« そば処 新潟庵 1号ホーム店 | トップページ | 磯の漁火 »

2014.09.16

柳がれい寿司

柳がれい寿司 パッケージ

柳がれい寿司

お蕎麦を食べて、いつもの新幹線改札口近くの駅弁屋を覗いてみます。販売中の駅弁は、駅弁の中を写した写真入り大きめカードで紹介されてます。さすがにお昼時、食べていない駅弁がありました。先日買い損なった柳がれい寿司ともう一種類ありました。先日の買い損ないもあり柳がれい寿司にしました。
新幹線に乗り込みいただきましょう。新発田三新軒の駅弁です。パッケージに
は、新潟ブランド、岩船産・岩船加工、殻も食べられる・妙高ゆきエビ入りな
どのポップ文字が踊っています。詳しいやや小さな文字の説明があります。

カレイの代表の高級品柳かがれいは新潟が自信を持ってお勧めする魚です。県北の岩船漁港で水揚げされた小ぶりの柳がれいを岩船で中骨を除去加工し、素揚げに塩を振って味付けしたシンプルな調理で素材の旨みをお楽しみいただけます。
世界初の陸上養殖により、殻まで食べられる妙高ゆきエビを添えました。妙高の雪解け水と富山の海洋深層水が育んだ妙高ゆきエビは臭みが無く背わたも取る必要がありません。

お品書きはなく、原材料名は、酢飯(新潟県産)、柳がれい素揚げ、えび素揚げ、赤カブ漬け、甘酢生姜、レモン果汁、ちりめん、野沢菜、オキアミ、ごまなどとなっています。シンプルな特定おかずを中心とした駅弁の部類です。
寿司飯は、酸味控えめでレモン果汁をかけると香りごと爽やかになります。野沢菜・オキアミ・ごまなどで、五目風な豪華さのある酢飯になっています。
柳がれいは、小振りはいいのですが、素揚げに塩で味を整えたもの、なんか豪華さがありません。1250円とちょっとお高めもなんかもうひとつ………。

|

« そば処 新潟庵 1号ホーム店 | トップページ | 磯の漁火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/60327817

この記事へのトラックバック一覧です: 柳がれい寿司:

« そば処 新潟庵 1号ホーム店 | トップページ | 磯の漁火 »