がらスープを白く濁るまで強火で煮詰めた鶏の旨みが凝縮された濃厚スープです。鶏清湯は、火加減に配慮し鶏の旨みを最大限に引き出したどこまでも澄んだ鶏がらスープです。いずれにもらーめん、チャーシューめん、担々めん、まるとくらーめんがあります。鶏白湯は、とんこつを文字ってとりこつが前に付き、とりこつらーめんのようになります。さらに醤油味と塩味から(担々めんは醤油のみ)選べます。追加トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉、にんにく(おろし・刻みにんにくをたっぷり)、ねぎ、旨辛(激辛ではない美味しい辛さ)があります。麺は、並盛り180g、大盛りは270gです。ごはんは、ライス(約一合)、半ライスもあります。お好みのらーめんとご一緒にということで、お得なセットがあります。エビカツセット、チーズチキンカツセット、カラアゲセットがあります。完璧に近いメニュー表記でしょう。さらにメニューの裏によくある質問を掲載しています。お勧めは鶏白湯、人気なのはまるとくらーめん、醤油と塩では塩が良く出ているそうです。まるとくとりこつらーめん(塩味)から食べると良さそうです。でも食べたいものをいただきましょう。豪華にらーめん(醤油味)エビカツセットにしました。
スタッフは夫婦でやっているような感じです。エビカツを揚げるのと麺のゆで、ご飯を盛ったり、仕上がりを上手く合わせて出来上がってきました。

まるとく らーめん(醤油味)・エビカツセット

立ち喰いそばで見かけそうな器に醤油の色が濃いスープです。しょっぱさが気になります。エビカツは、美味しそうな形です。らーめんからいただきます。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。よくある質問に麺の硬さの調整はいたしますが、多加水麺は茹で上げたモチモチ感が魅力です。アルデンテ的な茹で加減はお勧めしておりません。芯の残った硬さをお好みの方はお申し付けください。と書かれていましたが、確かにモチモチ感のかなり(好み以上)強い麺です。
スープは、醤油味がしっかりしたものですが、見た目に反してしょっぱ過ぎることもなく、逆にまろやかです。癖がなく、鶏と醤油の旨みを楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎととてもシンプルです。
麺は好みと違い、スープとの絡みももうひとつに感じましたが、醤油と鶏ダシのスープを楽しました。これで570円は最近のお店では嬉しい値段です。
エビカツセットは、エビカツ2個にキャベツが添えられています。プリプリした海老の熱々のカツです。半ライスが付いて290円は、安くはないです。

|

« らぁ麺 武者気 | トップページ | 中華 丸美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/59650177

この記事へのトラックバック一覧です: 手打ちらーめん まるとく:

« らぁ麺 武者気 | トップページ | 中華 丸美 »