« 新潟たれカツ重 | トップページ | 小さな小さなラーメン屋 春紀 »

2014.10.07

米澤牛焼肉重松川弁当

米澤牛焼肉重松川辨當 パッケージ

米澤牛焼肉重松川辨當

お昼前に出張先に着きました。事前の調べもなしで周辺を歩き回りましたが、食べたくなるようなラーメン屋さんを見つけられませんでした。ラーメンと看板に書いてあるおそば屋さんがありますたが、その先にラーメン屋さんがありそうな街並み。後で思えばおそば屋さんで食べておけばよかった。
お昼を抜いての帰りの駅弁です。帰宅者で混み合う中、東京駅に着きました。
全国の駅弁が揃うお店を覗きます。まだまだたっぷり残っています。食べたことのない駅弁がたくさんあります。食べたいと思う魚系のお弁当はなく、幕の内系か肉計です。ひと通り見て食べたいと残ったのが、米澤牛焼肉重松川弁当と前沢牛ローストビーフ肉巻にぎり寿司です。米澤牛か?前沢牛か?悩みましたが、今回は松川弁当店の米澤牛焼肉重松川弁当にしました。子供達に食べさせたくて、米沢の松川弁当店まで買いに行ったとき以来、久々になります。
包み紙は、松川弁当店が明治32年米沢駅が開通以来、厳選された牛肉を材料に風味豊かな弁当を作り続けている。とのことが書かれていて、その当時か?よねざわ停車場で駅弁を売っている風景が絵になっています。
原材料の記載があります。ご飯(国内産)、牛肉(味付)、牛肉肉団子(牛肉・玉葱・卵・その他)、赤かぶ酢漬、しょうゆ漬(大根・胡瓜・人参・その他)、にんにくの芽、ごま、付合せなどとなっています。シンプルです。
松川弁当店の牛肉の味付けが好きです。醤油味ですき焼き風なしょっぱさ、甘さ、旨味が見事に整っています。和牛を使用したお弁当の味付けよりも米澤牛を使用したお弁当の方が薄味で上品に仕上げているような気がします。
1600円とかなりお高い駅弁になりますが、それ以上に満足できました。
でも、牛丼を何杯食べれるんだろう?って考えるとなかなか悩みそうです。
次は、あまり見かけていない前沢牛を使用した駅弁を食べたいと思います。

がんばろう東北!

|

« 新潟たれカツ重 | トップページ | 小さな小さなラーメン屋 春紀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/60446767

この記事へのトラックバック一覧です: 米澤牛焼肉重松川弁当:

« 新潟たれカツ重 | トップページ | 小さな小さなラーメン屋 春紀 »