« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014.10.31

村上ラーメン にぼしまじん

にぼしまじん まじんしょうゆ(大盛)+ねぎ

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)フードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュースによるお店です。村上での昼食になりましたが、時間にあまり余裕がありません。待ちが少なくて好みのお店ということで「村上ラーメン にぼしまじん」にお邪魔しました。
午後12時50分過ぎに着きました。国道沿いのショッピングセンターなので車での乗り入れも楽で、駐車場も広々です。今日は特に空いているようです。フードコートも空いています。数組のお客さんがいる程度の寂しい状況です。
メニューは、いちおしと印の付いているのが、しょうゆです。にぼしのスープです。あっさりにぼしスープ、5種ブレンドしょうゆ、専用自家製麺と説明があります。次にみそです。にぼし&魚介のスープです。オリジナルブレンドみそ、味噌専用自家製麺、潮の香りオリジナルスープと説明があります。最後に辛みそです。スープや説明はみそといっしょです。いずれにもネギやチャーシューを加えたもの、トッピングを充実させた小太喜屋の喜びにあたるまじんがあります。小太喜屋同様大盛りが無料になっています。喜び飯、ミニソフト、ミニソフト引換券付きお子さましょうゆなどもあります。店頭での注文になります。ちょっと豪華にまじんしょうゆ(大盛)+ねぎにしました。
お金を支払うと木製の札を渡されます。そんな広いフードコートじゃないので声が届きます。特に今日は。18番です。フードコートのセルフの水を用意して待ちます。テーブルに店のこだわりについて書いたものがあります。

「にぼしまじん」は、にぼし好きのお客さまの笑顔のために!
今日もにぼしにこだわっておつくりすることを誓います!!
スープも、麺も「にぼしまじん」の名の通り、とにかくにぼしにこだわった、にぼし好きのための“超”にぼしだしが自慢です!麺は、全て自家製麺。メインのしょうゆにはしょうゆ専用の、みそにはみそ専用の麺を使用。完全無添加で身体に優しい麺です。
美味しさの追求はもちろん、素材手間ひま惜しまずひとつひとつにも村上の地元の皆さまの健康に配慮し、可能な限り身体に良い食材とレシピでおつくりしています。二種類のチャーシューも、もちろん自家製。ご注文ごとに切り出して盛りつけています。
こころを込めてにぼしまじんの「に」は笑顔の「にっ」!お客さまに笑顔をなって頂けるように、スタッフ全員で明るいご挨拶と感謝の心でお客さまをおむかえしています。

時間が遅くお客さんも少なめ、かなり早めに18番の番号が呼ばれました。
お盆にお箸とレンゲがセットされていて、ラーメンがのって出来上がりです。真っ白な器に煮干しっぽい色のスープ、豪華なトッピングが嬉しくなります。さらに中央部には険しいねぎの山が聳えています。倒さないよう運びます。
麺は、やや細の縮れ、歯切れが良く、スープと良く馴染み旨みがあります。
スープは、煮干しが濃厚な醤油味、今時の味の濃さを楽しめるものです。和食のような控えめな煮干しが好きですが、濃厚な煮干しも嫌いじゃないです。

にぼしまじん まじんしょうゆ(大盛)+ねぎ 横

トッピングは、2種のチャーシュー、メンマ、味玉、白髪ねぎ、青ねぎ、胡麻と充実していて、まじんしょうゆのセンターにねぎの山、見た目で楽しませてくれます。斜めに切ったねぎは、白髪ねぎよりもねぎの旨みを味わえます。
フードコートという場所ら、小太喜屋のような丁寧な仕事は見れませんが、出来上がったものから変わらずの丁寧さが伺えます。お客さんの健康を考えて作っていることが嬉しくなります。好みの食べ易い麺と煮干し味が濃厚な醤油スープ、充実を越えたトッピング、まじんしょうゆ770円+ねぎ150円、合計920円とお高いものになりますが、納得させられる一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.30

食堂 吉乃や

吉乃や

長岡市の「食堂 吉乃や」です。
蔵王橋の西、上川西小学校の近くにあります。お店の前に公園があります。
長岡の知人から教えてもらったお店です。美味しいという言葉はありませんでしたが、その方の好きなラーメンということで楽しみにお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に小上がりがあります。奥に左右2間の座敷もあり、小上がりにも宴会にも使えそうです。宴会や飲みの出来る和食堂って雰囲気です。正午前に着きました。3割程度のお客さんの入りです。常連でしょうか。スタッフとの会話が弾んでいます。
メニューは、麺類が豊富です。ラーメン、チャーシューメン、塩ラーメン、塩チャーシューメン、タンメン、ホンコンラーメン、みそラーメン、辛みそラーメン、山形風辛みそラーメン、かき玉辛みそラーメン、もやしラーメン、五目あんかけラーメン、ワンタンメン、担々麺、黒ゴマ担々麺、麻婆ラーメンなどがあります。ラーメン類は背脂抜き、多め、少な目ができ、辛いメニューは、判りやすいように赤字で書かれています。定食や丼物、おにぎりなどもあります。さらにラーメンとおにぎり/半チャーハン/半カレーライスとのセットもあります。お店に着いて車を降りた時のカレーの香ばしい香りがして気になっていました。食べるましょう。ラーメン半カレーライスセットにしました。
あまり気にしていませんでしたが、食べているお客さんがほとんどのようで、不意を突かれたかのように、突然に、かなり早めに出来上がってきました。

吉乃や ラーメン

喜文と龍、昔ながらの器が、結構かすれています。美味しそうに見えます。
麺は、細麺の縮れ、昔ながらの食感を良さを楽しませてくれる好みの麺です
スープは、醤油味のあっさり。麺を食べるとやや薄味でしょうか。背脂で角が取れ、まろやかな仕上がりになっています。背脂のこってり感はなく、あっさりのまま。スープを飲むとスープの美味しさをダイレクトに楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、海苔、ねぎです。
好みの細縮れの麺とあっさり醤油味のスープ、トッピングも充実しています。
昔懐かしいあっさりラーメンです。単品だと600円ですからいい線です。
半カレーライスは、家庭的なカレーライスにちょっと手を加えて香ばしく仕上げたもの、単品でも食べたくなります。850円はなかなかお得な感じです。
あまりに美味しそうな香りに写真を取るのも忘れてしまいました。反省!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.10.29

青島食堂 宮内店

青島 宮内店

長岡市の「青島食堂 宮内店」です。
宮内駅から東方向へ、2つ目の信号機のある交差点の角、左側先にあります。同じ交差点の右手前が曲新町店なので、交差点を挟んで斜向かいになります。
長岡での昼食。特に食べたいお店もなく好きな青島で食べようと思い曲新町店へ。駐車場がいっぱいなので宮内駅前店へ。駅前のロータリーが工事のため駐車ができません。曙町までの移動も面倒です。曲新町店の斜向かいに空き地のような青島食堂の駐車場があった筈、そこに停めましょう。行ってみると建物が建って綺麗な駐車場になっています。青島食堂と製麺部、営業中の幟が目に入ってきました。青島食堂で麺を売るようになったんだ。と思いながら一声かけて車を置かせてもらおうと建物に進むとラーメンを食べている人がいます。もう一度建物を見ると宮内店とも書いています。斜向かいでまさかの2店舗営業です。どちらでも良いのですが、やはり初めての宮内店で食べましょう。
後で調べたら随分前にオープンしていましたが気がついていませんでした。
お店には入口が2ヶ所あります。左側がお店になっていて、左側の入口が正面になりますが、間に食券販売機があります。混雑時は右側の入口から入って食券を購入するのかなと思います。左側の入口を入ってお店の中に進むと左側に厨房、右側にカウンター席が10席だけの青島らしいお店です。厨房のステンレスが眩しいです。午後1時50分過ぎに着きました。遅い時間ですが他にお客さんが1人、食べている最中です。その後お客さんが2人も来ました。
曲新町店同様にこのお店も液晶タッチパネル式の食券販売機になっています。メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加ができます。好きな1スープで勝負しているお店です。お腹が空いているので、初めてのお店なので奮発してチャーシューメン(大盛)にしました。
男女2人のスタッフでこなしています。大きな鍋で1人前(大盛)の麺が勢い良く泳ぎ、美味しそうにゆであがりました。とても早い出来上がりです。

青島宮内店 チャーシュウメン(大盛)

パステル色の模様が入った白い器、スープの濃い醤油色が美味しそうです。
お店が変わっても食べ慣れた味。黒胡椒を挽きながらたっぷりとかけます。
麺は、やや細の弱い縮れです。適度なツルツル感とモチモチ感があり、旨み、歯応えなども含めバランス良い、食べていて楽しい麺です。かなりの好み!
スープは、醤油味がしっかりで旨味の強いものです。生姜がきりりと引き締めてくれます。さらに胡椒で際立ちます。飲むとちょっとしょっぱめです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎです。弾力を楽しめるたっぷりのチャーシューは、豪華な気分にさせてくれます。
やっぱ美味しく好みの青島です。870円とちょっとお高めですが納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.28

麺作 赤シャモジ

赤シャモジ 深雪もち豚と「ゆきちから」のつけ麺(大盛)

新発田市(旧加治川村)の「麺作 赤シャモジ」です。
国道7号線沿い、道の駅加治川の向かいにあります。どさん子の跡です。
新発田でのお昼になりました。お手頃感な赤シャモジにお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、右側に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。カウンター席の後ろには、待ちの座れるスペースがあります。小さな建物のように見えて中は広々しています。窓が広く明るいお店です。午後1時20分過ぎに着きました。ほぼ満席状態で帰ったお客様の後片付けを終えるのを待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、しょうゆらーめん、味噌らーめん、辛味噌らーめん、つけめん、味噌つけめんとそれらの特製らーめんやちゃーしゅーめんなどがあります。豊富なトッピングやセットもあります。自家製麺で、麺の大盛りが無料で、特盛りは100円増しです。今まで特製しょうゆらーめん(大盛)、特製味噌らーめん(大盛)、特製辛味噌らーめん(大盛)、特製味噌つけめん(大盛)とお手頃に豪華トッピングの特製は食べ尽くし、シンプルな路線に変更してしょうゆらーめん(大盛)を食べました。引き続きシンプル路線で味噌らーめん(大盛)を食べようかと思っていましたが、他に1枚もののメニューがあります。Komachiラーメングランプリエントリラーメンということで、深雪もち豚と「ゆきちから」のつけ麺というものがあります。企画ラーメンははずれが多いため遠慮していますが、最近はまれに当たりもあります。県内初!県産小麦100%の麺というタイトルで、丸榮製粉と共同で県産小麦「ゆきちから」の麺を開発。深雪もち豚のホルモンでだしをとったスープと、深雪もち豚の柔らかなレアチャーシューも注目。と説明書きがあります。10月31日までの提供で、あっさり系です。美味しそうなので食べてみましょう。こちらも大盛り無料です。深雪もち豚と「ゆきちから」のつけ麺(大盛)にしました。
その後もお客さんが訪れます。まれに待ちのあるほぼ満席の状態が続きます。出来上がり待ちのお客さんが多く、そこそこ待って出来上がってきました。
麺・つけ汁の両方とも白く丸い器です。珍しく新鮮に感じます。麺にトッピングされたレアチャーシューが美味しそうです。つけ汁も特徴的です。あまり見かけることのない醤油色の透き通ったもの、醤油の味を楽しめそうです。

赤シャモジ 深雪もち豚と「ゆきちから」のつけ麺(大盛) アップ①

麺は、冷麺の麺に似て少し透き通っています。太い平打ちでウェーブがかっています。ツルツル感モチモチ感とも良く、少し硬めにゆでられています。ある程度の噛む力が加わると小気味良く噛み切れます。好きなタイプの麺です。

赤シャモジ 深雪もち豚と「ゆきちから」のつけ麺(大盛) アップ②

つけ汁は、醤油色の透き通ったもの。見た通り醤油味で深みがあります。ダシ
を取った深雪もち豚のホルモンも入っていますが、なかなか噛み切れません。
ホルモン臭さを心配しましたが、ねぎの効果で全然気になりません。三つ葉が
彩りを添えます。割りスープをもらって飲むと、旨みの深さを感じます。
トッピングは、つけ汁の具を除くとレアチャーシューのみになります。3枚、厚みもあり、食べ応えがあります。生ハムに似た生っぽさがたまりません。
つけ麺も麺が好みのものだと結構良い食べ物です。つけ汁も一般的な濃厚なものと違い、あっさりでかなり食べ易いものでした。トッピングは、レアチャーシューは良いものの、もう少し種類があればと思います。大盛無料で880円です。赤シャモジにしては、もうひとつお手頃に感じられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.27

麺屋 ななひら

ななひら 塩らーめん

新潟市の「麺屋 ななひら」です。
大堀幹線に沿いの小針病院近くです。ラーメン富士がやっていた建物です。
オープン初日に食べて以来、久々に食べてみようかと思いお邪魔しました。
建物共有の駐車場は狭いのですが、午後1時前に着いたので空いています。
お店は、左側奥に厨房、手前と中央にカウンター席、右側手前にテーブル席、その奥に小上がりがあります。中規模の広々して落ち着いた雰囲気です。半分ぐらいのお客さんの入りでしょうか。カウンター席に座れました。
メニューは、魚介薫るななひらイチオシの塩らーめんと塩ちゃーしゅーめん、ボリュームたっぷり野菜たんめん、数量限定ややこってりの塩とんこつの極塩らーめんと極塩ちゃーしゅーめん、あっさり醤油の中華そばとちゃーしゅーめん、数量限定まろやか黒醤油とんこつのこくまろ醤油らーめんとこくまろ醤油ちゃーしゅーめんがあります。塩・醤油ともとんこつが太麺、その他は細麺が基本で、変更もできます。トッピングの追加やサイドメニューも豊富に用意されています。半チャーハンとのセットもあります。塩らーめんにしました。
お昼も過ぎて空いてきました。思ったよりも早めに出来上がってきました。
青い模様入りの白い器に、塩の透き通ったスープとトッピングが映えます。
麺は、細い縮れで癖がなく昔懐かしさを感じさせてくれます。食べ易い麺ですが、もう少しプリプリして歯切れを楽しめたら好みの麺になるのですが…。
スープは、塩味らしい淡い色の透き通ったもの、塩にありがちなえぐみもなくスーっと入っていきます。麺を食べると少し物足りないような気もしますが、スープだけを飲むといい味わいです。麺との絡みがもうひとつでしょうか。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、ほうれん草、海苔、ねぎ、梅干しです。チャーシューは歯応えと弾力と脂身の旨みを楽しめるもの。梅干しは種を外した半個分ぐらい、ラーメン全体を爽やかなにしてくれます。
最近の塩ラーメン店は、美味しい塩ラーメンを提供してくれてると思います。オープン当時650円でしたが690円に値上がりしています。基本のらーめんを680円で提供するお店が増えている中でちょっと高めですが、味玉半個と梅干しなどトッピングの充実振りを考えるといい線かと思える一杯でした。そういえば、オープン当時の醤油らーめん、今の中華そばを食べていません。梅干しがトッピングされているかと期待もありますが、食べてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.26

中華そば 石黒

石黒 肉にぼ

新潟市の「中華そば 石黒」です。
国道113号線空港通り沿い、赤道との交差点から少し市内寄りにあります。いろんなお店などが雑居している3階建ての建物の1階右側になります。
子供達と一緒に遅めのお昼を食べようかと近場の石黒にお邪魔しました。
お店は、入口を入ると右側にある通路を奥に進むような造りになっています。通路の左が厨房、その奥の左側にはカウンター席のようにも使える6人掛けの大きなテーブル席が1卓、右側が小上がりで複数の座卓があります。和の雰囲気がたっぷりのお店です。午後1時30分前に着きました。7~8割程のお客さんの入りと遅めでも賑わっています。テーブル席に案内されました。
メニューは、あっさり中華、中華そば、極にぼの3種だけ、それぞれにチャーシュー増量の肉あっさり、肉そば、肉にぼがあり、つけめんも2種あります。濃厚太めんの極づけとあっさり細めんのあさづけで、並盛1玉160g、中盛1.5玉240g(+0円)、大盛2玉320g(+100円)から選べます。今まで、あっさり中華、中華そば、極にぼ、極づけ(中盛)を食べました。今回、肉にぼにしました。
この時間、待ちのお客さんも少なく、普通より早く出来上がってきました。
白に筆書き風模様の日本そばも似合いそうな器に…、濃そうなスープです。
麺は、普通太の細かく弱い縮れ、好みよりちょっとモチモチ感が強めです。
スープは、とろみのある煮干しが濃厚なものです。最近多くのお店でみかけるようになったつけめんのつけ汁のようなものです。器底に魚粉が残ります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、味玉が半個、玉ねぎなどです。チャーシューは、ちょっと苦手な塩での味付け、適度な脂身で軟らかです。
濃厚な煮干しを楽しませてもらいましたが、今風の濃厚な味はもうひとつ好きになれません。あっさりそば670円、中華そば690円、極にぼ720円、肉系は250円増し、40円値上がりしていました。肉にぼは970円です。煮干しをいっぱい使っていそうですが、なかなか豪華な昼食になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.25

らーめん 幸

幸 あご正油鶏ワンタン麺

新潟市の「らーめん 幸」です。
新潟空港~空港ICの県道16号線沿いにあります。北高校の近く、中興野南
交差点の角の建物です。以前「らーめん 葵風」だった建物になります。
家からも近いのに最近オープンのお店が多く、久々のお邪魔になりました。
看板には、“AGO IPPIN”や“あご逸品”などと書かれています。期待大!
お店は、左側の奥に厨房、中央にカウンター席、手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。広めでゆったり、落ち着いた雰囲気店です。午後2時過ぎ着きました。お客さんが2~3割程度と昼下がりののんびりした雰囲気です。
メニューは、あご塩麺・あご正油麺とそれらに鶏ワンタンやチャーシューを加えたもの、マーボー麺、特製みそラーメン、みそ坦坦麺、辛つけ麺などがあります。いずれも玉子かけご飯、チャーシュー丼、マーボー飯、チキンカレーとのセットができます。ちょっと奮発してあご正油鶏ワンタン麺にしました。
その後も何組かのお客さんがやってきて、居心地のいい雰囲気が続きます。
お客さんが少なめなこともあって、想定通り早めに出来上がってきました。
店名が大きく入った白い器に、醤油のシンプルなスープが美味しそうです。
麺は、細めで弱い縮れ、モチモチ感が強く存在感のあるやや苦手な麺です。
スープは、醤油色の透き通ったもの、癖のない醤油味であっさりしています。あごの旨みと程良い油もあってコクとまろやかさのバランスを楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、のり、水菜、ねぎ、ワンタンなど充実しています。ワンタンは、具が適度な大きさで、皮はちょっと小さめです。
麺は、ちょっと主張が強いでしょうか?あごの癖のないスープにワンタンをはじめ充実のトッピング、なかなかよかったと思います。あご正油麺が670円で、あご正油ワンタン麺は770円です。ちょっとお高い感じもありますが、まあまあいい線でしょう。真面目なラーメン作りを感じさせる1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.24

麺や 力

力 みそ特製

新潟市の「麺や 力」です。
新幹線の高架下、女池~新和町の中間辺り、泉貴があった場所にあります。
そろそろ涼しくなってきました。おろし入りのラーメンが復活していないかと楽しみにお邪魔しました。食べたくなりました。冷いお蕎麦にはよく合わせるものですが、ラーメンに合わせたものがあります。結構お気に入りです。今まで力以外で見かけた記憶がありません。ということで再びお邪魔しました。
午後1時30分に着きました。混雑する駐車場もすんなり停められました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、左側に小上がりのある小さめで和定食のお店でも似合いそうな綺麗なお店です。お昼時には列びますが、この時間でも6~7割のお客さんの入りの賑わいです。カウンター席に座れました。
メニューを拝見。みそらーめん、チーズみそらーめん、辛みそらーめん、みそ特製、らーめん、らーめん特製、麻婆めん、汁なし麻婆めんなどがあります。おろしとんこつらーめんの復活を期待していましたが、提供されていません。スタッフに確認すると提供予定もないそうです。よけいに食べたくなります。ライスがらーめん類を食べると無料のサービスになっています。単品だと食べ放題で300円です。ライスを楽しめるようチャーシュー丼の具や生たまごなどのメニューもあります。週末の解放感から特別豪華みそ特製にしました。
待ちのお客さんが少なく、手間がかかる筈が早めに出来上がってきました。
珍しいベージュの器に、特製って言葉に負けてそう。見映えが控えめです。
麺は、平打ち太めの縮れ、適度なモチモチ感です。食べ易い好みの麺です。
スープは、合わせ味噌の濃厚なもの、味噌味、しょっぱさ、甘さともかなり濃いめです。こってり感が強すぎないのでもて余すような感じはありません。
トッピングは、もやし・キャベツ・人参・玉ねぎ・きくらげの炒め物、チャーシュー、メンマ、味玉、バター、コーン、ねぎなどとても充実しています。
トッピングの一品ずつがしっかりしたボリュームです。いつもなら残ったスープを味噌汁代わりにライスをいただきますが、お腹がいっぱいになりました。ご飯に合いそうなスープですが、初めてでしょうか!?ライスをパスします。直径は普通ですが、深みのある器です。それほどのボリュームがあるように見えませんでしたが、麺の特盛りを食べきったような満腹感です。とっても充実したトッピングの味噌ラーメンでした。特製みそは、1100円とお昼にしてはかなりお高いものです。特盛並みのボリュームをトッピングで味わえること考えると納得の値段でしょう。見た目穏やかで実態が凄いって好きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.23

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅の近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上エリアでの昼食になりました。久々に定食をたべようとお邪魔しました。
午後1時20分過ぎに着きました。この時間なら駐車場も空きがあります。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気の良い、とても綺麗なお店です。6割~7割ぐらいのお客さん入りでしょうか?この時間でも賑わっています。中央のカウンター席に空きがあったので座ります。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担々麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあります。組み合わせても楽しめます。いつものラーメン定食にしました。ここのところラーメン定食が定番です。
その後もお客さんがポツリポツリと来ては、ある程度の賑わいが続きます。
昼の混雑した時間とは違いますが、変わらず早めに出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの弱い縮れのあるもの、食べていると平打ちっぽく感じられます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで良く考えられてます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色です。煮干しのいい香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりしたラーメンに似合います。チャーシューはかなり軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、白身魚のフライ、おでん風の煮物、リンゴ入りのポテトサラダです。おかずには野菜が添えられています。白身魚のフライにはキャベツと紫キャベツと胡瓜と人参とレタス、ポテトサラダにはサラダ菜です。お新香は、沢庵、大根とかぶの漬物、胡瓜と白菜の浅漬けの3種です。きちんとした定食にはいつも関心させられています。
良く考えられた麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは582円と結構お手頃ですが、ラーメン定食は810円とお手頃さがさらに充実する定食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.22

麺亭 こがね

こがね ソースらーめん

新潟市(旧白根市)の「麺亭 こがね」です。
国道8号線から少し入ります。黒崎寄りにある黄金団地交差点(白根大通病院近く)から東へ、住宅地の中を進むと突き当たり手前の右側ににあります。
気になっているメニューがあります。それを食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。杉板でしょうか?木の質感が優しく、明るい店内です。午後12時40分頃に着きました。4割~5割ぐらいの席が埋まっています。
メニューは、ら~めん、こがねら~めん、岩海苔ら~めん、メンマら~めん、ちゃーしゅーめん、ソースら~めん、野菜しょうゆ、旨辛しょうゆ、野菜みそ、特製辛みそがあります。新しいお店なのに、なんとら~めんがワンコインの500円です。メニューと別に、全ての写真や特徴が壁に貼られています。とろみスープと書かれたものがいくつかありますが、とろみ無し(細麺)に変更ができます。前回はトッピングを充実させたこがねら~めんを食べました。今回は、その時に気になっていたソースらーめんを楽しむことにしました。
セルフのおしぼりを用意しての待ち、普通の待ちで出来上がってきました。
黒く渋い器に、負けないかのようなソースの黒い色のスープが目立ちます。
麺は普通太の縮れ、特別にどうこうありませんが、食べ易い好みの麺です。
トッピングは、もやし・キャベツ・玉ねぎ・人参・ニラ・きくらげ・豚肉などのあんかけ、結構酸味のあるソース味です。温玉、刻み紅生姜ものります。
スープは、ソースの味が強く、味的にあるのか判らない状況です。最後の方でさらりとしてくるので、新潟あっさり風、癖のないものがあるのでしょう。
壁にカレー粉の説明が貼ってあります。ソースらーめんとの相性が良いとのこと、餃子にもどうぞ!みたいなことが書かれています。胡椒なんかと並んでカレー粉があります。しっかり多めにかけてみます。間違えてソースをかけ過ぎたカレーライスのような、確かに相性の良い、また違った味を楽しめます。
なかなか個性的なラーメンでした。ソースの酸味もあり好き嫌いの別れるラーメンかも知れません。赤道食堂で人気の味噌ラーメンのソースバージョンって感じでしょうか。温泉玉子ありの750円ですからいい線かなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.21

ラーメン亭 孔明

新潟市の「ラーメン亭 孔明」です。
弁天橋通沿いにあります。弁天橋とムサシの中間辺り、駅南からで左側です。
午後2時を回っています。こんな時間でやっているお店で、かつ最近食べていないお店で食べようと思いいろいろ考えて孔明にお邪魔となりました。
お昼時間には駐車場も混んで大変なお店ですが、この時間は空いています。
お店は、左側に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、その手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木をふんだんに使ったラーメン屋さんによくある雰囲気の造りです。2~3割程度のお客さんの入りと空いています。

孔明 メニュー

メニューは、オープンからのだるまや系のスタイルから変わっています。つけめん、みそらーめん、らーめん、ON野菜みそつけめんに大別されています。つけめんは、並(250g)、中(300g)、大(350g)の盛りがあり、値段が違います。あつもりもできます。みそらーめんは、みそちゃーしゅうめんもあり、野菜増量と大盛りができです。らーめんは、めんまらーめんやちゃーしゅうめんもあり、大盛りができます。ON野菜みそつけめんは、デカ盛りで弥彦山(1玉)、富士山(2玉)、チョモランマ(3玉)の盛りがあり、値段が違います。あつ盛りのみで、スープ割ができます。トッピングは、メンマ、のり、味たま、ねぎ、チャーシュウ、つけめんチャーシュウが用意されています。サイドメニューもいろいろと豊富に用意されています。みそらーめん味あまにしました。
空いてはいますがスタッフが少なの?普通の待ちで出来上がってきました。

孔明 みそらーめん+味たま

あまり見かけない模様の入った白い器に、チャーシューが嬉しくなります。
麺は、平打ちっぽい中太の弱めの縮れ、もたもたと野菜炒めを食べている間にだんだん太く感じてきます。麺の硬さも徐々にちょうど良くなってきます。
スープは、魚介風味の赤味噌仕立てで、適度な味噌味と控え気味の甘さです。最初はあっさりで、終盤は野菜炒めの油か適度なこってり感も出てきます。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・きくらげの炒め物とチャーシュー、青ねぎです。味噌ラーメンにチャーシューが入っているとなんか嬉しいです。追加トッピングの味たまは、薄味でちょうど良い黄身の固まり具合です。
麺は少し時間をおいた方が好みで、スープはいいと思います。野菜炒めは、好みよりもやしに火が入り過ぎていました。前回食べた時は730円でしたが、780円に値上がりしています。割安感のあるお店でしたが、50円の値上がりで普通の値段に感じます。味たま80円で860円のお昼になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.20

今日の写真

紅葉 20141020

標高の高いところは紅葉がいい具合です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン ちくに

ちくに 中華そば(大盛)

村上市の「ラーメン ちくに」です。
村上市役所近くにあります。城下町らしい住宅地の中、解り難い場所です。
営業時間が、午前11時30分~午後12時45分、午後3時00分~午後6時00分とちょっと早めに食事をするのに良さそうになっているお店です。
村上でのお昼です。久々にちくにで食べれる時間、楽しみにお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房があり、食堂には所狭しと4人掛けのテーブルが7卓も置かれています。昭和の食堂って馴染みやすい雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。1卓空いています。相席ではなく、単独で座れました。
メニューは、中華そば600円と中華そば大盛り700円、肉そば900円ととてもシンプルです。好きな1スープのです。中華そば大盛りにしました。
おじちゃんとおばちゃんの2人で切り盛りしているお店です。年輩の夫婦が1スープでやっているラーメン屋さん、微笑ましくリピートしたくなります。
セルフサービスの水を準備して待ちます。待ちのお客さんが2/3ぐらいもいて、暫くかかりそうです。その後もお客さんが訪れ、空きの椅子すらも少ない状態になっています。一度に多くを作るようで出来上がるときは、次々と出来上がってきます。そして思っていたより早めに出来上がってきましました。
パステル色の鳳凰が描かれた白い器に、中華そばって雰囲気の盛り付けです。煮干しの香りがします。最近の煮干しだしのお店と違い少し癖があります。
麺は、細麺の弱い縮れで軟らかめにゆでられています。軟らかいゆで加減事態好きではありませんが、ちくにのゆではバランスが良く嫌いじゃないです。
スープは、煮干しダシの効いたもので、香りも強めです。透き通った飴色で、醤油味を前に出さずに、塩できりりとバランス良く絞めています。あっさりしていそうですが、油も適度にあり、まろやかさな仕上がりになっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。チャーシューは、豚の脂の旨みと適度な歯応えの両方を楽しめるものです。
煮干しダシが懐かしく楽しめるしめるものでた。それに合わせるのは、軟らかめの麺とシンプルながら充実のトッピング。バランスの取れた中華そば大盛りが700円です。安くはありませんがお腹いっぱいでなかなかのものです。
この記事を書いていたら「あさひ楼」の軟らかな麺も食べなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.19

かきべん

かきべん パッケージ

かきべん

本日は、のんびり休養です。
スーパーで駅弁祭りをやっていたので、行ってみました。あまり見たことのない駅弁を購入しました。北海道釧路市の「釧祥館 」のかきべんです。
原材料名は、かき炊き込みご飯(米:北海道産、かき、人参、ひじき、その他)、味付かき、大根みそ漬です。結構シンプルな駅弁です。
スーパーなので消費税で半端な値段でしたが、駅弁としては950円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.18

日本そば博覧会

日本そば博覧会 会場

新発田市の五十公野公園で10月17日(金)~10月19日(日)に開催されている「第20回日本そば博覧会」に行ってきました。「第6回 新発田堀部安兵衛討ち入りそばまつり」っていうのが例年通りのお祭りですが、今年に限って全国で例年開催されている「日本そば博覧会」が新潟県新発田市での開催となり、両方を兼ねた内容となっております。そういえば昨年のお祭りはプレそば博覧会と位置付けられていました。また、なんで新発田市でそば祭りかというと、新発田出身の赤穂浪士・堀部安兵衛が討ち入り前にそばを食べたという言い伝えから、そばを通じて人と人、地域と地域の交流を目的に開催されています。明日の片岡鶴太郎そばトークショーも楽しみですが…。
内容は、そばの販売(1杯500円~)、そば打ち体験(1組1200円(5人前))、素人そば打ち段位認定会などがあります。素人そば打ち段位認定会は、今までなかったので全国そば博覧会のイベントのようです。そばの販売は、県内外から15団体の参加です。昨年が10団体だったので一挙に大盛りって感じです。県外のおそばが食べれるイベントは楽しみです。
目的は、そばの販売を食べるのとそば打ち体験です。往路、いつも通りFM PORTを聴きながら移動していたら会場からの中継がありました。昨年までと違ってかなり混雑しているようです。午前10時からの開催ですが、午前11時着を目指して移動していました。今回は、混雑が予想され、市役所やカルチャーセンター駐車場が利用でき、無料シャトルバスも運行されます。ただ、シャトルバスが30分間隔なので、直接会場駐車場を目指しました。会場近くから渋滞していて予定よりも30分も多くかかって到着しました。
午前11時30分の到着です。会場の雰囲気はあまり変わりまりませんが、昨年までの地方の市のお祭りと全国のお祭りの差でしょうか?ものすごい人の多さです。会場中央付近のそば打ち体験の申し込みを行います。各日20人ですが、ギリギリ空いてました。午後2時からです。さて、いただきましょう。

出展者は、
 「北海道上砂川手打ちそば愛好会」 (北海道)
 「北海道幌加内町手打そば店」 (北海道)
 「北海道そば研究会」 (北海道)
 「札幌手打ちそば愛好会」 (北海道)
 「会津磐梯そば道場」 (福島県)
 「いわはし館」 (福島県)
 「会津山都蕎麦 蕎邑」 (福島県)
 「ふるさと寒河江そば工房」 (山形県)
 「いばらき蕎麦の会」 (茨城県)
 「おわらの里 やつおのそば」 (富山県)
 「吉良 とこなめそば道場」 (愛知県)
 「一孝庵 かやの家」 (京都府)
 「播州討ち入りそば」 (兵庫県)
 「新潟つながるそばの会」 (上越市)
 「小千谷そば 和田」 (小千谷市)
 「蕎麦打ち道場 一寿の会」 (新発田市)
の15団体です。

日本そば博覧会 ふるさと寒河江そば工房 板そば

日本そば博覧会 ふるさと寒河江そば工房 板そば アップ

最初は、山形県の「ふるさと寒河江そば工房」です。“でわかおり”を使用した山形板そばです。板そばと鶏そばがあります。いずれも500円です。

日本そば博覧会 会津山都蕎麦 蕎邑 もりそば

日本そば博覧会 会津山都蕎麦 蕎邑 もりそば アップ

2杯目は、福島県の「会津山都蕎麦 蕎邑」です。“会津のかおり”を使用した。雪室貯蔵です。もりそばとかけそばがあります。いずれも600円です。

日本そば博覧会 北海道幌加内町手打そば店 もりそば

日本そば博覧会 北海道幌加内町手打そば店 もりそば アップ

3杯目は、北海道の「北海道幌加内町手打そば店」です。“ほろみのり”を使用した。もりそばとかけそばがあります。いずれも500円です。

日本そば博覧会 宝の山のそば処 いわはし館 もりそば

日本そば博覧会 宝の山のそば処 いわはし館 もりそば アップ

4杯目は、福島県の「宝の山のそば処 いわはし館」です。“会津在来種”を使用した。もりそばとかけそばがあります。いずれも500円です。

日本そば博覧会 そば打ち体験

お腹も膨らんできたところでひと運動です。そば打ち体験の時間になりました。朝、爪も切りました。手を綺麗に洗ってそば打ち体験会場へ。。二八の粉500gでそばを打ちます。昨年のそば打ち体験をしましたが、どうも粉が違い思ったようになりませんでした。今年は大丈夫でした。

ご馳走様でした。帰ります。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.17

らーめん ののや 米山店

ののや米山店 特製らー麺(しお)

新潟市の「らーめん ののや 米山店」です。
新潟駅南地区、北越高校前の通りを紫鳥線方向へ移動した右側にあります。
最近食べていなかったので、久々に食べてみようかと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、中央に通路があり左右から中央向きのカウンター席、手前と右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。まだまだ新しい感じ、そんなに大きなお店ではありませんが、席数はありそうです。正午に着きました。2割~3割程度のお客さんの入りと空いていて、その後も空いていました。
メニューは、しょうゆ、しお、みそ、からみその4つの味があり、それぞれに味玉入り、肉増し、肉増し(ダブル)のトッピングを追加したものが用意されています。以前はあった海老ワンタンがなくなっています。それらと別に限定ちゃーしゅーめん、野菜らーめん、ちびらーめんがあり、いずれもしょうゆ、しお、みそ、からみそから味を選べるようになっています。つけめん、辛つけめんがに提供されています。並の220gと中の290gが同料金、大の360gも対応できます。ここまでが1枚もののメニューで、他に好きな麺と組み合わせができるセットが3種類あります。終日利用できますが、割安感がありません。さらに特製らー麺始めました!!というのがあります。お客様からクチコミを多数頂き、10周年を記念して復活させました。当店自慢のチャーシュー、新たに改良した自家製海老ワンタンと定番の味玉がついた納得の一杯。ぜひお試し下さい。と書かれています。これもしょうゆ、しお、みそ、からみそから味を選べるようになっています。しおが人気の旭川ラーメンのお店です。久々なのでしおをいただきましょう。奮発して特製らー麺(しお)にしました。
お客さんの少なさもありますが、期待どおり早めに出来上がってきました。
うどんなんかが似合いそうな小さめで深い、上品な器に盛られてきました。
麺は、細めの弱い縮れ、九州ラーメンのような噛応えが楽しめるものです。
スープは、とてもクリーミーです。コーンスープをさらりとさせ、少ししょっぱめにしたような感じです。まろやかで塩の味付けと旨みがいい感じです。
トッピングは、チャ-シュー、メンマ、きくらげ、味玉、ねぎ、海老ワンタンです。チャーシューは2枚で脂身の多いものとそうでないもの、しっかりした味付けで角煮に近い味わいを楽しめます。海老ワンタンは、プリプリした歯応えはありませんが、噛んだときに海老の旨みが中からジワーっ出てきます。
旭川ラーメンは塩が人気で、「ののやの塩」も人気メニューになっています。オープン当初700円のしおは、10年で50円値上がりの750円と妥当な線で割高感も落ち着きました。特製らーめんは200円増しで950円です。味玉と海老ワンタンもいい組み合わせですが普段のお昼には贅沢過ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.16

石門子

石門子 営業時間

新潟市の「石門子」です。
新潟市中央区古町通の12番町とかなり下手、湊小学校の近くにあります。
再びお店が再開しているとの情報を入手したので行ってみることにました。
古町通の一方通行を湊小学校前から入ります。石門子近くには路上駐車の車が数台あり、赤い暖簾も見えてきました。迷惑にならないよう路駐します。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側に小上がりが2卓あります。ちいさめの町のラーメン屋さんといった雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。他に5人のお客さんがいて、待っている2人のお客さんのラーメンができたところです。その後もお客さんがやってきます。
メニューは、ラーメンと冷し(冷し中華)でそれらにチャーシューを加えたものがあります。盛りは、普通、大盛、超盛、特盛があります。昔あったワンタンやワンタンメン、特々盛がメニューから消えたままです。値上がりしていません。ラーメンがワンコインジャストで食べられます。リッチに肉大ラーメンにしました。セルフサービスで冷水機からコップに水を注いで待ちます。
前のお客さんのラーメンが出来上がり、続いて作ってもらえています。後からのお客さんは冷しです。双子ゆで玉子を食べながらのんびり待とうと思いましたが、玉子の皮を剥き終わる頃にはラーメンが出来上がってきました。

石門子 肉大ラーメン

大盛り用の水色の器に、飴色のスープがとても懐かしくなんか感動的です。
麺は、細い縮れでツルツル感プリプリ感が良く、懐かしさを感じさせます。
スープは、醤油味を塩で少し締めたような切れがあります。癖のない自然な旨みがあります。あっさり控えめで、どこか昔懐かしさを感じさせてくれます。麺を食べているとちょうど良く、スープを飲むとちょっとしょっぱめです。
トッピングは、歯応えが楽しい昔ながらのチャーシュウ、浅漬かりのメンマ、たっぷりのねぎが入っています。チャーシューの切れ端も入っています。醤油味がかなり濃く、しょっぱめですが、とても好きな味です。御飯が欲しい。
あっさり、しっかりしたスープに細縮れ麺、歯応えのあるチャーシュー、新潟あっさりラーメンです。肉大ラーメン(大盛)750円+玉子50円、安くはありませんが、たっぷりのチャーシューと麺のボリュームを楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.15

めんや 衛登

衛登

柏崎市の「めんや 衛登」です。えいとと読みます。
国道8号線の南側に建設され一部共用とされている新8号の半田交差点近く、大盛カツカレーで有名な「中華料理 萬来」のすぐ目の前にある建物です。
お腹が空きました。萬来でカツカレー以外のなにかそこそこボリュームのあるものを食べようかと思い向かいました。もうすぐ到着と思ったら、向かい側にあったはずの「博多拉麺 KAZU」が…「めんや 衛登」になっています。早速食べてみようと思います。よく見ると窓に10月20日より営業開始と書かれていますが、営業中の看板もあります。プレオープンなんでしょう。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側に小上がり、奥にパーティなんかできそうなテーブル席が配置された部屋があります。落ち着いた雰囲気のやや大きめのお店です。午後12時30分過ぎに着きました。プレオープンのためでしょうか?お昼の最中も3割程度のお客さんの入りと空いています。
メニューは、しょうゆ、みそ、しお、つけめん、オリジナルめん、ごはんもの、ぎょうざ、トッピングに別れています。しょうゆは、らーめん、チャーシューめん、おすすめの衛登らーめん、衛登チャーシューめんです。みそは、みそらーめん、みそチャーシューめん、炒めやさいみそらーめん、炒めやさいみそチャーシューめんです。しおは、しおらーめん、しおチャーシューめんです。つけめんは、つけめん、つけめんチャーシューです。普通270g、大盛360gで同じ値段です。オリジナルめんは、MUGEN∞、もうひとつは考案中で封印されています。MUGENは、400gの麺と8種類の具材入りで大盛不可となっています。ごはんものはライスや丼もの3種、ぎょうざは5個と3個があります。トッピングは、煮たまご、あか玉、メンマ、チャーシュー、あおさ(のり)などがあります。平日は、お得なセットもあるようですが、近日発売となっています。プレオープンとはとても思えないほどの品揃えの良さです。おすすめの衛登らーめんにしました。
メニューには、似たようなものがもう一枚あります。各らーめんの説明です。しょうゆらーめんとチャーシューめんは、あっさりしょうゆらーめんと書かれています。衛登らーめんと衛登チャーシューめんは、こってり背油らーめん、1/2煮たまご、あぶりチャーシュー、あおさ入り。香りを楽しんで下さい。と書かれています。大好きなあおさ海苔が入っています。とても楽しみです。
お客の少なさ、スタッフの多さもありますが、まだプレオープンの段階です。あまり期待をしないで待ちますが、普通の待ち時間で出来上がってました。

衛登 衛登らーめん

黒く渋い器、その中は背脂の褐色とあおさのりの黒が表面を覆っています。
麺は、普通の太さのストレート、モチモチしていて細いパスタのようです。
スープは、ちょうど良い量の背脂が浮いてます。こってりし過ぎていません。背脂の下には醤油色ですが、醤油が強調されていないまろやかなスープです。動物系の旨みと魚介系の風味が結構いい感じですが、底に魚粉が残ります。
トッピングは、炙りチャーシュー2枚、メンマ、味玉半個、あおさ、青ネギなどです。背脂のこってり感もあおさ海苔で全然気にならなくなりました。
麺が好みと違いましたが、スープとトッピングは良いでしょう。普通のらーめんが650円とちょっとお高め、衛登らーめんはトッピングが充実していますが800円です。かなりお高いような印象がどうしても残っちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.14

七福食堂

七福食堂 とん汁ラーメン

上越市の「七福食堂」です。
高田地区です。県道579号線(上越大通り)土橋交差点から西方向に入り、200m程先の左カーブから西に入り橋を渡った静かな住宅地にあります。
根曲がり竹を食べたくなるとお邪魔するお店ですが、以前から豚汁ラーメンが気になっています。たまにお邪魔すると根曲がり竹を食べたくなるので、根曲がり竹の禁断症状が出る前に、あまり間を開けずにお邪魔しました。
お店は、入ってすぐテーブル席があり、その奥に仕切られて厨房があります。右側に14畳ほどの座敷があり、テーブルが6卓あります。全体的には昔ながらの食堂って感じですが、テーブル席の窓・テーブル・椅子などは洋食が出てきても良さそうな雰囲気です。午後12時40分頃に着きました。3割~4割ぐらいの席が埋まる程度のお客さんの入りです。テーブル席に座りました。
メニューは、めん類、うどん(そば)、丼物・ごはん物、スープ類、定食類、一品料理、飲み物類などに大別され、めん麺は、ラーメン、生みそラーメン、塩ラーメン、上そば(七福特製ラーメン)、チャーシューメン、タンメン、みそラーメン、みそチャーシューメン、五目ラーメン、もやしラーメン、カルビラーメン、わかめラーメン、焼きそば、豚汁ラーメン、冷し中華(夏季限定)など豊富にあり、食べようと思った豚汁ラーメンもあります。また、麺類は、辛口、激辛、あんかけが対応できます。メニューを見ていると根曲がり竹が食べたくなります。でもこの前食べたばかり、豚汁ラーメンにしました。
たちばなのとん汁ラーメンは、美味しいけど麺がどうも好きではありません。松茶屋のトン汁ラーメンが、今のところ麺、スープとも一番好みの味をです。さて、七福食堂のとん汁ラーメンはどうでしょうか?期待しながら待ちます。
お店は空いてはいましたが、普通に時間がかかって出来上がってきました。
パステルっぽい色の鳳凰の模様が入った白い器にとん汁が美味しそうです。
麺は、普通太の縮れ、硬めにゆでられてます。とん汁を先に食べるためか?
スープは、味噌味・甘さとも好みのとん汁です。豚の旨みがいい感じです。
トッピングは、とん汁とメンマのみです。とん汁は豚肉、玉ねぎ、豆腐です。好みのとん汁です。松茶屋のトン汁ラーメンと比べると、玉ねぎ少な目で、豚肉はかなり多め、にんにくの香りが少なく平日でも気にせずに食べれます。
とん汁を先に食べ、麺をゆっくり食べるといい具合です。とん汁とラーメンの両方を楽しんだような得した気分です。程良い辛味もあります。単品で900円と安くはありませんが、豚肉の多さに十分納得のとん汁ラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.13

ラーメン だるまや 亀田店

だるまや亀田店 煮干つけめん

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン だるまや 亀田店」です。
国道49号線(亀田バイパス)鵜の子ICから亀田駅への途中にあります。
まるしんでつけめんを食べようと出かけました。月曜日が定休日ですが、祝日の場合に翌日になるお店が多く、営業しているかもと思い行ったのですが、お休みでした。だるまやはどうなっているのかな?と亀田店にお邪魔しました。経営者が変わってメニューなど変更になっているのかちょっと楽しみです。
お店は、右側に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。木をふんだんに使ったロッジ風な雰囲気のお店です。午後1時40分前に着きました。この時間でも10人程の待ちと以前と変わらず賑わっています。10分程待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、和風とんこつのだるまラーメンと味噌ラーメン、野菜味噌ラーメンとそれらにチャーシューを加えたものがあります。基本的なメニューの変更はありません。他に煮干つけめん、辛辛つけめんがあります。まるしんに行こうとした時点でつけめんモード!、煮干つけめん(大盛)にしました。
混みもあって予定していたとおり、時間がかかって出来上がってきました。
白い器に麺、青い模様の器につけ汁が入ってます。お盆にのってきました。
麺は、やや太で弱い縮れで、コシのしっかりしたつけめんらしいものです。
つけ汁は、和風豚骨の濃厚なもので、魚介の香りがします。魚粉からでしょうか?魚の生臭さがほんの少し感じられます。気にすると余計感じられます。
トッピングは、つけ汁に塊状のチャーシュー、ねぎ、海苔、魚粉などです。
食べ終わってつけ汁のスープ割をしました。熱々だと動物臭さがあります。
つけめんらしい麺、臭いが少し気になる濃厚なつけ汁、トッピングもまあまあ充実しています。煮干つけめん780円+大盛100円、合計で880円と少しお高いお昼でした。ボリュームもありますが、つけめんの大盛無料や大盛りが10円増しなどのお店も多く、大盛りは少し満足感が減っちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.12

三川観光きのこ園

阿賀町(旧三川村)の「三川観光きのこ園」です。
三川観光きのこ園

スーパーで購入したきのこできのこ汁を作って食べましたが、どうも秋の香りを楽しめません。もう少し香りの高いきのこが食べたくなりお邪魔しました。

三川観光きのこ園 ひらたけ
ひらたけ

三川観光きのこ園 なめこ
なめこ

三川観光きのこ園 ぶなしめじ
ぶなしめじ

三川観光きのこ園 しいたけ
しいたけ

さて、家に帰ってきのこ汁を食べましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン党 ひさご

ひさご ネギみそラーメン


ひさご ネギみそラーメン 正面


阿賀野市(旧水原町)の「ラーメン党 ひさご」です。
国道49号線沿いにあります。新潟市からで市役所などを過ぎた右側です。
そば好きの同僚が飲むとしきりに旨いと勧めるお気に入りのお店です。確かに美味しいけど、そんなに特別に美味しいお店だったかとお邪魔しました。
午後1時30分過ぎに着きました。この時間でも7人の待ちと混んでいます。
お店は、左側奥に厨房、手前と中央寄りにL字形カウンター席、その手前と右側にテーブル席があります。中規模の少し昔のラーメン屋さんの雰囲気です。暫くの待ちかと思いましたが、帰るお客さんが多くすぐに案内されました。
メニューは、みそ味と醤油味、以前あった辛みそはなくなり、特製辛みそトッピングが提供されています。みそ味は、みそ、みそ野菜、ネギみそ、ネギみそ野菜、みそコーン、みそメンマ、みそワカメ、みそキムチ、特製みそ、特製みそ坦々、特選みそ野菜、スタミナ、超スタミナ、みそ坦々の各ラーメンがあります。主だったものにはチャーシューもあります。醤油味は、ラーメン、コーン、わかめ、メンマ、のり、岩のり、野菜、ネギ、もやし、キムチの各ラーメンがあります。主だったものにはチャーシューメンもあります。醤油味にはデカチャーシューメンもあります。いつものネギみそラーメンにしました。
出来上がり待ちのお客が多く、多少時間がかかって出来上がってきました。
すり鉢の器に山盛りの白髪ねぎがのってきました。今日は平たい山容です。
麺は、平打ちやや太の縮れ。茹で加減が良く、モチモチ旨みのある麺です。
スープは、油の少ないあっさり、いい甘さと濃いめの味噌味を楽しめます。
トッピングは、キャベツ・もやし・挽肉・きくらげの炒め物、白髪ネギ、コーン、麺より多い大量の白髪ねぎです。今回の白髪ネギは平らな盛付けです。
旨みのある麺と味噌味がしったかりなのにあっさりしたスープ、ねぎ好きにはたまらない大量のねぎ、ボリュームのある1杯でした。大量のねぎでスープが温くなったのが少し残念です。メニューは1000円前後が多めと高めで、ネギみそラーメンも990円とかなり高めのラーメンですが、でも納得です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.10.11

古町どんどん

古町どんどん

新潟市古町通りで開催の「古町どんどん」にお昼を食べに行ってきました。
いつものように朝食と昼食を兼ねアルコールも飲めるようバスでの往復です。
旧北光社前でパンフレットをもらって内容を確認します。今回は第4回どんどん丼グランプリというものがあります。10店の丼を食べての投票でグランプリを決定するイベントです。各店25~50杯程度の限定となっています。一旦白山寄りに移動し、5番町から見ようと思います。店舗と販売があります。屋台3店、店舗5店となっています。今年は上から歩いてみます。

古町どんどん レーベンブロイ樽生

まずはビール。レーベンブロイの樽生
350円です。

古町どんどん 豚バラのドイツビール煮丼

なかなかお店を見つけられません。
1杯目、モルゲンロード古町店の豚バラのドイツビール煮丼です。
400円 店舗で食べます。

古町どんどん 揚げサンマの梅肉ソース丼

2杯目、しょうごの揚げサンマの梅肉ソース丼です。
400円 屋台販売です。

古町どんどん べじ角煮丼

3杯目、食堂Rirupaのべじ角煮丼です。
500円 店舗で食べます。

もっといろいろ食べようかと思っていましたがお腹がいっぱいになりました。
帰りにとりかんの半身揚げを子供たちのみやげに買って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.10

とりそば処 ぬまのアジト

ぬまのアジト

上越市(高田地区)の「とりそば処 ぬまのアジト」です。
高田駅前への県道38号線沿い、上越大通りと高田駅の中間辺りにあります。
高田地区での昼食です。まだ食べていないお店で食べようとお邪魔しました。前にお店の前までは来ましたが、定休日かなんかで食べれていませんでした。何度かそんなことがありましたが、今回は暖簾も下がっていて営業中です。
たぶん駐車場がありません。隣にコンビニがあり、帰りになにか適当に買って帰ればってこともありますが、気が引けて近くの有料駐車場に停めました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。ちょっと渋古いの居酒屋風で、夜の方が楽しめそうなお店です。午後12時40分頃に着きました。他にお客さんはなく貸切りです。

ぬまのアジト メニュー

メニューは、とりそば、ねぎとりそば、とりそばチャーシュー、とりそばねぎチャーシュー、かわ煮とりそば、限定でしおとりそば、みそとりそば、みそかわ煮とりそば、エビみそとりそばがあります。サイドメニューは、鶏飯、鶏皮煮込み小丼、ねぎ鶏チャーシュー小丼、ライスなどがあります。お腹も空いています。とりそばと合わせて鶏皮煮込み小丼も食べることにしました。
他にお客さんがいないこともあり、想定通り早めに出来上がってきました。

ぬまのアジト とりそば

黒い器、あっさりそうな澄んだ淡い色のスープ、油が多めに浮いています。
麺は、細い縮れで、ちょっとモチモチ、食べ易い癖のない、好みの麺です。
スープは、澄んだ淡い色の通りあっさりしたもの、醤油と塩の中間のような味に感じますが、しおとりそばというものもあり、醤油がメインなんでしょう。癖のない旨みのある油が多めに浮いて、熱々が食べ終わるまで続きます。
トッピングは、鶏チャーシュー、メンマ、みつば、海苔、鳴門、ねぎです。
細縮れの食べ易い麺、あっさり旨みのあるスープ、充実したトッピング、品良く丁寧な仕上がりのとりそばでした。650円と安くはありませんが、今ではいい線でしょう。食べ終わってからも楽しめました。ただ黒いだけだと思っていた器ですが、途中まで食べると黒い器に光の返しが違う大きめの雷文が浮き出てきます。底には、双喜文が描かれています。珍しく欲しくなる器です。

ぬまのアジト 鶏皮煮込み小丼

鶏皮煮込み小丼です。名前に負けて注文してしまいました。屋台のもつ煮のようなものを期待しましたが、白味噌の味付けはちょっとこってりしています。軟らかいもつなのですが、味付けが好みと違いました。1杯280円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.09

らーめん 丸木屋

丸木屋坂井輪店 らーめん

新潟市の「らーめん 丸木屋」です。
西地区、大堀幹線沿いにあります。坂井東交差点から少し西側になります。
かなり好きなお店ですが、足が遠退いていました。久々にお邪魔しました。
午後1時前に着きました。ログハウス風の小さなお店で、お店前にはほんの数台ですが駐車スペースがあります。なかなか停められず、隣のホームセンターに停めさせてもらうことが多いのですが、今日は、なぜかガラガラでした。
お店は、左側に厨房、中央厨房向きと右側手前窓向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。外観のログハウスに相応しい雰囲気の店内になっています。珍しく他にお客さんがいません。後から2人組の来店がありました。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅーめん、うま辛めん、胡麻ともやしらーめんがあります。サイドメニューもあります。らーめん(大)にしようかとも悩みましたが、らーめん天然ダシのとろろごはん(小)にしました。
細麺でゆで時間が短いからでしょうか?とても早く出来上がってきました。
真っ白い器に白濁したスープ、あまり美味しそうには見えないのですが…。
麺は、極細の縮れです。心地よい縮れとシコシコした歯応えが楽しい麺です。
スープは、あまり美味しそうには見えませんが、醤油と塩の中間の色あいと味わいで、動物系、魚介系、野菜など天然ダシのバランスが絶妙です。まろやかさとあっさりを楽しめる身体に優しいご馳走的スープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎです。醤油中心で味付けされたチャーシューです。かなり好きな味付けで楽しみにしています。
極細の麺ととっても優しいスープとの好きなラーメンです。らーめん普通盛りで600円、前回食べたときが550円だっので50円値上がりしています。今まではかなりお手頃な感じでした。値上がりしても、まだお手頃でしょう。

丸木屋坂井輪店 天然ダシのとろろご飯

天然ダシのとろろごはんです。小盛りで300円、かなり好きな味です。
大根と胡瓜の漬物、おろしわさびがのった小皿が付いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.08

皆既月食

2014年10月8日、皆既月食が見られました。写真も撮れました。
前回の皆既月食は2011年10月10日、SENDAI光のページェントの帰りに宮城県内、福島県内で見れました。今回は、新潟で見ます。

20141008182316
18時23分 絞り値F10 露出時間1/60秒 ISO-100

仕事から帰って、写真撮影を開始しましたが、すでに食べられています。

20141008183804
18時38分 絞り値F10 露出時間1/60秒 ISO-100

20141008185212
18時52分 絞り値F10 露出時間1/60秒 ISO-100

20141008190446
19時04分 絞り値F10 露出時間1/60秒 ISO-100

20141008191810
19時18分 絞り値F10 露出時間1/60秒 ISO-100

20141008192514
19時25分 絞り値F10 露出時間1秒 ISO-100

20141008194224
19時42分 絞り値F5.6 露出時間5秒 ISO-100

20141008202356
20時23分 絞り値F5.6 露出時間5秒 ISO-100

20141008203030
20時30分 絞り値10 露出時間5秒 ISO-100

20141008203436
20時34分 絞り値10 露出時間2.5秒 ISO-100

20141008204834
20時48分 絞り値10 露出時間1/60秒 ISO-100

20141008210428
21時04分 絞り値10 露出時間1/60秒 ISO-100

20141008213650
21時36分 絞り値10 露出時間1/200秒 ISO-100


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな小さなラーメン屋 春紀

春紀 まぜそば(全体)

柏崎市(旧高柳町)の「小さな小さなラーメン屋 春紀」です。
柏崎から国道252号線で小千谷方面へ、岡野町交差点先、右側にあります。
柏崎での昼食です。久々に春紀のラーメンが食べたくなりお邪魔しました。
正午前に着きました。お店前の国道の広くなった両側、近くの地区公民館の駐車場も車で埋め尽くされています。あまりに待ちが多かったら諦めようかと思いつつお店前まで向かいます。待ちが17人です。微妙ですが待ちます。
店主が作り、奥さんがフロア係です。丁寧な仕事で回転の早いお店ではありません。どれぐらい待つのでしょう。30分程待って前が10人の待ち、後ろに7人の待ちになっといます。並んで65分、小上がり側に案内されました。
お店の小上がり側は、自宅玄関を入った畳敷きの座敷です。4人掛けが2卓、2人掛けが1卓の3卓あります。お店側は、正面に厨房があり、その手前と右側に4席のL字型カウンター席があります。白木の綺麗なカウンターです。
メニューは、テーブルの上に置かれています。通常メニューが、らーめん(味玉付)、塩らーめん(味玉付)、つけめん(1.5玉)、塩つけめん(1.5玉)、数量限定メニューで、たまりしょうゆらーめん(味玉付)、甘エビしょうゆらーめん(味玉付)、みそらーめん、赤だしみそらーめん、赤らーめん(唐辛子入り、しょうゆ味)、赤みそらーめん(唐辛子入り、みそ味)です。数量限定で他にも壁に表示されているものがあります。いろいろあったのでしょうが、鶏パイタンとまぜめんが残っています。カウンター席でメギスらーめんはどんなラーメンかと聞いているお客さんがいたので早ければあったのでしょう。トッピングなどは、味玉、甘エビペースト、肉増し、大もりのアレンジが出来ます。まだ食べていないまぜめん(味玉付)+肉増しにしました。
小上がりから厨房の様子が判りませんが、結構早めに出来上がってきました。春紀は、席に着くまでは時間がかかりますが、出来上がりは早めです。

春紀 まぜそば

内側が白く、おそばなんかが似合いそうな器に肉・肉・肉っていう感じです。割りスープもいっしょに付いてきます。これがあれば楽しみが倍増します。
麺は、普通の太さの平打ち、程良い縮れ具合です。角のしっかりしています。硬過ぎないゆで加減で、食べ易い仕上がりです。旨味が絡まり易い麺です。
タレは、醤油にちょっとソースが混じっているかのような濃い色のものです。濃厚でしょっぱめなのに醤油味があまり表に出ない控えめな仕上がりです。
トッピングは、肉増しで増量された硬めチャーシュー、歯応えを楽しめます。もう1種類の旨味を感じさせる脂身でやや軟らかめのチャーシュー、焦がしにんにく、味玉、海苔、糸唐辛子など麺が見えないくらいのボリュームです。

春紀 まぜそば(麺UP)

タレに絡めた麺です。最初に見たときには、ちょっと恐怖を感じさせます。
スープと絡む麺のラーメンと違ってタレを絡める食べ物です。ラーメンを基本に食べているのでちょっと違和感があります。しかし、割りスープで割ったスープはなかなかでした。まぜそば800円と肉増し300円で1100円とかなりお高いお昼ですが、食べたくなるお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.07

米澤牛焼肉重松川弁当

米澤牛焼肉重松川辨當 パッケージ

米澤牛焼肉重松川辨當

お昼前に出張先に着きました。事前の調べもなしで周辺を歩き回りましたが、食べたくなるようなラーメン屋さんを見つけられませんでした。ラーメンと看板に書いてあるおそば屋さんがありますたが、その先にラーメン屋さんがありそうな街並み。後で思えばおそば屋さんで食べておけばよかった。
お昼を抜いての帰りの駅弁です。帰宅者で混み合う中、東京駅に着きました。
全国の駅弁が揃うお店を覗きます。まだまだたっぷり残っています。食べたことのない駅弁がたくさんあります。食べたいと思う魚系のお弁当はなく、幕の内系か肉計です。ひと通り見て食べたいと残ったのが、米澤牛焼肉重松川弁当と前沢牛ローストビーフ肉巻にぎり寿司です。米澤牛か?前沢牛か?悩みましたが、今回は松川弁当店の米澤牛焼肉重松川弁当にしました。子供達に食べさせたくて、米沢の松川弁当店まで買いに行ったとき以来、久々になります。
包み紙は、松川弁当店が明治32年米沢駅が開通以来、厳選された牛肉を材料に風味豊かな弁当を作り続けている。とのことが書かれていて、その当時か?よねざわ停車場で駅弁を売っている風景が絵になっています。
原材料の記載があります。ご飯(国内産)、牛肉(味付)、牛肉肉団子(牛肉・玉葱・卵・その他)、赤かぶ酢漬、しょうゆ漬(大根・胡瓜・人参・その他)、にんにくの芽、ごま、付合せなどとなっています。シンプルです。
松川弁当店の牛肉の味付けが好きです。醤油味ですき焼き風なしょっぱさ、甘さ、旨味が見事に整っています。和牛を使用したお弁当の味付けよりも米澤牛を使用したお弁当の方が薄味で上品に仕上げているような気がします。
1600円とかなりお高い駅弁になりますが、それ以上に満足できました。
でも、牛丼を何杯食べれるんだろう?って考えるとなかなか悩みそうです。
次は、あまり見かけていない前沢牛を使用した駅弁を食べたいと思います。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟たれカツ重

新潟たれカツ重 パッケージ

新潟たれカツ重

午前中の新幹線移動です。新幹線改札近くのいつもの駅弁屋を覗いて見ます。写真入りで販売している駅弁を紹介しています。食べたことのない駅弁がありません。諦めて新幹線ホームの駅弁屋へ移動します。こちらも駅弁を写真入りで表示しています。ほぼ同じ駅弁で、残念ながらこちらも食べたことのない駅弁がありません。久々に三新軒の新潟たれカツ重を食べようと思います。
包み紙には、越後もちぶたと新潟米コシヒカリ、味噌風味などの言葉が並んでいます。たれカツ丼の説明があります。新潟のカツ丼は揚げたての豚カツを少し甘めの醤油だれに浸した「たれカツ丼」が昔から郷土の味として地元の人々に愛され人気があります。また、越後もちぶたの説明もあります。越後もちぶたは、新潟県が県をあげて長年研究をし、飼育の差別化、運動スペースの確保基準、独自の流通網など、様々な視点から改良を重ねた越後自慢のブランド豚肉です。脂身はほんのりと甘く爽やかで、肉は豚特有の臭みのない美味しい豚肉です。安全で健康的な豚肉をどうぞご賞味ください。と書かれています。
原材料は、白飯(新潟県産)、豚カツ、赤かぶ、蕗山椒、キャベツなどです。
肉の薄さもあって食べ易い肉の硬さ、味噌風味のたれも駅弁に向いています。新潟たれカツ重は、900円と駅弁の中ではお手頃です。食べ易くボリュームもあります。ただ、お店で食べる熱々のものと比べるとたれカツ丼はやはり駅弁では厳しいかなって感じがします。千円以上が当たり前のような駅弁の中、満足感はあるものの、熱々のたれカツ丼に近い何かが欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.06

七福食堂

七福食堂 ラーメン

上越市の「七福食堂」です。
高田地区です。県道579号線(上越大通り)土橋交差点から西方向に入り、200m程先の左カーブから西に入り橋を渡った静かな住宅地にあります。
そば好きの同僚との昼食です。おそばにしようと思っていましたが、同僚と飲んだときに『根曲がり竹が好きなんだけど最近食べていない。』と話していたのを思い出しました。根曲がり竹を食べてもらおうかと七福食堂にしました。
今回で3回目になります。1回目に根曲がり竹の入った上そば(七福特製ラーメン)を食べ、豚汁ラーメンを食べようとした2回目も寸前で根曲がり竹の誘惑に負けて上そば(七福特製ラーメン)を食べました。今回はあまり無理せず豚汁ラーメンを食べようかな?っといった軽い思いでお邪魔しました。
お店は、入ってすぐテーブル席があり、その奥に仕切られて厨房があります。狭いなと思ったら右側に14畳ほどの座敷があり、テーブルが6卓あります。全体的には昔ながらの食堂って感じですが、テーブル席の窓・テーブル・椅子などは洋食が出てきてもいいかなって雰囲気です。午後12時30分頃に着きました。6割~7割程度のお客さんの入りです。テーブル席に座りました。
メニューは、めん類、うどん(そば)、丼物・ごはん物、スープ類、定食類、一品料理、飲み物類などに大別され、めん麺は、ラーメン、生みそラーメン、塩ラーメン、上そば(七福特製ラーメン)、チャーシューメン、タンメン、みそラーメン、みそチャーシューメン、五目ラーメン、もやしラーメン、カルビラーメン、わかめラーメン、焼きそば、豚汁ラーメン、冷し中華(夏季限定)など豊富にあり、食べようと思った豚汁ラーメンもあります。また、麺類は、辛口、激辛、あんかけが対応できます。やっぱりメニューを見ていたら根曲がり竹が食べたくなりました。豚汁ラーメンは次回にでも食べることにします。根曲がり竹は、上そば(七福特製ラーメン)の他に山竹汁というのがありますが、麺類に汁物というのも組み合わせがよくありません。以前、店の店主らしき親父さんが、メニューにはないが根曲がり竹の玉子とじもできると言っていたのを思い出しました。ラーメン根曲がり竹の玉子とじにしました。
同僚は上そば、早めに出来てきました。ラーメンの方が時間がかかることはない筈、思ったとおり根曲がり竹の玉子とじと一緒に出来上がってきました。
雷文と双喜文が掠れかかった白い器に、醤油色がスープが美味しそうです。
麺は、やや細の縮れ、モチモチ感はありますが、癖のない食べ易い麺です。
スープは、醤油色の見た目よりも薄味であっさり、これも癖がありません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎととてもシンプルです。
醤油味のあっさり、シンプルなラーメンです。600円といい線でしょう。

七福食堂 根曲がり竹の玉子とじ

根曲がり竹の玉子とじです。表面にあまり玉子が見えていませんが、中にたっぷりの玉子があります。豚バラ肉も入っていてなかなかの味に仕上がっていますが、煮る時間が短いためか根曲がり竹への味の染み込みがもうひとつです。日本酒を飲みながら食べたい一品です。600円と少しお高くつきました。
昔懐かしい味を楽しめました。後で気付きましたが、50円ずつ値上がりしていました。ボリュームを楽しめるお店ですが、お手頃ではないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.05

青島ラーメン司菜 ときめき

青島司菜ときめき ラーメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増し

新潟市のときめきラーメン万代島の「青島ラーメン司菜 ときめき」です。
今日はどこのラーメンを食べようかと考えていたら青島ラーメンが食べたくなり、駐車し易いときめきラーメン万代島で食べようかと思いお邪魔しました。
イベントなどの時には並ぶ駐車場ですが、1時間無料なのでイベントがありませんようにとD駐車場に車を入れます。数台の車とガラガラの状態でした。
駐車場から一番遠い場所に青島があります。長屋のようなお店を見ながら行くと「中華 丸美」と「伝昔中華そば 港」と「青島ラーメン司祭 ときめき」の3店だけしか入居していないようで、3店とも営業しています。
お店は、右側に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。落ち着いた雰囲気です。午後2時30分に着きました。他にお客さんは2人組のみ、後からも1組来ました。入口左脇に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りの好きな1スープ勝負のお店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量可能になっています。割高にはなりますが、好みにトッピングをアレンジしたラーメンが食べれます。お腹が空いているのでちょっと豪華にラーメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増しにしました。
もともと出来上がりの早いお店、空いてもいて早く出来上がってきました。
パステルカラーの龍の模様が入った白い器に醤油色のスープが良く映えます。テーブル上に置かれた黒胡椒を挽きながら多めにかけていただきましょう。
麺は、普通の太さの縮れ、見た感じ特徴はありませんが、ツルツル感やモチモチ感、旨味やスープの絡み、噛み応えの良さなどバランスの取れた麺です。
スープは、醤油味とダシの旨みを生姜と胡椒がきりりと引き締めてくれます。麺を食べるといいバランスで、飲むとしょっぱめですがいい味しています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎです。普通のトッピングだけでもラーメンとしてとてもバランスが取れていますが、ほうれん草と刻みねぎの追加で野菜がしっかり取れたような気になります。
青島は、どのお店でもある程度の品質なので安心して食べることができます。普通のようでなかなかの麺、醤油と生姜でしっかり&爽やかに仕上がったスープ、黒胡椒を挽いて香りも加えます。ラーメン(大盛)770円+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増しで870円になりました。ちょっとお高い遅昼食になりました。それでもやっぱり時々食べたくなるラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.04

らーめん 八起

八起

新潟市の「らーめん 八起」です。RAMEN YAOKIと読むようです。
西大通り(旧国道116号線)沿い、新大入口交差点すぐ近くにあります。
以前、キタカタグループの「げそ天らーめん 天辛 新大前店」があった同じ敷地内の「炉ばたダイニングぽれぽれ」→「主婦レストランビュフェ おふくろ 新潟大学前店」がやっていた建物になります。建物内を2つに分割するような形で「麺や 吉風 新大前店」と2つのお店が入っています。うんと&タント、きんしゃい亭&たぶきん、大福屋&一兆など2店が同じ建物で営業している事例はいくつかありますが、どのような形態になっているのでしょう。
お店は、右側に厨房、中央に向い合わせのカウンター席、左側に小上がり、手前にテーブル席があります。和を感じさせる落ち着いた雰囲気の広々したお店です。午後3時過ぎに着きました。他にお客さんは2人と空いていましたが、その後、お昼時間かのようにお客さんがやってきて賑わいかけてきました。

八起 メニュー

メニューは、ラーメン、ミソラーメン、野菜ミソラーメンとそれらのチャーシューメンがあります。麺大盛りが10円増し、サイドメニューのミニチャーハンが200円とお手頃です。つけめんとライスがテープで隠されています。まだ、提供されていません。スタンダードなラーメン(大盛)にしました。
お客さんが少ないこともあるのでしょうが、早めに出来上がってきました。

八起 ラーメン(大盛)

白っぽい趣のある器に、背脂でかなり脂っこそうなスープのラーメンです。
麺は、普通太のストレート、モチモチ感が強くパスタやつけ麺のようです。
スープは、豚骨の濃厚なもの、魚介の香りし、背脂でこってりしています。
トッピングは、チャーシュー、もやし、海苔、青ねぎ、糸唐辛子などです。
あまり好みではない麺とかなり強烈なこってりスープ、もやしたっぷりのトッピング、ちょっと苦手なタイプのラーメンでした。久々にスープを残してしまいました。680円+大盛り10円と大盛り奈良納得のいく値段です。

吉風 新大前店

同じ建物に同じようなこってりラーメンのお店が2軒もあるって大丈夫かな。

八起 ミソラーメン(大盛)

子供が食べたミソラーメン(大盛り)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.03

COFFEE & GRILL MAKI

MAKI

新潟市の「COFFEE & GRILL MAKI」です。
古町通6番町のアーケードに面しています。階段を登った2階にあります。
相方との昼食です。たまにはラーメン以外を!と言われましたが困りました。NHKの「にっぽん縦断 こころ旅」を見ていて、日野正平が旅の途中で食べている喫茶店のナポリタンが美味しそうです。喫茶店の事情はまるで知りませんが、UX(新潟放送21)の「まるどりっ!」旅してちょうないで紹介されたお店ならいろいろ食べたいものがありそうなのでお邪魔してみました。
お店は、レトロでハイカラ・渋め、コーヒーと軽い洋食のお店って感じです。午後12時30分過ぎに着きました。ほぼ満席近く、少し待って座れました。柱には、まるどり!旅してちょうないで描かれた似顔絵がかかっています。
メニューは、いろんな喫茶・軽食メニューが揃っています。日替りランチをはじめランチメニューもいくつかあります。UXのまるどりっ!の旅してちょうないで美味しそうに食べていた昔ながらのナポリタンにしました。
お昼時の賑わいもあって、そこそこ時間がかかって出来上がってきました。

MAKI 昔ながらのナポリタン

白いプレートに昔なつかしいナポリタンとアボガドサラダがのっています。
ナポリタンは、思っていたよりもひとまわり細いパスタ、今風のアルデンテではなく、昔風の食べ易いゆで、味付けも昔ながらナポリタンの味付けです。
アボガドサラダは、アボガド入り野菜サラダ、オイルのドレッシングです。
昔なつかしいナポリタンを楽しめました。930円とちょっと高めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.02

御食事処 シンポー軒

シンポー軒

上越市の「御食事処 シンポー軒」です。
高田地区にあります。国道18号線四ヶ所インターから高田駅方面へ、稲田橋を渡り、信号機のある2つ目の交差点を右折、狭い道の左側にあります。
上越市でのお昼。まだ食べたことのないお店で食べようとお邪魔しました。
お店は、右に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に小上がりがあります。奥に座敷もあり、程良い広さです。昭和の食堂を感じさせるレトロな雰囲気です。正午過ぎに着きました。他にお客さんが1人とガラガラでしたが、男性のみですが後からお客さんが何組かやってきて賑わってきました。

シンポー軒 メニュー

メニューは、麺類、うどん類、御飯物、定食、一品料理、スープ類、飲み物に大別されています。中華中心の庶民的な食堂です。麺類は、野菜ラーメン、みそラーメン、塩ラーメン、ラーメン、天津麺、五目中華、マーボー麺、チャーシュー麺、カレーラーメン、もやしラーメン、坦々麺、焼肉ラーメン、ソース焼そば、五目かた焼そば、冷やし中華(夏季のみ)、棒々鶏冷やしなどがあります。大盛りは可、トッピング追加の記載はありません。サイドメニューとしての記載はなく、それっぽいものは御飯物のライスと一品料理の餃子・シュウマイ・春巻ぐらいでしょうか。美味しそうな料理が多いのですが、麺類を組み合わせた定食やセットメニュー、半チャーハンのようなものも小盛りの御飯類がないのが残念です。ちょっと奮発してチャーシュー麺にしました。
夫婦でしょうか?男女2人のスタッフでやっています。麺のゆでと配膳を女性が行う変則的な作りをしています。寸胴から小さな小鍋にスープを移し温めています。器にスープを張り、麺を入れ、トッピングをのせ、さらにスープを加えて出来上がりになります。熱々に仕上げるための追いスープでしょうか?
注文してすぐに作り始めてもらえました。結構早めに出来上がってきました。

シンポー軒 チャーシュー麺

薄い水色の器に淡い醤油色のスープ、脂身のないチャーシューが目立ちます。
麺は、普通かやや細ぐらいの太さで、ほんの少し自然に付いたような縮れがありますがストレートでしょう。いい感じのモチモチ感が気持ちいい麺です。
スープは、飴色の見た目の通りの醤油でしょうが、塩が適度に使われ、醤油って感じは控えられています。あっさりしたダシの旨さを楽しめるスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎととてもシンプルなもの。チャーシューは、脂身がなく、いい歯応えを楽しめるもの、薄い味付けです。
新潟あっさりラーメンとは麺が違いますが、あっさりした全国的な昔懐かしのラーメンでしょう。ラーメンだと490円で、ワンコインでおつりが出ます。ラーメンだけがお得なようで、チャーシュー麺は740円と普通な値段です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.01

炒飯屋 めん蔵

めん蔵

めん蔵

長岡市の「炒飯屋 めん蔵」です。
国道352号線蔵王橋の東側、城岡橋交差点の近く、オーエムゴルフセンター内にあります。ゴルフセンターの建物内です。ゴルフセンター食堂のような感じです。このお店が入る前もその前も別のラーメン店が入っていました。
長岡での昼食。名前からまだ食べていなかったのですがお邪魔してみました。
お店は、奥に厨房、手前に配膳スペースが中央にある牛丼屋さんのようなカウンター席、右側手前にテーブル席、その奥に小上がりがあります。席数もそこそこ多めの広々したお店です。午後12時50分過ぎに着きました。他にお客さんが6人と空いています。入口を入った右側に食券販売機があります。
メニューは、生姜醤油らーめん、塩とんこつ、塩野菜タンメン、塩担々麺、みそラーメン、辛みそラーメン、塩つけ麺、炒飯、五目チャーハンがあります。単品の他にセットもあります。生姜醤油ラーメンチャーハンセット、せあぶらしょうゆとチャーハンセット、塩担々麺チャーハンセット、、しょうゆつけ麺チャーハンセットです。かたかな・ひらがな・漢字が入り乱れ、単品とセットが別々のよく見ないと判らないメニューになっています。一番人気と説明され、炒飯屋の名前からも生姜醤油ラーメンチャーハンセットにしました。
時間が遅く空いていることもあり、思いのほか早めに出来上がってきました。

めん蔵 生姜醤油ラーメンチャーハンセット

めん蔵 生姜醤油ラーメン

白い器に盛られたラーメンとチャーハン、醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れです。普通に見えてモチモチ感の強さが特徴的です。
スープは、醤油味のしっかりしたものですが、それ以上に生姜が効いてます。
トッピングは、脂身が豊かなチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎです。
麺は好みよりもモチモチ感がちょっと強く、スープは好みより生姜が強く、どうも好みとは少し違っています。生姜醤油らーめん単品だと650円です。

めん蔵 チャーハンセット

パラパラして好みの家庭的チャーハンとはちょっと違います。セットは850円です。まあまあいい線か?ちょっとお高いような印象でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »